ホワイト企業に転職したいなら転職エージェントで求人チェックだ!残業なし&年収100万円アップの非公開求人もあるの知ってる?

「ホワイト企業に転職したい!!」

と誰でも思いますよね。

ブラック企業の対義語がホワイト企業。

ホワイト企業とは大手企業を中心に福利厚生が厚く、給料も高い企業を指すことが多いです。

働きやすい労働環境なので、当然定着率が高い職場となるわけです。

就職活動をしている新卒者や転職者の多くは「ホワイト企業から内定をゲットしたい!」を考えるのも当然ですね。

ですが最近は電通や業界大手のメーカーなどを筆頭にブラック企業が話題になっています。

  • 人間関係最悪!
  • 毎日終電帰り
  • コンビニ飯を書き込み寝るだけの毎日

なんて人はホワイト企業に転職するための転職活動を進めるのが吉。

ホワイト企業に転職すれば、仮に休日出勤があっても代休も当然とれますからね!

また定時帰りで、自分のやりたい仕事内容や職種を任せてくれることでしょう。

給料やボーナスが仮に下がっても、やり甲斐のある仕事なので役職もすぐに上がります。

役職が上がれば前職と同じくらいの給料を貰えますよ!

ブラック企業に勤めていた人はホワイトな職場の環境の変化に最初はかなり戸惑うと思います(笑)

ですがホワイト企業に転職できればアナタも家族も幸せになれること間違い無し!

今回はブラック企業とホワイト企業の見分け方を紹介します。

就活や転職の時に役立ててくださいね!

ちなみに必ずしも大手企業が優良で、中小企業がブラックというわけではないです。

ブラック企業特徴も紹介するのでブラック企業は避けてホワイト企業見つけるようにしてくださいね!

⇒「ブラック企業なのは分かってましたが転職できる自信がなかったんです。でも転職エージェントに相談したらあっさり転職できました(笑)(20代/女性)」

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

ブラック企業の特徴5つ!絶対にブラック企業に騙されるな

ホワイトに転職したい人
そもそもブラック企業の定義ってなに?

と感じるかもしれませんね。

ですがブラック企業には明確な定義はないと厚生労働省も表明していますが下記のような特徴は紹介されてます。

 ブラック企業の特徴
①労働者に対し過度なノルマや長時間労働を課す
②パワハラや賃金不払いが横行。企業のコンプライアンス意識低い
③労働者に過度な選別をする

ではさらに具体的特徴を紹介していきましょう!

特徴①人材の入れ替わりが激しすぎる!

ブラック企業勤務の人
今月の退職者って何人目だよ・・

とブラック企業は社員の入れ替わりがとにかく激しいです(笑)

入社後の過酷な環境に耐えれず、すぐに退職する人が多いからですね。

退職者の穴埋めのためにまた求人を出すという繰り返し。

大量採用して、生き残った社員だけを戦力とするのがブラック企業のやり方。

脱落しそうな社員を教育することはありません。。

精神的攻撃をして自主退社に追い込むのがブラック企業の常套手段なんです。

特徴②深夜でも当然のように仕事してる

ブラック企業の人
終電までには帰りたいな・・

ブラック企業はギリギリの人数で会社運営しているので社員1人あたりの仕事量が膨大です。

深夜12時頃でも当然のように窓の明かりがついていますね。

まさにサービス残業の象徴です。

特徴③パワハラ・モラハラが横行している

ブラック企業の人
精神的にツラすぎる・・

ブラック企業ではパワハラ・モラハラ・職場いじめが日常的に横行しています。

長時間労働に既に心が折かけている社員に、非情なイジメを繰り返し自主退社に追い込むんですね。

ブラック企業のパワハラ例

  • 上司の機嫌次第で罵倒される
  • 私用スマホに業務メールが飛んでくる
  • ストップウォッチで作業時間の計測
  • 22時以降に書類作成の指示
  • 当然のようなサービス残業

などなど。

パワハラ上司もブラック企業の過酷な環境も生き抜いてきた存在なので、既に真っ黒に染まっているんです(笑)

つまり常識が通用しないってこと(笑)

パワハラで退職時に会社都合にする方法とは?自己都合にせず失業保険をすぐ受け取る方法も!退職届や内容証明の書き方も紹介
「上司からパワハラを受けていて辛い。退職しかないのかな・・」 「パワハラの原因は自分が仕事できてないからかな・・」 などなど。 職...

特徴④精神論で物事を解決しようとする

パワハラ上司
根性ねぇんだよ!気合入れろや!

ブラック企業の上司はロジックではなく精神論を非常にに重視します。

社員を鼓舞するために無茶なノルマを掲げ、「気合いで目標達成」などのスローガンを掲げるんです。

ブラック企業は常に不足人員で回しているので当然従業員1人あたりの負荷が高くなりますよね。

理屈では達成出来ないので、精神論で社員を追い込み目標達成させるしか方法がないんです(笑)

特徴⑤アットホームな職場と偽る

ブラック企業
社員同士仲の良い職場です♪

とブラック企業は外面を気にするので、社員同士の仲の良さやアットホームな職場であると偽ることが多いです。

例えば求人サイトでは社員同士が仲良く移っているなど写真ばかり掲載されている場合は警戒が必要といえますね。

 
ブラック企業には特徴があるパワハラ上司や企業に屈するな!

⇒「ブラック企業って知らず入社しました!でも両親や友人からもすぐに辞めないほうが良いって言われたんです。でもうつ病になったので辞めて転職したらすぐ治りましたね(20代/男性)」

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

ブラック企業の見極め方は?ホワイト企業に入社する方法

ホワイト入社したい人
ブラック企業は避けたい!見分ける方法は?

ブラック企業の特徴を事前に把握しておかないと当然見抜くことは出来ません。

見分け方を理解しておきましょう!

大企業でもブラック企業。中小企業もホワイト企業ということもありますからね。

ここでブラック企業が多い業界をしておきましょう。

ブラック企業が多い業界

①建築・不動産

年収高く歩合制だが激しいノルマ

②飲食業界

すき家のワンオペに代表される過酷な労働環境。社員1人で複数店舗を掛け持つ店長も

③IT業界

IT土方」という言葉もあるくらい過酷。泊まり込み作業も。

④クリエイティブ業

完成度のハードル高い。納期・締め切り前。会社に泊まり込み必須。

⑤アパレル

ショップ店員は労働時間に対し薄給。低い給料で自社商品を自腹購入を強要される。

業界以外にもブラック企業を避け優良企業で勤めるには予備知識や見分け方を知っておく必要があるんです。

見分け方を紹介しておきます!

ちなみに厚生労働省のデータでも「飲食業の離職率は30%。全職種中ぶっちぎりの1位」なんです(汗)

下記でもまとめていますが飲食の仕事は低賃金のハードワークですかそりゃ辞めたくなりますよ。。

飲食を辞めたい理由6選。飲食からの人気転職先9つ紹介!正社員で店長でも給料アップ出来る転職先はたくさんあるんです!
「飲食辞めたいけど、もうちょっと頑張った方がいいのかな・・」 と自分言い聞かせ頑張っているアナタに向けた内容です。 日本は我慢して耐...

見分け方①ブラック企業の求人情報をチェック!

ホワイト入社したい人
ブラック企業の求人って見るからに怪しいよね

そうです。ブラック企業は誇張が大きいので、求人情報のチェックだけ見分けることが出来るんです。

応募のハードルがとにかく低い

  • 学歴も年齢も不問!
  • 未経験者大歓迎!
  • 業界や業務の経験不問!

と応募条件がゆるすぎます。つまり「誰でも良い!」ってこと(笑)

従業員を消耗品として考えていて、過酷な働き方を強いるんです。

当然離職率も高くなるので条件を厳しくして募集は出来ないですよね。

待遇面の保証など一切ないので、求人をみればすぐにわかりますよ。

モデルケースの年収が高すぎる!

ブラック企業
20代で年収1000万円も可能!

「未経験者でも親切丁寧に指導するので簡単に稼げます!」なんて言ってる企業もブラック企業の可能性大です!

高い年収に惹かれて入社しても、「年収1000万円どころか300万円しか稼げないじゃん!(泣)」とモデルケースを大きく下回るでしょう。

逆にホワイト企業も年収も高く手取りの給料も多いです。

ボーナスも高給で年収は一般的な企業と比較しても高いですね。

ですが決定的に違うのは、年収が高くても休日が多いって点です。

さらに年収も20代で1000万円はありえません。

サラリーマンの給料というのは本来、年齢に応じて緩やかに賃金上昇していきます。

この点を見極めるとすぐにホワイト企業を見つけれます。

ホワイト入社したい人
ホワイト企業は大手だけだけよね?

いえいえ。ホワイト企業は大手だけではなく、中小企業や地方の零細企業でもたくさんあるんです。

例えば東洋経済の記事にある、新入社員に優しい「ホワイト企業」トップ500

の記事はめちゃくちゃ参考になります。要は離職率の低い会社=ホワイト企業なので、離職率が低い順に紹介してくれているわけです。

他にも下記のような方法がありますね。

  1. 企業説明会に参加して社員の声を聞く
  2. Vorkersなどの社員クチコミサイトをチェックする
  3. 転職エージェントに相談してピンポイントでホワイト企業だけを紹介してもらう

成果主義・実力主義を掲げている

ブラック企業
成果主義で頑張った分稼げます!

という成果主義・実力主義だけが売りの企業は典型的なブラック企業です。

例えば、下記は某大手不動産会社の求人の見出しです。

「学歴不問」「営業未経験」で年収1000万円超えという素敵な求人が掲載されています(笑)

本当に皆が年収1000万円貰えたらさぞこの会社の離職率は低くて、素晴らしい会社なんでしょうねww

ブラック企業の仕事内容は、やり甲斐のある仕事でもなければ、基本給が高い待遇の良い仕事でもないです。

なので、成果主義をアピールするしかセールスポイントがないわけですね(笑)

ホワイト入社したい人
でもノルマ達成すればいいんでしょ?

なんて思うかもですが、ノルマが高すぎるので9割以上の社員は達成出来ません。

当然成果主義なので、達成しないと給料も上がりませんし会社によっては基本給が削られます。

従業員の労働を正当に評価しようともせず「低賃金で働け!」ということしかブラック企業は考えてませんからね。。

給料低い辞めたい人へ。給料上げる方法5個紹介!給料低い理由を知って今すぐ転職しよう!会社に居続けるのはリスクでしかないぞ
手取りが低い!薄給すぎる!15万円じゃ生活出来ないよ… 安月給で過ぎて貯金も贅沢もできない。このままじゃ死ぬ… 福利厚生が...

福利厚生が存在してない!

ブラック企業
福利厚生?なにそれ?

社員を使い捨てにするブラック企業に福利厚生など存在しません。

本来は福利厚生は間接的に収入が増やせる手段なので手厚い方が良いに決まってます。

ホワイト企業の福利厚生
・通勤手当の全額支給
・家賃手当の支給
・プライベート旅行で提携施設の利用
・家族手当の支給
・パースデー休暇取得

などありますが、ブラック企業にはありませんねw

ホワイト企業に転職した場合。仮に基本給が低くても上記のような手当込みで平均年収を上回ることだって普通にあります。

あとホワイト企業なら残業代は全額支給。残業代で年収の2-3割稼ぐサラリーマンだっています。

「でもやっぱりホワイトかブラックの見極めなんて出来ないよ!!」

という人は、求人票の「待遇・福利厚生」の欄をチェックすれば一目瞭然。

特に近年勢いのあるベンチャー企業なんかは福利厚生が充実しているので要チェックですね。

例えば、上記は某大手企業の福利厚生の情報です。

仮に上記に書かれていることが入社後に守られてなければ「労働基準監督署」への報告案件で、ブラック企業に鉄槌を下してもらえる可能性だってありますw

あと、プレジデントのこの記事「労働基準監督署はブラック企業をどう見つけるか」も参考になりましたね。

長時間労働がポイントなので、タイムカードやメールのやり取りなど長時間労働をさせられている客観的証拠が揃えば労働基準監督署が企業に指導してくれることもありますよ。

「ブラック企業で働かされたのに泣き寝入りは悔しい!」

という人は労働基準監督署への相談も方法の1つです。

休日休暇が全くない!

ブラック企業で働く人
今月の休み2日だけだったよ・・

とブラック企業の場合はまともな休日はありません。

逆にホワイト企業では下記のような企業もあります。

ホワイト企業の休日
①土日休みの週休二日制
②祝日も休み
③盆休み祝日休み
④誕生日休暇
⑤バースデー休暇など特別休暇
⑥有給休暇は年間20日消化が必須

ホワイト企業は社員や、社員の家族も大切にしてくれますからね。

結果的に仕事に対するモチベーションも高く保てて、仕事の効率が上がるんです。

休みが多いと社員のストレス発散もできますね。

「よしっ!リフレッシュしたし明日からも頑張るぞ!」

と業務への姿勢や取組も意欲的になりますから結果的に会社にも良い影響ももたらします。

社員のプライベートに過度に干渉しないので、仕事との切り分けも出来ますね。

社内行事への参加を強制されることもありませんから、家族や自分の趣味に時間を当てれますね。

家族を仕事より優先させるべき理由7個。仕事が邪魔で辞めたいなら両立出来る会社に転職だ!優先順位をつければストレスフリーになれる♪
「家族が大事!とか言って、残業しない社員は出世しないぞ」 就業時間後なのに、上司がが打ち合わせ参加するように言ってくることってあります...

結果的に仕事への不満やマンネリも感じにくくなり、当然勤続年数が長くなるんです。

徹底的にホワイト企業は社員に対する配慮をしているので、定着率は高くなりがち。

「誰もが入社したい!」

と感じるホワイト企業は、福利厚生も行き届き、定着率も良いので競争倍率が高いです。当然見つけるのは難しくなります。

ブラック企業で働く人
じゃあホワイト企業に入れないじゃん!

と諦めたくなるかもですが、実は数は少ないものの中小企業や地方の冷静企業でも条件の良いホワイト企業はあるんですよ!

新卒採用の時にこういった企業に運良く入社できれば良いですが、転職者の場合は求人数も少ない大変。

「何でホワイト企業って少ないの?」

と感じるかもしれませんが、ホワイト企業を作るには企業の体力も必要になるんです。

売上など業績が好調じゃないと休日を多く作れませんからね。

ホワイト企業を見つけるには求人票を確認したり、企業の説明会や面接で確認しましょう。

「でもそんな時間ないよ!」

というブラック企業で働くいると思います。

企業とのミスマッチを効率的に防ぐには転職エージェントのコンサルタントを利用するのが1番の近道なんですよ。

 
ブラック企業は求人情報を年収・福利厚生チェックすればすぐ分かる!

⇒「自分には待遇の良いホワイト企業には入社できないと思ってました。。でも友人の薦めで登録した転職エージェントに相談したら残業のない企業から内定出たんです(笑)(20代/男性)」

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

見分け方②残業時間や多い&残業代が支給されない!

残業時間が過労死ライン!

ブラック企業で働く人
毎月どんだけ残業させるんだよ

とブラック企業はホワイト企業と比較しても圧倒的に残業時間が多いです。

本来、残業時間は法律で45時間に制限されてます。

月間の残業時間が80時間超えると過労死ライン(参照:厚生労働省)とされますが、ブラック企業では当たり前のように80時間は超えます。

当然残業代も支給されません。

月額給与に残業代は見込みとして含まれますから「夜遅くまでタダ働きさせて儲けるぜ!」というブラック企業の下衆い思惑が見て取れます。

ホワイト企業であれば残業や休日などの出勤を徹底的に管理しますが、ブラック企業では休日管理なんて皆無。

ブラック企業は勤務時間に関する定義も曖昧なので必然的に労働時間も長時間化。

結果、体を壊す人が後を絶たない訳です。

ブラック企業で働く人
ホワイト企業に入りたい!

と中途採用での入社を狙うなら、応募条件のスキルや経験を満たすために資格取得など頑張りましょう!

更に意欲的に仕事に取り組み経験を積むことで転職活動の際に自信に繋がりますよ。

 
ブラック企業は過労死ラインで残業80時間働かせる。使い捨てにされる前に転職すべし

時間外の給与が支払われることはない

ブラック企業で働く人
残業しても全然貯金できない・・

法定労働時間をオーバーして残業時間を強いる割には時間外の給与が支払われることはないでしょう。

そういったブラック企業に入社しないためには入社前に確認しておくことが大事!

入社前に確認すべきこと
①時間外給与は支払われるか
②有休取得率はどの程度か
③裁量労働制ではないか
④フレックス制ではないか
⑤休日出勤の有無と代休
⑥退社時間は何時くらいか

業務により残業時間は結構違ってきます。

ブラック企業
残業は職種で異なるので一概には言えませんね・・

と曖昧な表現をする企業は要注意。

入社後にキツすぎるノルマを課してきて、達成しない帰宅出来ないブラック企業だった・・なんてことになれば目も当てられません(泣)

本来、裁量労働制やフレックス勤務の基準は厳しく本人の承諾ないと出来ない勤務体系なんです。

裁量労働制とは?
労働者に業務の進め方に委ね一任する。実労働時間で労働時間の計算は行わなず、みなし時間を認める制度。主に営業職に多い。

裁量労働制の更に詳しい説明は以下でまとめています。

裁量労働制とは?メリット・デメリットや今後拡大される職種についてまとめてみた!フレックス制やみなし労働時間制との違い知ってる??
「裁量労働制のことで国会で揉めてたけど、そもそも裁量労働制って何?」 「ウチの会社も裁量労働制のはずだけど、始業時間決まってるぞ・・こ...

ですが、日本の多くのブラック企業は「残業代なんて払わねぇよw」という考えがあるので、裁量労働制などを自社の都合の良いように解釈してるんです。

残業代を1分単位で支払ってくれる優良企業はそう多くありません。

ワークライフバランスや労働対価を従業員の立場になって考えてくれるホワイト企業なんて全国にも凄く少ないです。

転職したい人
転職先は絶対ホワイト企業を選ぶぞ!

と思うなら残業時間や時間外給与を納得した金額で支払ってくれるかどうかは事前に確認しておきたいところ。

ホワイト企業は残業や休日出勤を厳しく禁止しているので、質問すればすぐにわかります。

ホワイト企業の人事「当社は就業時間を過ぎて残業する場合は事前に報告することを義務付けてます」

と人事が言ってくれれば

「ホワイト企業来たぁあー!!\(^o^)/」

と即入社すべし!

ただ、なかなかホワイト企業の求人は一般に出回りません。

転職エージェントの非公開求人などに掲載されることが多いので、求人が出たら即応募出来るように、事前に登録しておくべきですね。

 
ブラック企業は時間外給与は支払われない。転職エージェントでホワイト企業の非公開求人をチェックしよう

見分け方③労働実態を事前に調査しておく

ブラック企業で働く人
入社してからブラックって分かったよぉぉ

とならないためにも入社前に企業の実態を調査しておきましょう。

ブラック企業ランキングをチェックする

厚生労働省も労働者を酷使して使い捨てにするブラック企業を問題しており実際に調査もしています。

参照:厚労省、電通幹部を事情聴取へ 残業代不払い容疑でも捜査(産経新聞)

民間企業が毎年発表している「ブラック企業ランキング」もチェックしておきたましょう。

2016年ブラック企業ランキング
・大賞:電通
・業界賞:ディスグランデ介護
・業界賞:プリントパック
・ブラックバイト賞:DWE JAPAN
・特別賞:日本郵便
2015年ブラック企業ランキング
・大賞:セブンイレブンジャパン
・WEB投票賞 : 引越社関東
・ブラックバイト賞 : 明光義塾
・特別賞 : 暁産業

参照:ブラック企業大賞

逆に「働きたい企業ランキング」も紹介しておきます!

働きたい企業ランキング
1位:グーグル
2位:トヨタ自動車
3位:ソニー
4位:全日本空輸(ANA)
5位:Apple Japan
6位:楽天
7位:本田技研工業(Honda)
8位:資生堂
9位:パナソニック
10位:電通

参照:ビジネスパーソン5000人アンケート(DODA調べ)

ブラック企業の特徴や情報をキャッチして安心を得るようにしましょう!

ブラック企業で間違って勤務してしまうと、鬱病・過労死・自殺などの原因となってしまいます。

深刻な社会問題ですよね。

特に他の企業の状況を知らない若者が転職できずに泣き寝入るしている傾向が強いです。

本来、従業員の健康や生活を支えるのは企業の使命であり義務ですよね?

ですがブラック企業は従業員の弱みにつけ込み、理不尽な労働を強いる非道なヤツらなんです。

情報をキャッチしてブラック企業の実態を把握するという自衛も大事です!

「なんかこの会社おかしくねぇか?」

と感じれば、屈すること無く労働者の権利を主張することが重要になってきます。

⇒「私には無理と諦めてましたが転職支援会社に無料相談したら、あっさり転職できたんですwこんな簡単に転職できるならもっと早く辞めればよかったw(30代/男性)

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

見分け方④企業理念をチェックしておく

ブラック企業とホワイト企業の差は組織としての企業理念に違いがあることが多いですね。

ですので、事前に企業のホームページを確認して

  • 会社概要
  • 企業理念
  • コンプライアンス

などの項目は確認しておきましょう。そもそもページが存在していない企業は論外ですね。

ブラック企業の企業理念にどんな言葉が入っているか調べてくれているサイトがありました(笑)

健康、心の豊かさ、愛、幸せ、信頼、安全第一、期待、満足、研磨、尊重、働きがい、誇り、創造、挑戦、誠実、公正、感謝、強い、No.1、チャレンジ、マインド、自主性

参照:ブラック企業の理念に絶対入ってる言葉

などなど。

「え?どういう意味?」

という意味不明な抽象的な表現をしている企業が多いです。

ブラック企業はロジックよりも精神論を重視しているので、企業理念も意味不明になりがちなんですね(笑)

あと、無駄に横文字を使っている企業も多いので注意が必要です。

「絶対ブラック企業に騙されねぇ!!」

と思うなら転職サイトや口コミサイトを参考にして回避するようにすべき。

ネット上の情報は真実ではことが多いです。

転職サイトの企業紹介ページなんて自社に都合の良いことしか書いてないですからね(笑)

有名な転職に関する口コミサイトを紹介しておくのでチェックしておきましょう!

転職会議

⇒転職会議の公式サイトをチェックする

カイシャの評判

⇒カイシャの評判公式サイトをチェックする

Vorkers

⇒VORKERSの公式サイトをチェックする

コツとしては1サイトだけの情報を過信せずに複数のサイトの情報を見比べること。

複数のサイトから共通の情報が出てくれば正解です。

信用できるソースを見つけ信頼性高まるサイトを見つけましょう。

見分け方⑤求人の掲載時期からブラック企業が分かる

ホワイト企業に入社したい人
あれ?この会社いつも求人出しるぞ

ブラック企業の特徴としては年中求人を掲載しています。

理由は人の出入りが激しいので年中人手不足のためです。

一般的に新規求人の掲載が増えるのは、3-4月と9-10月と転職サイトのマイナビが発表しています。

3-4月と9-10月に退職者増える理由
・6-7月はボーナス支給後に退職後が増加
・3月と9月は半期の退職者を補充するため

逆にホワイト企業の場合は求人数が少なくなります。

理由は社内環境もよく、福利厚生も充実していますから退職者が出ないためです。

新卒で毎年定期的に欠員補充していれば十分。

中途採用の募集が多くない企業はホワイト企業の可能性が高いので判断材料としましょう。

裏技として、新卒の人が就活するときも転職者向けの求人サイトをチェックすると良いんです。

求人がどの時期のどの程度掲載されいるかわかればホワイト企業かどうか判断出来ますからね。

見分け方⑥採用面接での企業側の対応

採用面接を通してでもブラック企業かホワイト企業かを判断することが出来ますよ!

面接回数が少なく採用ステップが短い企業

ブラック企業
即採用!明日から来れる?

というように一次面接の場で即内定がでるような企業はブラック企業の可能性が大です。

ホワイト企業の多くは人間関係が円滑なため、雰囲気を乱すような人材を入社させたくないと考えます。

ですので採用ステップを長くして時間をかけてホワイト企業は人材を選ぶのが一般的。

倍率の高い採用試験をクリアした人材は、人間性も素晴らしく社内の良い人間関係に溶け込めると判断されますからね。

同僚・上司・先輩社員も同じ採用ステップを経ているので当然人格者が揃うことになります。

ですがブラック企業の場合は

「どうせ半分以上辞めるんだから早く入社してくれれば誰でもいい!」

という発想になるんです。

パワハラ皆無でストレスフリーな環境で仕事しているホワイト企業とは違いがありすぎますよね(笑)

社員を大事にしている環境か質問する

面接の場で、人材を大切にしているか?社員教育制度などの質問はしっかりとしておくべき

面接の場で質問すべきこと
・ボーナスが年2回支給されるか
・転勤の有無は?
・離職率
・試用期間中の待遇は?
・社員のスキルアップ研修の有無
・報酬はどの程度社員に還元されるか

同じ会社でも業種・部署・職種ごとに労働環境や職場風土が異なってきます。

労働環境や雰囲気は所属部署の部門長に具体的に質問するようにしましょう。

理不尽な上司の部署や会社では、職場の雰囲気も最悪で、社員のキャリアップなんて考えてくれません。

逆にホワイト企業の人事と面談すると、下記のような特徴の回答が多いです。

ホワイト企業の回答の特徴
・社員の気持ちを大事にする
・ヤル気を大切にする
・社員の熱意を大事にする
・社員を伸ばす教育をする

このような人材を大事することはブラック企業は真似出来ないことなんですね。

あやふやに説明したり、説明を濁してくるのはブラック企業の特徴です。

企業説明会や、直接人事・直属の上司に確認しても確認出来ない場合は「ブラック企業じゃね?」と疑う気持ちを持ちましょう。

入社後に社内の環境改善するのはほぼ不可能です。

環境は人任せ会社任せにするしかないことで、自分ではコントロールできないことですからね。

⇒「転職活動するなら年齢が若いほうがいいんですね!私は20代ということもあってすぐ転職出来ました。ブラック企業は1日でも早く辞めたほうがいいと思います(20代/女性)

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

女性が働きやすい環境か質問!

女性転職者
女性が働きやすい職場かどうか不安

と女性に対する社内の制度がどの程度整っているかはホワイト企業かどうかの判断軸になります。

ブラック企業は産休や育休への理解が乏しいことが多いです。

女性が結婚するとブラック企業は「どうせすぐ寿退社するんでしょ?」という空気を出してきます。

ホワイト企業であれば女性に対する保証内容が社内規定として明確になっています。

女性が面接の場で確認すべきこと
・復職支援制度を気兼ねなく利用して職場復帰出来るのか?
・女性のスキルアップを奨励しているのか?
・女性役職者がどの程度の割合でいるのか?

などなど。

女性役職者が多い企業はホワイト企業の最低条件。

最近では女性の役職者は増加しているので、女性の働き方に理解ある職場環境の企業が増えています。

結果優秀な社員も集まりやすくなりますからね。

女性に対する理解有る職場かどうか判断する材料としては、代表者の氏名を確認することです。

代表者が女性なら社内制度が整っている可能性が高いでしょう。

見分け方⑦企業が儲かっているか確認する

企業の利益がどの程度なのかチェック!

ブラック企業で働く人
ウチの会社全然儲かってないじゃん!

と企業の利益が低いと必然的にブラック企業化していきます・・。

逆に利益が上がると社員に給与や休日で還元できるので、余裕のある社員も増えてきますよね。

結果的にホワイト企業では人間関係も良好になってきます。

ですので企業の業績は必ず確認しておきましょう。売上じゃなくて利益の確認ね。

他にも隠れた優良企業を探す方法もありますよ!

それは競争していない・差別化しているブルーオーシャン戦略を採っている企業です。

競争相手を作らない経営者は差別化の視点を持っているので、会社として利益が高い傾向にあるんです。

「ライバル不在だから儲かりまくりだぜ!」となりますね。

価格競争をすると需要と供給のバランスの問題から当然価格は下がりますよね?

価格が下がっても企業は自社の商品を作るコストは変わりませんから当然利益が下がってきます。

利益が下がると、従業員の給与や待遇を下げざるえないので労働環境が悪化する悪影響に繋がるんです。

ホワイト企業に入社したい人
利益の見極め方教えて!

という人は、入社希望する企業の同業態の企業と比較してみることです。

差別化のポイントや、大手が進出していない市場規模に進出しているかなど。

他にも上場している企業ではIR情報などチェックすると会社が儲かっているかすぐわかりますよ!

利益の高いホワイト企業に入社すれば定時退社出来るし土日も休みとなります!

さらに有給休暇も全て消化できるなんてことも♪

企業が儲かっているかどうかは、求人サイトやハローワークには掲載されない情報です。

利益率の高い優良企業を見つけるためには、転職エージェントへ登録するといいですね!

転職エージェントは当然企業の情報全て握っているので、どの企業かホワイト企業かどうか分かっています。

ホワイト企業に入社するにはタイミングが大事。

求人掲載のタイミングを逃さず応募するスピード感が重要なので、転職エージェントからの情報をキャッチアップ出来る態勢は整えておきたいですね。

突然ブラック企業化することも・・・

ホワイト企業で働く人
ホワイト企業勤務だから一生安泰だぜ♪

なんて人もいつ企業がブラック企業化するかどうかわかりませんよ!

例えば、離職率1%で経営陣も「当社は15期連続増収増益で業績は絶好調です!と言っていた企業があったとします。

にも関わらず、翌年にはブラック企業に転落していた・・というケースもあるんです。

ブラック企業化した原因は、企業の不正など。

不正により取引先からクレームの連続で信用や信頼は一気に失墜。

そうなると営業は特に大変です。

顧客に土下座を繰り返し、人格否定されることも。

ひたすら謝罪しつつ、不正の処理で業務量は激増します。

疲弊した社員は産業医が「過労です」と診断するほど。

会社以外でも、不正を起こした会社の社員であることが不名誉になります。

自分が不正の会社の勤めているのがバレたくないから保険証を隠しながら出すなんてこともあるんです。

不祥事を起こした企業の従業員はどうなるか?大体下記の3つのパターン。

不祥事を起こした社員のその後
・自社を優良企業と過信して転職できない
・年齢が若い人は危機を察知しすぐ転職
・不正業務対応で転職機会を逃す

このように不祥事企業で勤務する社員は膨大な対応ぎょうむで夜遅くまで勤務しないといけません。

何の付加価値も生み出さない単純作業を強要され自分の時間を無駄に浪費するんです。

休日出勤も必要になるので転職活動の時間を割くことが出来ません。

「会社存続の任務の義務を果たせ!」

なんて上司から命令され

「不正は自分の責任じゃないのに・・」

と思いながら会社も辞めれず、転職活動も出来ずに会社と共倒れなんてことになるんです。

特に高齢になるほどリスクを取れなくなり、転職活動の準備すら出来ていません。

「自分の会社は順風満帆!」

と思っていてもいる業績悪化するか不明です。

だって、シャープが台湾企業に買収されたり、東芝が業績悪化するなんて誰が予想できますか?

諸行無常という言葉もありますから、常に逃げ出させるように行動や選択肢を増やしておくことが大事!

特に家庭持ちの人は余計にね!

今後のキャリアップのためにも自分の市場価値は常に知っておきましょう。

自分の市場価値を知る方法
MIIDAS⇒自分の適性年収を知れるアプリ
グッドポイント診断⇒リクルート運営の「自分の強み」を知れるサイト

他にも下記のようなことを常に考えて転職視野を入れながらリスクヘッジしておくことをオススメします。

  • 転職活動の流れやコツ
  • 転職先の目星
  • 希望の転職先

とはいえ自分1人ではなかなか転職準備は出来ないと思うので、そんな時の転職エージェントです。

在職中でも「アナタの転職市場での価値」などをプロの目で診断してくれますからね。

転職エージェントに登録するべき人は?

転職エージェントを利用するべき人の特徴

  • 仕事に時間を取られ活動できない
  • 転職活動を中途半端にしたくない
  • 会社に迷惑かけず両立したい
  • 就活で仕事のプライオリティを落としたくない
  • 情報収集・書類作成を休日にしたくない
  • 面接のスケジューリングしたくない

こういった人は転職エージェントを活用すると悩みが解決されるでしょう。

特に「とにかく効率的に転職活動を進めたい」という人は絶対登録すべきです。

転職エージェントというのは、あなたの専任のコンサルタントが「あなたが活躍できる業界や職種のアドバイス」「応募書類の添削」「面接対策」などを無料で行ってくれるんです。

「じゃあオススメの転職エージェントは?」

と気になるところ。

オススメの転職エージェントは・・・

↓ ↓

転職決まらない人が多く登録している転職エージェントTOP3

doda/パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)

当サイト経由で1番多く登録されているの転職エージェントになります。

doda(デューダ)は大手人材人材会社のパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)グループが運営しているサービス。

転職支援業界で国内2位の売上高を誇っていますね。

dodaのポイントは以下になります。

①親身なサポートで転職者満足度No.1

dodaは転職者利用者へのアンケート調査で満足度No.1の実績。

満足度が高い理由としては、「登録者に寄り添った親身なサポート」だからです。

  • 転職に関する不安悩みごとの相談
  • 自分のキャリアプランに迷った時には面談でのキャリアカウンセリング
  • 将来の最適なキャリアプランの提案

このようなサポートの結果、転職サポートで年間1万人を成功に導く実績豊富なエージェントになります。

「以前転職エージェントに登録したけど放置された!」

「手厚く、親身なサポートを受けたい!」

という転職希望者が登録・利用すると特に満足度が高いですね。

②履歴書・職務経歴書の添削が抜群

dodaは履歴書・職務経歴書の添削が丁寧で分かりやすいと評判です。

転職活動での第一関門である書類選考。

応募書類で最大限自分の経験や能力をPRしないといけないのに、完璧な書類を作り上げている人は非常に少ないです。

その点、dodaのキャリアアドバイザーは

  • 1から応募書類の作成を手伝ってくれる
  • 履歴書を下書きすれば清書を代行してくれる
  • 書類選考通過率が約3倍にアップする書き方のコツを教えてくれる

といったサポートをしてくれるんです。

「書類選考で落ち続けて面接までたどり着けない・・」

という人は質が高いと評判のdodaの応募書類の添削を一度受けてみるべきですね。

③登録者限定の非公開求人が80%もある

dodaに登録した会員限定でしか閲覧できない非公開求人が全体の約80%あります。

非公開求人の中にはdodaだけが扱う独占求人も多いです。

求人の質も圧倒的に高く、業界最大手のリクルートエージェントとは違った独自の企業を紹介してくれるのが特徴。

⇒「大手転職エージェントだけあってサポートの質が凄く良かったです!親身に相談に乗ってくれました!(20代/女性)」

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

ビズリーチ

ビズリーチはテレビCMでも話題の転職支援サービスですね。

特徴としては

①圧倒的なスカウトの豊富さ

ビズリーチに経歴書を登録するだけで、企業人事担当者や転職エージェントの担当者から毎日のようにスカウトが届きます。

登録した人のキャリア次第では、大手転職エージェントと比較して3-10倍ほどスカウトの数が増えた!という人もいます。

  • 「仕事が忙しくて求人チェックする時間がない」
  • 「とにかくたくさんの企業からのスカウトをチェックしたい」

という人は、登録するだけでスカウトがたくさんくるビズリーチが向いているでしょう。

②年収アップ出来る求人が多数

ビズリーチは他の転職エージェントと比較しても、年収アップできる求人が豊富です。

理由としてはビズリーチは元々年収600万以上のハイスペックのビジネスパーソンに特化していた転職支援サービスだったからです。

ですので現状年収が低い転職希望者であっても、ビズリーチでしかチェック出来ない好条件の求人が紹介されるでしょう。

  • 「今の年収に不満がある!」
  • 「もっともっと稼ぎたい!」

という人は登録しておくと良いでしょう。

※公式ホームページには「年収600万以上に支持される」とありますが、年収600万未満でも登録・利用は問題なく出来ます

③上場企業・大手企業の求人が多い

上に書いた「年収アップ出来る求人が多い」ということとも繋がりますが、ビズリーチは大手・上場企業の求人が多いです。

年収が多い求人が多いので、当然上場企業や大手企業の求人が多いのは必然なのですが。

ですので「新卒で入社できなかった大手に入社したい!」と感じる人は登録しておいた方が良いです。

とはいえ大手企業は周りも入社したいと感じる人気求人。

募集してもすぐに打ち切りになりますし、募集も若干名です。

なので逆算して早めにビズリーチに登録して、大手企業の求人を漏れなくチェックしておくことが大事だといえます。

⇒「ビズリーチのハイスペック求人で年収が1.5倍にアップしました!(30代/女性)」

リクルートエージェント

転職支援サービス最大手のリクルートグループの転職エージェントになります。

①業界最多の13万件の求人件数で他社を圧倒。

転職エージェント業界業界最大手リクルートエージェント。

公開求人・非公開求人が合わせると約13万件と業界最多の圧倒的な求人件数です。

「とにかくたくさんの求人の中から自分に合う求人を探したい!」

という人はリクルートエージェントの求人の多さを実感するべきでしょう。

②転職支援の成功実績32万件でNO.1

リクルートエージェントが転職支援業界で成功実績No.1となったのは以下の理由です。

求人数の多さ+担当キャリアアドバイザーの質の高さ=転職成功実績32万件

確かに、dodaのキャリアアドバイザーもレベルが高いのですが、dodaの特徴としては親切丁寧なサポートです。

一方リクルートエージェントの特徴としては、とにかくキャリアアドバイザーのアドバイスが的確ということ。

アドバイスの内容に無駄がなく、ズバリ自分が進むべきキャリアを示してくれるんです。

と使い分けが必要になってきます。

③女性向けの転職ノウハウが豊富

リクルートグループの中に人材派遣会社(リクルートスタッフィング)と連携した女性に特化した求人や濃いノウハウ情報が豊富にあります。

特に事務職・販売職などの業界職に精通したキャリアコンサルタントが多数在籍しているので相談しやすい環境は整っていますよ。

「女性ならでは目線で悩みを相談したり、共感してくれる担当者が良い!」

と感じる女性の転職希望者が登録すると満足なサポートを受けることが出来ます。

④夜間・土日祝日でもサポート受付!

リクルートエージェントは、平日・土日祝日いつでも20時以降にも相談が出来るんです。

「仕事が忙しいからなかなか転職活動の時間が割けない・・」

という人でも、在職しながら転職活動が出来るサ手厚いサービスと言えますね。

⇒「業界最大手だけあって紹介される求人数は桁違い!転職サイトに掲載されてない非公開求人も紹介されたので大満足です!(20代/女性)」

4位:就職shop

番外編ですが、就職shopも紹介しておきます。就職shopは30歳以下の若手ビジネスパーソン向けの転職エージェントです。

特徴としては、3つあります。

①書類選考不要で必ず面接まで進める

就職shopの最大のメリットはなんといっても書類選考不要で希望した企業の面接を受けれるということ。

  • 「どれだけ応募しても書類選考落ちで面接まで進まない・・」
  • 「面接まで進めば自分の良さをアピール出来るのに・・」

という人は是非使っておきたいサービスです。

書類選考不要の転職エージェントは他社でもないサービスなので、個人的にはかなり画期的だと思いますね。

②全ての企業を取材済み!求人情報が正確

就職shopの求人は、全てスタッフが足を運んで企業を100%取材しています。

取材していることによるメリットとしては「求人情報が正確」「ブラック企業が皆無」といったことがあります。

ですので就職shop経由で入社した場合は「聞いていた条件や仕事内容じゃなかった・・」ということはほぼ皆無と言って良いでしょう。

ただ、全ての企業に足を運んでから求人掲載するので必然的に他の転職エージェントよりは求人数は少なくなります。

なので今回は4位にランキングしておきました。

③18-30歳以下の男女のみが登録の対象

他の転職エージェントであれば何歳であってもう登録可能です。

ですが、就職shopは18-30歳男女の若者向けの転職エージェントとなります。

なので、31歳以上の場合は登録が出来ないのでその点だけ注意が必要です。

⇒「毎回書類選考落ち・・でも就職shopなら書類選考なしで面接まで進めるんです!自分の良さをアピール出来たので直ぐに内定出ました♪(20代/男性)」

ブラック企業からホワイト企業に転職した結果wwメリットだらけじゃんw

ホワイト企業に転職したい人
ホワイト企業に転職したらどんな良いことある?

とずっとブラック企業で働く人にとってホワイト企業で働くことはイメージしずらいですよね!

なのでホワイトに転職した後のメリットを紹介しちゃいます!

ちなみにメリットだらけですよw

メリット①精神的にタフで丈夫になってる!

ブラック企業だった人
 精神的に病むことなくなったわw

とブラック企業で働いていた人は週にディすられも全く動じることはありません!

ホワイト企業に転職しても当然社員全員が優しいとは限りません。

「君さぁ~もっと確認してよねぇ~計算違うじゃ~ん。間違いのレベルが低すぎるわ~仕事への姿勢が低いんじゃないのぉ~?」

とネチネチと嫌味を言う人もいます。

https://mens-hige-datsumou.net/post-306

とはいえ、ブラック企業とのときのように説教で感情を荒立てるような人は皆無です(笑)

「生ぬるい嫌味言ってんなアイツw」

と感じるほどメンタルは動じませんね。

前職以前のブラック企業ではミスなんてしようものならゴミ同然の扱い。

罵倒され1週間は職場で人格否定され続けます(笑)

多少の嫌味やディすりは、そもそも嫌味とすら認識しなくなるんです。

自分が強くなった!実感出来る瞬間です。

メリット②仕事が忙しくないことに不安を感じる

ブラック企業だった人
 残業3時間しかしてないけど帰っていいの?

と残業3時間だけで帰れることに不安を覚えます(笑)完全に狂ってますよね(笑)

ホワイト企業では基本残業ないので夜なることは例外です。

仕事量が少なすぎて定時前に業務が終了することに焦りすら覚える人も。

こんなやり取りだって発生します。

社員「時間があるので仕事下さい!」
上司「あー定時じゃあデータ集計でもしてて?」
社員「集計簡単な作業なのでは家でやろうかと」
上司「は?家で仕事しないでよ!俺が怒られるから」

とホワイト企業では違う理由で上司に怒られてしまいます(笑)

ブラック企業では「時間が余る」ということは「仕事が少ない。仕事をしていない」と判断され評価が低くなります。

上司と面談して人格否定の嵐ですね。

忙しくても地獄ですし、忙しくない時刻に帰ろうとしてもまた地獄な環境です。

ホワイト企業に転職して3ヶ月もすれば業務量も増えてきて「時間が余ること」に慣れてきます。

ゆとりのある働き方が出来るようになります。

メリット③定時で終わっても何をしたらいいか分からない

ブラック企業だった人
 仕事早く終わっても何したらいいんだ・・

と定時に仕事終わった経験のないブラック企業出身者の人は、18時頃に家に帰っても何をしたらいいか分からず途方にくれます(笑)

23時に寝ても結構時間残りますからね。

ブラック企業で働いていた時は食事と睡眠以外の時間は皆無ですからね。

夏なんかは会社を出ても外が明るいことに戸惑うこともしばしば(笑)

何をしたら良いか分からず毎日部屋中を掃除するなんて人もいるくらいです。

とはいえ、毎日掃除する必要もないので、慣れくると読書をしたりジムに行ったりと有意義な時間の使い方を出来るようになるんです。

メリット④社内でのコミュニケーションを円滑に取れる

ブラック企業だった人
 あの社員は敵?味方?

とブラック企業では社員同士のコミュニケーションでも警戒する必要がありました。

部内の競争がとにかく激しいので、ライバルはいても信頼できる仲間いないという状況。

社内の人間関係の悩みなんざ打ち明けようものなら翌日には全社員に知れ渡っているんです。

「この会社は誰も信用できねぇ・・」

うかつに他人を信用して隙を見せてしまうとデメリットしかありません。

警戒心を最大限に持ちながら仕事に打ち込む必要があるんです。

まぁ人間不信にもなりますよね(笑)

同僚同士もお互いを蹴落とすことしか考えていないので、社員同士の腹の探りあいで何かあればすぐに上司にチクるような環境。

そのようなブラック企業ではコミュニケーションも相当不自然になります。

ですがホワイト企業では、荒んだ社員はいないので、ようやく人間らしいやり取りが出来るようになるんです。

メリット⑤自分の意見を言えるようになる

ブラック企業だった人
全然周りの人は意見言わないな

とブラック企業に勤めていた人は感じるでしょう。

ブラック企業では自分の意見が言えない人間なんて存在していない無価値なものとされます。

「おまえ何しにきてんの?死ねよ」

と罵倒される環境は当然の職場なので、自分の意志を伝える心の強さがないとやっていけません。

ですので、ホワイト企業に転職後では上司や先輩社員に向かってもストレートに自分の意見を言えるようになりますね。

ホワイト企業ではストレートに上司に噛み付く人材は少ないので「キツイ性格では?」と最初は思われるかもしれません。

ですが、大抵のホワイト企業では上司にハッキリ意見する人材は重宝されます。

「嫌われても構わない!」

という良い意味ので図太さは上司にも評価されること間違い無しです!

メリット⑥社内の人間関係が気にならない

ブラック企業だった人
 仲悪い人もそりゃいるでしょ!

と社内のギスギスした人間関係に巻き込まれても全く気になりません。

時に「鈍感だよね!」なんて言われるほど(笑)

仕事場で社員同士が喧嘩になっても「普通じゃん」と感じるでしょう。

前職ではホワイト企業と比較にならないほど蹴落とし、腹の探り合いだってのホワイト企業の人間関係なんて可愛いものです。

人間関係の雑音に一切動じず、仕事に集中できる力が備わっているようになりますよ。

メリット⑦生きていることが幸せと感じる

ブラック企業だった人
 何のために生きてるんだ・・

とクソみたいな生活を送っていたブラック企業では毎日にように生きる意味を自問していたことでしょう。

ですが、ホワイト企業に転職すると仕事とプライベートが両立出来るので、日々の生活を幸せと感じることが出来ます。

ブラック企業時代の上司に「大変だと思うな!若い時の苦労は買ってでもしろって言うだろ?」

なんて言われましたが、今はありえない!と思えるようになるでしょう。

ブラック企業の経験もポジティブに考えれば良い経験です。

ですが、ホワイト企業に入社すれば最短距離で「幸せ」や「成功」を得れるのですが、無駄な苦労はするべきじゃないです。

将来の糧としては活きますが、ブラック企業なんて入社しないに越したことはないですからね。

 

ホワイト企業に入社するたった1つの方法とは?

ホワイト企業に入社する方法はズバリ転職エージェントを使うことです!

確かにブラック企業は電通の問題もあり徐々に淘汰されてきています。

厚生労働省が組織している「過重労働撲滅特別対策班」通称「かとく」が違法な長時間労働をしている企業を指導したり指摘いますね。

問題改善されなければ企業は書類送検などの厳しい対応を行います。

ですが、国のブラック企業対策での根絶は時間がかかります。

なぜかというと、ブラック企業の基準や法解釈が曖昧なので摘発がしずらいからです。

ですので、自分のブラック企業を見極める自衛が大事になってきます。

「この企業はブラック企業だから応募は避けよう」

なんて判断してないといけませんが、上記で紹介したような複数のチェックポイントであなたは判断できる自信がありますか?

ブラック企業も見破られないように必死で工夫していますよ。

そのため自分で情報を仕入れて、疑問点があれば企業に質問して徹底的に潰していく必要があります。

優良企業の特徴を押さえながらネットで情報収集も出来ます。

ですが、転職の経験のいわば「転職の素人」であるあなたが確実に見分けるのは至難の技

  • 企業の成長性
  • 企業の利益率
  • 企業の特徴

これらの項目を転職活動をしながら調査できますか?

仕事しながら時間のない状態でブラック企業かホワイト企業か判断できますか?

出来るなら問題ありません。

ですが、9割以上の人は見極めも出来ませんし、何より普段の仕事が忙しいので転職活動の時間も割けないでしょう。

そこで、転職エージェントなんです。

転職エージェントは、企業のことを徹底的に調べています。

当然ブラック企業なのか?それともチームプレーで仕事を進めれるホワイト企業なのか?

企業情報が転職エージェントのもとに集まっているんです。

リクナビネクストなどの転職サイトは企業側の都合の良いことしか書かれていませんよね。

ですが、転職エージェントは「求職者の転職を成功させて継続して仕事をしてもらう」ことがミッションなんです。

ですので「聞いていた求人情報と違う!」と短期離職になれば転職エージェントの責任になります。

なのでミスマッチを防ぐためにワンマン社長かどうかを正確に教えてくれます。

その他の転職エージェントがしてくれるサポート内容とオススメの転職エージェントも紹介しておきましょう!

転職エージェントというのは、あなたの専任のコンサルタントが「あなたが活躍できる業界や職種のアドバイス」「応募書類の添削」「面接対策」などを完全無料で行ってくれるんです。

私自身も転職の際にはdodaという業界大手の転職エージェントのサービスを利用しました。

登録した転職エージェントはdodaだけだったのですが、結果的に転職活動期間2か月にも関わらず、7社の内定を勝ち取ることが出来ました。

dodaが優れているな!感じた理由は下記になります。

⇒「ブラック企業を退職して残業のない企業に転職したんです。家族との時間が持てるようになったのが何より嬉しかったです(30代/男性)

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

dodaが転職エージェントの中でも優れている理由3つ

理由①求人の8割が非公開求人

転職エージェントも私人身も複数登録しましたが、dodaが1番良かったなと感じた理由の1つが、「圧倒的な求人数の多さ」です。

dodaの求人の8割が非公開求人で、dodaに登録した人限定で応募できる求人ばかりです。

転職といえば、リクナビネクスト・マイナビ転職などの求人サイトが一般的ですが、求人サイトには掲載されていない求人がdodaにはたくさん紹介されています。

当然求人が多くなると、私たち求職者にとっては選択肢が増えるので、求人数の数に比例して内定数も増えていくことになります。

理由②大手企業なので安心して登録できる

dodaはテレビCMも放映しているパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)という大手企業が提供しているサービスです。

やはり大手企業ですので、安心して転職支援サービスにも登録できます。

転職エージェントの仕事というのは、有料職業紹介事業という厚生労働書からの許認可を得れば誰でもできますし、社長1人だけの転職エージェントの会社といのも少なくないです。

小規模な転職エージェントは営業マンも少ないので、紹介してくれる求人数も圧倒的に不足。

また、個人情報の扱いに関しても大手企業ほど厳重ではないです。

その点から考えると、中小の転職エージェント会社に登録するメリットはなく、dodaのような大手企業へ登録する方が得策なんです。

dodaは資本金11億2700万円。従業員5,166名の超大手企業で綾野剛さんがテレビCMもやっていた企業なので、安心出来ますね。

理由③在職中でも登録可能なんです!

転職エージェントと聞くと、「退職済みの人しかサポートしてくれないのでは?」と感じるかもしれませんね。

でも、在職中でも当然登録してサポートしてくれるんですよ!

「仕事しながら転職活動する時間がない!」という人ほど転職エージェントのサービスは活用すべきです。

企業との面接の日程調整などの面倒な作業も代行してくれるので、あなたは現職の業務や面接対策・企業研究に集中出来ます。

なので、在職中「在職中だけど転職したらどんな評価を受けるかどうか相談したいな」という人も気軽に登録出来るんですよ!

理由④専任コンサルタントのアドバイスが適格すぎる

私自身何社か転職エージェントに登録しましたが、dodaの転職エージェントの専任コンサルタントの方の私へのアドバイスが適格過ぎました。

例えば、志望動機の考え方に下記のようにアドバイスしてくれます。

「現在の志望動機も悪くはないです。ですが、もっと企業に対してどういった価値を提供できるかを、ご自身の経験を交えて伝えるようにすると更に良くなります。」というアドバイスを受けました。

さらに、「ご自身が希望されている仕事は良く分かりました。ですが、企業様から評価されやす職種ですと○○の職種の方が向いていると感じます。

××という経験は転職市場でも非常に少ない特殊なスキルなので、このスキルをアピールされると希望年収より2割はアップ出来るはずです」などなど。

このように自分では気づかいアドバイスを的確にもらうことが出来たんです。

「やっぱり転職のプロは違うな~」と感心したことを覚えています。

⇒「ブラック企業に入社してしまった勇気を持って退職するのが大事だと思いました。我慢すればするほどブラック企業が世の中から減りませんからね(30代/女性)

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

転職エージェントに登録するべき人は?

転職エージェントを利用するべき人の特徴

  • 仕事に時間を取られ活動できない
  • 転職活動を中途半端にしたくない
  • 会社に迷惑かけず両立したい
  • 就活で仕事のプライオリティを落としたくない
  • 情報収集・書類作成を休日にしたくない
  • 面接のスケジューリングしたくない

こういった人は転職エージェントを活用すると悩みが解決されるでしょう。

特に「とにかく効率的に転職活動を進めたい」という人は絶対登録すべきです。

転職エージェントというのは、あなたの専任のコンサルタントが「あなたが活躍できる業界や職種のアドバイス」「応募書類の添削」「面接対策」などを無料で行ってくれるんです。

「じゃあオススメの転職エージェントは?」

と気になるところ。

オススメの転職エージェントは・・・

↓ ↓

転職決まらない人が多く登録している転職エージェントTOP3

doda/パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)

当サイト経由で1番多く登録されているの転職エージェントになります。

doda(デューダ)は大手人材人材会社のパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)グループが運営しているサービス。

転職支援業界で国内2位の売上高を誇っていますね。

dodaのポイントは以下になります。

①親身なサポートで転職者満足度No.1

dodaは転職者利用者へのアンケート調査で満足度No.1の実績。

満足度が高い理由としては、「登録者に寄り添った親身なサポート」だからです。

  • 転職に関する不安悩みごとの相談
  • 自分のキャリアプランに迷った時には面談でのキャリアカウンセリング
  • 将来の最適なキャリアプランの提案

このようなサポートの結果、転職サポートで年間1万人を成功に導く実績豊富なエージェントになります。

「以前転職エージェントに登録したけど放置された!」

「手厚く、親身なサポートを受けたい!」

という転職希望者が登録・利用すると特に満足度が高いですね。

②履歴書・職務経歴書の添削が抜群

dodaは履歴書・職務経歴書の添削が丁寧で分かりやすいと評判です。

転職活動での第一関門である書類選考。

応募書類で最大限自分の経験や能力をPRしないといけないのに、完璧な書類を作り上げている人は非常に少ないです。

その点、dodaのキャリアアドバイザーは

  • 1から応募書類の作成を手伝ってくれる
  • 履歴書を下書きすれば清書を代行してくれる
  • 書類選考通過率が約3倍にアップする書き方のコツを教えてくれる

といったサポートをしてくれるんです。

「書類選考で落ち続けて面接までたどり着けない・・」

という人は質が高いと評判のdodaの応募書類の添削を一度受けてみるべきですね。

③登録者限定の非公開求人が80%もある

dodaに登録した会員限定でしか閲覧できない非公開求人が全体の約80%あります。

非公開求人の中にはdodaだけが扱う独占求人も多いです。

求人の質も圧倒的に高く、業界最大手のリクルートエージェントとは違った独自の企業を紹介してくれるのが特徴。

⇒「大手転職エージェントだけあってサポートの質が凄く良かったです!親身に相談に乗ってくれました!(20代/女性)」

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

ビズリーチ

ビズリーチはテレビCMでも話題の転職支援サービスですね。

特徴としては

①圧倒的なスカウトの豊富さ

ビズリーチに経歴書を登録するだけで、企業人事担当者や転職エージェントの担当者から毎日のようにスカウトが届きます。

登録した人のキャリア次第では、大手転職エージェントと比較して3-10倍ほどスカウトの数が増えた!という人もいます。

  • 「仕事が忙しくて求人チェックする時間がない」
  • 「とにかくたくさんの企業からのスカウトをチェックしたい」

という人は、登録するだけでスカウトがたくさんくるビズリーチが向いているでしょう。

②年収アップ出来る求人が多数

ビズリーチは他の転職エージェントと比較しても、年収アップできる求人が豊富です。

理由としてはビズリーチは元々年収600万以上のハイスペックのビジネスパーソンに特化していた転職支援サービスだったからです。

ですので現状年収が低い転職希望者であっても、ビズリーチでしかチェック出来ない好条件の求人が紹介されるでしょう。

  • 「今の年収に不満がある!」
  • 「もっともっと稼ぎたい!」

という人は登録しておくと良いでしょう。

※公式ホームページには「年収600万以上に支持される」とありますが、年収600万未満でも登録・利用は問題なく出来ます

③上場企業・大手企業の求人が多い

上に書いた「年収アップ出来る求人が多い」ということとも繋がりますが、ビズリーチは大手・上場企業の求人が多いです。

年収が多い求人が多いので、当然上場企業や大手企業の求人が多いのは必然なのですが。

ですので「新卒で入社できなかった大手に入社したい!」と感じる人は登録しておいた方が良いです。

とはいえ大手企業は周りも入社したいと感じる人気求人。

募集してもすぐに打ち切りになりますし、募集も若干名です。

なので逆算して早めにビズリーチに登録して、大手企業の求人を漏れなくチェックしておくことが大事だといえます。

⇒「ビズリーチのハイスペック求人で年収が1.5倍にアップしました!(30代/女性)」

リクルートエージェント

転職支援サービス最大手のリクルートグループの転職エージェントになります。

①業界最多の13万件の求人件数で他社を圧倒。

転職エージェント業界業界最大手リクルートエージェント。

公開求人・非公開求人が合わせると約13万件と業界最多の圧倒的な求人件数です。

「とにかくたくさんの求人の中から自分に合う求人を探したい!」

という人はリクルートエージェントの求人の多さを実感するべきでしょう。

②転職支援の成功実績32万件でNO.1

リクルートエージェントが転職支援業界で成功実績No.1となったのは以下の理由です。

求人数の多さ+担当キャリアアドバイザーの質の高さ=転職成功実績32万件

確かに、dodaのキャリアアドバイザーもレベルが高いのですが、dodaの特徴としては親切丁寧なサポートです。

一方リクルートエージェントの特徴としては、とにかくキャリアアドバイザーのアドバイスが的確ということ。

アドバイスの内容に無駄がなく、ズバリ自分が進むべきキャリアを示してくれるんです。

と使い分けが必要になってきます。

③女性向けの転職ノウハウが豊富

リクルートグループの中に人材派遣会社(リクルートスタッフィング)と連携した女性に特化した求人や濃いノウハウ情報が豊富にあります。

特に事務職・販売職などの業界職に精通したキャリアコンサルタントが多数在籍しているので相談しやすい環境は整っていますよ。

「女性ならでは目線で悩みを相談したり、共感してくれる担当者が良い!」

と感じる女性の転職希望者が登録すると満足なサポートを受けることが出来ます。

④夜間・土日祝日でもサポート受付!

リクルートエージェントは、平日・土日祝日いつでも20時以降にも相談が出来るんです。

「仕事が忙しいからなかなか転職活動の時間が割けない・・」

という人でも、在職しながら転職活動が出来るサ手厚いサービスと言えますね。

⇒「業界最大手だけあって紹介される求人数は桁違い!転職サイトに掲載されてない非公開求人も紹介されたので大満足です!(20代/女性)」

4位:就職shop

番外編ですが、就職shopも紹介しておきます。就職shopは30歳以下の若手ビジネスパーソン向けの転職エージェントです。

特徴としては、3つあります。

①書類選考不要で必ず面接まで進める

就職shopの最大のメリットはなんといっても書類選考不要で希望した企業の面接を受けれるということ。

  • 「どれだけ応募しても書類選考落ちで面接まで進まない・・」
  • 「面接まで進めば自分の良さをアピール出来るのに・・」

という人は是非使っておきたいサービスです。

書類選考不要の転職エージェントは他社でもないサービスなので、個人的にはかなり画期的だと思いますね。

②全ての企業を取材済み!求人情報が正確

就職shopの求人は、全てスタッフが足を運んで企業を100%取材しています。

取材していることによるメリットとしては「求人情報が正確」「ブラック企業が皆無」といったことがあります。

ですので就職shop経由で入社した場合は「聞いていた条件や仕事内容じゃなかった・・」ということはほぼ皆無と言って良いでしょう。

ただ、全ての企業に足を運んでから求人掲載するので必然的に他の転職エージェントよりは求人数は少なくなります。

なので今回は4位にランキングしておきました。

③18-30歳以下の男女のみが登録の対象

他の転職エージェントであれば何歳であってもう登録可能です。

ですが、就職shopは18-30歳男女の若者向けの転職エージェントとなります。

なので、31歳以上の場合は登録が出来ないのでその点だけ注意が必要です。

⇒「毎回書類選考落ち・・でも就職shopなら書類選考なしで面接まで進めるんです!自分の良さをアピール出来たので直ぐに内定出ました♪(20代/男性)」

合わせて読まれている人気記事

①仕事のストレスが限界のあなたへ。無理は禁物です。

ストレスで仕事を辞めたいなら今すぐ転職だ!今すぐ会社を辞めるべき4つの理由
「毎日朝起きたくない・・職場に行くのが辛い・・もう辞めたい・・」 「職場の人間関係がストレスで、原因不明に体調不良。今の仕事辞めても大...

②職場いじめの人間関係で悩むなら早く転職したほうがいいですよ?

職場いじめで退職するしかない?泣き寝入りは禁物!職場いじめの11個の対処法を紹介。絶対に負けるな!
「職場で社内の人に1日中無視されていて辛い・・退職するしかないのかな・・」 「自分だけ間違った仕事の指示を出されて、ミスをすると上司か...

③今の仕事が辛いなら楽な仕事を選ぶことが大事です。

楽な仕事&バイト42選!正社員で楽で稼げる仕事がないと諦めてる?サビ残・ノルマなしで年間休日120日以上の仕事があるんです!!
「ブラック企業じゃなく、立ってるだけで給料貰えるような楽な仕事に就きたい!」 「複雑で面倒な人間関係がない、ストレスフリーな職場で働き...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする