早く会社辞めたい人へ。退職理由を5つ紹介。人間関係や鬱病などの精神疾患で悩むなら今すぐ退職して転職しよう!

「早く会社辞めたい・・」

と体力的精神的に限界を感じ、今すぐ会社を辞めて転職したい!と思っている人も多いと思います。

「でも引継ぎの責任もあるからな・・」

と思っているアナタ。

引継ぎなど全て適当に投げ出してしまってOKです!

あなたを限界まで追い込む劣悪な環境で働かせるような企業に対し、責任を全うする必要はなし。

責任感なんて捨て去りましょう!

劣悪な環境の企業はどうせ先は短いですから今すぐ泥舟から脱出するべき。

逃げ遅れることで精神的限界を迎えると今後のアナタのキャリアは取り返しがつかなくなります。

例えば鬱病。今後転職出来なくなるような症状は下記です。

  • 朝起きると身体が言うことを聞かず動かない
  • 自宅を出ると嘔吐が止まらない
  • 自分の悪口の幻聴や、幻覚の症状が出る

ブラック企業や、パワハラな上司がいる職場に勤め続けると上記症状が出てきます。

鬱病も重度な症状と診断されると1年程度就職不可能な状況になるでしょう。

就職どころか日常生活にも支障が出るほど重大な問題になります。

「会社を早く辞めたい」

と思うたび転職を躊躇していてはキリがありません。

あなたと同じような状況でも結果的に転職を成功させている人はたくさんいますよ?

会社にあなた自身を破壊されてしまう前に「仕事を辞めたい」という心の声に正直に従うべき。

本当に辞めるべきタイミングを逃す方がリスクがあります。

「仕事を辞めたい」

と感じたならそれは辞め時です。

転職戦略の心構えも持つ具体的に行動していくべき。無理は禁物ですよ。

⇒「会社に行くのが辛くて仕方なかったんですが、退職してからストレスが全くなくなりました!転職エージェントに相談したおかげで1ヶ月で転職先も決まりましたよ!(20代/男性)」

会社を辞めずに居続けることのリスク3つ

会社を辞めたい人
辞めたいけど少し様子みよう

と会社に居続けることを選ぶとします。

ですが様子を見て会社に居続けて、あなたの「辞めたい」と感じる根本的原因が解決されると思いますか?

会社に無理して居続けることのリスクを紹介しておきます。

リスク①仕事のパフォーマンスが全く上がらず精神的に疲弊

会社を辞めたい人
仕事を辞めたい

と仕事や職場環境への不満を飲み込み、会社にしがみつくことはリスクしかありません。。

例えば、仕事のパーフォマンスが落ち満足いく成果は残せませんよね。

成果を残せないと会社や同僚にも迷惑がかかり、そのことが更なる心身のストレスとなっていくんです(-_-;)

不満を抱えたまま仕事を続けることが更なる心身の消耗に繋がっていきます。

未だに日本は終身雇用制の意識が強く、世間からは「転職はリスクが高い」という意見も根強いですよね。

ですが、パフォーマンスが上がらない状態でダラダラと仕事を続けることが、本当に良い選択なのでしょうか?

仕事を辞めたいならこちらの記事も合わせてチェックしておいてくだい。

リスク②あなた自身が幸せを掴めない

無責任な人
仕事を辞めるな!続けろ!

無責任な発言する人っていますよね。

でも我慢がキツくなれば辞めてもいいんですよ。

むしろズルズルと居続ける方がリスクだらけ。

精神的に疲弊するのってあなたが思っている以上にリスクがあります。

「今の会社の仕事を続けて本当に幸せを手に入れれるか?」

理想と生活や自分のキャリアを手に入れることが出来るかよく考えて下さい。

考えた結果

  • 「絶対に辞める!」
  • 「明日にでも辞める!」

と感じたならすぐに行動に移す必要があります。

確固たる意志で転職活動を開始すべき。

リスク③年齢がネックで転職できなくなる

会社を辞めたい人
年齢制限で応募できる求人がない!

と仕事を辞めたいと感じていたのに何年も今の会社にしがみつくと年齢が原因で転職できなくなるデメリットもあります。

あなたも知っての通り、転職市場では年齢の要素で挑戦可能となるキャリアが大きく左右されます。

「転職しないリスク。現状維持のリスク」

これらを、しっかりと考えて本当に織り込めていますか?

例えば、40代で転職したいならちょっとした転職のコツが必要になりますよ。

会社を辞めるべきタイミング7つ。無理する必要なし!

会社を辞めたい人
会社を辞めるべきかどうか判断出来ない

と、自分の今の状況が「会社を辞めるべき」ほどの悩みかどうか判断出来ない人もいるでしょう。

特にブラック企業のような過酷な環境で働き続けると、感覚が麻痺してきますからね(*_*)

下記では「」会社を辞めるべきタイミング」を7つ紹介しているので、1つでも当てはまるようであれば即刻退職し転職活動を開始するべきです。

1,収入が少なすぎる

会社を辞めたい人
給料が少なすぎる・・

収入が悩みなら一度あなたの収入が適正か冷静に分析してみるべき。

日本では不景気と言われながら年収300万円以上貰っている人がほとんどです。

もしあなたが、フルタイムで年収300万以下ならあなたはワーキングプア。

正社員で頑張って働いてもワーキングプアという人は日本でも少なくありません。

さらに300万円以上はもらっていても、配属変更や期次第でインセンティブやボーナスが減り収入が減ることもある人も要注意。

手取り16万円程度。ボーナスなし、出ても寸志程度で残業代もなし。福利厚生も利用できない。

さらに自社商品の購入を強要される自爆営業を強いてくるような会社だと時給換算で500円程度になる人もいるでしょう。

給料を年収換算で計算した時に

会社を辞めたい人
え?俺ワーキングプアじゃん・・

と気づく人もいるくらいです。

「残業が付かないサービス残業ならバイトで夜勤で働いた方が時給換算すると給料高いよな・・」

と嘆くサラリーマンもすごく多いです。

本当に現在のあなたの年収は適正だと思いますか?

  • 不景気で給料低いのはある意味仕方ない
  • 手に職もスキルもないから転職しても無意味
  • 課長など管理職でも年収の給与テーブルの規定が低い

などと諦めていませんか?

出世に自信があっても上司が給料もらってなければ頑張る気も起きないでしょう。

残業代が支給されないサービス残業強要され、給料が上がらないこともヤル気が起きないでしょう。

働いても働いても生活に支障が出る。生活維持出来ないと判断したら「会社を辞める」ことに迷いは不要です。

自分の給与や待遇を冷静に見直す時期なんです。

経営者の都合の良い言い訳に振り回されてはいけません。

あなたの今の収入では2,3年後結婚・出産・子供の進学・マイホームなど実現できますか?

搾取の酷い状況は、あなたの辞める動機になり、退職して転職活動を始めるモチベーションアップにも繋がると思います。

転職エージェントを利用すれば、「年収400万円以上」という求人条件の希望をつけれます。

一定以上の収入の求人のみを紹介して貰え、更に企業に対して「あと50万円給与アップ!」という交渉の代行もしてもらえます。

今以上の年収を希望するなら転職エージェントの利用は必須ですよ。

⇒「転職先が決まらなくて落ち込む毎日でした。でも友人に紹介してもらった転職エージェントのおかげでまた転職活動を頑張れたんです!(20代/女性)」

2,真面目で責任感が強すぎる人

会社を辞めたい人
辛くても会社は辞めれない

と真面目で責任感が強く、退職することを躊躇しているアナタ。

我慢を続けることは確かに素晴らしいことです。

ですが、あなたの真面目を悪どい経営者は利用して裏ではほくそ笑んでいますよ?

あなたの頑張りを経営者は搾取するんです。

あなたの頑張りは悪どい経営者ではなく、自分自身のキャリアアップに繋げるべき。

そろそろ見切りをつけて退職し次の会社を探す転職活動にエネルギーを使ってみてもいいんじゃないですか?

情にも雰囲気にも流れさない。優しい顔もしない。

強い決意をもって転職も視野に入れて活動するべきです。

会社のためではなくアナタ自身の幸せを大事にするべきですよ。

特に入社したての新入社員ほど無理しすぎる傾向にあるんです。

仕事辞めたい新卒社員へ。入社半年で退職して1ヶ月以内に転職する方法とは?精神的にストレスを感じた状態で仕事を続ける必要なんてないんです!
「大学卒業して新卒で入社した会社で1年未満で辞めてしまったぁぁ!!」 「人間関係に悩んで、新卒で辞めたたけど、就職が決まらず現実逃避し...

3,転職を裏切り行為と考えてしまっている

会社を辞めたい人
社長を会社を裏切れない

と転職することは会社に対する裏切り行為認識する、古い価値観は捨てて下さい。

特に新卒で入社した新入社員は退職すること自体「悪」と捉えている人もいます。

ブラック企業
最低3年は頑張れよ!

と周囲が当たり前のように言うことが原因なんです。

ですが、無理した結果最終的に鬱病などになり社会的に再起不能に陥り潰れた場合。

企業があなたの収入を保障してくれますか?生活の保障してくれませんよね?

ですから、転職して自分自身を守ることは裏切りでも何でもありません。

仮に短期で離職してしまっても「負け組」ではありません。

憲法で職業選択の自由が定められていて、転職は一般的な行動なんです。

ビジネスパーソンなら誰にでも起こるイベントですからね。

転職を結婚に置き換えてみてください。

結婚する人もいれば、離婚する人もいて日本の離婚率は40%ですよ。

逆に再婚する人だって居ます。再婚は転職と置き換えることが出来ますよね。

「転職」することを悪いことと捉えていると、アナタ自身の人生の選択肢を確実に狭めます。

さらに転職を躊躇するとはマネープラン的にもデメリットしかないです。

だって転職をすぐに決めていれば年収アップだって実現できたかもしれないんですよ?

転職先で稼げたであろう年収を放棄することになり、判断が遅れるほど損することになるんです。

最低でも収入が同じ職場に転職出来ればストレスが減らせるので、健康状態も改善されるでしょう。

そうれば医療費も減るのでトータルの家計も改善され、手取りを増やすことになります。

1番重要なのは、自分の幸せであって会社ではありません。

今の会社に居続けて転職しない選択肢が、自分の幸せなのか?

少しでも疑問に感じるなら転職するべきです。

「転職は裏切り!」なんて昭和のムラ社会価値観です。

咎められることは気にせず、自分や家族の幸せを判断基準に置くべき。

「すぐに転職の決断が出来ない」

なら1人で抱え込まえず両親・家族・友人などに相談してみましょう。

相談しても今の会社に在籍し続けることがメリットと感じるなら無理して転職する必要はありません。

4,労働時間が過労死寸前で限界ならすぐ辞めろ!

会社を辞めたい人
今月も残業80時間超えだ・・

と過労死ライン超えの残業時間で働いているなら今すぐ辞めるべきです!

長時間労働が続くと精神的に肉体的に限界を迎えます。

残業時間が多すぎるなら一度メンタルヘルスの検査を受けてみて下さい。

長時間労働による症状

  • 不眠症
  • 入眠障害・中途覚醒
  • 過食症。拒食症
  • 吐き気
  • 無気力

仕事のストレスが原因で上記のような実害が出ている可能性があります。

今は初期症状かもしれませんが無理を続けると退職を余儀なくされることだってあるんです。

そうなると治療に専念する必要が出てきます。

治療していると当然転職活動のタイミングを逃しますよね。

「長時間労働でも大丈夫でしょ!」

と思うかもしれませんが、危険です。

日本国内では過労死や、過労が原因の自殺のニュース報道は後を立ちません。

土日休日の完全週休2日制でも、通勤時間含めて1日15時間ほど仕事に使っています。

多くの時間を割く仕事なのに、長時間労働を強要する理不尽なパワハラを受け続ければ体が限界を迎えるのは当然です。

長時間労働を続けても、あなたは肉体的精神的ダメージを受けるだけ。

逆に経営者は低賃金で働かせることが出来るので搾取出来ます。

働けど働けど、家族やあなた自身の生活は豊かになりません。

仕事の拘束時間も通勤時間も長いと家族は迷惑にしか感じないでしょう。

「長時間労働は当たり前だよね」

と社会の理不尽さを全て我慢したり根性で乗り切る必要なんてないんです。

ブラック企業に入社して高圧的な上司や理不尽やお客に囲まれているのは、単純に入る会社を間違えただけ。

我慢しても業務に支障をきたすだけなので意味がないです。

さらに萎縮し続けたまま社会人生活を続けてもキャリアアップは望めません。

自分の能力を発揮できる、入社すべき会社を探し直し、転職先を自分で決めるタイミングです。

仕事は生活の糧ですから、最優先はあなたの命・身体・健康です。

その後の優先順位として仕事への充実感ややり甲斐が大事になります。

会社のために長時間働くことは、優先するべきことではないですよ。

あなたの体のことだけ考えて仕事を選んで下さい。

のんびり田舎暮らしするのもいいかもしれませんね。

 

5,仕事内容が合わずに失敗を繰り返す

会社を辞めたい人
仕事内容が合わない・・

成長したいのに、つまらない仕事を任せられてばかりではモチベーションも上がりませんよね。

仕事が合わない状況で無理して続けていても失敗を繰り返すことになります。

ですが医師・介護士・医師など人間の生命に関わる仕事はミスは許されない業種。

そのような責任の重い業種や職種では思いっきって転職して根本的解決に向けて動くべきです。

また新入社員や転職後・異動後など新しい環境や業務に不慣れで仕事が合わない場合もあります。

そういった場合も無理せずに自分に合う仕事に転職するべき。

つまらない仕事でも、年収が平均以上あるなら割り切ることも出来るでしょう。

ですが年収も低い、仕事内容も合わないでは無理して続けるメリットもないです。

仕事が合わないと悩んでいるなら転職を決断して、自分の価値を高めるチャンスを掴み取る行動を起こしていきましょう。

ストレスが合わず限界を感じると体調不良の症状が出てきますよ。

ストレスで仕事を辞めたいなら今すぐ転職だ!今すぐ会社を辞めるべき4つの理由
「毎日朝起きたくない・・職場に行くのが辛い・・もう辞めたい・・」 「職場の人間関係がストレスで、原因不明に体調不良。今の仕事辞めても大...

6,上司からの理不尽な叱責やパワハラ

会社を辞めたい人
上司の機嫌次第で怒られるのは辛い

と理不尽に怒られる状況が続くのも仕事を辞めるタイミング。

ディーチングやコーチングが下手な上司の下で働くのは大変です。

自分の職務を遂行するためにスキルアップしていく必要があるのに、上司に無意味に怒られていては成長も望めません。

その状況を耐えたり、甘んじて受け入れる必要なんてないんです。

大したミスでもないのに自分の立場や職場までなくなってしまうほど過度に責めるような上司は異常。

同僚「何でおまえだけいつも怒られてんの?」

と周囲から言われるほど本来自分が怒られる内容でないのに、周囲が疑問に感じるケースが頻発するのは完全にパワハラです。

理不尽な叱責やパワハラが横行するような職場すぐに変えるべき!

世の中にはもっと真っ当な企業がたくさんありますよ?(笑)

7,職場の人間関係で悩むなら退職すべき!

ストレスを感じる原因のランキングTOP10

「ストレスチェック制度」の施行に伴い、20歳~59歳までの働く男女1,000名を対象に「ストレス実態調査」を行いました。

参照:働く男女1000人ストレス実態調査

上記データを見てもらうと分かると思いますが、職場の人間関係で悩む人は非常に多いです。

人間関係の悩みはなかなか解決しずらいことが多いので人間関係が原因で仕事を辞める人は多いんですよ。

具体的には職場の上司からのパワハラセクハラ。その他には先輩や同僚からの職場いじめや嫌がらせなどです。

職場の上司
同期や職場仲間で苦手な人もいて当然!

と「人間関係から逃れるための転職は成功しない!」と言い切る上司もいるんです。

確かに新しい職場でも合わない人も出るかもしれません。

職場を変えるために何度転職しても、同じことに繰り返しになる可能性だってあります。

ですが、例外があります。

それは仲の悪い先輩や同僚が悪意を持って、明らかにあなたの足を引っ張ったり損害を与えようとするケースです。

社長・上司・同僚からの継続的でネガティブ態度や対応で実害が出ている。

例えば、下記のような本来受けるはずの評価が受けれないといったことです。

今すぐ辞めるべき会社の特徴

  • 仕事の手柄を奪ってくる
  • 理不尽な低評価で昇進昇給しない
  • 無視などの職場イジメ
  • パワハラ
  • ボーナスの支給額が低すぎる

人間関係の悩みといえば職場いじめが最近は深刻なんです。

実害が出ているのなら「相手が自爆するまで待ったり、嫌がらせの情報収集」するのではなく今すぐ転職するべき。

こういった嫌がらせをする企業は、親族経営で中小企業だったり、上司がワンマン社長だったりすることが多いです。

理不尽な上司に都合よく使われているだけなので、一向に解決されない場合は居続ける必要はありません。

すぐに辞めて新しい職場に転職しましょう。

⇒「面接がとにかく苦手で落ちまくり・・・でも転職エージェントの模擬面接のおかげでコツを掴んだ感じがしましたよ!(20代/男性)」

会社を辞めたいのに辞めれない!スムーズに辞めるための対策法

会社辞めたい人
会社を辞めたいのに辞めれない!

と上司に伝えてるのに辞めさせない悪質な会社もあるんです。

ですのでスムーズに辞めるための対策法を5つのステップで紹介します!

対策法①「会社が辞めさせてくれない!」時の対策方法

悪質なブラック企業は常に人手不足なので、なかなか辞めさせてくれない会社が多いです。

ですので、辞めるための戦略を練る必要も出てくるんです。

ブラック企業の引き止め工作

  • 「今辞められると困るんだ!」
  • 「突然抜けるなんて無責任だと思わんのか!」
  • 「退職は絶対に許さないからな」

と脅しともとれる引き止めを平気で行う上司や経営者もいるんです。

特に代替が効きづらい職種で多いですね。

例えば小売業・外食産業・レジャー業・介護福祉業などでよく聞きます。

辞職を長引かせたり引き伸ばすことに上司は必死です。

上司「後任を今から探すから後2ヶ月は続けてくれないか?」

  • 一刻も早く会社を辞めたい
  • 1秒たりとも会社に居たくない

このように退職の意志が固いなら、引き伸ばし交渉は無視して取り合わないでOKです。

対策法②精神疾患など病気になっている場合

会社を辞めたい人
鬱病の診断書がある場合はどうすればいい?

と何らかの病気にかかっている場合。

病気が理由で退職する場合は、失業保険を申請すれば診断書が証拠になり待期期間なしで失業保険が支給されます。

職場の上司
病気の診断書を提出しろ!

など会社側が要求してきても拒否して大丈夫です。

鬱病になるまでアナタを追い込む会社は出社拒否して連絡を取る必要なんてありません。

既に病気にかかっている場合は出社不可能ですがから当然すぐにでも辞めるれますからね。

退職の旨だけメールで伝えておき、電話にもメールにも返信しないでOKです。

そうすれば「アイツはもう限界で壊れた」なと企業側に思わせることが出来ます。

退職のタイミングは労働者が指定するであって、企業側の上司が指定するものではないんです。

上司に直談判やメールで「来月末日に退職します!」時期を指定すれば確実に辞めることが出来るんです。

⇒「面接がとにかく苦手で落ちまくり・・・でも転職エージェントの模擬面接のおかげでコツを掴んだ感じがしましたよ!(20代/男性)」

対策法③退職を出来るだけ引きばそうとしてくる場合

会社を辞めたい人
いつになったら退職できるんだよ!

と上司が退職を引き伸ばして会社が辞めれず悩んでいる場合。

そんな時は原始的な退職方法ですが、出社せずにバックれてしまいましょう(笑)

上司「無断欠勤する奴は退職させない!」

など悪口を言われるかもですが、出社する必要はありません。

「雇用保険などの書類はどうするの?」

と不安に感じるかもですが安心して下さい。

企業は退職者に雇用保険などの書類を届ける義務があるんです。

万が一書類を送ってこないようであればハローワークに相談。

退職届を受け取り拒否するようで内容証明郵便を送ってやりましょう。

こうすれば企業は動かざる得ないんです(笑)

法律を平気で無視するような企業は間違いなくブラック企業。

そのようなブラック企業と関わるのは疲れますからね。

精神的に楽になるためにも、退職を機会に関係は完全に切っておくべきです。

「ブラック企業を辞めたいけどなかなか辞めれない・・」

というアナタは下記の記事を参考にしてみてください。無理して働き続けるとマジで体ぶっ壊れますよ。。

対策法④退職理由は嘘でも大丈夫!今すぐ退職しよう!

会社を辞めたい人
どんな理由でも言えば辞めさせてくれるんだ・・

と理由をつけても辞めさせてくれない場合。

嘘をついて出社拒否しても大丈夫。無責任でもなんでもないですよ!

真面目で責任感のある人に対して、企業側は退職を受理することなく労働者を追い込んできます。

礼儀を知らないブラック企業に対して常識的な対応をしていても搾取され続けるだけ。

ブラック企業
責任感はないのか!!

という言葉を繰り返してきます。

労働者のあなたが甘い対応をしてると企業側に付け入られることでしょう。

最悪、アナタの体が壊れるまで働かされることだってあるんです。

「なかなか退職させてくれない・・」

というブラック企業に対しては多少強引にも退職する!という心構えも必要になってきます。

鬱病で動けなくなってしまう前に、嘘をついてでも出社拒否するべき。

また「鬱病で病気なんです・・・」という言い訳をすれば例えブラック企業でも病気の人間に無理やり働かせることは出来ないでしょう。

きっと退職も受理してくれるはずです。

ただ、普通の企業であれば退職の意志を伝えれば受理されますよ。

病気を言い訳にしてバックれる必要なんてありません(笑)

なので下記のように明らかに心身に異常が出ている場合は、病気を言い訳にして逃げ出してもいいんです。

今すぐ会社を辞めるべき人の特徴

  • 「仕事がキツすぎて限界」
  • 「上司と顔を合わせるのが嫌過ぎる」
  • 「朝出社すると心臓の動悸が止まらない」

退職をなかなか言い出せずに疲弊していくようであればメールで退職手続きを進めてしまいましょう。

退職の意志を伝える方法としては形に残るもので提出しておくべきです。

口頭で「辞めたい!」といって上司がその時は承諾しても、都合よく変更してくる可能性だってあります。

メールか退職届の形に残るもので「○月末日で退職する」と日程も曖昧にしないことが大事。

あと退職日の日程の変更は基本難しいです。

「転職先が決まらないから退職日を3ヶ月伸ばしてもらおう!」というのはNGってこと。

会社としても後任の採用計画があるので、「次の転職先が決まったから早く辞めたい」というスケジュール変更は出来ません。

契約社員や派遣社員など契約期間が決まっている場合は別ですが、正社員の場合は退職日を前倒しで、退職したい!というのは難しいケースが多いですね。

病気や家族事情などよっぽどの止む得ない事情を除いて、契約違反で責任問題になる可能性もあるので注意してくださいね。

対策法⑤仕事を辞めるには断固たる決意と強い意志を!

会社を辞めたい人
仕事を辞めたいのに決断できない

人の良い人ほどなかなか会社を辞めれないもの。

辞める覚悟を決めたなら、確固たる意志をもってすぐに行動に移すことが大事です。

社員の出入りが多いブラック企業やワンマン体質の企業では、簡単に退職届が受理されないケースが多いですからね。

仮に受理されれも怪訝な顔をされて下記のような脅しをされることもあるんです。。

  • 「絶対に仕事は辞めさせないからな」
  • 「辞めるというなら損害賠償請求を起こす!」

強気な人であれば「そこまで言うなら意地でも辞めてやる!」とさらに退職の意志を固めるキッカケにもあります。

ですが、意志が弱く優しい人は、企業側の脅しや泣き落しが効果的なんです。

  • 「後任が見つかるまでは我慢してね」
  • 「あと1ヶ月様子みて無理なら辞めていいから」
  • 「退職の意志は分かった。前向きに検討する」

など退職を我慢させて「意地でも辞める気持ち」や意志を弱めさせるのが目的です。

結局退職を引き伸ばされれば企業の思うツボ。

  • 「退職を止められるのは期待されてるのかな?」
  • 「落ち着いて考えると今の職も良いトコあるよな」
  • 「いつかは状況が改善されるはず!」

ですが、あなたの本当の悩みが解決されそうなら辞める必要はありません。

悩みを改善するのは企業にとってあなたが大事な人材なんでしょう。

企業側も歩み寄りも見せるのであれば考え直す余地もあります。

しかし職場環境が全く変わらない。すぐに以前と同じ元通りの状況が続くなら「ただの都合の良い引き止めじゃん!」と感じるでしょう。

上司言われたとおり「1ヶ月様子みて」と言われたので頑張ってみても、その頃には退職の話はなかったことになっていたということもあります。

上司「え?退職の話なんかしたっけ?でも1ヶ月頑張れたんならもう大丈夫でしょw」

と、辞める機会を完全に失ってしまい結局ズルズルと勤め続けている。

当然上司から退職の話を振ってくることなんてありません。

再度、退職の相談をすると初めて聞いたような怪訝な顔だって平気でしてきますからね。

1から振り出しで退職交渉をするのってホント疲れますよ。。

強い意志をもち勇気を振り絞って退職の意志を伝えても「あっそ」と労いの言葉もないと辛いですよね。

結局会社は「後任がいないから!」と言いつつ数ヶ月すればすぐに後任を見つけてくるので大して困らないんです。

退職後に会社の状況を聞いて、会社のために退職を引き伸ばしたことを「時間の無駄だった!」と後悔するでしょうね。

では退職交渉は一体いつからするのがいいのか?

一般論としては労働省は退職1ヶ月前程度に退職の意志を示すこととされてます。

ですが、雇用契約上で期間の定めのない労働契約(要は正社員の場合)は辞表提出すれば2週間後には辞めることが可能とされてます。

つまり、「2週間後に辞めます!」といって2週間我慢して出社すれば引継ぎをしていなくても責任を問われることはないってこと。

日本は働く場所も仕事の内容も自由に選べる権利が憲法で保障されています。

契約社員などの有期契約を除き、退職することを企業は拒絶することは出来ないんです。

⇒「転職エージェントに登録するまでは自分の強み・弱みは分かりませんでした!でも自己分析をサポートしてもらったおかげで内定もゲットできましたよ!(30代/男性)」

退職理由5選。鉄板の退職理由はコレだ!

会社を辞めたい人
退職理由ってどんな理由がいいんだろう?

と悩んでいるアナタ!

基本的に企業に退職理由を説明する必要はないんです。

厳密に辞める理由を会社側に報告する義務はありません。

とはいえ、理由を告げずにいきなり「辞めます!」と言って退職するのは難しいですよね。

辞める理由としては

  • 一身上の都合
  • 実家を継ぐ
  • 転職する

など何でも構いませんが社会通念上通用しそうな理由を紹介しておきますね!

退職理由①一切説明せずに退職する

会社辞めたい人
退職理由になってねぇじゃねぇか!(`□´)コラッ!

と感じるかもですね(笑)

ですが、退職の理由を説明したくない!と感じるほど会社との信頼関係・人間関係が悪化している場合もあると思います。

そんな時は何も言わずに黙ってバックれる、立ち去るという選択肢もアリです。

黙って退職するのに抵抗があれば「一身上の都合」ということにしておきましょう。

ただ会社や上司と良い関係でお世話になっているのに、何も説明せずに辞めるのはモラルの問題になります。

人を裏切ることになるので罪悪感を感じるでしょう。

しかし逆にブラック企業が相手の場合モラルや裏切るなど気にしてる場合じゃないです。むしろ裏切ったのはブラック企業側ですからねw

「退職を伝えると家に押しかけられたりするんじゃないか?」

といった恐怖を感じることだってあるかもしれません。

ですからお世話になっている企業には、適当に説明して後悔を背負うより面倒避けるためにもしっかり説明しましょう。

逆に問題を起こしまくっているブラック企業には何も説明せずに退職しても問題なしです。

退職意志を固めたなら自分の意志をしっかりと持ち流されないことが大事。

早く精神的に楽になりたければ早く退職してしまうことです。

退職理由②親の介護を理由にする

会社を辞めたい人
親の介護なんて不謹慎では?

と感じるかもしれませんね。

確かに「親の介護」を理由しておきながら嘘がバレれば最低な人間と思われるでしょう。

親を理由にするのは気乗りしないかもしれませんね。

ですが上司は「介護なんて疑わしいな」と感じても「本当に介護なの?」と問い詰めにくいんです。

介護は精神的に大変ですから仕事との両立が難しいことは上司含め世間一般に周知されています。

介護が原因なら「引き止めは難しい」と上司も感じるので受け入れられやすい理由となるんです。

中途半端に嘘をつくのが1番駄目なので、強い精神をもち退職理由として使いましょう!

退職理由③鬱病など精神疾患になったことをアピール

会社を辞めたい人
鬱病を理由にして辞めれるの?

と感じるかもしれません。

ですが、精神的に限界を迎えて体を壊しそうなら立派な退職理由になります。

上司に相談して一時的に慰めて貰ったところで治ることはありません。

「でも鬱じゃないんだけど」

という場合でも大丈夫。退職前にうつの雰囲気を作っておくのです。

上司「アイツ精神的ヤバそうだな」

という雰囲気を社内で作っておけば、診断書がなくても簡単に退職出来て説得されることもないでしょう。

⇒「面接がとにかく苦手で落ちまくり・・・でも転職エージェントの模擬面接のおかげでコツを掴んだ感じがしましたよ!(20代/男性)」

退職理由④起業や夢の実現のため!と嘘をつく

会社辞めたい人
叶えたい夢があるんです!

と企業や将来の夢を語り円満退社にもっていくこともできます。

応援してもらいやすくなりますし、社内の誰にも止める権利もありません。

仕事が楽しい職場なら送迎会もしてもらえ退職後も交流を残せますからね。

ネガティブな理由ではないので逃げ道を作っていることにもなりません。

新しい道や未来を語り「仕事の楽しい職場」への未来を実現するために行動してみましょう。

ちなみに夢や起業する予定などなくても問題なし。

実際にあなたに夢があるのか退職後に起業するのかなんて誰にもわかりませんからね(笑)

起業失敗する人も多いんです。。

起業失敗した人が再就職する4つコツ。失敗した原因を振り返えろう!50代で転職先を見つけることも可能です
「起業したけど失敗してしまって再就職するしかないな。でも40代なのに再就職先なんて簡単に見つけれるのかな・・」 「起業経験者の再就職先...

とにかく退職するためだけに、色々と語ってみましょう!

退職理由⑤転職することを退職理由にする

会社を辞めたい人
今より条件の良い企業に転職します

とキャリアップや待遇のアップを目的に転職すると伝えても全く問題ありません。

変に退職理由に考えすぎるよりも、シンプルに「転職する!」と伝えるのが1番後腐れもなくスムーズに退職できますからね。

タイミングの注意点としては次の転職先が決まっている状態で退職の話をするべき。

ブラック企業
転職先の企業名を言え!

と言われても伏せておきましょう。

「知り合いから紹介された会社です」

と適当に誤魔化しておくようにしてください。

社名を聞いてこられても答える必要も義務もありませんからね。

逆に「何故知りたいのですか?」と逆質問してやりましょう。

辞める意志が固いことをしっかりとアピールすることで「引き止めても無駄だな」と相手に伝え感じさせるのです。

仕事を辞めることが決定した後は退職手続きの開始となります。

退職の事務手続きや失業保険の申請などフルタイムの仕事での仕事の辞め方も先に調べておきたいですね。

行政手続や保険・年金・失業保険の申請などはこちらの記事でまとめているのでチェックしておいてください。

仕事辞めたい人へ。今すぐ転職すべきたった1つの理由。人間関係や鬱病で悩むくらいなら退職だ!ストレスで悩むな!
さっさと仕事を辞めろ! 「仕事辞めたい」 「仕事辞めたてのんびりしたい」 「介護が大変で辞めたい」 「結婚するから辞めたい」 ...

⇒「担当のキャリアアドバイザーに色々と相談出来たのはホントに助かりました!転職の相談を出来る人が身近にいるのは安心ですね!(30代/女性)」

↓口コミや評判の良い転職エージェントは??↓

仕事を辞めるデメリット。退職前に確認しておこう!

仕事をやめたい人
仕事を辞めるデメリットってないのかな

と不安感じているのならデメリットも確認しておいて下さい。

もちろんデメリットもありますが、退職して環境を変えないと悩みが解決されないことだってあります。

メリット・デメリットどちらを重視するか慎重に考えましょう。

デメリット①転職先企業でも環境が良くない可能性もある

会社辞めたい人
辛い環境を抜け出したい!

と新しい環境や職場求めても、今より条件の良い会社に入社できるは限りません。

転職失敗して再転職のデメリット7つ。自己分析を行えば1ヶ月以内の再転職も可能!落ち込んでいる暇なんてないぞ!
「転職して3ヶ月だけど、職場に全く合わない!今すぐ辞めて再転職したいけど、そんなこと出来るのかな?」 「心機一転また再転職したいけど、...

会社の環境は入社してみないと分からないので転職後後悔する人だっています。

  • 風通しが良くない
  • サービス残業が多く激務

などの悩みです。中小企業ではよくある光景ですけどね。

ですが、体験談・クチコミ・人材紹介会社や転職エージェントを使えば、社内の雰囲気や内部情報などを事前に知ることが出来ます。

条件の悪い企業に転職してしまう人は、自分1人で転職活動をしてしまっている人達ですね。

デメリット②転職して年収が下がる可能性もある

会社辞めたい人
年収が下がちまったよぉ!!(泣)

と転職して年収が下がる可能性も当然あります。

同業種・同職種でのキャリアアップなら年収アップ出来る可能性は高いです。

例えば、メーカーの営業職として経験してた人が同業他社の営業職に転職する場合などですね。

ですが、完全に未経験職種での転職となると年収下がる可能性もあるんです。

スキルをゼロから磨かないといけないので給料上がるまでに時間がかかってしまうからですね。

ですが、20代での転職であれば未経験でも年収も現状維持は十分可能。

30代以降の転職の場合でも転職エージェントに相談して事前に年収交渉を代行してもらえば、希望年収で転職することも出来ますよ。

実際私は、30代で未経験職種に転職しましたけど年収アップ出来ましたからね!

デメリット③再就職探しに苦戦する

今すぐ転職したい人
今すぐ転職したいのに転職先が決まらない

と転職先が見つからずに苦労する人も多いと思います。

特に仕事をしながら次の就職先を見つけれず大変な思いをする人も多いです。

内定を貰うまでは現職を辞めることはリスクがあります。

ですので次の転職先が決まるまでは辞めないほうがいいでしょう。

ではどうすればスムーズに転職活動を成功させれるのか?

やっぱり転職エージェントを使うしか無いと思います。

1人で求人のチェック、業界研究などする時間がありますか?

⇒「さすが転職のプロですね!1回の面談だけで自分の短所や、希望職種の面接のコツなんかを教えてくれました!(40代/女性)」

↓口コミや評判の良い転職エージェントは??↓

会社を辞める前の準備3つ。見切り発車の退職は危険です。

会社辞めたい人
会社を辞めたい!

と感じているならいつでも辞めれる準備をしておきましょう。

準備をせずに見切りで退職するのは危険ですよ。

準備①働きながら転職活動をする

基本中の基本ですが、仕事をしならが常に転職先を探すのが大事!

今すぐ転職したい人
働きながら次の仕事を探すのはどうなの?

と感じるかもですが、労働者としては何も悪いことではありません。

より良い条件や職場で働くことは労働者の権利です。

ですので内緒で転職活動を始めておきましょう。

転職エージェントは土日の相談も出来ますし、週末の面接のセッティングもしてくれます。

活用しない手はないですよね。

納得する会社をじっくり決めるためにも、仕事がない状態で就職活動をすることは避けるべき。

収入がない状態だと余裕がなくなるので最初に内定が出た企業に入社しないといけません。

良い条件で転職するためにも、なるべく早く活動を始めておくことが有利になるんです。

準備②しっかりと貯金をしておこう!

今すぐ転職したい人
貯金ないけどすぐ転職出来るでしょ♪

と貯金のない状態で退職するのは危険。

特に子供や配偶者など家族を養う立場にある人は注意してくださいね。

転職先を見つける前に仕事を辞めようとする場合。

再就職出来ず転職活動が長期化しそうなら最低4ヶ月分の生活費は貯金が欲しいところ。

何故4ヶ月分かというと自己都合で中途退職した場合、雇用保険の失業保険給付が入金されるまで4ヶ月かかるからなんです。

就職活動が4ヶ月以上かかってしまうと雇用保険の助けを借りぜるえません。

ボーナスや退職金はしっかりと貯金しておきましょう。

準備③退職前に転職エージェントに登録すべき!

今すぐ転職したい人
自分1人でも転職出来るでしょ♪

と考えているかもしれませんね。

転職活動で1番大切なのは自分が長く働ける職場を選ぶことが大事。

ですが、そのような職場をあなた1人で見つけれますか?

例えば転職活動で定番なハローワーク。

ハローワークで求人検索しても離職率の高いブラック企業の求人が平気で掲載されています。

まともな企業を数ある求人の中から探し見つけ出すのは困難です。

求人を取捨選択しないと、転職活動が長引くだけ。

さらに応募するために履歴書や職務経歴書・エントリーシートなどの応募書類の作成も必要になってきます。

転職初心者の場合1人で転職活動をするのは大変です。

まずは自分の市場価値を知るためにもミイダスに登録してみましょう。

無料登録すると「自分の適正年収」をはじき出しくれます。

自分の適性年収が分かったあとは、転職エージェントに登録して自分の希望職種の求人をドンドン紹介してもらうべきです。

⇒「転職先が決まらなくて落ち込む毎日でした。でも友人に紹介してもらった転職エージェントのおかげでまた転職活動を頑張れたんです!(20代/女性)」

今すぐ会社を辞めてホワイト企業に入社するたった1つの方法とは?

今すぐ転職したい人
ホワイト企業の選び方が分からない!

と会社の選び方が分からず不安を感じますよね。

特に「次こそはやり甲斐のある会社で働きたい!」と感じるので転職先選びも慎重になるのも当然です。

そんなあなたは転職エージェントを絶対に使うべき!

転職エージェントは、企業のことを徹底的に調べています。

当然ブラック企業なのか?それともチームプレーで仕事を進めれるホワイト企業なのか?

企業情報が転職エージェントのもとに集まっているんです。

リクナビネクストなどの転職サイトは企業側の都合の良いことしか書かれていませんよね。

ですが、転職エージェントは「求職者の転職を成功させて継続して仕事をしてもらう」ことがミッションなんです。

ですので「聞いていた求人情報と違う!」と短期離職になれば転職エージェントの責任になります。

なのでミスマッチを防ぐためにワンマン社長かどうかを正確に教えてくれます。

その他の転職エージェントがしてくれるサポート内容とオススメの転職エージェントも紹介しておきましょう!

転職エージェントというのは、あなたの専任のコンサルタントが「あなたが活躍できる業界や職種のアドバイス」「応募書類の添削」「面接対策」などを完全無料で行ってくれるんです。

私自身も転職の際にはdodaという業界大手の転職エージェントのサービスを利用しました。

登録した転職エージェントはdodaだけだったのですが、結果的に転職活動期間2か月にも関わらず、7社の内定を勝ち取ることが出来ました。

dodaAが優れているな!感じた理由は下記になります。

⇒「面接がとにかく苦手で落ちまくり・・・でも転職エージェントの模擬面接のおかげでコツを掴んだ感じがしましたよ!(20代/男性)」

dodaが転職エージェントの中でも優れている理由5つ

転職したい人
どうしてdodaが1番オススメなの?

と思うかもしれませんね。

転職エージェントとして厚生労働省に許可されているのは全国で22,223社も存在します。

「転職エージェントなんてどこも一緒でしょ!」

このように適当に選んでしまうと、とんでもなく質の低いサービスを受ける恐れもあるんです…。

転職活動を効率的に、確実に進めたいなら最低限doadのような質の高い転職エージェントサービスは利用するべき。

理由を5つ紹介していきますね!

理由①転職者満足度No.1の質の高いサポート

dodaは転職エージェント(人材紹介)利用者でのポジティブな口コミ件数で、「満足度1位」を獲得しています。

「よくある作られたアンケート結果でしょ?(笑)」

と思うかもしれませんねw

でも、実際私も10社以上の転職エージェントを使ってみた感想としてもdodaの専任アドバイザーが1番質が高く満足出来るものでしたよ。

私の場合はIT業界での転職を希望していたんです。

dodaの場合は過去にIT業界で勤務経験のある専任アドバイザーがついてくれたので、凄く話がしやすかったんですね。

※DODAからdodaに名称変更する前に頂いた名刺です

上記は実際私を担当してくださったキャリアアドバイザーさんから頂いた名刺です。

「関西ITグループ」と記載されていますが、dodaでは領域ごとに特化したキャリアアドバイザーさんがいるんですよ。

でも他の転職エージェントでは、希望する業界の未経験者が担当するケースも多かったんです…。

業界への理解が乏しいので当然紹介される求人もピントを外したものばかりでしたからね…。

また、dodaの転職者の満足度が高いその他の理由として、転職した後も「キャリアライフサポート」という仕組みがあるから。

これも他転職エージェントと異なる点ですね。

DODAのキャリアライフサポートのチラシ

※DODAからdodaに名称変更する前に頂いた資料です

普通の転職エージェントであれば、サポートは転職して入社するまで。入社後のサポートはありません。

ですが、dodaに関しては入社後の電話やメールでのアフターフォローが転職後2年間無料でついてきます。

「今後のキャリアをどうしたらいいか困っている」

などの相談も気軽に出来る仕組みです。

質の低い転職エージェントであれば転職先企業を紹介しっぱなし。転職後の転職者のキャリアやサポートには無関心なんてこともよくあります。

ですが、dodaでは転職後のサポートもあるので、適当な企業を紹介出来ませんよね。後々のトラブルになりかねないですから。

なので責任を持って、私たち転職希望者にピッタリの求人を紹介してくれるわけです♪

⇒「転職エージェントに複数登録しましたがサポートが1番親身で丁寧だったのはdodaでしたね!dodaからの紹介求人で転職先を決めました♪(30代/男性)」

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

理由②LINでも相談出来る!?親身なサポートで安心して相談出来る!

DODAのキャリアアドバイザーとLINEで相談できるチラシ

※DODAからdodaに名称変更する前に頂いた資料です

上記は私がdoda登録時に貰ったチラシの1枚になります。

dodaでは業界に先駆けて、LINEを使って専任のキャリアアドバイザーに相談出来るんです。

※注:もちろんキャリアアドバイザーさんの個人LINEじゃないですよ(笑)

メールですと、「質問したいな!」と思ったときも面倒だから後回しになってしまいかねません。

でもLINEなら職場でも、家でリラックス中でも気軽に質問出来ます。

いかにdoda側が転職者に親身にサポートしようとしてるか?親身な姿勢が伝わってくるサービスと言えますね。

理由③求人件数130,808件で業界最多!

転職エージェントは私自身、複数登録しました。

dodaを使ってみて良かったなと感じた理由の1つが、「圧倒的な求人数の多さ」ですね。

主要エージェント求人数比較
doda:13.8万件
■ビズリーチ:9.2万件
■リクルートエージェント:10万件

dodaの求人件数に関しては、実際に私のdodaのマイページ上の画像を掲載しています。

「125,089件」と書かれているのが分かりますよね?

リクルートエージェントやビズリーチなどの大手転職エージェントを抑えて圧倒的な求人数になっているんです。

非公開求人が8-9割!登録者限定の求人が9.6万件もある!

さらにdodaではの求人の8-9割が非公開求人。

つまり登録者限定で応募できる求人約9.6万件以上もあるんです。

転職といえば、リクナビネクストマイナビ転職などの求人サイトが一般的。

ですが、求人サイトには掲載されていない独占求人がdodaは数多く紹介されています。

転職サイト大手のリクナビNEXT(転職サイト)と、doda(転職エージェント)の求人数を比較してみました。

リクナビNEXTの求人数【東京全体】

リクナビNEXTの東京での求人件数

dodaの求人数【東京全体】

  • リクナビNEXT求人数⇒5,894件
  • dodaの求人数⇒23,050件

約3.9倍dodaの方が求人数が多いです。

当然求人が多くなると、私たち求職者にとっては選択肢が増えるので、求人数に比例して内定数も増えていくことになりますからね!

⇒「転職エージェントに登録したのは転職サイトに掲載されてない非公開求人目的です。非公開求人が多いほどよい転職先が見つかる可能性も上がりますからね(30代/男性)」

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

理由④転職希望者向けの各種セミナーが充実している!

DODAの面接力アップセミナー

「書類選考は通ったけど面接が自信ないな・・コツだけ教えて欲しい!」

と、面接が苦手という人向けにdoda登録者限定で「面接力アップセミナー」などの各種セミナーが無料で開催されているんです。

上記は一例として東京のセミナーの紹介ですが、全国8拠点で定期的に開催されているので気軽に参加しやすいですね。

DODAの面接対策コンテツで内定力UP!のチラシ

※DODAからdodaに名称変更する前に頂いた資料です

上記も私が登録時に貰ったチラシなのですが、セミナー以外にも「面接力アップのeラーニング動画講座」や「面接対策アプリ」などもあるので、面接対策も他転職エージェントと比較しても充実していると言えますね。

理由⑤女性向けの転職サポートも強い!

DODAの女性のための合同転職面談会の案内

dodaでは女性向けの転職サポートにも強みがあります。

転職したい人
じゃあdodaは男性の転職は強くないの?

と思うかもですが、男性向けの転職サポートはどこの転職エージェントも力を入れています。

何故なら転職エージェントとしても男性を中心に紹介したほうが儲かるから。

転職エージェントの売上は転職者の年収の20-30%を紹介手数料として企業に請求した金額となります。

例えば、年収500万円の転職者をdodaの紹介で転職させた場合。

dodaには年収の20-30%にあたる約100-150万円の紹介手数料が入る仕組みとなってます。

なので比較的年収の高い男性を紹介したほうが転職エージェントとしても儲けが大きいわけですね。

ですから女性転職サポートには積極的ではない転職エージェントも確実に存在します。

特に売上の厳しい中小の転職エージェントとか(笑)

その点dodaでは、上記のような女性専用の特設ページや合同転職面談会を実施するなどして積極的に女性の転職サポートを行っているんですよ。

理由⑥大都市圏だけではなく地方での転職にも強い!

DODAのUターン・Iターン転職の特集

dodaでは、「Uターン」「Iターン」を含めた地方での転職サポートにも強みがあります。

転職エージェントに登録した時のよくある話として「え?東京とか大阪の大都市しか求人ないじゃん!地方勤務希望なんだけど…」ということです。

これも転職エージェントの裏話なんですが、結局のところ規模の小さい転職エージェントだと、地方だと儲けが出しづらいんです。

なので、「東京・大阪でしか転職サポートしませんよ!」という企業もあるくらい(汗)

ですがdodaに関しては、全国の8拠点(札幌・仙台・東京・横浜・名古屋・大阪・広島・福岡)あり全国での面談サポートを受けれます。

また近くに拠点がなくてもいつでも電話サポートを受けれるので、安心感がありますね。

Uターン・Iターンの転職に力を入れているということは当然地方の求人も充実してるってことですよ♪

⇒「dodaは求人数も多く、地方の案件もたくさんあるとのことで登録!実際他の転職エージェントと比較しても地方の求人は多かったので満足ですね!(40代/男性)」

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

dodaへの無料登録方法

ですので、早速dodaへ無料登録を行い、専任コンサルタントからアドバイスを受けたり、気になる求人がないか?チェックしてみてください。

まず、公式ホームページより登録画面に進みます。2分で完了するのでサクッと登録しちゃいましょう!

doda公式HPのURL
⇒ https://doda.jp/
  • 氏名
  • 年齢
  • 住所
  • 連絡先
  • 直近の職歴
  • 希望面談日(電話面談でもOK)

などの必須項目を入力しましょう。

面談の方法に関して

面談は、dodaの全国8か所ある事務所に訪問しても良いですし、電話面談で登録を済ませてもOKです♪

登録者の8割は電話での面談で登録を済ませる人も多いので、電話面談の希望日程などを「自由記入欄」に記載しておくと良いですね。

電話面談の場合は30分程度、訪問しての対面での面談は60分ほど。

面談日は日曜日以外となってますね。

対応してくれる時間は「土曜日→18:00まで」「平日→20:00まで」でもOKなので仕事しながらでも面談しやすくなってますよ。

登録後、数時間以内にdodaの担当者から面談の日程の件で電話で連絡が入ります。

面談日程の調整をその電話で行って下さいね。面談日程を決めれば、後は面談日を待つだけです。

登録時に必要な書類はあるの?

転職したい人
登録する段階で必要な書類ってあるの?

登録の段階で必要な書類は一切ありません!

必要事項を最低限入力すればdodaからの無料転職サポートを受けることが出来ます。

具体的に、「紹介された企業に応募したい!」となった段階で履歴書や職務経歴書を用意すればOK。

「でも職務経歴書作るの面倒だなぁ…」

という人も多いと思います。私も同じこと思ってましたから気持ちはよ~く分かります(笑)

ですがdodaでは専任アドバイザーが、1から職務経歴書を作れるように徹底的にサポートしてくれるんですよ!

見本も用意してくれるので、見本に沿って職務経歴書を書くだけ。書いた後は添削もしてくれるので、書類選考に受かりやすい書類が勝手に出来あがるわけです(笑)

⇒「転職活動を効率的に進めたいなら転職エージェントは使うべきですね!だって職務経歴書の添削を無料でしてくれるサービスなんて他にないですから(笑)(20代/男性)」

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

転職エージェントに登録するべき人は?

転職エージェントを利用するべき人の特徴

  • 仕事に時間を取られ活動できない
  • 転職活動を中途半端にしたくない
  • 会社に迷惑かけず両立したい
  • 就活で仕事のプライオリティを落としたくない
  • 情報収集・書類作成を休日にしたくない
  • 面接のスケジューリングしたくない

こういった人は転職エージェントを活用すると悩みが解決されるでしょう。

特に「とにかく効率的に転職活動を進めたい」という人は絶対登録すべきです。

転職エージェントというのは、あなたの専任のコンサルタントが「あなたが活躍できる業界や職種のアドバイス」「応募書類の添削」「面接対策」などを無料で行ってくれるんです。

「じゃあオススメの転職エージェントは?」

と気になるところ。

オススメの転職エージェントは・・・

↓ ↓

「仕事を早く辞めたい人」が多く登録している転職エージェントTOP3

doda/パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)

当サイト経由で1番多く登録されているの転職エージェントになります。

doda(デューダ)は大手人材人材会社のパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)グループが運営しているサービス。

転職支援業界で国内2位の売上高を誇っていますね。

dodaのポイントは以下になります。

①親身なサポートで転職者満足度No.1

dodaは転職者利用者へのアンケート調査で満足度No.1の実績。

満足度が高い理由としては、「登録者に寄り添った親身なサポート」だからです。

  • 転職に関する不安悩みごとの相談
  • 自分のキャリアプランに迷った時には面談でのキャリアカウンセリング
  • 将来の最適なキャリアプランの提案

このようなサポートの結果、転職サポートで年間1万人を成功に導く実績豊富なエージェントになります。

「以前転職エージェントに登録したけど放置された!」

「手厚く、親身なサポートを受けたい!」

という転職希望者が登録・利用すると特に満足度が高いですね。

②履歴書・職務経歴書の添削が抜群

dodaは履歴書・職務経歴書の添削が丁寧で分かりやすいと評判です。

転職活動での第一関門である書類選考。

応募書類で最大限自分の経験や能力をPRしないといけないのに、完璧な書類を作り上げている人は非常に少ないです。

その点、dodaのキャリアアドバイザーは

  • 1から応募書類の作成を手伝ってくれる
  • 履歴書を下書きすれば清書を代行してくれる
  • 書類選考通過率が約3倍にアップする書き方のコツを教えてくれる

といったサポートをしてくれるんです。

「書類選考で落ち続けて面接までたどり着けない・・」

という人は質が高いと評判のdodaの応募書類の添削を一度受けてみるべきですね。

③登録者限定の非公開求人が80%もある

dodaに登録した会員限定でしか閲覧できない非公開求人が全体の約80%あります。

非公開求人の中にはdodaだけが扱う独占求人も多いです。

求人の質も圧倒的に高く、業界最大手のリクルートエージェントとは違った独自の企業を紹介してくれるのが特徴。

⇒「転職者満足度No.1の言葉に惹かれて登録。確かに他の転職エージェントと比べてもサポートの質が抜群です。親身に相談に乗ってくれました!(20代/女性)」

ビズリーチ

ビズリーチはテレビCMでも話題の転職支援サービスですね。

特徴としては

①圧倒的なスカウトの豊富さ

ビズリーチに経歴書を登録するだけで、企業人事担当者や転職エージェントの担当者から毎日のようにスカウトが届きます。

登録した人のキャリア次第では、大手転職エージェントと比較して3-10倍ほどスカウトの数が増えた!という人もいます。

  • 「仕事が忙しくて求人チェックする時間がない」
  • 「とにかくたくさんの企業からのスカウトをチェックしたい」

という人は、登録するだけでスカウトがたくさんくるビズリーチが向いているでしょう。

②年収アップ出来る求人が多数

ビズリーチは他の転職エージェントと比較しても、年収アップできる求人が豊富です。

理由としてはビズリーチは元々年収600万以上のハイスペックのビジネスパーソンに特化していた転職支援サービスだったからです。

ですので現状年収が低い転職希望者であっても、ビズリーチでしかチェック出来ない好条件の求人が紹介されるでしょう。

  • 「今の年収に不満がある!」
  • 「もっともっと稼ぎたい!」

という人は登録しておくと良いでしょう。

※公式ホームページには「年収600万以上に支持される」とありますが、年収600万未満でも登録・利用は問題なく出来ます

③上場企業・大手企業の求人が多い

上に書いた「年収アップ出来る求人が多い」ということとも繋がりますが、ビズリーチは大手・上場企業の求人が多いです。

年収が多い求人が多いので、当然上場企業や大手企業の求人が多いのは必然なのですが。

ですので「新卒で入社できなかった大手に入社したい!」と感じる人は登録しておいた方が良いです。

とはいえ大手企業は周りも入社したいと感じる人気求人。

募集してもすぐに打ち切りになりますし、募集も若干名です。

なので逆算して早めにビズリーチに登録して、大手企業の求人を漏れなくチェックしておくことが大事だといえます。

⇒「他の転職エージェントよりも年収アップ出来る求人紹介が1番多かったですね!ビズリーチからの紹介求人で年収が30%ほどアップしました♪(30代/男性)」

リクルートエージェント

転職支援サービス最大手のリクルートグループの転職エージェントになります。

①業界最多の13万件の求人件数で他社を圧倒。

転職エージェント業界業界最大手リクルートエージェント。

公開求人・非公開求人が合わせると約13万件と業界最多の圧倒的な求人件数です。

「とにかくたくさんの求人の中から自分に合う求人を探したい!」

という人はリクルートエージェントの求人の多さを実感するべきでしょう。

②転職支援の成功実績32万件でNO.1

リクルートエージェントが転職支援業界で成功実績No.1となったのは以下の理由です。

求人数の多さ+担当キャリアアドバイザーの質の高さ=転職成功実績32万件

確かに、dodaのキャリアアドバイザーもレベルが高いのですが、dodaの特徴としては親切丁寧なサポートです。

一方リクルートエージェントの特徴としては、とにかくキャリアアドバイザーのアドバイスが的確ということ。

アドバイスの内容に無駄がなく、ズバリ自分が進むべきキャリアを示してくれるんです。

と使い分けが必要になってきます。

③女性向けの転職ノウハウが豊富

リクルートグループの中に人材派遣会社(リクルートスタッフィング)と連携した女性に特化した求人や濃いノウハウ情報が豊富にあります。

特に事務職・販売職などの業界職に精通したキャリアコンサルタントが多数在籍しているので相談しやすい環境は整っていますよ。

「女性ならでは目線で悩みを相談したり、共感してくれる担当者が良い!」

と感じる女性の転職希望者が登録すると満足なサポートを受けることが出来ます。

④夜間・土日祝日でもサポート受付!

リクルートエージェントは、平日・土日祝日いつでも20時以降にも相談が出来るんです。

「仕事が忙しいからなかなか転職活動の時間が割けない・・」

という人でも、在職しながら転職活動が出来るサ手厚いサービスと言えますね。

⇒「業界最大手だけあって紹介される求人数は桁違い!転職サイトに掲載されてない非公開求人も紹介されたので大満足です!(20代/女性)」

合わせて読まれている人気記事

①仕事のストレスが限界のあなたへ。無理は禁物です。

ストレスで仕事を辞めたいなら今すぐ転職だ!今すぐ会社を辞めるべき4つの理由
「毎日朝起きたくない・・職場に行くのが辛い・・もう辞めたい・・」 「職場の人間関係がストレスで、原因不明に体調不良。今の仕事辞めても大...

②職場いじめの人間関係で悩むなら早く転職したほうがいいですよ?

職場いじめで退職するしかない?泣き寝入りは禁物!職場いじめの11個の対処法を紹介。絶対に負けるな!
「職場で社内の人に1日中無視されていて辛い・・退職するしかないのかな・・」 「自分だけ間違った仕事の指示を出されて、ミスをすると上司か...

③今の仕事が辛いなら楽な仕事を選ぶことが大事です

楽な仕事&バイト42選!正社員で楽で稼げる仕事がないと諦めてる?サビ残・ノルマなしで年間休日120日以上の仕事があるんです!!
「ブラック企業じゃなく、立ってるだけで給料貰えるような楽な仕事に就きたい!」 「複雑で面倒な人間関係がない、ストレスフリーな職場で働き...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする