今すぐ転職したい人へ。確実に年収アップさせる転職ノウハウを暴露。職場環境や収入に不満があるなら今すぐ転職活動を開始しよう!

「今すぐ転職したいなら、すぐに転職活動を始めなさい」

転職といっても具体的にどうしたら良いか分からず、切羽詰まった状況にならないと行動出来ない!というあなたへ。

「今すぐ辞めたい」「転職したい」と考えるくらいなら色々な原因があるんでしょう。

  • 職場の人間関係が悪化した
  • 経営不振で給料が未払いになった
  • 激務で身体が壊れそう

「今すぐ転職したい」というほど悩みなら、すぐに退職して転職活動を開始すべき。

今回は転職に悩むあなたに、転職ノウハウや心構えを紹介します。

今すぐ転職したい向けに、チェック項目や具体的に何をすべきか徹底的指導しますよ!

今すぐ転職!退職決めたなら迷うな!

今すぐ転職したい人
退職願を出す段階で悩んできた・・

と「今すぐ転職するぞ!」と退職を決意したはずなのに、上司の引き止めに遭ったり、今後の転職状況に不安を感じる人も多いです。

心変わりして仕事を辞めることを止めるって状況ですね。

ですが強く退職したい!と感じるほど不満のある職場では先延ばしても、いつか限界がきます。

年齢が若いうちに辞めて次の職場を探す方が有利なのはあなただって分かってますよね?

給料面・人間関係などの問題も会社を変えることで解決されるでしょう。

厚生労働省の自殺原因の調査でも、「自殺の原因で一番多いのは健康問題」と結論づけています。

特に若者などは酷い労働環境で働かされているので、心身に異常をきたし耐えれきず自殺してしまう人もいるくらい。

自殺までいかなくても体調が悪化すると仕事のパフォーマンスが下がるので周囲に迷惑をかけ悪影響にも繋がります。

真面目な人ほど「頑張らないと!」「我慢しないと!」と言い聞かせて追い詰められていくんです。

精神的に追い詰められた状況は転職以外問題解決するのは困難。

限界を感じたら迷いなく次に進む勇気が必要なんですよ。

会社で学んだことはきっと自分の将来にプラスになるでしょう。

1人で抱え込まないで、両親・家族・友人など誰かに相談してみてください。

背中を押して貰ったり、「大変だったね」と同意してくれて精神的に助けられると思います。

転職して自分の悩みが解決された人のほとんどは「もっと早く辞めておけばよかった」と感じるものです。

悩みはすぐに解決して、気持ちよく仕事出来る環境を今すぐ探すべきです。

 
転職は今すぐすべし!先延ばしても問題が解決されるわけではない。周囲に相談するのもオススメ。

⇒今すぐ転職したいあなたが登録すべきNo.1転職エージェントまで読み飛ばす!

危険!今すぐ転職したほうが良い状況

「まだ自分は転職しなくても大丈夫では?」と自分の心身の危険に気づいてない人も少なくありません。

絶対に退職した人ほうが良い状況を紹介しているので、1個でも該当するようであれば即刻退職するか転職活動を開始するようにしてください。

1、人間関係の悩みが多すぎる職場環境

人間関係の悩みが多すぎる職場環境はあなたの精神状態が異常に繋がります。

即刻退職してください!

職場は生活時間の多くを過ごす場所ですよね?

通勤含め会社で12時間以上過ごすという人もいると思います。

完全週休二日制の職場であれば平日半分以上の時間を仕事にために使っているはず。

つまり1ヶ月の4-5割の時間を会社で過ごしているんです。

ですので、職場環境の良し悪しが生活に半分影響を与えることになりますよね?

大事な職場環境なのに、上司のセクハラ・パワハラ・職場いじめなど人間関係が悪すぎると精神的に追い詰められる状態に繋がります。

何らかの嫌がらせを感じるような職場に無理して居続ける必要はありません!

上司や、人事などに相談しても改善の見込みが内容であれば我慢せずにすぐに辞めるべきです。

参照:職場いじめで退職するしかない?泣き寝入りは禁物!職場いじめの11個の対処法を紹介。絶対に負けるな!

 
1ヶ月の4割以上の時間の時間を割く職場の環境が悪いのは最悪!嫌がらせを受ける職場即刻退職せよ

2,長時間労働の労働環境は体を壊す原因!

今すぐ転職したい人
今月のサービス残業80時間超えだよ

と労働基準法を無視した劣悪な労働条件の職場まず辞めるべきです!

仕事量が多すぎる。残業量が多すぎるような職場ではいつか体を壊します。

そもそも残業含め1日12時間以上働かないと成立しない職場は間違っています!

さらに土日も出勤して休日がないといった職場も存在するくらいです。

年数週間だけの繁忙時期や月末月初だけ忙しく、逆に閑散期や余裕のある時期は暇というメリハリのある職場なら我慢も出来ます。

ですが、常に忙しくサービス残業当たり前なのに残業代全額支給されない職場では当然体が持ちませんよね

もう一度いいます。労基法を無視している職場は今すぐ退職してください。

 
残業は当たり前ではない!12時間以上働かされる労基法無視の会社も退職すべし!

3,給料など金銭面の待遇が悪すぎる職場。お金が貯まらない!

今すぐ転職したい人
仕事の内容に対して給料少なすぎない?

と能力に見合った金額を貰えているかどうかも考えるべき重要なポイントです!

残業代以外の年収を労働時間で割って計算してみてください。

労働時間に対して能力に見合う待遇を得られないような職場も早めに退職すべき対象です。

生活上困窮するほどストレスを感じていないのなら働きながら転職活動を行うという手もあります。

さらに、有給休暇や福利厚生を利用出来ないという会社も異常です。

「有給取得するとマイナス評価するぞ!」と圧力をかけるような職場も労基法違反。

自分の能力や職種と年収バランスを冷静に判断してみてください。

「でも自分の年収や待遇が低いかどうか判断出来ないよ!」

という人は転職エージェントなどのサービスなどの情報を使って調べると便利ですよ。

無料で利用可能ですからね。

 
仕事量に大して給与が適正かどうか確認しよう!低すぎるようであれば転職エージェントに相談だ

4,仕事の内容が不満!納得いかない!

今すぐ転職したい人
もっと仕事したい!

と成長意欲があるのに同じ仕事だけをやらされているあなた。

仕事内容が自分に合わずに苦痛ですよね。

仕事内容に納得行かない職場も今すぐ転職決断すべきです。

異動を申し入れても受け入れらない場合は、無理しないで転職考える価値があると思いますよ。

ただ例外もあります。年収は平均以上あるけど仕事がつまらない場合。

年収が高い場合は割り切りって居座るのも一つの手段です。

ですが、仕事がつまらない上に年収も低い場合は即座に転職すべきです。

自分の価値を高めるチャンスは転職市場にはゴロゴロ転がっています。

積極的にトライしていきましょう。年収が低いなら今以上下がることはありえないのですから。

 
給料も平均以下で、仕事内容もつまらない場合・・転職するしかないよね?(笑)

5,職場環境が合わない!つらい状況も逃げ出すべき!

今すぐ転職したい人
理不尽な上司と働きたくない

上司と合わないなどと職場環境が合わない場合も転職の対象です。

スキル以上の責任や負荷が高すぎて不可能な業務量やノルマを課してくる上司もいます。

また理不尽な上司は結果を出しても評価してくれません。

結果的に出世競争に破れて左遷なんて将来嫌ですよね?

低いモチベーションで働いていると早起きできずに遅刻を連続することもあるでしょう。

「能力不足で仕事出来ないからクビね?」

なんて50代で言われても転職先ありません。お先真っ暗です。

参照:平成28年雇用動向調査(厚生労働省)

上記は、厚生労働省が調査した退職理由一覧です。

  • 労働条件が悪かった
  • 給料などの収入が少なかった
  • 職場の人間関係が好ましくない

などなどネガティブな退職理由ばかり。

しかし、実際に転職した人の67%が転職により年収アップしたとtech総研アンケートで回答しています。

参照:tech創研

転職すれば職場の不満を解消できるばかりか、年収アップすら勝ち取ることが出来るんです。

今すぐ退職しなくても、転職活動を始めること自体はリスクゼロです。

職場環境が合わない・仕事が合わないなど鬱病になる可能性を抱えたまま仕事を続けてはいけません。

今の状態から逃げる選択をすることが、将来のあなたにとってベスト選択をいえるのです。

まとめ
上司と合わない・職場環境が合わない場合すぐ辞めるべし!転職すれば67%の人が年収アップしているぞ!

⇒今すぐ転職したいあなたが登録すべきNo.1転職エージェントまで読み飛ばす!

早まるな!今すぐ転職すべきではない人の特徴

「全員今すぐ転職しやがれ!!」

などと無責任なことを言うつもりはありません。

中には転職しない方が良い人も一部います。特徴をまとめておきますね。

1,安定志向過ぎる。理想の職場を夢見すぎな人

今すぐ転職したい人
月収100万円で1日の労働時間は5時間以内!

なんて職場に夢見過ぎな人は転職しても意味ないです(笑)

他にも公務員体質であったり財団法人や伝統的な古い体質で働いていた安定志向の人が民間企業へ転職するのもオススメできません。

行政的な仕事をしていた経験だけでは民間企業で強みや特徴を発揮できません。

仕事が例え面白くなくても、給料も悪くもなく良くもないのであれば居続ける方が良いこともあります。

また同窓会などで周囲の方が自分より良い給料を貰っていたり、キラキラ輝いている仕事をしていて悔しい思いすることもあるでしょう。

ですが、影響を受けすぎるのはよくありません。

仮に新卒から30年勤めて、50歳過ぎてから急激な職場環境の変化に対応するには相当なストレスを感じるでしょう

安定志向過ぎるタイプの人は転職してから後悔するリスクがあります。

慎重に行動する必要がありますね。

ただ、心身に異常をきたすほどストレスを感じている場合はすぐに退職してください。

 
安定志向すぎる。公務員気質な人は転職リスクあり!だが心身のストレスが限界の場合は転職すべし

2,残業時間なく定時帰りで年収アップを目指す

今すぐ転職したい人
残業なしで年収倍にアップさせたい!

と毎日定時帰りな上に年収アップという両方の希望を叶えるのは難しいです。

確かに毎日定時で早く帰ることが出来る人は仕事が出来る人といえます。

ですが、20代で常に定時帰宅。

早起きもせず時間的に楽している会社に勤めていながら、転職で年収アップ出来ると思いますか?

単純に苦労していないビジネスパーソンは年収アップを勝ち取ることは出来ません。

例えハードワークでも時間をコントール出来る仕事であれば問題ないですよね?

高すぎる希望を持つと転職という世間の荒波に揉まれ次の会社に入るのに苦労します。

年齢の若い第二新卒であれば環境変えることも良いでしょう。

ですが、40歳以降で年収アップ&残業なしの希望は難しいので戦略の見直しが必要です。

逆にいうと40歳以降でも、現実的な希望であれば簡単に転職出来るということですよ。

 
高すぎる転職条件はNG!現実的な希望条件であれば40代以降でも簡単に転職出来るぞ!

3,職場に不満を感じやすい神経質過ぎる人!

今すぐ転職したい人
パーフェクトな職場ってないのかな?

などと完全な会社存在など存在しません。

ですので疑問や不満をあまりも感じやすい人も転職しても同じことの繰り返しです。

居酒屋で会社の愚痴ばかり言っている人の傾向ってあるんです。

愚痴の発言多すぎる人ほど大企業や組織に所属して無力感を感じやすいんです。

現職で問題点を解決しようと賢明な努力もせずに会社の愚痴だけいう人もいますよね。

愚痴ばかりの人は転職先でも同じように不満だけを言い続けることになります。

ただパワハラ上司や、労働時間が長すぎるなどの劣悪な環境であれば転職することで問題が解決されます。

自分の環境が普通なのかどうか判断出来ない人は転職のプロのエージェントに登録して相談するのが良いですよ。

 
具体的な行動を起こさず不満や愚痴ばかり言う人は転職しても解決されない。判断できなければ転職エージェントに相談してみよう!

4,高齢での未経験職種への転職

50代エンジニア未経験
未経験だけおエンジニアとして働きたいな!

と高齢での未経験職種への転職は絶対に成功しないので止めてください!

職種の経験として営業職の経験しかない人が、事務・経営企画・人事などの職種へ転職しようとするのも同じことです。

働く業界は変えやすいですが、高齢で職種を帰るのは困難で難易度が非常に高くなります。

何故なら会社は高齢であればあるほど中途採用者に即戦力かどうかを求めるんです。

ですので、どうしても未経験職にチャンレジしたいのであれば社内異動を希望するほうが現実的。

逆に高齢でも似た職種であれば簡単に出来ますよ!

 
高齢での未経験職種への転職は困難!似た職種での転職は簡単!

5,海外勤務を未経験だけど実現したい!

海外勤務したい人
海外駐在!未経験だけど!

と日本国内でのビジネス経験しかないのに海外駐在など絶対無理です!

通常駐在経験者を優先的に採用するのが一般的です。未経験者は採用しません。

「どうしても海外駐在したい!」と希望するなら、将来海外転勤や駐在の可能性のある職場に転職するべきです。

また海外現地法人の現地採用スタッフとして採用してもらうという方法もあります。

ただ現地採用の場合も注意点があります。

給料は現地人よりは高いですが、日本駐在員よりも安くなるんです。

「安くてもいいから駐在員になりたい!」

という場合は現地採用で責任者を目指す方法が未経験者でも採用されやすくなります。

新興国(東南アジアやアフリカ)では日本企業の進出が増加しているので募集している可能性もありますからね。

ターゲットを絞って転職活動するのが良いです。ですが、駐在員募集の求人は一般的に出回っていないんです。

転職エージェントに集中して求人が集まる傾向があるので、駐在員希望のあなたは転職エージェントへの登録が必須といえます。

 
未経験者での駐在員への転職は難しい!ただ、転職エージェント経由であれば現地法人での採用される可能性は高い!

6,大企業の役員や経営幹部を目指す

大企業の役員で働きたい人
経営幹部や役員じゃないと転職しない

というように大企業の経営幹部や役員での転職を希望するのも難しい場合が多いです。

あなたが現在日本の大企業の幹部クラスんら可能性はありますが、零細企業からポジションを上げるのは不可能。

「どうしても経営幹部や役員になりたい!」

と希望するならグローバルな外資系企業の日本法人や規模の小さいベンチャー企業の幹部クラスの求人を狙ってみましょう。

伸びそうな会社に狙いを定めて自分の強みを発揮でそうな企業を見つけるのです。

幹部メンバーで採用されたり、幹部クラスに昇進することも十分可能です。

「どの企業が伸びそうな会社か分からない!」

という場合は「今すぐ転職したい! Best100社」という本も出ているのでチェックしてみましょう。

他にも現在の状況1番知っているのは転職エージェントです。

転職エージェントには必然的に会社の業績や伸びている会社の情報などは入ってきますからね。

 
零細企業から大企業の幹部など高すぎる目標は無理!外資系企業の日本法人やベンチャー企業の経営幹部なら転職可能!

⇒今すぐ転職したいあなたが登録すべきNo.1転職エージェントまで読み飛ばす!

転職で年収アップは出来る!業界業種などキャリアチェンジ出来ないなんて嘘!

今すぐ転職したい人
転職すると年収下がるって聞いたけど本当かな?

と転職をすると年収が下がったり、キャリア的に不利になるという転職に関する噂をよく聞きます。

ですが、転職で年収が下がるなんてことはほぼありません!

さっきも書いたように転職して67%の人が年収アップを実現しているというデータがあるんです。

年収が下がるのは会社規模の大きい会社や金回りの良い業界から転職する場合に限る話。

「業界平均でも低年収」「行政不安定な会社」から転職する場合は年収は下がるわけもなく、確実に上げることが出来ます。

また転職することで人間関係や長時間労働にから逃がれれるんです。

しっかりと計画的に業界研究や企業研究など準備を行えば怖くありません。

準備をすることで転職企業を選んで希望年収確保することが出来るようになります。

「今の会社や業界に未来はない!」

「10年勤務しても年収350万が限界!」

と少しでも不安を感じれば転職するべきです。

シャープや東芝が没落したように業界の流れ時代と共に変わっていきます。

大企業だから安心できる時代ではなくっているんです。

あなたに求められるのは生き残れる会社を見つけ、その会社働くこと以外ありませんよ。

 
準備を行えば転職して年収を上げることは出来る!大手企業も安心できないので生き残れる会社を見つけよう!

今すぐ転職しないとマネープランとしても損をする!

今すぐ転職したい人
転職してもいいのかどうか・・

と悩んでいるあなた!即転職しなさい!

転職を躊躇するのはあなたのマネープランから見てもデメリットだらけです。

早い時期に転職すれば年収アップが出来るのに判断が遅くなることで1日毎にあなたは損しているんです。

転職すれば最低でも年収は変わらずに、ストレスを減らすことが出来るんですよ。

もちろん健康状態も改善されるでしょう。

転職することで心療内科などに通っている医療費が不要になり、家計の負担を減らすこともできます。

家計も健康も改善出来るってことです。

「今すぐ転職したい」

と考えているのならあなたのマネープランの観点からも転職した方がいいということです。

 
転職の判断が遅くなるほどマネープランはデメリットだらけ!収入も維持出来るので即転職すべし!

注意!今すぐ転職活動を始める前に気をつけたいこと

「今すぐ退職届けを出して転職活動を始めよう!」

という行動力は素晴らしいですがちょっと待って!

今から紹介する「注意点」を一通りチェックしてから今の会社を辞めたり転職活動を始めるようにしてくださいね。

1,在職しながら転職活動を始めよう!

いきなり退職するのはNG!

働きながら転職活動することをオススメします。

常に転職先を探すようなイメージです。

今すぐ転職したい人
でも勤め先の社長に悪いな・・

なんてまだ言っているんですか(笑)

条件の良い職場で働きたい!というのは労働者の当然のことで悪いことではありません。

当然の権利ですから堂々と転職活動を始めればいいです。

会社に内緒しながら転職活動をすることもできるんですから。

転職エージェントを使えば、土日や平日の夜転職相談も出来ます。

さらに週末に面接のセッティングの調整もしてくれるんです。

エージェントをうまく活用すれば会社を辞めることなくじっくりと転職先を決めることが出来ます。

仕事がない無職状態で転職活動をすると「早く決めなきゃ!」と最初に内定が出た会社に焦って入社を決めてしまいます。

確実に働きながら仕事を探すほうが有利で、良い条件の会社を見つけることが出来るんです。

 
会社は辞めるな!転職エージェントに登録して在職しながら転職先を見つけよう!

2,転職活動での収入や貯金の話。お金には注意しよう!

今すぐ転職したい人
貯金ないけど大丈夫でしょ♪

と貯金がない状態でいきなり辞めるのは生活に困る可能性があるので要注意です。

在職中に転職先を決めることが出来ず仕事をやめてしまった場合。

内定が出て入社後の初任給までの間無収入になりますよね。

失業保険の給付も自己都合で退職した場合は3ヶ月の待機期間が必要になるんです。

就職活動が3ヶ月以上必要になっしまう場合は1回目の支給日までに、一定期間必要になるってことです。

雇用保険に加入していてもすぐに助けてくれるわけではないってこと。

ですので自己都合で退職する場合は貯金で生活費を賄う必要が出てきます。

家賃・生活費・就活費4ヶ月分で約40-80万程度は必要になるでしょう。

「退職金はいくら貰えるのか」「有給休暇は何日余って全部使えるのか」といったことを退職前に確認しておく必要があります。

貯金がないならアルバイトで凌げばいいじゃん!

という選択肢もありますが、転職は短期集中ですべきなのでバイトは止めておくべき。

キャリアの空白期間を作らずダラダラ伸ばないほうが転職先を決めやすいんです。

ですので、退職前にボーナス・残業代などで貯金を貯めてから退職するのがオススメ。

ローンがあるのに、ボーナスなし・貯金出来てない状態で見切りで仕事を辞めるのは危険です。

ただし鬱病などで就業出来てない状況であれば貯金ないのも仕方ありません。

貯金が一切ない状態であれば、市役所や消費者金融でお金を借りましょう。

消費者金融というと不安に感じるかもしれませんが、借り入れをしても30日以内で返済すれば金利は発生しないんです。

転職を早く決めれば返済の際に一切損をすることはありませんね。

 
会社を辞める前に4ヶ月分の生活費は貯金しておこう!貯金がない場合は市役所や消費者金融で短期の借り入れを。

3、会社が辞めさせてくれない!どうしたらいい?

今すぐ転職したい人
辞めたいと言っても辞めさせてくれない!

などと社長や上司に「辞めたい」と相談しても自分が抜けると業務が大変になるから辞めさせてくれない!という声もよく聞きます。

ですが、「辞めさせてくれない」というのは間違い。

辞めるか続けるかを判断するのは労働者のあなたで社長や上司が決めることでありません。

また、お客様のことや売上の責任を負うのは経営者が考えることであってあなたが気にしたり心配することではありません。

「本気であなたに居て欲しい!」

と経営者が考えているのなら、職場環境や給料を良くするなど改善されるはずです。

改善されないような会社に義理立てをする必要など一切ありません。

辞めることは労働者の権利なので、経営者が拒否することなど出来ないんです。

あなたのように頼まれると情に流される優しい人には、経営者も必死で引き止めます。

辞めなずに居続けてもらうほうが経営者も会社も楽が出来るからです。

仕事が穴が空いたり、損が生じようとも、正式な辞め方なのであれば文句を言われる筋合いなどありません。

会社の責任なのに怒鳴られたり、退職を拒否されるようであれば都道府県の労働局や労働基準監督署に相談しましょう。

就業規則を事前に確認した上で退職届を提出していれば一切問題ないです。

法律上では2週間前に退職の意思表示をしていればその後の業務責任を一切負うことはありません。(民法第627条第1項

ただし必要な引継ぎ業務などはしっかり行う必要はあります。

手順をしっかりと踏んでいれば、退職日まで給料を全額もらう権利はありますし、有給休暇もつかいきることが出来ます。

とはいえ円満退職を目指すならば1-2ヶ月ほど猶予を見て退職する方が無難といえます。

「自分がいないと会社が回らない」

と感じ転職を躊躇する人も居ますが、自分が辞めても会社に支障が出ることはほとんどありません。

転職後以前勤めて居た会社は他社員や新入社員を入社させて、問題なく事業を続けています。

嫌な会社で無理することなくほかの会社に移れば働きがい増し充実した生活をおくることができます。

現在は景気回復して雇用環境も劇的に改善状態にあります。

実際求人倍率も高くなっているのでチャンスだらけなんです。

体調を崩してからでは遅いですよ。無理せず体を大切にしてください。

次を決めてから退職すれば良いので徐々に転職活動を開始してストレスのない職場で充実した生活をおくるべきです。

 
2週間前に退職の意思表示をすれば退職出来る!労働基準法で上司の許可は必要ないと決まっている

⇒今すぐ転職したいあなたが登録すべきNo.1転職エージェントまで読み飛ばす!

4,今以上に労働環境の悪いブラック企業に入社しない

今すぐ転職したい人
今より条件悪い職場なんてないだろう♪

と焦って転職先を決めると痛い目をみます。

現状の辛い環境から僅かな期間逃れるだけでは根本的解決になりませんよね。

転職活動を開始すること同時に、自分の状況を霊性に分析することが大事。

今の会社にどのくらいの期間居続けれるのか?

逆算して長期的視野にたって慎重に転職先を探すべきです。

つなぎで派遣やバイト生活は絶対にオススメできません。

転職を通じてキャリアを積んだりステップアップするのは何も1回だけのチャンスしかないということはないんです。

生活のため、一度転職してみて、1年程度働きながら満足できる会社も並行して探している人もたくさんいます。

転職を何十回と繰り返すと転職活動の際に不利になります。

ですが限界を我慢して体や心を壊してしまってはいけません。

条件の悪いブラック企業には入社しないように慎重になりつつ、今の職場を辞める勇気が必要です。

 
焦って条件の悪いブラック企業に入社するな!繋ぎで転職しつつ希望の条件を探す方法もアリ!

5,ハローワークを使って転職活動するな!

今すぐ転職したい人
転職活動といえばハローワークでしょ♪

と思っているあなた。ハローワークに期待してはいけません。

ハローワークには非公開求人があるなんて言われていますが、非公開で人材募集している企業は存在しません。

また、ハローワークは17時過ぎに閉まるので平日仕事をしながら自由に転職先を探すことはできません。

土日もオープンしているところもありますが、一部のハローワークでしか職業相談が出来なんです。都市部だけです。

ハローワークインターネットサービスという24時間求人チェック出来るサイトもありますが、登録して求職番号をもらわないと求人情報を閲覧出来ません。

さらにハローワーク経由で求人に応募するのは職員に紹介状を書いて貰う必要もあります。

たまに自分で応募出来る案件もありますがごく一部。

急ぎで応募したい場合などは、わざわざ電話で応募して了解を得て、ようやく直接応募出来るという手間のかかりようです。

ハローワークは中高年者の求職者が多く、職員と面談するため1時間以上待たされるほど混んでいます。

ちなみに管轄のハローワークに求人依頼するのは中小企業が多いですがブラック企業に注意してください。

中小企業では1人の社員が抜けると業務に支障をきたすので即戦力が急務で常に急募です。

求人に応募するとすぐに書類審査も面接も合格。

一次面接の社長面接で即採用と判断され即日採用となりますが、これには注意が必要です。

一次面接だけで即日採用なんて怪しすぎるでしょ?

年齢制限のないうえに簡単に内定が出る求人はブラック企業の可能性が高いです。

通常は30歳以下の応募者のみなどと規定があるのに、年齢制限もなくすぐに内定が出るのはおかしいです。

そういった求人はすぐに退職者が出て再募集をかけられることが多いです。

 
ハローワークへの過度な期待はNG!ブラック企業の求人もあるので慎重に求人チェックしよう!

6,SNSやコミュニティーサイトで企業のクチコミをチェックしよう!

今すぐ転職したい人
企業の情報なんて知り合いに聞けば大丈夫だよね!

なんて考えは安易すぎ。

SNSサイトやコミュニティーサイトを使って業界や職種に関して相談するのがオススメです。

また企業名でクチコミチェックすればたくさんのクチコミを知ることが出来ます。

ネットを賢く利用することが大事ですね。

「知り合いの人脈を使うのが1番確実では?」

と感じる人が居ますけど人脈をアテにしての転職活動はオススメ出来ません。

人脈をフル活用するのは、そもそも人脈があることが前提ですし、一から作るのにも時間がかかってしまいます。

人脈には期待せずにこの後に紹介する転職のプロに相談するのが1番の近道といえます。

 
・SNSサイトや口コミサイト使って企業の情報を得よう
・人脈に頼った転職活動は非効率!転職エージェントの活用が近道

7、転職活動の1番の近道は転職エージェントを活用すること!

断言します。

今すぐ転職したいあなたが取るべき行動は転職エージェントに登録することです。

転職のプロのサポートをがあれば、企業の求人内容の裏側まで教えて貰えるんです。

また面接官や経営者の好みなども正確に熟知しているんですよ。

内部情報までこっそりリークしてくれますから再転職活動が有利になることは間違いないですね。

他の求職者が面接の場で得た有益な情報も、転職エージェントに集まってくるため内部情報を集めやすいんです。

さらに自分では気づかない業種や求人のマッチングなども行ってくれます。

意外な分野でも求人紹介も受けれますから、今以上に求人選びに幅が広がることは間違いありません。

意外と知られていない点が、ヘッドハンターを通してスカウトを受けれる点です。

ヘッドハンターからあなたに興味を持っている情報提供など受けれるので、当然内定率も格段にアップしますよね。

また専任コンサルタントによるアドバイスもあるので、不採用が続いても落ち込むことはありません。

具体的な指導を受けることが出来るので、努力を継続しやすい環境を作れるんです。

転職エージェントにし支援依頼をすれば積極的に誰でもアドバイスしてくれますよ!

 
今すぐ転職したいあなたは転職エージェントに登録すべし!企業からのスカウトを受けれて内定率もアップする

⇒今すぐ転職したいあなたが登録すべきNo.1転職エージェントまで読み飛ばす!

転職を成功させる最大のコツは今すぐ行動すること!

今すぐ転職したい人
転職したいけど何をしたらいいか分からない

というあなた。今すぐ転職したいなら今すぐ行動してください!

転職経験少ないと転職市場のことが分からず、進め方に不安を感じるかもしれません。

実際転職活動の始め方が分からず行動しない人も意外に多いです。

確かに転職への不安や面倒臭さから重い腰が上がらないかもしれませんね。

ですが心配いりません!

転職のノウハウって昔から同じテクニックなので、既にテンプレ化されているんです。

業界研究の勉強や模擬面接などの練習など短期間で転職ノウハウを習得することが出来るってことです。

「今すぐ行動!」

といってもすぐに退職する必要はありません。

退職前にでも求人をチェックしたりという具体的行動は出来ますよね。

仮に転職の勉強が不足しているようであれば退職後でも十分間に合います。

転職活動を難しく考える必要はないんです。

今の職場にメリット・デメリットを冷静に分析してみてデメリット方が上回れば転職活動を始めてみればよいだけのこと。

半年後の自分を想像してみてください。

「今すぐ転職したい!」

と思っても行動に起こさなければ今の仕事での苦しい思いは変わりません。

ですが転職活動をちょっとずつでも開始すればよい転職先をを見つける可能性も出てきます。

今すぐ転職活動を始めて苦しみから開放されるのか、我慢してストレスを抱えたまま生活するのか?どっちがいいですか?

仕事のデメリットを感じたまま仕事を続けるとストレスで身体や精神の健康が不調をきたす可能性も。

限界を超えてしまうと即座に転職できなくなってしまうので限界が来る前に活動を始めることをオススメします。

実際転職して、「年収アップした人が約7割。現状の不満が解消した人が約8割」もいるんですよ!

さらに企業の人材不足で売り手市場になっているので今は非常にオファーが増えている超好条件で転職しやすい状況です。

好条件で転職できるチャンスですから、求人数も多く匿名スカウト機能も充実している、使いやすい転職エージェントに登録しましょう!

圧倒的No.1のオススメ転職エージェントを紹介!

今すぐ転職したい人
具体的にオススメの転職エージェント教えて!

というあなたに。

転職エージェントがしてくれるサポート内容とオススメの転職エージェントも紹介しておきます!

転職エージェントというのは、あなたの専任のコンサルタントが「あなたが活躍できる業界や職種のアドバイス」「応募書類の添削」「面接対策」などを完全無料で行ってくれるんです。

僕自身も転職の際にはDODAという業界大手の転職エージェントのサービスを利用しました。

登録した転職エージェントはDODAだけだったのですが、結果的に転職活動期間2か月にも関わらず、7社の内定を勝ち取ることが出来ました。

僕がDODAが優れているな!感じた理由は下記になります。

⇒【無料登録】「転職支援ならDODA(デューダ)」会員登録をする

転職サイトDODAで転職

DODAが転職エージェントの中でも優れている理由3つ

理由①求人の8割が非公開求人

転職エージェントも私人身も複数登録しましたが、DODAが1番良かったなと感じた理由の1つが、「圧倒的な求人数の多さ」です。

DODAの求人の8割が非公開求人で、DODAに登録した人限定で応募できる求人ばかりです。

転職といえば、リクナビネクスト・マイナビ転職などの求人サイトが一般的ですが、求人サイトには掲載されていない求人がDODAにはたくさん紹介されています。

当然求人が多くなると、私たち求職者にとっては選択肢が増えるので、求人数の数に比例して内定数も増えていくことになります。

理由②大手企業なので安心して登録できる

DODAはテレビCMも放映しているパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)という大手企業が提供しているサービスです。

やはり大手企業ですので、安心して転職支援サービスにも登録できます。

転職エージェントの仕事というのは、有料職業紹介事業という厚生労働書からの許認可を得れば誰でもできますし、社長1人だけの転職エージェントの会社といのも少なくないです。

やはり小規模な転職エージェントは営業マンも少ないので、紹介してくれる求人数も圧倒的に不足。

また、個人情報の扱いに関しても大手企業ほど厳重ではないです。

その点から考えると、中小の転職エージェント会社に登録するメリットはなく、DODAのような大手企業へ登録する方が得策なんです。

理由③在職中でも登録可能なんです!

転職エージェントと聞くと、「退職済みの人しかサポートしてくれないのでは?」と感じるかもしれませんね。

でも、在職中でも当然登録してサポートしてくれるんですよ!

「仕事しながら転職活動する時間がない!」という人ほど転職エージェントのサービスは活用すべきです。

企業との面接の日程調整などの面倒な作業も代行してくれるので、あなたは現職の業務や面接対策・企業研究に集中出来ます。

なので、在職中「在職中だけど転職したらどんな評価を受けるかどうか相談したいな」という人も気軽に登録出来るんですよ!

理由④専任コンサルタントのアドバイスが適格すぎる

私自身何社か転職エージェントに登録しましたが、DODAの転職エージェントの専任コンサルタントの方の私へのアドバイスが適格過ぎました。

例えば、志望動機の考え方に下記のようにアドバイスしてくれます。

「現在の志望動機も悪くはないです。ですが、もっと企業に対してどういった価値を提供できるかを、ご自身の経験を交えて伝えるようにすると更に良くなります。」というアドバイスを受けました。

さらに、「ご自身が希望されている仕事は良く分かりました。ですが、企業様から評価されやす職種ですと○○の職種の方が向いていると感じます。

××という経験は転職市場でも非常に少ない特殊なスキルなので、このスキルをアピールされると希望年収より2割はアップ出来るはずです」などなど。

このように自分では気づかいアドバイスを的確にもらうことが出来たんです。

「やっぱり転職のプロは違うな~」と感心したことを覚えています。

⇒【無料登録】「転職支援ならDODA(デューダ)」会員登録をする

DODAへの無料の登録方法

ですので、早速DODAへ無料登録を行い、専任コンサルタントからアドバイスを受けるようしましょう!

まず、DODAの公式ホームページより登録画面に進み「氏名・年齢・住所・連絡先・直近の職歴・希望面談日」などの必須項目を入力しましょう。

面談は、DODAの全国7か所ある事務所に訪問しても良いですし、電話面談で登録を済ませても大丈夫です。

登録者の8割は電話での面談で登録を済ませる人も多いので、電話面談の希望日程などを「自由記入欄」に記載しておくと良いですよ。

登録後数時間後に、DODAの担当の方から電話で連絡が入ります。

面談日程の調整をその電話で行うということですね。面談日程を決めれば、後は面談日を待つだけです。

面談日までに必ず用意しておいた方がよいものは職務経歴書です。

職務経歴書がないと、いくら転職のプロであるDODAのコンサルタントの方でもあなたに適切なアドバイスや、求人を紹介することは出来ません。

経歴を元に、話が進みますので、当日円滑に登録が進むように、職務経歴書は用意しておきましょう。

そのあたりの必要書類の準備に関しても、DODAに登録したの電話で丁寧に説明してもらえます。

⇒【無料登録】「転職支援ならDODA(デューダ)」会員登録をする

DODAへ登録して今よりも条件の良い職場へ転職しよう!

転職は当然ですが、転職のプロに相談するのがベストです。

私自身、DODAへ登録して応募書類の添削をしてもらってから、書類選考の通過率が約5倍にアップしました。

転職エージェントののプロの視点は、本当にすごいんだなと感心しましたね。

いかに自分で作った応募書類の内容が穴だらけだったかということですが(笑)

DODAへ登録してプロのコンサルタントにアドバイスを受けることで、確実に今以上にあなた自身を企業にアピールできます。

結果、収入面・待遇面・仕事の内容で、今以上の職場に転職できる確率もグッとアップします。

今すぐ登録して、絶対に転職を成功させましょう!!

⇒【無料登録】「転職支援ならDODA(デューダ)」会員登録をする

転職サイトDODAで転職

関連記事

職場いじめで退職するしかない?泣き寝入りは禁物!職場いじめの11個の対処法を紹介。絶対に負けるな!

ストレスで仕事を辞めたいなら今すぐ転職だ!今すぐ会社を辞めるべき4つの理由

転職失敗して再転職のデメリット7つ。自己分析を行えば1ヶ月以内の再転職も可能!落ち込んでいる暇なんてないぞ!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする