生命保険営業を辞めたい理由7つとは?ノルマや上司からのプレッシャーから逃れるには他業種へ転職だ!生保経験を生かし好条件企業に転職しよう!

「生命保険営業のノルマが達成できなくて給料が少なすぎる・・これじゃ生活出来ないよ・・」

「保険外交員になったけど、上司からの数字に対するプレッシャーがこんなに酷いと思わなかった(T_T)もう辞めたい」

生保営業は、死亡・介護・医療・貯蓄などに関する保険加入の相談やコンサルティングを行うのが主な仕事内容になります。

生命保険の営業募集の求人サイトには顧客のライフパートナーとして人生設計やライフプランのお手伝いをしませんか?」など聞こえの良い響きの文言で、人材募集をしていますよね。

ですが、一度でも保険営業をしてことがある人なら「そんな綺麗な世界じゃないよ!数字のために顧客に必要のない商品でも売りつけるんだよ!」と思っているでしょうね(笑)

離職率も高く、大変な保険営業の世界ですが、

  • 「どういった点が大変なのか?」
  • 「辞めた後の転職はどうしたらいいのか?」

などを紹介していきます!


⇒「生保の仕事辞めてノルマのプレッシャーから開放されました!毎日上司から怒られている夢を見ていたんですが、転職して一切夢も見なくなったんです♪(38歳/男性)」

↓↓ 人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

【データで見る】生命保険業界の離職率が高い理由とは?!毎年営業人数は減少傾向

生命保険協会による年度末登録営業職員数、登録代理店および代理店使用人数の推移

参照:一般社団法人生命保険協会

上記の「登録営業職員数」の項目(茶色の棒グラフ)をチェックしてみてください。

「登録営業職員」とは「生命保険の営業で働く人」のことで上記は職員数を集計したデータになります。

生命保険の登録営業職員数の推移
平成21年:25万0601人
平成28年:23万2006人

7年間で18,615人も保険業界の営業職員が減少していることが分かります。

原因としては、IT業界など新しい職種が出てきたこともあります。

でもそれ以上に、世間一般の常識として「保険営業の仕事は大変!」というイメージが認知されてきることも原因の1つだと考えられます。

ノルマ・上司からの詰め・給与減額など、「どれだけ営業を追い込むの!?」と感じるくらいキツい仕事ですから、離職率が高いのも頷けますよね(笑)

さらに大手生保会社では4年間で約15万人採用しても、合計の在籍者は1万人近く減っているようです。

採用⇒退職⇒採用⇒退職…

これ繰り返しているのが生命保険の業界なんですよ。。

大手生命保険業界の平均勤続年数は11.1年。上位の13.6年の企業には及ばない

東洋経済オンラインによる大手生保4社の営業職員数・平均年齢・勤続年数のデータ

参照:生保レディの囲い込みへ、日本生命が「秘策」〈東洋経済〉

日本生命、第一生命、住友生命、明治安田生命の大手保険会社4社の平均勤続年数は11.1年。

対して、同じく東洋経済が調査した「平均勤続年数が長い会社ランキング500社」の平均勤続年数は13.6年。

生命保険の企業以外を見ても分かるように、平均勤続年数が長い企業ほど、離職率が低いと言えますね。

やっぱり生命保険業界は他の業界と比較しても離職率が高いことが分かるんです…(汗)

生命保険の営業は常に人材難。各営業マンが営業職員を採用しなければいけない

ちなみに、新規の保険外交員の採用費用も全て、顧客の保険費用に転嫁されてますからね(笑)

「誰のための営業だよ?」と真っ当な営業職員だと感じると思います(笑)

ちなみに営業自身が、新しい営業職員を採用する必要があるのが生命保険業界の特殊なところ。

街中で他業種の営業をスカウトして、保険会社に入社させる必要だってあるわけですw

私も知り合いの女性営業ウーマンが、平日のオフィス街で保険営業の勧誘されたって言ってましたw

保険加入の勧誘じゃなくて、保険営業職員として働かないか?という勧誘ですよ。大変すぎでしょ(笑)

生命保険の営業は常に人材不足。

ですので上司の評価指標の1つとして「何人の営業を毎月採用できたか?」ってことも査定に影響するわけです。

新規採用活動に力を入れるより「既存社員の教育を充実させるほうが良いでしょ!」と思うのは私だけ?(笑)

生保営業を辞めたい!と感じる理由7選

理由①生保営業が属人的な営業スタイルが辛い!

生命保険辞めたい人
生命保険を売るマニュアルがないから売り方が分からない!

生命保険の営業は営業マニュアルなど存在せず、基本的に個人の資質次第の属人的な営業スタイルです。

つまり元々営業センスがある人は売れっ子営業になるし、センスがない人は売れずに退職してしまうわけです(汗)

テレアポ・提案方法・保険商品の金融知識などは実績ある上司や教育担当が最低限指導してくれます。

でも指導はあくまで最低限。その後のフォローなどはほとんどありません。

新規提案や見直し提案のコツやポイントなども、しつこく質問してやっと教えてくれるレベル。

具体的なアドバイスなども受け身ではなかなか教えて貰えませんね。。

それでいて結果が出ないと上司から「やる気あんの?給料なくなるよ?」などと激詰めが始まるわけです。

「いやいや、ちゃんと指導・教育してくれないのに、売れるわけないじゃん!!」

ってキレたくなる気持ちも凄くよくわかります(笑)

でも社内で行われる研修といえば、新商品の知識勉強会程度。

顧客に保険商品を販売するためのロープレなども積極的に行われる気配もありません。。

また営業同士の、売上向上のための技術やノウハウの情報共有なども少ないですよね。。

完全に属人的な営業スタイルで、各営業職員のコミュニケーション能力に依存しているんです。

ですので、ホストやキャバ嬢などの水商売などと同じような職種だと揶揄されることさえもありますからね(泣)

学がなく、誰かの紹介で入り、服装だけは出来るキャリアウーマン風でドヤ顔。親父相手にすっごい底辺のキャバ嬢みたいな営業かけて。モテてると勘違い。

参照:保険屋って馬鹿みたい〈ママスタジアム〉

さらにさらに上司が無能な人も多く、朝の朝礼では伝説の生保レディである「飯塚みどりさんの活動手帳」の感動実話をバカの一つ覚えのように何回も話す上司などもいます。

「いつの時代の話してんだよ!」って言いたくなりますよねw

戦略的な組織運営・部下の利益を考えないマネジメントでは、当然営業のモチベーションも上がらないし、結果も出なくて当然。

ホントに、保険営業の世界は特殊すぎて理解できないことが多すぎます。

何故どの支部も改善しないんでしょうね??誰か教えて(笑)

⇒「上司からの毎日の罵声でうつ病になってしまったんです…。でも生命保険からメーカーの営業職に転職して楽しく働けるようになりました!(30歳/女性)」

↓↓ 人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

理由②収入は成果次第!安定しない生活が辛い!

生命保険辞めたい人
はぁノルマ未達だから今月の給料は10万円くらいか・・

東洋経済オンラインによる大手生保4社の営業職員数・平均年齢・勤続年数のデータ

参照:生保レディの囲い込みへ、日本生命が「秘策」〈東洋経済〉

先程も紹介したデータですが大手生命保険会社4社の平均年収が記載されています。

よ~く見て下さいね。大手なのにメチャクチャ平均年収が低いですよ。。

大手生保の営業職員の平均年収
日本生命:295万円(売上:7兆2013億
第一生命:252万円(売上:7兆3339億
住友生命:257万円(売上:3兆3154億
明治安田生命:263万円(売上:3兆3578億

ちなみ大手生保の売上はメチャクチャ高いのに、営業職員の給料が異常なまでに低く抑えられているんです。。

ちなみにメガバンク3社との比較データも記載しておきます。

メガバンク3社のデータ

■三菱UFJ銀行
平均勤続年数:14.5年
平均年収:773.8万円

参照:有価証券報告書(平成29年3月)

■三井住友銀行
平均勤続年数:13.1年
平均年収:814.8万円

参照:有価証券報告書(平成29年3月)

■みずほ銀行
平均勤続年数:13.9年
平均年収:744.5万円

参照:有価証券報告書(平成29年3月)

メガバンクと比較しても約3倍ほど平均年収が低いことが分かりますね。

保険外交員の給料は営業ノルマの達成度合いで大きく変動する

保険外交員の雇用形態はホントに特殊。。

他の業種の営業職であれば、成果にかかわらず基本給が補償されてますよね。

でも保険外交員は、成果報酬型(歩合制)の賃金体系で雇用されていることが多いです。

基本給もありますが基本給よりも歩合給の割合の方が設定されてます。

なので目標数値を達成できないと当然月の手取り金額も激減しちゃうという訳。。

例えば大手生保会社の給与形態としては、入社後3年間は固定給、4年目以降を歩合給にしているケースが多いです。

またジブラルタなどの外資系生保では完全成果報酬のフルコミッション制を採用してますからね。

生保で働く人
契約取った分だけ稼げる!

と感じて生保業界を志望するケースがありますが、年収1000万円以上の高額所得者はごく一部。ほとんどの営業は売れずに営業を去っていきます。

そりゃまともにマネジメントや教育の出来ない上司や組織じゃ当たり前ですよね(笑)

下記の動画では、外資系生命保険会社の大手プルデンシャル生命フルコミッションではたらく人の働きぶりが紹介されています。

ですが、ここまで営業成績は一握りの厳しい世界なんです…(汗)

生命保険の営業は個人事業主なので、一般の社員のように給与が保証されにくい

生命保険の営業は個人事業主として保険会社と契約する雇用形態になります。

なので完全歩合制の場合、契約が取れないと手取りは月数万円ということもありえちゃう世界。。

保険業界のノルマは他業界と比較しても異常に高めに設定されていることが多いので中々ノルマ達成できないんですよね。

ですので馬車馬のように働いてやっと数値を達成し、ようやく人並みに稼ぐことが出来るってわけです。

平均的な収入を得るためにノルマに追い立てられて超ハードに働くっておかしいですよね(笑)

生活費すら稼ぐことが出来ない同期が1人また1人と辞めていくので当然離職率も高くなります。

歩合制なので給料格差がアメリカ社会のように大きいですから、稼げる人と稼げない人の差がとにかく大きい!

特に営業初体験で、売れない営業だとホントに毎日毎日辛いと思いますよ・・。

更に独立した営業職として会社に雇われているので、個人事業主として税理士に依頼して確定申告までする必要があるわけです。

交通費、顧客へのプレゼントなどの経費も自己負担で自腹。

人事異動もなく、ずっと営業職です。

数字を継続的に達成しない限り管理職に抜擢されることはレアケースなので、売れない営業として日々上司からのプレッシャーを感じながら生きないといけません。

キャリアアップも望みにくい上に、数字未達だと上司から「今から新規開拓行って来い!取ってくるまで帰ってくるな!」と遅い時間からの外回りを強要されます。

駄目だ・・書けば書くほど保険営業を続けるメリットが出てこないぞ・・(汗)

ほんとに!ほんとに!大変なのが保険営業の仕事なんです。経験のない人に1週間くらい体験してほしいです(笑)

理由③ノルマ未達による上司からの詰め・叱責が辛い!

大したマネジメントや社員教育もしないくせいに一丁前に詰めや叱責だけは上手いのが保険業界の上司です(笑)

新入社員として入社した後は、集合研修で商品知識の勉強。

その後支店・支部に配属となり、損保募集人の資格を持っている営業はノルマが課せられます。

生保で働く人
え?もうノルマあるの?もっとちゃんと教えてよ!

と感じた新人営業職員も1人や2人ではないでしょうね(笑)

実際、生命保険会社の元社員による口コミでも「研修が少ない!」という口コミがありましたね。

アクサ生命保険の社員・元社員からの口コミ

生命保険募集人登録試験の為の新人研修が一ヶ月しかなく、説明はほとんどなくて、毎日模試を繰り返すのみ。

本来の意味での生命保険の仕組み等が試験ためだけの知識で、自社商品についての研修が少ない。セールスの仕方等をもっと教えて欲しい。

参照:カイシャの評判

日々の営業活動としては、大手メーカーや、鉄道会社などの収入が安定している企業を担当し、昼休みや夕方にアポを取って訪問します。

ですがアポを取るのさえ難しいのに、新規契約したり開拓して獲得しノルマを達成するのは至難の技。

ノルマ未達の月が続くと上司であるチームのリーダーから詰められ、毎日のように叱られます。

数字が達成出来ない営業への上司からの管理は徹底しています。

というか、「ストーカーかよ!?」というくらいしつこいです(笑)

見込み客をリストアップさせられ、当日のアクションプランを共有。夕方帰社後にはその日の営業活動を報告しないといけません。

更に週ごとの締め切り(ラップ)毎に、詰められます。

1ヶ月契約ないようなことがあれば、怒声が飛んできますよ。

上司「担当企業でも、既契約者でも誰でもいいから今すぐ契約取って来いよぉぉ!」

と狂気?(狂喜)乱舞です(笑)

生保で働く人「こっちも保障見直しや転換、主力商品や年金追加契約など出来ることはやってんだよぉ!」

と喉元まで出てきますが、上司の詰めにひたすら耐える辛い時間。

頑張って頑張って新規契約を獲得が出来ても顧客の審査状況が悪く査定落ちなんて日には泣くに泣けませんよね。。

生命保険の仕事内容や大変さなどは下記の動画で紹介されていますが、ある程度成功している生保レディーなのでポジティブに紹介されています。

でも実際は「生命保険の営業は辛い…大変だ…」と感じていることは忘れないで下さいね(笑)

生命保険の営業は、日々過酷なノルマやプレッシャーに晒され嫌気を感じたり、メンタル的な原因で身体に異常が出てしまい、退職に追い込まれることがほんとに多いです。

退職までいかなくても、下記のようなうつ症状すら出る場合もあるんです。

仕事のストレスが原因のうつ症状

もしこのような症状が出ている営業の人がいたら絶対に今すぐ営業を止めて、心療内科で診察を受けてくださいね!

診断書を貰って休職申請すれば疾病手当金が支給されるケースもあります!

あなたの体以上に大事なものはないので絶対に限界が来る前に!必ず病院に行ってください!

ちなみに理由もなく涙が止まらなく症状は、うつ病の初期症状の可能性があります。

詳細は下記の記事でも紹介しているので参考にしてみて下さいね。

うつ病から仕事復帰する方法10個。辞めたい・続かない・行きたくないなら転職しよう!鬱で休むのが不安になる原因も紹介!
「会社に行かないといけないのに、うつ病で仕事が出来ないかも・・」 と、悩む人は多いです。特に最近は。 原因としては、仕事上のストレス...

⇒「生命保険会社ってどうしてドコも雰囲気最悪なんでしょうか?もっと仲の良い職場で働きたかったので別の金融系の企業に転職したんです♪(35歳/男性)」

↓↓ 人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

理由④退職したいのに上司が退職を認めてくれないのが辛い!

生命保険辞めたい人
早く辞めたいのに辞めれない・・

毎月のように離職者が出る保険営業の世界ですが、退職が認められず「退職待ち」の社員が多いのが実情です。

退職待ちというのは、退職届を出しても受理せずに退職を上司や会社が認めてくれない状態のこと。

上司も、担当部署の職員の在籍数が純増か純減かも指標として年責(年間責任額)として定められているんです。

つまり、上司自身の管理部署で退職者があまりにも多いと拠点長からの低評価に直結してしまうってこと。

ですので営業成績の良し悪しにかかわらず、あの手この手で退職を引き止めというか、阻止しようとします(笑)

生保で働く人
じゃあ無断欠勤して自然退職に持ち込めばいいじゃん♪

という強硬手段に持ち込めばと思うかもしれませんね。でも悪質な拠点長だと出勤簿を不正操作して、出勤扱いにしているケースもあるんです。

「そこまでするか!?」

と笑っちゃいますよね(笑)

ですので結婚や妊娠などの正当な退職理由でも、辞めるのに1年以上必要となるケースだってあるくらい!

退職させてくれない場合は金融庁や労働基準監督署へ相談・報告だ!

生命保険の営業は円満退職が望みににくい職業ですので、あまりにも酷いようであれば人事権をもつ人事や役員などに相談するのがいいでしょう。

それでも退職出来ない場合は退職届を内容証明郵便で、上司に送付しましょう。

内容証明を相手が受け取って2週間経過すれば退職できることが労働基準法で定められています。

この時退職願でお伺いを立てるのではなく、退職する意志を示す「退職届」を一方的に送りつけてOK!

そもそも、出勤していない生保の営業職員の出勤簿不正操作して給料を出す行為は、保険業法違反で金融庁からの処罰の対象になりますからね

また労働基準法違反は、労働基準監督署からの処罰を受けます。

さらに退職させないのは憲法の「職業選択の自由」の権利さえ犯している可能性もあるんです。

もうね、保険業界メチャクチャすぎ(汗)

こういった場面に遭遇したら法律を盾に泣き寝入りせずに断固戦いましょうね!

下記の動画は東京労働局が制作した「辞めさせてくれない場合の対処法」に関する動画になります。

アルバイトの話が中心ですが、生命保険の営業職であっても同じ話なので参考にしてみて下さいね。

理由⑤土日も顧客対応でプライベートがないのが辛い!

生保のお客さん
土日にもう1回説明に来てくれる?ちゃんとハンコ押すからさ!

とお客さんに契約をチラつかされると、土日でも対応しないわけにはいきません。

平日に時間が取れない忙しいお客さんもいますからね。

ですが休日が仕事で潰れてプライベートの時間がなくなってしまうのは、精神衛生上良くありませんよね。

お客さんに対する連絡対応は確かに大事。

でも業務の切り替えが出来ない状態では、平日のウィークデーでモチベーション高く働くことなんて出来ませんからね。

下記の記事でも紹介していますが「休みが少ないから辞めたいな…」と感じるのは至って当然のことなんですよ…。

休み少ないから辞めたいと感じる理由5選。休みが少ない会社に居続けるリスク10個も!無理せず今すぐ転職しよう!
「休みが少ない・・会社辞めたい・・」 苦労して入社した会社だから休みが少なくても我慢してる人も多いと思います。 社会人だから辛...

理由⑥生保営業に対する世間からのイメージが悪いことが辛い!

グーグル検索で「生命保険 営業 うざい」のキーワードでの検索結果をチェックしてみて下さい。

世間一般でいかに生保営業に対するイメージが良くないかが分かると思います(笑)

対面販売で誠実な営業をしようとしても、「しつこい!」「詐欺師!」などと罵詈雑言を浴びせられますからねw

さらに各家庭や法人のお客さんに生保加入の案内をすると露骨に嫌な顔をされることも多いです。

「生保の営業をしているだけで、自分自身まで否定された気分」

こんな気分になり、精神的苦痛を感じている営業も多いと思いますね。。

生保の営業が傷つく断り文句

・加入まで何度も通うからしつこい
・生保の保険料が高いから躊躇している
・競合他社の生保加入済みだから不要
・保険金不払いの問題に不信感

確かにこのように保険業界や営業に関するイメージの悪さはあると思いますが、それでも笑顔でお客さんに応対しないといけません。

体力面より、精神的に疲れ果ててメンタルを病む営業もたくさんいて当然なんです(泣)

理由⑦親類縁者に営業しないといけないことが辛い!

生命保険の上司
ノルマ達成できないなら親戚に入ってもらえよ?
  • 営業成績が悪い
  • ノルマ達成できない
  • 新人の頃

こういったときは必ず、身内・友人・親戚などの親類縁者に営業をかけ契約を取るように上司に指示されるんです。。

ちなみに生命保険の加入だけじゃないですよね。

個人年金学資保険一時払い終身型など、色々商品を複数契約させるように指示されるのです。

当然親戚とかに営業に行っても良い顔はされませんから、友人知人の中には疎遠になり嫌われてしまう可能性は高くなります。

  • 友人知人からの信頼を失うか?
  • それとも生保営業としてのノルマを重視するか?

究極の決断を日々迫られ葛藤を抱えるわけです。

友情か?仕事か?大切な人、信用している人から嫌われるのは本当に辛すぎる!!

また「顧客にとって必要のない保険では?」と感じながら保険契約まで取り込むことが求められる場面だってあるんです。

例えば、「この友人には入院保障を一生涯もつタイプの保険(終身医療保険)は不要だよな?試算しても他社の商品と比較して保険料高くなるし・・でもノルマが・・」

などなど。

親類縁者も「断りづらい」気を遣わせてしまっていることも気が滅入り、罪悪感を感じしてしまう要因です。

「新卒で生保業界に入るな!」と言われているのは、親類縁者に営業する必要があるから。。

まだ、ビジネスをビジネスとして割り切ることが出来ず理想だけで仕事をしてしまうので、新卒は耐えれなくてすぐに辞めるからということが理由なんです。

⇒「毎月毎月考えることはノルマ達成のことばかり…プライベートも楽しめないほど精神的に追い込まれたので、思い切って転職しました!(27歳/女性)」

↓↓ 人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

生保営業の転職のコツやポイント4つ

生命保険辞めたい人
生命保険の営業はもう辞めたい!!

今まで紹介したように生保営業は本当に大変です。

ですので「もう辞めてやる!」と感じるのも不思議ではありませんよ。

「でも生保からちゃんと転職出来るか不安」と感じるのも事実。

ですので、生保業界からスムーズに転職するためのコツやポイントを紹介しておきますね!

コツ①契約や獲得などの営業実績をアピールする

生命保険営業を辞めて違う業界に転職する場合。

転職成功のために大事なことは、応募書類に前職の実績がどの程度あるのか?ということです。

つまり生保での営業数字や契約実績などをしっかりとアピールすることは凄く大事!

何円の商品を、何件契約出来たのか?などの実績が格好のアピール材料になります。

そのためにも在職中に1件でも良いので契約を獲得しておくようにしましょう!

具体的に応募書類に書くべきPRポイントは以下になります。

転職でのアピールポイント
・契約を取るまでのアクションプラン
・契約後の顧客フォローの方法。顧客満足度高めたテクニック
・ノルマ達成までほか営業と異なる独自の工夫
・自身の営業スタイル
・顧客とのコミュニケーション時の注意点など

コツ②退職理由をポジティブ前向きにしよう!

生保営業マンの退職理由として1番多い理由は、契約が取れない結果、上司からのプレッシャーや給与減額に耐えられなかったということです。

確かにノルマ未達による詰めや叱責、給料が貰えないことは辛いこと。

でも面接時の退職理由の説明でそのまま面接官に伝えてはいけません。

面接官「大変なことは分かってて、生保営業マンになったんでしょ?」

と同情すらされず低評価を受けるだけです。

営業能力がない・困難から逃げる人材と無能の烙印を押されてしまい、イメージが悪くなることは避けられません。

生保辞めたい人「営業に転職しなくても、事務や経理職などの他職種だったら簡単に転職できるんじゃないの?」

と思うかもしれませんが、仕事の結果を出せなかった人材を積極的に採用したいと感じる企業はありません。

【オススメ】内定ゲット出来る転職理由

■転職理由の具体例

私が所属していた生保の支部の方針では「とにかく新規契約ノルマの達成」が第一でした。

厳しい数値設定で、私自身なんとかノルマはクリアしてきたのです。

でも、新規営業活動に時間を割かれて約100人ほどの既存顧客のフォローが全く出来ない状態だったは営業して納得がいきませんでした。

営業時間内では新規と既存フォローとい物理的な時間の確保が難しく、フォローが疎かになってしまう自分が本当に嫌だったんです。

保険という高額な商品を販売しておいて、納得のいくケアを出来ず、顧客満足を上げることも出来ない。

お客様からの信頼を得ることが出来ないのは、私の価値観として許せなかったんです。

お給料を貰っているので会社の方針として、新規契約を重視する方針は理解していました。

ですが私は既存顧客の徹底したフォローを行い、アップセルや顧客の紹介で営業数字を積んでいきたいと考えていたんです。

ただ、営業部長の理解は得られずに止む無く退職を決意しました。

–具体例ここまで–

このように前向きな転職理由であれば説得力があり、面接官を納得させることが出来ます。

営業成績などのバレる嘘はいけませんが、営業スタイルや考え方は確かめようがないので、どんどんハッタリをかましていきましょう(笑)

これも営業として大事な資質です(笑)

【絶対ダメ!】駄目な転職理由

■転職理由の具体例

支部での研修が不十分で、保険知識・商品知識が不十分でした。

そのため契約が全く取れず、歩合制の給与体制では生活が不安定になったことが退職理由です。

また不十分な研修にもかかわらず上司からのノルマの達成への詰めは厳しく、すごく辛かったです。

–具体例ここまで–

■転職理由が駄目な理由

ネガティブ過ぎます(笑)

これでは退職理由ではなく、ただの愚痴(笑)

数字未達という事実は、素直に実力不足と認めていない点も大幅なマイナスポイントです。

ネガティブな退職理由は転職面接では絶対に評価されず面接官から経験され落ちることは間違いあrません。

ですので、最初に紹介した、会社の営業方針と、自分の目指す営業スタイルの不一致を退職理由にするのが面接官からの納得もえやすく無難といえますね。

コツ③生保営業での営業力をアピールしよう!

営業職でも営業職以外での職種に転職する際でも、生命保険の営業職としての営業力はアピールしましょう!

「生命保険での営業経験」は転職市場で評価が高い経験になるからです。

あなたが体験した生保営業の辛さは、企業の人事担当者も理解してくれています。

企業人事「あんなに大変な生保営業を経験したら相当なストレス耐性もあるはずだ」

と感じてくれるのです。

また保険という売り込みが困難な高額商材を売ったという経験も評価の対象。

高額商材は商品力だけではなく、顧客との密なコミュニケーション能力が必須となるためです。

あなたも生保の営業として何とかお客さんに気に入られるようと必死で話題を探したり質問したりしたでしょ?

生命保険の営業で培ったコミュニケーション能力も、転職活動ではポジティブな評価を受けるんです。

また複雑な金融商品も何の知識もない初心者の顧客に、資料等を使ってわかりやすく説明するプレゼン能力も立派な経験です。

顧客に面談時に説明するまでにも、何度もロールプレイング(模擬営業)を行い、他社と自社商品の比較などを徹底的に行なったはず。

パワーポイントエクセルなどを使いシュミレーション資料なども丁寧に作ってきましたよね?

そういった顧客を納得させ契約に至るまでの創意工夫や行動力は、素晴らしい営業力なんですよ。

生保営業の培った具体的なアピールポイント4つ

1:お客さんに人として気に入られる人間力の高さ

人間力の高さもアピール材料になりますよ!

新規営業の際は特に商品の話を聞いて貰う以前に、人として気に入られる人間力が試されますよね。

例えば、第一印象の良さを上げるための身だしなみ・明るく元気な挨拶・朗らかな表情・聞き取りやすい発声や喋り方・会話をスムーズに勧めるための間のとり方など

2:心理学のテクニックを営業の際に活かした経験

ミラーリングや、フット・イン・ザ・ドアといった心理テクニックを営業の商談の場でも用いて、成約率向上を目指したこともアピール出来ます。

実際に心理テクニックを使った経験などなくてもOK。実際に確かめようがないので、ハッタリでOKです(笑)

3:顧客の話を傾聴するスキル

営業はとにかく相手に喋らせて顧客の話を聞くことが重要です。

ですので心理学のカウンセリング講座で勉強した経験や、会話しやすい雰囲気作りのために目線や間の置き方など環境づくりに工夫したなどのアピールを行いましょう。

「カウンセリング講座なんて行ったことないんだけど・・」

という人は、転職を成功させるために今のタイミングから学び始めてもOKです(笑)

これもバレようがないので(笑)

4:成約数・成約率アップのために工夫

年代・性別ごとに話題・トークを工夫していたことも十分営業スキルとしてアピールになります。

  • 顧客氏名
  • 誕生日
  • 職業
  • 趣味
  • 居住地
  • 家族構成
  • 子供の名前
  • 結婚記念日

顧客情報を全てインプットし、顧客自身や奥様の誕生日にプレゼントをしていたなどのアピールをしましょう。

営業として顧客のことを知り、顧客に寄り添った具体的行動が出来たという経験は高い評価を受けます。

生保営業として実績などのアピール材料がない場合はどうする?

「営業として一切成績を残せなかった」

「何の工夫もしてことなったので、営業としてアピール出来る材料がない!」

など転職面接の際にアピール出来る材料が一切ない場合はでも嘘や営業成績の詐称などをしては駄目ですよ(笑)

素直に自分の営業努力をせず結果を残すことできなかったので短期間での離職となったことを認めましょう!

内定を得たいからといって嘘はいけません。下記のような反省点を明確にしてアピールするといいですよ。

営業実績でアピール出来ない場合

  • 生保営業は自分に取って不向きな職種だった
  • 業界研究不足で、歩合制営業を選択したことを後悔している
  • 自己分析を行い適正のある業界に転職したい
  • 長く出来る勤務出来る会社するキャリアプランを築いていきたい

コツ④生命保険から未経験業界に転職する際はアピール材料を明確に!

生保営業から、生保含めた金融業界以外の異業種へ未経験で転職する際は、しっかりとアピール材料を明確にするようにしましょう!

例えば、未経験歓迎の事務仕事に転職しようとする場合。

簿記2級などの資格を職業訓練などのコースで取得するなどのライバルの応募者と差をつける行動を取るのです。

また具体的な資格など差別化出来るものがない場合は、生保での営業経験を、希望する職種と当てはめる志望動機を作るべきですね!

例えば法人営業希望する場合の志望動機は以下などがオススメ。

「生保営業として顧客と向き合うコミュニケーション能力を生かし営業成績を積んだ」

生保以外でもコミュ力は必須の能力なので、内定を勝ち取るために重要な経験やスキルであることは間違いありません!

さらに具体的な実績もあれば高評価に繋がるので、何でも構わないので自分の実績を振り返ってみましょう。

ここまで紹介した面接のテクニックを駆使しても「何回面接受けても不採用だらけ(泣)」というアナタは、明らかに面接の落ちるパターンにハマってしまっています…。

下記の記事で原因と対策を紹介しているので参考にしてみてくださいね!

面接に落ちるパターンが存在する!あなたが面接に受からないたった4つの理由や原因を紹介
「面接に合格しないよー・・。落ちるパターンとか傾向ってあるのかな・・」 「面接に落ちる人の特徴ってなに?自分の性格が原因で面接に落ちて...

⇒「生保の営業って他の業界で評価されるんですね!メーカーの営業職に転職しても年収アップも出来ました♪(38歳/男性)」

↓↓ 人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

生保業界から転職がしやすい業界や業種は?

生命保険辞めたい人
とはいえ生保の経験を生かしてどんな業界やどんな職種の仕事に転職しやすいの?

と疑問に感じますよね。

紹介していきます!

1,金融の同業界での転職は当然簡単!

当然ですが、生保・損保・銀行・証券など金融業界での転職は簡単ですね!

生命保険辞めたい人
 もう生保で懲りたから金融業界はいいわ

という人もいると思います(笑)そういった場合は読み飛ばしてください(笑)

例えば、同じ生命保険会社でも会社によって全然働きやすさも変わってきますからね。

働きやすい会社に競合他社に転職するのも方法の1つです。

転職口コミサイトキャリコネによる生命保険業界で働きやすい企業ランキング

働きやすい会社ランキング2017年下半期版」では生命保険業界では上記のような順位になっているのでランキング上位の企業も狙っていきましょう。

ただ、同業の金融業界に転職する際は、細かく実績に関して質問されます。

小手先で嘘をついても必ずバレちゃいます(笑)

行動ベース・数字を毎月・四半期ベースでどの程度の達成率だったかなど具体的に数字を交えて説明出来るように準備しましょう。

しっかりと応募書類で対策ができていれば、未経験業種に転職するよりも簡単に転職成功しますよ!

ちなみに営業職以外でも、損保募集人の資格を持っていれば保険代理店で事務の仕事にも転職しやすくなりますね。

保険代理店の事務の仕事ってどんな仕事?」

って感じる人もいると思うので、紹介しておきますね。

保険代理店の事務の仕事内容
・代理店として損保関連事務
・保険契約の際の更改作業
・契約計上に関する業務や収明記帳の管理
・国内だけではなく、外資生保の販売も

このように代理店で働いていれば自社の保険商品以外でも紹介したり薦めたり出来るので、よりお客さんのための営業や仕事が出来ます。

「代理店ではない生保で働く場合よりも、損保のほうが合ってる!」という営業も多いくらいです。

あと、金融業界の具体的な社名なども紹介しておくので転職先企業の選ぶ時にも参考にしてみてください。

■国内大手生保企業

特徴:直販営業で女性営業が多い

■外資系生保企業

特徴:男性営業案が多く少数精鋭。直販や代理店での委託販売など様々

■国内損害保険企業

特徴:直販と親会社の損保代理店などの販売方法がある

直販か販売代理店のどちらが良いか?

転職したい人
他の生命保険会社に転職しよう!

他社の生命保険会社への転職を希望している人に限った話ですが、直販なのか代理店販売のどちらにするかは重要になってきます。

それぞれのメリットも紹介しているので参考にしてみて下さいね!

保険営業の何に魅力を感じるかで選び方は変わってくるはずです。

直販のメリット

  • 成果を出せば報酬が高くなる
  • 自分の営業の力が活かしやすい
  • 扱いの保険商品数が限られるので提案しやすい

販売代理店のメリット

  • 複数の保険商品を扱えるのでお客様のニーズに沿った提案がしやすい

2,未経験業種での法人営業

生保以外でも未経験業種での法人営業も実は転職しやすいんです。

生命保険辞めたい人
でも生保などの金融以外の知識とか経験はないけど大丈夫?

と不安に感じるかもしれませんね。

ですが、全然大丈夫!

機械メーカー・製薬会社のMR・人材業界などの法人向けの新規・ルート営業などの面接も上手く生きやすいんです。

生保以外の生保営業を志望する人が多い理由としては、基本給固定で歩合なので収入が安定するということ。

営業実績に応じてインセンティブとして賞与に反映される程度なので、生命保険のときよりも安定感が全然ちがってきますね!

さらに、BtoCの保険営業と違って法人相手営業職。なので、土日は完全に休みです。

休日出勤もないので、家族や子供との時間を作りやすくなりますね。

医療系・人材系などの営業職は、歩合ではないにも関わらずベースの給料が厚遇で、給与待遇が良いのが特徴。

給与の安定は精神的に安定にも繋がりますから結果的に集中して営業にも打ち込めるというものです♪

当然生保以外の営業でも、ノルマはありますよ。

ですが生保ほど上司からの厳しいプレシャーはないので、ノルマ達成などの自爆営業名義貸しなどの馬鹿げた営業を強要されることもありません。

生保営業の場合は、自爆営業のために消費者金融で借金までさせて契約させることもあるようですからね(-_-;)

いくら支部の営業チームの数字達成のためとはいえ、やっていることは完全にヤクザ・・(汗)

ちなみにさっきも高給だと紹介したMR職ですが、第二新卒で20代で入社した場合でも年収600万円以上になるケースもあるんです!

ちなみにMRの中でも高収入で有名な「エーザイ」の場合だと、社員の平均年収が1045.2万円となるんです(驚)

製薬会社のMRの仕事内容は医師への医療情報の提供が中心になります。

生命保険辞めたい人
医者への営業なんて大変じゃないの?

と感じるかもしれませんが、現在は医師への接待は行為は厳重に法律で禁止されているんです。

上司と酒席が多くプライベートの時間がないという一昔前のようなことはないので安心して営業出来ますね。

製薬関連業界は、厚生労働省の許認可が必要。

ですので、国にある程度守られている業界。安定しているので福利厚生や手当が非常に厚遇されているんです。

世の中には色々な仕事があり、稼げる仕事や、楽な営業職など色々とありますよ!広い視野を持って活動するようにしましょう!

具体的な業種・職種も紹介しておきますね。

具体的なMRの仕事内容は以下の動画でも紹介しているので参考にしてみて下さいね!

■国内の製薬会社

■外資系製薬会社

■人材会社

⇒「未経験の人材会社の営業に転職できたんです!想像以上に生命保険の営業経験を評価されてまさかの年収アップです♪(30歳/女性)」

↓↓ 人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

生保営業を辞めて転職を成功させるたった1つの方法とは?

「でも転職経験もないし、どういう企業で働くのが自分に合っているか分からないよ!」

と感じている人も多いと思います。

そんな人は転職エージェントに登録するのが1番の近道です。

あなた1人で今の仕事をしながら、下記のことができますか?

転職活動でやらないといけないこと

  1. 楽な仕事の求人探し
  2. ブラック企業ではないのかのチェック
  3. 履歴書・職務経歴書の内容のチェックや添削
  4. 面接対策
  5. 企業研究・業界研究
  6. 志望動機を考える
  7. 内定後の給与などの条件交渉

恐らく時間のない状態で1人で全て完璧にこなすのは不可能に近いです。

ですが転職エージェントに登録すれば無料で全てサポートしてくれるんです。

転職したい人
なぜ無料なの? 

と思うかもですが、転職決定時に企業から紹介手数料を貰うので、転職希望のあなたは完全無料。

なので、転職活動する上で転職エージェントを使わない理由がないんです。

「でも転職エージェントはどこを使えばいいか分からない!」

という人もいるでしょう。

基本的には転職エージェントは最低3社は登録するべき。

  1. ビズリーチ
  2. doda
  3. リクルートエージェント

転職をエージェントを上手に選ぶコツはココにも書いているのでチェックしてみてください。

転職エージェントの選び方!22社を徹底比較!面談のコツ&評判の良い転職エージェントだけを紹介!
「転職エージェントって何社もあるけど、どうやって選べばいいんだろう?」 と悩む人はホント多いです。 僕自身、転職エージェント業界で働...

ビズリーチが転職エージェントの中でも優れている3つの理由

理由①年収600-1000万円以上の求人数が業界最多。支持率No.1

ビズリーチは他の転職エージェントと比較しても年収600万円以上の求人数が最多で支持率No.1のサービスなんです。

年収ごとの求人数比較

■年収600万円以上の求人数
ビズリーチ:89,830件
リクルートエージェント:51,403件
doda:22,212件

■年収1000万円以上の求人数
ビズリーチ:21,500件
リクルートエージェント:10,057件
doda:2,331件

理由②求人件数が10.6万件で業界最多!

私自身複数社登録しました。

その中でビズリーチが1番良かったなと感じた理由の1つが、「圧倒的な求人数の多さ」ですね。

主要エージェント求人数比較
■ビズリーチ:10.6万件
■リクルートエージェント:10万件
■doda:8万件

僅差ですがビズリーチの求人数が多いことが分かりますね。

比較として転職サイト大手「リクナビNEXT」と「ビズリーチ」の東京での求人数も比較しておきます。

リクナビNEXTの求人数【東京】

ビズリーチの求人数【東京】

  • リクナビNEXT求人数⇒5,827件
  • ビズリーチの求人数⇒68,874件

11.8倍ビズリーチの方が求人数が多いです。

当然求人が多くなると、私たち求職者にとっては選択肢が増えるので、求人数に比例して内定数も増えていくことになります。

理由③キャリアアドバイザーの人数が2,500人以上と圧倒的

ビズリーチは転職エージェントの中でもキャリアアドバイザーの数が圧倒的なんです。

数が多いほうがアナタに合う求人を紹介してくれる確率も高まるので、数が多いほうが良い求人に巡り会える確率も高まるということです。

キャリアアドバイザーの人数比較

ビズリーチ:2,500人以上
リクルートエージェント:470人
doda:非公表

 

ビズリーチへの無料登録方法

早速ビズリーチへ無料登録を行い、キャリアアドバイザーからアドバイスを受けましょう!

まず、公式ホームページより登録画面に進みます。

■ビズリーチ公式HPのURL
https://www.bizreach.jp

  • 氏名
  • 年齢
  • 住所
  • 連絡先
  • 直近の職歴

などの必須項目を入力しましょう。

転職したい人
入力が面倒だな・・

と登録時の氏名などの入力が面倒くさい・・と感じる人もいますよね。

ビズリーチの場合は、氏名・生年月日などの基本情報は選択形式などの入力の手間は不要!

気楽にポチポチ選んでいくだけなのでかなり楽なんです♪

ステップ①性別の選択

ステップ②都道府県の選択

ステップ③生年月日の選択

⇒「ホントに職務経歴を登録するだけでスカウトが1週間で52件も届くんですね!?(30代/男性)」

↓↓ 人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

ビズリーチへ登録して今よりも条件の良い職場へ転職しよう!

転職は当然ですが、転職のプロに相談するのがベスト。

私自身、ビズリーチへ登録して応募書類の添削をしてもらってから、書類選考の通過率が約2.5倍にアップしました。

転職エージェントのプロの視点は、本当にすごいんだなと感心しましたね。

いかに自分で作った応募書類の内容が穴だらけだったかということですが(笑)

ビズリーチへ登録してプロのコンサルタントにアドバイスを受けることで、確実に今以上企業に対してアピールすることが出来ます。

結果、収入面・待遇面・仕事の内容で、今以上の職場に転職できる確率もグッとアップしますよ。

今すぐ登録して、絶対に転職を成功させましょう!!

⇒「ヘッドハンターの独占求人のおかげで年収が273万円上がりました!(40代/男性)」

↓↓ 人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

転職エージェントに登録するべき人は?

転職エージェントを利用するべき人の特徴

  • 仕事に時間を取られ活動できない
  • 転職活動を中途半端にしたくない
  • 会社に迷惑かけず両立したい
  • 就活で仕事のプライオリティを落としたくない
  • 情報収集・書類作成を休日にしたくない
  • 面接のスケジューリングしたくない

こういった人は転職エージェントを活用すると悩みが解決されるでしょう。

特に「とにかく効率的に転職活動を進めたい」という人は絶対登録すべきです。

転職エージェントというのは、あなたの専任のコンサルタントが「あなたが活躍できる業界や職種のアドバイス」「応募書類の添削」「面接対策」などを完全無料で行ってくれるんです。

「じゃあオススメの転職エージェントは?」

と気になるところ。

オススメの転職エージェントは・・・

↓ ↓

  1. ビズリーチ
  2. doda
  3. リクルートエージェント

「不動産を辞めたい」人が多く登録している転職エージェントTOP3

ビズリーチ

当サイト経由で1番多く登録されているの転職エージェントになります。

ビズリーチはテレビCMでも話題の転職支援サービスですね。

①キャリアアドバイザー2,500人以上からの圧倒的なスカウトの豊富さ

ビズリーチのキャリアアドバイザーは他社より10倍以上多い2,500人以上。

ですので経歴書を登録するだけで、企業人事担当者や転職エージェントの担当者から毎日のようにスカウトが届きます。

登録した人のキャリア次第では、大手転職エージェントと比較して3-10倍ほどスカウトの数が増えた!という人もいます。

  • 「仕事が忙しくて求人チェックする時間がない」
  • 「とにかくたくさんの企業からのスカウトをチェックしたい」

という人は、登録するだけでスカウトがたくさんくるビズリーチが向いているでしょう。

②年収600万円以上の求人数が8.9万件で業界最多。年収アップ出来る求人が多い

ビズリーチは他の転職エージェントと比較しても、年収アップできる求人が豊富です。

年収600万円以上の求職者からの支持率No.1というデータが物語るように、求人数は8.9万件と他社よりも多い求人数となります。

ですので現状年収が低い転職希望者であっても、ビズリーチでしかチェック出来ない好条件の求人が紹介されるでしょう。

  • 「今の年収に不満がある!」
  • 「もっともっと稼ぎたい!」

という人は登録しておくと良いでしょう。

※公式ホームページには「年収600万以上に支持される」とありますが、年収600万未満でも登録・利用は問題なく出来ます

③上場企業・大手企業の求人が多い

上に書いた「年収アップ出来る求人が多い」ということとも繋がりますが、ビズリーチは大手・上場企業の求人が多いです。

  • アマゾンジャパン
  • 資生堂
  • ソニー
  • 武田薬品日産自動車
  • 富士フィルム
  • ソフトバンク

年収が高い求人が多いので、当然上場企業や大手企業の求人が多いのは必然なのですが。

ですので「新卒で入社できなかった大手に入社したい!」と感じる人は登録しておいた方が良いです。

とはいえ大手企業は周りも入社したいと感じる人気求人。

募集してもすぐに打ち切りになりますし、募集も若干名です。

なので逆算して早めにビズリーチに登録して、大手企業の求人を漏れなくチェックしておくことが大事だといえます。

⇒「他の転職エージェントよりも年収アップ出来る求人紹介が1番多かったですね!ビズリーチからの紹介求人で年収が30%ほどアップしました♪(30代/男性)」

doda/パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)

当サイト経由で1番多く登録されているの転職エージェントになります。

doda(デューダ)は大手人材人材会社のパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)グループが運営しているサービス。

転職支援業界で国内2位の売上高を誇っていますね。

dodaのポイントは以下になります。

①親身なサポートで転職者満足度No.1

dodaは転職者利用者へのアンケート調査で満足度No.1の実績。

満足度が高い理由としては、「登録者に寄り添った親身なサポート」だからです。

  • 転職に関する不安悩みごとの相談
  • 自分のキャリアプランに迷った時には面談でのキャリアカウンセリング
  • 将来の最適なキャリアプランの提案

このようなサポートの結果、転職サポートで年間1万人を成功に導く実績豊富なエージェントになります。

「以前転職エージェントに登録したけど放置された!」

「手厚く、親身なサポートを受けたい!」

という転職希望者が登録・利用すると特に満足度が高いですね。

②履歴書・職務経歴書の添削が抜群

dodaは履歴書・職務経歴書の添削が丁寧で分かりやすいと評判です。

転職活動での第一関門である書類選考。

応募書類で最大限自分の経験や能力をPRしないといけないのに、完璧な書類を作り上げている人は非常に少ないです。

その点、dodaのキャリアアドバイザーは

  • 1から応募書類の作成を手伝ってくれる
  • 履歴書を下書きすれば清書を代行してくれる
  • 書類選考通過率が約3倍にアップする書き方のコツを教えてくれる

といったサポートをしてくれるんです。

「書類選考で落ち続けて面接までたどり着けない・・」

という人は質が高いと評判のdodaの応募書類の添削を一度受けてみるべきですね。

③登録者限定の非公開求人が80%もある

dodaに登録した会員限定でしか閲覧できない非公開求人が全体の約80%あります。

非公開求人の中にはdodaだけが扱う独占求人も多いです。

求人の質も圧倒的に高く、業界最大手のリクルートエージェントとは違った独自の企業を紹介してくれるのが特徴。

⇒「転職者満足度No.1の言葉に惹かれて登録。確かに他の転職エージェントと比べてもサポートの質が抜群です。親身に相談に乗ってくれました!(20代/女性)」

リクルートエージェント

転職支援サービス最大手のリクルートグループの転職エージェントになります。

①業界最大級の10万件の求人件数。

転職エージェント業界業界最大手リクルートエージェント。

公開求人・非公開求人が合わせると約10万件と業界最多の圧倒的な求人件数です。

「とにかくたくさんの求人の中から自分に合う求人を探したい!」

という人はリクルートエージェントの求人の多さを実感するべきでしょう。

②転職支援の成功実績32万件でNO.1

リクルートエージェントが転職支援業界で成功実績No.1となったのは以下の理由です。

求人数の多さ+担当キャリアアドバイザーの質の高さ=転職成功実績32万件

確かに、dodaのキャリアアドバイザーもレベルが高いのですが、dodaの特徴としては親切丁寧なサポートです。

一方リクルートエージェントの特徴としては、とにかくキャリアアドバイザーのアドバイスが的確ということ。

アドバイスの内容に無駄がなく、ズバリ自分が進むべきキャリアを示してくれるんです。

と使い分けが必要になってきます。

③女性向けの転職ノウハウが豊富

リクルートグループの中に人材派遣会社(リクルートスタッフィング)と連携した女性に特化した求人や濃いノウハウ情報が豊富にあります。

特に事務職・販売職などの業界職に精通したキャリアコンサルタントが多数在籍しているので相談しやすい環境は整っていますよ。

「女性ならでは目線で悩みを相談したり、共感してくれる担当者が良い!」

と感じる女性の転職希望者が登録すると満足なサポートを受けることが出来ます。

④夜間・土日祝日でもサポート受付!

リクルートエージェントは、平日・土日祝日いつでも20時以降にも相談が出来るんです。

「仕事が忙しいからなかなか転職活動の時間が割けない・・」

という人でも、在職しながら転職活動が出来るサ手厚いサービスと言えますね。

⇒「業界大手だけあって紹介される求人数は桁違い!転職サイトに掲載されてない非公開求人も紹介されたので大満足です!(20代/男性)」

生命保険の営業の体験談5つ

体験談①「お客さんとの信頼関係が大事です」40代/女性

保険外交員として生命保険の営業を20年以上続けて働いていました。

関東地区や九州地区で主に営業をしていたのですが、自分でも言うのもなんですけど常にトップセールスでしたね。

役職としては支部マネージャー・営業所長などを経験してきたんです。

元々生命保険の営業をしようと思った経緯は、元々勤務していた信用金庫を結婚・子育てを機に退職したから。

ある程度の子育ても落ち着いてきたので、前職の金融での知識を活かせる生命保険の営業に転職しました。

最初は九州・博多の営業所で働き始めました。

生命保険販売の営業経験は一切なかったので、研修を受けたあと試験に合格してようやく営業所に配属になったんです。

営業法の具体的な研修はあまりなかったので、売れっ子営業マンや営業所長などの営業手法を見て盗むような感じでしたね。

昔は口座振替などの保険料支払いのシステムなんてなかったので、1件1件顧客に訪問して集金するスタイル。

嫌でも毎月顔を合わせる営業スタイルだったので、そのタイミングで貯蓄性の高い商品の紹介などをしていたんです。

でもただ単に紹介するだけでは契約を貰えないので、集金のタイミングでさりげなく家族状況や将来性設計を聞き出すことは意識していました。

その結果、少しずつですが新規契約が増えていったように記憶しています。

後は生保営業として継続的に目標額(ノルマ)を達成するために意識したことはとにかく訪問数などの行動量を担保すること。

たくさんのお客さんと顔を合わせることはとにかく意識していました。
もちろん私も人間なので、新規のお客さんから「帰れ!」などキツイ言い方をされると落ち込むこともあります。

それでも新規・既存のお客さんから「ありがとう。感謝してるよ」などと言ってもらえると疲れも吹き飛びモチベーションも高まったんです。

目標としては1日2件の契約。2件契約を目指していれば最低でも1件は取れるようになります。

そうなると最低でも、年間で250件ほどの新規契約が取れるようになり前者でも表彰されるようになったんです。

もちろん営業所では常にトップクラスの成績。

結果で自信が持てましたし、法人向けの保険提案も徐々に成功するようになってきたことも自信に繋がりました。

経営者の方の相談を受けることがあり、

など今まで知らなかったこと領域のことを調べながら丁寧に提案していったら、私のことを信用してくださって全て契約してくれたんです。

法人契約は個人向け営業とは異なった面白みを感じましたね。

社長に気に入られると、他の経営者の方をドンドン紹介してくださって法人契約がドンドン積み重ねっていきました。

あと営業手法として心がけていたのはとにかく相手の話を聞くということ。

人間は誰しも自分の話を聞いて欲しい生き物。それは営業でも同じです。

生命保険の話をしたくて、ついつい保険の話ばかりしがち。保険に興味ないお客さんにいきなり保険の話をしても意味ないです。

最初は保険の話は一切にせずに相手の懐に入り込むために、ひたすら話を聞くのです。

話の内容はなんだって構いません、仕事の話でも、家族の話でもとにかくお客さんが話をしたがっていることを聞くようにしていました。

相手を話を聞いているうちに下記のようなことが自然と分かるようになります。

  • 仕事や会社の内容
  • 家族構成
  • 大体の年収
  • 趣味
  • 今の悩み

などの話を聞けば自然とお客さんの状況をヒアリング出来ている上に、信頼関係も自然と築かれているんです。

ここまでくれば新人営業マンでも誰でも契約は取れますよ。

なので、とにかくお客さんの話を聞くということは意識していましたね。

あと、保険の営業をしている中で知り合ったお客さんとお客さんを繋げることが出来るのも生命保険営業の仕事の魅力だと思います。

たくさんお客さんがいれば仕事内容も多種多少。

  • メーカーの役員
  • 弁護士
  • 税理士
  • IT経営者

などの方々と知り合うと悩みも多種多様となります。

私の仕事はお客さんの課題・悩みを解消すること。

必ずしも保険契約ではなくても良いと思ってます。

税金対策の悩みがあるなら知り合いの税理士さんを紹介します。

住宅購入なら、不動産さんを紹介します。

事業継承や、経営課題なら、社長さんや経営コンサルタントさんを紹介出来ますからね。

私の人的ネットワークでお客さんの悩みが解消されれば、返報性の法則が働いて保険契約となったら私を思い出してく連絡をくれるんです。

こういった理由からも生命保険の営業なのですが、とにかく話を聞くという営業スタイルは意識するようにしていますね。

体験談②「出来ることをコツコツ積み重ねたらいつの間にかトップセールスマンに!」30代/男性

父親が生命保険の営業をしていたこともあり、自分もと思い生命保険業界に転職したんです。

前職は機械メーカーの営業でしたが、BtoBの営業でした。BtoCの営業をしてみたいと思い生命保険業界を志望したんです。

実際父が生命保険の営業をしている時に、お客さんから感謝される光景を目の当たりにしてきたので、顧客から感謝される仕事をしたいとも思っていました。

ですが、転職早々「お客さんのために営業したい」という思いは打ち砕かれましたね。

ご多分に漏れず私も最初はお客さんがいないので知り合いに片っ端から営業していきました。

でも徹底的に嫌われたのでびっくりしたんです。

特に私と同じような若い世代は本当に鬱陶しがられました。。

「保険なんて要らない。」

「保険の話を聞いても分からないし、保険料を毎月払う余裕もない」

とウザがられる毎日でしたね。

身内ですら契約も取れない自分本意な営業手法だったので、飛び込み営業や年収の高い医者や経営者に営業しても契約が取れるはずもありません。

最初は全然駄目だったんですが、諦めずに営業し続けるうちに徐々に契約が取れるようになってきたんです。

それは、個人事業主や小規模な経営者にターゲット絞ったから。

自分の友人がフリーランスとしてwebデザイナーの仕事をしてたんです。その友人がいつも「厚生年金」「退職金」がないから将来が不安だ・・って言ってたんです。

なので、経営者は同じような悩みを抱えているはず!と思い、将来年金代わりにもなる貯蓄型の終身保険を徹底的に紹介していったんです。

そうするとポツポツと契約が取れるようになってきましたね。

自営業の人は、老後の具体的な年金額も分かってないケースも多かったので、シュミレーションして老後の生活の危機感を持ってもらうことも意識しました。

国民年金の月数万円じゃ生活出来ないですよね?不足分は保険でカバーしましょうよ」という話をするようにしていました。

後は仲の良い友達や知り合いを増やすことも大事だと思いますね。

良いか悪いか分かりませんが、誰しも保険の営業を受けることを嫌がる傾向にあるんです(笑)

「自分から問い合わせすると必死になって保険の営業をしてくる。」

「必要のない保険をオススメされそう」

といった悪いイメージです(笑)

だったら信頼できる知り合いから、保険の話を聞きたい人も多いだろうと思って、とにかく仲の良い知人を増やすようには意識しました。

「そういえばアイツ保険の仕事しているって言ってたから一回相談してみるかな」

と思ってもらえれば勝手に保険相談の依頼が舞い込んできますからね(笑)

facebookの友達が3,000人を超えたり、ツイッターのフォロワーが5,000人を超えたあたりから目に見えて保険の営業成績も良くなってきました。

それだけたくさんの知り合いがいれば毎日のように誰かしら結婚・出産・病気などのライフイベントが発生するんです。

話さえ聞いてもらえれば誰でも保険の必要性を理解してくれます。

自分としても知り合いに提案するんですから、ちょっとでも「話を聞いてよかったな」とメリットを感じてもらえるようにしたいと思いますからね。

必然的に商品設計の提案も気合の入ったものになるんです。

私が提案するお客さんは大体が知り合いなので、既に以下のようなことが分かっているので提案が的確になるっていうのも大きかったです。

  • 家族構成
  • 年収
  • 過去の既往歴
  • 健康保険の加入状況

私の生命保険の営業成績が悪かった頃は、「トップセールスマンの人はその人達しか知らない特別なテクニックがあるんじゃないか?」と思ってたんです。

でも、実際自分がトップセールスマンになってみると特別なことなんてないですね。

  • 飛び込み件数を昨日より1件多く頑張る
  • 商品設計を昨日より1個だけ工夫してみる
  • 知り合いを増やすため1日1人だけだけでも話しかけてみる

1日では小さな差ですが1年間だとかなり大きな営業成績の差となって返ってきます。

営業成績が悪い頃は「辞めたい。辞めたい」と毎日思ってましたが、今はやり甲斐を感じる毎日ですね。

⇒「生保の仕事辞めてノルマのプレッシャーから開放されました!毎日上司から怒られている夢を見ていたんですが、転職して一切夢も見なくなったんです♪(38歳/男性)」

↓↓ 人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

体験談③「生保営業の方が立場は上!と思いお客さんは選んでました」30代/女性

私も保険営業の仕事をするまでは印象は凄く悪かったです(笑)

職場に押しかけてきて「アンケート書いて下さいね」っておばちゃんの生保レディーさんが言ってきて、お礼は飴玉だけとか(笑)

個人情報の管理も杜撰ぽいし、契約もしてないのに毎月「保険通信」っていう手作りの冊子を持ってくるんです、、

そんな感じで生保レディーに関する印象は最悪でしたが、シングルマザーになってしまったことを機に生命保険販売に転職することになったんです。

やっぱりパート勤務だと収入が足りないので仕方ないですね。

とはいえ、私が受けたような生保営業は絶対にしない!と決めていたんです。

私の営業手法としては、人生設計のプランニングをしてお客さんから「教えてくれてありがとう!」と言ってもらえる営業になることです。

昔の生保業界のように「お願い営業」は絶対にするつもりはありません。

生保の知識に長けて人生設計を無料で教える立場なので、立場は私の方が上!そう思って普段から営業していました。

とはいえ、「教えてやってるんだぞ!」という威圧的な態度だと、相手も聞く気もしないですし売り込みになりかねませんから注意が必要ですが(笑)

ですので、無茶なことを言うお客さん・横柄な態度なお客さんが「契約する」と言ってもこちらか「結構です」と断っていました。

だって面倒なお客さん1人と契約するだけで普段の営業活動が苦しくなるから。

無茶なことを言うお客さんは契約した見返りに理不尽な要求をしてくるんです。

  • ネットワークビジネスの契約
  • 宗教の入会
  • 何らかの商品販売
  • 食事やデートなど

お客さんにイニシアティブを握られてしまうと御用聞き営業にしかなれません。

質の悪いお客さんはどんどん損切りして目先の目標数字に左右されない。

なので私は断る勇気を持つ営業になる!ということは凄く意識していましたね。

確かに一時的に数字が苦しくなることもありますが、お客さんに支配されない安堵感は生命保険の営業する上では何よりも大事だと思います。

あと、生命保険を長くしてきて感じるのは、社内の上司や会社としての考え方も良くないと思います。

例えば、パワハラ

月末の数字の締め日が近くなると明らかに上司に機嫌が悪くなってきます。

理由は数字を達成してないから(笑)

机やゴミ箱を蹴飛ばし罵声を浴びせているパワハラ風景は日常茶飯事。

ノルマ達成のプレッシャーに追われて、数字を作るためにお客さんの収入を無視した不正契約や告知義務違反する営業マンがいても不思議ではないです。

過度にノルマ!ノルマ!と焚き付けられると、コンプライアンス違反を誘発してしまうのは誰の目にも明らかですからね。

「絶対にノルマを達成しないと!」

と思った結果、明らかに女を武器にして保険営業をしている若い外交員も少なくありません。

安定的に実績をあげようとすると女を武器にするしかない子だっていますからね。

外交員本人がノルマ達成するために女を武器にするケースもありますが、最悪なのは上司が斡旋する時。

上司が大口の法人契約を検討していた会社社長に、若い生保レディーをホテルの部屋に連れていったなんてこともありましたから。。

若い生保レディーにとって、大事なのは保険知識や営業能力ではなく、女性としての「若さ」「色気」「気遣い」ってことです。

本当はお客さんへの提案能力を上げるための保険知識の勉強や、お客さんと対面した時に書く逆さ文字の練習なんかをするほうが良いのにね。

日本の生命保険市場はアメリカ市場に次世界2位の40兆円もあるんです。

でもこの40兆円の多くは告知義務違反や、若い外交員による女性を武器にした営業の結果もたらされた契約。

生保会社だけが私服を肥やし、パイの奪い合いでしかないです。

保険不払いや支払い拒否。告知の簡素化など、お客さんにとって良い保険営業って何なの?と考えさせられるモラルハザードが常に起こっているのがこの業界です。

私なんかの一営業マンがどうこういっても仕方ないですが、生命保険業界の今後が不安で溜まりませんね

体験談④「生命保険業界が嫌になり辞めました」(30代/男性)

「一生涯のパートナー」「充実したアフターフォロー」

こんな保険会社のことがに虫酸が走るくらい嫌になったので辞めたんです(笑)

私は生命保険の営業として

  • 保険加入状況の見直し
  • 加入の相談
  • コンサルティング
  • 保険金支払い手続き

など責任感をもってアドバイス・サポートをしてきた自負はあります。

ですが、それ以上に保険会社のやり口に嫌気がさしたのです。

まず最初に言っておきますが、保険会社の営業として稼げる営業マンなんて全体の中では一握り。

稼げない人の方が圧倒的に多いんです。

歩合制の営業マンなんてプロ野球選手みたいに稼げるほうが少なくて、高額所得者なんて社内でも数えるくらいしかいませんよ。

実際に入社間もない営業マンなんて新規契約を獲得できずに1年以内にすぐに辞めていきますからね。

ノルマを達成できないと給料は10万円台。さらに外回り営業にかかる経費は全て自己負担なのでたださえ少ない給料がどんどん減っていく。

あと個人的に1番嫌だったのは自社の商品より優れた商品が大手外資系保険会社に存在したからです。

入院保障(医療保険)・収入保障など試算したら明らかに保険料を安く抑えることが出来たわけです。

家族や知り合いだったら保険料の高い自社の保険を勧めないのに、営業ノルマを達成しないといけないので不要な保険を売りつけないといけない。

価格は安い上に、国内の保険会社よりも大手外資系保険の方が財務体力があるので、明らかに劣った商品な訳です。利益相反なことは出来ませんからね。

なので、自社の生命保険しか売れない営業は辞めることにしたんです。

ちなみに、この時に保険業界からは足を洗うことにしました。

知り合いには「保険代理店だったら複数商品売れるし転職先にいいんじゃない?せっかくの経験勿体無いよ!」

と言われたのですが、そもそも保険って必ずしも必要なものじゃないですよね?

急な死亡や事故、さらには老後の生活に備えるという目的ですが、そのために付きに何万円も払う必要があるのか?

だったら都道府県民共済で十分なのではないか?

どうしても生命保険が必要な場合も必ずしも対面販売は必要ではないのではないか?今だったらライフネット生命のようなネット保険会社もありますからね。

顧客本位で考えるなら、今の保険販売の方法にはかなり疑問が残ります。

医療・介護・貯蓄・死亡に備えることは大事だけど、保険会社が儲けるために、営業マンと顧客が犠牲になるのは我慢ならなくなってきたんです。

保険会社ってどこもテレビCMの放映が凄いじゃないですか?いかに保険会社が儲けているかが分かりますよね。

せっかく身につけた保険の商品知識などは勿体無い気もしますが、商品の優劣を見比べた時に劣る自社の承認は売りたくないと思ったんです。

今は、金融とは全く違う業界で営業職の仕事をしていますよ。

下記の動画では、「生命保険大改革時代」としてライフネット生命などのネット保険のことなどを紹介しているので参考にしてみて下さいね!

体験談⑤「契約を取るためにお客様のネックを突き詰める」40代/男性

生命保険の営業マンとして成功するのはやっぱり聞く力が大事ですよね。

例えば、提案した後に必ずと言っていいほどお客さんって「検討しますね」っていうじゃないですか。

その時にちゃんと営業マンとして聞くべきなんです。

「どんなことを検討されるんですか?」って。

顧客と営業マンで検討するべき課題を共有しておかないと、次のステップに進めないでしょ?

また顧客自身を何がネックで契約に至らないのか分かってないケースもありますからね。

そもそも生命保険のお客さんって別に保険を買いたいわけじゃなくて、保険に加入することで得られる安心が欲しいわけです。

つまり、漠然とした「望み」を明確にしてあげることが大事。

そのためには顧客の不安や悩みを気kだし、本当気持ちを喋らせないと駄目なんです。

不安や悩みを喋って貰えれば、あとは問題解決の方法を提案するだけ。

だから他の営業マンが聞かないようなことを一歩踏みんこんで「聞く力」が大事になってくるわけです。

⇒「転職エージェントを使ったら、忙しい生保の仕事しながらでも転職活動出来ました!(27歳/女性)」

↓↓人気の転職エージェントとは?

生命保険営業マンのメリットや魅力3選

メリット①自分の営業成果次第で高給与をゲット出来る

保険営業の給料は歩合制。自分が頑張れば頑張る分だけ年収を上げることが出来ますよね。

  • 営業力に絶対的な自信がある人
  • 実力主義で成果を上げた人が評価されることに魅力とを感じる人

こういった人は成果指標がわかりやすい生命保険の営業の仕事は向いてますし、メリットを感じやすいです。

メリット②自己成長の場となる

生命保険の営業は、世間では「大変な仕事」というイメージがついています。

  • 毎月ノルマ達成のために契約を取り続ける
  • 営業スキル以外にも保険・金融知識を勉強し続ける
  • 個人事業主として経営者意識も持つ

このように一般のサラリーマンで経験できない厳し環境に身を置いています。

ですので、気づかくうちに自分自身がビジネスマンとして急成長している人も多いんです。

メリット③自由な時間の使い方が出来る

保険営業の成果指標はあくまで保険契約や売上の数字。

ですので、数字やノルマ達成さえしていれば働き方は人それぞれ。

極端な話月の半分はサボっていても、契約さえ取ってくれば評価されます。

休みや出勤時間もセルフコントロール出来ますね。

ですが、働き方として自分に甘すぎる人は保険営業は苦労することになりますね。

生命保険営業に向いている人とは?特徴7つ

特徴①前向きな人

生命保険営業は辛いことも多いです。お客さんからきつく当たられることもありますからね。

嫌なことがあってもすぐ忘れて切り替えのは凄く大事。

明るく元気に振る舞っていればお客さんにも伝わります。

毎月営業ノルマを達成しないといけないので落ち込んだり、傷ついている暇はありません。前向きさは重要な資質ですね。

特徴②礼儀正しい人

生命保険の営業に限ったことではないでうあが礼儀礼節は基本中の基本。

目上の人はもちろんこと、謙虚さ丁寧さをもって相手と会話することで好印象に繋げることも出来ますかららね。

言葉遣いなどのマナー面だけではなく、時間厳守も大事です。

特徴③清潔感がある人

表情・振る舞い・態度・目線・声のトーンや大きさ・髪型など第一印象に関わる部分は意識しておくべき。

メラビアンの法則にもあるように、相手からの印象の93%は話の内容以外で決まってしまうという法則もありますからね。

特徴④あらゆることで勉強熱心な人

生命保険業界に携わっている以上あらゆる金融知識を自主的に勉強していくことは最低限求められます。

他にも、顧客のニーズを探るために話を聞いて顧客のことを調べたり勉強したりするのも大事。

常にアンテナを張り巡らせせてニュースや新聞などからの情報収集も重要ですね。

勉強熱心かどうかはお客さんから見るとすぐに分かりますし、信頼感も変わってきます。

特徴⑤人に尽くし感謝されることが好き

生命保険は顧客の未来の安心を売る商品。

なので、顧客のために調べたりプランニングしたりして感謝されることに喜びを感じれる人の方が成功しやすいですね。
あとはおせっかいなくらい世話好きな人も向いていますね。

特徴⑥自分を律することが出来る厳しさを持っている人

生命保険の営業は直行直帰だったりと営業1人1人の裁量権が大きいです。

だからといってサボりまくっていると契約どころか見込み客すらつくれません。

上司から指示されなくても自分の規律を守ってスケジュール管理出来る人でないと苦労するでしょう。

特徴⑦素直な人

これも生命保険の営業に限った話ではありませんが、何事においても素直さは大事。

上司から指摘されたこと

契約を取れない原因や要素

こういったことを改善していくのは素直な姿勢が重要です。

下記の動画ではプルデンシャル生命でのトップ営業マンの仕事ぶりが紹介されています。

「どうやったらトップ営業マンになれるか分からない!」

というアナタは参考にしてみて下さいね。

⇒「生保の仕事辞めてノルマのプレッシャーから開放されました!毎日上司から怒られている夢を見ていたんですが、転職して一切夢も見なくなったんです♪(38歳/男性)」

↓↓ 人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

生命保険営業成績トップの人だけが加入できる「MDRT」

MDRTの公式HP

生命保険営業職としてトップレベルの成績を残した人だけが加入できる「MDRT」という組織があります。

加入条件もまさにトップレベルで具体的な基準は以下。

MDRTの加入基準

手数料:1126万2900円以上/年
保険料:3378万8700円以上/年
収入 :1937万2200円以上/年

参照:2018年度のMDRTの入会基準

ですので、MDRTに加入できるほどトップ営業マンであれば最低でも年収2000万円以上は稼いでいるということ。

ちなみに日本の生命保険営業マンの人数は平成27年で22万9668人となっています。対してMDRTの会員数は5,940名。

保険営業マン全体の2.5%しかMDRTの会員になれないという狭き門なのです。

ちなみにMDRTの会員の所属保険会社の数が発表されているのですが、

1位:プルデンシャル生命保険 1,387名
2位:ソニー生命 803名
3位:ジブラルタ生命保険 727名

という保険業界経験者なら納得のいうデータではないでしょうか(笑)

生命保険業界の3年後離職率8割というデータに関して

ネット記事をチェックしていると

入社3年以内の離職率が生保営業は8割を超える!なんて書かれているんですが、マジでハッタリです(笑)

無責任なこと書いて生保業界からクレームとか来ないかなーと心配していますw

就職四季報2019

就職四季報2019(東洋経済)」により最新のデータでは生命保険業界の3年後離職率は以下になっています。

ちなみに、3年ご離職率は東洋経済が独自取材したデータで回答の義務なし。よって回答してない企業もあるので回答のない企業の掲載は割愛しています。

回答していた企業は上記の5社ですが5社の平均の3年後離職率は8.4%。80%と書いている記事はどのデータを元に言っているのか謎ですw

ちなみ厚生労働省発表の中卒・高卒・大卒別の3年後離職率はこちらから確認できます

ビズリーチが転職エージェントの中でも優れている3つの理由

理由①年収600-1000万円以上の求人数が業界最多。支持率No.1

ビズリーチは他の転職エージェントと比較しても年収600万円以上の求人数が最多で支持率No.1のサービスなんです。

年収ごとの求人数比較

■年収600万円以上の求人数
ビズリーチ:89,830件
リクルートエージェント:51,403件
DODA:22,212件

■年収1000万円以上の求人数
ビズリーチ:21,500件
リクルートエージェント:10,057件
DODA:2,331件

理由②求人件数が10.6万件で業界最多!

私自身複数社登録しました。

その中でビズリーチが1番良かったなと感じた理由の1つが、「圧倒的な求人数の多さ」ですね。

主要エージェント求人数比較
■ビズリーチ:10.6万件
■リクルートエージェント:10万件
■DODA:8万件

僅差ですがビズリーチの求人数が多いことが分かりますね。

比較として転職サイト大手「リクナビNEXT」と「ビズリーチ」の東京での求人数も比較しておきます。

リクナビNEXTの求人数【東京】

ビズリーチの求人数【東京】

  • リクナビNEXT求人数⇒5,827件
  • ビズリーチの求人数⇒68,874件

11.8倍ビズリーチの方が求人数が多いです。

当然求人が多くなると、私たち求職者にとっては選択肢が増えるので、求人数に比例して内定数も増えていくことになります。

理由③キャリアアドバイザーの人数が2,500人以上と圧倒的

ビズリーチは転職エージェントの中でもキャリアアドバイザーの数が圧倒的なんです。

数が多いほうがアナタに合う求人を紹介してくれる確率も高まるので、数が多いほうが良い求人に巡り会える確率も高まるということです。

キャリアアドバイザーの人数比較

ビズリーチ:2,500人以上
リクルートエージェント:470人
DODA:非公表

 

ビズリーチへの無料登録方法

早速ビズリーチへ無料登録を行い、キャリアアドバイザーからアドバイスを受けましょう!

まず、公式ホームページより登録画面に進みます。

■ビズリーチ公式HPのURL
https://www.bizreach.jp

  • 氏名
  • 年齢
  • 住所
  • 連絡先
  • 直近の職歴

などの必須項目を入力しましょう。

転職したい人
入力が面倒だな・・

と登録時の氏名などの入力が面倒くさい・・と感じる人もいますよね。

ビズリーチの場合は、氏名・生年月日などの基本情報は選択形式などの入力の手間は不要!

気楽にポチポチ選んでいくだけなのでかなり楽なんです♪

ステップ①性別の選択

ステップ②都道府県の選択

ステップ③生年月日の選択

⇒「ホントに職務経歴を登録するだけでスカウトが1週間で52件も届くんですね!?(30代/男性)」

↓↓ 人気の転職エージェントは? ↓↓

ビズリーチへ登録して今よりも条件の良い職場へ転職しよう!

転職は当然ですが、転職のプロに相談するのがベスト。

私自身、ビズリーチへ登録して応募書類の添削をしてもらってから、書類選考の通過率が約2.5倍にアップしました。

転職エージェントのプロの視点は、本当にすごいんだなと感心しましたね。

いかに自分で作った応募書類の内容が穴だらけだったかということですが(笑)

ビズリーチへ登録してプロのコンサルタントにアドバイスを受けることで、確実に今以上企業に対してアピールすることが出来ます。

結果、収入面・待遇面・仕事の内容で、今以上の職場に転職できる確率もグッとアップしますよ。

今すぐ登録して、絶対に転職を成功させましょう!!

⇒「ヘッドハンターの独占求人のおかげで年収が273万円上がりました!(40代/男性)」

↓↓ 登録方法や詳細をチェックする方法は? ↓↓

転職エージェントに登録するべき人は?

転職エージェントを利用するべき人の特徴

  • 仕事に時間を取られ活動できない
  • 転職活動を中途半端にしたくない
  • 会社に迷惑かけず両立したい
  • 就活で仕事のプライオリティを落としたくない
  • 情報収集・書類作成を休日にしたくない
  • 面接のスケジューリングしたくない

こういった人は転職エージェントを活用すると悩みが解決されるでしょう。

特に「とにかく効率的に転職活動を進めたい」という人は絶対登録すべきです。

転職エージェントというのは、あなたの専任のコンサルタントが「あなたが活躍できる業界や職種のアドバイス」「応募書類の添削」「面接対策」などを完全無料で行ってくれるんです。

「じゃあオススメの転職エージェントは?」

と気になるところ。

オススメの転職エージェントは・・・

↓ ↓

  1. ビズリーチ
  2. doda
  3. リクルートエージェント

「不動産を辞めたい」人が多く登録している転職エージェントTOP3

ビズリーチ

当サイト経由で1番多く登録されているの転職エージェントになります。

ビズリーチはテレビCMでも話題の転職支援サービスですね。

①キャリアアドバイザー2,500人以上からの圧倒的なスカウトの豊富さ

ビズリーチのキャリアアドバイザーは他社より10倍以上多い2,500人以上。

ですので経歴書を登録するだけで、企業人事担当者や転職エージェントの担当者から毎日のようにスカウトが届きます。

登録した人のキャリア次第では、大手転職エージェントと比較して3-10倍ほどスカウトの数が増えた!という人もいます。

  • 「仕事が忙しくて求人チェックする時間がない」
  • 「とにかくたくさんの企業からのスカウトをチェックしたい」

という人は、登録するだけでスカウトがたくさんくるビズリーチが向いているでしょう。

②年収600万円以上の求人数が8.9万件で業界最多。年収アップ出来る求人が多い

ビズリーチは他の転職エージェントと比較しても、年収アップできる求人が豊富です。

年収600万円以上の求職者からの支持率No.1というデータが物語るように、求人数は8.9万件と他社よりも多い求人数となります。

ですので現状年収が低い転職希望者であっても、ビズリーチでしかチェック出来ない好条件の求人が紹介されるでしょう。

  • 「今の年収に不満がある!」
  • 「もっともっと稼ぎたい!」

という人は登録しておくと良いでしょう。

※公式ホームページには「年収600万以上に支持される」とありますが、年収600万未満でも登録・利用は問題なく出来ます

③上場企業・大手企業の求人が多い

上に書いた「年収アップ出来る求人が多い」ということとも繋がりますが、ビズリーチは大手・上場企業の求人が多いです。

  • アマゾンジャパン
  • 資生堂
  • ソニー
  • 武田薬品日産自動車
  • 富士フィルム
  • ソフトバンク

年収が高い求人が多いので、当然上場企業や大手企業の求人が多いのは必然なのですが。

ですので「新卒で入社できなかった大手に入社したい!」と感じる人は登録しておいた方が良いです。

とはいえ大手企業は周りも入社したいと感じる人気求人。

募集してもすぐに打ち切りになりますし、募集も若干名です。

なので逆算して早めにビズリーチに登録して、大手企業の求人を漏れなくチェックしておくことが大事だといえます。

⇒「他の転職エージェントよりも年収アップ出来る求人紹介が1番多かったですね!ビズリーチからの紹介求人で年収が30%ほどアップしました♪(30代/男性)」

doda/パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)

当サイト経由で1番多く登録されているの転職エージェントになります。

doda(デューダ)は大手人材人材会社のパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)グループが運営しているサービス。

転職支援業界で国内2位の売上高を誇っていますね。

dodaのポイントは以下になります。

①親身なサポートで転職者満足度No.1

dodaは転職者利用者へのアンケート調査で満足度No.1の実績。

満足度が高い理由としては、「登録者に寄り添った親身なサポート」だからです。

  • 転職に関する不安悩みごとの相談
  • 自分のキャリアプランに迷った時には面談でのキャリアカウンセリング
  • 将来の最適なキャリアプランの提案

このようなサポートの結果、転職サポートで年間1万人を成功に導く実績豊富なエージェントになります。

「以前転職エージェントに登録したけど放置された!」

「手厚く、親身なサポートを受けたい!」

という転職希望者が登録・利用すると特に満足度が高いですね。

②履歴書・職務経歴書の添削が抜群

dodaは履歴書・職務経歴書の添削が丁寧で分かりやすいと評判です。

転職活動での第一関門である書類選考。

応募書類で最大限自分の経験や能力をPRしないといけないのに、完璧な書類を作り上げている人は非常に少ないです。

その点、dodaのキャリアアドバイザーは

  • 1から応募書類の作成を手伝ってくれる
  • 履歴書を下書きすれば清書を代行してくれる
  • 書類選考通過率が約3倍にアップする書き方のコツを教えてくれる

といったサポートをしてくれるんです。

「書類選考で落ち続けて面接までたどり着けない・・」

という人は質が高いと評判のdodaの応募書類の添削を一度受けてみるべきですね。

③登録者限定の非公開求人が80%もある

dodaに登録した会員限定でしか閲覧できない非公開求人が全体の約80%あります。

非公開求人の中にはdodaだけが扱う独占求人も多いです。

求人の質も圧倒的に高く、業界最大手のリクルートエージェントとは違った独自の企業を紹介してくれるのが特徴。

⇒「転職者満足度No.1の言葉に惹かれて登録。確かに他の転職エージェントと比べてもサポートの質が抜群です。親身に相談に乗ってくれました!(20代/女性)」

リクルートエージェント

転職支援サービス最大手のリクルートグループの転職エージェントになります。

①業界最大級の10万件の求人件数。

転職エージェント業界業界最大手リクルートエージェント。

公開求人・非公開求人が合わせると約10万件と業界最多の圧倒的な求人件数です。

「とにかくたくさんの求人の中から自分に合う求人を探したい!」

という人はリクルートエージェントの求人の多さを実感するべきでしょう。

②転職支援の成功実績32万件でNO.1

リクルートエージェントが転職支援業界で成功実績No.1となったのは以下の理由です。

求人数の多さ+担当キャリアアドバイザーの質の高さ=転職成功実績32万件

確かに、dodaのキャリアアドバイザーもレベルが高いのですが、dodaの特徴としては親切丁寧なサポートです。

一方リクルートエージェントの特徴としては、とにかくキャリアアドバイザーのアドバイスが的確ということ。

アドバイスの内容に無駄がなく、ズバリ自分が進むべきキャリアを示してくれるんです。

と使い分けが必要になってきます。

③女性向けの転職ノウハウが豊富

リクルートグループの中に人材派遣会社(リクルートスタッフィング)と連携した女性に特化した求人や濃いノウハウ情報が豊富にあります。

特に事務職・販売職などの業界職に精通したキャリアコンサルタントが多数在籍しているので相談しやすい環境は整っていますよ。

「女性ならでは目線で悩みを相談したり、共感してくれる担当者が良い!」

と感じる女性の転職希望者が登録すると満足なサポートを受けることが出来ます。

④夜間・土日祝日でもサポート受付!

リクルートエージェントは、平日・土日祝日いつでも20時以降にも相談が出来るんです。

「仕事が忙しいからなかなか転職活動の時間が割けない・・」

という人でも、在職しながら転職活動が出来るサ手厚いサービスと言えますね。

⇒「業界大手だけあって紹介される求人数は桁違い!転職サイトに掲載されてない非公開求人も紹介されたので大満足です!(20代/男性)」

合わせてよく読まれている記事

①金融辞めたい理由が転職成功させる方法5つ

金融辞めたい人が転職成功させる方法5つとは?新入社員も女性も異業種への転職は簡単!今すぐ辞めてストレスない職場へ!
「金融機関の仕事なんて今すぐ辞めたい!」 銀行・証券・消費者金融系の仕事をする人で「辞めたい!」と思う人は多いです。 お金を扱う仕事...

②職場いじめで退職するしかない?

職場いじめで退職するしかない?泣き寝入りは禁物!職場いじめの11個の対処法を紹介。絶対に負けるな!
「職場で社内の人に1日中無視されていて辛い・・退職するしかないのかな・・」 「自分だけ間違った仕事の指示を出されて、ミスをすると上司か...

③銀行員を辞めたい人へ。辛い&辞めたいと感じる5個の理由とは?

銀行員を辞めたい人へ。辛い&辞めたいと感じる5個の理由とは?金融⇒異業種の転職が難しいのは嘘!鬱寸前なら今すぐ退職して人間らしい生活を手に入れよう!
「銀行員もう辞めたいな・・。でも銀行員は高収入だし安定もしているし迷う…。」 「銀行の古臭い体育会系の雰囲気とか、ノルマが厳しいやり方...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする