低学歴でも転職するコツ。学歴不問の求人は19万件もある!絶対失敗しない転職活動の方法を紹介するぞ!

低学歴で悩む人①
低学歴の自分には転職先がない。お先真っ暗・・
低学歴で悩む人②
低学歴の学歴低さのせいで転職出来ない
低学歴で悩む人③
大卒以上求人ばかりで学歴ハードルが高すぎる・・

などと最終学歴が中卒・高卒・Fラン大学卒が原因で応募できる求人が少ないと嘆いていませんか?

確かに、低学歴であればあるほど、人気企業ランキング上位の大手企業や年間休日120日以上など安定した優良企業への入社出来る確率は下がります。

求人の募集覧に「早慶卒以上!中堅・Fラン以下の学歴は応募不可!」なんて明確には書きません。

ですが実際は大手企業を中心に「学歴不問」と書いていても、中退・中卒・高卒・専門卒の時点で足切りとなり不合格となります。

つまり応募しても意味ないということ。

ですが逆に学歴重視の企業も多く存在する反面、「高学歴の大学卒はNG」という企業も存在するんです。

「大卒者はオーバースペックだから、高学歴の大卒者よりも高卒者で人柄が良い人材を取りたい!」という企業も確実にあるんです。

ですので、転職においては学歴差別の企業とのミスマッチは避け、人柄重視の企業を中心に受けることが大事です。

特に低学歴で学歴を武器出来ないけど「正社員・正規雇用で働きたい!年収もアップしたい!」とというあなたは今から紹介する転職のコツをしっかりと学ぶことが大事です。

具体的に紹介していきます!

転職での学歴差別は本当に存在するのか?対策法とは?

転職活動での学歴フィルターは確実に存在する!

世間の声
転職活動に学歴なんて関係ないでしょ♪

なんてことを言う人もいますが、実際の転職の現場では学歴差別も区分けも確実に存在しています!

新卒の就職でも中途の転職採用でも応募条件に「大卒以上」なんて書かれている求人がまさに学歴フィルターです!

大企業・有名企業・中小企業でも「中途採用だろうが良い大学出身者を優先的に採用する!」という学歴という評価指標で判断する企業もあるんです。

特に、職務経験でアピールすることが出来ない、社会人経験3年未満の第二新卒の20代前半の若い人材は顕著に影響を受けます。

第二新卒でも中途採用の部類に入りますからね。

低学歴で悩む人
何で学歴で判断するんだ!

と納得いかないかもしれませんね。

ですが採用側の人事としても「学歴高い=努力の証明」と判断し継続した努力を出来る人材と評価対象に加えることもあるんです。

また低学歴の人材は、下記のようにネガティブに判断する採用担当も少なくありません。

  • 中退経験者は堪え性がない
  • ビジネスマナーや規則を守れない
  • 初任給が低いなど待遇悪いとすぐ辞める
  • 一般常識に欠ける

と、偏見ともいえるマイナスイメージを持っていて、特に年配者の担当者ほどそのイメージは簡単に消えないんです

⇒「低学歴のあなたこそ転職エージェンを使うべき理由」まで読み飛ばす

転職サイトDODAで転職

学歴フィルターも完璧ではない!チャンスはいくらでもある!

低学歴で悩む人
じゃあ低学歴だと一切チャンスないじゃないか!

なんて諦める人もいますが、低学歴でもチャンスはたくさんあるんです。

だって、「学歴フィルターで採用した人材が100%活躍するわけない」と思いませんか?

低学歴でも、下記のように色々な事情があり、学歴フィルターが万能な評価軸とはいえないんです。

  • 家庭の事情で進学できなった人
  • お金の事情で中退せざる得なかった人

企業の採用担当も数回の採用試験で優秀な人材かどうか見分けをつけることなんてできませんからね。

1次面接・2次面接・最終の役員面接を経ても「内定を出せる優秀な人材」かどうかなんて学歴を通して判断出来るわけないです。

高学歴の優秀な人材だらけだったら、日本中どこの企業も経営成績は常に順調で、東芝やシャープのように経営状態が悪化することなんてありえないのです。

保守的な会社ほど学歴で判断する傾向があります。そのため転職活動時には一定以上の大学ランク卒でないと不採用に繋がります。

ですが、実は新卒就職時の応募条件に「大卒以上」と記載されている企業でも、社会人経験を経て転職時には「学歴不問」の採用条件にしている企業も存在するんです。

企業によっては大学ランクの学歴フィルターが、転職採用時には弱まってくるケースも少なくありません。

具体的にいうと、新卒時は入社するには偏差値60以上必須の企業であっても、中途採用時には偏差値45程度で、経験があれば内定が出るってケースです。

新卒時の同期は、旧帝大や早慶上智など高学歴大学ばかりで、マーチや関関同立でさえ入社出来ない企業でも、経験が評価され高卒でも入社出来た!なんてことも十分有り得ます。

低学歴で悩む人
Fラン卒だから無理だ

などと諦めないでください!中堅以下の大卒や高卒でも十分チャンスはあります。

経験がない場合でも、しっかりと入社希望の会社の製品やサービスを調べるなどの業界研究を行ったり、掘り下げて分析するなどの下準備すれば大丈夫です。

ただ、企業役員の意向で「高学歴の大卒者しか採用しない!」というお達しが出るケースがあるので、確実に成功するとは限りません。

ですが、チャンスは十分あります。低学歴のハンデを乗り切る!という意気込みが大事ですよ。

低学歴だからと転職を諦めるな!

低学歴で悩む人
低学歴が原因で落ちるから転職活動は止めておこう

と、最初から低学歴のせいにして諦めるのは絶対に止めましょう!

学歴コンプレックスを感じ「大手企業は絶対ムリだ」と合同説明会に参加せず、応募書類も送らない。エントリーしない。

これでは永遠に低学歴をコンプレックスに抱えたまま、良い転職先も見つけることは出来ませんね。

確かに新卒は完全に学歴社会です。ですが転職の場合は新卒ほど学歴を重視しない企業も多いのでチャンスは十分あるんです。

周囲の声
おまえみたいな低学歴な奴が転職は無理でしょw

とバカにされ手堅く就職先で頑張れよと笑われることもあると思います。

ですが、家庭の事情で学費の安い大学に入ったり、専門的な勉強をしたくて専門学校に進学したことが原因で結果的に低学歴になった人もいると思います。

転職活動が上手くいかずに、お祈りメールの連続になると「学歴コンプレックス」を原因にしたくもなると思います。

「底辺職やブラック零細企業に転職を繰り返し、学歴の階級社会の低位カーストに属してしまった・・・」

と思い悩み、高学歴の人に対して妬みや僻みこともあるでしょう。

さらには、「低学歴・病気療養で長期休職。そのことが原因でリストラに遭った。。失業保険の給付が終わった先の人生を嘆くしかない」なんて人もいるかもしれませんね。

ですが、学歴の差別主義の社会に対して諦め、嘆いたところで状況は1ミリも改善されませんよ!

「良い会社に勤めたい!」「今より年収をアップさせたい!」

と少しでも思っている低学歴の人は、今まで以上に努力が必要になりますが、道はあるんです。

低学歴になった原因の人は勉強することを怠ったことも1つの原因です。

ですので、資格取得の勉強を職業訓練でするなど具体的に努力をする姿勢が大事。

努力の結果、理想の企業に入社し、上位大卒の人たちと同じ職場で仕事に負けないようにすれば良いのです!

団塊の世代(60-65歳)の人たちであれば、低学歴でも経済成長していたので給料はアップしていました。

ですが、今のゆとり世代以上の人土たちは努力して仕事で結果を出していかないと、永遠に大変な仕事をし続けないといけません。

⇒「低学歴のあなたこそ転職エージェンを使うべき理由」まで読み飛ばす

転職サイトDODAで転職

低学歴でも簡単にキャリアアップ出来る方法2選

1、上位ランクの企業への入社を狙う

低学歴で悩む人
どうせ無理だし・・

と応募もしない段階から希望企業への入社を諦めないでください!

何度も言いますが、中途採用時においては上位大学出身でなくても入社できる可能性はあるんです。

ただ、中卒のあなたがいきなりトヨタ自動車や大手都市銀行などへの入社を希望しても無理です。

コツとしては少し上位の企業を狙って転職活動をすることです。

徐々に経験を積むことで、キャリアアップ出来る可能性も高くなります。

【年収のキャリアアップの具体例】

×:いきなり年収800万円!

○:300万円⇒450万円⇒600万円⇒800万円

【正社員へのキャリアップ例】

×:いきなり正社員!

○:高卒⇒新卒就職⇒1年未満退職⇒職業訓練⇒大手メーカーバイト⇒契約社員⇒登用試験⇒大手メーカー正社員

このようにサラリーマンとして1段ずつステップアップを意識することで、昇進昇格もすることが出来、希望の年収も得ることが出来るんです!

さらにワークライフバランス取れた優良企業で働けるので、鬱にもならず健康的に働くことができるでしょう。

非正規社員でブルーカラーとして肉体労働を繰り返していると、いつか体を壊し仕事ができなくなってしまいます。

応募方法としては、あなたが高卒の場合は大卒以上の応募条件の企業にエントリーしてみてください。

中卒の人の場合は高卒が応募資格の企業にエントリーするのもOKです。

条件を満たしていなくても、あなたの熱意やスキルが企業側に伝われば面接に選考を進める可能性だって十分あるんです。

ですので、低学歴で学歴で勝負出来ない場合はとにかくスキルを磨きましょう。

その会社特有で独特の仕事内容やスキルでは、転職の際に有利になることはありません。他社で通用しないからです。

当然キャリアップを目指した転職は出来ないでしょう。

「どれくらい稼ぎたいのか?」「どんな企業に入社してどんな仕事がしたいのか?」

自分のキャリアプランの棚卸しを行うことで、身につける必要がスキルなどが見えてくると思います。

ですので、自分の目標を決めて上位でハードルが高そうな企業でもドンドン怖じ気ずに応募していく意気込みが大事ですよ!

2,学歴ではなく経験・スキルを重視する企業を狙う

高飛車な企業
理系大卒必須!経験5年以上必須!

などと、学歴や文系理系などの経歴を気にする高飛車な企業はこっちから願い下げです!

そういった学歴フィルターが一切ない実力主義の会社のみ狙い応募していきましょう!

スキル・経験・ポテンシャルの高さを重視して、あなたの人間性や個人の力の有無で採用の可否を判断するという企業もたくさんあるんです。

具体的にはベンチャー企業や外資系企業ですね。詳細はこの後に書いているので参考にしてください。

学歴を重視しない分、成果を求められる厳しさはありますが、「自分には力がある!」と感じる人には大きな可能性を秘めた転職先といえますね。

そもそも「何故企業は学歴を重視するのか」と不思議に感じませんか?

私自身人材関係の企業に勤めていたので分かるのですが、有名大卒以上を採用条件にしているのには下記のような理由があるんです。

【有名大卒の人材を企業が欲しがる理由】

  • 頭の回転が早そう
  • 仕事を覚えるのが早そう
  • 理解が早く仕事が出来そう

こういった理由で、頭脳明晰な人材は高卒以下の人材より評価が高くなるんです。

ですので、低学歴のあなたは、自己管理能力や仕事の実績など今までの仕事で出来た経験や実績などをアピールすることが大事といえます。

⇒「低学歴のあなたこそ転職エージェンを使うべき理由」まで読み飛ばす

転職サイトDODAで転職

低学歴の人が狙うべき業界はベンチャー企業や外資系企業がオススメ

低学歴の人
何故ベンチャーや外資系がオススメなの?

先程ちらっと言いましたが、低学歴の人が具体的に狙うべき業界としてはベンチャー企業や外資系企業を狙うのが転職では有効な戦略といえます。

ベンチャー・外資系企業は中卒・高卒などの学歴を気にしない企業が多いためですね。

具体的に説明していきます!

ベンチャー企業が低学歴の人にオススメな理由

ベンチャー企業にはITやweb系の会社が多くあります。

webなどのIT企業は学歴不問で、個人の資質や行動力を評価をする企業が多い傾向がありますね。

低学歴の人
でもベンチャーって安定しなさそうで不安・・

と感じる人もいますが、今はメルカリやUBERのように規模が大きいベンチャー企業も増えてきているんです。

そういった企業は学歴不問でありながら高年収&オシャレなオフィスで魅力的な職場の企業なんです。

実力主義で学歴関係なくチャンスを与えてくれる職場は非常にやり甲斐を感じると思いますよ。

参照:ベンチャー企業への転職リスク10個。ハードワークだが3倍自己成長の可能性が広がるぞ!

外資系企業が低学歴の人にオススメな理由

外資系企業もベンチャー企業同様学歴不問で、実力主義に企業が多いです。

さらに日本進出間もない企業などは人材を確保したいので、さらに学歴フィルターは緩くなりがち。

職種としても小売業の販売職などは低学歴でも良い条件で転職出来る可能性も高くなります。

キャリアップを目指すなら選択肢に入れておきたいですね。

低学歴で悩む人
でも英語力ないから無理でしょ

なんて人も多いと思いますが、実際はTOEIC400点未満でも外資系企業は入社できるんです。

英語は慣れなので、入社後英語メールを毎日するなど英語漬けの環境に身をおけば自然と身につくから問題ないと企業側は考えています。

外資系企業は実力主義なので、正社員・契約社員・派遣社員など一切差別区別はないんです。

外資系企業の仕事の内容は、販売職以外でも、営業職・企画営業・IT営業・webディレクター・エンジニアなど様々な職種で募集しています。

ですので、高卒で出身大学名がない!と諦める必要はありません。

社会人としてどんな経験を積み、どんな結果を出し、どんな困難を乗り越えたのか?の方が重要なんです。

世の中の99%は中小企業ですから、大手企業の学歴フィルターを気にすることなく、今の仕事でしっかり業務経験を積むのが大事です。

さらに、プライベートな時間で資格勉強し新しい知識を普段から勉強している!という姿勢もアピールできれば、希望企業への入社も出来ること間違い無しといえます。

⇒「低学歴のあなたこそ転職エージェンを使うべき理由」まで読み飛ばす

転職サイトDODAで転職

低学歴の人が確実に落ちる業界!絶対NG!

逆に低学歴の人が受けても絶対に受からない企業も存在します。

それは大企業・古い体質の企業・歴史ある老舗の企業です。

全ていわゆる大企業なのですが、こういった企業に入社した社員の学歴をチェックすると、全員マーチや六大学以上だったってこともあります。

関西だと関関同立以上の有名大卒で高学歴という学歴の壁が非常に高い企業です。

こういった企業に応募しても確実に落ちるで応募しないようにしましょう。

例えば、京都大学卒とFラン大卒の求職者が2人同時に応募してきたとします。

Fラン大卒の求職者の方が志望動機や自己PRの内容が良くても、大企業の採用担当者は京都大学出身者を採用するという理不尽なことが起こる可能性があるんです。

ですので、低学歴の人は保守的な老舗企業を狙うよりも、先程書いたベンチャーや外資系企業のフィールドを中心に転職活動をするほうが内定ゲットの確率は上がってきますよ。

低学歴で転職成功させるには人物重視の企業を狙い撃て!

低学歴の人が狙うべき業界はベンチャーや外資系企業を狙えを書きましたが、それ以外でもとにかく「学歴不問で人物重視」の企業にどんどん応募すれば内定ゲット出来るんです。

「採用基準が人物重視の企業なんて、3Kで給料低くて仕事もきついイメージしかない」

という先入観を持っている人も多いと思います。

ですが、ちゃんと求人情報を閲覧してチェックしましたか?

ホワイトカラーの正社員採用の仕事でも、人柄重視で学歴不問の応募条件の仕事もたくさんありますよ?

※ホワイトカラー=スーツを着る仕事。現場仕事ではない

例えば、ジョブダイレクトという求人総合サイトをチェックしてみてください。

ジョブダイレクトはリクナビネクストなどの民間の転職サイト・ハローワーク・企業のHPの採用情報などの求人情報を総合的に掲載している求人サイトなんです。

このジョブダイレクトで「学歴不問」と入力して検索してみると、日本全国で19万5443件の求人が該当するんです。

※2017年1月現在のデータ

求人を細かくチェックしてみるとホワイトカラーの職種の求人もたくさんありますよ!

大手電機メーカーの関連会社、上場企業、大手不動産ディベロッパー、IT関連企業など業種。

職種としては、アパレル業界の販売職・店舗運営マネジメント、広告企画営業・商社での総合職・不動産売買仲介職・営業事務・SEやセールスエンジニア・システム開発などなど。

待遇も、残業代全額支給、完全週休2日制、退職金支給など好条件の求人もたくさんあります。

低学歴で悩む人
低学歴は肉体労働しか無い・・

と感じているかもしれませんが、低学歴でも「学歴不問。経験不問。人物重視」などの求人に応募し入社することも出来るんです!

社会人経験の浅い第二新卒でも転職の門戸はどんどん広がっているので、臆せず応募していく行動力のある人材が好条件の企業から内定を得ることができますよ。

人物重視の企業での面接対策やコツとは?

低学歴で悩む人
人物重視の企業の面接対策が知りたい!

と感じるあなたへ。採用基準を人物重視にしている企業ではとにかく面接試験対策が最重要です。

ですので、「あなたの人柄の良さ」「今までのキャリアでの経験」を履歴書や職務経歴書にしっかりと明記し、経験不足を理由に落とされないようにすることが大事です。

企業としても学歴などのキャリアを問わない分、面接を通して「あなたの人物や人柄」を推し量り判断する必要があるからです。

面接官は毎週のように面接をしていますから当然人間観察の能力に優れています。

求職者としてあなた自身しっかりと対策をすることが必要になってきますね。

⇒「低学歴のあなたこそ転職エージェンを使うべき理由」まで読み飛ばす

転職サイトDODAで転職

人柄の良さをしっかりとアピールする方法

まず人物や人柄の良さを面接官にアピールする方法を紹介します。

方法としては笑顔で人当たり良く好印象を持ってもらえるように意識しましょう。

また礼儀正しく明るくハキハキを喋ることも大事です。営業職や販売職などコミュニケーション能力が求めれる職種の場合は、特に喋り方は大事ですよ。

また質問内容に対して的確な回答をすることで、理解力や言語化スキルが高いとも判断され高評価に繋がります。

さらにヒューマンスキルの高さや常識人としてビジネスマナーを徹底させることも重要ですね。

そのためにはスーツや髪の毛などの身だしなみもしっかりとチェックしてから面接に臨むようにしましょう。

「自分のキャリアとしてアピール出来る経験がない・・」

と悩む人はとにかく、熱意を面接官にアピールすることが大事。

真剣に熱く入社希望の思いを語る人材かどうかは当然、面接官もチェックしているんです。

面接官も人事のプロとして、求職者の熱意が強い人材を採用したいと考えていますので、真摯に熱意を語るのです。

建前の熱意は簡単に見破られますので、表現や言葉の巧さよりもスキル以上に大事な熱意を真剣に伝える求職者は有利です。

学歴不問で、人柄重視を採用基準にしている企業へ入社近づけるには、スキルがない以上「思い」を全力で伝えるしかありません。

経験やスキルをアピールする方法

経験やスキルをアピールする方法ですが、他のライバルと差別化するためにも一捻りしてみるのはどうでしょう?

例えば、パワーポイントやホワイトボードを使って面接官に理解してもらえるように、自分の経験やスキルをプレゼンするのです。

特に、営業・コンサル・webディレクターなどの職種だとさらに面接官に対して好感的になります。

またSE・エンジニア・デザイナー職など専門職の場合は、ipadなどのタブレットを使い過去の作品をチェックしてもらうのもいいですね。

以上面接官へのアピール方法を紹介しました。

しっかりと自分の人柄や経験をアピールして、低学歴であろうと希望の会社に入社ゲットしましょう!

ただ、あなたが選ぼうとしている企業は本当にブラック企業ではない優良な企業ですか?

自分の最適な企業をピックアップする方法がわからなったり、業種・職種などの裏側などを知らずに、ブラック企業に入社してしまう人も本当に多いです。

特に転職経験の少ない若手のビジネスパーソンの場合に更に多くなります。

ブラック企業に入社してしまうと、給料も安く働いても働いても貯金ができないワーキングプアになり、入社したことを後悔してしまうかもしれません。

学歴不問のホワイト企業に入社し、楽しく仕事をしてほしいという思いから、優良企業の見抜き方を紹介しておきます。

低学歴のあなたこそ転職エージェンを使うべき理由

低学歴で悩む人
学歴不問のホワイト企業の見抜き方分からないよ・・

と悩む人も多いと思います。

学歴の壁や学歴フィルターを見抜くのは転職のプロでないと難しいです。さらにブラック企業も見抜かないといけません。

転職の素人であるあなたに見抜く力があると断言できますか?

希望求人が学歴の壁があるのか?ホワイト企業なのか?

理不尽な学歴重視に企業も存在するので、そういった受かる可能性のない会社に見当ハズレな履歴書を送ったところで時間や労力の浪費でしかありません。

転職エージェントの転職ノウハウを利用すれば、学歴フィルターの企業を見抜き学歴の壁を簡単に突破出来ます。

またブラック企業の求人は転職エージェントには存在しないので安心して転職活動を進めることが出来るんです。

なぜ転職エージェントがそこまで出来るのか?

それは、転職エージェントは求職者と求人先の企業をマッチングさせる仲介サービスの企業だからです。

マッチングさせないと転職エージェントは儲からないので、採用側の声も詳細にヒアリングしているんです。

「高学歴の求職者が希望なのか?」「低学歴の採用可能性は?」なども詳細情報事前にチェックしているんです。

また、企業の財務状況なども確認しているので、ブラック企業の求人は拒否することも出来ます。

ですので、あなたに希望の求人があったとしても応募前に「学歴が原因で応募出来ません」とエージェントが事前に教えてくれます。

ですが、どうしても興味関心のある求人に対してはその熱意を伝えることで、面接セッティングの口利きをしてくれることもあります。

専属コンサルタントがつかない求人サイトでは絶対にありえないことですね。

転職エージェント経由で応募することで、本来書類選考落ちる企業が、エージェントのおかげ回避出来ることもあります。

それだけではなく、自分の強みや転職市場での市場価値なんかも判断してくれるんです。

好条件の非公開求人を転職エージェント登録者限定で紹介もしてくるので、転職活動の幅も当然広がってきますね。

私の場合は、転職エージェントを通して応募したことで、書類選考や一次面接を免除してくれたこともあったので、ビックリしたこともありました(笑)

低学歴のあなたが使うべき内定率の高い転職エージェント

転職エージェントというのは、あなたの専任のコンサルタントが「あなたが活躍できる業界や職種のアドバイス」「応募書類の添削」「面接対策」などを完全無料で行ってくれますね。

で、私自身も転職の際には転職エージェントを使ったのですが、DODAという業界大手の転職エージェントが1番内定率が高かったです。

転職活動期間2か月にも関わらず、7社の内定を勝ち取ることが出来たんです。

僕がDODAが優れているな!感じた理由は下記になります。

⇒【無料登録】「転職支援ならDODA(デューダ)」会員登録をする

転職サイトDODAで転職

DODAが転職エージェントの中でも優れている理由3つ

理由①求人の8割が非公開求人

DODAが1番良かったなと感じた理由の1つが、「圧倒的な求人数の多さ」です。

DODAの求人の8割が非公開求人で、DODAに登録した人限定で応募できる求人ばかりです。

転職といえば、リクナビネクスト・マイナビ転職などの求人サイトが一般的ですが、求人サイトには掲載されていない求人がDODAにはたくさん紹介されています。

当然求人が多くなると、僕たち求職者にとっては選択肢が増えるので、求人数に比例して内定数も増えていくことになります。

理由②大手企業なので安心して登録できる

DODAはテレビCMも放映しているパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)という大手企業が提供しているサービスです。

やはり大手企業ですので、安心して転職支援サービスにも登録できます。

転職エージェントの仕事というのは、有料職業紹介事業という厚生労働書からの許認可を得れば誰でもできますし、社長1人だけの転職エージェントの会社といのも少なくないです。

やはり小規模な転職エージェントは営業マンも少ないので、紹介してくれる求人数も圧倒的に不足。

また、個人情報の扱いに関しても大手企業ほど厳重ではないです。

その点から考えると、中小の転職エージェント会社に登録するメリットはなく、DODAのような大手企業へ登録する方が得策なんです。

理由③在職中でも登録可能なんです!

転職エージェントと聞くと、「退職済みの人しかサポートしてくれないのでは?」と感じるかもしれませんね。

でも、在職中でも当然登録してサポートしてくれるんですよ!

「仕事しながら転職活動する時間がない!」という人ほど転職エージェントのサービスは活用すべきです。

企業との面接の日程調整などの面倒な作業も代行してくれるので、あなたは現職の業務や面接対策・企業研究に集中出来ます。

なので、在職中「在職中だけど転職したらどんな評価を受けるかどうか相談したいな」という人も気軽に登録出来るんですよ!

理由④専任コンサルタントのアドバイスが適格すぎる

私自身何社か転職エージェントに登録しましたが、DODAの転職エージェントの専任コンサルタントの方の私へのアドバイスが適格過ぎました。

例えば、志望動機の考え方に下記のようにアドバイスしてくれます。

「現在の志望動機も悪くはないです。ですが、もっと企業に対してどういった価値を提供できるかを、ご自身の経験を交えて伝えるようにすると更に良くなります。」というアドバイスを受けました。

さらに、「ご自身が希望されている仕事は良く分かりました。ですが、企業様から評価されやす職種ですと○○の職種の方が向いていると感じます。

××という経験は転職市場でも非常に少ない特殊なスキルなので、このスキルをアピールされると希望年収より2割はアップ出来るはずです」などなど。

このように自分では気づかいアドバイスを的確にもらうことが出来たんです。

「やっぱり転職のプロは違うな~」と感心したことを覚えています。

⇒【無料登録】「転職支援ならDODA(デューダ)」会員登録をする

転職サイトDODAで転職

DODAへの無料の登録方法

ですので、早速DODAへ無料登録を行い、専任コンサルタントからアドバイスを受けるようしましょう!

まず、DODAの公式ホームページより登録画面に進み「氏名・年齢・住所・連絡先・直近の職歴・希望面談日」などの必須項目を入力しましょう。

面談は、DODAの全国7か所ある事務所に訪問しても良いですし、電話面談で登録を済ませても大丈夫です。

登録者の8割は電話での面談で登録を済ませる人も多いので、電話面談の希望日程などを「自由記入欄」に記載しておくと良いですよ。

登録後数時間後に、DODAの担当の方から電話で連絡が入ります。

面談日程の調整をその電話で行うということですね。面談日程を決めれば、後は面談日を待つだけです。

面談日までに必ず用意しておいた方がよいものは職務経歴書です。

職務経歴書がないと、いくら転職のプロであるDODAのコンサルタントの方でもあなたに適切なアドバイスや、求人を紹介することは出来ません。

経歴を元に、話が進みますので、当日円滑に登録が進むように、職務経歴書は用意しておきましょう。

そのあたりの必要書類の準備に関しても、DODAに登録したの電話で丁寧に説明してもらえます。

DODAへ登録して今よりも条件の良い職場へ転職しよう!

転職は当然ですが、転職のプロに相談するのがベストです。

私自身、DODAへ登録して応募書類の添削をしてもらってから、書類選考の通過率が約5倍にアップしました。

転職エージェントののプロの視点は、本当にすごいんだなと感心しましたね。

いかに自分で作った応募書類の内容が穴だらけだったかということですが(笑)

DODAへ登録してプロのコンサルタントにアドバイスを受けることで、確実に今以上にあなた自身を企業にアピールできます。

結果、収入面・待遇面・仕事の内容で、今以上の職場に転職できる確率もグッとアップします。

今すぐ登録して、絶対に転職を成功させましょう!!

⇒【無料登録】「転職支援ならDODA(デューダ)」会員登録をする

転職サイトDODAで転職

関連記事

手取り16万の正社員が年収アップさせる転職のコツとは?節約しなくても余裕をもった1人暮らしをする方法は転職しかない!

転職失敗して再転職のデメリット7つ。自己分析を行えば1ヶ月以内の再転職も可能!落ち込んでいる暇なんてないぞ!

ストレスで仕事を辞めたいなら今すぐ転職だ!今すぐ会社を辞めるべき4つの理由

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする