仕事しながら転職は無理じゃない!ハローワークを使わずに最短で就活を成功させる方法とは?受かる履歴書の書き方も紹介!

「給料や休みが少な過ぎる!」

「仕事にやり甲斐を全く感じない!」

と仕事の悩みが深くなると、「転職しようかな」と考えるますよね。

ですが、日々の仕事も忙しい中で、仕事を棚上げして転職のための時間をやりくりするのは一苦労。

「退職後ゆっくり休んでからの方が面接しやすいじゃん!」

と思って思い切って今の仕事を辞めるには本当に大丈夫なのでしょうか?

いいえ。リスクがあるので危険です。

  • 仕事をしながら転職する方法
  • 仕事を辞めることのリスク

などを紹介しますね!

⇒【無料登録】「転職支援ならDODA(デューダ)」会員登録をする

転職サイトDODAで転職

在職中の転職活動の方法

1,在職中の転職活動はみんなどうしてる?データを紹介

参照:リクナビネクスト

上記はリクナビネクストが行った転職活動経験者へのアンケート結果です。

  • 辞めから転職した人⇒53%
  • 成功したと感じた人⇒73.6%
  • 働きながら転職した人⇒47%
  • 成功したと感じた人⇒93.6%

仕事しながら転職した人の約20%が成功したと感じているという結果です。

ですので、在職中に転職した人の方が後悔が少ないという結果ですね。

2,在職中と退職後の転職活動のメリット・デメリットとは

転職したい人
今の仕事を変えるぞ!

と感じたなら当然転職活動をする必要がありますよね。

方法としては

  • 仕事を続けながら転職活動
  • 退職後に転職活動

2つのどちらかになります。

正社員・派遣・契約社員・アルバイト・パート・第二新卒のどの仕事も同じこと。

早く会社辞めたい人へ。退職理由を5つ紹介。人間関係や鬱病などの精神疾患で悩むなら今すぐ退職して転職しよう!
「早く会社辞めたい・・」 と体力的精神的に限界を感じ、今すぐ辞めて転職したい!と思っている人も多いと思います。 「でも引...

今の仕事続けるなら仕事の終わり時間や空き時間を見つけて転職活動をする必要があります。

それぞれメリット・デメリットがあります。

良いところ、悪いところを紹介しておきますね。

在職中の転職活動のメリット・デメリット

〈良いところ〉

  • 収入が途切れない
  • 家族に迷惑心配かけない
  • 条件の良い求人を待ち応募できる
  • 不採用続きでも焦らない
  • 妥協して転職先を決める必要なし
  • キャリアが途絶えない

〈悪いところ〉

  • 仕事しつつ就活時間取りづらい
  • 引継ぎ時間取られ転職時期ずれ込む
  • 志望先企業へのアプローチが難しい
  • 在職中の会社にバレる可能性
  • 面接で会社を抜ける理由作り苦労
  • 急募求人に対応出来ず不利となる
  • 雇用保険・失業保険利用できない

退職後の転職活動のメリット・デメリット

〈良いところ〉

  • 時間的制約一切ない
  • 時間的精神的ゆとり
  • 面接いつ指定でも対応可能
  • 覚悟決めて転職活動出来る
  • スキルアップ資格取得に集中
  • 失業期間長引くとニート追い込む

〈悪いところ〉

  • 経済的基盤無く焦る
  • 失業手当支給まで貯金必要
  • 貯金切り崩す生活
  • ストレスで健康を害する恐れ
  • 無職のプレッシャー
  • 企業に足元見られる
  • 職歴空く。希望条件よりランク下がる

などなど。

仕事を退職してから転職活動をするのもメリットがあります。

「業務に支障をきたすことは気にならない」

「求人情報を収集し人脈を広げたい」

「職種転換のキャリアチェンジのために自分の武器や転職のための戦略戦術磨きたい!」

といった理由も退職後に転職活動をする人の主な理由です。

今すぐ転職したい人へ。確実に年収アップさせる転職ノウハウを暴露。職場環境や収入に不満があるなら今すぐ転職活動を開始しよう!
「今すぐ転職したいなら、すぐに転職活動を始めなさい」 転職といっても具体的にどうしたら良いか分からず、切羽詰まった状況にならな...

ただ、自己分析を丁寧に行いすぎた結果、ブランク期間が半年を超えると書類選考時にマイナス評価受けることもあるので要注意。

特にIT業界などの変化や進化の激しい業界だと更に厳しいです。

ブランク期間を埋めるためにも、公的機関の職業能力開発セミナーや、職業訓練などを受けてスキルアップを目指すべき。

あらゆるリスクを紹介しましたが、働きながら転職活動を行うのは「お金の問題」が結局のところ1番大きくなります。

手取り16万の正社員が年収アップさせる転職のコツとは?節約しなくても余裕をもった1人暮らしをする方法は転職しかない!
「正社員だけど手取り給料が16万円切って生活が辛い・・」 「ボーナス込みでフルタイム位で働いてるのに手取り16万円ておかしくな...

 
退職してからの転職活動はお金の問題で悩む可能性大!

⇒【無料登録】「転職支援ならDODA(デューダ)」会員登録をする

転職サイトDODAで転職

3,在職しながら転職活動すればお金に困らない!

転職したい人
やべぇ貯金なるなるよ・・

と見切りで退職すると大抵お金ことで悩みます。

ですので理想としては在職中に転職活動するのがベスト。

毎月給料も入ってくるのは大きなメリットです。

経済的な安定は精神的な安心に繋がりますよね。

ですが

  • 「残業時間が多すぎるんだよ!」
  • 「休日出勤もあるから休みがない!」
  • 「有給休暇取れない・・」

といった理由で在職中の転職活動が難しい人もいます。

「有給取れない」のは法律違反ですけどね(笑)

ですので仕方なく退職後に就職活動をする人もいるんです。

ですが、退職する場合は必ず生活費4ヶ月分の生活は確保しておくこと!

自己都合で退職する場合は雇用保険の失業保険申請し支給されるまで4ヶ月分必要です。

転職したい人
すぐに転職先決まるでしょ♪

というあなた!

仮に退職してからの転職活動が長期化した場合はどう生活するんですか?

退職して収入入ってこない。生活のお金もなく精神的に追い込まれる人の行動パターンは1つ。

妥協して入社しやすい会社に就職してしまう

簡単に入社できる会社は総じて条件も良くない厳しいブラック企業であることが多いです。

望まない会社に転職して結果ついていけず短期間で退職。

転職活動は振り出しに戻るなんて考えただけで大変でしょ?

「アルバイトして生活費稼ぎつつ就活すればいいじゃん!」

なんて考えも間違い。

アルバイトがあるとスケジュール調整が難しくなるので転職活動が長期化してしまい不利になります。

一度退職して収入がなるということは「心に焦り」を生むんです。

就職活動しながら「今月内定取らないとお金ピンチだな・・」と頭によぎります。

このような精神状態で希望の転職先が見つかる可能性が上がると思いますか?

ですが、働きながら就活していればお金で悩むことないです。

確かに退職後のように就活できる時間が多くありますが、就活が長期戦になると完全に不利です。

高齢になると更に転職に苦労しますからね。。

40代の転職成功のコツ。未経験でも正社員で年収100万アップさせた方法とは?40代女性の転職マル秘テクニックも公開!
「40代で転職なんて絶対無理だから定年まで今の会社で我慢するしかない・・俺の人生終わったな・・・」 なんて転職が出来ないと鼻か...

さらに退職してしまうと就活のタイミングで求人を掲載している会社の中から選ぶ必要が出てきます。

「希望条件の求人ないな」

と感じても、手持ちのお金がなくなるタイミリミットから逆算しないといけません。

結局、「この会社でいいや!」と妥協して楽になりたい気持ちが強くなっちゃうのです。

ここまで紹介しても退職してから転職活動がしたほうがいいと本当に思いますか?

 
先に退職するのは危険!貯金がなくなるとブラック企業でも就職するしかなくなるぞ!

転職活動を会社にバレずやり切る方法!休みの言い訳どうする?

転職したい人
会社にバレずどうやって就活するの?

と会社にバレないよう転職活動をする方法は知っておきたいところ。

仕事辞めたい人へ。今すぐ転職すべきたった1つの理由。人間関係や鬱病で悩むくらいなら退職だ!ストレスで悩むな!
さっさと仕事を辞めろ! 「仕事辞めたい」 「仕事辞めたてのんびりしたい」 「介護が大変で辞めたい」 「結婚す...

バレると会社から仕打ちを受ける可能性もあるんです!怖っ!

対策法を3つ紹介するので要チェックです!

1、転職活動していることは会社に秘密に!

転職したい人
就活してること正直言うべき?

駄目っ!

仕事しながら転職活動していることが職場の上司や同僚に何も言う必要はないです!

秘密にして黙っておくことが大事。

「でも面接時間を工面するのに有給休暇必要でしょ?他の会社の面接受ける時どうするの?」

と感じるかもですが、正直に話せば「コイツは辞める気なのか」と上司に思わます。

その結果社内で自分の立場悪くなること間違いなし。

仮に転職活動した結果「今回は転職は止めよう」と結論づけ、引き続き今の会社で働き続ける場合どうします?

上司から評価が下がってしまうと、見放され昇進にも影響するでしょう。

さらに左遷の可能性や重要の仕事を任せてくれないといったことも起こり得ます。

「嘘を付きたくない!」

という心がけは素晴らしいですが周囲に迷惑かけないなら問題なし。

転職活動をしていることを現在勤務の会社に報告する必要は全くありません。

あなたは会社の奴隷ではないので、報告する義務だってないはず。

正直に話しても誰も得しません。

上手く誤魔化しながら転職活動をしましょう。

 
転職活動することは会社には秘密で!バレると評価が下がり左遷の可能性も。

2,転職活動するための有給取得理由

転職したい人
有給取る言い訳が思いつかない!

有給所得の理由の説明って悩みますよね。。

「面接に活きたくても有給休暇を簡単に取れない!」

「有給を取る知勇を必ず聞かれるので対処に困る・・」

という人は多いです。

「親戚の結婚式です!法事です!」と冠婚葬祭を理由に何度も有給を取ると確実に怪しまれます。

「おまえの親族何人いるんだ!」

と上司に言われるでしょう(笑)

本来は有給取得には労働者の権利なので、自由に取れるものなのです。(労働基準法39条)

ですが、大体理由を聞かれるので怪しまれないように答えたいですね。

理由を紹介しておきます!

怪しまれない有給休暇取得理由

  • 歯医者通院
  • 身内不幸
  • 尿道結石
  • 腰の持病
  • 風邪引いて休む
  • 営業職場合外回り中に

などなど。

仮病を使っちゃうことがポイント。

ポイントは、入院するほどじゃないけど痛みは我慢出来ないよねという仮病を使うこと。

歯の治療や尿道結石の症状は他人では痛みの度合いが分かりにくいですよね。

治療は定期的に毎週通院しますから面接のために半休を貰いやすいです。

また営業職の人の場合は「外回り行ってきまーす♪」と言いつつちゃっかり面接に行くことも出来ますよ(笑)

「新規営業が辛い・・もう辞めたい」原因6つ&対策法7つ!無理するとメンタル崩壊して体調まで崩しますよ?
「もう新規営業がツライ・・飛び込み営業、テレアポ。どれだけ行動しても門前払いで、数字は残せないし、上司からも詰められる・・」 ...

「面接なのにどうしても有給取れない!」

という在職中に面接の時間を調節出来ない場合。

応募先の会社の人事担当者に事情を説明して交渉してみましょう。

会社側も考慮してくれて「平日19時以降or土日休日の面接は?」と融通を効かせて調節してくれるはず。

ちなみに応募先企業から現在勤務している会社に「御社の○○さん面接に来てますよ?」と連絡いくことはありえません。

心配無用です。

以上のように、在職中は時間の確保が難しいです。

自分のプライベートな時間を削って時間を調整する必要も出てきます。

稀に「どうしても在職中に転職活動の時間を捻出出来ない!」という人もいます。

そういった場合は退職後に就職活動を検討してもいいですね。

ただ金銭的リスクは高いので、貯金はしっかりしておいてくださいね。

 
有給取得の理由は、歯医者や尿道結石の仮病。休み取れないなら企業に相談しよう。

3,会社に内緒で転職活動することに罪悪感は不要!

転職したい人
会社に嘘つくの罪悪感だな

と嘘の理由をついて、仕事忙しい状況なのに自分だけ有給とって休むことに罪悪感かんじる人もいますね。

「他の企業面接行っているのが申し訳ないな・・」

などなど。

ですが、本来有給休暇は自由に取得出来るものです。

あなたは「本気で転職したいんだ!」と思っているんでしょ?

だったら自分の気持ちを優先することが大事。

在職中の転職活動は会社としても公に認めていません。

ですが職業選択の自由の憲法の理由から、禁止することは出来ないんです。

会社に黙っての転職活動は、周りは応援してくれません。

自分1人だけの孤独な戦いになります。

仕事辞めたい新卒社員へ。入社半年で退職して1ヶ月以内に転職する方法とは?精神的にストレスを感じた状態で仕事を続ける必要なんてないんです!
「大学卒業して新卒で入社した会社で1年未満で辞めてしまったぁぁ!!」 「人間関係に悩んで、新卒で辞めたたけど、就職が決まらず現...

だからといって「転職活動してます!テヘヘ♪」

なんて正直に申し出たところで誰も応援してくれません。

「アイツ辞める気なのによく給料受け取れるな」

と陰口を叩かれる可能性だってあります。

ですので多少の嘘は自分の将来のため!と思って割り切りましょう。

会社だって生涯アナタの面倒を見てくれませんよね?

だったら仕事が中途半端にならない程度に仕事は休みつつ就活に専念すべき。

採用が決まれば、円満退職に向けて退職交渉をするだけ。

堂々と次の職場に行けばいいんです。

 
在職しながらの就活に罪悪感は不要!多少の嘘は気にせず自分のために転職活動しよう

⇒【無料登録】「転職支援ならDODA(デューダ)」会員登録をする

転職サイトDODAで転職

在職中の転職活動の具体的方法6ステップ

具体的な方法を5ステップで紹介します!

紹介している通り就活すれば転職も簡単ですよ。

1,転職活動の手順概要

■1:勤務時間外や休日に活動する

会社で給料を貰いつつ、就職活動を始めましょう。

業界研究の情報収集や求人検索、応募や申込みなど。

■2:面接

書類選考が通れば応募先企業との面接です。

履歴書などの応募書類を郵送したりネットでエントリーしましょう。

■3:志望先企業からの内定ゲット

■4:現職との退職交渉

内定を了承すれば現在の勤めている企業に退職願を出し、退職日の調整をしましょう。

■5:内定先業への入社

仕事や業務の引継ぎが終了し退職。内定先企業にお世話になりましょう。

2,在職中にオススメな転職活動媒体

転職したい人
就活といえばハローワークでしょ!

と思っているかもしれませんが、ハローワークはオススメ出来ません。

確かに幅広い求人数があるので待遇面や自分の気に入った仕事を選べるイメージがあるかもです。

ですが、ハローワークは無駄な労力を使うことが多いです。

仕事が忙しい時期に自分で応募して、更に煩わしい面接日程の調整する時間ありますか?

転職サイトも同じ理由でオススメ出来ませんね。

転職したい人
じゃあ何が1番いいんだよ?

それは転職エージェントです。

登録後に初回だけ面談で事務所に出向くか、電話面談をする必要はあります。

ですが担当のキャリアコンサルタントが希望適正年収の求人を紹介してくれるんです。

また平日仕事で忙しくても、メールや電話で担当者と手軽にやり取りできます。

当然面接日程の調整や、内定後給与交渉など便利なサービスもあるんです。

特に時間のない在職中の人にはピッタリですね。

 
ハローワークや転職サイトは使うな!転職エージェントで効率的な就活をしよう

3,在職中の履歴書の書き方は?

転職したい人
退職前って履歴書はどう書くの?

現職の仕事を続けている場合。履歴書の書き方に悩みますよね。

方法としては、「平成○年 △△株式会社 在職中」もしくは「現在に至る」と書けばOK。

履歴書の書き方のルールとして職歴は古い順に書くので現職は1番最後の行に書くことになります。

また、履歴書の備考欄や本人希望記入欄には

  • 希望の連絡方法や時間帯
  • 面接の希望時間帯
  • 退職予定日。入社可能日

などを記載しておきましょう。

「9-19時は勤務中なので面接日程などの電話は取れません」

「連絡方法は留守電に要件残してもらうかメールでお願いします」

「就業時間外。土日休日は電話連絡出来ます」

などと書いておくと親切です。

退職日から逆算した入社希望日など正確でなくても大体の日程は書いておきましょう。

 
履歴書には希望の連絡方法や時間帯を記載。入社可能日も書いておこう

4,内定後の退職交渉や引継ぎなど

転職したい人
内定は出たけど退職が大変だな

と内定後の退職交渉に苦労する人も多いです。

順を追って説明していきます。

まず志望先企業から内定が出ると「入社時期はいつ頃から可能ですか?」と聞かれます。

会社を退職できそうな時期をしっかりと事前に調べておきましょう。

会社の就業規則に沿って退職交渉を行います。

即入社しなくても普通は入社までは1-2ヶ月は待ってくれるものです。

ここからが骨の折れます。

内定が出ると勤め先の会社に大して、すぐにでも退職の申し出を行う必要があるんです。

言いそびれたり、「また今度でいいか」と日にちをかけ過ぎると転職先の会社に迷惑がかかります。

「一身上の都合で来月一杯で退職させて頂きたい」

と上司に、日付を決めて告げましょう。

このタイミングでは信頼できる同僚に打ち明けても良いです。

上司は驚くでしょうが、勇気を出して退職の意志を伝えましょう。

タイミングなど計る必要は一切ないんです。

よくある退職交渉の失敗談も紹介しておきますね。

上司に「辞めたい」と相談しても「まだ転職活動も始めてないんなら決まるまで辞める必要ないじゃん」と退職を取り合ってくれず水掛け論。

転職先が決まると、引継ぎ問題などの具体的な話になるんです。

在職期間や転職先の入社日などの期限があるからお互い必死になるんです(笑)

なので、退職願などを上司に出し、退職にあたっての「有給休暇の消化をどうするか?」などの話し合いを行いましょう。

円満退職を目指すなら尚更早めの内定直後に言うべきです。

立つ鳥跡を濁さずという言葉もあるので、無責任に放り出さないためにも十分な引継ぎ期間が必要ですからね。

スムーズに退職するために事前に引き継ぎ資料を作っておき業務内容をマニュアル化しておくのもいいでしょう。

転職したい人
会社が辞めさせてくれない!

といったことがあれば「労働基準法第627条第一項」を盾にして戦いましょう。

この法律は「退職の意志を示せば2週間後に退職できる」というもの。

上司が了承しようがどうかは一切関係ないんです。

 
内定が出た後はすぐに退職の意志を伝えよう!円満退職のためにも十分な引継ぎ期間を

5,内定が出るまでの平均の応募数や活動期間は?

転職したい人
内定が出るまでの何社受けるんだ?

と転職活動で内定が出るまで大体何社くらい受ければいいのか気になるところ。

転職エージェントDODAの調査によると平均の応募者数は13.1社になります。

さらにリクナビネクストの調べによると、転職活動の平均活動期間は3-6ヶ月になりますね。

当然仕事をしていない無職の期間の人は就活の時間的余裕があります。

ですので、何社も同時に応募できますから早く内定を得れる傾向がありますよね。

逆に仕事をしながら就活する人は自由時間も少ないので、一度に多くの会社に応募することは出来ませんよね。

当然長期化していきます。

働きながら転職活度をすると1ヶ月で決まることは稀です。

半年~1年以上もじっくりと時間をかけて転職先を探す人だっているんです。

時間をかけて就活することで、活動のコツや、求人の見方なども分かってくるというメリットもあります。

デメリットとしては、長期化するのでモチベーションが保てずに途中で辞めてしまうこともあります。

途中で挫折しないためには、希望年収に合わせた求人を紹介してくれる転職エージェントを使うことですね。

マッチング率も高くなるので、早い段階で希望企業に出会える可能性も必然的に高くなるんです。

 
平均応募数は13.1社。期間は3-6ヶ月。転職エージェントを使えば効率的に活動出来る

6,希望の求人が見つからない場合はどうする?

転職したい人
希望の仕事が見つからない!

と転職活動で求人チェックしても希望の仕事が見つからない場合もあると思います。

ですが、妥協して今ある求人から無理して選んで応募するのはNG!

希望求人がないなら半年程度の期間を設けて新しい求人が出てくるのもを待つ方法がオススメ。

転職失敗して再転職のデメリット7つ。自己分析を行えば1ヶ月以内の再転職も可能!落ち込んでいる暇なんてないぞ!
「転職して3ヶ月だけど、職場に全く合わない!今すぐ辞めて再転職したいけど、そんなこと出来るのかな?」 「心機一転また再転職した...

今の仕事を続けながら粘り強く就職活動を続けていれば自分の希望求人を見つけれる確率だって当然高くなります。

「内定が出るまで就活してやるぜ!」という根気が大事。

行きたい会社。納得できる会社と出会うまでコツコツと就活を続けいきましょう。

不採用が続けば凹んだり気が滅入ることもあるでしょう。

ですが、不採用は相性の悪い求人だったと割り切って次の求人に応募しましょう。

「もっと効率的に就活したい!」

と感じるなら転職活動をあらゆる面でサポートしてくれる転職エージェントへの登録は必須ですけどね。

 
就活は根気が重要!効率的に進めたければ転職エージェントに登録しよう

⇒【無料登録】「転職支援ならDODA(デューダ)」会員登録をする

転職サイトDODAで転職

仕事をしながら就活する人に最適な転職エージェントとは?

転職したい人
おすすめの転職エージェントは?

と言う人におすすめの転職エージェントを紹介します。

ちなみに、転職エージェントに絶対登録するべきなのは

  • 仕事に時間を取られ活動できない
  • 転職活動を中途半端にしたくない
  • 会社に迷惑かけず両立したい
  • 就活で仕事のプライオリティを落としたくない
  • 情報収集・書類作成を休日にしたくない
  • 面接のスケジューリングしたくない

という人ですね。

要は「とにかく効率的に転職活動を進めたい」という人。

そんなあなたに転職エージェント比較します。

1,スポナビキャリア

■おすすめ度/★★☆☆☆

体育会出身者に特化した転職サービスが「スポナビキャリア」です。

ですが、あまりオススメは出来ません。

下記のような体育会系出身者は競争力・忍耐力・上昇志向が強いといった理由で企業から高評価を受けやすいです。

  • 野球
  • サッカー
  • テニス
  • ラグビー
  • バスケット
  • 水泳陸上

ですが転職エージェントは会社規模がものを言う世界。

規模が大きいと、大企業との太いパイプを持てますし、企業幹部などのたくさんの求人を紹介出来ます。

ですが、スポナビキャリアのようなそれほど規模が大きくない転職エージェントでは希望の求人を見つけるのに相当苦労するでしょう。

→【無料登録】スポナビキャリア公式サイトで詳細をチェックする

2,マックスキャリア

■おすすめ度/★★☆☆☆

女性の事務派遣に特化した就職サイトになりますが、マックスキャリアもオススメ出来ないですね~。

特徴としては、

  • 東京大阪の大都市圏のみの求人
  • 残業なしの定時帰りの求人
  • 未経験正社員事務の求人
  • 大手企業の求人
  • 40代以降の求人も

などの希望条件に沿った求人を紹介してくれます。

ですが、大手の転職エージェントであればどこでも紹介してくえるような求人ばかり。

未経験で事務職に受からない理由14個。転職や面接のコツを理解しないと内定ゲット出来ない!対策法を4つ紹介。
「事務の求人に応募しても書類選考や面接で何度も受からないのは何故なんだろう?」 「パソコンの学校にも行っているのに、事務の次の...
派遣の職場見学落ち続ける・・落ちる原因9つ紹介。受からない人は落ちるパターンがあるの知ってますか?
「派遣社員として派遣先の職場見学に行ったけど、不採用が続く!」 「派遣社員・派遣先・派遣会社の関係性ってどうなってるの?仕組み...

メリットとしては、会員登録して就業が確定すればクオカード3,000円分が貰えることくらい。

でも3,000円分なんて希望年収をクリアできれば余裕でゲット出来る金額ですよね?

→【無料登録】マックスキャリア公式サイトで詳細をチェックする

3,DODA

■おすすめ度/★★★★★

私自身も転職活動をしていて1番良かったのはDODAですね。

登録した転職エージェントはDODAだけだったのですが、結果的に転職活動期間2か月にも関わらず、7社の内定を勝ち取れましたからね。

さっき言いましたが、結局求人数は企業規模に比例するので大手の転職エージェント使うのが良いに決まってるんです。

具体的にDODAが優れている理由も書いておきます。

⇒【無料登録】「転職支援ならDODA(デューダ)」会員登録をする

転職サイトDODAで転職

DODAが転職エージェントの中でも優れている理由3つ

理由①求人の8割が非公開求人

転職エージェントも私人身も複数登録しましたが、DODAが1番良かったなと感じた理由の1つが、「圧倒的な求人数の多さ」です。

DODAの求人の8割が非公開求人で、DODAに登録した人限定で応募できる求人ばかりです。

転職といえば、リクナビネクスト・マイナビ転職などの求人サイトが一般的ですが、求人サイトには掲載されていない求人がDODAにはたくさん紹介されています。

当然求人が多くなると、私たち求職者にとっては選択肢が増えるので、求人数の数に比例して内定数も増えていくことになります。

理由②大手企業なので安心して登録できる

DODAはテレビCMも放映しているパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)という大手企業が提供しているサービスです。

やはり大手企業ですので、安心して転職支援サービスにも登録できます。

転職エージェントの仕事というのは、有料職業紹介事業という厚生労働書からの許認可を得れば誰でもできますし、社長1人だけの転職エージェントの会社といのも少なくないです。

小規模な転職エージェントは営業マンも少ないので、紹介してくれる求人数も圧倒的に不足。

また、個人情報の扱いに関しても大手企業ほど厳重ではないです。

その点から考えると、中小の転職エージェント会社に登録するメリットはなく、DODAのような大手企業へ登録する方が得策なんです。

DODAは資本金11億2700万円。従業員5,166名の超大手企業で綾野剛さんがテレビCMもやっている企業なので、安心出来ますね。

理由③在職中でも登録可能なんです!

転職エージェントと聞くと、「退職済みの人しかサポートしてくれないのでは?」と感じるかもしれませんね。

でも、在職中でも当然登録してサポートしてくれるんですよ!

「仕事しながら転職活動する時間がない!」という人ほど転職エージェントのサービスは活用すべきです。

企業との面接の日程調整などの面倒な作業も代行してくれるので、あなたは現職の業務や面接対策・企業研究に集中出来ます。

なので、在職中「在職中だけど転職したらどんな評価を受けるかどうか相談したいな」という人も気軽に登録出来るんですよ!

理由④専任コンサルタントのアドバイスが適格すぎる

私自身何社か転職エージェントに登録しましたが、DODAの転職エージェントの専任コンサルタントの方の私へのアドバイスが適格過ぎました。

例えば、志望動機の考え方に下記のようにアドバイスしてくれます。

「現在の志望動機も悪くはないです。ですが、もっと企業に対してどういった価値を提供できるかを、ご自身の経験を交えて伝えるようにすると更に良くなります。」というアドバイスを受けました。

さらに、「ご自身が希望されている仕事は良く分かりました。ですが、企業様から評価されやす職種ですと○○の職種の方が向いていると感じます。

××という経験は転職市場でも非常に少ない特殊なスキルなので、このスキルをアピールされると希望年収より2割はアップ出来るはずです」などなど。

このように自分では気づかいアドバイスを的確にもらうことが出来たんです。

「やっぱり転職のプロは違うな~」と感心したことを覚えています。

⇒【無料登録】「転職支援ならDODA(デューダ)」会員登録をする

DODAへの無料の登録方法

ですので、早速DODAへ無料登録を行い、専任コンサルタントからアドバイスを受けるようしましょう!

まず、DODAの公式ホームページより登録画面に進み「氏名・年齢・住所・連絡先・直近の職歴・希望面談日」などの必須項目を入力しましょう。

面談は、DODAの全国7か所ある事務所に訪問しても良いですし、電話面談で登録を済ませても大丈夫です。

登録者の8割は電話での面談で登録を済ませる人も多いので、電話面談の希望日程などを「自由記入欄」に記載しておくと良いですよ。

登録後数時間後に、DODAの担当の方から電話で連絡が入ります。

面談日程の調整をその電話で行うということですね。面談日程を決めれば、後は面談日を待つだけです。

面談日までに必ず用意しておいた方がよいものは職務経歴書です。

職務経歴書がないと、いくら転職のプロであるDODAのコンサルタントの方でもあなたに適切なアドバイスや、求人を紹介することは出来ません。

経歴を元に、話が進みますので、当日円滑に登録が進むように、職務経歴書は用意しておきましょう。

そのあたりの必要書類の準備に関しても、DODAに登録したの電話で丁寧に説明してもらえます。

DODAへ登録して今よりも条件の良い職場へ転職しよう!

転職は当然ですが、転職のプロに相談するのがベストです。

私自身、DODAへ登録して応募書類の添削をしてもらってから、書類選考の通過率が約5倍にアップしました。

転職エージェントののプロの視点は、本当にすごいんだなと感心しましたね。

いかに自分で作った応募書類の内容が穴だらけだったかということですが(笑)

DODAへ登録してプロのコンサルタントにアドバイスを受けることで、確実に今以上にあなた自身を企業にアピールできます。

結果、収入面・待遇面・仕事の内容で、今以上の職場に転職できる確率もグッとアップします。

今すぐ登録して、絶対に転職を成功させましょう!!

⇒【無料登録】「転職支援ならDODA(デューダ)」会員登録をする

転職サイトDODAで転職

合わせて読まれている人気記事

①仕事のストレスが限界のあなたへ。無理は禁物です。

ストレスで仕事を辞めたいなら今すぐ転職だ!今すぐ会社を辞めるべき4つの理由
「毎日朝起きたくない・・職場に行くのが辛い・・もう辞めたい・・」 「職場の人間関係がストレスで、原因不明に体調不良。今の仕事辞...

②職場いじめの人間関係で悩むなら早く転職したほうがいいですよ?

職場いじめで退職するしかない?泣き寝入りは禁物!職場いじめの11個の対処法を紹介。絶対に負けるな!
「職場で社内の人に1日中無視されていて辛い・・退職するしかないのかな・・」 「自分だけ間違った仕事の指示を出されて、ミスをする...

③今の仕事が辛いなら楽な仕事を選ぶことが大事です。

楽な仕事&バイト42選!正社員で楽で稼げる仕事がないと諦めてる?サビ残・ノルマなしで年間休日120日以上の仕事があるんです!!
「ブラック企業じゃなく、立ってるだけで給料貰えるような楽な仕事に就きたい!」 「複雑で面倒な人間関係がない、ストレスフリーな職...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする