転職先が合わない&辞めたい理由5選。半年以内に辞めた場合のデメリットも3つ紹介。人間関係や社風のストレスは我慢する必要ないぞ!

「はぁ…転職したばっかりだけど転職先と合わないな。。」

転職したばかりなのに、仕事内容や人間関係などが原因で辞めたいな…と思っている人も多いはず。

ですので今回は転職先が合わない人向けに下記の内容を紹介していきます!

  1. 転職先を合わないと感じる理由
  2. 転職先を短期で辞めてしまう場合のデメリットや注意点
  3. 今すぐ辞めて転職するべき人の特徴

合わない転職先で無理する必要ないので、下記を読んで参考にして下さいね!

転職先が合わないによく読まれている記事

転職決まらないでも焦るな!内定でない人の特徴15選。辛い&不安なら転職エージェントのキャリアカウンセリングを今すぐ受けるべき
「転職が決まらない!」 というあなた。 仕事辞めて新しい仕事探すための活動中! 定職ついてないけど正社員で働きたい 妊...

転職先が合わない&辞めたい理由5選

転職先合わない人
転職先が合わないけど何が原因か分からない…

転職したものの、転職先に違和感を感じて「合わないなー」と思っているアナタ!

下記で、「転職先が合わない」と感じるよくある理由を5つ紹介しているので、どの原因に当てはまるかチェックしてみてください。

理由①人間関係が合わない

転職先合わない人
転職先に嫌な人が多いな…

転職して「合わないなー」と感じる原因の1つが人間関係。

人間関係が合わないと感じる原因

  • 上司と考え方が合わない
  • 部署の上司のウザいノリに馴染めない
  • 嫌味で陰湿な先輩がいる

会社によって職場の雰囲気も異なりますし、独特の人間関係も存在します。

社員同士の繋がりが強い会社もあれば、逆に全く干渉せず関わろうとしない会社もありますからね。

上司相手でも冗談を言い合えるフランクな職場もあれば、上下関係は絶対の堅苦しい職場もあるんです。

堅苦しい職場では、上司に対して意見なんて絶対言えませんからね。

職場の人間関係を解決するのは人事異動か退職しかないという点。

合わない相手かアナタ自身が異動しないと解決しませんからね。

半年・1年単位で頻繁に人事異動がある会社なら人間関係の悩みも自然と解決されます。

でも、短期のスパンで人事異動が行われる会社の方が少ないですからねぇ…。

なので転職先の人間関係はある程度は受け入れる必要があるわけです。

私自身も、転職前の人材系の営業会社に勤務していた時は体育会系のノリで社員同士和気あいあいと仕事を出来ていました。

ですが転職後のIT系の営業会社では、出社時の社員同士の挨拶もなくかなり希薄な人間関係だたんです。

このように転職先の会社の人間関係が合わず辞めていく人も多いんです。。

転職先と上手く行かずに社内いじめに発展するケースもあるくらいなんですよ(泣)

職場いじめで退職するしかない?泣き寝入りは禁物!職場いじめの11個の対処法を紹介。絶対に負けるな!
「職場で社内の人に1日中無視されていて辛い・・退職するしかないのかな・・」 「自分だけ間違った仕事の指示を出されて、ミスをすると上司か...

⇒「転職して1ヶ月だけど人間関係が最悪な職場だったので退職しました!転職先が決まるか不安でしたが、2週間で転職先が決まりましたよ!(20代/男性)」

↓↓  転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉 ↓↓

理由②仕事の進め方や内容が合わない

転職先合わない人
自分がイメージしてた仕事じゃなかった!

転職先の仕事の内容や進め方が合わないと感じる人も多いですね。

転職前に想像していたり、面接の時に聞いていた仕事内容と違った!ってことはよくある話。

仕事の順序やアプローチが違うと「なんか合わないな…」と違和感を感じて当然です。

違和感を感じても、転職先に入社したばかりの頃は年齢が何歳であっても新人扱い。

既存社員から「ちゃんと仕事をやるヤツなのか?」と徹底的にマークされています。

なので、自分の好きなやり方で仕事を進めることが出来ませんよね。

仕事の進め方に関しては転職先の会社に合わせることは出来ます。

ですが、転職先で希望していた仕事内容と配属先の仕事内容が異なるのは致命的。

転職したばかりでも「合わないな」と感じるのも当然なんですよ。

理由③入社前に転職先のことを把握出来てない

転職先合わない人
どうして自分は転職先選びに失敗したんだろ…

と合わない会社に転職してしまったことに自己嫌悪を感じる人も多いはず。

「転職前によく転職先のことを調べておかなかったからだ!」

「転職先の選び方自体が間違っていたんじゃないの?」

と周囲の人からも指摘されたかもしれませんね。

でも、結局のところ転職先なんて入社してしてみないと分かりません(汗)

もちろん転職先で勤務している知人がいれば相談出来ますが、都合よく知人がいるわけじゃないですからね。

なので、ネット上の転職先の口コミなどをいくら調べても、転職して働き始めないと合うか合わないかは分からないってこと。

ある程度覚悟を決めて転職しないといけないってことです。

覚悟を決めて転職決めたのに、「合わない」と感じるのは辛いですよね。。

下記にも書いてますが、転職してすぐに再就職するのはデメリットが多いんです(T_T)

転職失敗して再転職のデメリット7つ。自己分析を行えば1ヶ月以内の再転職も可能!落ち込んでいる暇なんてないぞ!
「転職して3ヶ月だけど、職場に全く合わない!今すぐ辞めて再転職したいけど、そんなこと出来るのかな?」 「心機一転また再転職したいけど、...

理由④転職後に自分の能力と企業から求められるスペックのギャップに気づく

上司
面接の時に〇〇の経験はあるって言ったから採用したんだ!

と転職後に企業が求めているスペックと、自分能力との間にギャップがあり「辞めたいな」「辛いな」と感じる人もいますね。

転職面接で、上司や面接官がアナタの能力や経験を過大評価してしまうなどの原因であることが多いですね。

経験や能力は入社してカバー出来るものではないので、「この転職先は合わない」と感じるのも当然です。

下記の記事でも詳しく書いてますが上司と合わないのは辛いですよね。

上司と合わない人へ。転職するべき3個の理由!ストレスでうつ病になるほど辛いなら無理するな!異動を待つ必要なし
「上司とウマ合わないが合わない。」 「仕事行きたくない。憂鬱だな・・」 と自分が希望していた就職先で一生懸命仕事励みたい!と思ってた...

理由⑤社風が合わない

転職先合わない人
なんとなく転職先の社風が合わないな

と社風に違和感を感じて辞めていく人も多いですね。

社風とは、仕事の進め方や人間関係などを含めた全般の悩み。

転職先には転職先独自のルールや文化があります。

本来であれば、転職したての新人なら違和感を感じても我慢して素直に従うべき。

転職先の社風に違和感を感じても、その社風で会社が回っているのですから新人には分からない合理的な理由があるはずです。

例えば稟議書を回しても、稟議が降りるまでに数ヶ月かかる会社ってありますよね。

稟議に時間がかかるのは過去に大きな失敗をしたので、決定するまでに慎重な会社なだけかもしれません。

他にも、社会的信用のある企業であったり、取引先の多い企業だから稟議に時間がかかるのかもしれません。

転職したての信頼も実績もない新人社員がいきなり解決先を提案しても、なかなか受け入れるものじゃないですからね。

こういった合わない社風や文化の中で働くことにストレスを感じ、転職先を辞めたいと感じる人もいるんです。

⇒「転職先の社風って、転職してみないと分からないですよね。ダラダラと続けても仕方ないので2ヶ月で退職。転職エージェントに相談したらすぐに4社内定貰えましたよ(20代/女性)」

↓↓  転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉 ↓↓

合わない転職先を半年以内に辞めてしまうデメリット3つ

転職先合わない人
転職先が合わないから辞めて転職しようかな
  • 転職したばかりだけど退職して転職したほうがいいのか?
  • 我慢した方がいいのか?

入社して半年だけど、本当に辞めて転職してよいのか?非常に悩ましいところ。。

勢いで退職すると後で後悔する可能性もありますし、我慢して働く続きけてストレスで体調が悪くなってもいけませんからね。

ここからは転職先をすぐ辞めるデメリットを紹介していくので今後の参考にして下さい!

デメリット①短期離職すると転職先が決まりづらくなる

面接官
前職をすぐ辞めるってことはストレス耐性もなさそう。採用しても短期で辞めるんだろうな

と転職後すぐ会社を辞める人には、転職活動が不利に進むリスクがあるんです。

日本の企業は、短期で辞める人材に対して不信感を持ちやすいですからね…。

いくら能力が高くても積極的に採用しない傾向があります。

なので転職先での在籍期間が短ければ短いほど転職活動で苦戦する可能性があることは知っておきましょう。

⇒「就職・転職したら3年は我慢なんて嘘ですね。転職して半年で辞めたけど、普通に転職先は3社ほど決まりましたからね(30代/男性)」

↓↓  転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉 ↓↓

デメリット②派遣社員・バイトでつなぎ職歴に傷がつく

転職先合わない人
転職先も決まらないしとりあえず派遣社員として働こうかな

つなぎで派遣社員やバイトで働く人も多いんですが、ホント止めておいた方がいいです!

確かに、派遣社員やアルバイトとして働けば当面の生活費は工面出来ますし、自分の都合や希望に合わせて勤務時間も調整できます。

「時間を上手く調整して転職活動すればいいや!」

と思うかもですが、正社員での転職を目指す場合は、派遣社員などのつなぎで働くと更に転職活動で不利になる可能性が大。

派遣社員から正社員への転職は難易度が高いです。

なので、最初から正社員から正社員への転職を目指すほうが簡単なんですよ。

何故なら転職先の面接官が「派遣社員として働く人に正社員の責任感が有る仕事は任せられない」と考えるからですね。

安易に派遣社員やバイトに流れてしまうのは避けましょう!

「でも転職活動をいつから始めておけば、正社員としての転職を成功させれるのか分からない!」

というアナタは下記の記事も参考にして下さいね。

転職活動いつから始めるのがベスト?転職するタイミング14個紹介!会社に絶対にバレない転職活動の裏技も公開!
「転職活動したいけどいつから始めりゃいいんだろう・・」 と思いながら本来転職の適性年齢である20/30代を通り越し40代になってからよ...

デメリット③転職先も合わない可能性がある

転職先合わない人
とりあえず辞めて転職しよう!

と見切りで転職したばかりの会社を辞めて転職をしても、また転職先が合わない可能性だってあります。

「合わないから転職…合わないから転職…」

を短期間で繰り返していると、将来的に転職先すら見つからないリスクもあるんです。

⇒「転職先があまりにも忙しすぎたので1ヶ月で退職を決意。でも転職活動をする時間がなかったので転職エージェントに求人を探してもらったらすぐ内定が出ましたね♪(20代/女性)」

↓↓  転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉 ↓↓

転職先が合わず辞める前の8個の注意点

転職先合わない人
何が何でも転職先を早く辞めて転職したい!

合わない転職先なら、リスクを承知で辞めて再度転職するのも1つの方法。

ですが、本当に転職してしまって大丈夫なのか?

下記の注意点を参考にして冷静に考えましょう!

注意点①転職先の何が合わないのか?を明確に

「転職先の何が合わないのか?」を明確にしないと、辞めて転職しても同じことの繰り返しとなる可能性大です。

転職先を合わないと感じる原因の一例

  • 人間関係が合わないのか?
  • 上司との関係性なのか?
  • 仕事内容が合わないのか?

誰だって転職して間もない状態だと慣れないし違和感は感じるもの。

合わないと決めつけるのではなく、「慣れてないだけかな?」と様子を見るのも1つの方法です。

その上で「転職先が合わないと感じる具体的な理由」を明確するべき。

転職先が自分に合うかどうかは数ヶ月働いて慣れてから判断する方が良いですね。

「でも転職活動って難しいからどうやって活動すればいいか分からない!」

というアナタは下記の記事に詳しく対策も参考にして下さい。

転職が難しい理由14個。35歳以上でも第二新卒でも転職成功させるコツ!20・30・40代の年齢別の転職活動攻略法も!
「もう半年も転職活動しているのに転職先が決まらない」 「転職したいけど難しそうだし自信ないな・・」 などなど。 転職を希望していな...

注意点②前職と異なる点は受け入れて諦める

転職先合わない人
前職ではこんな仕事の進め方じゃなかったのに…

転職先と、前職を比べてもキリがありません。

前職・転職先ともに良い面・悪い面があるはず

なので、部分的に見て「この転職先は合わない!」と切り捨てないようにしましょう。

例えば、20代前半の新人社員なら前職での経験がないので比較材料もありません。

なので入社しても「合わない」と感じづらく馴染みやすい新人もいるんです。

ですが転職癖のある人は、なまじ他の会社での経験がある分、なにかと比較してしまいがち。

まだ転職間もない慣れていない状況で転職先と前職を比較しても仕方ないのである程度のことは受け入れる必要がありますよ。

注意点③合わない点も時間が経てば慣れる可能性も

転職先合わない人
転職先と合わないから今すぐ辞めたい!

勢いで辞めて転職するのはNG!

「転職先が合わない…」と感じていても、3ヶ月・半年と働いていると慣れてくることも良くあることです。

慣れてきた結果、前職以上に転職先に馴染んでいる人もいますからね(笑)

合わないから転職と決めつけるんじゃなくて、「慣れないだけかもだから時間が解決するかも」と軽い気持ちで様子見する心の余裕を持ちましょう。

注意点④転職先を選んだ理由を思い出す

そもそもアナタが今の転職先を選んだ理由は何ですか?転職活動の軸だったものは何ですか?

今の転職先を選んだ理由とは

  • 仕事内容?
  • 給料?
  • 職場の雰囲気?
  • 勤務地?

転職先に何か魅力があったから今の職場を選んだはず。

そもそも今の転職先を妥協せずに選んだのであれば、転職活動自体は成功しています。

転職すること自体が1番の目的になっていないか?は今一度確認しましょう!

転職活動の最中は「この転職先最高だな!」と良い面ばかり見えますが、転職すると悪い面ばかり見えるのはよくあることです。

なので、転職先を選んでいた時の初心を思い出しましょう。

現状を照らし合わせて、転職先に何が不足しているのかを考えるべき。

「仕事を続けるのか?」「辞めて転職するのか?」は転職先の魅力を冷静に振り返ってからにしましょう。

「転職先には魅力がない」ということが分かって初めて転職を検討するべきなんですよ。

⇒「20代で4回転職。自分の会社選びが悪いと思ったので転職エージェントに相談して自己分析してもらったら、初めて5年以上仕事が続いたんです(30代/男性)」

↓↓  転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉 ↓↓

注意点⑤見切りで退職しない。冷静になり転職活動しながら辞めるか考える

転職先合わない人
転職先が合わないから今すぐ辞めて転職しよう!

と転職活動も始めてない状態で退職するのはNGです!

一時の感情に流されてるだけの可能性もありますからね。

すぐに辞めるのはリスクだらけ。

だって、転職活動を始めてみると、転職先を同じような条件しか無いことに気づくことだってあります。

「どうしても辞めたい!」と思うなら辞める前に転職活動を始めてみましょう。

転職活動で他の転職先の条件や待遇などを聞いて見てください。

条件を聞いてから、本当に辞めるべきかどうか判断しても遅くないはず。

一般的に、転職活動は転職先が決まるまでに1-3ヶ月程度かかります。

もしかしたらその間に仕事に慣れてきて合わないと感じなくなるかもしれませんからね!

仮に内定が出てしまっていても、慣れてきたり、内定先の条件が悪いといった理由で内定を断り今の会社に居続ける選択肢もあります。

とにかく勢いで退職するのはリスクしかないありませんよ!

とはいえ、ただ我慢するだけじゃなく「良い条件であれば転職するぞ!」と選択肢が増やすことは大事なんです。

注意点⑥会社に残るにしても目標や期限を決める

会社に合わないから我慢しようと思う人も、転職先に残り続けるための目標や期限を決めましょう。

我慢して働き続けるための目標や期限

①1年間我慢して100万円貯金できたら辞める

②次の転職を見据えて、今の会社の技術経験を身につける

③3ヶ月以内に人間関係の悩みが解消されないと辞める

などなど。

転職先が合わないのに目標もなく我慢し続けることに意味はありません。

目標や期限を設けて、その目標が達成さなければ辞めるという指標を持ちましょう。

じゃないとアナタの大切な時間を無意味に過ごすことになってしまいますからね!

注意点⑦短期離職での面接では志望動機をポジティブに伝える

志望動機はとにかくポジティブに伝えるようにするように意識するべき!

転職して数ヶ月の短期で離職。再度転職活動を始める人は特にです!

具体的には以下のようにポジティブに伝えましょう。

志望動機のポジティブなアピール方法

①自分自身が成長するための転職活動であることをアピール

②前職以上にメリットがあるから転職活動をしていることをアピール

③短期離職をしても学んだことがあることをアピール

「なぜこんなに短期間で前職を辞めてしまったんですか?」

短期で辞めてしまった理由は必ず転職先の面接で質問されます。

なので、面接ではとにかく前向きにポジティブに伝えるべき。

愚痴っぽく捉えられてしまうと確実に転職面接で落とされてしまいますからね。。

面接で受かる的確な志望動機の下記の記事でも詳しくまとめています。

「ヤバッ何もない・・」転職面接で1つも志望動機が思い浮かばない場合の対処法を3つ紹介
「転職面接の時の志望動機まったく思い浮かばねぇわ・・」 「思いつかないなりに、企業の将来性とかを志望動機にしてみたけど、ありきたりな志...

注意点⑧退職前に休職してリフレッシュしてみる

衝動的に転職先を辞めてしまう前にまずは休職してリフレッシュする方法もあります。

退職前のリフレッシュ方法

  • 友人に相談する
  • 気分転換に飲みに行ったり、趣味に勤しむ
  • 旅行に行き気分を切り替える

などなど。

会社での仕事は一旦忘れて、思いっきり気分転換するのも1つの方法です。

明らかに精神・心身に異常が出ているなら精神科や心療内科で診察を受けて診断書を貰えば堂々と求職することも出来ますからね。

気分転換出来ればマイナス思考から解放される可能性だってあるんですよ!

数週間から数ヶ月仕事から離れてみても、「社風の合わない転職先で働けない!」と考え方が変わらないなら転職する選択肢もあります。

いずれにしても勢いだけで辞めてしまうのは避けたいところです。

⇒「入社してすぐに職場いじめにあいました。ハローワークに相談したら会社都合として退職できることになったので失業保険を貰いながらのんびり転職活動しましたよ(20代/女性)」

↓↓  転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉 ↓↓

転職先が合わず、今すぐ転職するべき人の特徴5つ

転職先合わない人
我慢したほうが良いか転職したほうが良いか判断出来ない!

辞めて転職するか、我慢するか悩む人も多いです。

具体的な辞めるべき人の特徴を紹介していくので、当てはまる人は今すぐ転職活動を始めた方が良いですよ。

特徴①転職先の将来性が見えない

将来性のない企業の特徴

①転職前に聞いていた給料よりも低い

②明らかにブラック企業で休みも少なく残業時間も多い

③会社が全く儲かっておらず経営は火の車

④他の社員の給料が遅配している

などなど。

明らかに転職先の将来性が怪しい場合は我慢することなく今すぐ転職するべきです。

上記のように会社の将来性がヤバイ企業の場合は、我慢して様子を見たところで状況は改善されることはありません。

むしろ状況が悪化する可能性のほうが高くなりますからね。

⇒「転職して1ヶ月だけど人間関係が最悪な職場だったので退職しました!転職先が決まるか不安でしたが、2週間で転職先が決まりましたよ!(20代/男性)」

↓↓  転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉 ↓↓

特徴②ストレスで心身不調の影響が出ている

転職先合わない人
転職先が合わず、会社に行くのも辛い

と精神的に追い詰めながら仕事をしているとストレスで心身不調の影響が出てくるケースもあります。

「会社に行くのが本当に辛いけど、先輩や同僚は不満も言わないからな…」

と我慢している人もいますが、無理は禁物。

人によってストレスの感じ方やストレスの許容量は人ぞれぞれですからね。

ストレスが限界を超えてしまっている状態で、無理強いは禁物。

心身疲労に自ら拍車をかけることにもなります。

擦り傷などと外傷と違って、心身のダメージを一度受けてしまうと回復までに半年以上の時間がかかることもありますからね…。

深刻な精神的ストレスを受けると転職活動はおろか、日常生活すら送れなくなってしまいかねません。

ストレスなく働けないほど、精神的に追い込まれているなら辞めて別の転職先を見つけるべきですよ!

下記の記事では、ストレスが溜まりすぎてる人が今すぐ辞めるべき理由をまとめています。

ストレスで仕事を辞めたいなら今すぐ転職だ!今すぐ会社を辞めるべき4つの理由
「毎日朝起きたくない・・職場に行くのが辛い・・もう辞めたい・・」 「職場の人間関係がストレスで、原因不明に体調不良。今の仕事辞めても大...

特徴③周囲の目を気にして短期離職をためらっている

転職先合わない人①
転職して1ヶ月で辞めると、家族や友人になんて言われるか分からない
転職先合わない人②
今の転職先を見つけるためにサポートしてくれた人に申し訳が立たない

などなど。

世間体を気にして合わない転職先から辞める決心を出来ない人も多いですね。

例えば、転職エージェントなどを経由して転職すると企業は転職すると数百万円前後の紹介手数料を支払うことになります。

なので、「手数料払ったのに1ヶ月や2ヶ月で辞められたら困る!」と転職先の上司や社長から説得を受け辞めづらいという人もいるんです。

まぁ実際は、転職して6ヶ月以内の退職なら転職エージェントから企業に紹介手数料は返金されるので気にする必要はないんですけどね(笑)

「仕事を辞めたいけど辞めれない」

「短期で辞めるのは自分に甘く、弱い人間である証拠だよな…」

と、あなた自身を精神的に追い込み低いモチベーションで仕事をしても張り合いもやり甲斐も感じませんよね。

結果、合わない仕事を続けるストレスでうつになってしまいます。

仕事のパフォーマンスが悪いので、社内で出世も出来ず将来の不安も毎日感じることになるでしょう。

精神面・肉体面にストレスを感じなら一生仕事を続けることは出来ますか?

「とりあえず3年」

昭和時代の仕事の考え方にとらわれずに、「限界だ!」と感じるなら転職活動を始めるべきです。

それでも「会社が辞めさせてくれない!」と悩むなら、退職日の2週間前に「辞めます!」と退職届けを提出すれば、2週間後には退職できますからね。

詳細な退職方法は下記でも紹介していますが無理は禁物ですよ。

仕事を辞めさせてくれない時の対策11選。人手不足で辞めさせない会社はパワハラだ!新卒でも労基に相談して今すぐ転職するべき4つの理由
「仕事辞めたい?人手不足だから無理だね」 と仕事を辞めたいのに人手不足を理由に辞めさせてもらえず悩む人って多いんですよ。 「なぜ仕事...

特徴④試用期間中なら辞めるべき

転職先合わない人
もう辞めたい…限界だ…

と感じたタイミングが試用期間中なら思い切って退職するのも1つの方法です。

試用期間中の傷の浅いうちに退職・転職するほうが精神的なストレスも少なくなります。

ただ、試用期間中でも雇用期間に入っていれば職歴として残ってしまいます。

なので次の転職活動では職歴として履歴書には記載しないといけません。

転職や就職で不利になるリスクは覚悟しておく必要はありますね。

「試用期間中だから経歴は隠しておいて大丈夫でしょ!」

と思って履歴書に短期離職したことを隠して入社後に発覚した場合は経歴詐称と訴えられるリスクもあるので、その点だけは注意が必要です。

特徴⑤転職後1年以上経過している。失業保険を貰えるぞ!

もしアナタが転職して1年以上経過しているなら失業保険の支給対象になっているので、すぐに辞めるべきです。

自己都合退職でも1年以上転職先に在籍していたなら、ハローワークに行けば3ヶ月以上の失業保険の支給を受けることが出来ますからね。

ちなみに下記の理由であれば、1年以上勤務してなくても会社都合としてすぐに失業保険を受け取ることが出来ますよ。

自己都合退職に出来る条件

  1. 給与遅配
  2. 解雇・リストラ
  3. 入社前の勤務条件が大きく違っていた
  4. 賃金が理由もなく大幅に減らされた
  5. 職場でのいじめ

失業保険が貰えれば、転職先が決まらなくても金銭的な負担も減らすことが出来ます。

なので安心して会社を辞めて転職活動に集中することも出来るんです♪

「転職先が合わないアナタ」が活躍できる転職先を見つけるたった1つの方法

転職したい人
今すぐ辞めて転職したい!

転職したい!と思う人がまず始めがちなので、ハローワークなどの公的機関を使ったり転職サイトを使って転職活動を始めてしまうこと。

確かにハローワークは民間企業ではないので、中立の立場でアドバイスをくれます。

ですが、ハローワークにも唯一デメリットがありますよね。

それは、求人数が圧倒的に少ないことです。

残念ながら、企業が人材を募集する際にハローワークを積極的に使って募集はしてないんですよ。

なのでハローワークには求人数が少ないので、アナタの希望する職種の仕事がない可能性があります。

転職サイトも同様です。後で詳しく紹介していますが、転職サイトも実は思ったほど求人数が多くないんです…。

転職したい人
じゃあどうやって希望の仕事を見つけるんだよ?!無理だよ!

と半ば諦めがちな人も多いはず。

どうしたら希望の企業や職種に転職が出来るのか?

それは転職エージェントに登録することです。

あなた1人で今の仕事をしながら、下記ような転職活動の準備が出来ますか?

転職活動でやらないといけないこと

  1. 楽な仕事の求人探し
  2. ブラック企業ではないのかのチェック
  3. 履歴書・職務経歴書の内容のチェックや添削
  4. 面接対策
  5. 企業研究・業界研究
  6. 志望動機を考える
  7. 内定後の給与などの条件交渉

恐らく時間のない状態で1人で全て完璧にこなすのは不可能に近いはず。

ですが転職エージェントに登録すれば無料で全てサポートしてくれるんです。

転職したい人
なぜ無料なの? 

と思うかもですが、転職決定時に企業から紹介手数料を貰うので、転職希望のあなたは完全無料。

なので、転職活動する上で転職エージェントを使わない理由はありません。

「でも転職エージェントはどこを使えばいいか分からない!」

という人もいるでしょう。

基本的には転職エージェントは最低3社は登録するべき。

  1. doda
  2. ビズリーチ
  3. リクルートエージェント

転職をエージェントを上手に選ぶコツはココにも書いているのでチェックしてみてください。

転職エージェントの選び方!22社を徹底比較!面談のコツ&評判の良い転職エージェントだけを紹介!
「転職エージェントって何社もあるけど、どうやって選べばいいんだろう?」 と悩む人はホント多いです。 僕自身、転職エージェント業界で働...
 

転職エージェントに登録するべき人は?

転職エージェントを利用するべき人の特徴

  • 仕事に時間を取られ活動できない
  • 転職活動を中途半端にしたくない
  • 会社に迷惑かけず両立したい
  • 就活で仕事のプライオリティを落としたくない
  • 情報収集・書類作成を休日にしたくない
  • 面接のスケジューリングしたくない

こういった人は転職エージェントを活用すると悩みが解決されるでしょう。

特に「とにかく効率的に転職活動を進めたい」という人は絶対登録すべきです。

転職エージェントというのは、あなたの専任のコンサルタントが「あなたが活躍できる業界や職種のアドバイス」「応募書類の添削」「面接対策」などを無料で行ってくれるんです。

「じゃあオススメの転職エージェントは?」

と気になるところ。

オススメの転職エージェントは・・・

↓ ↓

転職決まらない人が多く登録している転職エージェントTOP3

doda/パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)

当サイト経由で1番多く登録されているの転職エージェントになります。

doda(デューダ)は大手人材人材会社のパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)グループが運営しているサービス。

転職支援業界で国内2位の売上高を誇っていますね。

dodaのポイントは以下になります。

①親身なサポートで転職者満足度No.1

dodaは転職者利用者へのアンケート調査で満足度No.1の実績。

満足度が高い理由としては、「登録者に寄り添った親身なサポート」だからです。

  • 転職に関する不安悩みごとの相談
  • 自分のキャリアプランに迷った時には面談でのキャリアカウンセリング
  • 将来の最適なキャリアプランの提案

このようなサポートの結果、転職サポートで年間1万人を成功に導く実績豊富なエージェントになります。

「以前転職エージェントに登録したけど放置された!」

「手厚く、親身なサポートを受けたい!」

という転職希望者が登録・利用すると特に満足度が高いですね。

②履歴書・職務経歴書の添削が抜群

dodaは履歴書・職務経歴書の添削が丁寧で分かりやすいと評判です。

転職活動での第一関門である書類選考。

応募書類で最大限自分の経験や能力をPRしないといけないのに、完璧な書類を作り上げている人は非常に少ないです。

その点、dodaのキャリアアドバイザーは

  • 1から応募書類の作成を手伝ってくれる
  • 履歴書を下書きすれば清書を代行してくれる
  • 書類選考通過率が約3倍にアップする書き方のコツを教えてくれる

といったサポートをしてくれるんです。

「書類選考で落ち続けて面接までたどり着けない・・」

という人は質が高いと評判のdodaの応募書類の添削を一度受けてみるべきですね。

③登録者限定の非公開求人が80%もある

dodaに登録した会員限定でしか閲覧できない非公開求人が全体の約80%あります。

非公開求人の中にはdodaだけが扱う独占求人も多いです。

求人の質も圧倒的に高く、業界最大手のリクルートエージェントとは違った独自の企業を紹介してくれるのが特徴。

⇒「転職者満足度No.1の言葉に惹かれて登録。確かに他の転職エージェントと比べてもサポートの質が抜群です。親身に相談に乗ってくれました!(20代/女性)」

ビズリーチ

ビズリーチはテレビCMでも話題の転職支援サービスですね。

特徴としては

①圧倒的なスカウトの豊富さ

ビズリーチに経歴書を登録するだけで、企業人事担当者や転職エージェントの担当者から毎日のようにスカウトが届きます。

登録した人のキャリア次第では、大手転職エージェントと比較して3-10倍ほどスカウトの数が増えた!という人もいます。

  • 「仕事が忙しくて求人チェックする時間がない」
  • 「とにかくたくさんの企業からのスカウトをチェックしたい」

という人は、登録するだけでスカウトがたくさんくるビズリーチが向いているでしょう。

②年収アップ出来る求人が多数

ビズリーチは他の転職エージェントと比較しても、年収アップできる求人が豊富です。

理由としてはビズリーチは元々年収600万以上のハイスペックのビジネスパーソンに特化していた転職支援サービスだったからです。

ですので現状年収が低い転職希望者であっても、ビズリーチでしかチェック出来ない好条件の求人が紹介されるでしょう。

  • 「今の年収に不満がある!」
  • 「もっともっと稼ぎたい!」

という人は登録しておくと良いでしょう。

※公式ホームページには「年収600万以上に支持される」とありますが、年収600万未満でも登録・利用は問題なく出来ます

③上場企業・大手企業の求人が多い

上に書いた「年収アップ出来る求人が多い」ということとも繋がりますが、ビズリーチは大手・上場企業の求人が多いです。

年収が多い求人が多いので、当然上場企業や大手企業の求人が多いのは必然なのですが。

ですので「新卒で入社できなかった大手に入社したい!」と感じる人は登録しておいた方が良いです。

とはいえ大手企業は周りも入社したいと感じる人気求人。

募集してもすぐに打ち切りになりますし、募集も若干名です。

なので逆算して早めにビズリーチに登録して、大手企業の求人を漏れなくチェックしておくことが大事だといえます。

⇒「他の転職エージェントよりも年収アップ出来る求人紹介が1番多かったですね!ビズリーチからの紹介求人で年収が30%ほどアップしました♪(30代/男性)」

リクルートエージェント

転職支援サービス最大手のリクルートグループの転職エージェントになります。

①業界最多の13万件の求人件数で他社を圧倒。

転職エージェント業界業界最大手リクルートエージェント。

公開求人・非公開求人が合わせると約13万件と業界最多の圧倒的な求人件数です。

「とにかくたくさんの求人の中から自分に合う求人を探したい!」

という人はリクルートエージェントの求人の多さを実感するべきでしょう。

②転職支援の成功実績32万件でNO.1

リクルートエージェントが転職支援業界で成功実績No.1となったのは以下の理由です。

求人数の多さ+担当キャリアアドバイザーの質の高さ=転職成功実績32万件

確かに、dodaのキャリアアドバイザーもレベルが高いのですが、dodaの特徴としては親切丁寧なサポートです。

一方リクルートエージェントの特徴としては、とにかくキャリアアドバイザーのアドバイスが的確ということ。

アドバイスの内容に無駄がなく、ズバリ自分が進むべきキャリアを示してくれるんです。

と使い分けが必要になってきます。

③女性向けの転職ノウハウが豊富

リクルートグループの中に人材派遣会社(リクルートスタッフィング)と連携した女性に特化した求人や濃いノウハウ情報が豊富にあります。

特に事務職・販売職などの業界職に精通したキャリアコンサルタントが多数在籍しているので相談しやすい環境は整っていますよ。

「女性ならでは目線で悩みを相談したり、共感してくれる担当者が良い!」

と感じる女性の転職希望者が登録すると満足なサポートを受けることが出来ます。

④夜間・土日祝日でもサポート受付!

リクルートエージェントは、平日・土日祝日いつでも20時以降にも相談が出来るんです。

「仕事が忙しいからなかなか転職活動の時間が割けない・・」

という人でも、在職しながら転職活動が出来るサ手厚いサービスと言えますね。

⇒「業界最大手だけあって紹介される求人数は桁違い!転職サイトに掲載されてない非公開求人も紹介されたので大満足です!(20代/女性)」

合わせてよく読まれている記事

①転職活動いつから始めるのがベスト?

転職活動いつから始めるのがベスト?転職するタイミング14個紹介!会社に絶対にバレない転職活動の裏技も公開!
「転職活動したいけどいつから始めりゃいいんだろう・・」 と思いながら本来転職の適性年齢である20/30代を通り越し40代になってからよ...

②転職決まらないでも焦るな!内定でない人の特徴15選。

転職決まらないでも焦るな!内定でない人の特徴15選。辛い&不安なら転職エージェントのキャリアカウンセリングを今すぐ受けるべき
「転職が決まらない!」 というあなた。 仕事辞めて新しい仕事探すための活動中! 定職ついてないけど正社員で働きたい 妊...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする