転職失敗して再転職のデメリット7つ。自己分析を行えば1ヶ月以内の再転職も可能!落ち込んでいる暇なんてないぞ!

「転職して3ヶ月だけど、職場に全く合わない!今すぐ辞めて再転職したいけど、そんなこと出来るのかな?」

「心機一転また再転職したいけど、周りから止められる。すぐに会社を辞めるのは無謀?」

などなど。会社選びに失敗して後悔したよぉぉ!と感じるビジネスパーソンは少なくないと思います。

再転職するかどうか期間をおいて考えれば変えるほど、「すぐに退職する自分は駄目な人間だ・・」と罪悪感や嫌悪感を感じる人もいます。

ですが、「人生の目標達成」などの具体的な目標を立て、ポイントを押さえた転職活動すれば自分にあった会社を見つけ、2度と転職に失敗しないようになるんです。

  • 転職している人はどれくらいいるの?転職の状況
  • 短期で退職して再就職するデメリット
  • 退職することを決めた時にすぐ行動すべき7つのリスト
  • よくある短期退職理由と対策方法を紹介!

こういった点を紹介していますよ!「再就職活動しようかどうか悩む人」は必見です!

年間の転職者数は年間300万人前後!日本の転職状況

こちらのサイトから画像お借りしました。

総務省労働局の調査によると「年間の転職者数は約280-350万人」もいるのです。

つまり1日に1万人程度転職しているって計算ですよね。

さらに失業者が年間200万人弱いますので、相当数の人たちが転職活動を行っているわけです。

ここで言いたいのは「転職したい。再就職先を探したい」と考えているのはあなただけではないってことです。

短期間で退職するのは逃避で逃げだ!なんてイメージを持っている人は多いです。

さらに、転職するのはヘッドハンティングを受けるような優秀なビジネスパーソンだけ!なんて誤解している人も多いんですよね。

ですが、より良い職場を目指して転職活動するのは珍しいことじゃないんですよ。

再就職活動の前に!自分の将来を見つめなそう

「もう嫌だ!明日から会社に行きたくない!」

会社を辞めて就職活動をする!という決断を下す前に、「自分が今後何をやりたいのか?どんな仕事をしたいのか?」などの将来を見つめ直しましょう。

仕事内容が不満なのか・周囲の環境が我慢できないのか・職場の人間関係が嫌なのか?

自分のやりたいことを見つめ直さないと、仕事を探しても、結局似たような職場を選んでしまい同じ失敗を繰り返しません。

今の生活より幸せな将来を得るためにも、見つめ直す時間は必要ですよ。

⇒【読み進める】「再転職を成功させる方法」をてっとり早く知りたい!

転職サイトDODAで転職

転職失敗し再就職するデメリット

現職を短期間で退職するデメリットも紹介しておきますね!

デメリット①長期間収入減少のリスク

場合によりますが、長期間にわたって収入が減少するリスクがあります。

転職が成功した場合でも、入社後3-6ヶ月間は試用期間というものがあります。

給与が正社員の時の7-8割ほどに減少・残業代支給されないなど収入が減少する場合もあるんです。

転職前の収入水準を担保出来ない可能性もあるので、試用期間の収入が少なくて「これじゃあ生活出来ないよ~」と感じてしまうリスクがあります。

収入不足でも生活できるよう、生活費を含めた生活設計全般を見直す必要も出てきます。

デメリット②社会保険の負担金が増える可能性

転職先が中小企業やベンチャー企業の場合、試用期間の時に社会保険に加入させてくれないケースがあります。

厚生年金・健康保険は正社員であれば企業と折半で半額負担なのですが、「加入資格がない」とのことで、自費で全額、国民年金・国民健康保険に加入しないといけないケースも実はあるんです。

ただでさえ試用期間の収入減少にプラスして社会保険の負担も増えると、ドンドン手取りが減っていき「転職なんてするんじゃなかった・・」と後悔してしまいます。

転職失敗で再転職を繰り返すと、負担が増える可能性があることも理解しておきましょう!

デメリット③退職する癖がつく

再転職を繰り返すと「嫌な仕事内容・環境ですぐに辞める癖」がついてしまう可能性があります。

明らかなブラック企業・倒産・解雇など避けようがない状況ももちろんあります。

ですが、1年も勤続せずボーナスすら支給されていない状況で、良い職場かどうか判断するのは難しいし、分からなくないですか?

今後継続していく価値がある仕事なのかどうか?

判断は急ぎすぎない方が良いですね。

デメリット④再就職に不利

1年未満の短期間で離職しての再就職活動はかなり不利になります。

企業の人事担当者は「1年未満での退職者は書類選考で無条件に落とす」と言っている担当もいるくらいです。

「短期間の退職のなんて黙ってりゃ分からないんじゃない?」

と誤魔化してもすぐにバレます(笑)

雇用被保険者証という書類に、「退職企業名・入社日」などがしっかり記入されますので、バレて転職活動時には不利になるんです。

「こんな職場やってらんねぇ!」と衝動的に退職して、すぐに次の職場から内定を得ることが出来たら良いですが、一般的に離職期間の長さに比例して転職はさらに不利になります。

無職期間が長引くと、無収入で生活が苦しくなり、精神的にも追い詰められ余裕がない精神状態になってしまいます。

「すぐ見つかるでしょ♪」

と安易に考えるのではなく、退職を決心しても仕事を続けながら同時進行で転職活動することを強くオススメします。

但し、技能やスキルが専門的で、履歴書・職務経歴書が他選考者と比較してかなり見栄えのする場合は、簡単に面接に進み、内定を得ることも出来ます。

デメリット⑤同業界に転職出来なくなる可能性

「自分の経験を活かせて簡単に転職できそうな同業界に転職しよう♪」

なんて考えている人もいると思いますが、円満退職ではない場合、同業界への転職が閉ざされる可能性もあります。

企業側は多額の採用活動費のコストをかけてあなたを採用したのです。

しかしそんコストを無駄にするような短期での退職は、企業からの印象が悪くなることもあります。

さらに社長や人事担当者の横の繋がりで、あなたの悪い噂や印象が、伝わってしまうことも考えられます。

結果として同じ業界や同じ職種での転職が難しくなるケースもあります。

「辞める会社だから嫌われてもいいや!」

なんて思わずに、円満退職をして禍根を残さないようしたいものです。

デメリット⑥転職回数・年齢がネックで再就職困難

転職回数は通算3回まで、専門的なスキルを持っていて、35歳まで

こうった人材でないと転職は苦労すると一般的に言われています。

年齢の面では当然20-30代の人材のほうが有利ですし、「エンジニア」などのニーズの高い専門的スキルや経験をしている職種の方が評価も高いです。

年齢を重ねる・転職回数が多くなると転職は不利になり難易度が上がります。

人事担当者が敬遠するためですね。

転職を何回すると明確に駄目という基準はないですが、目安としては下記になります。

  • 20代 ⇒ 3社以内
  • 30・40代 ⇒ 4社以内
  • 50代 ⇒ 5社以内

転職回数が多くなってくると、「何故転職を繰り返すのか?」「転職回数に見合うだけのスキル・経験を得たのか?」をシビア人事担当者がチェックします。

短期間の転職を重ねると、その点をさらに厳しく査定されるので、明らかに転職活動でハンデを負う形になります。

再就職のハードルが高くなる可能性が高くなるということです。

「でも提示された条件と違ったんだよ!私の責任じゃないよ!」

というように、明らかに企業側に問題がある場合もあると思います。

その場合もすぐに退職して、良い職場を探そうとするのではなく、企業に改善を申しれるなど、慎重に行動するようにしましょう!

退職後のリスクは出来るだけ潰しておくべきです。

デメリット⑦出戻り入社は難しいことを覚悟

エン・ジャパンの「出戻り社員の実態調査2016」からお借りしました。

エン・ジャパンが220社の人事からのアンケート調査した結果です。

  • 出戻り社員を雇用した企業 ⇒ 全体の67%(147社)
  • 出戻り社員を雇用する制度がない企業 ⇒ 全体の83%(182社)

上記のように出戻りは制度として設けてない企業が多数になります。

他の職場経験をしたことで前職の良さを実感し、「やっぱり前職に戻ろうっと♪」と感じ出戻りに動く人も少なくないです。

また企業側も採用コストをかけずに即戦力の人材を雇用できるので、歓迎している企業もあります。

以前働いていた場所での安心感もありますし、就職先の選択肢に入れている人もいます。

ですが、上記のアンケート結果のように、「誰でも出戻り入社出来る」との勘違いは禁物です。

出戻りは企業としての制度ではなく、あくまで個別応対しているのです。

  • 以前勤めていた際に企業との関係性が良好だった
  • ある程度の高い成績や評価を受けていた
  • キャリアを活かせるポジションに空きがある
  • 受入企業の人員不足

などなど。様々な条件が重なって出戻りが出来るのです。

自分自身の再転職で出戻りしたい!という意識だけではどうにもなりません。

デメリットももちろんあります。

  • 以前と同じ条件で再雇用されない可能性
  • 元同僚や上司との関係性がギクシャクする可能性
  • ブランクの影響で昇進や昇格に影響する

出戻りはあくまでの特殊な例で、一般の就職や転職方法とは異なるので、デメリットも理解しておきましょう。

また、出戻りは辞職した側から「出戻りしたいんだけど口きいてくれない?」などと積極的にアクションを起こしても成功しづらいです。

以前親しかった同僚や元上司などにそれとなく相談したり前職の状況に探りを入れるなどに留めておくべきです。

脈があれば相手から打診があるはず。慎重に行動するのが良いですね。

⇒【読み進める】「再転職を成功させる方法」をてっとり早く知りたい!

転職サイトDODAで転職

転職失敗した!と感じた時に取るべき行動7つ

「しまった!転職先選びに失敗した!」

と判断した時は冷静になって失敗原因や今後の対策を整理しましょう。

衝動的に退職届を書いて辞職に向けた行動を起こすのはNG。

転職して数ヶ月であれば、新しい環境に身を置いたことへのギャップを感じているだけで、仕事や環境に慣れてくれば自然と解決されるケースもあります。

具体的な行動を7つ紹介するののでチェックして再度見直してみましょう。

行動①冷静に現状分析を行おう

「転職先選びで失敗した!最悪だぁぁ」

なんて落ち込む前に、なぜ転職に失敗したのか?その理由や原因を具体的に分解していきましょう。

考えを1個ずつ整理していくと、後悔の原因を自然と突き止めることが出来ます。

短期間で安易に退職を決意するのは時期尚早というものです。

例えば、企業側の明らかな責任として、「採用時に提示された給与待遇などの条件が実際と違う」などの問題があるとします。

そんなときは人事担当者や、所属部署の責任者に相談して、解決に向けた具体的な行動を移すべきです。

解決しないのに、無理して継続して勤務する必要はないです。

仮に余儀なく退職してしまう場合でも、「解決に向けた自らアクションを起こした」という事実は、再転職先での面接に伝えれば、ネガティブな評価や印象を持たれることは少なくなります。

行動②仕事選びの際の優先順位付け

再転職で次こそは転職失敗しないためにも、自分の中での仕事選びの優先順位をしっかりとつけましょう。

「もう辞めたい!」

と感じるのは、就業先の職場と、自分自身の働き方の希望や理想とがミスマッチを起こしているんです。

ですので、自分自身の譲れない条件(給与・仕事内容・残業などの働き方)などをしっかりと把握することが大事。

転職先の職場ではその条件を実現出来るのか?ということを判断材料にすれば、失敗しない再就職活動に繋がるでしょう。

「でもどうやって譲れない条件の優先順位をつけたらいいか分からないよ!」

という人は、新卒の頃のように転職活動の初心に戻り、自己分析をすることをオススメします。

  • 自分の長所や短所
  • 得意・苦手な仕事
  • 楽しめること。昔から続けていること
  • 報酬給与がなくてもやり続けれること

こういった自己分析を繰り返すと、自分の譲れない条件が自然と見えてきますよ!試してみてくださいね。

行動③会社に改善に向けた相談を行う

「給与が聞いたいた金額と違う!」

「自分の希望していた仕事じゃない!」

「残業時間が多すぎる!」

などと、採用時の条件と違う・イメージと実際の内容が異なるという場合は、まずは相談してみましょう。

仕事内容のことであれば、社内の所属している部署の業務全体をマネジメントしている上長に相談です。

相談の際は、相手との関係性や、今後もその企業で継続して勤務したいのか?どうかを冷静に考えてから相談しましょう。

喧嘩腰で話をすると、仮にその会社に留まる場合に、あなたの評価や査定に影響してしまう可能性があります。

具体的な相談手順を書いておきますね。

会社への相談手順

■手順①部署内の誰に相談するか予め決める

  • 雇用条件・待遇条件の不一致 ⇒ 人事総務部
  • 業務・仕事内容の疑問や不満 ⇒ マネジメントしている直属の上司

大きく分けてどちらかに相談する形になります。

■手順②雇用契約書などの書面の突き合わせ

業務内容や条件に誤解が有る場合、雇用契約書などの書面を人事や上司と突き合わせしましょう。

書面上で、条件などが記載されているはずで、控えをあなたも貰っているはず。書面で双方確認するということです。

■手順③書面に条件の記載がない場合

書面で条件面・仕事内容などの記載がない場合は、「会社に対して改善を希望する箇所」「誤解が有る点」を明確に伝え、改善しくれるかどうか相談してみましょう。

■手順④改善されず再転職を決断する場合

人事や上司に相談しても状況が改善されない場合もあります。

「自力で解決出来ない!もう退職だ!」

と意志を固めた場合は、なるべく早く退職の意志を伝えるのが原則。

ただ、衝動的に退職の意志を伝えて、無職の状態で転職活動をするのは何度も言いますが絶対にNG!

失敗しないように、慎重に退職交渉を行い、転職活動を開始するようにしましょう。

行動④転職活動から退職までの手順

1,再転職先を探す

退職を決意したら、現職は辞職することは避けて、継続して働きながら転職活動を行いましょう。

転職を決意してすぐに辞めるのはリスきーです。すぐに次の職場に雇用されるとは限らないですからね。

ハローワーク・転職サイト・人材紹介会社などフル動員して転職活動をしましょう。

2,退職することを申し出る

再転職先が決定し退職の目処をつけることができれば、会社に退職を申し出て大丈夫です。

「こんな短期間で退職されるのは困る!認めない!」

などと、就業規則に則って正式な手順を踏んでいるのに、企業が退職を拒むことがあります。

ですが、労働基準法により企業が退職を認めないということは出来ません。

自己都合退職の場合、退職の意志を伝えて2週間経過すれば、自動的に雇用契約が解除されるという法律があるんです。

但し例外もあります。

  • 無効なケース ⇒ 一方的に退職の意志を伝えて以後出社拒否した場合。無断欠勤扱いとなる
  • 有効なケース ⇒ 退職意志を伝え、2週間就業規則に沿って真面目に勤務

「今すぐ辞めたい!」と即日退職は不可能で、退職の意志を伝え2週間は勤務する必要があるということです。

ただ、一部雇用契約の就業規則に「退職の際は1ヶ月前に申し出る」が義務付けられている可能性もあるので、就業規則を確認するようにしてください。

2週間or1ヶ月前に退職の意志を伝え、必要な手順に沿って円満退職しようとしているのに、企業が拒否する場合は、我慢せずに労働基準監督署に相談しましょう。

また試用期間中であって、下記の正式な手順を踏めば退職可能と法律で定められています。

〈退職するまでの手順〉

  1. 直属の上司に話をする時間を取るためアポ
  2. 口頭で直接退職する意志を伝える。可能であれば退職願も持参
  3. 退職日・引き継ぎなどの退職条件の確認や相談
  4. 人事総務部と、雇用・社会保険などの手続きの確認
  5. 引き継ぎを行い退職

行動⑤再就職を決意した後はポジティブに切り替える

再就職を決意したら、ポジティブに気持ちを切り替えましょう!

「すぐに退職する自分は駄目な人間だ・・」

などと自己嫌悪を感じるかもしれませんが、人生の目的や楽しみを叶えるために、転職を行うという前向きな行動なのですから、自分を許し信じてあげましょう。

確かに30,40代など高齢になるほど転職は苦労しますが、転職先の選択肢があるうちに早く行動すべきです。

会社への愚痴を言いながら無理して我慢することに、あなたの家族も周囲も喜びませんよ。

鬱病などの精神疾患にかかると大変です。

さらに40代以降で転職を決断した人は、新卒で入社した企業が倒産・派閥争いに破れて出世街道から干される・窓際族になる・リストラに遭うなど色々な苦労があると思います。

それでも、家族の生活を守るため・家のローンを払うため・家族を養うために、転職を決意するわけですから、その決断を前向きにポジティブに考えるべきです。

たしかに企業の人材側は転職活動にあたって短期離職したあなたを厳しい目で判断するでしょう。

  • 長く雇用出来る人材か
  • 仕事内容が合わないからとすぐに辞めないか
  • 対人関係などのコミュニケーション能力はどうか
  • 教育研修制度に不満があるとすぐに辞めないか
  • 社風や待遇に対応できそうか

などなど。ですがしっかりと転職対策を行っていれば十分対応出来ることです。

不安を上げればキリがいないです。ポジティブにいきましょう!

また試用期間で退職した場合は、履歴書や職務経歴書に職歴として書く必要はないです。

本採用された企業だけ職歴に追加するということが、ハローワークの指導で決まっていますので安心してくださいね。

行動⑥中小企業への転職を検討

規模大きい大企業で勤めていた人に特にオススメなのが、中小企業を転職先として検討するということです。

「中小企業なんて安定しないし嫌だよ!」

と感じるかもしれませんが、逆に大企業の方が合わないというビジネスパーソン少なくありません。

職場環境や仕事内容に不満があり、改善されないから前職を退職するわけですよね?

で、あれば改善案が通りやすい中小企業へ転職するほうがあなたには合っている可能性が高いです。

規模小さい会社は、社長役員などの経営層との距離が近く意見が大企業よりは通りやすいです。

会社での問題点やトラブルが合った際に、解決に向けて上司にとって耳の痛い助言やアドバイスを行う・積極的にミーティングの機会を増やす・発案するなどの具体的な行動で、解決に自らの手で導きやすいです。

大手企業の場合は簡単に業務フローは変更できません。

当然、パーフェクトな職場は日本中どこにもなく、問題点や理不尽な点は存在します。

ですが、あなた自身が主体的に考えて行動するで、現状を打破する具体的行動や、それを叶える職場環境であれば、「やってらんねぇ!」と短期間で転職を繰り返さなくなります。

中小企業で主体的に業務に取り組み習慣を作ることができれば、結果が現れる中小企業での働き方が楽しくて仕方ないと感じるでしょう。

小さいな成功を生みやすいですし、色々な仕事にもチャンレンジも出来ます。

さらに適応力も自然と身につき、「嫌だからすぐに辞める」と逃げの姿勢もなくなります。

やりたいことを実現出来る前向きな仕事の取り組の働き方が出来るでしょう。

中小企業で働くことの副次的な効果としては、将来独立して企業経営に関わる仕事が出来る可能性も高くなるということです。

士業・経営コンサルタント・企業経営などの仕事で開業する人も多いですね。

こういった仕事は、小さな会社で経営の実践的な業務を経験した人しか出来ない仕事ですからね。

デメリットとして中小企業の勤務は条件面では若干悪くなります。その点も踏まえて検討してみましょう。

行動⑦失業手当受給の確認

「自己都合で退職、短期間で退職すると失業保険はもらえないな・・」

と諦めてはいけません。短期離職でも一定期間雇用保険の被保険者であれば、失業保険は支給されますので確認を行いましょう!

ルールとして、前職の職場との雇用保険の加入期間の合算によって受給出来るかどうか変わってきます。

具体的には「退職日以前の2年間において、雇用保険加入期間が12ヶ月以上あるかどうか」が基準になります。

満たしていれば失業保険の受給対象者です。大体給与の60%ほど支給されるので、大きな収入になりますよね。

詳しくは最寄りのハローワークに相談するようにしてくださいね。

⇒【読み進める】「再転職を成功させる方法」をてっとり早く知りたい!

転職サイトDODAで転職

転職失敗のよくある退職理由6つと対策方法

転職失敗の事例はだいたいこれから紹介する6つに分類されます。

今後も同じような失敗をしないために原因の確認と、しっかりとした対策を立てるようにしましょう。

事例①未経験で憧れの希望職種に転職。だが想像と違った

「憧れのデザイナー職に就いたけど、こんなに激務で残業まみれと思わなかった・・・」

など。仕事や業界に対する下調べ。企業や業界研究不足で後悔を生んでしまう可能性も高いです。

想像や憧れを持って転職したものの、現実のギャップを感じるパターン。

面接時「未経験で入社した社員は最初はどういう仕事を任せてもらえるのか?」などの仕事内容の確認をしていないことが原因です。

将来のキャリアステップを具体的に確認したり、転職に関する口コミサイトなどで情報収集を行うべきです。

一番確実なのは、転職先業のことをよく知っている人材紹介会社を利用して情報収集するのが確実ですけどね。

転職エージェントには、求人サイトなどの求人情報には未掲載の裏の社内情報なども当然キャッチアップしています。

通常中途採用というのは、即戦力を募集するケースが多いので、「なぜ未経験者を採用するのか?目的は?」などしっかり情報収集する行動や努力を怠ってはいけません。

せっかく未経験の仕事にチャレンジするのですから自ら学べる環境を上手く行かせるように、事前の情報集や面接のでの確認が必須になってきます。

〈具体的な対策方法まとめ〉

▽業界・企業研究を怠らない。仕事内容・働き方・年収などの確認

▽面接時に社内環境・仕事内容などを具体的に質問し確認

▽未経験採用の場合、同じ条件で入社した既存社員の仕事内容や様子を確認

事例②待遇や給与条件に魅力を感じ入社したが・・

「希望していた仕事内容とは違うけど、年収が100万円多いから入社。でも仕事にやりがいを感じないから辞めたいな・・」

転職前は「自分はこんな仕事をしたい!」と明確に決めていても転職活動を続けるうちに、高給与の待遇に魅力を感じて、仕事内容無視で転職先を決めて後悔するケースです。

福利厚生・ボーナス・大手企業の会社のブランド・早く内定がほしいなど、様々な誘惑はありますが、「何故転職するのか?」「仕事を通じてどんな希望を叶えたいのか?」などが明確になっていないことが原因です。

転職活動のたびに誘惑に負けていては、何度再就職をしても、満足いく転職先は見つからないでしょう。

希望と異なる職種を打診されて、条件が良いからと簡単に変更してしまうのは後悔のもとですよ。

〈具体的な対策方法まとめ〉

▽転職理由の明確化。仕事選びで何を重視するのか

▽希望条件を叶えることが出来る職場かどうか面接時に要確認

▽希望条件を全て叶えることは出来ない。優先順位をつけ譲れない点を明確に

事例③社風や雰囲気が合わない

「同世代の同僚がいない。殺伐とした職場じゃなくて和気あいあいとした職場が良い」

などなど。

社風や雰囲気が馴染まずに退職を決意する人も多いです。

企業の体質や働いている人の雰囲気は入社前に確実に理解するのは難しいです。

入社後に「居心地悪いな・・自分に合わないな」と感じ退職してしまうのです。

対策としては、事前に可能な範囲で社内を見学させてもらうこと。

車内の様子や、職場コミュニケーションがとりやすそうかどうかを短時間で見極めましょう。

面接時に面接官に「車内の様子を見せてもらえませんか?」といえば大抵応じてくれます。

また面接官は会社の顔ですから、面接官の人柄からも、企業風土や社内の雰囲気を覗い知ることが出来ます。

さらに質問もして、「報連相などのコミュニケーションはどう行っているのか?」なども有効です。

とにかく入前後のギャップを少しでも多く面接の際に潰す!という意識を持つことが重要です。

ただ、転職間もない時期に「上司や同僚とのコミュニケーションとりづらいな。人間関係悪いな」と感じても、職場に馴染めていないだけの可能性も高いです。

時間の経過とともに慣れてくることも多々あるので、違和感を感じても様子を見るようにしましょう。

業務を支障をきたすほどであれば何らかの対策が必要ですが、社内の雰囲気は、企業で違って当たり前ですので、自分の理想と完全に一致する企業を探すほうが難しいです。

ですので、ある程度の割り切りが必要なことをも覚えておきましょう。

〈具体的な対策方法まとめ〉

▽面接官の人柄から社内の雰囲気を想像する

▽社内のフロアを覗かせてもらい社員や雰囲気を確認する

事例④入社前の条件提示と違う!

「入社前は月給30万円と聞いていたのに実際は25万円しかないじゃないか!」

と給与・休日・休憩時間・退職金の有無など提示された条件と実際の条件が違うケースがあります。

更には、実力主義と聞いていたのに、入社してみると完全年功序列制の勤務評定で縁故入社のお局だけが高給取り・・

といった条件面でのトラブルが原因で、入社前の労働条件と異なるケースです。

労働契約を書面でで交わしていれば確認のしようがありますが、口頭でも契約は成立するので、「言った」「言わない」の水掛け論になることが多々あります。

会社としては労働条件を雇用契約前に明示する義務があるんですが、それを怠ることで、入社後に雇用条件が違う!というトラブルが起こってしまうんです。

給与額・手当・労働時間・休日が違う!

などの問題がハッセした場合、まず人事総務などの該当部署に相談するようにしましょう。

書面を交わしていない場合、企業側との相違が埋まらずに問題解決しないケースもあります。

その場合は、労働が即時労働契約を解除することも出来るので、無理して勤続する必要はないです。

このことは労働基準法15条2項に定められているので、詳細は労働局に相談するようにしてくださいね。

〈具体的な対策方法まとめ〉

▽内定承諾書で労働条件を書面において確認する

▽内定通知書で内容を確認し不明点は入社前に解決しておく

▽希望条件は妥協しない。明確に意思を伝え粘り強く交渉する

事例⑤事前の条件より残業時間が過多!

「残業時間は月間20時間程度と聞いていたのに実際は80時間もある!」

と入社してから業務時間の長さに愕然とするケースもあります。

残業が常態化していて残業手当すらないブラック企業もあるくらいです。

残業少ないから入社下を決意したのに、実際は毎日サービス残業続きだと、労働環境のギャップから再就職を考えちゃいますよね。

入社前の対策方法としては、面接時に働き方・行事感などを具体的に確認すること。

残業時間の多い・少ないの感覚は人事と求職者で異なるケースもあるので、確認を怠ると、入社後に後悔します。

また人事の言ったことは鵜呑みにせずに、仕事内容の質問などと絡めて色々な角度で質問するようにしてください。

「残業時間のことばかり聞くなんて勤労意欲が低い!」

と思われるリスクを感じたり、人事に直接質問しずらい雰囲気であれば口コミサイトや人材紹介者を活用するのが無難です。

〈具体的な対策方法まとめ〉

▽平均ではなく、希望職種の実際の既存社員の残業時間を確認

▽月末月初や年間を通じての繁忙期の時期変動・働き方の確認

事例⑥事前の業務内容と違う!

「事務の仕事と聞いてたのに営業の仕事になってる!」

などと事前に仕事内容と入社後に仕事に違いがあるケース。

きちんと約束しているのであれば断固抗議しましょう!

  • また業務マニュアルや引き継ぎがない
  • 体調悪い、忌引で有休すら取らせてくれない
  • 家族の介護への理解がない

仕事内容にトラブル不満が有る場合も併せて交渉が必要ですね。

〈具体的な対策方法まとめ〉

▽入社前にできれば書面・メールで業務内容の確認をする

▽断固抗議し、希望職種への異動を願い出る。改善されなければ退職も仕方なし

⇒【読み進める】「再転職を成功させる方法」をてっとり早く知りたい!

転職サイトDODAで転職

転職失敗し再就職するメリット

メリット①転職し経験を増やすことが出来る

転職回数が多いことで、経験・スキルを増やしてキャリアップに繋げるが出来ることもメリットの1つです。

確かに、「自分の好みの職場とは違うからすぐに辞める」ことは自体は転職の失敗です。

ですが、たくさん失敗を重ねてチャレンジをし続けることで、次の職場でもその経験を活かし結果を出せるようになります。

結果的に、仕事に対してやり甲斐や面白さを感じる繋がるんです。

例えば管理職として、任せられているチームがつまずいた時に、過去の職場経験でのトラブル事例に当てはめて解決に導くことも出来ます。

経験が豊富ですから、問題発見や解決までも早いでしょう。

過去の経験を元にした実力を発揮することで、仕事を通じた小さな成功体験を積めるんです。

短期離職という事実をポジティブに受け止めて、「次の職場で自分は何を追求していきたいのか?」を突き詰めて考えてください。

結果、今の仕事や会社の規模では自分の目標を達成できない不可能だと判断したなら、安定や地位・収入を手放す覚悟を決めるんです。

短期的には年収や報酬アップは望めないかもしれませんが、過去の経験がスキルアップへと繋がり、長期的には自己実現や年収アップにキャリアを作っていくことが出来ます。

あれもこれも叶えたい!ではなく、何かを手に入れるには何かを手放さなといけない。

再転職はトレードオフなんです。

ポジティブにいきましょう!!

メリット②転職の決断が自分自身を強くする

「アイツまた再転職して我慢の出来ないヤツだな~」

世間や身内から冷たい目で見られることもあるかもしれません。

ですが、短期で退職するというのは、「自分が何をやりたいのか?」の自己探求の途中なだけです。

何となくサラリーマンとしてぶら下がっている人より、周りの非常識な発言にも負けない強靭な精神で、再就職という決断を出来る方が格好いいです。

転職を繰り返すことで、自分のやりたいこと、目標が徐々に見えてくるものです。

そのことが、結果的に自分が興味のある分野で能力を発揮し転職が大成功になるケースだってあるんです。

結果を出せばあなたのことを認めてくれる人も増えてくることでしょう。

ですので、短期で再就職するという、受け身ではなく、自らの選択で生き抜くという自分の行動力を誉めてあげましょう!

メリット③不満のある職場で無理して仕事をせずに済む

不満を感じる職場で無理して働き続けると、ストレスで原因不明の耳鳴りや体の痛み、さらには精神疾患やリストカット・自殺未遂なんてことになりかねません。

酷い会社というものは世の中にたくさんあります。

実際に聞いた話ですが、転職した初出社日に担当者が出社日を失念していてPC・机など用意されていないというケースもあったそうです。

その日は人事総務部と、担当者が相談して空き席で仕事をしたそうですが、その後も配属先が未定のまま雑務ばかりをさせられ、入社前に約束した事業部へ早期に配属させてもらうように申し出をしても無視されたりとひどい扱いを受けていたようです。

結局、面接採用してくれた担当役員は、自己都合で退職して、結果的にその人自身も短期間で退職になりました。

何度も転職していたのでジョブホッパーと判断されなかなか転職先も決まらずに、気持ちに余裕が持てず辛い毎日だったと言ってましたね。

これは特殊な事例ですが、会社に原因でストレスを感じ、日曜の晩に「サザエさん症候群」になり会社に行きたくない!と感じる人も少なくありません。

早期退職でも、離職すればストレスを感じる生活から別れを告げることが出来るので、その点はメリットになりますね。

転職失敗し再転職時の面接のコツ

大前提として、転職失敗し再転職先を見つけるには苦労することが多いです。

応募先企業から、短期間で転職をくりかえるジョブホッパーは当然歓迎されません。

「すぐに辞めてしまう」と懸念されるからです。

ですので、仮に面接まで選考が進んだ場合は、必ず「再転職理由」「転職失敗した原因」「今後のキャリアプラン」はしつこく質問されます。

この質問に対して応募先企業の面接官を納得させる説明が明確に出来ないと「飽きっぽい」「我慢が効かない人物」と判断されて転職成功は難しくなります。

コツを3つ書きますので要チェックですよ!

コツ①転職理由の説明の際、前職企業の悪口を言わない

「前職は○○の点が駄目だったんです!」

などと悪口や、ネガティブな発言は控えるようにしましょう。

転職理由で悪口・ネガティブ・自分に合わない点を言っても、面接官は愚痴としか判断せずに良い印象を与えることが出来なくなります。

再転職が成功するかどうかの要因の1つとして、企業の悪口は言わない!ということが転職成功のコツになります。

コツ②前職の行動実績や結果を数値で示す

「前職では営業職として毎月目標数値を120%で達成し、優秀賞として3度表彰されました」

など、第三者も納得出来るような、実績を数字を交えながら話すようにしまましょう。

高い成果を残したことを数字で説明することで、短期退職のハンディを克服することに効果があります。

また目ぼしい成果がない場合は「自分がやりたいこと」「御社の○○の業務内容で自分のしたい仕事をしたい」などと、自己実現のために高い成長欲求を持っていることをアピールしましょう。

気持ちを伝えることが重要です。

コツ③転職失敗の責任をしっかりと反省する

短期で転職したことは紛れもない失敗です。

そのことを他人や周り責任に転嫁せずに、自分の責任としてしっかりと反省するようにしましょう。

「業界研究など不足しており、受け身の転職活動だった」

と面接の場でも反省の弁を述べ、同じ失敗を繰り返さないための改善策なども合わせて説明します。

具体的なミスの場面などをしっかりと把握しておくことも重要です。

反省することは辛い作業ですが、そのことが面接でも好印象に繋がります。

再転職を成功させるたった1つの方法

転職成功のための面接のコツなどを紹介してきましたが、短期退職者が希望の転職先を1人で見つけることは簡単なことではありません。

何度も言っていますが、1年以内の短期で退職した人は、人事担当者からの受けが悪く、書類選考さえも通らないということを繰り返すでしょう。

ではどうしたら、転職失敗した人が、再転職を成功させることが出来るのか?

それは人材紹介会社や転職エージェントを活用することです。

転職エージェントは転職のプロですから、あなたのような短期離職者を再就職させるポイントを十分理解しています。

また求人数も豊富にあるので、失敗しない転職先を選ぶコツなどもしっかりと教えてくれます。

あなた1人だけでは確実に苦労するのが目に見えている転職活動をプロの目線で、内定獲得までフォローしてくれるのです。

とはいえ、「そもそも転職エージェントって一体何?」というと疑問あると思うので具体的に説明しますね!

転職エージェントというのは、あなたの専任のコンサルタントが「あなたが活躍できる業界や職種のアドバイス」「応募書類の添削」「面接対策」などを完全無料で行ってくれるんです。

僕自身も転職の際にはDODAという業界大手の転職エージェントのサービスを利用しました。

登録した転職エージェントはDODAだけだったのですが、結果的に転職活動期間2か月にも関わらず、7社の内定を勝ち取ることが出来ました。

僕がDODAが優れているな!感じた理由は下記になります。

⇒【無料登録】「転職支援ならDODA(デューダ)」会員登録をする

転職サイトDODAで転職

DODAが転職エージェントの中でも優れている理由3つ

理由①求人の8割が非公開求人

転職エージェントも僕人身複数登録しましたが、DODAが1番良かったなと感じた理由の1つが、「圧倒的な求人数の多さ」です。

DODAの求人の8割が非公開求人で、DODAに登録した人限定で応募できる求人ばかりです。

転職といえば、リクナビネクスト・マイナビ転職などの求人サイトが一般的ですが、求人サイトには掲載されていない求人がDODAにはたくさん紹介されています。

当然求人が多くなると、僕たち求職者にとっては選択肢が増えるので、求人数に比例して内定数も増えていくことになります。

理由②大手企業なので安心して登録できる

DODAはテレビCMも放映しているパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)という大手企業が提供しているサービスです。

やはり大手企業ですので、安心して転職支援サービスにも登録できます。

転職エージェントの仕事というのは、有料職業紹介事業という厚生労働書からの許認可を得れば誰でもできますし、社長1人だけの転職エージェントの会社といのも少なくないです。

やはり小規模な転職エージェントは営業マンも少ないので、紹介してくれる求人数も圧倒的に不足。

また、個人情報の扱いに関しても大手企業ほど厳重ではないです。

その点から考えると、中小の転職エージェント会社に登録するメリットはなく、DODAのような大手企業へ登録する方が得策なんです。

理由③専任コンサルタントのアドバイスが適格すぎる

私自身何社か転職エージェントに登録しましたが、DODAの転職エージェントの専任コンサルタントの方の私へのアドバイスが適格過ぎました。

例えば、志望動機の考え方に下記のようにアドバイスしてくれます。

「現在の志望動機も悪くはないです。ですが、もっと企業に対してどういった価値を提供できるかを、ご自身の経験を交えて伝えるようにすると更に良くなります。」というアドバイスを受けました。

さらに、「ご自身が希望されている仕事は良く分かりました。ですが、企業様から評価されやす職種ですと○○の職種の方になると感じました。

××という経験は転職市場でも非常に少ない特殊なスキルなので、このスキルをアピールされると希望年収より2割はアップできると思います。」などなど。

このように自分では気づかいアドバイスを的確にもらうことが出来たんです。

「やっぱり転職のプロは違うな~」と感心したことを覚えています。

DODAへの無料の登録方法

ですので、早速DODAへ無料登録を行い、専任コンサルタントからアドバイスを受けるようしましょう!

まず、DODAの公式ホームページより登録画面に進み「氏名・年齢・住所・連絡先・直近の職歴・希望面談日」などの必須項目を入力しましょう。

面談は、DODAの全国7か所ある事務所に訪問しても良いですし、電話面談で登録を済ませても大丈夫です。

登録者の8割は電話での面談で登録を済ませる人も多いので、電話面談の希望日程などを「自由記入欄」に記載しておくと良いですよ。

登録後数時間後に、DODAの担当の方から電話で連絡が入ります。

面談日程の調整をその電話で行うということですね。面談日程を決めれば、後は面談日を待つだけです。

面談日までに必ず用意しておいた方がよいものは職務経歴書です。

職務経歴書がないと、いくら転職のプロであるDODAのコンサルタントの方でもあなたに適切なアドバイスや、求人を紹介することは出来ません。

経歴を元に、話が進みますので、当日円滑に登録が進むように、職務経歴書は用意しておきましょう。

そのあたりの必要書類の準備に関しても、DODAに登録したの電話で丁寧に説明してもらえます。

⇒【無料登録】「転職支援ならDODA(デューダ)」会員登録をする

転職サイトDODAで転職

DODAへ登録して今よりも条件の良い職場へ転職しよう!

転職は当然ですが、転職のプロに相談するのがベストです。

僕自身、DODAへ登録して応募書類の添削をしてもらってから、書類選考の通過率が約5倍にアップしました。

転職エージェントののプロの視点は、本当にすごいんだなと感心しましたね。

いかに自分で作った応募書類の内容が穴だらけだったかということですが(笑)

DODAへ登録してプロのコンサルタントにアドバイスを受けることで、確実に今以上にあなた自身を企業にアピールできます。

結果、収入面・待遇面・仕事の内容で、今以上の職場に転職できる確率もグッとアップします。

今すぐ登録して、絶対に転職を成功させましょう!!

⇒【無料登録】「転職支援ならDODA(デューダ)」会員登録をする

転職サイトDODAで転職

関連記事

楽な仕事&バイト42選!正社員で楽で稼げる仕事がないと諦めてる?サビ残・ノルマなしで年間休日120日以上の仕事があるんです!!

職場いじめで退職するしかない?泣き寝入りは禁物!職場いじめの11個の対処法を紹介。絶対に負けるな!

ストレスで仕事を辞めたいなら今すぐ転職だ!今すぐ会社を辞めるべき4つの理由

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする