教師を辞めたい理由14個。教師からの転職先も4つ紹介!長時間労働・部活と授業の両立・土日出勤が辛いなら思い切って転職しよう!

教師を辞めたい理由

「子どもたちの人生に影響を与えれるような仕事をしたい!」

「勉強だけではなく子どもたちの夢を叶えるためのサポートしたい!」

「公立の教師になれば安定しているし民間企業より楽そうだな」

などなど、アナタも色々な夢や希望を持って教師の仕事を志したはず。

確かに教師の仕事はこれから大人になっていく子どもたちの人格形成に大きな影響を与えれますし、公立の教師であれば給料・年金などの収入面も安定します。

ですが、実際に働く教師は…

「長時間労働が大変すぎてもう教師の仕事なんてやってられない!」

「子供教育だけに関わりたいのどうして保護者の相手に時間をとられるんだ!」

と教師の仕事に嫌気を差し辞めていく人も非常に多いです。

「辞めたいけど学校・子どもたち・保護者に迷惑かかるから辞めちゃ駄目だ…」

とストレスを感じながら無理し続けると、うつ病など精神的な病気にかかってしまい、数年に渡り仕事ができない体になってしまうことも。。

ひどい人は教師の仕事が辛くて自殺してしまう人だって毎年何十人もいます。

教師の仕事が辛くて必要以上に追い込まれないために。

今回は「教師を辞めたい理由」や「教師を辞めたいときの対処法」を紹介します。

下記を参考にしてまずはアナタが教師を辞めたい理由を明確にして、「今後教師を続けていくべきかどうか?」を判断するようにして下さいね!

⇒「教師の仕事はもう限界!学校の仕事を考えるだけで毎日吐くほど辛かったです。今は転職して毎日楽しく仕事をしています♪(20代/男性)」

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

教師の仕事を辞めたい理由14個。長時間労働・部活の指導・問題生徒への対応で教師は疲弊している…

教師辞めたい人
もう辛い。教師の仕事辞めたいよ…

教師の仕事を辞めたい!と感じる時はどんな時なのか?具体的に紹介していきますね!

理由①部活動で土日返上で休日出勤。全く休みがなくプライベートとの両立が不可能

教師辞めたい人
はぁ今週も土日とも部活の指導か…

中学校・高校の教師では教師による部活の指導時間の長さが問題になっています。

部活の指導のせいで時間外労働が増えて、土日の休みがなくなっていますからね…。

スポーツ庁の調査では、公立中学校の運動部の顧問の1日の指導時間は2時間14分と報告されていますが、実際の指導時間はもっと長いケースもありますよね。

そもそも日本の部活の活動時間の長さは異常!

参照:運動部の活動時間一年間で増加。2016と2017年度の比較分析。都道府県間で増減に大きな温度差(yahoo)

上記は名古屋大学准教授の内田良氏が世界各国の1週間あたりの部活動の時間まとめた表。

「日本の部活動の時間長すぎィィ!!」

と誰だって思うはずw

だって、部活動の時間が長い2位のマレーシアが1週間に約4時間ちょっとに対して、1位の日本は約8時間ほどですよ。

最下位のスウェーデンなんか1週間に1時間以下となってますからね。

参照:運動部の活動時間一年間で増加。2016と2017年度の比較分析。都道府県間で増減に大きな温度差(yahoo)

さらに、上記は中学2年生の公立・国立・私立別の部活動の時間数を比較したものです。

同様に、名古屋大学准教授の内田良氏がまとめた資料になります。

「公立中学校部活動の時間長すぎィィ!!」

と思いますよねw

そうです。日本の公立中学校の部活動の活動時間は特に長過ぎるんです。

土日に部活指導も行うと部活動の顧問をしている教師にプライベートは完全になくなっちゃいますね。

なので、教員の部活動への過重指導を強いる状況のことを「ブラック部活動」などを揶揄されてしまっているわけです。

2016年に全国の若手教員が「部活動の顧問を受けるかどうかを選択性にするべき」という署名運動をしたところ、3ヶ月間で約23,500人分の賛同する意見が集まったということもありましたね。

若手教員らが昨年12月、部活の顧問を引き受けるかどうかの「選択権」を求めてインターネット上のウェブサイトで署名を集める運動を始めたところ、3カ月間で約2万3500人分が集まり、3月初めに文部科学省に届けられた。

参照:毎日新聞

特に、結婚・出産したいと考える女性教師は、部活動で土日休みでないとプライベートと両立出来ません。

部活動は国主導で教師の負担を減らす方針で、外部の指導者が部活を見て教師の負担を減らす流れ。

でも、まだまだ現状では教師への部活動の指導時間の長さは全く解消されていないんです。

⇒「教師の仕事って自分のプライベートは全て犠牲にしないといけないんでしょうか…。仕事をプライベートを両立出来る仕事がしたくて教師は辞めました(30代/女性)」

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

理由②長時間労働。生徒指導や授業準備で毎日の時間外労働が辛い

教師辞めたい人
はあ今日も終電帰りか…

教師の平均労働時間はとにかく長いですよね。

12時間以上の勤務は当たり前。サービス残業で月間100時間を超える先生もざらにいる世界です。

文部科学省が行った調査によると、全国の小中学校の教師は平均して1日11時間以上勤務していることが分かっています。

参照:教員勤務実態調査(平成28年度)

平均して11時間ですから、1日に12時間・13時間・それ以上働いている教師もいるってことです。

「でもどうして教師の仕事はそんなに長時間労働なの?」って疑問感じますよね。

教師の仕事が長時間化する原因は色々とありますが主に以下のような理由。

教師の仕事が長時間化する原因

  • 挨拶登板
  • 授業やクラス運営
  • 主張研修への強制参加
  • 事務作業
  • 教材研究
  • 地域への対応
  • 部活指導
  • 補習授業

小学校教師は持ち帰り仕事も出来ずに深夜まで学校で仕事をしないといけない

上記で紹介したエピソードは一般的に言われていることですが具体的なエピソードには事欠きません(笑)

例えば、テスト結果は個人情報。

なので、テストの採点や提出物のチェックは学内で行わないといけず持ち帰り仕事ができないのも仕事が長時間化する原因。

さらに、小学校の教師の場合は全教科自分で教えないといけないので大変ですよね。

授業・休み時間に次の授業の準備、宿題の添削などでトイレに行く時間すらありません。。

誰にも読まれない掲示物作成のために無駄な仕事が増えていく

その他にも児童や生徒が見てもいない掲示物作りで無駄な時間を取られることも多いですね。

校内研究の研修で先生同士で勉強するためにわざわざ大きな模造紙に何枚も授業内容をまとめてそれを先生同士でチェックしあうわけです。

その後教室に模造紙は教室内に張り出されて生徒の授業理解の向上を目指すわけですが生徒自身は興味なし。

他にも、クラス内や学校全体の教育目標なんかを教師がまとめて教師内に張り出しますがこれも見向きもされない。

誰も見ない無駄な掲示物をひたすら作るので、教師の労働時間が長時間化していくわけです。

民間企業と同様に、時間外労働を率先する教師が評価の対象となる悪しき慣習

教師の長時間労働に拍車をかける要因としては、教師の仕事も民間企業と同様に「時間外労働をする人が偉い」という風潮があるからですね。

朝7時ころに来て職員室の掃除をしたり、お茶出しする先生は評価されます。

先生同士のレクリエーションの準備を率先して時間外に行う先生は評価されます。

とにかく学校という組織への忠誠心が高い先生はが評価されてしまうので、先生の長時間労働がなくならない要因となってしまうんです。

理由③子どもたちへの教育に無関係な職員同士の無駄な会議の多さ

「ちょ…会議多すぎないッ!??」

教師として働いたことの有る人なら1回は絶対に思ったことがあるはず。

というか、毎日思っているでしょうが、あまりの会議の多さに感覚が麻痺してしまっているかもしれませんね(笑)

学校の会議一例

  • 朝会・夕会
  • 職員会議
  • 学年会議
  • 国語会議
  • 体育会議
  • 特別活動会議
  • 行事会議
  • 研修会議

などなど。校務分掌ごとに事細かなに会議があるわけです。

職員室で先生同士が打ち合わせや会議が頻繁にあるわけですが「もう会議ばっかりやってらんねぇ!」と辞めたいと感じる原因の1つとなりますね。

しかも会議の内容としては意味のないものばっかりなんですよ…。

既に会議で決定済みのことの確認や、当日の予定の確認だけ。

そんなことを教師のだれかが職員室内の黒板にでもまとめておき各教師が確認すれば良いだけの内容なのにね。

全体の会議以外にも、学年ごと・運動会担当の先生・児童や生徒の学力向上を目的とした会議などを相当多くの会議があるわけです。

朝の時間に会議をすると当然その時間は子どもたちは自習時間。

小学校高学年ともなると問題ないですが、低学年だと自習はせずに場合によっては喧嘩になることもあるので更に大変なことになります。

なので、朝の会議はなしにして子どもたちが帰った後に夕方に「夕会」という会議になる学校も増えて行きますね。

そうなると全ての予定が後ろ倒しになりまた長時間労働化していくわけです。

無駄な会議を減らせばいいのに、会議大好きな職員たちは無駄な会議を一向に止めようとしないわけです。。もうねアホかと…。

 

理由④非常勤・臨時講師だと1年毎の更新で不安定

非常勤・臨時講師の雇用の不安定さ

教師辞めたい人
こんなに仕事が大変なのに生活が安定しない!

教員採用試験にも合格していて常勤として勤務できているなら問題ありません。

ですが、非常勤や臨時講師(臨時的採用教員)としての採用だと1年毎の契約なので全く安定しませんね。

平均年収も300万円前後と言われているので、仕事の内容や抱えるストレスの割に高収入とはいえない状態。

毎日11時間以上働くのに、年収300万円の1年更新じゃ誰だって辞めたいと感じるでしょ…バイトの方が時給高いよね。。

理由⑤無駄な研修や勉強会への参加を半ば強要されるのがウザい!

「また研修かよ!授業の準備をさ・せ・ろ!」

教職員向けの研修や勉強への参加を強制されて1番大事な授業への準備の時間を取れない!と嘆く教師も無茶苦茶多いですね。

公務員は公務員試験、教員採用試験などとにかく勉強を中心に頑張ってきました。

なので、教師になってからも研修をたくさん受ければ教師として能力が上がると教育委員会や厚生労働省は考えているわけです。

ですから、教師の参加必須の研修がメチャクチャ多い。

研修の多さも教師を辞めたくなる要因の1つとなるのもそりゃ当然です。

研修の内容は、研究授業として文部科学省が決めた建前ばかりの中身のない授業。

しかも研究授業をするために、指導案という台本を準備しないといけないので、指導案作成のために更に時間がかかります。

研究授業以外の研究としては、座学としてどこぞの大学の教育部の先生が教育現場のことを分かってない意味のないお話を聞かないといけません。

「こんな無駄な研修に出てるくらいなら、子どもたちのために授業の準備する方がよっぽど意味があるよ!」

と子どもたちに教育する時間を奪われることに嫌気がさす教師が多いのも当然なんです。

理由⑥担任を持ち学級運営する負担が大きい

担任するクラスで、問題行動が多い生徒がいるともう大変です。。

問題行動の一例

  • 不登校
  • 発達障害
  • 授業中の立ち歩き
  • 授業が成り立たない
  • いじめ・暴力
  • 授業中に奇声・大声で授業の妨げ
  • 母子家庭で愛情不足。コミュニケーションが苦手で喧嘩多い

このような問題行動を起こす生徒や児童が1人いるだけで、担任する1人1人と丁寧に向き合うと時間がなんて全く足りなくなってしまいます。

特に家庭環境の問題を抱える生徒や児童を教師だけの力でどうこうするのは到底無理!

問題行動を起こす衝撃的な動画が広まっていましたね。

2017年に福岡県の私立高校で生徒が教師に暴力をふるう動画が拡散されてニュースにもなっていました。

教師以外の一般の人からすると「どうしてやり無抵抗なんだ?やり返せよ!」と思うかもですが、教師が生徒に暴力を振えば大問題。

即保護者からクレームや、最悪の場合訴えられたりして処分を受けることになりなるんです。

教師はそれくらい過酷な状況で働かされているわけです。

理由⑦仕事のストレスで体調不良。うつ病・休職・自殺までも…

教師辞めたい人
次の日の仕事が嫌で嫌で仕方がない…

教師の仕事は常にストレスにさらされていますから、ストレスで体調不良やうつ病になってしまう人だっているんです。

教師のストレスで心身に不要が出る例

  • 教師の仕事のストレスで体調不要になる
  • 毎晩次の日の仕事が嫌で夜寝付けない
  • 体重が1ヶ月で5キロ減る
  • 睡眠時間は1日3-4時間程度で目が覚める
  • 心臓や首が締め付けられる感覚がある

実際、教職員の精神疾患による病気求職者の数は毎年5000人前後もいますからね。


参照:公立学校教職員の人事行政状況調査

「ストレスが限界でもう教師の仕事を辞めたい!」と感じるのはいたって普通ですね。

 

理由⑧保護者(モンスターペアレント)からのクレーム対応が大変でとにかく疲れる!

保護者「うちの子に何してくれんのよ!アンタ(教師)が責任を取りなさいよ!」

児童や生徒だけの対応だけではなく、保護者が介入してきて常軌を逸するクレームをぶつけてくるモンスターペアレントもメチャクチャ多いです(汗)

モンスターペアレントからクレームの一例

①子供のしつけを学校側に押し付ける
②学校に行きたがらないのは学校の責任!連れて行って!
③通知表の結果に親が納得がいかずに修正しろ!とクレーム
④修学旅行の行き先を変更するよう主張してくる
⑤通学途中で怪我をした生徒の親が教科書をもたせすぎるからだ!治療費を払えとクレーム
⑥何かにつけて謝罪させようと怒鳴り込んでくる

モンスターペアレントへの対応で結果ストレスで精神を病み休職や教師を辞めていく人も多くなってくるわけです。。

理由⑨学校行事が多すぎて準備に時間が取られ、生徒たちと接する時間が減る

教師辞めたい人
行事の準備ばかりで授業の準備も出来ない!!

学校では行事がとにかく無茶苦茶たくさんあります。というか多すぎ(汗)

入学式・運動会・修学旅行・卒業式は当然としては、創立記念日、マラソン大会、学芸会、音楽発表会、1/2精神時期、展覧会などなど。

行事体は数時間で終わる小規模なものも多いですが、行事をつつがなく開催するために教師は何週間もかけて準備をしなくちゃいけません。

もちろん普段の授業やテストなどの準備もしっかり行わないと駄目ですからね。

なので行事のために平日や土日の時間外で仕事をする必要があるわけです。

行事の準備のために、生徒や児童たちへの授業の準備や学習指導の時間がなくなるのは本末転倒な気もしますけどねぇ・・。

理由⑩PTAでのイベントに強制参加させられ、更に時間外労働が増える

教師としての貴重な土日の休みにPTAとのバレーボール大会や懇親会などへ強制参加させられプライベートがなくなってしまうのも辛いですよね。

ただでさえ教師は学校内の行事の準備や、無意味な職員会議や研修への参加などので時間外労働を強いられているわけです。

な・の・に!まだ時間外労働を増やすのか!?と感じるほど、意味のないPTA行事への参加を強制されます。

「教師はPTAや保護者のご機嫌取りじゃないんだよ!」

と感じて当然ですよ。

理由⑪管理職や先輩教師に飲み会などに連れ回され、帰りたくても帰れない

管理職や上司などの教師同士の飲み会が辛い

翌日の授業の準備などがあるにも関わらず飲めないお酒を強要されたり二次会まで参加させられることも多いですよね。

教師としての仕事が出来ないこともストレスが溜まる要因の1つです。

飲み会の出席確認などはなく特に年次の若い独身の教師は当然のように飲み会に強制参加。

管理職や先輩教師との人間関係にストレスが溜まってきて辞めたいと思う要因になるわけです。

理由⑫教師の組合に強制参加させられるのが辛い。無駄な組合費や活動への強制参加…

校長や教頭などの管理職や、先輩教師からの強く言われて教職員の組合へ強制参加させられている教師も多いですよね。

厚生労働省の調査では、教職員全体の組合への加入率は34.1%。

1番加入率(25.2%)の高い組合である日本教職員組合(日教組)です。

全体しての加入率は3人に1人ですが、政治活動や政権批判に動員させられたり、毎月5-6千円もの組合費を払わされるのはストレスでしかありませんよね。

組合の活動に参加したからといって、本来の組合活動の目的である教師の労働条件の改善のための活動はほとんどないですからね。

理由⑬高校の教師の場合、生徒の人格形成に関わることは出来ずやり甲斐を感じづらい

当然ですが、高校生ともなるとほとんど人格形成はされてしまっていますよね。

ですので教師と生徒の間でのコミュニケーションが取りづらかったり、人間関係で悩むことが多くなるわけです。

逆に小学校の教師であれば、まだ人格が固まっていないので児童個人の人格形成関わることが出来て、教師によってはやりがいや達成感を感じるケースもありますね。

高校の教師は、学力向上をさせて進路相談することがメインの仕事。

教師それぞれのポリシー次第が、人によっては高校の教師は合わず辞めたいと思う人もいる。

ただ、この辺りは教師によって考え方は様々。

小学生は子供すぎるから、大人同士の付き合いが出来る高校教師の方がやり甲斐を感じるって人もいますね。

理由⑭教職員同士の職場の人間関係に疲れストレスが溜まる

教職員同士の面倒で陰湿な人間関係

教師に限らずですが公務員同士の人間関係はとにかく陰湿…。

職員室内の雰囲気は一般企業では考えられないほどどんよりしていますね(汗)

要因はいろいろとあるのですが、1つは何故か女性の年配教諭に異常に権力が集まっているということ。

年配の女性教諭の発言力が強すぎるため、その教諭が納得しないと会議が終わらなかったり、校長が決めた学校運営の方針すら覆してしまうこともあるんです。

なので特に若手教師を中心に権力の強い教師に常に気を遣いビクビクしながら働かないといけない状況になります。

他にも、自腹での忘年会・歓送迎会・研修会終了後の飲み会などへの半強制的な飲み会への参加も必要です。

狭い教師同士の人間関係なので、飲み会を断ると職員室内での居場所がなくなってしまうので、嫌でも参加する必要があるんです。

更に若手の教師は飲み会のために、プレゼント交換やゲームなどの催し物まで企画しないといけないので更に大変。

そりゃ教師同士の人間関係に疲れて辞めたいと感じる教師が出てくるのも当然ですよ!

⇒「先輩の女性教師からいじめを受けて仕事を辞めました。教師の仕事を辞めたら転職できないと思ってましたが転職エージェントに相談したらすぐに転職できました!(20代/女性)」

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

教師の仕事を辞める4つのデメリット。収入や待遇が下がるリスクを受け入れるなら退職するべき!

教師辞めたい人
教師の仕事を辞めたいけど大丈夫かな…

公立の教師の場合、難関の公務員試験・採用試験に合格。

なのに「本当に教師の仕事を良いのかな」と悩むのは当然です。

民間企業と比較しても圧倒的に高待遇な教師を辞めるデメリットはないのか?紹介していきます。

デメリット①収入や生活レベルが下がる可能性。年収や年金の低下を受け入れれるか?

上にも書きましたが、給料・年金・福利厚生の手厚さは公務員は圧倒的。

総務省の調査によると小学校教師の平均年収は693万円と発表されています。

さらに公務員の場合は民間企業も納めている厚生年金の他に共生年金もあり、民間企業と比較にならないほど手厚い年金制度もあるわけです。

ちなみに民間企業と比較すると、民間の企業全体の1%未満しか無い上場企業全体の平均年収で599万円。

上場企業も、非上場企業も全部含めた平均年収だと421万円まで下がります。

参照:民間給与実態統計調査結果(国税庁)

この年収の低下を受け入れるかどうか?教師を辞めるかどうか悩む最大のデメリットだと言えますね。

デメリット②35歳を過ぎると転職先の選択肢が狭まる可能性。35歳転職限界説

35歳転職限界説という言葉を聞いたことがありますか?

一般的な転職市場では35歳を過ぎると、よほどの経験や資格でも持っていない限り転職先の幅がぐっと狭まるということです。

当然教師から民間企業への転職は、民間企業での就業経験のないいわば「未経験」の状態での転職。

なので、35歳を過ぎた元教師の転職先がかなり限られる可能性があるというデメリットです。

ただ、このデメリットも教師の仕事を続けながら転職活動を同時並行すればクリア出来るデメリット。

転職活動をとりあえず始めてみて駄目なら教師を続ければ良いだけの話なんです。

デメリット③教師から一般企業への転職は苦労する可能性

上でも書いた通り、一般企業を経験せず教師という特殊な環境で仕事をしてきた人は転職自体に苦労する可能性もあります。

さらに、教師と一般企業は全く異なります。なので、転職先の一般企業でも馴染めず苦労する元教師も少なからなずいます。

ということが一般的には言われていますが、教師や公務員ほど特殊な民間企業も少ないですけどね(笑)

「公務員の陰湿な雰囲気がとにかく苦手!」

という元教師であれば民間企業でも問題なくやっていけますよ。

デメリット④生徒や保護者に迷惑がかかる可能性

年度の最後まで教師の仕事をやりきれれば良いですが、年度や学期の途中で休職したり退職すると生徒・保護者・学校に迷惑をかけることになります。

が、大事なのは生徒や保護者よりもアナタ自身の健康!

教師の仕事のストレスが原因で休職しないといけないほど体調を崩しても誰もサポートしてくれませんよ?

むしろ…

保護者「あの教師。根性ないわよね。なんて無責任なのかしら」

なんて陰口を叩かれる始末。

自分の健康と、周囲からの目のどちらが大事ですか??

⇒「教師の仕事を辞めても意外と何とかなるもんですね!教師時代の年収維持で民間企業に転職できました。もちろん完全週休二日制ですよ(30代/女性)」

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

教師を辞めたいときの対処法6選。対処法を試しても解決しないなら転職するべき

教師辞めたい人
教師辞めたいけど何か対策はないのかな…

というアナタへ、教師を辞めたいときの対処法を紹介していきます!

視野を広く持ち1個ずつ対処法を試していって下さいね。

対処法①副担任、同僚の教師、教頭など周囲の人に悩みを相談する

アナタ1人で悩みを抱え込まず周囲に相談する。

周囲に相談するはすごく大事です。

特に公立の教師として1年目の場合は、1年間は試用期間として教師見習いの立場なので積極的に周囲の先生に相談するべきです。

※地方公務員法や教育公務員特例法で1年間は試用期間扱いで、新任教員として指導教員がつくため

法律的にも1年目の教師は教師見習いの立場。

当然いきなり何十年も教師をしているベテラン教師の問題を処理出来るわけがないですよね。

「教師仕事って大変だよね」

ということが世間一般にも知れ渡ってしまっているので、教師の職業は以前と比べても不人気になってしまっています。。

以前は10倍以上とも言われていた採用試験の競争倍率も3倍程度にまで下がっている政令指定都市もあるくらいですからね。

なので、若手教師はなんとしても辞めさせたくないと各自治体や教育委員会は考えているです。

ですから「もう駄目だ!辞めよう」と思う前に、積極的に周囲の先生に相談して一緒に悩みを解決してもらうべき。

ただ小学校の場合は副担任の制度自体がないケースも多いです。

ですから結局のところ担任の教師1人で学級運営をしていくしかないケースも多いんですけどね。。

対処法②担任を外してもらい副担に変えてもらうよう交渉する

年度の途中で担任を外れるのはよほどの体調不良などの症状が出てないと難しいですが本当に辛いなら交渉するべき。

我慢できそうなら、年度が切り替わるタイミングを待って、担任は外してもらうか楽な仕事にしてもらうようお願いするんです。

ただ教務主任でも、担任を持つくらいの小学校も少なくないので担任を外してもらうのはなかなか難しい場合も多いんですけどね。。

また、副担任は小規模の学校の場合は、担任を出来るような代わりの先生が存在しないことも少なくありません。

以下のような人はアナタの代わりに担任に変わってもらうことは不可能です。

担任にはなれない副担任の特徴

  • 加配
  • 専科担当
  • 新規採用教員指導教官
  • 退職教員
  • 非正規雇用教員

当然、校長や教頭は管理職ですから、担任の代理なんて出来るわけないです。

実際担任を外れる選択肢は難しいものがあるのは事実なんですよね。。

対処法③諦めて必死に頑張る。教師の仕事の大変さを受け入れる

「教師の仕事を辞めたいほど辛いのに、諦めろってどういうこと!?」

と思うかもですが、教師の仕事を辞めたいときの対処法って実はあまり方法がないんです。

上記で教師を辞めたいときの対処法を紹介してきたが、教師としてのつらい状況から逃げれるようは裏技は存在しません。

なので結局諦めて今の仕事を頑張るしかないケースもあるんです。

「でも教師の仕事がストレスでとにかく辛い!」

と感じるなら、教師の仕事を完全に辞めてしまって別の仕事の転職するしか方法がないので無理は禁物です。

対処法④人事異動で異動希望を出す

教師辞めたい人
今の教師の仕事が辛い。でも教師の仕事は辞めたくない!

と感じるなら、特別支援学校や地方などの僻地の学校で転職する方法もあります。

「でも特別支援学校で働くのは免許必要なんじゃないの?」

と思うかもですが、確かに特別支援学校教員免許はあった方が良いです。

ですが、特に地方自治体においては、特別支援学校教員免許がなくても働けるところはたくさんありますからね。

対処法⑤休職する

参照:「セクハラ処分200人」「うつで休職5千人」日本の教師が危ない!(現代ビジネス)

上記のデータでも分かるように、教師の仕事はとにかく過酷。

世界各国と比較しても圧倒的に仕事のご慶時間が多いことが分かりますよね。

なので、仕事の過労や精神的にストレスで休職する教師が年間に約5,000人いることは先に紹介しました。

年間に5,000人も休職するくらいですから、アナタも「もう無理!限界!」と感じるなら思い切って休職しましょう。

休職して「教師を続けるべきかどうか?」をゆっくり考えればいいんです。アナタの体は1つ。ホント無理は禁物ですよ。

対処法⑥教師を退職して転職する

上記の対処法を全て試してみたけど「もう限界!1日も早く辞めたい!」という人もいるはず。

そういった場合は、退職希望日の1ヶ月前までに校長で文書で退職したい旨を提出しましょう。

労働基準法や地方公務員法の規定、他にも各地方自治体の服務規程などがありますが、基本的には1ヶ月前までに「辞めたい」ということを伝えればOKです。

また赴任したての新人教師が、配属されて1ヶ月で教師の仕事も辞めてしまっても一切ペナルティなどはないので安心して下さいね(笑)

⇒「教師の仕事はもう限界!学校の仕事を考えるだけで毎日吐くほど辛かったです。今は転職して毎日楽しく仕事をしています♪(20代/男性)」

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

教師の辞めた人の人気の転職先4選。安心して下さい!元教師のあなたでも一般企業へ転職できますよ?

教師辞めたい人
教師を辞めた後の転職先はどうしたらいいの?

いざ教師の仕事を辞めようと思っても転職先が決まるかどうかは不安ですよね。

教師を辞めた人に人気の転職先を4つ紹介しているので参考にしてみて下さい!

転職先①事務職

土日休みで福利厚生も整っている事務職は特に元女性の教師に人気の転職先ですね。

特に20代なら一般企業の事務職の経験がなくても転職先は引く手あまた。

ただ30歳を超えると事務職未経験だと、中小企業の事務職など若干条件は悪くなる可能性があります。

年齢の若いうちに転職活動を始めるほうが確実に有利になりますよ!

転職先②英語などの専門領域を活かせる職種

例えば、英語の教師であれば外資系企業などへの転職先もありますね。

ただビジネス英語の事務無経験が求められるので、英語教師としての経験をどうビジネス英語に結びつけて自己PRするかなどの工夫は必要になります。

また国語教師として勤務した経験があるなら、国語力を生かして出版社への転職も十分可能ですね。

転職先③他の学校の教師に転職

教師辞めたい人
教師の仕事は好きだけど今の職場が嫌だな…

というアナタは、別の学校の教師へ転職するのも1つの方法。

公立でも他の地域の教員採用試験を受け直す方法や、公立から私立の学校へ転職する方法だってあります。

地域によって学校の運営方針は異なりますから、今の学校の運営方針とアナタの教育方針にズレがあるだけの可能性だってあります。

また私立の教師であれば、部活の顧問にならない選択肢も公立よりは取りやすくなりますよ。

女性であれば産休・育休制度が充実している学校もあるので視野を広くもって転職先を探すべきですね。

転職先④学習塾などの講師

ピンポイントで教師の経験を活かせる民間企業の仕事が学習塾などの講師ですね。

煩わしい学校行事などの準備などもなくシンプルに子どもたちの教育に携わることが出来る仕事。

教えた子どもたちが、成績をグングン伸ばし希望の進学先に決まると、講師自身もすごくやり甲斐を感じますからね。

「学校での教師の仕事は嫌いだけど、子供に勉強を教えることは好き!」

という人には最適な転職先と言えます。

⇒「教師の仕事って自分のプライベートは全て犠牲にしないといけないんでしょうか…。仕事をプライベートを両立出来る仕事がしたくて教師は辞めました(30代/女性)」

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

「教師を辞めたい」アナタが活躍出来る職場を見つけるたった1つの方法 

「でも転職経験もないし、どういう企業で働くのが自分に合っているか分からないよ!」

と感じている人も多いと思います。

そんな人は転職エージェントに登録するのが1番の近道です。

あなた1人で今の仕事をしながら、下記ような転職活動の準備が出来ますか?

転職活動でやらないといけないこと

  1. 楽な仕事の求人探し
  2. ブラック企業ではないのかのチェック
  3. 履歴書・職務経歴書の内容のチェックや添削
  4. 面接対策
  5. 企業研究・業界研究
  6. 志望動機を考える
  7. 内定後の給与などの条件交渉

恐らく時間のない状態で1人で全て完璧にこなすのは不可能に近いはず。

ですが転職エージェントに登録すれば無料で全てサポートしてくれるんです。

転職したい人
なぜ無料なの? 

と思うかもですが、転職決定時に企業から紹介手数料を貰うので、転職希望のあなたは完全無料。

なので、転職活動する上で転職エージェントを使わない理由がないんです。

「でも転職エージェントはどこを使えばいいか分からない!」

という人もいるでしょう。

基本的には転職エージェントは最低3社は登録するべき。

  1. ビズリーチ
  2. doda
  3. リクルートエージェント

転職をエージェントを上手に選ぶコツはココにも書いているのでチェックしてみてください。

転職エージェントの選び方!22社を徹底比較!面談のコツ&評判の良い転職エージェントだけを紹介!
「転職エージェントって何社もあるけど、どうやって選べばいいんだろう?」 と悩む人はホント多いです。 僕自身、転職エージェント業界で働...
 
 

ビズリーチが転職エージェントの中でも優れている3つの理由

理由①年収600-1000万円以上の求人数が業界最多。支持率No.1

ビズリーチは他の転職エージェントと比較しても年収600万円以上の求人数が最多で支持率No.1のサービスなんです。

年収ごとの求人数比較

■年収600万円以上の求人数
ビズリーチ:89,830件
リクルートエージェント:51,403件
doda:22,212件

■年収1000万円以上の求人数
ビズリーチ:21,500件
リクルートエージェント:10,057件
doda:2,331件

理由②求人件数が10.6万件で業界最多!

私自身複数社登録しました。

その中でビズリーチが1番良かったなと感じた理由の1つが、「圧倒的な求人数の多さ」ですね。

主要エージェント求人数比較
■ビズリーチ:10.6万件
■リクルートエージェント:10万件
■doda:8万件

僅差ですがビズリーチの求人数が多いことが分かりますね。

比較として転職サイト大手「リクナビNEXT」と「ビズリーチ」の東京での求人数も比較しておきます。

リクナビNEXTの求人数【東京】

ビズリーチの求人数【東京】

  • リクナビNEXT求人数⇒5,827件
  • ビズリーチの求人数⇒68,874件

11.8倍ビズリーチの方が求人数が多いです。

当然求人が多くなると、私たち求職者にとっては選択肢が増えるので、求人数に比例して内定数も増えていくことになります。

理由③キャリアアドバイザーの人数が2,500人以上と圧倒的

ビズリーチは転職エージェントの中でもキャリアアドバイザーの数が圧倒的なんです。

数が多いほうがアナタに合う求人を紹介してくれる確率も高まるので、数が多いほうが良い求人に巡り会える確率も高まるということです。

キャリアアドバイザーの人数比較

ビズリーチ:2,500人以上
リクルートエージェント:470人
doda:非公表

 

ビズリーチへの無料登録方法

早速ビズリーチへ無料登録を行い、キャリアアドバイザーからアドバイスを受けましょう!

まず、公式ホームページより登録画面に進みます。

■ビズリーチ公式HPのURL
https://www.bizreach.jp

  • 氏名
  • 年齢
  • 住所
  • 連絡先
  • 直近の職歴

などの必須項目を入力しましょう。

転職したい人
入力が面倒だな・・

と登録時の氏名などの入力が面倒くさい・・と感じる人もいますよね。

ビズリーチの場合は、氏名・生年月日などの基本情報は選択形式などの入力の手間は不要!

気楽にポチポチ選んでいくだけなのでかなり楽なんです♪

ステップ①性別の選択

ステップ②都道府県の選択

ステップ③生年月日の選択

⇒「ホントに職務経歴を登録するだけでスカウトが1週間で52件も届くんですね!?(30代/男性)」

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

ビズリーチへ登録して今よりも条件の良い職場へ転職しよう!

転職は当然ですが、転職のプロに相談するのがベスト。

私自身、ビズリーチへ登録して応募書類の添削をしてもらってから、書類選考の通過率が約2.5倍にアップしました。

転職エージェントのプロの視点は、本当にすごいんだなと感心しましたね。

いかに自分で作った応募書類の内容が穴だらけだったかということですが(笑)

ビズリーチへ登録してプロのコンサルタントにアドバイスを受けることで、確実に今以上企業に対してアピールすることが出来ます。

結果、収入面・待遇面・仕事の内容で、今以上の職場に転職できる確率もグッとアップしますよ。

今すぐ登録して、絶対に転職を成功させましょう!!

⇒「ヘッドハンターの独占求人のおかげで年収が273万円上がりました!(40代/男性)」

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

転職エージェントに登録するべき人は?

転職エージェントを利用するべき人の特徴

  • 仕事に時間を取られ活動できない
  • 転職活動を中途半端にしたくない
  • 会社に迷惑かけず両立したい
  • 就活で仕事のプライオリティを落としたくない
  • 情報収集・書類作成を休日にしたくない
  • 面接のスケジューリングしたくない

こういった人は転職エージェントを活用すると悩みが解決されるでしょう。

特に「とにかく効率的に転職活動を進めたい」という人は絶対登録すべきです。

転職エージェントというのは、あなたの専任のコンサルタントが「あなたが活躍できる業界や職種のアドバイス」「応募書類の添削」「面接対策」などを完全無料で行ってくれるんです。

「じゃあオススメの転職エージェントは?」

と気になるところ。

オススメの転職エージェントは・・・

↓ ↓

  1. ビズリーチ
  2. doda
  3. リクルートエージェント

「銀行を辞めたい」人が多く登録している転職エージェントTOP3

ビズリーチ

当サイト経由で1番多く登録されているの転職エージェントになります。

ビズリーチはテレビCMでも話題の転職支援サービスですね。

①キャリアアドバイザー2,500人以上からの圧倒的なスカウトの豊富さ

ビズリーチのキャリアアドバイザーは他社より10倍以上多い2,500人以上。

ですので経歴書を登録するだけで、企業人事担当者や転職エージェントの担当者から毎日のようにスカウトが届きます。

登録した人のキャリア次第では、大手転職エージェントと比較して3-10倍ほどスカウトの数が増えた!という人もいます。

  • 「仕事が忙しくて求人チェックする時間がない」
  • 「とにかくたくさんの企業からのスカウトをチェックしたい」

という人は、登録するだけでスカウトがたくさんくるビズリーチが向いているでしょう。

②年収600万円以上の求人数が8.9万件で業界最多。年収アップ出来る求人が多い

ビズリーチは他の転職エージェントと比較しても、年収アップできる求人が豊富です。

年収600万円以上の求職者からの支持率No.1というデータが物語るように、求人数は8.9万件と他社よりも多い求人数となります。

ですので現状年収が低い転職希望者であっても、ビズリーチでしかチェック出来ない好条件の求人が紹介されるでしょう。

  • 「今の年収に不満がある!」
  • 「もっともっと稼ぎたい!」

という人は登録しておくと良いでしょう。

※公式ホームページには「年収600万以上に支持される」とありますが、年収600万未満でも登録・利用は問題なく出来ます

③上場企業・大手企業の求人が多い

上に書いた「年収アップ出来る求人が多い」ということとも繋がりますが、ビズリーチは大手・上場企業の求人が多いです。

  • アマゾンジャパン
  • 資生堂
  • ソニー
  • 武田薬品日産自動車
  • 富士フィルム
  • ソフトバンク

年収が高い求人が多いので、当然上場企業や大手企業の求人が多いのは必然なのですが。

ですので「新卒で入社できなかった大手に入社したい!」と感じる人は登録しておいた方が良いです。

とはいえ大手企業は周りも入社したいと感じる人気求人。

募集してもすぐに打ち切りになりますし、募集も若干名です。

なので逆算して早めにビズリーチに登録して、大手企業の求人を漏れなくチェックしておくことが大事だといえます。

⇒「他の転職エージェントよりも年収アップ出来る求人紹介が1番多かったですね!ビズリーチからの紹介求人で年収が30%ほどアップしました♪(30代/男性)」

doda/パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)

doda(デューダ)は大手人材人材会社のパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)グループが運営しているサービス。

転職支援業界で国内2位の売上高を誇っていますね。

dodaのポイントは以下になります。

①親身なサポートで転職者満足度No.1

dodaは転職者利用者へのアンケート調査で満足度No.1の実績。

満足度が高い理由としては、「登録者に寄り添った親身なサポート」だからです。

  • 転職に関する不安悩みごとの相談
  • 自分のキャリアプランに迷った時には面談でのキャリアカウンセリング
  • 将来の最適なキャリアプランの提案

このようなサポートの結果、転職サポートで年間1万人を成功に導く実績豊富なエージェントになります。

「以前転職エージェントに登録したけど放置された!」

「手厚く、親身なサポートを受けたい!」

という転職希望者が登録・利用すると特に満足度が高いですね。

②履歴書・職務経歴書の添削が抜群

dodaは履歴書・職務経歴書の添削が丁寧で分かりやすいと評判です。

転職活動での第一関門である書類選考。

応募書類で最大限自分の経験や能力をPRしないといけないのに、完璧な書類を作り上げている人は非常に少ないです。

その点、dodaのキャリアアドバイザーは

  • 1から応募書類の作成を手伝ってくれる
  • 履歴書を下書きすれば清書を代行してくれる
  • 書類選考通過率が約3倍にアップする書き方のコツを教えてくれる

といったサポートをしてくれるんです。

「書類選考で落ち続けて面接までたどり着けない・・」

という人は質が高いと評判のdodaの応募書類の添削を一度受けてみるべきですね。

③登録者限定の非公開求人が80%もある

dodaに登録した会員限定でしか閲覧できない非公開求人が全体の約80%あります。

非公開求人の中にはdodaだけが扱う独占求人も多いです。

求人の質も圧倒的に高く、業界最大手のリクルートエージェントとは違った独自の企業を紹介してくれるのが特徴。

⇒「転職者満足度No.1の言葉に惹かれて登録。確かに他の転職エージェントと比べてもサポートの質が抜群です。親身に相談に乗ってくれました!(20代/女性)」

リクルートエージェント

転職支援サービス最大手のリクルートグループの転職エージェントになります。

①業界最大級の10万件の求人件数。

転職エージェント業界業界最大手リクルートエージェント。

公開求人・非公開求人が合わせると約10万件と業界最多の圧倒的な求人件数です。

「とにかくたくさんの求人の中から自分に合う求人を探したい!」

という人はリクルートエージェントの求人の多さを実感するべきでしょう。

②転職支援の成功実績32万件でNO.1

リクルートエージェントが転職支援業界で成功実績No.1となったのは以下の理由です。

求人数の多さ+担当キャリアアドバイザーの質の高さ=転職成功実績32万件

確かに、dodaのキャリアアドバイザーもレベルが高いのですが、dodaの特徴としては親切丁寧なサポートです。

一方リクルートエージェントの特徴としては、とにかくキャリアアドバイザーのアドバイスが的確ということ。

アドバイスの内容に無駄がなく、ズバリ自分が進むべきキャリアを示してくれるんです。

と使い分けが必要になってきます。

③女性向けの転職ノウハウが豊富

リクルートグループの中に人材派遣会社(リクルートスタッフィング)と連携した女性に特化した求人や濃いノウハウ情報が豊富にあります。

特に事務職・販売職などの業界職に精通したキャリアコンサルタントが多数在籍しているので相談しやすい環境は整っていますよ。

「女性ならでは目線で悩みを相談したり、共感してくれる担当者が良い!」

と感じる女性の転職希望者が登録すると満足なサポートを受けることが出来ます。

④夜間・土日祝日でもサポート受付!

リクルートエージェントは、平日・土日祝日いつでも20時以降にも相談が出来るんです。

「仕事が忙しいからなかなか転職活動の時間が割けない・・」

という人でも、在職しながら転職活動が出来るサ手厚いサービスと言えますね。

⇒「業界大手だけあって紹介される求人数は桁違い!転職サイトに掲載されてない非公開求人も紹介されたので大満足です!(20代/男性)」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする