手取り16万の正社員が年収アップさせる転職のコツとは?節約しなくても余裕をもった1人暮らしをする方法は転職しかない!

「正社員だけど手取り給料が16万円切って生活が辛い・・」

「ボーナス込みでフルタイム位で働いてるのに手取り16万円ておかしくない?」

などなど。

手取りの16万円以下で悩む人は多いです。

フルタイムの正社員で働いていても年収300万以下の人はワーキングプア。

派遣社員やアルバイトだけの非正規雇用だけではなく、正社員であってもワーキングプアと呼ばれます。

新卒学生の標準の年収が300万円なので、「月収16万円・年収300万円」は日本企業の最低の年収ライン。

  • 16万円の手取りで生活が出来るのか?
  • また手取りを増やす方法はないのか?

紹介していきますよ!

⇒「ホントに年収上がった!」転職成功者に人気の転職エージェントとは?

データ①学歴別初任給の金額

学歴別初任給データ

  • 高卒男子 ⇒ 16.3万円
  • 高卒女子 ⇒ 15.7万円
  • 大卒男子 ⇒ 20.5万円
  • 大卒女子 ⇒ 20万円 (※額面)

参照:平成28年度(2016年)の初任給データ(厚生労働省)

上記は額面のデータです。

約80%が手取りの金額なので、手取り16万円ということは、大卒の新卒入社した1年社員と同じ金額になります。

20代前半なら平均的な金額ですが、30歳前後で手取り16万円はかなり低いです。

最低限の余裕を持った生活をするのに必要な年収が300万円と言われていますから、手取り18万円くらいは確保しておきたいところ。

いかに「月収16万円」が少ない金額か分かってもらえると思います。

データ②年齢・性別・学歴別の年収データ

参照:賃金構造基本統計調査(平成27年。厚生労働省)

手取り16万円。年収300万以下の人がどの程度いるのかひと目で分かるデータです。

男女ともに大卒で40代以上で300万円以下の人はほとんどいません。

16万円が手取りの人は、世間一般と比較しても非常に低いです。

ただ少ないながらも、高卒・高専卒・専門卒の場合の一部で、年齢39歳以下でも300万円以下の人がいるのも事実。

年収の低い企業の多くはブラック企業。長時間の労働時間、休日出勤が多いなどの劣悪な労働条件で働いていることになります。

年収低い&待遇も悪い二重苦の状態で無理して働き続ける必要はあるんでしょうか?

  • 手取り16万円以上
  • 残業なしの職場

こういった条件で働いている人もたくさんいるので、もっと良い条件の職場を探すべきですよ!

⇒「ホントに年収上がった!」転職成功者に人気の転職エージェントとは?

手取り16万円&年収300万以下の低収入仕事10個

  • 1,公務員
  • 2,学校事務
  • 3,ビル清掃員
  • 4,農業・漁業・林業
  • 5,警備員
  • 6,福祉介護員
  • 7.販売員
  • 8、用務員
  • 9、パティシエ
  • 10,土木作業員

学校事務や公務員って高いんじゃないの?

というイメージだと思いますが、学校の事務は、都道府県庁職員なんです。

また公務員っていっても、田舎の町役場とか市役所の場合だと手取り16万円っていうのも普通にあります。公立学校の事務職員だと収入も高くなるんですけどね。

【コラム】額面と手取りの違いは?手取りってどうやって決まるの?

手取り額がどうやって決まるのかというと、額面の給与から、税金・年金・社会保険料が控除(天引き)された金額が「手取り収入」になります。

【給与に加算される項目】

  • 時間外労働手当
  • 資格手当
  • 超過勤務手当
  • 出張手当
  • 住宅手当
  • 営業手当
  • 資格手当

【給与から控除される項目】

  • 健康保険
  • 厚生年金
  • 介護保険
  • 雇用保険
  • 住民税
  • 所得税

【手取り金額の目安】

額面や支給額から75-85%引いた金額が手取り収入になります。

額面年収250万×80%(控除)=年収200万円(手取り月収16.6万円)

手取り16万円というのは額面年収250万円なので、平均年収400万円と比較すると相当低いことがわかると思います。

⇒「ホントに年収上がった!」転職成功者に人気の転職エージェントとは?

手取り16万円で1人暮らしは出来るのか?

では、手取り16万円の収入で1人暮らしができるかどうかシミュレーションしてみましょう。

手取り16万円の生活費の内訳

月収16万円生活費

  • 家賃:50000円
  • 光熱費:5000円
  • 食費+日用品:30000円
  • 携帯:3000円
  • ネット:4000円
  • お小遣い趣味 20,000円

▽合計支出 11.2万
▽残り 4.8万

家賃5万円の設定ですが東京の都心部だとほぼ不可能な家賃ですし、地方だとこれにプラスして自動車関連の費用がかかります。

家計もギリギリに節約してこの生活費なので、少しでも無駄遣いすると一気に家計は破綻しちゃいますね。

それぞれの項目をチェックしていきますね。

食費

基本的に1食300円程度で収める必要があります。

当然全て自炊で、外食やコンビニ弁当も絶対禁止。惣菜やお弁当を買う場合は、スーパーのタイムセールを活用するなどの節約が絶対に必要になります。

日用品

スーパーの割引セールの活用が必須です。また近所にドンキホーテがあれば、安売りのトレイットペーパーなどをまとめ買いしましょう。

どうしてもネットで購入したい場合は、アマゾンのお得定期便を活用すべきです。

毎月1回しか配送されませんが、10%引きで買えるのでお得です。

光熱費

ガス・電気・水道の光熱費の無駄遣いはいけません。

お風呂のお湯は貯めずにシャワーで済ませましょう。古い家電は電気代が高くなるので、新しい家電に買い替えたいところ。

特に暖房は電気代が高くなりがちなので、室内でも厚着をするなど出来るだけ暖房は使いたくないですね。

真冬・真夏は想定している電気代より3-5割ほど高くなるので、余裕をもって貯金しておきたいですね。

通信費

自宅は固定ネット回線でwifiにして、スマホは、docomoなどの3大キャリアは禁止、フリーテルやマイネオなどの格安simにして月間の支払いを2000円以下にしましょう。

2,000円以下でも、3GB使えて電話も出来るので十分です。

手取り16万円で貯金する方法

手取り16万円でも上記のように究極に節約すれば、4万円ほどは貯金は可能です。

当然。酒・タバコの嗜好品は絶対にNG。

貯金したいなら外食も控えるべきです。付き合いでも奢りでなければ参加してはいけません。

外食すればするほど貯金出来ないです。

手取り16万円はギリギリの生活で常に綱渡り

貯金する方法も書きましたが、仕事のストレスを解消などをしようとすると休みの日に飲みに行ったり、趣味に没頭したくなるのが普通です。

そうなると手取り16万円ではほとんど貯金できないのが現実だと思います。

また家賃5万円で設定しますが、東京・大阪・名古屋などの大都市では、駅からも遠く築年数も古い不便なアパートになるでしょう。

会社からも遠いので、通勤ラッシュに揉まれ毎日大変。

さらに車通勤の地方の場合は、ら貯金は絶対に無理です。

車を購入して維持しないといけないので、自動車ローン・自動車税・車検費用などが必要になりますからね。

さらに、友人との旅行や娯楽・レジャーなどや、友人の結婚などの想定外の冠婚葬祭の出費が必要になるケースも。

ボーナスなどで貯金する習慣をつけておかないと一気に家計は崩壊して赤字家計で火の車になることは間違い無し。

ボーナスが寸志程度だと厳しいですね。

仮に派遣社員・アルバイトなどの非正規雇用の場合だと、雇用は不安定になるので、いつ収入が途絶えるかわかりません。

このように手取り16万円でも生活出来ないことはないですが、突然の出費に対応できない、綱渡りな生活をしないといけなくなってしまうんです。

銀行の積立貯金・生命保険・疾病保険などの将来に対するお金も使えないので、不安だらけだと思います。

⇒「ホントに年収上がった!」転職成功者に人気の転職エージェントとは?

タクシー運転手でも年収300万ありますよ!本当に手取り16万円で我慢できる?

年収が低いと言われるタクシー運転手ですが、そのタクシードライバーでも年収は約300万程度あります。

厚生労働省の平成25年の調査では、「タクシードライバーの年収298万円200円」となります。

定年男性の再就職先・再雇用先で、高年齢男性の仕事のイメージですが、それでも約300万円。

手取りだと月収20万円ほど。

あなたが、20代30代の働き盛りにもかかわらず、手取り16万円しか貰っていない生活だとしたら本当に納得いっていますか?

手取り16万円しか支給されないような会社であればおそらく、昇進や昇給もほとんど望めないでしょう。

給料・休日などの労働環境の改善を会社に進言してもおそらく会社は受け入れないと思います。

16万円しか払えないくらい会社が儲かっていなでしょう。

ボーナスや退職金も雀の涙程度しか支給されないような会社に自分を安売りしてはいけません。

経営者は口では「少ない給料でごめんな」と言っているでしょうが、腹の中では「こんな安い給料で働いてくれてラッキー♪」と思っているでしょう。

もう一度聞きます。本当に手取り16万円で一生過ごすことになってもあなたは我慢できますか?

納得できますか?もし何の不満もないのなら、この先を読み進める必要はないです。

手取り16万円でこれからも頑張ってください。

ですが、少しでも「もっと給料もらってもいいんじゃないか?」と感じているのなら、転職を視野に入れましょう。

はっきり言って年収300万円・手取り16万円を切るような求人なんてないので、今よりも収入が下がることはないです(笑)

ですので、今すぐ転職活動を開始したほうが良いです!

「ホントに転職出来た!」転職成功出来た人気の転職エージェントTOP3
DODA/パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)

>>>DODA公式サイトで無料登録する

■おすすめ度

■特徴国内最大級転職エージェント。公開求人・非公開求人の数も業界最大級。公開求人数33,129件/ 非公開求人 134,509件(2017年4月現在)。非の打ち所がない転職エージェント。

■DODAに登録するべき人
①「転職初心者でどの転職エージェントに登録したらいいか分からない」
②「求人数も多く・サポートの質も良いバランスの良い転職エージェントに登録したい」




 パソナキャリア

>>>パソナキャリア公式サイトで無料登録

■おすすめ度

■特徴案件数21,000件とDODA、リクルートエージェントと比較すると劣る。 その分応募書類添削・面接などのサポート体制が充実ぶりは目を見張るものがある。

■パソナキャリアに登録するべき人
①「書類選考通過率が低い」と悩む人
②履歴書・職務経歴書の完成度・面接対策の準備や完成度に自信がない人




リクルートエージェント

>>>リクルートエージェント無料登録する

■おすすめ度

■特徴非公開求人10万件以上。会員数30万人の業界大手の転職エージェント。 求人数は多いが、コンサルタントの質やサポートに質に疑問を呈する声や口コミも。

■リクルートエージェントに登録すべき人
①「とにかく数多くの求人を紹介して欲しい」人


手取り20万円を得るためのたった1つの転職方法は?

手取り16万円のあなたは、手取り20万円を目指しましょう。

月収20万円でタクシー運転手の平均年収の300万円程度になり、ようやく一般的な年収になれます。

手取り20万円を得て転職成功させるための方法は、まずは情報収集。

給料も良くて、高待遇の求人には他の転職希望者も当然応募します。

大手の関連企業の求人などは給与も高く、社会的なイメージも良いのですからね。

「たくさんの人が応募するような求人だと自分には厳しいな・・」

と戦う前から諦めてはいけません。

「絶対に俺が内定をゲットするんだ!」という強気で強欲な意識を持ち続けるんです!

安定した生活を得たいのはあなただけじゃなく、たくさんのライバルを蹴散らして、好条件の求人という1つの椅子を取り合う椅子取りゲーム。

椅子取りゲームに勝つには、新規の求人情報を素早くキャッチする情報収集能力や、面接で合格するために面接対策などしっかりと準備をしていく必要があります。

ブラック企業に引っかかり、今以上に年収を下げないためにもしっかりとした転職ノウハウを身に着けましょう。

「でも転職活動の経験もないし、ノウハウなんてどうやって身につけるんだよ・・」

と心配しているあなた!

そんなあなたは絶対に転職エージェントを活用すべきです。

転職エージェントは在職しながら転職情報をゲットして、興味のある求人だけ応募することも出来るんです!

転職エージェントは転職のプロですから、あなたのような手取りが低い人の給料アップさせるポイントも十分理解しています。

また求人数も豊富にあるので、失敗しない転職先を選ぶコツなどもしっかりと教えてくれます。

あなた1人だけでは確実に苦労するのが目に見えている転職活動をプロの目線で、内定獲得までフォローしてくれるのです。

とはいえ、「そもそも転職エージェントって一体何?」というと疑問あると思うので具体的に説明しますね!

転職エージェントというのは、あなたの専任のコンサルタントが「あなたが活躍できる業界や職種のアドバイス」「応募書類の添削」「面接対策」などを完全無料で行ってくれるんです。

僕自身も転職の際にはDODAという業界大手の転職エージェントのサービスを利用しました。

登録した転職エージェントはDODAだけだったのですが、結果的に転職活動期間2か月にも関わらず、7社の内定を勝ち取ることが出来ました。

僕がDODAが優れているな!感じた理由は下記になります。

⇒「ホントに年収上がった!」転職成功者に人気の転職エージェントとは?

DODAが転職エージェントの中でも優れている理由3つ

理由①求人の8割が非公開求人

転職エージェントも僕人身複数登録しましたが、DODAが1番良かったなと感じた理由の1つが、「圧倒的な求人数の多さ」です。

DODAの求人の8割が非公開求人で、DODAに登録した人限定で応募できる求人ばかりです。

転職といえば、リクナビネクスト・マイナビ転職などの求人サイトが一般的ですが、求人サイトには掲載されていない求人がDODAにはたくさん紹介されています。

当然求人が多くなると、僕たち求職者にとっては選択肢が増えるので、求人数に比例して内定数も増えていくことになります。

理由②大手企業なので安心して登録できる

DODAはテレビCMも放映しているパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)という大手企業が提供しているサービスです。

やはり大手企業ですので、安心して転職支援サービスにも登録できます。

転職エージェントの仕事というのは、有料職業紹介事業という厚生労働書からの許認可を得れば誰でもできますし、社長1人だけの転職エージェントの会社といのも少なくないです。

やはり小規模な転職エージェントは営業マンも少ないので、紹介してくれる求人数も圧倒的に不足。

また、個人情報の扱いに関しても大手企業ほど厳重ではないです。

その点から考えると、中小の転職エージェント会社に登録するメリットはなく、DODAのような大手企業へ登録する方が得策なんです。

理由③専任コンサルタントのアドバイスが適格すぎる

私自身何社か転職エージェントに登録しましたが、DODAの転職エージェントの専任コンサルタントの方の私へのアドバイスが適格過ぎました。

例えば、志望動機の考え方に下記のようにアドバイスしてくれます。

「現在の志望動機も悪くはないです。ですが、もっと企業に対してどういった価値を提供できるかを、ご自身の経験を交えて伝えるようにすると更に良くなります。」というアドバイスを受けました。

さらに、「ご自身が希望されている仕事は良く分かりました。ですが、企業様から評価されやす職種ですと○○の職種の方になると感じました。

××という経験は転職市場でも非常に少ない特殊なスキルなので、このスキルをアピールされると希望年収より2割はアップできると思います。」などなど。

このように自分では気づかいアドバイスを的確にもらうことが出来たんです。

「やっぱり転職のプロは違うな~」と感心したことを覚えています。

DODAへの無料の登録方法

ですので、早速DODAへ無料登録を行い、専任コンサルタントからアドバイスを受けるようしましょう!

まず、DODAの公式ホームページより登録画面に進み「氏名・年齢・住所・連絡先・直近の職歴・希望面談日」などの必須項目を入力しましょう。

面談は、DODAの全国7か所ある事務所に訪問しても良いですし、電話面談で登録を済ませても大丈夫です。

登録者の8割は電話での面談で登録を済ませる人も多いので、電話面談の希望日程などを「自由記入欄」に記載しておくと良いですよ。

登録後数時間後に、DODAの担当の方から電話で連絡が入ります。

面談日程の調整をその電話で行うということですね。面談日程を決めれば、後は面談日を待つだけです。

面談日までに必ず用意しておいた方がよいものは職務経歴書です。

職務経歴書がないと、いくら転職のプロであるDODAのコンサルタントの方でもあなたに適切なアドバイスや、求人を紹介することは出来ません。

経歴を元に、話が進みますので、当日円滑に登録が進むように、職務経歴書は用意しておきましょう。

そのあたりの必要書類の準備に関しても、DODAに登録したの電話で丁寧に説明してもらえます。

⇒「ホントに年収上がった!」転職成功者に人気の転職エージェントとは?

DODAへ登録して今よりも条件の良い職場へ転職しよう!

転職は当然ですが、転職のプロに相談するのがベストです。

僕自身、DODAへ登録して応募書類の添削をしてもらってから、書類選考の通過率が約5倍にアップしました。

転職エージェントののプロの視点は、本当にすごいんだなと感心しましたね。

いかに自分で作った応募書類の内容が穴だらけだったかということですが(笑)

DODAへ登録してプロのコンサルタントにアドバイスを受けることで、確実に今以上にあなた自身を企業にアピールできます。

結果、収入面・待遇面・仕事の内容で、今以上の職場に転職できる確率もグッとアップします。

今すぐ登録して、絶対に転職を成功させましょう!!

「ホントに転職出来た!」転職成功出来た人気の転職エージェントTOP3
DODA/パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)

>>>DODA公式サイトで無料登録する

■おすすめ度

■特徴国内最大級転職エージェント。公開求人・非公開求人の数も業界最大級。公開求人数33,129件/ 非公開求人 134,509件(2017年4月現在)。非の打ち所がない転職エージェント。

■DODAに登録するべき人
①「転職初心者でどの転職エージェントに登録したらいいか分からない」
②「求人数も多く・サポートの質も良いバランスの良い転職エージェントに登録したい」




 パソナキャリア

>>>パソナキャリア公式サイトで無料登録

■おすすめ度

■特徴案件数21,000件とDODA、リクルートエージェントと比較すると劣る。 その分応募書類添削・面接などのサポート体制が充実ぶりは目を見張るものがある。

■パソナキャリアに登録するべき人
①「書類選考通過率が低い」と悩む人
②履歴書・職務経歴書の完成度・面接対策の準備や完成度に自信がない人




リクルートエージェント

>>>リクルートエージェント無料登録する

■おすすめ度

■特徴非公開求人10万件以上。会員数30万人の業界大手の転職エージェント。 求人数は多いが、コンサルタントの質やサポートに質に疑問を呈する声や口コミも。

■リクルートエージェントに登録すべき人
①「とにかく数多くの求人を紹介して欲しい」人


関連記事

①楽な仕事&バイト42選!

楽な仕事&バイト42選!正社員で楽で稼げる仕事がないと諦めてる?サビ残・ノルマなしで年間休日120日以上の仕事があるんです!!
「ブラック企業じゃなく、立ってるだけで給料貰えるような楽な仕事に就きたい!」 「複雑で面倒な人間関係がない、ストレスフリーな職...

②転職エージェントの選び方

転職エージェントの選び方!22社を徹底比較!面談のコツ&評判の良い転職エージェントだけを紹介!
「転職エージェントって何社もあるけど、どうやって選べばいいんだろう?」 と悩む人はホント多いです。 私自身、転職エージェ...

③ストレスで仕事を辞めたいなら今すぐ転職だ!

ストレスで仕事を辞めたいなら今すぐ転職だ!今すぐ会社を辞めるべき4つの理由
「毎日朝起きたくない・・職場に行くのが辛い・・もう辞めたい・・」 「職場の人間関係がストレスで、原因不明に体調不良。今の仕事辞...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする