証券営業を辞めたい&辛いあなたへ転職のコツ。新規開拓営業や上司からの詰めから今すぐ開放されよう!定時帰りで年収500万以上の求人を探す方法とは?

「証券会社に営業でバリバリ働いてやる!!と思っていたのに・・」

と、意気込んでいたのに証券営業を辞めたいと感じる人は非常に多いです。

確かに証券会社の営業は歩合制の仕事で営業が得意な人にとっては年収1000万円を得られる可能性のある数少ない職業。

また証券会社に就職するには、高学歴で尚且つ厳しい就職戦線に勝ち抜く必要があります。

ですので、ある程度のスペックの持ち主でないと入社出来ません。

就活生にとっては銀行・生保・損保と並んで勝ち組の職業として人気の高い仕事なのも頷けます。

その結果、生保・損保の金融系の仕事より提案内容の自由度が高いと感じて証券営業を志望する人も多いですね。

特に東証一部上の証券会社(野村證券/大和証券/みずほ証券/SMBC日興証券/三菱モルガン証券)など超大手の証券営業の内定を貰えれば「エリート街道まっしぐらだぜ!」と優越感に浸っている人も多いでしょう。

ですが、現実は違います。

理想をもって働き始める新人営業の多くは現実とのギャップに悩まされるんです。

例えば、証券営業は切っても切り離せない「ノルマのクリア」に関しては一握りの超優秀なエリート証券マンしか達成出来ません。

年収1000万円プレイヤーになれるのは同期の中でも一部だけ。

さらに、社風やワークスタイルが合わずに退職を余儀なくされる証券営業も多いことは事実。

大変で辛い証券営業の仕事なので、思いきって転職して、貴方自信が輝ける職場に移るのも一つの手段です。

証券営業マンの転職するべき理由や、転職のコツを紹介していきます。

⇒「使っててよかった・・」証券退職者に人気No.1の転職エージェントとは?

証券営業が大変な理由。ノルマ達成や上司からの詰めが半端ない!

証券営業を辞めたい人
証券営業なんてやってらんねぇよ!

と感じる人はどうして証券営業を辞めたいと感じるのか?

辞めたいと感じるのは当然大変だったり辛いと感じる理由があるからですよね。その理由を紹介していきますね!

1,新規営業が大変過ぎる!

証券営業はとにかく新規営業が大変です。

投資用不動産などの過酷な営業同様大変で辛い仕事ですよね。

入社前は、証券営業の仕事を「社会的に成功した富裕層と知り会える!」「社長や医師に提案できる!」など感じて志望する人も多いですよね。

配属前の証券営業マンは希望に満ちています。研修として金融知識の勉強を行い研修を終えたあとは支店に配属されいきなり新規開拓営業が始まりここから雲行きが怪しくなる。

見込み客を見つけるため、朝から晩まで営業を仕掛けます。しかも自転車を使って。夏は日焼けし、冬は手がかじかむ。

リストに載っている電話番号に片っ端から電話営業で勧誘を繰り返し、アポが取れれば訪問販売のように営業をする。

業務内容は想像していたものよりずっと泥臭くスマートないことにようやく気づくのです。

新入社員で入社した後は恒例の名刺集めなんかもあり苦行でしかありません。

仮に何とかアポをとってもお客様からは冷たい対応で訪問営業しても突き返されます。

ですがノルマ達成のためには辛い新規営業を繰り返さないといけません。

ノルマ達成できないと上司に詰められ、理不尽な仕打ちをうけるからですね。

例えば、意味もない大声でのセールス・立った状態のまま電話営業をさせられ、「声が小さく覇気がないから数字が取れないんだ!」という迷信とも思える仕打ちをうけるでしょう。

証券会社の営業をする前は、「お客様の属性や財務状況と商品の特性が合致し、商品説明に納得すれば簡単に売れる」と感じていたかもしれません。

ですが、証券会社・銀行・保険・不動産などの新規開拓営業が過酷な業種は精神論の営業手法を強要される営業スタイルなのです。

結果、高収入を得ることは出来ますが離職率も高止まり。

証券営業は特殊なワークスタイルといえるので、向き不向きが大きく別れる営業なんです。

特に大人しいキャラクターの人は絶対合わない営業スタイルといえます。

「社風・営業手法・企業文化が合わない!」

と少しでも感じたら鬱病などの精神病にかかってしまう前に、思い切って進路変更をして転職を検討するべきだと思いますね。

2,上司からのノルマ未達成の詰めが辛すぎる!

証券営業は、体育会系の上司からの詰めや説教が激しいことで有名です。

成績のグラフを見ながらノルマ未達成の社員に対してネチネチと説教されたことも一度はあるでしょう。

証券営業を辞めたい人
営業ノルマ達成しないとパワハラまがいのシビアな詰めに遭う・・

とノルマ達成できないと激しく叱責罵倒されるので、日々ノルマやプレッシャーとの戦いで神経をすり減らしています。

ですので、ノルマ達成のために、上司の指示でお客様の希望の投資商品なんて完全に無視で営業する必要が出てきます。

何故なら支店長や直属の上司は絶対で、上下関係が厳しく管理されているからです。

ろくな営業のアドバスも出来ない上司から「売りつけてこい」「数字が人格だ!」なんて詰めら上司の指示は絶対です。

「上司は尊敬できるすごい人だ!」

と感じれるならまだ良いですが、証券営業の上司は尊敬出来ない人ばかり。

勉強不足で金融知識も全くなく、顧客視点や相場感の無い素人のような人が配属先支店の上司になっているんです。

怒鳴ることや、詰めることをマネジメントと勘違いしているアホ上司の多いこと。

アホ上司が多い原因は、バブル崩壊前の証券会社全体のコンプライアンス緩い頃から在籍してからです。つまり低レベルなんです。

顧客資金を平気で横領していた時代で「株屋」なんて呼ばれていた悪しき時代の人間です。

株屋と呼ばれていた時代の上司は、平気で部下を殴る蹴るといった指導を当時の上司からされていたようです。

ですので、今のように理不尽な軍隊式のマネジメントしか出来ない上司が増えてしまったわけなんですね。

飲み会も強制参加だし、証券会社の体育会系の雰囲気に合わない人は、そりゃ短期間で退職しますよ。

特に、お嬢様お坊ちゃま気質の同期なんかは、「なんで私が泥臭い仕事をしないといけないの?」と感じプライドの高さが原因で順応出来ていませんよね。

配属後3日で退職した同期なんかもいるくらいです。

酷い人なんかは精神的な理由で適応生涯の精神病にかかる人もいるくらい。

証券会社の無能な上司の詰めや説教はほんと優秀な人材を無駄にしています。

3,証券営業の長時間労働が辛すぎる!

証券営業を辞めたい人
どんだけ長時間働かせるんだよ!

とワークライフバランス無視の長時間労働に心身疲弊している営業の人も多いですよね。

証券会社によりますが、朝7時出社で夜22時まで仕事の15時間労働が基本。

家族と一緒に食事出来るのは週末だけという営業マンも多いでしょう。

さらに営業としての達成率が悪いと終電を逃しカプセルホテルから出社なんてこともよくある話です。

特に証券会社ではリテール営業だけ残業が多いのです。

自己勘定ディーリングの部署は定時帰りなのは納得いかないないですよね。

リテール営業だけ残業が多いのは目標予算が高すぎることが原因。

仮に達成出来ても、予算は毎月リセットされますから毎月数字を置い続けるゲージで飼われるモルモット同然です。

長時間労働が基本になっている証券営業なので、当然離職率も高くなります。ブラック企業も真っ青な勤務体系ですからね。

ちなみに証券営業を辞める社員の特徴としては、飛び抜けて優秀か全く数字を達成出来ない社員のどちらかが多いです。

新卒で証券営業を大量採用してもすぐに辞めていくので、大手証券会社では学歴不問で入社できる会社もあるくらいなんですよ。

⇒「使っててよかった・・」証券退職者に人気No.1の転職エージェントとは?

4,証券会社の社内の雰囲気が殺伐・ピリピリ!

証券営業を辞めたい人
証券会社の特有の殺伐としたピリピリした雰囲気が辛い・・

このように社内の異常な雰囲気に耐えきれず離職する営業もマンも多いです。

そりゃ上司の怒鳴り声が一日中飛び交い、営業ノルマ未達成の社員を呼び出し怒鳴りちらす職場なんて異常です!

上司が机を蹴散らすようなことが日常茶飯事の職場の雰囲気が良くなるわけないです(笑)

上司が営業マンの電話営業の会話を録音するのなんてまだ可愛いもの。

酷い上司の場合は、部下に対して暴力沙汰の事件を起こし暴力団事務所かよ!?という鉄拳制裁を加えてきます。

証券会社以外の新規営業を強制される、不動産やその他の金融業界も同じような雰囲気です。

証券営業を辞めたい人
でもどの業界でも一緒じゃないの?

なんて感じるかもしれませんが、あなたは証券業界に洗脳されていますよ(笑)

メーカーなど通常の企業の営業部では全く異なる平和な雰囲気です。当然詰めの文化なんて一切ありません。

ミスしても上司に怒鳴られることなんてありませんし、机を蹴散らされることもないんです。

社風として上司が怒鳴り暴れるようなことは有りえません。粗暴な上司はすぐに懲戒解雇です。

怒鳴る・暴れる上司が存在するのは証券会社を中心にした一部の異常な企業のみです。

数字を積むために軍隊のような精神論や上下関係を強要する教育方法なんて証券業界くらいななもの。

どう考えたって、詰め・怒声・説教のマネジメントスタイルは合理的じゃないですよね?

ノルマ未達成の証券営業マンにプレッシャーやストレスを与え追い込むのは、所詮無能な上司の自己満足でしかないです。

証券会社のような理不尽な職場は長く働ける環境とはいえません。

ですから証券会社を辞めるかどうかなんて躊躇する必要はないんです。

合わない人には徹底的に合わない環境なんですからすぐに辞めてもOK!

証券営業の仕事は一部のや野心旺盛で起業願望マンマンなタフな人だけに任せておけばいいんです。

私達のような通常のサラリーマンには到底耐えれない環境なんですから。

証券営業を辞めたい人
辞めてしまう自分は駄目なヤツだ・・

なんて証券営業を辞めることに自信喪失したり自己嫌悪に陥る必要もないですよ!

だって証券営業はあなたも認識している通りあまりに特殊過ぎる仕事なんですから。

5,全国転勤ありの総合職はさらに大変!

証券営業を辞めたい人
また転勤かよ・・もう5回目だぞ・・

証券営業の総合職の転勤の頻度は異常といえます。

大体3年に一度は日本全国、北海道から沖縄まで転勤の可能性があります。

新卒で入社した場合、証券外務員を取得し社会人になったと思ったの束の間、縁もゆかりもないない地方支店に配属なんてことも。

業界研究せずに何となく証券会社に入った人は面食らう瞬間です(笑)

じゃあ「転居を伴う異動がないエリア総合職になればいいんじゃない?」なんて思うかもしれませね。

ですがエリア総合職は全国転勤がない分、総合職と比較すると昇進昇給に限界が出てきます。

証券営業としてステップアップしていきたいという人には不向きなんです。

家庭を持っていて子供が中学生くらいになると転勤族として頻繁に転居出来ませんよね。

結果所帯持ちの営業マンは一人で地方で単身赴任なんてもことも。

子供の成長も見届けれず、会社に人生を捧げることが本当に意味があると思いますか?

6,証券営業として一生現場で営業し続けるしかない

証券営業を辞めたい人
いつまで現場で営業し続けるんだ・・

このように証券営業で入社して何年経っても現場で営業し続けるに疑問を感じる人も多いです。

酷なこと言うようですが、証券営業のキャリアパスは本当に限定されています。

証券営業として総合職として入社しても一生営業職としてノルマや数字に追われる生活をしなければいけません。

確かに本社異動の可能性もありますが、可能性は低くほぼゼロと思っておいたほうがいいです。

本社栄転の可能性があるのは一部の高学歴や圧倒的な営業成績を残している人だけです。

なので、キャリアパスが期待出来ない証券営業において、モチベーションの維持は難しい問題です。

ただ、証券営業が何の役に立たないかというと全くというほどではないです。下記のような営業としての高度な知識は身につけることは出来ます。

【証券営業で身につけれる知識】

  • 顧客との駆け引きで心理戦に強くなる
  • 顧客の考えや心情を敏感に感じ取れる
  • ストレス耐性が付きタフな営業になれる
  • PDCAを回しながら営業の仕事をルーティーン化出来る

などなど。確かに営業として重要な知識を体得出来ますが、証券営業でも学べる経験ですよね?(笑)

無理して証券営業の仕事を続ける必要はないんです。

7,顧客が儲からない投資商品を売り続ける辛さ

証券営業を辞めたい人
顧客が損する商品を売り続けるのは辛い・・

と感じる証券営業の人は非常に多いです。

証券会社の売上の大部分は投資商品の売買手数料で収益を稼いでいます。

ですので、コンプライアンスギリギリの営業手法で取引回数を増やさせることが営業の任務。

顧客が儲けるか損するかは無視するように上司から指示されます。

重要なのは顧客の利益だけでなく課の数字だけです。

結果的に成績の良い営業マンほど良心を失い、顧客を見下すような態度を取りがちになります。

当然証券会社も営利企業ですから、稼がなければいけないことは理解出来ますよ。

ですが、顧客から支店に対して訴訟を起こされ、担当営業が裁判所に通いながら営業を続ける状況が正常な会社の状況といえるのでしょうか。

こういった異常な事態に疑問を感じ、証券営業で仮に結果を残し、成績優秀者として表彰されても喜びもやり甲斐も感じない営業マンも多いんです。

何故なら、新規顧客を獲得してもいずれ損をさせて迷惑をかけることが分かっているからです。

証券営業マンとしてある程度経験があれば、金融商品の売り買いの中で顧客に損害を与えることはある程度想定出来ます。

ですが、何食わぬ顔して手数料稼ぎのために売りつけないといけません。

特に月末の「後1本約定が決まれば数字達成!」と追い込まれているときは顧客無視せざるえません。

達成できないと自分が上司から詰められますから。

特にキャンペーンなど会社の戦略上積極的に販売推進されいる商品の場合は酷いです。

販売後、顧客が損することが確信出来るような状況でも売らないといけません。

信頼されている顧客を裏切る行為なので、非常に後味が悪いですよね。

以前はアベノミクスの効果もあり個人投資家が積極的に株式投資を行い多額の利益を出せていた時期になりました。

ですがアベノミクス効果も過去の話。

アメリカのトランプ政権の影響で今後相場不安定になることが目に見えているので長い冬の時代に突入することも想定されます。

相場が不安定になると顧客の過大な損失に繋がりますよね。

顧客の損失に繋がると顧客の悲痛な叫び声た罵声が耳から離れずに自責の念に狩られることでしょう。

「まともな倫理観や道徳観を守っていたら証券営業としてやっていけないよ!」

という意見もありますが、不誠実な人間に堕ちていく自分を受け入れることが出来ず休職する営業も後を立たない現状は周囲を見れば分かりますよね?

⇒「使っててよかった・・」証券退職者に人気No.1の転職エージェントとは?

8、過度な精神的ストレスによる体調不良

証券営業を辞めたい人
何のために生きているんだろう?

自分の生きる意味などを悩み続けてしまう状況は末期です!すぐに退職してください。

証券会社の営業は精神的ストレスを限界まで感じやすい仕事です。

例えば、上司や顧客から着信があり、バイブレーションが鳴るだけで体がビクッ!強張り緊張ったりしますよね。

着信が怖くなり、携帯をサイレントモードに切り替える営業の人も多いです。

さらに、休日も仕事のことばりで、プライベートも楽しめない状況になってきます。

末期の症状は先程書いたように「毎日死にたい」「電車に飛び込んだら楽になるかな」と思い悩む状況のことです。

息苦しく過呼吸なり、食欲も全くわかずうつ症状が現れることもあります。

上司からは「根性ないだけだ!気合を入れろ!」と全く理解されません。

体調不良が続いても毎日4-5時間のサービス残業を強要され、当然のように飛び込みや新規のテレアポ営業もしないといけません。

体調不良で万全ではないコンディションですから当然お客さんからも断られ続け、上司からも怒鳴られるでしょう。

証券営業を辞めたい人
もうダメだ・・生きてる意味ない

と自分の存在価値すら毎日否定し、生きている意味を見失うのも無理ありません。

証券営業の精神的ストレスを甘くみないでください。限界が来る前に転職することも勇気ある行動といえます。

あなたの健康的な体があって初めて仕事が出来るのですから。

9、証券会社は男尊女卑の激しい環境

女性で証券営業しているあなたは男尊女卑の環境に特に苦労していると思います。

証券営業を辞めたい人
男性と同じ環境で仕事や競争が出来ている!

出来るいると思っているのはいずれ間違いと気づくでしょう。

例えば、女性営業ならば、「男性顧客に対して女性をもっと使え!」と間接的にも上司から指示されたことはありませんか?

スーツではスカートを着用して脚を見せることで、男性顧客は警戒心を解き株を買ってやすくなるという下衆な発想です。

その他にも女性営業は笑っていればいいと直接言われることもあります。

また、課の営業数字の女性営業はアテにされていないと感じたこともあるはず。

フェミニストの人が聞いたらブチギレしたくなるような職場環境です。

証券営業は男尊女卑の環境なので、男性以上の精神力の強さはタフさが必要になってくるんです。

10、証券営業は事務処理能力が身につかない!

証券営業を辞めたい人
営業以外の資料作成能力とか一切身についてない・・

自分の能力を冷静に分析してみたときに、パワーポイントやエクセルなどを使った資料作成や事務処理能力が一切ついていないことに愕然とするでしょう。

証券営業といえば、外回りのための電話営業のみのアナログな営業手法です。

特に個人営業は法人営業と比較してもスキルが身につきにくくリテール営業経験は汎用性が低い職種といえます。

特に女性の証券営業のあなた。

「将来事務職として働きたい!」と希望していても、事務未経験の職歴が転職活動で致命的になることに気づきます。

確かに25歳前後の第二新卒にあたる若手ならば未経験でも簡単に転職できます。

ですが、年齢を重ねれば重ねるほど苦労することは目に見えています。

証券営業にやり甲斐を感じ、尚且つ結果も残せているなら続けるほうがいいでしょう。

しかしモチベーションも低い、結果も残せてないなら証券営業を続けることになんのメリットがあるんですか?

証券営業以外の能力を身につけれていないので、日に日に転職で不利になるとことは間違いありません。

11、証券営業は業績に左右されるので収入が安定しない!

証券営業を辞めたい人
結婚やマイホーム購入とかの人生設計が出来ないよ・・

と感じ退職していく証券営業の人も多いです。

証券営業の仕事は営業ノルマの達成度が、能力給としてボーナスに反映される給料制度です。

当然成績が上がらないと、ボーナスは限りなくゼロ。ボーナスが出ても寸志程度でしょう。

収入が安定しないので結婚やマイホーム購入に踏み切れません。

安定しているメーカー営業などに転職する人が後を絶たない理由ですね。

「ホントに転職出来た!」転職成功出来た人気の転職エージェントTOP3
DODA/パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)

>>>DODA公式サイトで無料登録する

■おすすめ度

■特徴国内最大級転職エージェント。公開求人・非公開求人の数も業界最大級。公開求人数33,129件/ 非公開求人 134,509件(2017年4月現在)。非の打ち所がない転職エージェント。

■DODAに登録するべき人
①「転職初心者でどの転職エージェントに登録したらいいか分からない」
②「求人数も多く・サポートの質も良いバランスの良い転職エージェントに登録したい」




 パソナキャリア

>>>パソナキャリア公式サイトで無料登録

■おすすめ度

■特徴案件数21,000件とDODA、リクルートエージェントと比較すると劣る。 その分応募書類添削・面接などのサポート体制が充実ぶりは目を見張るものがある。

■パソナキャリアに登録するべき人
①「書類選考通過率が低い」と悩む人
②履歴書・職務経歴書の完成度・面接対策の準備や完成度に自信がない人




リクルートエージェント

>>>リクルートエージェント無料登録する

■おすすめ度

■特徴非公開求人10万件以上。会員数30万人の業界大手の転職エージェント。 求人数は多いが、コンサルタントの質やサポートに質に疑問を呈する声や口コミも。

■リクルートエージェントに登録すべき人
①「とにかく数多くの求人を紹介して欲しい」人


売れている証券営業の特徴とは?

証券営業を辞めたい人
売れている営業の人は自分と何が違うんだろう?

と気になりますよね。証券営業を続けるにしても、他の業種の営業に転職するにしても知っておきたいところ。

特徴を箇条書きにしてまとめておきますね。今後の参考にしてみてください。

【売れている営業の特徴】

・売れている同期や先輩営業の真似をする
・相談しアドバイスをうける
・営業関連のテクニック本を買う
・外部の営業研修を受けてみる
・売れないと思いこんでいる考え方を変える
・お客様にとにかく与えづづける
・御用聞きではなくパートナーとして信頼されている

証券営業マンの転職先オススメNo.1はルート営業職!

証券営業を辞めたい人
証券営業を辞めてもどこに転職したらいいか分からない!

と、証券営業しか知らない人にとっては悩みどころですよね。

ですが自信を持ってください!証券営業での経験は転職の際評価されやすいので、しっかりとした準備をすれば希望の企業に転職することも出来るんです。

おすすめの転職先を6つ紹介しているので参考にしてみてくださいね。

ルート営業への転職がオススメ!!

ルート営業とは、既に顧客として窓口が開拓されている企業に定期的に訪問していくスタイルです。

御用聞きや、売上アップの提案などが主な営業スタイル。メーカーの場合は生産現場との調整業務なども発声します。

ルート営業は主にBtoBの営業になるので、証券営業の時のように新規開拓の必要はありません。

辛辣なキツイ言葉で追い返されることの多い個人顧客に営業しなくてもいいんです。

新規開拓営業の辛いところは初対面の顧客に人格否定ともとれる言葉で拒否されることだと思います。

ですがルート営業の場合は、相手に既に受け入れられている状態なので、商談が非常にしやすいです。

必要な商材やサービスの提案、フォローの役割に徹することが出来るので効率的な営業が出来ます。

受動的な営業ですから新規開拓のように能動的に動く必要はありません。

結果、ルート営業は精神的にも肉体的にも楽になれます。

もちろん上司からの詰めのプレッシャーも全くありません。

だって営業ノルマさえないルート営業の仕事もたくさんあるんですから上司も詰めようがないんです(笑)

さらにさらに証券営業のような長時間労働もなく、残業時間も月に0-20時間程度。

新規開拓営業の時のように顧客の利益無視で、自らの数字を追うだけの営業をしなくてもいいんですよ。

ルート営業に転職すればあなたの悩みは一気に解消されるでしょう。

顧客ののことを考えず、「人の役に立っている仕事なのか?」と仕事に対して疑問や不安で思い悩むこともなくなります。

このようにルート営業は「じっくり腰を据えて、顧客と対話したい!」「顧客の利益だけを深く考えたい!」というあなたの理想の営業スタイルを実現できます。

顧客に真剣に向き合えるので、精神的なプレッシャーは証券営業のときと比べると皆無といっていいです。

長時間労働もなく残業時間もほぼゼロなので、証券営業を辞める人に取ってルート営業の仕事は最適な仕事内容と言えるんですね。

ルート営業以外のおすすめな転職先

証券営業を辞めたい人
ルート営業以外の転職先はないの?

というワガママなあなたのために(笑)ルート営業以外も紹介しておきます。

【ルート営業以外の転職先】

  • IT業界
  • 人材業界
  • MRや医療機器メーカー営業
  • 外資系金融機関
  • 地方銀行・信用組合

上記のような業界になります。

▼IT業界はインターネット広告やソーシャルゲームなどベンチャー企業が人気です。

▼医療系の仕事は、給与水準が高いので前職の収入を担保しやすくなります。

▼地方銀行や信用組合は、証券営業に比べるとノルマや上司の詰めが緩いケースが多いです。

再度金融機関へ転職したい場合はノルマのキツイ都銀よりはオススメです。

⇒「使っててよかった・・」証券退職者に人気No.1の転職エージェントとは?

証券営業から異業種への転職は本当に実現出来るの?

証券営業を辞めたい人
でも本当に異業種に転職できるか不安・・

と感じる人もいると思います。

ですが心配は無用。あなたは証券会社に入社する時に厳しい就職活動を乗り越えたじゃないですか。

証券会社の厳しい入社試験を突破し、競争社会を戦った経験や能力があれば異業種への転職も十分可能です。

また金融関連の同業他社ならより簡単に転職もできますね。

なぜ証券営業からの転職が簡単なのかというと、毎日新規の電話営業をしてきた行動力が評価されやすいからです。

メーカーなどの営業は新規の営業電話を一切せずに問い合わせ対応だけしかしない会社もあるくらいですからね。

新規営業を積極的に行わない企業に入社すると新規電話を数本かけるだけで上司から感心されること間違い無しです(笑)

ですので、証券営業での経験をしっかりとアピールするためにも、応募書類や面接対策をしっかりと行うことは重要といえます。

例えば、退職理由やルート営業や事務職など異業種へ転職する際の志望動機などの対策です。

証券会社を辞めた理由を明確にすることで、自分自身の仕事のキャリアプランも明確になるんです。

冷静に自己分析するこで、自身のキャリアを振り返ることにも繋がります。

志望理由、転職同期、将来の展望。

転職の準備しっかりすることで初めて証券営業の経験を生かした転職活動を成功させることに繋がるんです。

証券営業を辞めたい人
周囲の目もあるし本当に退職してもいいのか・・

と社会的ステータスの高い大手証券会社を退職することに躊躇し葛藤することもあると思います。

ですが、あなたはこれから何十年も続く、顧客無視の営業・上司からの詰め・長時間のサービス残業を我慢できるんですか?

我慢できるのなら今のまま証券営業を続けてください。

ですが、元証券会社での営業の経験は、例え短期間での退職となっても簡単に他社に転職できます。

その可能性をみすみす捨ててしまうのですか?

貴方自身のことなので、最終的に決めるのはあなた自身です。

「もう嫌だ!自身らしい営業をしたい!」

と本気で転職を考えているあなただけ次を読んで下さい。

⇒「使っててよかった・・」証券退職者に人気No.1の転職エージェントとは?

証券営業を退職するあなたが最適な仕事を見つけるたった1つの方法とは?

証券営業を辞めたい人
転職を絶対に成功させたい!失敗したくない!

このように考えるあなたは必ず転職エージェントに登録してください。

何故なら転職エージェントに登録することで、より転職成功の確率をアップさせてくれるからです。

ここであなたに質問です。

「長時間営業の仕事をしながら転職活動の時間を確保できますか?」

ハッキリ言いますが在職しながらの転職活動はほぼ不可能です。

リテール営業なら、顧客の都合で土日出勤もありますよね。

転職活動においては応募書類の作成や面接対策など、事前の準備が全て!といっても過言ではありません。

事前準備が大事なのに、転職エージェントも使わず転職経験も大してない「転職の素人」のあなたが転職を成功させることはできません!

さらに、リクナビネクストなどの転職サイトだけの登録だけは、あなた自身に合う業界業種などは教えてくれません。

また応募書類の添削や面接対策も当然してくれませんね。

転職エージェントではカウンセラーとのカウンセリングを通じて、「転職市場での市場価値」「面接のポイント」「応募書類対策」を徹底して行ってくれるんです。

自分自身の価値観を大事にしながら志望動機を一緒に考えてくれるので将来のキャリアパスなどを落ち着いて考えることが出来るよいキッカケにもなるんです。

ちなみに私自信が転職エージェントのキャリアカウンセラーから受けた指導内容はこんな感じでした。

「面接では優等生を演じないでください!特に営業経験者の場合は、等身大の自分を本音ベースで話すことで、自分の良さが際立つんですよ」

と具体的にアドバイスを受けました。

結果的に、カウンセラーのアドバイスのおかげで第一志望の企業に入社することが出来ましたからね。

私の場合、自分の言葉で話さずに面接対策本に書いているような受け売りの話し方になってしまっていたことが欠点でした。

ですのでアドバイス通り自分の言葉で話すことを意識して面接で話すようにしたんです。

キャリアカウンセラーの方と模擬面接を繰り返しアウトプットが出来たので、転職エージェントには感謝しきれません!

圧倒的No.1のオススメ転職エージェントを紹介!

証券営業を辞めたい人
具体的にオススメの転職エージェント教えて!

というあなたに。

転職エージェントがしてくれるサポート内容とオススメの転職エージェントも紹介しておきます!

転職エージェントというのは、あなたの専任のコンサルタントが「あなたが活躍できる業界や職種のアドバイス」「応募書類の添削」「面接対策」などを完全無料で行ってくれるんです。

僕自身も転職の際にはDODAという業界大手の転職エージェントのサービスを利用しました。

登録した転職エージェントはDODAだけだったのですが、結果的に転職活動期間2か月にも関わらず、7社の内定を勝ち取ることが出来ました。

僕がDODAが優れているな!感じた理由は下記になります。

⇒「使っててよかった・・」証券退職者に人気No.1の転職エージェントとは?

DODAが転職エージェントの中でも優れている理由3つ

理由①求人の8割が非公開求人

転職エージェントも私人身も複数登録しましたが、DODAが1番良かったなと感じた理由の1つが、「圧倒的な求人数の多さ」です。

DODAの求人の8割が非公開求人で、DODAに登録した人限定で応募できる求人ばかりです。

転職といえば、リクナビネクスト・マイナビ転職などの求人サイトが一般的ですが、求人サイトには掲載されていない求人がDODAにはたくさん紹介されています。

当然求人が多くなると、私たち求職者にとっては選択肢が増えるので、求人数の数に比例して内定数も増えていくことになります。

理由②大手企業なので安心して登録できる

DODAはテレビCMも放映しているパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)という大手企業が提供しているサービスです。

やはり大手企業ですので、安心して転職支援サービスにも登録できます。

転職エージェントの仕事というのは、有料職業紹介事業という厚生労働書からの許認可を得れば誰でもできますし、社長1人だけの転職エージェントの会社といのも少なくないです。

やはり小規模な転職エージェントは営業マンも少ないので、紹介してくれる求人数も圧倒的に不足。

また、個人情報の扱いに関しても大手企業ほど厳重ではないです。

その点から考えると、中小の転職エージェント会社に登録するメリットはなく、DODAのような大手企業へ登録する方が得策なんです。

理由③在職中でも登録可能なんです!

転職エージェントと聞くと、「退職済みの人しかサポートしてくれないのでは?」と感じるかもしれませんね。

でも、在職中でも当然登録してサポートしてくれるんですよ!

「仕事しながら転職活動する時間がない!」という人ほど転職エージェントのサービスは活用すべきです。

企業との面接の日程調整などの面倒な作業も代行してくれるので、あなたは現職の業務や面接対策・企業研究に集中出来ます。

なので、在職中「在職中だけど転職したらどんな評価を受けるかどうか相談したいな」という人も気軽に登録出来るんですよ!

理由④専任コンサルタントのアドバイスが適格すぎる

私自身何社か転職エージェントに登録しましたが、DODAの転職エージェントの専任コンサルタントの方の私へのアドバイスが適格過ぎました。

例えば、志望動機の考え方に下記のようにアドバイスしてくれます。

「現在の志望動機も悪くはないです。ですが、もっと企業に対してどういった価値を提供できるかを、ご自身の経験を交えて伝えるようにすると更に良くなります。」というアドバイスを受けました。

さらに、「ご自身が希望されている仕事は良く分かりました。ですが、企業様から評価されやす職種ですと○○の職種の方が向いていると感じます。

××という経験は転職市場でも非常に少ない特殊なスキルなので、このスキルをアピールされると希望年収より2割はアップ出来るはずです」などなど。

このように自分では気づかいアドバイスを的確にもらうことが出来たんです。

「やっぱり転職のプロは違うな~」と感心したことを覚えています。

DODAへの無料の登録方法

ですので、早速DODAへ無料登録を行い、専任コンサルタントからアドバイスを受けるようしましょう!

まず、DODAの公式ホームページより登録画面に進み「氏名・年齢・住所・連絡先・直近の職歴・希望面談日」などの必須項目を入力しましょう。

面談は、DODAの全国7か所ある事務所に訪問しても良いですし、電話面談で登録を済ませても大丈夫です。

登録者の8割は電話での面談で登録を済ませる人も多いので、電話面談の希望日程などを「自由記入欄」に記載しておくと良いですよ。

登録後数時間後に、DODAの担当の方から電話で連絡が入ります。

面談日程の調整をその電話で行うということですね。面談日程を決めれば、後は面談日を待つだけです。

面談日までに必ず用意しておいた方がよいものは職務経歴書です。

職務経歴書がないと、いくら転職のプロであるDODAのコンサルタントの方でもあなたに適切なアドバイスや、求人を紹介することは出来ません。

経歴を元に、話が進みますので、当日円滑に登録が進むように、職務経歴書は用意しておきましょう。

そのあたりの必要書類の準備に関しても、DODAに登録したの電話で丁寧に説明してもらえます。

⇒「使っててよかった・・」証券退職者に人気No.1の転職エージェントとは?

DODAへ登録して今よりも条件の良い職場へ転職しよう!

転職は当然ですが、転職のプロに相談するのがベストです。

私自身、DODAへ登録して応募書類の添削をしてもらってから、書類選考の通過率が約5倍にアップしました。

転職エージェントののプロの視点は、本当にすごいんだなと感心しましたね。

いかに自分で作った応募書類の内容が穴だらけだったかということですが(笑)

DODAへ登録してプロのコンサルタントにアドバイスを受けることで、確実に今以上にあなた自身を企業にアピールできます。

結果、収入面・待遇面・仕事の内容で、今以上の職場に転職できる確率もグッとアップします。

今すぐ登録して、絶対に転職を成功させましょう!!

「ホントに転職出来た!」転職成功出来た人気の転職エージェントTOP3
DODA/パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)

>>>DODA公式サイトで無料登録する

■おすすめ度

■特徴国内最大級転職エージェント。公開求人・非公開求人の数も業界最大級。公開求人数33,129件/ 非公開求人 134,509件(2017年4月現在)。非の打ち所がない転職エージェント。

■DODAに登録するべき人
①「転職初心者でどの転職エージェントに登録したらいいか分からない」
②「求人数も多く・サポートの質も良いバランスの良い転職エージェントに登録したい」




 パソナキャリア

>>>パソナキャリア公式サイトで無料登録

■おすすめ度

■特徴案件数21,000件とDODA、リクルートエージェントと比較すると劣る。 その分応募書類添削・面接などのサポート体制が充実ぶりは目を見張るものがある。

■パソナキャリアに登録するべき人
①「書類選考通過率が低い」と悩む人
②履歴書・職務経歴書の完成度・面接対策の準備や完成度に自信がない人




リクルートエージェント

>>>リクルートエージェント無料登録する

■おすすめ度

■特徴非公開求人10万件以上。会員数30万人の業界大手の転職エージェント。 求人数は多いが、コンサルタントの質やサポートに質に疑問を呈する声や口コミも。

■リクルートエージェントに登録すべき人
①「とにかく数多くの求人を紹介して欲しい」人


関連記事

①銀行員を辞めたい人へ。

銀行員を辞めたい人へ。辛い&辞めたいと感じる5個の理由とは?金融⇒異業種の転職が難しいのは嘘!鬱寸前なら今すぐ退職して人間らしい生活を手に入れよう!
「銀行員もう辞めたいな・・。でも周りと比較して高収入で安定しているし迷う。。」 「銀行の古臭い体育会系の雰囲気とか、ノルマが厳...

②職場いじめで退職するしかない?泣き寝入りは禁物!

職場いじめで退職するしかない?泣き寝入りは禁物!職場いじめの11個の対処法を紹介。絶対に負けるな!
「職場で社内の人に1日中無視されていて辛い・・退職するしかないのかな・・」 「自分だけ間違った仕事の指示を出されて、ミスをする...

③ストレスで仕事を辞めたいなら今すぐ転職だ!

ストレスで仕事を辞めたいなら今すぐ転職だ!今すぐ会社を辞めるべき4つの理由
「毎日朝起きたくない・・職場に行くのが辛い・・もう辞めたい・・」 「職場の人間関係がストレスで、原因不明に体調不良。今の仕事辞...

④転職失敗して再転職のデメリット7つ。

転職失敗して再転職のデメリット7つ。自己分析を行えば1ヶ月以内の再転職も可能!落ち込んでいる暇なんてないぞ!
「転職して3ヶ月だけど、職場に全く合わない!今すぐ辞めて再転職したいけど、そんなこと出来るのかな?」 「心機一転また再転職した...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする