仕事辞めたい新卒社員へ。入社半年で退職して1ヶ月以内に転職する方法とは?精神的にストレスを感じた状態で仕事を続ける必要なんてないんです!

「大学卒業して新卒で入社した会社で1年未満で辞めてしまったぁぁ!!」

「人間関係に悩んで、新卒で辞めたたけど、就職が決まらず現実逃避したい・・」

このように感じている若いビジネスパーソンは多いと思います。

会社に絶望して辞めたけど、将来を不安に感じている・・そんな体験談などをまとめてみました!

新卒で退職する人の割合

データ:大学卒業者で就業後2年以内に退職する割合(大卒)

※平成26年度分以降は就業後1年以内。それ以前は就業後2年以内の離職率

出典:新規学卒者の離職状況(厚生労働省)

  • 5人以下の従業員の企業の離職率 ⇒ 50%台後半
  • 499人以下の従業員の企業の離職率 ⇒30%台前半

大卒で新卒で入社しても、30-50%は入社して満2年ほど退職しているわけです。

「周りの友達の中でも俺だけすぐに辞めてしまってお先真っ暗だぁぁ!」

と悲観しているかもしれませんが、1/3以上は2年以内にで退職しているので、気にする必要はないです。

退職の原因は雇用のミスマッチなど色々あります。

社会人経験がなく就職先企業の判断材料が少ない状態での不向きな職種への配属。

厚生労働省の発表でも、大卒者の3割・高卒5割・中卒7割が3年以内に退職・転職するっていうデータもありますからね。

  • 「終電帰りが当たり前で体力的にキツい」
  • 「適正のない不向きな仕事に配属されミス連発」
  • 「尊敬できない上司の理不尽な業務命令に振り回されっぱなし」

学生時代には経験したことない、人間関係のトラブル・ブラック企業での長時間労働で、肉体的にも精神的にも疲労困憊。

結果、新卒3年以内で退職する、仕事を辞める決断をする人が多いのも事実です。

私個人としては、「あなたの人生を誰も責任取ってくれない」のですから、自分自身で決めたことなら気にする必要はないと思いますよ。

「せっかく大学まで入れて貰ったのに、短期間で退職するなんて親に申し訳ない。裏切ってしまった気持ちになる」

と自己嫌悪に陥る人もいますけど、「続ける」「辞める」選択肢の中で、辞めるという選択肢を選んだのなら、気持ちを切り替えて次の進路を選んだほうがいいです。

でも雇用の流動化が活発ではない日本の転職市場の中で、「新卒で入社した企業を短期間で辞めた人材」が転職に苦労するのは事実。

体験談も交えながら、「新卒で辞めた場合」のメリット・デメリットなどをシュミレーションしてみますよ。

⇒「もっと早く使えば良かった!」転職成功者に人気の転職エージェントとは?

新卒で入社した会社を辞めた体験談2つ

体験談①新卒の会社6ヶ月で退職した末路

僕の大学生活は、至って普通だった。

体育会系クラブに所属するわけでもなく、サークルや勉強に真剣に取り組むわけでもない。

しんどいことからは逃げづづけて、適当に講義を受けて、バイトをする文系大学生。

大学は偏差値50ちょっとの、関東でいうと「日東駒専」、関西でいうと「産近甲龍」レベルの至って平均的な頭のレベル。

当然周りに自慢できるような資格なんて持ってませんよ(笑)

就職活動も周りに影響されて何となく会社説明とかに参加して、待遇の良さそうな大手企業に企業から内定を得ました。

超大手電機メーカーの総合職として、BtoBのルート営業の職種を勝ち取ったわけです。

完全ラッキーでしたね♪適当に大学生活送って、適当に就活したら誰もが羨む大手企業に入社出来たわけですから。

完全勝ち組みの人生イージーモード!卒業までは卒業旅行に行ったり、毎日ゲーム三昧のニート生活を堪能をしていました。

で、4月になり研修期間を終えて、ついに営業所に配属。

営業はブラックな仕事を思っていたので、楽そうなルート営業の仕事を選びました。

ですが、新規営業が不要で飛び込みしなくても、商談や目標数字が達成するまで電話をかけるように上司から強要される日々。

しかも完全に体育会系の営業所で、パワハラまがいな上司のオッサンが、仕事の進め方を質問しただけで、ガチ切れする、理不尽な支配力でマネジメントしているアホ上司だったんです。

先輩社員もそのアホ上司のことを嫌ってきて「さっさと定年退職してくれりゃいいのになw」なんて問題児扱いしている始末。

上司の仕事の流儀から外れると叱責の対象となります。

運動部系の部活に所属していた経験がない僕なので、怒鳴られた経験なんてほとんどありません。

恐怖で人間を支配する、恐怖政治に完全に萎縮してしまう毎日でした。

周りの先輩もサポートしてくれず、尊敬できる優秀な出来る先輩がいないのも、職場を嫌いになっていった理由です。

繁忙期になると残業時間は月に100時間超えて、過労死ライン寸前。

拘束時間も長く、通気時間の満員電車もストレスで、毎日キツイ生活でした。

仕事のことを考えると辛くなるので、あの頃の僕は機械的に会社に向かい機械的に仕事をこなすだけのロボットと化していましたね。

そしてついに限界を迎えて、新卒入社6ヶ月目で、上司に退職届を渡し、会社を去ったのです。

確かに就職失敗は自分に非があることは認めます。営業職は執念や根性などの必要な職種です。

ですが、会社の体制や上司・先輩・同僚など誰1人として信頼できない職場で、仕事を続けていくのは本当に限界でした。

僕は、お客様を大切にするような仕事や営業をしたかったんです。建前で綺麗事に聞こえるかもしれません。

ですが、グレーなビジネスでブラック企業の一員には染まりたくなかったんです。

ビジネスは、誰かの為にするもんだと考えるのは僕の綺麗事ですかね。そういう姿勢で仕事に取り組みたかった。

数字!数字!と上司から叱責されるのは、僕の目指すビジネスとはギャップがあり本当に辛かったんです。

プライベートな休日でも友人に会社の愚痴ばかりこぼしていて、仕事に対するモチベーションも生きるモチベーションも全く湧きませんでした。

結果的に早期退職で、自主退社することになったんです。

退職した後は、「自分なんか生きている価値ない。死にたい」と引きこもりがちになりました。

大きな成功体験もなかったけど、挫折なく順調な人生だったのに、一気に負け組の転落コースです。

「派遣社員とかフリーターとか人生の負け組でしょ?ww」

と本気で馬鹿にしていたのに、まさか自分自身が非正規雇用の側の人間になる可能性が出てきてしまったとは。

親・学校時代の友人などからも「新卒の正社員を退職したら人生終わるよ?」と散々言われてきましたが、辛い毎日に耐えきれずに退職した自分を後悔したりもしました。

今はハローワークの職業訓練に通いながら、典型的な駄目人生から脱却すべき、日々頑張っている毎日です。

体験談②意識高い系大学生の末路

僕は自分で言うのも何ですが比較的優秀な学生だったと思います。MARCH以上の早慶レベルの大学を卒業した大学生でした。

学力も高かったので受験も楽勝で、志望校にも余裕で合格しました。

何をしても人より出来たので、周りからの評価も高かったですし、客観的見ても優秀な学生だったと感じています。

プライベートも、バイトでためた貯金で海外に行くなどとても充実していました。

将来は起業して大成功してやる!という野望を持っていたので、インターンとしてベンチャー企業で営業のアルバイトを大学3年生の時に経験しました。

インターンを設けている企業って最近増えているので学生にとってはありがたい話。

先輩の口コミなどで評判のよいベンチャー企業でアルバイトに明け暮れる毎日でした。

新卒で入社するのは、このベンチャー企業でもいいかなと思い始めてましたね。

確かに社会的に信用は高くないし、残業代も出ないけど、正社員として雇ってもらえるし、ネットでの副業的に収入も認められているので、自分のビジネスマンとしての幅も広がるなって思ってたんです。

学生の僕に気遣ってくれているにも社内の人間関係も円滑でしたし、嫌な人と付き合わないいけないってこともなかったんです。

役職者や歳の離れたオジサン先輩社員なんかもいませんでしたからね。

で、結局大学卒業して、インターン先のベンチャー企業にそのまま入社しました。

ですが、正社員として入社してから状況が一変したんです。

まさかの社長が超ワンマン経営者で、実は辞める社員が続出していたのです。

インターンのときには一切見えなかった会社の裏側を入社してから気づいたのです。

人間関係は最悪で、インターン時代に優しかった先輩上司も、数字の達成率が悪いと平気で無視してきます。

気分次第で後輩社員を殴る仕草を見せて威圧したり、怒鳴ったりすることも日常茶飯事。

想像していた会社のイメージや待遇では全くなかったのです。

さらに人件費削減のワンマン社長の大号令のもと、雇用を一気に縮小されて事務などの間接部門を続々とリストラしていったんです。

「変化できる能力がない人材は去れ!」

とワンマン経営者は毎日の朝礼で叫んでいて、営業も事務作業も全て1人でやらなければならず会社に泊まることも週に1度や2度ではありません。

さらに、営業の移動費の電車賃などの経費もまさかの自腹で、会社側は負担してくれません。

主張経費も自己負担です。

「売上を上げてないくせに経費申請とは生意気だ」

とワンマン経営者は言っていました。

あまりにも激務で、体が痙攣を起こしたので、入社後8ヶ月して初めて有給休暇の申請をしましたが、「甘えるな」の一言で受理されず、ボロボロの状態で営業に行きました。

この頃には会社の経営赤字続きで相当傾いていて、行方不明になる先輩社員や失踪する役員まで出てくる状態。

上司との価値観も合わず、愛情を持って接してくれる先輩もいないので尊敬も信頼も出来ない状態でした。

次第に「僕の大事な人生をこんな会社で過ごしたくない!」という思いが強くなりました。

親に相談すると「甘えるな!若いからってやり直しが効くと思うなよ!」と本気で怒られました。

こんな状況の会社を辞めることでも、社会的には甘えていると思われるのか?毎日悩みながら会社と自宅の往復で、ストレスから円形脱毛症になりました。

「新卒で入社した会社をすぐに辞めると、転職活動で壁を感じるし大変だぞ!リスクしかない」

と毎晩毎晩で親に言われて発狂しそうになる毎日。

僕は最高な仲間たちと会社で毎日楽しく働いて、良い人間関係を築きたいだけなのに。。

自問自答を繰り返しましたが、「辞める」と決めてからは直ぐに行動しました。すぐにワンマン経営者に辞表を突きつけて辞めてやりました。

働きながら就職活動をする選択肢もありましたが、毎晩終電で、休日はストレスで1日中寝てしまっているので、物理的に時間が取れない状態。

また1日でも早く会社を辞めたい!ということしか考えてなかったので、すぐに辞める決断をしました。

会社を辞める少し前から会社の近くで1人暮らしを始めていたので、給料や収入少ない余裕のない状態に次第に焦りはじめます。

「俺は将来起業するぜ!」

なんて格好つけていましたが、現実は無収入のただのニート。就職活動も簡単にいく!と思っていましたが、ただの自信過剰でした。

書類選考すら通らず、自信喪失にストレスを抱える毎日。

選択肢もないので、今は契約社員でも派遣社員でもいいから雇ってくれる会社を探している途中です。

新卒で転職活動していたときは、会社側からのオファーがたくさんあって、「自分は価値のある人材なんだ」なんて思っていたけど、あれは新卒カードが使えていたからなんですね。

終身雇用で大手企業に依存するようなダサい生き方はしたくない!

なんて思ってベンチャー企業に入社しましたが、そもそも10年後生き残っている企業なんて10%もないってことを退職してから知りました。

ニートになってしまい人生を台無しにした気分。大学時代の俺は輝いていたのにな。

次の働き先を探す活動もしています。リクナビなどの転職サイト使って居ますが、そもそも求人情報が多すぎて何が自分合う求人なのかわかりません。

次の就職は絶対に失敗できない。厳選して応募しても書類選考で落ちまくり。

転職成功したら、毎日楽しくなるのかな?と思いつつ、誰もサポートしてくれない状態なので、本気になれずに何となく生きている状態です。。

第二新卒の転職活動で苦労するケース多数!

このように新卒1年目で会社を辞める理由は色々。

上司や仕事と合わなくて途中で短期退職。会社の倒産などもあり、新卒の離職率は高い傾向です。

「嫌々働き続けるくらいなら辞めたほうがマシ!」

と感じで新卒で転職する選択する若いビジネスパーソンの多いこと。

退職する前は、「辞めたらすぐに転職の準備して、今より条件良い企業に中途入社するんだ!」と意気込んでいても実際に行動してみると、第二新卒で転職活動を成功させるのに苦労する人も多いんです。

ですが無理して働き続けて精神が破壊されてしまってま身も蓋もなくなります。

⇒「もっと早く使えば良かった!」転職成功者に人気の転職エージェントとは?

新卒で入社した会社をすぐ辞めるメリット

メリット①会社のストレスから開放される

会社で働くことのストレスから辞めた瞬間から開放されます。

不向きな仕事・ブラックな労働条件・劣悪な人間関係が要因で、ストレスから疲労を感じているケースは多いと思います。

退職して、健康な精神や肉体を手に入れることが出来ます。

ストレスで体が限界に来てるなら出来るだけ早く辞めるのが得策。

辞めたあとの人生を有意義に過ごす方が人生楽しいですよ。

また周りの意見や、周りの目を気にしすぎるのは絶対ダメ。

自分の人生なんだから自分で決断しないと。

「絶対自分は良い会社に転職出来る!」という根拠ない自身を持って転職活動に臨めば高確率で働けるようになります。

失敗や挫折経験を引きずって、ネガティブオーラを放っていては上手くいくものもいきません。

メリット②自由に生きることが出来る

会社を辞めた瞬間からあなたは自由です!

何時間でも惰眠を貪ることも出来る・youtubeやツイッター・ニコ動三昧の生活をおくることも出来るでしょう。

実家だったら、タダ飯を食えるので生活費も掛かりません。

60歳の定年まで会社に尽くして精一杯働く働き方をするのも人生ですが、自分のペースで、自分に合った会社でのんびり働くのも生き方です。

周りと比較して現状に不満足だ!と言っても何も変わりません。

「レールから外れた生き方も上等!」

ずっと実家でニート生活をしていると親から「本気で仕事を探してくれ!」と泣かれることもあるかもしれませんが、あなたの自由を誰も奪うことは出来ないんです。

あなたのペースで就職活動すれば良いです。

溢れかえる求人情報を見るのに疲れたら、転職活動も休憩すれば良いのです。

メリット③会社に依存しない生き方が出来る

会社を辞めれば、自分の成長の可能性を感じながら、会社に依存しない自分らしい生き方が出来ます。

あなたはまだ若い。新卒で入社した会社では、自分を活かしてくれる場所が与えられなかっただけです。

後悔することは辞めて、人生1回キリなんですから楽しみましょうよ!

今はクラウドソーシングなどのサービスもあり、自宅でPCさえあれば収入を得ることも出来ます。

色々と自分の可能性を探りなが行動することで、結果的に満足いく人生を送れるはずです。

メリット④希望職種に就ける可能性が広がる

「仕事の内容に興味持てない!合わない!」

と感じて新卒で入社した会社を退職した場合。

第二新卒で転職活動をした結果、希望の職種に就ける可能性が広がります。

だって、新卒でも短期間ながらも正社員で勤務経験があるわけでしょ?

だったら学生時代よりはビジネスにおける視野は確実に広がっているはず。

詳細な希望条件も学生時代よりは明確になっているはずだし、やりたい仕事も徐々に見えてきたのでは?

学生時代は、何となく会社の説明会に参加したり、企業のホームページをチェックして内定が出た企業のなから就職先を何となく決めていただけではありませんか?

いわば受け身の就活です。

でも、社会人経験を積んで、「こういう仕事がしたい!こういう仕事が向いている!」と主体的な転職活動が確実に出来るようになっています。

だって、前職の嫌な仕事・嫌な会社が分かったのなら、その逆のやりたい仕事・入社したい会社が体験談ベースで分かるようになっているはずですから。

メリット⑤若さを武器に就活出来る

まだあなたは20代前半で若いです。50代でも転職活動もする人もいるくらいなので、若さをぶきにして転職活動をすることが出来ます。

「でも社会人経験も短しい大変なのでは?」

と感じるかもしれません。でも第二新卒に求める経験やビジネススキルなんて基本的なことだけで、募集条件のハードルは相当に低いです。

名刺交換の作法や、ビジネス会話やメールなどの最低限のビジネスマナーさえ身につけていれば十分です。

企業は大して経験がない第二新卒でも、他社の色に染まっていないフレッシュな人材を獲得したいと考えているからです。

経験やスキルは二の次で、20代前半のビジネスマンに経験があるとも期待していません。

中途採用でへ年齢の壁というのはほんとに高くて、35歳限界説なんて言葉も昔からあるくらいです。

実務経験・スキル・実績などがあっても、年齢がネックで転職探しに苦労するという話もよく聞きます。

ですので、あなたの若さは転職市場ではすごい武器になるんです。

メリット⑥高学歴であるほど転職も容易

短期間で新卒で入社した企業を退職しても、高学歴であるほど簡単に転職先も見つかります。

関東だとMARCH以上、関西だと関関同立以上の学歴が最低限あると、企業から高評価を得やすいです。

半年で新卒を辞めるなんて履歴書を汚すだけだ!

なんて転職市場のことを知らないオジサンは言いますが、高学歴で有名私大卒の大手企業出身であれば、余裕で転職先も見つかります。

前職ではと比較して居心地のよく毎日楽しい会社で仕事することも出来るんです♪

大手企業から中小企業の転職も簡単なので、幅を広げて転職活動してみるといいですよ!

「ホントに転職出来た!」転職成功出来た人気の転職エージェントTOP3

DODA/パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)

>>>DODA公式サイトで無料登録する

■おすすめ度

■特徴国内最大級転職エージェント。公開求人・非公開求人の数も業界最大級。公開求人数33,129件/ 非公開求人 134,509件(2017年4月現在)。非の打ち所がない転職エージェント。

DODA(デューダ)は大手人材人材会社のパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)グループが運営しているサービス。

DODAのポイントは以下になります。

①親身なサポートで転職者満足度No.1

DODAは転職者利用者へのアンケート調査で満足度No.1の実績。

満足度が高い理由としては、「登録者に寄り添った親身なサポート」だからです。

  • 転職に関する不安悩みごとの相談
  • 自分のキャリアプランに迷った時には面談でのキャリアカウンセリング
  • 将来の最適なキャリアプランの提案

このようなサポートの結果、転職サポートで年間1万人を成功に導く実績豊富なエージェントになります。

「以前転職エージェントに登録したけど放置された!」

「手厚く、親身なサポートを受けたい!」

という転職希望者が登録・利用すると特に満足度が高いですね。

②履歴書・職務経歴書の添削が抜群

DODAは履歴書・職務経歴書の添削が丁寧で分かりやすいと評判です。

転職活動での第一関門である書類選考。

応募書類で最大限自分の経験や能力をPRしないといけないのに、完璧な書類を作り上げている人は非常に少ないです。

その点、DODAのキャリアアドバイザーは

  • 1から応募書類の作成を手伝ってくれる
  • 履歴書を下書きすれば清書を代行してくれる
  • 書類選考通過率が約3倍にアップする書き方のコツを教えてくれる

といったサポートをしてくれるんです。

「書類選考で落ち続けて面接までたどり着けない・・」

という人は質が高いと評判のDODAの応募書類の添削を一度受けてみるべきですね。

③登録者限定の非公開求人が80%もある

DODAに登録した会員限定でしか閲覧できない非公開求人が全体の約80%あります。

非公開求人の中にはDODAだけが扱う独占求人も多いです。

求人の質も圧倒的に高く、業界最大手のリクルートエージェントとは違った独自の企業を紹介してくれるのが特徴。

■DODAに登録するべき人
①「転職初心者でどの転職エージェントに登録したらいいか分からない」
②「求人数も多く・サポートの質も良いバランスの良い転職エージェントに登録したい」




ビズリーチ

>>>ビズリーチ公式サイトで無料登録

■おすすめ度

■特徴

ビズリーチはテレビCMでも話題の転職支援サービスですね。

特徴としては

①圧倒的なスカウトの豊富さ

ビズリーチに経歴書を登録するだけで、企業人事担当者や転職エージェントの担当者から毎日のようにスカウトが届きます。

登録した人のキャリア次第では、大手転職エージェントと比較して3-10倍ほどスカウトの数が増えた!という人もいます。

  • 「仕事が忙しくて求人チェックする時間がない」
  • 「とにかくたくさんの企業からのスカウトをチェックしたい」

という人は、登録するだけでスカウトがたくさんくるビズリーチが向いているでしょう。

②年収アップ出来る求人が多数

ビズリーチは他の転職エージェントと比較しても、年収アップできる求人が豊富です。

理由としてはビズリーチは元々年収600万以上のハイスペックのビジネスパーソンに特化していた転職支援サービスだったからです。

ですので現状年収が低い転職希望者であっても、ビズリーチでしかチェック出来ない好条件の求人が紹介されるでしょう。

  • 「今の年収に不満がある!」
  • 「もっともっと稼ぎたい!」

という人は登録しておくと良いでしょう。

※公式ホームページには「年収600万以上に支持される」とありますが、年収600万未満でも登録・利用は問題なく出来ます

③上場企業・大手企業の求人が多い

上に書いた「年収アップ出来る求人が多い」ということとも繋がりますが、ビズリーチは大手・上場企業の求人が多いです。

年収が多い求人が多いので、当然上場企業や大手企業の求人が多いのは必然なのですが。

ですので「新卒で入社できなかった大手に入社したい!」と感じる人は登録しておいた方が良いです。

とはいえ大手企業は周りも入社したいと感じる人気求人。

募集してもすぐに打ち切りになりますし、募集も若干名です。

なので逆算して早めにビズリーチに登録して、大手企業の求人を漏れなくチェックしておくことが大事だといえます。

 

■ビズリーチに登録するべき人
①「年収が低い。転職して給料を増やしたい!」と思う人
②転職エージェントの担当者から手厚いサポートを受けたい人



リクルートエージェント

>>>リクルートエージェント無料登録する

■おすすめ度

■特徴

転職支援サービス最大手のリクルートグループの転職エージェントになります。

①業界最多の13万件の求人件数で他社を圧倒。

転職エージェント業界業界最大手リクルートエージェント。

公開求人・非公開求人が合わせると約13万件と業界最多の圧倒的な求人件数です。

「とにかくたくさんの求人の中から自分に合う求人を探したい!」

という人はリクルートエージェントの求人の多さを実感するべきでしょう。

②転職支援の成功実績32万件でNO.1

リクルートエージェントが転職支援業界で成功実績No.1となったのは以下の理由です。

求人数の多さ+担当キャリアアドバイザーの質の高さ=転職成功実績32万件

確かに、DODAのキャリアアドバイザーもレベルが高いのですが、DODAの特徴としては親切丁寧なサポートです。

一方リクルートエージェントの特徴としては、とにかくキャリアアドバイザーのアドバイスが的確ということ。

アドバイスの内容に無駄がなく、ズバリ自分が進むべきキャリアを示してくれるんです。

と使い分けが必要になってきます。

③女性向けの転職ノウハウが豊富

リクルートグループの中に人材派遣会社(リクルートスタッフィング)と連携した女性に特化した求人や濃いノウハウ情報が豊富にあります。

特に事務職・販売職などの業界職に精通したキャリアコンサルタントが多数在籍しているので相談しやすい環境は整っていますよ。

「女性ならでは目線で悩みを相談したり、共感してくれる担当者が良い!」

と感じる女性の転職希望者が登録すると満足なサポートを受けることが出来ます。

④夜間・土日祝日でもサポート受付!

リクルートエージェントは、平日・土日祝日いつでも20時以降にも相談が出来るんです。

「仕事が忙しいからなかなか転職活動の時間が割けない・・」

という人でも、在職しながら転職活動が出来るサ手厚いサービスと言えますね。

 

■リクルートエージェントに登録すべき人
①「とにかく数多くの求人を紹介して欲しい」人



番外編:就職shop


>就職shop公式サイトで登録

■おすすめ度

■特徴

①書類選考不要で必ず面接まで進める

就職shopの最大のメリットはなんといっても書類選考不要で希望した企業の面接を受けれるということ。

  • 「どれだけ応募しても書類選考落ちで面接まで進まない・・」
  • 「面接まで進めば自分の良さをアピール出来るのに・・」

という人は是非使っておきたいサービスです。

書類選考不要の転職エージェントは他社でもないサービスなので、個人的にはかなり画期的だと思いますね。

②全ての企業を取材済み!求人情報が正確

就職shopの求人は、全てスタッフが足を運んで企業を100%取材しています。

取材していることによるメリットとしては「求人情報が正確」「ブラック企業が皆無」といったことがあります。

ですので就職shop経由で入社した場合は「聞いていた条件や仕事内容じゃなかった・・」ということはほぼ皆無と言って良いでしょう。

ただ、全ての企業に足を運んでから求人掲載するので必然的に他の転職エージェントよりは求人数は少なくなります。

なので今回は4位にランキングしておきました。

③18-30歳以下の男女のみが登録の対象

他の転職エージェントであれば何歳であってもう登録可能です。

ですが、就職shopは18-30歳男女の若者向けの転職エージェントとなります。

なので、31歳以上の場合は登録が出来ないのでその点だけ注意が必要です。

■就職shopに登録すべき人
①30歳下の男女で書類選考に通過せずに悩んでいる人
②ブラック企業には絶対に入社したくない!という人。求人情報の正確さを大事にしたい人


新卒で入社した会社をすぐ辞めるデメリット

デメリット①社会的信用を失う

終身雇用が崩れたとはいえ、日本人の考え方として、ジョブホッパー(短期で職を転々とする)に対する社会的信用は相当に低いです。

周りの友達・知人・親からの信用は一気に失うことになるでしょう。

特に大手企業であればあるほど、「我慢して会社に居続ければ将来安泰なのに」なんていう年長者はすごく多いですよ。

デメリット②安定した生活を失う

会社を辞めると給料が入らない無収入の生活を送らないけといけない状態になります。

1人暮らしであれば家賃や生活費が必要になりますので、一気に貯金が底をつく可能性も。

実家が遠方で実家に変える選択肢を取れない人は、日々金銭的なプレッシャーを感じ、会社に在籍していたときはまた違うストレスを抱えることになります。

目先の生活費を得るために、バイトや派遣社員の選択肢を選んでしまうと、ワーキングプアーや派遣村で生活する底辺派遣社員になってしまう危険性があります。

ダラダラと非正規雇用になってしまうのは絶対にお勧め出来ません。

また失業保険に関しても自己都合で退職した場合は、1年以上継続して雇用保険に加入していないと、受給対象になりません。

衝動的に退職してしまわないように、お金のことも考えながら計画的に退職するなり、在職中に転職活動するなり対策するようにしましょう!

デメリット③第二新卒だと面接で落とされる企業が多い

短期離職のペナルティになります。転職活動の面接や書類選考で落とされる確率が高くなります。

さっき書いたように「若いから転職活動はイージーモード」言いましたが、ですが20代後半の経験バリバリの人材よりも、転職活動に苦労するのは仕方ないです。

そもそも求人の必須条件の箇所に「要社会人経験3年以上」と募集条件の欄に記載されていることがあります。

新卒採用であれば、職歴や社会人経験一切なくても、同じ条件で就活を開始することが出来ました。

学歴くらいが書類選考の材料で、面接の合否は会った時の印象などが重要になってくるだけです。

ですが、中途採用は社会人スキル・実績などが重要視されてしまいます。

また第二新卒の面接では面接官が「またすぐに辞めるのでは?」と不安に感じてしまします。

短期離職をもし2回以上を繰り返すと、致命的なミスとなり転職活動で苦労することは目に見えています。

しっかりとした転職活動対策が必要になってきます。

⇒「もっと早く使えば良かった!」転職成功者に人気の転職エージェントとは?

仕事でストレスを感じた場合の体調不良の症状8つ

症状①鬱病

「鬱病になるのは精神の弱い人だ!」

なんて思っていませんか?

新卒で入社した企業が合わずにストレスを感じ鬱病になる人ってほんと多いですよ。

向精神薬を飲んでいるだっています。

新卒で入社した企業を短期離職することは確かにリスクもあるし、偏見を持っている人も多いです。

「せっかく入社した企業を辞めるなんて将来を棒に振ってニートになるようなもんだ」

っていってくる人だっていますからね。

でも鬱病を甘く見て、無理して潰れてしまう可能性だってあるんです。

大企業でもリストラがあって、終身雇用が崩れてしまっている日本社会ですから、挑戦しない・行動しないほうがリスクがあると感じるのは私だけでしょうか?

症状②不眠症

仕事のストレスや将来への不安などかか夜眠れない不眠症になるケースもあります。

不眠の状態で朝会社に行く準備していると、会社に行くのが怖すぎて歯がガチガチと震えることだってあるんです。

症状③ホームシック

短期で会社を辞めてしまうことで両親に申し訳ない気持ちで罪悪感を感じると思います。

精神的に不安定な状態なので、1人暮らししている人なんかはホームシックにかかるケースが多いですね。

症状④不安定な精神状態

仕事へのストレスというのは、あなたの想像以上に精神を不安定にしてしまっています。

脳というのは安定を求めるもので、不安定な精神状態は潜在意識で痛みを感じてしまっている状態です。

なので、あなたが辛いと感じる時、ジウは何倍ものダメージを体は受けているんです。意識できていないだけです。

自宅で急に涙が止まらなくなって、トイレの個室で涙を止めるのに必死になった経験がある人もいます。

現職のストレスで、精神が不安定になることもありますし、退職後は無職の焦り・フリーターや派遣の場合は将来の不安で不安定になります。

症状⑤胃潰瘍

究極にストレスを感じてしまうと、胃に穴が空く胃潰瘍になってしまう危険性もあります。

例えば、事務の仕事として新卒で入社したけど、研究期間中に全く先輩社員から教育されずに、電話応対で何度もミスして、ストレスを抱えた女性社員が胃潰瘍になったケースです。

自分にプレッシャーを掛け続けるのもNGです。

ストレスを抱え続けると体が悲鳴を上げるんです。

症状⑥五月病

五月病は環境になれない新入社員がGWを過ぎたあとに、鬱病に似た症状になるとことですが、これも仕事のストレスに対して体が悲鳴を上げている証拠。

体に不可を与え続けると、五月病からエスカレートして、胃潰瘍やその他の体調不良に繋がります。

症状⑦自律神経失調症

「検査しても異常がないけど、微熱や倦怠感を常に感じる」

こういった場合は仕事のストレスで自律神経失調症にかかっているケースもあります。

血液検査、大腸カメラでも異常なしだけど、常に体が怠いといった場合はこの病気を疑ってください。

心療内科か精神科で受診することになります。

症状⑧摂食障害

自分に厳しすぎる人ほど、過食症・拒食症などの摂食障害になることがあります。

仕事にストレスを感じているけど、「絶対に会社は辞めたらダメだ・・」などと無理しすぎる人は要注意です。

過食気味・拒食気味などちょっとでもシグナルを感じたら、ストレスの原因である仕事を退職するなどの対策を取りましょう。

「ホントに転職出来た!」転職成功出来た人気の転職エージェントTOP3

DODA/パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)

>>>DODA公式サイトで無料登録する

■おすすめ度

■特徴国内最大級転職エージェント。公開求人・非公開求人の数も業界最大級。公開求人数33,129件/ 非公開求人 134,509件(2017年4月現在)。非の打ち所がない転職エージェント。

DODA(デューダ)は大手人材人材会社のパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)グループが運営しているサービス。

DODAのポイントは以下になります。

①親身なサポートで転職者満足度No.1

DODAは転職者利用者へのアンケート調査で満足度No.1の実績。

満足度が高い理由としては、「登録者に寄り添った親身なサポート」だからです。

  • 転職に関する不安悩みごとの相談
  • 自分のキャリアプランに迷った時には面談でのキャリアカウンセリング
  • 将来の最適なキャリアプランの提案

このようなサポートの結果、転職サポートで年間1万人を成功に導く実績豊富なエージェントになります。

「以前転職エージェントに登録したけど放置された!」

「手厚く、親身なサポートを受けたい!」

という転職希望者が登録・利用すると特に満足度が高いですね。

②履歴書・職務経歴書の添削が抜群

DODAは履歴書・職務経歴書の添削が丁寧で分かりやすいと評判です。

転職活動での第一関門である書類選考。

応募書類で最大限自分の経験や能力をPRしないといけないのに、完璧な書類を作り上げている人は非常に少ないです。

その点、DODAのキャリアアドバイザーは

  • 1から応募書類の作成を手伝ってくれる
  • 履歴書を下書きすれば清書を代行してくれる
  • 書類選考通過率が約3倍にアップする書き方のコツを教えてくれる

といったサポートをしてくれるんです。

「書類選考で落ち続けて面接までたどり着けない・・」

という人は質が高いと評判のDODAの応募書類の添削を一度受けてみるべきですね。

③登録者限定の非公開求人が80%もある

DODAに登録した会員限定でしか閲覧できない非公開求人が全体の約80%あります。

非公開求人の中にはDODAだけが扱う独占求人も多いです。

求人の質も圧倒的に高く、業界最大手のリクルートエージェントとは違った独自の企業を紹介してくれるのが特徴。

■DODAに登録するべき人
①「転職初心者でどの転職エージェントに登録したらいいか分からない」
②「求人数も多く・サポートの質も良いバランスの良い転職エージェントに登録したい」




ビズリーチ

>>>ビズリーチ公式サイトで無料登録

■おすすめ度

■特徴

ビズリーチはテレビCMでも話題の転職支援サービスですね。

特徴としては

①圧倒的なスカウトの豊富さ

ビズリーチに経歴書を登録するだけで、企業人事担当者や転職エージェントの担当者から毎日のようにスカウトが届きます。

登録した人のキャリア次第では、大手転職エージェントと比較して3-10倍ほどスカウトの数が増えた!という人もいます。

  • 「仕事が忙しくて求人チェックする時間がない」
  • 「とにかくたくさんの企業からのスカウトをチェックしたい」

という人は、登録するだけでスカウトがたくさんくるビズリーチが向いているでしょう。

②年収アップ出来る求人が多数

ビズリーチは他の転職エージェントと比較しても、年収アップできる求人が豊富です。

理由としてはビズリーチは元々年収600万以上のハイスペックのビジネスパーソンに特化していた転職支援サービスだったからです。

ですので現状年収が低い転職希望者であっても、ビズリーチでしかチェック出来ない好条件の求人が紹介されるでしょう。

  • 「今の年収に不満がある!」
  • 「もっともっと稼ぎたい!」

という人は登録しておくと良いでしょう。

※公式ホームページには「年収600万以上に支持される」とありますが、年収600万未満でも登録・利用は問題なく出来ます

③上場企業・大手企業の求人が多い

上に書いた「年収アップ出来る求人が多い」ということとも繋がりますが、ビズリーチは大手・上場企業の求人が多いです。

年収が多い求人が多いので、当然上場企業や大手企業の求人が多いのは必然なのですが。

ですので「新卒で入社できなかった大手に入社したい!」と感じる人は登録しておいた方が良いです。

とはいえ大手企業は周りも入社したいと感じる人気求人。

募集してもすぐに打ち切りになりますし、募集も若干名です。

なので逆算して早めにビズリーチに登録して、大手企業の求人を漏れなくチェックしておくことが大事だといえます。

 

■ビズリーチに登録するべき人
①「年収が低い。転職して給料を増やしたい!」と思う人
②転職エージェントの担当者から手厚いサポートを受けたい人



リクルートエージェント

>>>リクルートエージェント無料登録する

■おすすめ度

■特徴

転職支援サービス最大手のリクルートグループの転職エージェントになります。

①業界最多の13万件の求人件数で他社を圧倒。

転職エージェント業界業界最大手リクルートエージェント。

公開求人・非公開求人が合わせると約13万件と業界最多の圧倒的な求人件数です。

「とにかくたくさんの求人の中から自分に合う求人を探したい!」

という人はリクルートエージェントの求人の多さを実感するべきでしょう。

②転職支援の成功実績32万件でNO.1

リクルートエージェントが転職支援業界で成功実績No.1となったのは以下の理由です。

求人数の多さ+担当キャリアアドバイザーの質の高さ=転職成功実績32万件

確かに、DODAのキャリアアドバイザーもレベルが高いのですが、DODAの特徴としては親切丁寧なサポートです。

一方リクルートエージェントの特徴としては、とにかくキャリアアドバイザーのアドバイスが的確ということ。

アドバイスの内容に無駄がなく、ズバリ自分が進むべきキャリアを示してくれるんです。

と使い分けが必要になってきます。

③女性向けの転職ノウハウが豊富

リクルートグループの中に人材派遣会社(リクルートスタッフィング)と連携した女性に特化した求人や濃いノウハウ情報が豊富にあります。

特に事務職・販売職などの業界職に精通したキャリアコンサルタントが多数在籍しているので相談しやすい環境は整っていますよ。

「女性ならでは目線で悩みを相談したり、共感してくれる担当者が良い!」

と感じる女性の転職希望者が登録すると満足なサポートを受けることが出来ます。

④夜間・土日祝日でもサポート受付!

リクルートエージェントは、平日・土日祝日いつでも20時以降にも相談が出来るんです。

「仕事が忙しいからなかなか転職活動の時間が割けない・・」

という人でも、在職しながら転職活動が出来るサ手厚いサービスと言えますね。

 

■リクルートエージェントに登録すべき人
①「とにかく数多くの求人を紹介して欲しい」人



番外編:就職shop


>就職shop公式サイトで登録

■おすすめ度

■特徴

①書類選考不要で必ず面接まで進める

就職shopの最大のメリットはなんといっても書類選考不要で希望した企業の面接を受けれるということ。

  • 「どれだけ応募しても書類選考落ちで面接まで進まない・・」
  • 「面接まで進めば自分の良さをアピール出来るのに・・」

という人は是非使っておきたいサービスです。

書類選考不要の転職エージェントは他社でもないサービスなので、個人的にはかなり画期的だと思いますね。

②全ての企業を取材済み!求人情報が正確

就職shopの求人は、全てスタッフが足を運んで企業を100%取材しています。

取材していることによるメリットとしては「求人情報が正確」「ブラック企業が皆無」といったことがあります。

ですので就職shop経由で入社した場合は「聞いていた条件や仕事内容じゃなかった・・」ということはほぼ皆無と言って良いでしょう。

ただ、全ての企業に足を運んでから求人掲載するので必然的に他の転職エージェントよりは求人数は少なくなります。

なので今回は4位にランキングしておきました。

③18-30歳以下の男女のみが登録の対象

他の転職エージェントであれば何歳であってもう登録可能です。

ですが、就職shopは18-30歳男女の若者向けの転職エージェントとなります。

なので、31歳以上の場合は登録が出来ないのでその点だけ注意が必要です。

■就職shopに登録すべき人
①30歳下の男女で書類選考に通過せずに悩んでいる人
②ブラック企業には絶対に入社したくない!という人。求人情報の正確さを大事にしたい人

新卒企業を退職した後の職業や進路4つ

1,公務員

公務員はやはり人気です。

新卒で入社した企業を短期で退職した人は、「もうブラック企業は嫌だ。安定していて仕事も楽そうな公務員になろう」と感じる人は少なくないです。

また公務員試験を受験するのは年齢制限もあるので、早めに受かっておこうと感じて公務員志望者が増えるのです。

2,士業になるための資格取得勉強

弁護士・行政書士・税理士など、資格を取って士業として仕事をしていきたいと考える人もいます。

将来独立開業も可能な資格ですね。

「資格がないから企業に使い捨てにされるんだ。自分の力で仕事をしていきたい!」

と感じる人ほど、士業などの資格取得に励みます。

ただ、独立開業して経営を軌道に乗せるには、人的ネットワークや士業としての経験や実績も必要になってきます。

それまでにどこの事務所で経験を積む必要もあるので、大変な仕事であることは変わりないです。

3,技術系の現場作業

電気工事士などの技術系の現場作業員として働くことも目指すパターンあります。

士業などの資格取得は時間がかかりますが、現場系の資格取得はそれほど難しくありません。

電気工事士の資格があれば、現場系の仕事に困らないでの重宝されるという思惑ですね。

4,留学してワーキングホリデー

「せっかく退職して時間が出来てたんだから海外勤務を経験しよう!」

ってことで、留学も出来て仕事も出来るワーキングホリデーをする人もいます。

ただ、ワーキングホリデーは職歴として認めれないので、キャリアアップにはなりません!

注意してくださいね!

⇒「もっと早く使えば良かった!」転職成功者に人気の転職エージェントとは?

新卒で短期退職しがちな職業6つ

1,小売業

店舗での小売業に新卒で入社した新入社員はすぐに辞めがちです。

残業時間も多く、休日も少ないので、友達と休みの予定が合わず疎遠になっていきます。

その上給料も少ないので、将来ずっとこの仕事を続けているのか?という不安を感じ、辛くなり辞めていくというケースですね。

平社員も大変ですが、店長になると店舗の売上目標なども課されるのでさらに大変になります。

2,パチンコ屋

パチンコ屋に正社員として新卒で入社する場合も、すぐに辞める傾向があります。

アルバイトとして大型店舗で働いていて、就活も面倒だからそのままパチンコに就職するっていうパターンが多いですね。

ですが、アルバイトと正社員の仕事の内容は違って、換金所やお客の出玉の管理などの作業量が多くなるので、大変に感じて短期間で退職していくんです。

3,MR

医薬品メーカーに雇用された医者に対して情報提供を行うMRも昔から離職率の高い仕事。

医者に対する接待行為が厳しく禁じられるようになったので、以前より楽になったとはいえ、高飛車な医者に対して営業するのはストレスの溜まる仕事ですからね。

4,IT業界

IT企業でも大手企業な問題ないですが、それ以外の中小企業はブラック企業の確率が高いです。

研修がほとんどなく、教育制度が整っておらず離職率が高くなるってパターンです。

自社開発している利益率の高いサービスであればいいのですが、代理店などの儲かってない企業は残業時間が多いわりに給料が低く、割に合わない!と感じて退職する若手社員が多いです。

5,美容部員

女性同士の美容部員も新卒社員がすぐに辞める職場です。

先輩のお局社員が若手社員を陰湿なイジメでやめさせるという方法です。

イジメのストレスは精神的なダメージを受けやすいので、無理せず退職するか、社内の人事に相談するなど対策をしっかりと取るようにしましょうね。

6,営業職

営業職ほど、向き不向きの出やすい職種はありません。

合わない人は上司から毎日叱責されてストレスを感じます。

ひどい会社だと、出来ない新入社員に対して、レコーダーで営業音声を録音して、上司がチェックして指摘や叱責をくりかえすのです。

営業所長から毎日怒鳴られて、毎朝具合が悪く会社を休むようになり、結果的に会社に退職届を書くって流れです。

営業の数字が達成できない・上司からの詰めのストレスは体の不調に繋がる可能性がありますので、限界を感じる前に転職活動を開始しましょう。

上手く仮病を使ったり営業時間中に転職活動をして、ブランクの期間を空けないように就活すれば、比較的スムーズに転職出来ますよ。

⇒「もっと早く使えば良かった!」転職成功者に人気の転職エージェントとは?

第二新卒者の転職活動のポイントとは?

「短期間で新卒で入社した企業を退職してしまって、第二新卒として転職活動をする時のポイントが分からない!」

と感じる人も多いと思います。

ですので、ポイントをまとめて紹介しておきますね!

まず面接はでは下記の2点を明確に説明できるようにしておいてください。

  1. 志望動機:転職先探しの希望条件など
  2. 自己PR:自分の強み・弱み
  3. 質問への回答:短期離職した理由など

【①志望動機】

〈どういった業界業種で仕事をしたいか?〉

  • BtoBの営業職
  • 業界は不問
  • 職種は新規営業はではなくルート営業

〈どういう企業に就職したいか?〉

  • 残業無しか、月に10時間未満
  • 土日祝休みの完全週休2日制
  • ルート営業職
  • 勤務地は大阪市内か神戸市内
  • 年収は350万円前後

【②自己PR】

〈強み〉

諦めない。粘り強い行動力。周囲が諦めても、負けじと行動し続ける。

〈弱み〉

飽きっぽい。目標とする結果を出すと興味の対象が別のとこに移ってしまう。

【③面接官からの質問への明確な回答】

〈短期離職した理由〉

新規営業ではなく、お客さんと長く深い付き合いが出来るルート営業の方が自分に合っていると感じたから。

〈次の仕事で実現したいこと〉

ルート営業担当として、1社ずつの顧客の売上を最大化されるサポートをし、自社の売上もアップさせるwinwinな関係を築ける営業マンになりたい

〈仕事に対する取り組み方や姿勢〉

営業として数字は残してきた実績がある。数字へのコミットはしっかり行う人材である。

転職活動が上手くいかいのでは?と将来に不安を感じている人も多いと思います。

焦って、内定が出た企業にすぐ入社するようなことはしては、新卒の時の二の舞いになりかねません。

とはいえ全ての企業がホワイト企業というわけではないので、事前の準備や仕事選びの優先順位付けを行って起きましょう。

新卒のときは「俺なら大丈夫!」という根拠のない自信過剰で情報収集を怠ったことや、取捨選択の周囲からのアドバイスを聞かなかったことも就活失敗した原因です。

「自分は何がしたいのか?」「どんな仕事だったら続けれそうか?」

ということをしっかりと考えて就活をするようにしましょう。

「ホントに転職出来た!」転職成功出来た人気の転職エージェントTOP3

DODA/パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)

>>>DODA公式サイトで無料登録する

■おすすめ度

■特徴国内最大級転職エージェント。公開求人・非公開求人の数も業界最大級。公開求人数33,129件/ 非公開求人 134,509件(2017年4月現在)。非の打ち所がない転職エージェント。

DODA(デューダ)は大手人材人材会社のパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)グループが運営しているサービス。

DODAのポイントは以下になります。

①親身なサポートで転職者満足度No.1

DODAは転職者利用者へのアンケート調査で満足度No.1の実績。

満足度が高い理由としては、「登録者に寄り添った親身なサポート」だからです。

  • 転職に関する不安悩みごとの相談
  • 自分のキャリアプランに迷った時には面談でのキャリアカウンセリング
  • 将来の最適なキャリアプランの提案

このようなサポートの結果、転職サポートで年間1万人を成功に導く実績豊富なエージェントになります。

「以前転職エージェントに登録したけど放置された!」

「手厚く、親身なサポートを受けたい!」

という転職希望者が登録・利用すると特に満足度が高いですね。

②履歴書・職務経歴書の添削が抜群

DODAは履歴書・職務経歴書の添削が丁寧で分かりやすいと評判です。

転職活動での第一関門である書類選考。

応募書類で最大限自分の経験や能力をPRしないといけないのに、完璧な書類を作り上げている人は非常に少ないです。

その点、DODAのキャリアアドバイザーは

  • 1から応募書類の作成を手伝ってくれる
  • 履歴書を下書きすれば清書を代行してくれる
  • 書類選考通過率が約3倍にアップする書き方のコツを教えてくれる

といったサポートをしてくれるんです。

「書類選考で落ち続けて面接までたどり着けない・・」

という人は質が高いと評判のDODAの応募書類の添削を一度受けてみるべきですね。

③登録者限定の非公開求人が80%もある

DODAに登録した会員限定でしか閲覧できない非公開求人が全体の約80%あります。

非公開求人の中にはDODAだけが扱う独占求人も多いです。

求人の質も圧倒的に高く、業界最大手のリクルートエージェントとは違った独自の企業を紹介してくれるのが特徴。

■DODAに登録するべき人
①「転職初心者でどの転職エージェントに登録したらいいか分からない」
②「求人数も多く・サポートの質も良いバランスの良い転職エージェントに登録したい」




ビズリーチ

>>>ビズリーチ公式サイトで無料登録

■おすすめ度

■特徴

ビズリーチはテレビCMでも話題の転職支援サービスですね。

特徴としては

①圧倒的なスカウトの豊富さ

ビズリーチに経歴書を登録するだけで、企業人事担当者や転職エージェントの担当者から毎日のようにスカウトが届きます。

登録した人のキャリア次第では、大手転職エージェントと比較して3-10倍ほどスカウトの数が増えた!という人もいます。

  • 「仕事が忙しくて求人チェックする時間がない」
  • 「とにかくたくさんの企業からのスカウトをチェックしたい」

という人は、登録するだけでスカウトがたくさんくるビズリーチが向いているでしょう。

②年収アップ出来る求人が多数

ビズリーチは他の転職エージェントと比較しても、年収アップできる求人が豊富です。

理由としてはビズリーチは元々年収600万以上のハイスペックのビジネスパーソンに特化していた転職支援サービスだったからです。

ですので現状年収が低い転職希望者であっても、ビズリーチでしかチェック出来ない好条件の求人が紹介されるでしょう。

  • 「今の年収に不満がある!」
  • 「もっともっと稼ぎたい!」

という人は登録しておくと良いでしょう。

※公式ホームページには「年収600万以上に支持される」とありますが、年収600万未満でも登録・利用は問題なく出来ます

③上場企業・大手企業の求人が多い

上に書いた「年収アップ出来る求人が多い」ということとも繋がりますが、ビズリーチは大手・上場企業の求人が多いです。

年収が多い求人が多いので、当然上場企業や大手企業の求人が多いのは必然なのですが。

ですので「新卒で入社できなかった大手に入社したい!」と感じる人は登録しておいた方が良いです。

とはいえ大手企業は周りも入社したいと感じる人気求人。

募集してもすぐに打ち切りになりますし、募集も若干名です。

なので逆算して早めにビズリーチに登録して、大手企業の求人を漏れなくチェックしておくことが大事だといえます。

 

■ビズリーチに登録するべき人
①「年収が低い。転職して給料を増やしたい!」と思う人
②転職エージェントの担当者から手厚いサポートを受けたい人



リクルートエージェント

>>>リクルートエージェント無料登録する

■おすすめ度

■特徴

転職支援サービス最大手のリクルートグループの転職エージェントになります。

①業界最多の13万件の求人件数で他社を圧倒。

転職エージェント業界業界最大手リクルートエージェント。

公開求人・非公開求人が合わせると約13万件と業界最多の圧倒的な求人件数です。

「とにかくたくさんの求人の中から自分に合う求人を探したい!」

という人はリクルートエージェントの求人の多さを実感するべきでしょう。

②転職支援の成功実績32万件でNO.1

リクルートエージェントが転職支援業界で成功実績No.1となったのは以下の理由です。

求人数の多さ+担当キャリアアドバイザーの質の高さ=転職成功実績32万件

確かに、DODAのキャリアアドバイザーもレベルが高いのですが、DODAの特徴としては親切丁寧なサポートです。

一方リクルートエージェントの特徴としては、とにかくキャリアアドバイザーのアドバイスが的確ということ。

アドバイスの内容に無駄がなく、ズバリ自分が進むべきキャリアを示してくれるんです。

と使い分けが必要になってきます。

③女性向けの転職ノウハウが豊富

リクルートグループの中に人材派遣会社(リクルートスタッフィング)と連携した女性に特化した求人や濃いノウハウ情報が豊富にあります。

特に事務職・販売職などの業界職に精通したキャリアコンサルタントが多数在籍しているので相談しやすい環境は整っていますよ。

「女性ならでは目線で悩みを相談したり、共感してくれる担当者が良い!」

と感じる女性の転職希望者が登録すると満足なサポートを受けることが出来ます。

④夜間・土日祝日でもサポート受付!

リクルートエージェントは、平日・土日祝日いつでも20時以降にも相談が出来るんです。

「仕事が忙しいからなかなか転職活動の時間が割けない・・」

という人でも、在職しながら転職活動が出来るサ手厚いサービスと言えますね。

 

■リクルートエージェントに登録すべき人
①「とにかく数多くの求人を紹介して欲しい」人



番外編:就職shop


>就職shop公式サイトで登録

■おすすめ度

■特徴

①書類選考不要で必ず面接まで進める

就職shopの最大のメリットはなんといっても書類選考不要で希望した企業の面接を受けれるということ。

  • 「どれだけ応募しても書類選考落ちで面接まで進まない・・」
  • 「面接まで進めば自分の良さをアピール出来るのに・・」

という人は是非使っておきたいサービスです。

書類選考不要の転職エージェントは他社でもないサービスなので、個人的にはかなり画期的だと思いますね。

②全ての企業を取材済み!求人情報が正確

就職shopの求人は、全てスタッフが足を運んで企業を100%取材しています。

取材していることによるメリットとしては「求人情報が正確」「ブラック企業が皆無」といったことがあります。

ですので就職shop経由で入社した場合は「聞いていた条件や仕事内容じゃなかった・・」ということはほぼ皆無と言って良いでしょう。

ただ、全ての企業に足を運んでから求人掲載するので必然的に他の転職エージェントよりは求人数は少なくなります。

なので今回は4位にランキングしておきました。

③18-30歳以下の男女のみが登録の対象

他の転職エージェントであれば何歳であってもう登録可能です。

ですが、就職shopは18-30歳男女の若者向けの転職エージェントとなります。

なので、31歳以上の場合は登録が出来ないのでその点だけ注意が必要です。

■就職shopに登録すべき人
①30歳下の男女で書類選考に通過せずに悩んでいる人
②ブラック企業には絶対に入社したくない!という人。求人情報の正確さを大事にしたい人


第二新卒であることをポジティブに受け止め就活しよう!

第二新卒で就活している自分を卑下してはいけません!

卑下するのは周りの意見に左右されているから。

上司や親などに今まで自分の進路や悩みなどを相談しても結局明確な答えは返ってこず、正論しか言われなかったでしょ?

相談しても悩みが増えるだけです。なので、ポジティブに就活するしかありません。

会社経営者の立場に立つと新卒として採用した、新社会人が入社半年程度で退職されてはコストでしかりません。

だって売上に1つも貢献していないんですから。

先行投資として新卒採用費を変えて採用し、社員研修も行ったのに完全に無駄な経費です。

なので、会社の上司は正論を言って必死であなたの退職を止めようとします。

経営者からすると新卒社員の人生よりも会社の売上ですからね。

なので、会社をすぐに辞める人材を全力で否定してくるのです。

でも、社員であるあなたの立場だと、採用費だとかは知ったこっちゃないのです。

なので、周りからなんと言われようが気にせずに堂々と退職して、堂々と転職活動をすべきです。

挫折経験・失敗経験は、あなたの今後の成長のチャンスです。

キャリアプラン・ライフプランをこれを機会にしっかりと立て直して、もう一度リクルートスールを着直しフレッシュマンとして就活を開始しましょう!

ポイントを押さえた転職活動を行えば必ず就活は成功します!

⇒「もっと早く使えば良かった!」転職成功者に人気の転職エージェントとは?

第二新卒者の転職活動方法2つ【体験談】

1,ハローワークを活用

転職活動の方法としてまず思いつくのがハローワークだと思います。

ですが、第二新卒の転職活動はハローワークでの転職活動はお勧め出来ません。

なぜかというと、ハローワークは民間の転職支援会社と比較すると求人数が圧倒的に少ないからです。

第二新卒のあなたはとにかくたくさん求人に応募するのが内定獲得の近道です。

ですが、ハローワークは、民間に比べると相当求人の数が少ないんです。

またハロワは無職の人がたくさん来ているので、相談までの順番待ちが長くかなりイライラします。

またハロワ内の雰囲気は暗いです。やる気のない人生を悲観したような人ばかりがいるので、こっちまで暗い気持ちになります。

ハロワの職員自体もやる気を感じない人ばかりなので、相談員に第二新卒で転職活動をしていることを伝えると「なんですぐに辞めちゃうんだ。根性なさすぎだろ。仕事探しは苦労するぞ」となぜか説教される始末。

仕事や求人を斡旋してくれるはずなのに、いきなり説教な憂鬱な気分にされました。

また自分でもハロワの求人を探していると、年間休日90日前後で残業も多いブラック企業の求人ばっかりでびっくりしましたね。

ハロワだと「新卒カード」を使い切ってしまった自分は人生終わりなのか?とかなり落ち込みましたよ。

2,転職エージェントを活用

ハロワで意気消沈していたことろ、ネットで見つけた転職エージェントに登録してから転職活動が好転しました。

転職エージェントって、在職している人のキャリアップを目的としてところだと勘違いしていたのですが、フリーターとか第二新卒でもサポートしてくれるんですね。

まず、ネットから転職エージェントに無料申し込みをしました。するとすぐにコンサルタントの方から電話が掛かってきて、面談日の調整。

面談日に転職エージェントの綺麗なオフィスに行って面談開始。

カウンセラーの方も転職のプロなので、雑談をしつつ緊張をほぐしてくれたので、すごく話しやすかったです。

自分の希望条件の掘り下げ・自己分析・仕事選びのポイントのレクチャーなどと色々な転職のコツを教えてくれました。

僕は同世代の若い社員がたくさんいる職場で働きたかったので、ネット広告代理店の企業に応募することにしました。

ネットの求人サイトでは分からない、面接のコツとか、面接官の癖などの内部情報も教えてくれました。

求人サイトはキャッチアップ出来ない情報で、転職エージェントならではの情報ですよね。

リクナビネクストの転職情報だと、ありきたいな情報ばかりが豊富に書かれていて、企業ごとの違いがわかりませんが、転職エージェントではそういったことは一切ないです。

結果的に転職エージェントから紹介してもらった、ネット広告企業に入社することが出来て今は楽しく仕事をしています。

新卒で入社した企業を退職した時は、親や周囲の友人知人の期待を裏切ったような気がして申し訳ない気持ちしかなかったです。

ですが、親や周囲が敷いたレールに乗るだけではないと、今転職成功して強く感じました。

自分の経歴のマイナスポイントなどの指摘してくれるので、どういった面接対策を行えばよいか明確になり分かりやすかったですね。

求人サイトでも転職成功する人もいると思いますが、僕の場合は転職エージェントを使って本当に良かったです。

⇒「もっと早く使えば良かった!」転職成功者に人気の転職エージェントとは?

転職エージェントって具体的にどんなサポートをしてくれるの?

そもそも「転職エージェントってなに?」っていう疑問から答えていきます!

転職エージェントというのは、あなたの専任のコンサルタントが「あなたが活躍できる業界や職種のアドバイス」「応募書類の添削」「面接対策」などを完全無料で行ってくれるんです。

僕自身も転職の際にはDODAという業界大手の転職エージェントのサービスを利用しました。

登録した転職エージェントはDODAだけだったのですが、結果的に転職活動期間2か月にも関わらず、7社の内定を勝ち取ることが出来ました。

僕がDODAが優れているな!感じた理由は下記になります。

DODAが転職エージェントの中でも優れている理由3つ

理由①求人の8割が非公開求人

転職エージェントも僕人身複数登録しましたが、DODAが1番良かったなと感じた理由の1つが、「圧倒的な求人数の多さ」です。

DODAの求人の8割が非公開求人で、DODAに登録した人限定で応募できる求人ばかりです。

転職といえば、リクナビネクスト・マイナビ転職などの求人サイトが一般的ですが、求人サイトには掲載されていない求人がDODAにはたくさん紹介されています。

当然求人が多くなると、僕たち求職者にとっては選択肢が増えるので、求人数に比例して内定数も増えていくことになります。

理由②大手企業なので安心して登録できる

DODAはテレビCMも放映しているパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)という大手企業が提供しているサービスです。

やはり大手企業ですので、安心して転職支援サービスにも登録できます。

転職エージェントの仕事というのは、有料職業紹介事業という厚生労働書からの許認可を得れば誰でもできますし、社長1人だけの転職エージェントの会社といのも少なくないです。

やはり小規模な転職エージェントは営業マンも少ないので、紹介してくれる求人数も圧倒的に不足。

また、個人情報の扱いに関しても大手企業ほど厳重ではないです。

その点から考えると、中小の転職エージェント会社に登録するメリットはなく、DODAのような大手企業へ登録する方が得策なんです。

理由③専任コンサルタントのアドバイスが適格すぎる

私自身何社か転職エージェントに登録しましたが、DODAの転職エージェントの専任コンサルタントの方の私へのアドバイスが適格過ぎました。

例えば、志望動機の考え方に下記のようにアドバイスしてくれます。

「現在の志望動機も悪くはないです。ですが、もっと企業に対してどういった価値を提供できるかを、ご自身の経験を交えて伝えるようにすると更に良くなります。」というアドバイスを受けました。

さらに、「ご自身が希望されている仕事は良く分かりました。ですが、企業様から評価されやす職種ですと○○の職種の方になると感じました。

××という経験は転職市場でも非常に少ない特殊なスキルなので、このスキルをアピールされると希望年収より2割はアップできると思います。」などなど。

このように自分では気づかいアドバイスを的確にもらうことが出来たんです。

「やっぱり転職のプロは違うな~」と感心したことを覚えています。

⇒「もっと早く使えば良かった!」転職成功者に人気の転職エージェントとは?

DODAへの無料の登録方法

ですので、早速DODAへ無料登録を行い、専任コンサルタントからアドバイスを受けるようしましょう!

まず、DODAの公式ホームページより登録画面に進み「氏名・年齢・住所・連絡先・直近の職歴・希望面談日」などの必須項目を入力しましょう。

面談は、DODAの全国7か所ある事務所に訪問しても良いですし、電話面談で登録を済ませても大丈夫です。

登録者の8割は電話での面談で登録を済ませる人も多いので、電話面談の希望日程などを「自由記入欄」に記載しておくと良いですよ。

登録後数時間後に、DODAの担当の方から電話で連絡が入ります。

面談日程の調整をその電話で行うということですね。面談日程を決めれば、後は面談日を待つだけです。

面談日までに必ず用意しておいた方がよいものは職務経歴書です。

職務経歴書がないと、いくら転職のプロであるDODAのコンサルタントの方でもあなたに適切なアドバイスや、求人を紹介することは出来ません。

経歴を元に、話が進みますので、当日円滑に登録が進むように、職務経歴書は用意しておきましょう。

そのあたりの必要書類の準備に関しても、DODAに登録したの電話で丁寧に説明してもらえます。

⇒「もっと早く使えば良かった!」転職成功者に人気の転職エージェントとは?

DODAへ登録して今よりも条件の良い職場へ転職しよう!

転職は当然ですが、転職のプロに相談するのがベストです。

僕自身、DODAへ登録して応募書類の添削をしてもらってから、書類選考の通過率が約5倍にアップしました。

転職エージェントののプロの視点は、本当にすごいんだなと感心しましたね。

いかに自分で作った応募書類の内容が穴だらけだったかということですが(笑)

DODAへ登録してプロのコンサルタントにアドバイスを受けることで、確実に今以上にあなた自身を企業にアピールできます。

結果、収入面・待遇面・仕事の内容で、今以上の職場に転職できる確率もグッとアップします。

今すぐ登録して、絶対に転職を成功させましょう!!

「ホントに転職出来た!」転職成功出来た人気の転職エージェントTOP3

DODA/パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)

>>>DODA公式サイトで無料登録する

■おすすめ度

■特徴国内最大級転職エージェント。公開求人・非公開求人の数も業界最大級。公開求人数33,129件/ 非公開求人 134,509件(2017年4月現在)。非の打ち所がない転職エージェント。

DODA(デューダ)は大手人材人材会社のパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)グループが運営しているサービス。

DODAのポイントは以下になります。

①親身なサポートで転職者満足度No.1

DODAは転職者利用者へのアンケート調査で満足度No.1の実績。

満足度が高い理由としては、「登録者に寄り添った親身なサポート」だからです。

  • 転職に関する不安悩みごとの相談
  • 自分のキャリアプランに迷った時には面談でのキャリアカウンセリング
  • 将来の最適なキャリアプランの提案

このようなサポートの結果、転職サポートで年間1万人を成功に導く実績豊富なエージェントになります。

「以前転職エージェントに登録したけど放置された!」

「手厚く、親身なサポートを受けたい!」

という転職希望者が登録・利用すると特に満足度が高いですね。

②履歴書・職務経歴書の添削が抜群

DODAは履歴書・職務経歴書の添削が丁寧で分かりやすいと評判です。

転職活動での第一関門である書類選考。

応募書類で最大限自分の経験や能力をPRしないといけないのに、完璧な書類を作り上げている人は非常に少ないです。

その点、DODAのキャリアアドバイザーは

  • 1から応募書類の作成を手伝ってくれる
  • 履歴書を下書きすれば清書を代行してくれる
  • 書類選考通過率が約3倍にアップする書き方のコツを教えてくれる

といったサポートをしてくれるんです。

「書類選考で落ち続けて面接までたどり着けない・・」

という人は質が高いと評判のDODAの応募書類の添削を一度受けてみるべきですね。

③登録者限定の非公開求人が80%もある

DODAに登録した会員限定でしか閲覧できない非公開求人が全体の約80%あります。

非公開求人の中にはDODAだけが扱う独占求人も多いです。

求人の質も圧倒的に高く、業界最大手のリクルートエージェントとは違った独自の企業を紹介してくれるのが特徴。

■DODAに登録するべき人
①「転職初心者でどの転職エージェントに登録したらいいか分からない」
②「求人数も多く・サポートの質も良いバランスの良い転職エージェントに登録したい」




ビズリーチ

>>>ビズリーチ公式サイトで無料登録

■おすすめ度

■特徴

ビズリーチはテレビCMでも話題の転職支援サービスですね。

特徴としては

①圧倒的なスカウトの豊富さ

ビズリーチに経歴書を登録するだけで、企業人事担当者や転職エージェントの担当者から毎日のようにスカウトが届きます。

登録した人のキャリア次第では、大手転職エージェントと比較して3-10倍ほどスカウトの数が増えた!という人もいます。

  • 「仕事が忙しくて求人チェックする時間がない」
  • 「とにかくたくさんの企業からのスカウトをチェックしたい」

という人は、登録するだけでスカウトがたくさんくるビズリーチが向いているでしょう。

②年収アップ出来る求人が多数

ビズリーチは他の転職エージェントと比較しても、年収アップできる求人が豊富です。

理由としてはビズリーチは元々年収600万以上のハイスペックのビジネスパーソンに特化していた転職支援サービスだったからです。

ですので現状年収が低い転職希望者であっても、ビズリーチでしかチェック出来ない好条件の求人が紹介されるでしょう。

  • 「今の年収に不満がある!」
  • 「もっともっと稼ぎたい!」

という人は登録しておくと良いでしょう。

※公式ホームページには「年収600万以上に支持される」とありますが、年収600万未満でも登録・利用は問題なく出来ます

③上場企業・大手企業の求人が多い

上に書いた「年収アップ出来る求人が多い」ということとも繋がりますが、ビズリーチは大手・上場企業の求人が多いです。

年収が多い求人が多いので、当然上場企業や大手企業の求人が多いのは必然なのですが。

ですので「新卒で入社できなかった大手に入社したい!」と感じる人は登録しておいた方が良いです。

とはいえ大手企業は周りも入社したいと感じる人気求人。

募集してもすぐに打ち切りになりますし、募集も若干名です。

なので逆算して早めにビズリーチに登録して、大手企業の求人を漏れなくチェックしておくことが大事だといえます。

 

■ビズリーチに登録するべき人
①「年収が低い。転職して給料を増やしたい!」と思う人
②転職エージェントの担当者から手厚いサポートを受けたい人



リクルートエージェント

>>>リクルートエージェント無料登録する

■おすすめ度

■特徴

転職支援サービス最大手のリクルートグループの転職エージェントになります。

①業界最多の13万件の求人件数で他社を圧倒。

転職エージェント業界業界最大手リクルートエージェント。

公開求人・非公開求人が合わせると約13万件と業界最多の圧倒的な求人件数です。

「とにかくたくさんの求人の中から自分に合う求人を探したい!」

という人はリクルートエージェントの求人の多さを実感するべきでしょう。

②転職支援の成功実績32万件でNO.1

リクルートエージェントが転職支援業界で成功実績No.1となったのは以下の理由です。

求人数の多さ+担当キャリアアドバイザーの質の高さ=転職成功実績32万件

確かに、DODAのキャリアアドバイザーもレベルが高いのですが、DODAの特徴としては親切丁寧なサポートです。

一方リクルートエージェントの特徴としては、とにかくキャリアアドバイザーのアドバイスが的確ということ。

アドバイスの内容に無駄がなく、ズバリ自分が進むべきキャリアを示してくれるんです。

と使い分けが必要になってきます。

③女性向けの転職ノウハウが豊富

リクルートグループの中に人材派遣会社(リクルートスタッフィング)と連携した女性に特化した求人や濃いノウハウ情報が豊富にあります。

特に事務職・販売職などの業界職に精通したキャリアコンサルタントが多数在籍しているので相談しやすい環境は整っていますよ。

「女性ならでは目線で悩みを相談したり、共感してくれる担当者が良い!」

と感じる女性の転職希望者が登録すると満足なサポートを受けることが出来ます。

④夜間・土日祝日でもサポート受付!

リクルートエージェントは、平日・土日祝日いつでも20時以降にも相談が出来るんです。

「仕事が忙しいからなかなか転職活動の時間が割けない・・」

という人でも、在職しながら転職活動が出来るサ手厚いサービスと言えますね。

 

■リクルートエージェントに登録すべき人
①「とにかく数多くの求人を紹介して欲しい」人



番外編:就職shop


>就職shop公式サイトで登録

■おすすめ度

■特徴

①書類選考不要で必ず面接まで進める

就職shopの最大のメリットはなんといっても書類選考不要で希望した企業の面接を受けれるということ。

  • 「どれだけ応募しても書類選考落ちで面接まで進まない・・」
  • 「面接まで進めば自分の良さをアピール出来るのに・・」

という人は是非使っておきたいサービスです。

書類選考不要の転職エージェントは他社でもないサービスなので、個人的にはかなり画期的だと思いますね。

②全ての企業を取材済み!求人情報が正確

就職shopの求人は、全てスタッフが足を運んで企業を100%取材しています。

取材していることによるメリットとしては「求人情報が正確」「ブラック企業が皆無」といったことがあります。

ですので就職shop経由で入社した場合は「聞いていた条件や仕事内容じゃなかった・・」ということはほぼ皆無と言って良いでしょう。

ただ、全ての企業に足を運んでから求人掲載するので必然的に他の転職エージェントよりは求人数は少なくなります。

なので今回は4位にランキングしておきました。

③18-30歳以下の男女のみが登録の対象

他の転職エージェントであれば何歳であってもう登録可能です。

ですが、就職shopは18-30歳男女の若者向けの転職エージェントとなります。

なので、31歳以上の場合は登録が出来ないのでその点だけ注意が必要です。

■就職shopに登録すべき人
①30歳下の男女で書類選考に通過せずに悩んでいる人
②ブラック企業には絶対に入社したくない!という人。求人情報の正確さを大事にしたい人


合わせてよく読まれている記事

①楽な仕事&バイト42選!

楽な仕事&バイト42選!正社員で楽で稼げる仕事がないと諦めてる?サビ残・ノルマなしで年間休日120日以上の仕事があるんです!!
「ブラック企業じゃなく、立ってるだけで給料貰えるような楽な仕事に就きたい!」 「複雑で面倒な人間関係がない、ストレスフリーな職...

②職場いじめで退職するしかない?

職場いじめで退職するしかない?泣き寝入りは禁物!職場いじめの11個の対処法を紹介。絶対に負けるな!
「職場で社内の人に1日中無視されていて辛い・・退職するしかないのかな・・」 「自分だけ間違った仕事の指示を出されて、ミスをする...

③ストレスで仕事を辞めたいなら今すぐ転職だ!

ストレスで仕事を辞めたいなら今すぐ転職だ!今すぐ会社を辞めるべき4つの理由
「毎日朝起きたくない・・職場に行くのが辛い・・もう辞めたい・・」 「職場の人間関係がストレスで、原因不明に体調不良。今の仕事辞...

④仕事のストレスが限界のあなたへ。無理は禁物です。

ストレスで仕事を辞めたいなら今すぐ転職だ!今すぐ会社を辞めるべき4つの理由
「毎日朝起きたくない・・職場に行くのが辛い・・もう辞めたい・・」 「職場の人間関係がストレスで、原因不明に体調不良。今の仕事辞...

⑤職場いじめの人間関係で悩むなら早く転職したほうがいいですよ?

職場いじめで退職するしかない?泣き寝入りは禁物!職場いじめの11個の対処法を紹介。絶対に負けるな!
「職場で社内の人に1日中無視されていて辛い・・退職するしかないのかな・・」 「自分だけ間違った仕事の指示を出されて、ミスをする...

⑥今の仕事が辛いなら楽な仕事を選ぶことが大事です

楽な仕事&バイト42選!正社員で楽で稼げる仕事がないと諦めてる?サビ残・ノルマなしで年間休日120日以上の仕事があるんです!!
「ブラック企業じゃなく、立ってるだけで給料貰えるような楽な仕事に就きたい!」 「複雑で面倒な人間関係がない、ストレスフリーな職...

⑦転職エージェントの選び方

転職エージェントの選び方!22社を徹底比較!面談のコツ&評判の良い転職エージェントだけを紹介!
「転職エージェントって何社もあるけど、どうやって選べばいいんだろう?」 と悩む人はホント多いです。 私自身、転職エージェ...

⑧職場いじめで退職するしかない?

職場いじめで退職するしかない?泣き寝入りは禁物!職場いじめの11個の対処法を紹介。絶対に負けるな!
「職場で社内の人に1日中無視されていて辛い・・退職するしかないのかな・・」 「自分だけ間違った仕事の指示を出されて、ミスをする...

⑨もう嫌だっ!辛い夜勤仕事が原因で辞めたいの感じるあなたへ。

もう嫌だっ!辛い夜勤仕事が原因で辞めたいの感じるあなたへ。癌・脳卒中のリスクが2倍以上なの知ってる?
「二交代制・三交代制どっちの夜勤も経験したけど、体調不良が続いてほんとに辛い!」 「入社前は夜勤は慣れ!だと思ってたけど甘く見...

⑩「新規営業が辛い・・もう辞めたい」原因6つ&対策法7つ!

「新規営業が辛い・・もう辞めたい」原因6つ&対策法7つ!無理するとメンタル崩壊して体調まで崩しますよ?
「もう新規営業がツライ・・飛び込み営業、テレアポ。どれだけ行動しても門前払いで、数字は残せないし、上司からも詰められる・・」 ...

⑪手取り16万の正社員が年収アップさせる転職のコツとは?

手取り16万の正社員が年収アップさせる転職のコツとは?節約しなくても余裕をもった1人暮らしをする方法は転職しかない!
「正社員だけど手取り給料が16万円切って生活が辛い・・」 「ボーナス込みでフルタイム位で働いてるのに手取り16万円ておかしくな...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする