今すぐ転職したい人へ。確実に年収アップさせる転職ノウハウを暴露。職場環境や収入に不満があるなら今すぐ転職活動を開始しよう!

「今すぐ転職したいけど、転職活動の方法が分からない!」

「転職するべきか、今の会社に残るべきか悩んでいる・・」

転職といっても具体的にどうしたら良いか分からない。

切羽詰まった状況にならないと行動出来ない!という人もいますよね。。

「今すぐ辞めたい」「転職したい」と考えるアナタ色々な原因があるとおもいます。

  • 職場の人間関係が悪化
  • 経営不振で給料が未払い
  • 激務で身体が壊れそう

などなど。「今すぐ転職したい」というほど悩みなら、すぐに退職して転職活動を開始すべき。

今回は転職に悩むアナタ無目に、転職ノウハウや心構えを紹介!

参考にして転職活動を始めるかどうかの参考にして下さいね(^^)

今すぐ転職活動をしたい人に関するデータ4選

データ①転職活動を検討している人は24%

参照:2,000人の転職意識調査〈DODA〉

上記は転職支援サービス大手のDODAがビジネスパーソン2,000人に行ったアンケート結果です。

転職活動を検討する人の割合

  • 転職活動を検討中⇒24%
  • 転職活動は考えていない⇒76%

「意外と転職活動検討してる人少ないじゃん!」

と思うかもですが、「転職活動を考えてない人」の中でも以下のような数字になってます。

◆過去に転職を検討し転職活動したことがある人⇒41.1%

◆過去に転職は検討したが、転職活動はしたことがない人⇒27.3%

なので、半数以上の割合で「転職活動への興味がある」ってことになりますね。

データ②会社を辞めたい理由TOP3

参照:平成28年雇用動向調査〈厚生労働省〉

上記は厚生労働省による「前職を退職した理由」に関するデータです。

男性の理由のみ上記では掲載していますが、理由は以下になります。女性も似た数字です。

会社を辞めた理由
1位⇒給料少ない(12.2%)
2位⇒労働時間長く休日少ない(9.5%)
3位⇒会社の将来が不安(8.4%)

下記の記事でも詳しく書いていますが、「長時間労働」「サービス残業&休日出勤」「低賃金」。

この辺りの問題は自分がいくら頑張っても解決されなくて結局辞めざるえない人が多いですね。

【参照記事】毎日残業で辞めたい&辛い理由9個

【参照記事】休み少ないから辞めたい理由5選

【参照記事】給料低いから辞めたい理由&給料上げる方法5個

データ③業界別離職率データTOP5

参照:平成28年雇用動向調査〈厚生労働省〉

厚生労働省調べによる職種別の離職率のデータになります(緑の棒線が離職率)

職種別離職率TOP5
1位⇒宿泊・飲食(30.0%)
2位⇒生活関連サービス・娯楽(20.3%)
3位⇒教育・学習(15.0%)
4位⇒医療・福祉(14.8%)
5位⇒小売・卸(14.0%)
※平成28年の全職種平均の離職率は15.0%

上記が、離職率の高い職種となっているので、「仕事を辞めたい!」「今すぐ転職したい!」と考えるのも当然ですね。

下記に職種別の「辞めたいと感じる理由」を紹介していますけど、自分なら1ヶ月位で辞めちゃいそうです(*_*)

【参照記事】飲食を辞めたい理由6選と転職先を紹介

【参照記事】販売を辞めたい理由15個。ノルマ&長時間労働が辛いなら新卒でも転職しよう

【参照記事】アパレル辞めたい人が今すぐ転職する理由3つとは?

データ④転職先で活躍できない不安を持つ人は55.5%

参照:2,000人の転職意識調査〈DODA〉

上記は先程紹介した転職支援サービスDODAによるアンケートの続きです。

「転職先で活躍できる自信と不安どっちが大きいか?」という内容。

転職先での自信と不安の割合
・不安が大きい⇒55.5%
・どちらでもない⇒23.1%
・自信の方が大きい⇒16.6%

この不安の大きさが「今すぐ転職したいけど躊躇する理由」なんでしょうね。

そりゃ転職して「活躍できるか?」「給料下がらないか?」「そもそも自分に転職先が見つかるのか?」って不安になるのも無理はないです(笑)

下記の記事でも紹介していますが、転職に関する悩みは尽きませんからね。。

【参照記事】転職決まらないでも焦るな!内定でない人の特徴15選。

さらに「転職活動のやる気が出ない・・気が重いな・・」という人も転職活動への不安が大きいことが多いですね。。

【参照記事】転職活動のやる気出ない理由11個。モチベーションが上がらない時の対処法も!

DODA/パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)

DODAが合う人の特徴

  • 親身に丁寧に転職サポートして欲しい人 ⇒ 転職者満足度No.1
  • 書類選考落ちが多い人 ⇒ 履歴書・職務経歴書の添削が抜群

⇒「親身にサポートしてくれたおかげで7社内定が出ました!」(30代/男性)

↓人気のNo.1の転職エージェントとは〈無料〉?↓

今すぐ転職!退職決めたなら迷うな!

今すぐ転職したい人
 退職届けを出すか悩む・・

「今すぐ転職するぞ!」と退職を決意したはずなのに最後の最後で「本当に転職していいのかな?」と悩みますよね。。

実際転職して給料が下がった人も全体で58%も居ますからね。「え?そんなに年収下がるの?」って思いますが下記の記事で詳しく書いてます。

転職活動が怖い理由11個。転職失敗の原因とは?

他にも、上司の引き止めに遭ったり、今後の転職状況に不安を感じる人も多いです。

心変わりして「仕事を辞めること」自体を止めて会社に留まる人だって普通にいますからね。

あとは仕事しながらの転職活動だとなかなか時間も取れないので「転職活動やーめた!」となっちゃう人が多いんです(笑)

【参照記事】転職活動の時間ない人へ6個の解決策とは?

■年齢に比例してすぐに転職できる可能性は下がる

ですが「本気で転職したい!!」と感じるほど不満のある職場では先延ばしても、いずれ限界はきちゃいます(*_*)

年齢が若いうちに辞めて次の職場を探す方が有利なのはあなただって分かってますよね?

参照:転職成功者の年齢調査(2017年下半期)〈DODA〉

2007年と2017年の年齢別の「転職活動の成功確率」のデータですが、やっぱり30代後半になると一気に成功確率が下がってしまいます。

35歳転職限界説」という言葉もあるくらいですから年齢に比例して転職活動は難しくなるわけです。

とはいえ、「40代では全く転職成功しない!」というわけでもないので40代以降のアナタは下記の記事もチェックしてみて下さいね。

【参照記事】40代の転職成功のコツ。未経験でも正社員で年収100万アップさせた方法とは?

【参照記事】40代でも転職成功に導いてくれる転職エージェントとは?

■仕事や職場の悩み・不安は結局解消されない

給料面・人間関係などの問題も会社を変えることで解決される可能性は高いです。

逆に言うと、転職しないと解決されないってことも多いんですけどね(*_*)

仕事で悩む人
逃げちゃ駄目だ・・頑張らないと

と無理し続けた結果、心身に異常をきたし自殺していく人だっているくらい。

参照:平成29年自殺統計〈警察庁〉

警察庁に自殺に関する統計データでも「健康問題(黄色グラフ)」での自殺が最も多いです。

他にも「経済問題(緑グラフ)」「勤務問題(青グラフ)」が原因としてありますね。

近年では「ブラック企業の問題」などもあり、若者などは酷い労働環境で働かされてますからね。。

心身に異常をきたし耐えれきず自殺する人も少ないのはそのためです。

【参照記事】ブラック企業を今すぐ辞めるべき4つの理由とは?

【参照記事】厚生労働省がブラック企業名(法令違反企業)を公表

また、体調が悪化すると仕事のパフォーマンスが下がるので周囲に迷惑をかけ悪影響にも繋がります。

でも会社や仕事内容のストレスが原因で「うつ病」や「睡眠障害」になっているので本当は労働者側に非はないんですけどね。。

【参照記事】うつ病から仕事復帰する方法10個

【参照記事】睡眠障害で仕事を辞めず続ける3つの方法とは?

真面目な人ほど「頑張らないと!」「我慢しないと!」と言い聞かせて追い詰められていくんです。

精神的に追い詰められた状況は転職以外問題解決するのは困難。

限界を感じたら迷いなく次に進む勇気が必要ですよ(T_T)

1人で抱え込まないで、両親・家族・友人など誰かに相談してみましょう!

今すぐ転職したい人
転職できる知り合いなんて居ないよ!

相談できる人が身近にいない場合は、転職エージェントに相談してみて下さい。

無料で相談出来ますし、相談したからといって必ず転職する必要なんてないです!

【参照記事】転職エージェントってどう選ぶの?選び方と22社の比較してみた

背中を押して貰ったり、「大変だったね」と同意してくれて精神的かなり楽になります。

転職して自分の悩みが解決されると「何であんなに悩んでたんだろ・・もっと早く辞めておけばよかった」と感じるものなんですよ(笑)

悩みはすぐに解決して、気持ちよく仕事出来る環境を今すぐ探すべきです。

今すぐ転職するべき職場の特徴5選。人間関係・長時間労働は体を壊す原因!

転職で悩む人
会社が解決してくれるはず・・

本来は限界を迎えているのに、心身の危険に気づいてない人も少なくないです。

下記に「今すぐ転職したほうがいい!」という職場の特徴を紹介しています。

アナタの職場1個でも当てはまる場合即刻辞めて転職したほうがいいですよ。

特徴①人間関係の悩みが多すぎる職場環境

参照:平生27年転職者実態調査〈厚生労働省〉

上記は厚生労働省調べによる離職理由のデータになります。

かなり小さくて分かりにくいのですが(笑)人間関係を理由に退職する人は5番目に多いことが分かります。

離職理由TOP5

  • 1位⇒労働条件の悪さ
  • 2位⇒仕事内容への不満
  • 3位⇒賃金の低さ
  • 4位⇒人間関係の悩み
  • 5位⇒能力・実績が評価されない

※厚生労働省調べ

人間関係の悩みが多すぎる職場環境はあなたの精神状態が異常に繋がります。

職場は生活時間の多くを過ごす場所ですよね?

通勤含め会社で12時間以上過ごすという人もいるでしょう。

完全週休二日制の職場であれば平日半分以上の時間を仕事にために使っているはず。

つまり1ヶ月の4-5割の時間を会社で過ごしているんです。

ですので、職場環境の良し悪しが生活全般に影響するってこと。

特に職場いじめなんかがあれば誰だって「会社を辞めたい」「仕事に行きたくない」って思いますよ。。

【参照記事】職場いじめは泣き寝入りしなくて良い?対処法11個紹介

大事な職場環境なのに、上司のセクハラ・パワハラ・職場いじめなど人間関係が悪すぎると精神的に追い詰められる状態に繋がります。

何らかの嫌がらせを感じるような職場に無理して居続ける必要はありません!

上司や、人事などに相談しても改善の見込みが内容であれば我慢せずにすぐに辞めるべきです。

【参照記事】パワハラで退職する時に会社都合で辞める方法とは?

【参照記事】上司と合わない人が転職するべき3個の理由

パワハラで退職時に会社都合にする方法とは?自己都合にせず失業保険をすぐ受け取る方法も!退職届や内容証明の書き方も紹介
「上司からパワハラを受けていて辛い。退職しかないのかな・・」 「パワハラの原因は自分が仕事できてないからかな・・」 などなど。 職...

特徴②長時間労働の労働環境。働きすぎは体を壊す原因!

今すぐ転職したい人
今月はサービス残業だけで150時間か・・

労働基準法を無視した劣悪な労働条件の職場まず辞めるべきですね(*_*)

  • 仕事量が多すぎる
  • 残業量が多すぎる

このような職場ではいつか体を壊すのは目に見えてます。

そもそも残業含め1日12時間以上働かされる職場はキツイですよね。。

参照:労働政策研究・研修機構(JILPT)

上記は、労働政策研究所がまとめたデータです。

週60時間(1日12時間)以上働く人の72.5%以上の人が「労働時間が長く健康を損なう危険を感じる」と答えているんです。

土日も出勤して休日がない職場もあるので、休みなく長時間で働けば体調を崩して当然。

もちろんメリハリのある職場なら我慢できますよね。

  • 年数週間だけの繁忙時期
  • 月末月初だけ忙しい

逆に閑散期や余裕のある時期は暇という職場は頑張れるはず。

ですが、常に忙しくサービス残業当たり前なのに残業代全額支給されない職場では「辞めたい」と感じて当然。

「うちは裁量労働制だから!」

など、ブラック企業の嘘に騙されてはいけませんよ(笑)

ブラック企業を辞めたいへ。辞めるべき理由4つ!新卒でもうつ病になって精神的に限界ならホワイト企業へ転職だ!辞め方や失業保険のテクニックも
「ブラック企業に入社してしまった・・早く辞めたいよぉ(;´Д`)」 働き方改革なんて政権では言われてますが、長時間労働やサービス残業は...

特徴③給料など金銭面の待遇が悪すぎる職場。貯金が出来ない

参照:平生27年転職者実態調査〈厚生労働省〉

今すぐ転職したい人
長時間働いているのに給料が少ない・・

能力や勤務時間に見合った金額の給料を貰えているかも重要なポイントです!

しつこいですが(笑)上記の厚生労働省による「離職理由」に関するデータでは「賃金の少なさ(26.1%)」で3番目に多いです。

「給料が少ない・・」

と感じているアナタは自分の時給計算したことはありますか?

残業代以外の年収を労働時間で割って計算してみてください。

平生29年の最低賃金の「全国平均は848円」。東京の最低賃金は958円。

労働時間に対して能力に見合う待遇を得られないような職場に未来はないですよね(T_T)

手取り16万円で生活している私の友人がいるんですから、手取り20万円以下の生活は本当に大変ですし貯金も出来ません。。

【参照記事】手取り16万の正社員が年収アップさせる転職のコツとは?

さらに、有給休暇や福利厚生を利用出来ないという会社も異常です。

「有給取得するとマイナス評価するぞ!」と圧力をかけるような職場も労基法違反。

完全にブラック企業です。

ただ、生活上困窮するほどストレスを感じていないのなら働きながら転職活動を行う方法もありますね。

【参照記事】仕事しながら転職は無理じゃない!転職成功させる方法

自分の能力や職種と年収バランスを冷静に判断してみてください。

「でも自分の年収や待遇が低いかどうか判断出来ないよ!」

という人は転職エージェントなどのサービスなどの情報を使って調べると便利ですよ。

無料で利用可能ですからね。

転職エージェントの選び方!22社を徹底比較!面談のコツ&評判の良い転職エージェントだけを紹介!
「転職エージェントって何社もあるけど、どうやって選べばいいんだろう?」 と悩む人はホント多いです。 僕自身、転職エージェント業界で働...

特徴④仕事の内容の不満!もっと仕事したいのに出来ない

今すぐ転職したい人
 もっと仕事したい!

成長意欲があるのに同じ仕事だけをやらされているあなた。

仕事内容が自分に合わずに苦痛ですよね。

任せられる仕事内容に不満があるような職場も今すぐ転職しても問題ないです。

何故なら企業では、雇用保蔵という「雇ったけど任せる仕事がない」人が多く増えているからです。

参照:経済白書〈内閣府〉

2009年の雇用保蔵の人数は607万人もいるとされているので「もっと働きたいのに仕事がない」という人は相当いるわけです。

異動を申し入れても受け入れらない場合は、無理しないで転職を検討するべき。

ただ例外もあります。年収は平均以上あるけど仕事がつまらない場合。

年収が高い場合は割り切りって居座るのも一つの手段です。

ですが、仕事がつまらない上に年収も低い場合は即座に転職すべきです。

自分の価値を高めるチャンスは転職市場にはゴロゴロ転がっています。

積極的にトライしていきましょう。年収が低いなら今以上下がることはありえないですからね!

もっと働きたい人が転職成功させるたった1つの方法。転職時の注意点や、シングルマザーやパートでも今すぐ転職するコツも!
「今の職場がぬる過ぎる!もっと働きたい!!」 という理由で転職を思い立つ人も実は多いです。 残業ゼロ 仕事量少ない 社...

特徴⑤職場環境が合わない!辛い状況も逃げ出すべき!

今すぐ転職したい人
理不尽な上司と働きたくない!

上司と合わないなどと職場環境が合わない場合も転職の対象です。

スキル以上の責任や負荷が高すぎて不可能な業務量やノルマを課してくるパワハラ上司もいます。

理不尽な上司はいくあら結果を出しても評価してくれませんからね。

評価もされず出世も出来ない。競争に破れて地方の関連会社へ左遷。こんな将来嫌ですよね?

そのような低いモチベーションで働いていると、早起きすら出来ず遅刻を連続。。

上司「能力不足で仕事出来ないからクビね?」

なんて50代で言われても転職先ありません。お先真っ暗です。

今すぐ転職したい人
でも転職成功する保証なんてないし・・

と不安になる気持ちも分かります。実際不安で転職活動の行動を起こせない人は多いですからね。

【参照記事】転職活動が怖い理由と失敗する原因11個とは?

【参照記事】転職が決まらず焦る。内定が出ない人の特徴15選

でもね、実際に「転職した人の67%が転職により年収アップ」したとtech総研(リクルート総研)アンケートで回答しています。

参照:tech創研

転職すれば職場の不満を解消出来ますし、年収アップもゲット出来る可能性が高いってことですね(^^)

今すぐ退職しなくても、転職活動を始めること自体はリスクゼロ。

むしろ「自分の転職市場での市場価値の把握」のためにも常に活動はするべきって意見も多いですからね。

「職場環境や仕事内容が合わない・・」

などと思いながら働いていると鬱病になる可能性すらあります。

今の状態から逃げ出すのもアナタ自身を守る意味でも正しい選択です。

むしろ早めに転職活動をすることで誰もが羨ましがる「ホワイト企業」や「楽で稼げる仕事」に転職できる可能性だって高まります♪

【参照記事】楽で稼げる仕事42選。正社員でも定時帰りする職種とは?

【参照記事】ホワイト企業への転職なら転職エージェントを使うべき理由

DODA/パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)

DODAが合う人の特徴

  • 親身に丁寧に転職サポートして欲しい人 ⇒ 転職者満足度No.1
  • 書類選考落ちが多い人 ⇒ 履歴書・職務経歴書の添削が抜群

⇒「親身にサポートしてくれたおかげで7社内定が出ました!」(30代/男性)

↓人気のNo.1の転職エージェントとは〈無料〉?↓

転職しない方が良い人の特徴6選。安定志向や年齢が高い人はデメリットの場合も

「問答無用で今すぐ転職するべき!!」

などと、無責任なことを言うつもりはありませんよ(笑)

下記で紹介するような人は転職しないほうが良いです。具体的に紹介していきますね。

特徴①安定志向過ぎる。理想の職場を夢見すぎな人

今すぐ転職したい人
 月収100万円で1日の労働時間は5時間以内!

転職先に夢見過ぎな人は転職しても無意味ですよね(笑)

それ以外にも、公務員や財団法人など民間意識の薄い伝統的な古い体質で働いていた人。

上記のような安定志向の人も民間企業へ転職しても後悔するだけ・・。

もちろん公務員の仕事も国家公務員などは大変な仕事もあるでしょう。

ですが、福利厚生は充実していますし仕事量に対して民間よりも好条件なケースが多いです。

参照記事国家公務員の退職給付、民間を78万円上回る〈日経新聞〉

下記の記事でも紹介していますが、「公務員」も「団体職員」も楽な仕事の職種にランクインしています。

紹介しているような「楽な仕事」に就いている人は転職は避けるのが無難です。

参照記事⇒「楽な仕事&バイト42選!正社員で楽で稼げる仕事がないと諦めてる?

行政的な仕事をしていた経験だけでは民間企業で強みや特徴を発揮できませんからね。

仕事が面白くない・やり甲斐もない状態でも、給料が悪くないなら居続ける方が良いケースも多いですからね。

年収の高い仕事として「商社」「MR」「不動産」「生命保険」「銀行員」などがありますね。

どの職種も離職率は高いですが・・(汗)

同窓会などで友人と給料を比べた時に悔しい思いをすることもありますよね。

給料も負けるし、キラキラ輝いている仕事をしていることを目の当たりにする悔しい思いすることもあると思います。。

今すぐ転職したい人
友人に給料負けてるから給料高い企業に転職だ!

年収差を埋めようと、影響を受けすぎるのも良くないです。

周囲と比較して「給料が低い」「雇用形態が契約社員」など気になることはあると思います。

仮に新卒から1社30年勤続したとすると50歳過ぎ。

50歳超えてからの年齢で初めての転職活動となると急激な職場環境の変化に対応は相当です。

「仕事内容が合わない」

「職場の人間関係が上手くいかない」

などと気苦労を感じる可能性だってあります。。

今の仕事が心身に異常をきたすほどストレスを感じている場合はすぐに退職するべき!

うつ病や、ストレスで過敏性腸症候群などの病気になる可能性もあります。

そもそも安定志向過ぎるタイプの人はが勢いで転職してしまうと後悔するリスクが高くなる傾向に。。

なので、慎重な行動が必要なんです。

参照記事安定志向の人が転職で苦戦する2つの理由とは?

参照記事40歳からの転職 「安定志向」が最大のリスク招く理由〈NIKKEI STYLE〉

参照記事アラサー世代の「消極的な安定志向」から脱出する方法〈日経ウーマン〉

特徴②残業もせずに定時帰りで年収アップを目指す人

今すぐ転職したい人
残業なしで年収倍にアップさせたい!

転職して、毎日定時帰り&年収アップ両方の希望を叶えるのは正直難しいです(笑)

楽な仕事」は確かにたくさんあるんですけど、日本経済では給料の高さと、労働時間は比例しちゃってます・・。

なので、残業せずに労働時間が減ると、残念がら給料も少なくなっちゃいます(T_T)

そりゃ毎日定時で早く帰ることが出来る人は仕事が出来る人だと思いますよ。

例えば、20代前半の年齢で常に定時帰宅。

早起きもせず時間的に楽している会社に勤めているのに年収アップはさすがに難しいです。。

「新卒入社半年」「1年目」で退職しちゃいそうな人は下記の記事で転職方法をチェックしてみてください。

参照記事仕事辞めたい新卒社員が入社半年で転職する方法とは?

参照記事入社1年目で退職する理由6つ。転職方法のコツ

やっぱり特殊な経験や、長時間働くなど他の人がしてない苦労をしないと年収アップは厳しいですね。。

例えハードワークでも時間をコントール出来る仕事であれば問題ないですよね?

高すぎる希望を持ちすぎると、仮に転職してもすぐに退職して再就職の転職活動ってことになりかねません。。

転職失敗しちゃうとその後の転職活動で苦労しますからね。

参照記事転職失敗して再転職のデメリット7つ

もちろん20代前半で年齢の若い第二新卒であれば環境変えることも簡単です!

ですが、40歳以降で年収アップ&残業なしの希望は難しいので戦略の見直しが必要です。

逆にいうと40歳以降でも、現実的な希望であれば簡単に転職出来るってことなんですけどね。

仕事しながら転職活動を両立するなど、転職活動は時間のやり繰りが大事だったりするんです。

転職活動の時間ない人へ6個の解決策を紹介。「在職中だから時間が取れない」とはもう言わせねぇ!
「転職したい気持ちはあるけど時間がない・・」 と現在の職場環境や残業の多さが原因で満足に転職活動時間を確保が難しいって人は凄く多いです...

特徴③職場に不満を感じやすい神経質過ぎる人!

今すぐ転職したい人
パーフェクトな職場ってないのかな?

などと完全な会社存在など存在しません。

ですので疑問や不満をあまりも感じやすい人も転職しても同じことの繰り返し。

居酒屋で会社の愚痴ばかり言っている人の傾向ってあるんです。

愚痴の発言が多すぎる人ほど大企業や組織に所属して無力感を感じやすい傾向も。

現職で問題点を解決しようと賢明な努力もせずに会社の愚痴だけいう人もいますよね。

このような人は転職先でも同じように不満だけを言い続けることになります。

ただパワハラ上司や、労働時間が長すぎるなどの劣悪な環境であれば転職することで問題が解決されることも多いです。

自分の環境が普通なのかどうか判断出来ない人は転職のプロのエージェントに登録して相談するのが良いですよ。

パワハラで退職時に会社都合にする方法とは?自己都合にせず失業保険をすぐ受け取る方法も!退職届や内容証明の書き方も紹介
「上司からパワハラを受けていて辛い。退職しかないのかな・・」 「パワハラの原因は自分が仕事できてないからかな・・」 などなど。 職...

特徴④高齢での未経験職種への転職

50代エンジニア未経験
未経験だけおエンジニアとして働きたいな!

と高齢での未経験職種への転職は絶対に成功しないので止めてください!

ITエンジニアになるには?未経験でもエンジニアになれる3つの方法。独学でもPHPなどの基礎言語を学べば転職は可能です。
「未経験だけどプログラミングの仕事を出来るITエンジニアになりたい!でも未経験でもなれるのかな?」 「ITエンジニアになるために言語の...

ここでも紹介してますけど、未経験でITエンジニアになるには30代まででしょうね。。

他にも営業職の経験しかない人が、事務・経営企画・人事などの職種へ転職しようとするのもかなり大変。

働く業界は変えやすいですが、高齢で職種を変えるのは困難で難易度が非常に高くなります。

企業は高齢であればあるほど中途採用者に即戦力かどうかを求めるんです。

ですので、どうしても未経験職にチャンレジしたいのであれば社内異動を希望するほうが現実的。

逆に高齢でも似た職種であれば簡単に出来ますよ!

特徴⑤海外勤務を未経験だけど実現したい!

海外勤務したい人
海外駐在!未経験だけど!

と日本国内でのビジネス経験しかないのに海外駐在など絶対無理です!

通常駐在経験者を優先的に採用するのが一般的です。未経験者は採用しません。

「どうしても海外駐在したい!」と希望するなら、将来海外転勤や駐在の可能性のある職場に転職するべきです。

また海外現地法人の現地採用スタッフとして採用してもらうという方法もあります。

ただ現地採用の場合も注意点があります。

給料は現地人よりは高いですが、日本駐在員よりも安くなるんです。

「安くてもいいから駐在員になりたい!」

という場合は現地採用で責任者を目指す方法が未経験者でも採用されやすくなります。

新興国(東南アジアやアフリカ)では日本企業の進出が増加しているので募集している可能性もありますからね。

ターゲットを絞って転職活動するのが良いです。ですが、駐在員募集の求人は一般的に出回っていないんです。

転職エージェントに集中して求人が集まる傾向があるので、駐在員希望のあなたは転職エージェントへの登録が必須といえます。

■海外駐在員として転職しやすい転職エージェントとは?

「海外駐在員として働きたい!」

「外資系企業に転職したい!」

こういった人はJACリクルートメントがオススメ。

転職エージェント業界内でも、外資系企業・海外勤務の転職支援実績が圧倒的。

年収800万円以上の求人も多数あるのでチェックしておきたいですね。

>>JACリクルートメント公式サイトをチェックする【無料】

特徴⑥大企業の役員や経営幹部を目指す

大企業の役員で働きたい人
経営幹部や役員じゃないと転職しない

というように大企業の経営幹部や役員での転職を希望するのも難しい場合が多いです。

あなたが現在日本の大企業の幹部クラスなら可能性はありますが、零細企業からポジションを上げるのは不可能。

「どうしても経営幹部や役員になりたい!」

と希望するならグローバルな外資系企業の日本法人や規模の小さいベンチャー企業の幹部クラスの求人を狙ってみましょう。

伸びそうな会社に狙いを定めて自分の強みを発揮でそうな企業を見つけるのです。

幹部メンバーで採用されたり、幹部クラスに昇進することも十分可能です。

「どの企業が伸びそうな会社か分からない!」

という場合は「今すぐ転職したい! Best100社」という本も出ているのでチェックしてみましょう。

他にも現在の状況1番知っているのは転職エージェントです。

転職エージェントには必然的に会社の業績や伸びている会社の情報などは入ってきますからね。

DODA/パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)

DODAが合う人の特徴

  • 親身に丁寧に転職サポートして欲しい人 ⇒ 転職者満足度No.1
  • 書類選考落ちが多い人 ⇒ 履歴書・職務経歴書の添削が抜群

⇒「親身にサポートしてくれたおかげで7社内定が出ました!」(30代/男性)

↓人気のNo.1の転職エージェントとは〈無料〉?↓

転職で年収アップは出来る!業界業種などキャリアチェンジ出来ないなんて嘘!

今すぐ転職したい人
転職すると年収下がるって聞いたけど本当かな?

と転職をすると年収が下がったり、キャリア的に不利になるという転職に関する噂をよく聞きます。

ですが、転職で年収が下がるなんてことはほぼありません!

さっきも書いたように転職して67%の人が年収アップを実現しているというデータがあるんです。

年収が下がるのは会社規模の大きい会社や金回りの良い業界から転職する場合に限る話。

「業界平均でも低年収」「業績不安定な会社」から転職する場合は年収は下がるわけもなく、確実に上げることが出来ます。

また転職することで人間関係や長時間労働にから逃がれれるんです。

今現在上司と合わなかったり ブラック企業 で働いている人は無理する必要はないです。

しっかりと計画的に業界研究や企業研究など準備を行えば怖くありません。

準備をすることで転職企業を選んで希望年収確保することが出来るようになりますよ(^^)

「今の会社や業界に未来はない!」

「10年勤務しても年収350万が限界!」

と少しでも不安を感じれば転職するべきです。

シャープ東芝が没落したように業界の流れ時代と共に変わっていきます。

大企業だから安心できる時代ではなくっているんです。

あなたに求められるのは生き残れる会社を見つけ、その会社働くこと以外ありませんよ。

今すぐ転職しないとマネープランとしても損をする!

今すぐ転職したい人
転職してもいいのかどうか・・

と悩んでいるあなた!即転職しなさい!

転職を躊躇するのはあなたのマネープランから見てもデメリットだらけです。

早い時期に転職すれば年収アップが出来るのに判断が遅くなることで1日毎にあなたは損しているんです。

転職すれば最低でも年収は変わらずに、ストレスを減らすことが出来るんですよ。

ストレスで仕事を辞めたいなら今すぐ転職だ!今すぐ会社を辞めるべき4つの理由
「毎日朝起きたくない・・職場に行くのが辛い・・もう辞めたい・・」 「職場の人間関係がストレスで、原因不明に体調不良。今の仕事辞めても大...

もちろん健康状態も改善されるでしょう。

転職することで心療内科などに通っている医療費が不要になり、家計の負担を減らすこともできます。

精神的に追い詰められている人は、自分でも気づかないうちにうつ病になっている可能性でったります。

つまり、家計も健康も改善出来るってことです。

「今すぐ転職したい」

と考えているのならあなたのマネープランの観点からも転職した方がいいということです。

うつ病から仕事復帰する方法10個。辞めたい・続かない・行きたくないなら転職しよう!鬱で休むのが不安になる原因も紹介!
「会社に行かないといけないのに、うつ病でもう仕事出来ないかも・・」 と、悩む人は多いです。特に最近は。 原因としては、仕...

注意!今すぐ転職活動を始める前に気をつけたいこと

「今すぐ退職届けを出して転職活動を始めよう!」

という行動力は素晴らしいですがちょっと待って!

今から紹介する「注意点」を一通りチェックしてから今の会社を辞めたり転職活動を始めるようにしてくださいね。

1,在職しながら転職活動を始めよう!

いきなり退職するのはNG!

働きながら転職活動することをオススメします。

常に転職先を探すようなイメージです。

今すぐ転職したい人
でも勤め先の社長に悪いな・・

なんてまだ言っているんですか(笑)

条件の良い職場で働きたい!というのは労働者の当然のことで悪いことではありません。

当然の権利ですから堂々と転職活動を始めればいいです。

会社に内緒しながら転職活動をすることもできるんですから。

転職エージェントを使えば、土日や平日の夜転職相談も出来ます。

さらに週末に面接のセッティングの調整もしてくれるんです。

エージェントをうまく活用すれば会社を辞めることなくじっくりと転職先を決めることが出来ます。

仕事がない無職状態で転職活動をすると「早く決めなきゃ!」と最初に内定が出た会社に焦って入社を決めてしまいます。

確実に働きながら仕事を探すほうが有利で、良い条件の会社を見つけることが出来るんです。

仕事しながら転職は無理じゃない!ハローワークを使わずに最短で就活を成功させる方法とは?受かる履歴書の書き方も紹介!
「給料や休みが少な過ぎる!」 「仕事にやり甲斐を全く感じない!」 と仕事の悩みが深くなると、「転職しようかな」と考えるますよね。 ...

2,転職活動での収入や貯金の話。お金には注意しよう!

今すぐ転職したい人
貯金ないけど大丈夫でしょ♪

と貯金がない状態でいきなり辞めるのは生活に困る可能性があるので要注意です。

在職中に転職先を決めぅに仕事を辞めてしまった場合。

内定が出て入社後の初任給までの間無収入になりますよね。

失業保険の給付も自己都合で退職した場合は3ヶ月の待機期間が必要になるんです。

就職活動が3ヶ月以上必要になっしまう場合は1回目の支給日までに、一定期間必要になるってことです。

雇用保険に加入していてもすぐに助けてくれるわけではないってこと。

ですので自己都合で退職する場合は貯金で生活費を賄う必要が出てきます。

家賃・生活費・就活費4ヶ月分で約40-80万程度は必要になるでしょう。

「退職金はいくら貰えるのか」「有給休暇は何日余って全部使えるのか」といったことを退職前に確認しておく必要があります。

貯金がないならアルバイトで凌げばいいじゃん!

という選択肢もありますが、転職は短期集中ですべきなのでバイトは止めておくべき。

キャリアの空白期間を作らずダラダラ伸ばないほうが転職先を決めやすいんです。

ですので、退職前にボーナス・残業代などで貯金を貯めてから退職するのがオススメ。

ローンがあるのに、ボーナスなし・貯金出来てない状態で見切りで仕事を辞めるのは危険です。

ただし鬱病などで就業出来てない状況であれば貯金ないのも仕方ありません。

貯金が一切ない状態であれば、市役所や消費者金融でお金を借りましょう。

消費者金融というと不安に感じるかもしれませんが、借り入れをしても30日以内で返済すれば金利は発生しないんです。

転職を早く決めれば返済の際に一切損をすることはありませんね。

それでも「転職先がなかなか決まらない!」という人は、転職先が決まらない人の特徴をチェックしておいて下さいね。

転職決まらないでも焦るな!内定でない人の特徴15選。辛い&不安なら転職エージェントのキャリアカウンセリングを今すぐ受けるべき
「転職が決まらない!」 というあなた。 仕事辞めて新しい仕事探すための活動中! 定職ついてないけど正社員で働きたい 妊...

DODA/パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)

DODAが合う人の特徴

  • 親身に丁寧に転職サポートして欲しい人 ⇒ 転職者満足度No.1
  • 書類選考落ちが多い人 ⇒ 履歴書・職務経歴書の添削が抜群

⇒「親身にサポートしてくれたおかげで7社内定が出ました!」(30代/男性)

↓人気のNo.1の転職エージェントとは〈無料〉?↓

3、会社が辞めさせてくれない!どうしたらいい?

今すぐ転職したい人
辞めたいと言っても辞めさせてくれない!

などと社長や上司に「辞めたい」と相談しても自分が抜けると業務が大変になるから辞めさせてくれない!という声もよく聞きます。

ですが、「辞めさせてくれない」というのは間違い。

辞めるか続けるかを判断するのは労働者のあなたで社長や上司が決めることでありません。

また、お客様のことや売上の責任を負うのは経営者が考えることであってあなたが気にしたり心配することではありません。

「本気であなたに居て欲しい!」

と経営者が考えているのなら、職場環境や給料を良くするなど改善されるはずです。

改善されないような会社に義理立てをする必要など一切ありません。

辞めることは労働者の権利なので、経営者が拒否することなど出来ないんです。

あなたのように頼まれると情に流される優しい人には、経営者も必死で引き止めます。

辞めなずに居続けてもらうほうが経営者も会社も楽が出来るからです。

会社の仕事が穴が空いたり、損が生じようとも、正式な辞め方なのであれば文句を言われる筋合いなどありません。

■2週間前に退職の意志表示されば辞めれる!

会社の責任なのに怒鳴られたり、退職を拒否されるようであれば都道府県の労働局や労働基準監督署に相談しましょう。

就業規則を事前に確認した上で退職届を提出していれば一切問題ないです。

法律上では2週間前に退職の意思表示をしていればその後の業務責任を一切負うことはありません。(民法第627条第1項

ただし必要な引継ぎ業務などはしっかり行う必要はあります。

手順をしっかりと踏んでいれば、退職日まで給料を全額もらう権利はありますし、有給休暇もつかいきることが出来ます。

とはいえ円満退職を目指すならば1-2ヶ月ほど猶予を見て退職する方が無難といえます。

「自分がいないと会社が回らない」

と感じ転職を躊躇する人も居ますが、自分が辞めても会社に支障が出ることはほとんどありません。

転職後以前勤めて居た会社は他社員や新入社員を入社させて、問題なく事業を続けています。

嫌な会社で無理することなくほかの会社に移れば働きがい増し充実した生活をおくることができますからね。

現在は景気回復して雇用環境も劇的に改善状態にあります。

実際求人倍率も高くなっているのでチャンスだらけなんです。

体調を崩してからでは遅いですよ。無理せず体を大切にしてください。

次を決めてから退職すれば良いので徐々に転職活動を開始してストレスのない職場で充実した生活をおくるべきです。

マジでブラック企業の経営者は悪質なので、手口に騙されないようにしてくださいね!

ブラック企業を辞めたいへ。辞めるべき理由4つ!新卒でもうつ病になって精神的に限界ならホワイト企業へ転職だ!辞め方や失業保険のテクニックも
「ブラック企業に入社してしまった・・早く辞めたいよぉ(;´Д`)」 働き方改革なんて政権では言われてますが、長時間労働やサービス残業は...

4,労働環境の悪いブラック企業に転職しない

今すぐ転職したい人
今より条件悪い職場なんてないだろう♪

と焦って転職先を決めると痛い目をみます。

現状の辛い環境から僅かな期間逃れるだけでは根本的解決になりませんよね。

転職活動を開始すること同時に、自分の状況を霊性に分析することが大事。

今の会社にどのくらいの期間居続けれるのか?

逆算して長期的視野にたって慎重に転職先を探すべきです。

つなぎで派遣やバイト生活は絶対にオススメできません。

転職を通じてキャリアを積んだりステップアップするのは何も1回だけのチャンスしかないということはないんです。

生活のため、一度転職してみて、1年程度働きながら満足できる会社も並行して探している人もたくさんいます。

転職を何十回と繰り返すと転職活動の際に不利になります。

ですが限界を我慢して体や心を壊してしまってはいけません。

条件の悪いブラック企業には入社しないように慎重になりつつ、今の職場を辞める勇気が必要です。

正社員での転職活動に失敗するのはかなりのデメリットがありますからね。。

転職失敗して再転職のデメリット7つ。自己分析を行えば1ヶ月以内の再転職も可能!落ち込んでいる暇なんてないぞ!
「転職して3ヶ月だけど、職場に全く合わない!今すぐ辞めて再転職したいけど、そんなこと出来るのかな?」 「心機一転また再転職したいけど、...

5,ハローワークだけを使って転職活動するな!

今すぐ転職したい人
転職活動といえばハローワークでしょ♪

と思っているあなた。ハローワークに期待してはいけません。

ハローワークには非公開求人があるなんて言われていますが、非公開で人材募集している企業は存在しません。

また、ハローワークは17時過ぎに閉まるので平日仕事をしながら自由に転職先を探すことはできません。

土日もオープンしているところもありますが、一部のハローワークでしか職業相談が出来なんです。都市部だけです。

ハローワークインターネットサービスという24時間求人チェック出来るサイトもありますが、登録して求職番号をもらわないと求人情報を閲覧出来ません。

さらにハローワーク経由で求人に応募するのは職員に紹介状を書いて貰う必要もあります。

たまに自分で応募出来る案件もありますがごく一部。

急ぎで応募したい場合などは、わざわざ電話で応募して了解を得て、ようやく直接応募出来るという手間のかかりようです。

ハローワークは中高年者の求職者が多く、職員と面談するため1時間以上待たされるほど混んでいます。

ちなみに管轄のハローワークに求人依頼するのは中小企業が多いですがブラック企業に注意してください。

中小企業では1人の社員が抜けると業務に支障をきたすので即戦力が急務で常に急募です。

求人に応募するとすぐに書類審査も面接も合格。

一次面接の社長面接で即採用と判断され即日採用となりますが、これには注意が必要です。

一次面接だけで即日採用なんて怪しすぎるでしょ?

年齢制限のないうえに簡単に内定が出る求人はブラック企業の可能性が高いです。

通常は30歳以下の応募者のみなどと規定があるのに、年齢制限もなくすぐに内定が出るのはおかしいです。

そういった求人はすぐに退職者が出て再募集をかけられることが多いです。

6,SNSやコミュニティーサイトで企業のクチコミをチェックしよう!

今すぐ転職したい人
企業の情報なんて知り合いに聞けば大丈夫だよね!

なんて考えは安易すぎ。

SNSサイトやコミュニティーサイトを使って業界や職種に関して相談するのがオススメです。

また企業名でクチコミチェックすればたくさんのクチコミを知ることが出来ます。

ネットを賢く利用することが大事ですね。

「知り合いの人脈を使うのが1番確実では?」

と感じる人が居ますけど人脈をアテにしての転職活動はオススメ出来ません。

人脈をフル活用するのは、そもそも人脈があることが前提ですし、一から作るのにも時間がかかってしまいます。

人脈には期待せずにこの後に紹介する転職のプロに相談するのが1番の近道といえます。

■Vorkersや転職会議などの口コミサイトを活用する

あとは、「Vorkers 」や「転職会議 」といった現役・元社員による企業の口コミサイトを利用するのも良いです!

平均残業時間や平均年収なども掲載されているので転職情報の収集にはかなり便利ですよ!

⇒Vorkersで口コミをチェックしてみる【無料】

7、転職活動の1番の近道は転職エージェントを活用すること!

断言します。

今すぐ転職したいあなたが取るべき行動は転職エージェントに登録することです。

転職のプロのサポートをがあれば、企業の求人内容の裏側まで教えて貰えるんです。

また面接官や経営者の好みなども正確に熟知しているんですよ。

内部情報までこっそりリークしてくれますから再転職活動が有利になることは間違いないですね。

他の求職者が面接の場で得た有益な情報も、転職エージェントに集まってくるため内部情報を集めやすいんです。

さらに自分では気づかない業種や求人のマッチングなども行ってくれます。

意外な分野でも求人紹介も受けれますから、今以上に求人選びに幅が広がることは間違いありません。

意外と知られていない点が、ヘッドハンターを通してスカウトを受けれる点です。

ヘッドハンターからあなたに興味を持っている情報提供など受けれるので、当然内定率も格段にアップしますよね。

また専任コンサルタントによるアドバイスもあるので、不採用が続いても落ち込むことはありません。

具体的な指導を受けることが出来るので、努力を継続しやすい環境を作れるんです。

転職エージェントに支援依頼をすれば積極的に誰でもアドバイスしてくれますよ!

転職エージェントの選び方!22社を徹底比較!面談のコツ&評判の良い転職エージェントだけを紹介!
「転職エージェントって何社もあるけど、どうやって選べばいいんだろう?」 と悩む人はホント多いです。 僕自身、転職エージェント業界で働...

DODA/パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)

DODAが合う人の特徴

  • 親身に丁寧に転職サポートして欲しい人 ⇒ 転職者満足度No.1
  • 書類選考落ちが多い人 ⇒ 履歴書・職務経歴書の添削が抜群

⇒「親身にサポートしてくれたおかげで7社内定が出ました!」(30代/男性)

↓人気のNo.1の転職エージェントとは〈無料〉?↓

転職を成功させる最大のコツは今すぐ行動すること!

今すぐ転職したい人
転職したいけど何をしたらいいか分からない

というあなた。今すぐ転職したいなら今すぐ行動してください!

転職経験少ないと転職市場のことが分からず、進め方に不安を感じるかもしれません。

実際転職活動の始め方が分からず行動しない人も意外に多いです。

確かに転職への不安や面倒臭さから重い腰が上がらないかもしれませんね。

ですが心配いりません!

転職のノウハウって昔から同じテクニックなので、既にテンプレ化されているんです。

業界研究の勉強や模擬面接などの練習など短期間で転職ノウハウを習得することが出来るってことです。

「今すぐ行動!」

といってもすぐに退職する必要はありません。

退職前にでも求人をチェックしたりという具体的行動は出来ますよね。

転職が怖い理由11個。不安な時の対処法も紹介!転職成功のコツは1人で悩みを抱え込まず転職エージェントに相談すること!
「転職したいけど失敗したら怖いな・・」 会社に不満があり転職したいと思っても転職が怖く、動き出せない人は多いんですよ! 転職を怖いと...

仮に転職の勉強が不足しているようであれば退職後でも十分間に合います。

転職活動を難しく考える必要はないんです。

今の職場にメリット・デメリットを冷静に分析してみてデメリット方が上回れば転職活動を始めてみればよいだけのこと。

半年後の自分を想像してみてください。

「今すぐ転職したい!」

と思っても行動に起こさなければ今の仕事での苦しい思いは変わりません。

ですが転職活動をちょっとずつでも開始すればよい転職先をを見つける可能性も出てきます。

今すぐ転職活動を始めて苦しみから開放されるのか、我慢してストレスを抱えたまま生活するのか?どっちがいいですか?

仕事のデメリットを感じたまま仕事を続けるとストレスで身体や精神の健康が不調をきたす可能性も。

限界を超えてしまうと即座に転職できなくなってしまうので限界が来る前に活動を始めることをオススメします。

実際転職して、「年収アップした人が約7割。現状の不満が解消した人が約8割」もいるんですよ!

さらに企業の人材不足で売り手市場になっているので今は非常にオファーが増えている超好条件で転職しやすい状況です。

好条件で転職できるチャンスですから、求人数も多く匿名スカウト機能も充実している、使いやすい転職エージェントに登録しましょう!

圧倒的No.1のオススメ転職エージェントを紹介!

今すぐ転職したい人
具体的にオススメの転職エージェント教えて!

というあなたに。

転職エージェントがしてくれるサポート内容とオススメの転職エージェントも紹介しておきます!

転職エージェントというのは、あなたの専任のコンサルタントが「あなたが活躍できる業界や職種のアドバイス」「応募書類の添削」「面接対策」などを完全無料で行ってくれるんです。

僕自身も転職の際にはDODAという業界大手の転職エージェントのサービスを利用しました。

登録した転職エージェントはDODAだけだったのですが、結果的に転職活動期間2か月にも関わらず、7社の内定を勝ち取ることが出来ました。

僕がDODAが優れているな!感じた理由は下記になります。

DODA/パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)

DODAが合う人の特徴

  • 親身に丁寧に転職サポートして欲しい人 ⇒ 転職者満足度No.1
  • 書類選考落ちが多い人 ⇒ 履歴書・職務経歴書の添削が抜群

⇒「親身にサポートしてくれたおかげで7社内定が出ました!」(30代/男性)

↓人気のNo.1の転職エージェントとは〈無料〉?↓

DODAが転職エージェントの中でも優れている理由3つ

理由①求人の8割が非公開求人

転職エージェントも私人身も複数登録しましたが、DODAが1番良かったなと感じた理由の1つが、「圧倒的な求人数の多さ」です。

DODAの求人の8割が非公開求人で、DODAに登録した人限定で応募できる求人ばかりです。

転職といえば、リクナビネクスト・マイナビ転職などの求人サイトが一般的ですが、求人サイトには掲載されていない求人がDODAにはたくさん紹介されています。

当然求人が多くなると、私たち求職者にとっては選択肢が増えるので、求人数の数に比例して内定数も増えていくことになります。

理由②大手企業なので安心して登録できる

DODAはテレビCMも放映しているパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)という大手企業が提供しているサービスです。

やはり大手企業ですので、安心して転職支援サービスにも登録できます。

転職エージェントの仕事というのは、有料職業紹介事業という厚生労働書からの許認可を得れば誰でもできますし、社長1人だけの転職エージェントの会社といのも少なくないです。

やはり小規模な転職エージェントは営業マンも少ないので、紹介してくれる求人数も圧倒的に不足。

また、個人情報の扱いに関しても大手企業ほど厳重ではないです。

その点から考えると、中小の転職エージェント会社に登録するメリットはなく、DODAのような大手企業へ登録する方が得策なんです。

理由③在職中でも登録可能なんです!

転職エージェントと聞くと、「退職済みの人しかサポートしてくれないのでは?」と感じるかもしれませんね。

でも、在職中でも当然登録してサポートしてくれるんですよ!

「仕事しながら転職活動する時間がない!」という人ほど転職エージェントのサービスは活用すべきです。

企業との面接の日程調整などの面倒な作業も代行してくれるので、あなたは現職の業務や面接対策・企業研究に集中出来ます。

なので、在職中「在職中だけど転職したらどんな評価を受けるかどうか相談したいな」という人も気軽に登録出来るんですよ!

理由④専任コンサルタントのアドバイスが適格すぎる

私自身何社か転職エージェントに登録しましたが、DODAの転職エージェントの専任コンサルタントの方の私へのアドバイスが適格過ぎました。

例えば、志望動機の考え方に下記のようにアドバイスしてくれます。

「現在の志望動機も悪くはないです。ですが、もっと企業に対してどういった価値を提供できるかを、ご自身の経験を交えて伝えるようにすると更に良くなります。」というアドバイスを受けました。

さらに、「ご自身が希望されている仕事は良く分かりました。ですが、企業様から評価されやす職種ですと○○の職種の方が向いていると感じます。

××という経験は転職市場でも非常に少ない特殊なスキルなので、このスキルをアピールされると希望年収より2割はアップ出来るはずです」などなど。

このように自分では気づかいアドバイスを的確にもらうことが出来たんです。

「やっぱり転職のプロは違うな~」と感心したことを覚えています。

⇒「親身にサポートしてくれたおかげで7社内定が出ました!」(30代/男性)

↓人気のNo.1の転職エージェントとは〈無料〉?↓

DODAへの無料の登録方法

ですので、早速DODAへ無料登録を行い、専任コンサルタントからアドバイスを受けるようしましょう!

まず、DODAの公式ホームページより登録画面に進み「氏名・年齢・住所・連絡先・直近の職歴・希望面談日」などの必須項目を入力しましょう。

面談は、DODAの全国7か所ある事務所に訪問しても良いですし、電話面談で登録を済ませても大丈夫です。

登録者の8割は電話での面談で登録を済ませる人も多いので、電話面談の希望日程などを「自由記入欄」に記載しておくと良いですよ。

登録後数時間後に、DODAの担当の方から電話で連絡が入ります。

面談日程の調整をその電話で行うということですね。面談日程を決めれば、後は面談日を待つだけです。

面談日までに必ず用意しておいた方がよいものは職務経歴書です。

職務経歴書がないと、いくら転職のプロであるDODAのコンサルタントの方でもあなたに適切なアドバイスや、求人を紹介することは出来ません。

経歴を元に、話が進みますので、当日円滑に登録が進むように、職務経歴書は用意しておきましょう。

そのあたりの必要書類の準備に関しても、DODAに登録したの電話で丁寧に説明してもらえます。

⇒【無料登録】「転職支援ならDODA(デューダ)」会員登録をする

DODAへ登録して今よりも条件の良い職場へ転職しよう!

転職は当然ですが、転職のプロに相談するのがベストです。

私自身、DODAへ登録して応募書類の添削をしてもらってから、書類選考の通過率が約5倍にアップしました。

転職エージェントののプロの視点は、本当にすごいんだなと感心しましたね。

いかに自分で作った応募書類の内容が穴だらけだったかということですが(笑)

DODAへ登録してプロのコンサルタントにアドバイスを受けることで、確実に今以上にあなた自身を企業にアピールできます。

結果、収入面・待遇面・仕事の内容で、今以上の職場に転職できる確率もグッとアップします。

今すぐ登録して、絶対に転職を成功させましょう!!

「ホントに転職出来た!」転職成功出来た人気の転職エージェントTOP3

DODA/パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)

>>>DODA公式サイトで無料登録する

■おすすめ度

■特徴国内最大級転職エージェント。公開求人・非公開求人の数も業界最大級。公開求人数33,129件/ 非公開求人 134,509件(2017年4月現在)。非の打ち所がない転職エージェント。

DODA(デューダ)は大手人材人材会社のパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)グループが運営しているサービス。

DODAのポイントは以下になります。

①親身なサポートで転職者満足度No.1

DODAは転職者利用者へのアンケート調査で満足度No.1の実績。

満足度が高い理由としては、「登録者に寄り添った親身なサポート」だからです。

  • 転職に関する不安悩みごとの相談
  • 自分のキャリアプランに迷った時には面談でのキャリアカウンセリング
  • 将来の最適なキャリアプランの提案

このようなサポートの結果、転職サポートで年間1万人を成功に導く実績豊富なエージェントになります。

「以前転職エージェントに登録したけど放置された!」

「手厚く、親身なサポートを受けたい!」

という転職希望者が登録・利用すると特に満足度が高いですね。

②履歴書・職務経歴書の添削が抜群

DODAは履歴書・職務経歴書の添削が丁寧で分かりやすいと評判です。

転職活動での第一関門である書類選考。

応募書類で最大限自分の経験や能力をPRしないといけないのに、完璧な書類を作り上げている人は非常に少ないです。

その点、DODAのキャリアアドバイザーは

  • 1から応募書類の作成を手伝ってくれる
  • 履歴書を下書きすれば清書を代行してくれる
  • 書類選考通過率が約3倍にアップする書き方のコツを教えてくれる

といったサポートをしてくれるんです。

「書類選考で落ち続けて面接までたどり着けない・・」

という人は質が高いと評判のDODAの応募書類の添削を一度受けてみるべきですね。

③登録者限定の非公開求人が80%もある

DODAに登録した会員限定でしか閲覧できない非公開求人が全体の約80%あります。

非公開求人の中にはDODAだけが扱う独占求人も多いです。

求人の質も圧倒的に高く、業界最大手のリクルートエージェントとは違った独自の企業を紹介してくれるのが特徴。

■DODAに登録するべき人
①「転職初心者でどの転職エージェントに登録したらいいか分からない」
②「求人数も多く・サポートの質も良いバランスの良い転職エージェントに登録したい」




ビズリーチ

>>>ビズリーチ公式サイトで無料登録

■おすすめ度

■特徴

ビズリーチはテレビCMでも話題の転職支援サービスですね。

特徴としては

①圧倒的なスカウトの豊富さ

ビズリーチに経歴書を登録するだけで、企業人事担当者や転職エージェントの担当者から毎日のようにスカウトが届きます。

登録した人のキャリア次第では、大手転職エージェントと比較して3-10倍ほどスカウトの数が増えた!という人もいます。

  • 「仕事が忙しくて求人チェックする時間がない」
  • 「とにかくたくさんの企業からのスカウトをチェックしたい」

という人は、登録するだけでスカウトがたくさんくるビズリーチが向いているでしょう。

②年収アップ出来る求人が多数

ビズリーチは他の転職エージェントと比較しても、年収アップできる求人が豊富です。

理由としてはビズリーチは元々年収600万以上のハイスペックのビジネスパーソンに特化していた転職支援サービスだったからです。

ですので現状年収が低い転職希望者であっても、ビズリーチでしかチェック出来ない好条件の求人が紹介されるでしょう。

  • 「今の年収に不満がある!」
  • 「もっともっと稼ぎたい!」

という人は登録しておくと良いでしょう。

※公式ホームページには「年収600万以上に支持される」とありますが、年収600万未満でも登録・利用は問題なく出来ます

③上場企業・大手企業の求人が多い

上に書いた「年収アップ出来る求人が多い」ということとも繋がりますが、ビズリーチは大手・上場企業の求人が多いです。

年収が多い求人が多いので、当然上場企業や大手企業の求人が多いのは必然なのですが。

ですので「新卒で入社できなかった大手に入社したい!」と感じる人は登録しておいた方が良いです。

とはいえ大手企業は周りも入社したいと感じる人気求人。

募集してもすぐに打ち切りになりますし、募集も若干名です。

なので逆算して早めにビズリーチに登録して、大手企業の求人を漏れなくチェックしておくことが大事だといえます。

 

■ビズリーチに登録するべき人
①「年収が低い。転職して給料を増やしたい!」と思う人
②転職エージェントの担当者から手厚いサポートを受けたい人



リクルートエージェント

>>>リクルートエージェント無料登録する

■おすすめ度

■特徴

転職支援サービス最大手のリクルートグループの転職エージェントになります。

①業界最多の13万件の求人件数で他社を圧倒。

転職エージェント業界業界最大手リクルートエージェント。

公開求人・非公開求人が合わせると約13万件と業界最多の圧倒的な求人件数です。

「とにかくたくさんの求人の中から自分に合う求人を探したい!」

という人はリクルートエージェントの求人の多さを実感するべきでしょう。

②転職支援の成功実績32万件でNO.1

リクルートエージェントが転職支援業界で成功実績No.1となったのは以下の理由です。

求人数の多さ+担当キャリアアドバイザーの質の高さ=転職成功実績32万件

確かに、DODAのキャリアアドバイザーもレベルが高いのですが、DODAの特徴としては親切丁寧なサポートです。

一方リクルートエージェントの特徴としては、とにかくキャリアアドバイザーのアドバイスが的確ということ。

アドバイスの内容に無駄がなく、ズバリ自分が進むべきキャリアを示してくれるんです。

と使い分けが必要になってきます。

③女性向けの転職ノウハウが豊富

リクルートグループの中に人材派遣会社(リクルートスタッフィング)と連携した女性に特化した求人や濃いノウハウ情報が豊富にあります。

特に事務職・販売職などの業界職に精通したキャリアコンサルタントが多数在籍しているので相談しやすい環境は整っていますよ。

「女性ならでは目線で悩みを相談したり、共感してくれる担当者が良い!」

と感じる女性の転職希望者が登録すると満足なサポートを受けることが出来ます。

④夜間・土日祝日でもサポート受付!

リクルートエージェントは、平日・土日祝日いつでも20時以降にも相談が出来るんです。

「仕事が忙しいからなかなか転職活動の時間が割けない・・」

という人でも、在職しながら転職活動が出来るサ手厚いサービスと言えますね。

 

■リクルートエージェントに登録すべき人
①「とにかく数多くの求人を紹介して欲しい」人


関連記事

①楽な仕事&バイト42選!

楽な仕事&バイト42選!正社員で楽で稼げる仕事がないと諦めてる?サビ残・ノルマなしで年間休日120日以上の仕事があるんです!!
「ブラック企業じゃなく、立ってるだけで給料貰えるような楽な仕事に就きたい!」 「複雑で面倒な人間関係がない、ストレスフリーな職場で働き...

②職場いじめで退職するしかない?泣き寝入りは禁物!

職場いじめで退職するしかない?泣き寝入りは禁物!職場いじめの11個の対処法を紹介。絶対に負けるな!
「職場で社内の人に1日中無視されていて辛い・・退職するしかないのかな・・」 「自分だけ間違った仕事の指示を出されて、ミスをすると上司か...

③ストレスで仕事を辞めたいなら今すぐ転職だ!

ストレスで仕事を辞めたいなら今すぐ転職だ!今すぐ会社を辞めるべき4つの理由
「毎日朝起きたくない・・職場に行くのが辛い・・もう辞めたい・・」 「職場の人間関係がストレスで、原因不明に体調不良。今の仕事辞めても大...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする