ADHDで仕事辞めるな!ADHDのあなたしか出来ない適職へ転職しよう。公的支援の活用方法なども紹介!

「ADHDの自分は仕事を辞めるしかないのかな・・ミスも多いし周囲から理解されない」

「仕事のミスをどうカバーすればいいだろう。ADHDって言っても認知度が低いし、どう対処すればいいか分からない!」

などなど。

大人のADHD(注意欠陥多動性障害)で、周囲との付き合い方、仕事、日常生活に困難を感じ悩んでいる人は非常に多いと思います。

挨拶やマナーなど常識が出来ない場面もあり、対処法に困り、健常者と区別されることにも違和感を感じている人もたくさんいます。

私自身ADHDに掛かったので、その体験談として記載しますね!

  • 「ADHDとの仕事の向き合い方」
  • 「仕事でトラブルを起こさないように注意すること」
  • 「ADHDのあなたが向いている仕事・向いてない仕事」

こういったことを紹介していきますね!

⇒「ADHDの自分でも向いている仕事にようやく出会えました。毎日が楽しくて仕方ない!(38歳/男性)」

↓↓ ADHDで悩む人に人気の転職エージェントとは ↓↓

ADHDとは

まず、ADHDの基本知識から紹介していきます!

「転職のコツとか仕事の選び方を知りたい!」というアナタは下記から気になる項目をチェックしてくださいね。

気になる項目まで読み進める

①⇒「ADHDの人が向いている・適正ある仕事の見つけ方
②⇒「ADHDの人が苦手な仕事内容
③⇒「ADHDの仕事の探し方のコツ
※気になる項目をタップすると記事までジャンプします

ADHDとは、脳の機能障害の1種で、Attention Deficit Hyperactivity Disorderの略になります。

  • 注意欠陥 ⇒ 集中力不足
  • 多動性 ⇒ じっとおとなしく出来ない
  • 衝動性 ⇒ 考えなく突発的に行動する

症状としては上記で、発達障害の1つになります。

ADHDを取り巻く状況

ADHDの状況ですが、アメリカのワイルコーネル医科大学による、精神薬理学研究の調査によると、調査対象の子供(4-17歳)の約11%がADHDだったと報告しています。

また平成24年に厚生労働省によって全国の小中学校での調査によると「ADHDの可能性のある児童・生徒は全体の2.5%だった」というデータもあります。

ADHDは障害認定されて障害者手帳3級が交付される障害になりますが、ADHD患者は特定の場面においては能力を発揮できることが認められています。

気になる項目まで読み進める
⇒「障害手帳の取り方や、障害手帳取得のメリット」はココからチェック
※タップすると上記の項目までジャンプします

例えば、ケニヤのアリアール民族では狩りの能力が高い人はADHDの症状が出ており、更に健康状態も良いという調査結果が出ているんです。

さらに同民族のADHDを発症している人は、ADHDを発症していない人と比較して、「生存力・探究心・冒険心・攻撃力が高い」というデータもあるのです。

逆にADHDではないの人は狩猟能力が低いので、農業に従事している人が多いとのことです。

現代では危険を伴う狩りの行動は必要ないので、能力が活かしきれないですが、狩猟の才能が人間社会を形成したと言っても過言ではないのですね!

ADHDの具体的な症状

症状①不注意症状

ADHDの症状の1つとして不注意症状があります。

1つのことに集中しすぎてしまうので、それ以外のことに注意が向かいないため、ケアレスミスや・物忘れなどが多くなる症状です。

ミスの頻度の多さ、無くし物・忘れ物が多いので、周囲からはぼんやりした人物と思われます。

よく物を紛失するので、失くすことへの不安感を常に感じるんです。

またスケジュール管理にも注意が向かないので、仕事も思い通りうまく行きません。

学生時代は成績もよく問題行動がないケースも多く、社会に出てから人間関係・仕事上でトラブルが突然発生します。

そのため不安やストレスを日々感じ不安定な精神状態になった結果自殺を考えてしまう人も多いのです。

と誤解してしまい、ADHDと診察された後にショックを受けることが多いですね。

最低限の社会性は持っている人が多いですが、原因は脳の短期記憶:ワーキングメモリーが過小していることなのです。

症状②多動性症状

多動性症状は、身体・思考が常に多動していて落ち着けない症状です。常に忙しく動き回ってしまいます。

一つのことに注意関心を向け続けることが出来ず、うっかり忘れをしたり、気をそらしてしまうことが多いです。

考えたくないことも、考え続けてしまうことがあるので、精神状態も安定しづらいですね。

症状③衝動性症状

衝動性症状は自分の思考や行動を整理制御出来ずに、突発的に思いつきで行動してしまう症状です。

周囲への配慮や、前後関係の流れなど一切無視して、段取りを無視したり順番を待てなかったりする行動を取ってしまいます。

人の話を最後まで聞くことが出来ず、他人の話を遮り自分の話したいことだけを話してしまうこともあります。

衝動買いが多いのも特徴ですね。

また気分のムラや感情の波が激しいので、孤立感・孤独感を感じ、自己不全感を抱きやすい傾向にあります。

結果セルフイメージが非常に低下し、自分自身を愛せない劣等感を感じてしまう悪循環に繋がります。

ADHDの人が苦手な仕事内容」の項目でも書いていますが、ADHDの人は得意な仕事・苦手な仕事の差が激しいのは上記のような症状のためなんです。

※タップすると「苦手な仕事内容の特徴」の項目までジャンプします

また下記の動画では、ADHDの人の症状をドラマ仕立てで紹介しています。

「もっとADHDの具体的な症状が知りたい!」というアナタはチェックしてみて下さいね。

⇒「ADHDの自分には希望の仕事に転職できない!と諦めてました。でも転職エージェントのおかげでADHDでも受けて入れてくれる会社と出会えたんです(30歳/女性)」

↓↓ ADHDで悩む人に人気の転職エージェントとは ↓↓

ADHDの病院での診察

ADHDが疑われる場合は、心療内科か精神科で受診するのが一般的です。

ただ、大人の発達障害であるADHDを診断出来る専門医は国内では少なく、新型鬱病」「双極性障害」「不安障害」「依存症」「パーソナリティー障害」と診断されることもあります。

米国の精神医学界の「DSM」では、ADHDとアスペルガーの合併かどうかの診断が可能になったと発表されました。

というのも、ADHDでは、PDD(広汎性発達障害)アスペルガー症候群が合併している混合型も多く見受けられるからです。

このようにADHDの診断は難しいのが実情です。

ちなみに現在のADHDの患者の傾向としては下記のことが分かっています。

ADHDの患者の特徴

▽成人の20-50代の幅広い年齢層の患者がいる

▽ADHD患者は「うつ」「アルコール依存症」「買い物依存症」「ギャンブル依存症」を併発しているケースも多いと言われている

▽ADHD患者数は男女差はほとんどなし

▽大人のADHD患者は多動性の特性は見受けられない、ADDと診断されるケースが多い

うつ病から仕事復帰する方法10個。辞めたい・続かない・行きたくないなら転職しよう!鬱で休むのが不安になる原因も紹介!
「会社に行かないといけないのに、うつ病で仕事が出来ないかも・・」 と、悩む人は多いです。特に最近は。 原因としては、仕事上のストレス...

ADHDの診断方法

主に2つの方法で検査を行います。

①症状チェックリスト(自己記入式)⇒ 名称:ASRS

②心理・知能・IQ検査 ⇒ WAIS-3(ウェイススリー)

非言語検査で、脳がどのように働いているかを確認する検査です。

ワーキングメモリーや処理速度を確認し、ワーキングメモリーの数値が低い場合は、前頭葉の働きが鈍いと判断出来ます。

ADHDは五感から外部刺激が優先されてしまい、その刺激に注意が向きすぎるため刺激を遮断できずに、色々な環境下での反応の遅れ、集中力の欠如といった問題が発生してしまうんです。

幼少期の頃に、メンタルクリニックなどを受信しても、新しい障害名で認知が進んでおらず、発症を見逃すケースも非常に多いです。

そして大人になって「自分は周りと違う」と気付き苦しむ人が最近急増しているんですね。

  • 人の話をじっくり聞くことが出来ない
  • 集中力が継続させることが出来ない
  • ストレス耐性が著しく乏しい

このような不調を感じ、仕事生活面で支障が出るようで、あれば医療機関で主治医を見つけて診察を相談してもらうことを強くオススメします。

IT系の情報システムの仕事をへの転職や、上司に相談して解決されたという例もあります。

ですが、放置したまま不向きな仕事にずっと継続すると頭がフリーズし、仕事にならないストレスを抱えて日々を過ごさないといけない危険性もあるんです。

⇒「ADHDのことにも理解のある上司の元でマイペースに仕事を出来ています(35歳/男性)」

↓↓ ADHDで悩む人に人気の転職エージェントとは ↓↓

ADHDの投薬での治療方法

日本国内においては2種類の投薬が認可されています。

コンサータと、ストラテラという薬名で、児童精神科や精神科において処方してもらえます。

効果としては、注意力・集中力を高めて、多動・衝動性を抑制することが期待されます。

朝晩2回復用し、数週間で効果が期待出来ます。副作用も少ないとされている投薬になります。

私のADHDの治療後の症状の経過

経過①自分を客観視出来るようになる

治療することでADHDの病気を理解や症状などの状況を理解し、認識できるようになります。

認知機能が改善されてくるので、自分の行動を振り返ることで、未来将来に希望を持つことへも繋がります。

見通しも立てやすくなるので、安心感を持て、気持ちが安定保持され動揺することが少なくなります。

気持ちかるくなることで心にも余裕が持てるようになり、整理整頓や1日のリズムを一定に保つことも出来るようなってきますね。

経過②コミュニケーション能力が向上してくる

今まで相手の話を全く聞くことが出来なったのが、診察を受けてから会話の時に間をおいて返答することが出来るようになりました。

早口でまくし立てるような事も減り、周りの友人や知人からの提案やアドバイスにも真摯に耳を傾けることが出来るように変化していきます。

「自分を理解して貰う前に、相手のことを理解しよう!」

という意識が芽生えたことで、コミュニケーション能力が向上したような気がしています。

私がADHDで仕事の時に困った点

①集中過多で注意への気配り・注意が散漫になる

以前管理職として働いていた時も自分仕事に集中しすぎていて集中過多(過集中)の状態。

部下から話かけられても全く耳に入ってことないこともありました。

仕事をとにかくこなすことだけで頭が一杯で、達成感を感じるよりも、忘れ物・抜け漏れ・予定やスケジュール確認を常に行っていないと不安で不安で仕方ない状況が続きました。

自宅でも全く落ち着きなかったです。

私はそうでもないのですが、知能検査や指数が高い人で勉強は出来るのに仕事が出来ない人はADHDの疑いがあるみたいですね。

あと、アルコール依存や仕事中毒の人も、同様のようです。

②周囲とのコミュニケーションが困難

とにかく会話などのコミュニケーションが上手く行かずに苦労しました。

上司や同僚・部下との会話でも、自分が話すばかりの一方通行になりがちで、会話のテンポが早すぎる傾向がありました。

人の話を聞けないし覚えていないことも多いので、よく仕事のミスにも繋がりましたね。

また相手の話の内容が引っかかると、夜も眠れないほど考え込んでしまうこともあったんです。

③職場環境や人間関係に馴染めずに周囲から孤立してしまう

比較的に仕事の成績は優秀だったのですが、周りと協調することが出来ないので、そのことが原因で、絶えず不安・ストレスを感じていました。

当然コミュニケーションが取りづらい人は、孤立しますもんね。

次第に出社しなくなり、引きこもってしまうこともありました。

仕事中毒になって、環境に馴染めなくて、出社せずに、転職ということを繰り返していた時期もありましたね。

ストレスで仕事を辞めたいなら今すぐ転職だ!今すぐ会社を辞めるべき4つの理由
「毎日朝起きたくない・・職場に行くのが辛い・・もう辞めたい・・」 「職場の人間関係がストレスで、原因不明に体調不良。今の仕事辞めても大...
ADHDで悩む人
仕事が出来ない…どうしよう…

と悩む人は単純に仕事の選び方を間違ってしまっただけ。

ADHDの人が向いている・適正ある仕事の見つけ方」の項目を参考にADHDのアナタが活躍でき仕事を見つけるべきですよ!

※タップすると「ADHDの人に適正ある仕事の見つけ方」の項目までジャンプします

また下記動画はADHD患者の再現ドラマになりますが、実際の患者さんからインタビューなども行っているので相当リアルです。

⇒「コミュニケーションは必要最低限。ADHDだけど自分の仕事にだけ集中出来る環境をようやく見つけました(27歳/女性)」

↓↓ ADHDで悩む人に人気の転職エージェントとは ↓↓

ADHDでも成功している有名人や偉人たち

ADHD持ちでも、社会的に成功している有名人や偉人はたくさんいるんです!

  • トーマス・エジソン(発明家)
  • ケネディ大統領(政治家)
  • マイケルフェルプス(水泳金メダリスト)
  • 栗原類(モデル・タレント)

特定の分野においては圧倒的な成果を出せる特性もあるということですね

ADHDの人が向いている・適性のある仕事とは?

ADHD持ちの人は、どんな仕事でも活躍出来るわけではなく、向き不向きが顕著に出やすいです!

社会人になり、何となく就職率の良さそうな民間企業で勤めるのではなく、欠点をネガティブに考えるのではなく、ポジティブに「積極性がある」「柔軟性がある」と考えるようにしましょう!

ADHDの自覚なく就職して働くと、症状を受け止めきれなくなってしまいます。

向いている仕事の3つ特徴を書いておきますね!

仕事①自分の関心・興味の発信が出来る仕事

自分の関心興味のある分野で情熱を注げる仕事がいいですね。

ADHDの特性を活かすことで転職につくことも十分可能です。

仕事②モノや作品制作に関われる仕事

ADHDの人は芸術作品などのモノや作品制作に携われるような仕事も、大きな成果が出せる可能性が高いですね!

豊富なアイデアを活かす・閃きや独特の感性を生かせる・固定観念に縛られない自由な発想が出来る。こういった要因がものづくりで活躍できる要因になります。

また周りの人が良い部分を伸ばしてくれるような環境を整備してくれるとさらに、大きな結果として返ってきます。

ADHDの人はワクワクすること・リスクが大きことに対しても興味ある分野に関して行動力が止まりませんので、熱中して取り組むことが出来るんです。

仕事③専門分野に集中し、特化出来るような仕事

ADHD患者は専門分野だけに特化出来る仕事内容でも活躍できる可能性が高くなります。

状況変化は苦手ですが、短期集中型で、突発的な思いつきで瞬発呂姫を発揮できる行動力もあるので、苦労も気になりません。

独自な発想や幅広い視点で、どんどん仕事をすすめることが出来るんです。

 

ADHDのアナタが転職成功させるための2つのコツ

ADHDで悩む人
もっと具体的な転職方法を知りたい!

というアナタは下記の転職のコツを参考にしてくださいね!

コツ①ADHDの長所を活かして適職に転職しよう!

ADHDのアナタが活躍できる仕事、活躍出来ない仕事がハッキリと分かれますよね?

ですので下記のADHDの長所・短所をしっかりと把握して、ADHDが活躍できる適職を探しましょう!

◆ADHDの長所や特徴

・好奇心旺盛
・チャレンジ精神が強い
・感覚に機敏に細かなことに気づく
・興味関心がある事柄に人並み以上の集中力を発揮
享楽的・楽観的。心配・不安を感じにくい
・思想がクリエイティブ
・自由主義者で拘束を嫌う
・薄く広い人間関係を嫌い、濃く狭い人間関係を好む
・別け隔てなく公平な評価・関係を好む
・アイデアマン

◆ADHDの短所

マルチタスク(複数のことを並行する)
・楽しくない・興味ない仕事は集中力続かない
・納得しないと集中できない
・脳を切り替え出来ない。1つの作業に没頭しすぎる

「あれ何で自分だけ仕事でミスを連続でしちゃうんだろ…もしかしてADHD?」

と社会人になってから初めてADHDだと気づく人も多いはず。

でもアナタが職種に適応できなかったんじゃなくて、アナタの個性と仕事内容が合わなかっただけ。

苦手意識が強い仕事は辞めてしまってOK!

転職を繰り返すジョブホッパーにならないためにも、ADHDの長所を活かした転職先を見つけるべきなんですよ。

コツ②ADHDの人が向いている職業36個から選ぶ

ADHDで悩む人
ADHDの長所は分かったけど具体的にどんな職業を選べばいいか分からない!

というアナタは、以下の36の職業の中から選ぶと良いですよ。

ADHDの長所を活かせる職業だけを厳選しました!

◆デザイナー系の職種

  • webデザイナー
  • CGアニメーター
  • クリエイター
  • イラストレーター
  • インテリアデザイナー
  • ファッションデザイナー

◆システムエンジニア系の職種

  • プログラマー
  • システムエンジニア(SE)
  • webエンジニア
  • ゲームプログラマー

◆マスコミ・メディア系の職種

  • カメラマン
  • ライター
  • 編集者
  • テレビのディレクター・プロデューサー

◆アーティスト系の職種

  • 漫画家
  • 作家
  • 俳優
  • 声優
  • 建築家
  • 書道家
  • 宗教家
  • 画家
  • ミュージシャン
  • メイクアップアーティスト23

◆趣味・特技に特化した職種

  • 研究者
  • 大学教授
  • フルコミッションの営業職
  • 自動車整備士
  • 機械エンジニア
  • eスポーツ(プロゲーマー)
  • 警察官
  • 消防士
  • スポーツインストラクター
  • プロスポーツ選手
  • 調理師
  • 専門の営業職.

ADHDの人が得意ではない・苦手な仕事内容

苦手①単調な仕事

ADHDの人は単調・単純・簡単・仕事や作業の反復は苦手です。刺激が少ないと他のことに注意散漫になり、ミスが多くなります。

才能が活かせるクリエィティブな仕事に転職するのが良いでしょう。

例えば農業などの仕事には興味が示せずにやる気を出せず成果も出づらくなります。

苦手②継続・持続的な集中力を必要とする仕事

長時間の勤務や労働、常に集中しないといけないような仕事は不向きです。

他のことや考えが巡ってくるので、集中力を持続させることが出来ません。

結果ケアレスミスが多くなります。

「ミスしないように注意しなきゃ!(汗)」

と意識しすぎると、また別のミスをする悪循環に陥るのです。。

苦手③優先順位をつける&様々な方面に注意を払う必要がある仕事

ADHDの人は複数の仕事を同時並行させるマルチタスクなどは苦手です。

別の仕事の依頼が入ると、別の仕事に注意が向いてしまい今までの仕事を忘れてしまうから。

優先順位がつけられずに中途半端になることも多くなるんです。。

他の仕事に興味が移ってしまことが原因。

また複数の関係部署を同時に動かすような調整ごとも成果を出しづらいですね。

一点集中型の仕事に切り替えるようにしましょう!

苦手④制約条件が厳しい仕事

納期・禁止要件・段取りや順序・期日など様々な制約条件があると、能力を発揮出来ません。

上司の監視下のもと仕事なんて最悪です(汗)

ADHDのクリエイティブさが活かせませんからね…。

自由な発想で、任せてもらえるような仕事を任せてもらうようにしましょう。

苦手⑤スケジュール・締切など時間管理が必要な仕事

ADHDの人は、自分の興味のある仕事があれば興味のあることだけに没頭してしまいます。

なので締切から逆算して仕事を薦めるのが苦手。

納期に遅れたり、営業の場合は予め決まっていたアポなどの待ち合わせ時間に遅刻してしまうのです。。

苦手⑥状況に応じた臨機応変さが求められる仕事

上司
状況判断しろよ!分かるだろ!?

と上司から怒られても、ADHDの人は状況判断が出来ません。

決められたパターンの仕事はこなすの得意ですが、咄嗟の対応はしづらいですね。

ADHDの原因は脳の機能障害。

ですから得意なこと・不得意なことがあるのは仕方ありませんよね!

確かに、治療や訓練をすれば改善されて、苦手なことも多少は減るかもしれません。

でも、苦手なことを克服するよりADHDの人が活躍出来る転職先を見つけるほうが近道。

下記で紹介するような不向きな仕事は絶対に選ばないようにしましょう!

ADHDに不向き&適性のない職業23選!

ADHDで悩む人
でもどんな仕事が不向きなのかわからないよ!

という人もいると思うので、ADHDのアナタが避けるべき職種を具体的に紹介しますね!

転職先として間違って選んでしまっから「やっぱり自分には駄目だ…」と転職を繰り返すのは辛いことですからね。。

◆マルチタスクが求められる職種

  • 接客業
  • 経理
  • 事務
  • 金融
  • 保育士
  • 受付
  • 総務・人事
  • パイロット
  • 旅行代理店
  • 通悪
  • コールセンター
  • 記者
  • トラックなど運輸ドライバー
  • タクシーなど交通のドライバー

◆仕事のミスを許してくれない職種

  • 医師
  • 看護師
  • 弁護士
  • 秘書
  • 校正
  • 教師・塾講師

◆仕事内容が単調な職種

  • 工場での検品・仕分け・検査などの単純作業
  • 検品
  • ピッキング

苦手な仕事を我慢し続けるとうつ病などの二次障害の危険性も

ADHDで悩む人
仕事が辛いけどADHDの私が悪いし仕方ないよね…

と無理して我慢し続けるのは禁物!

自己肯定感がドンドン低くなり、睡眠障害やうつ病などの精神障害を抱えることになりかねません!

我慢し続けた結果、ADHDを原因とした二次障害になってしまう可能性もあるんです。

睡眠障害で仕事辞める必要なし!眠気で仕事が出来なくても大丈夫な理由3つ!活躍できる転職先も紹介
「疲れてるのに今日も一睡も出来ずに仕事か・・」 「睡眠不足で全然仕事に集中出来ない!」 「夜寝れなくて体が限界・・もう会社辞めるしか...

「自分は仕事が出来ない人間だ」

「やる気が出ないし会社に行くのが辛い」

このように考え始めるようになれば注意が必要。

ADHDの人は不得意のことが多いので普通の人のように仕事をこなうのは相当な努力が必要。

絶対に無理はいけませんよ!

無理しないためにも「ADHDの人が向いている・適正ある仕事の見つけ方」の項目で紹介している仕事を選ぶべきなんですよ。

※タップすると記事までジャンプします

ADHDで悩む人
ADHDの自分でも向いてる仕事をもっと知りたい!

というアナタは下記の動画も併せてチェックしてみて下さい。さらに動画で更に詳しく紹介されていますよ。

ADHDになった場合の会社への報告や相談方法

ADHDで悩む人
ADHDなった場合に会社にはどう相談すればいいの?デリケートな問題で偏見持たれても嫌だし

と感じる人は多いと思います。実際に私も同じように感じていました。

ですので、周囲や会社などに一切報告しないという選択をする人もいるようです。

でも私の場合、会社や上司に相談しておいたほうが、理解が得られて、出来ない仕事に対してサポートやフォローを受けやすくなると感じたので業務相談含めて報告することにしました。

ADHDが原因で会社としても離職率の低下のために相談してほしいと感じるはずですからね。

一部理解が乏しい同僚もいましたが、自分自身の職場環境を快適にするためにも、具体的にどういったフォローが必要なのかを相談することは大事なことだと思います!

ADHDを会社や上司に相談する手順

いきなり、全社員や部署全員にADHDであることを相談するのは止めておいたほうがいいです!

まずは信頼できる同僚や上司だけに相談してして、反応を伺うべき。

問題なさそうであれば、事前にどの範囲の役職者などまで相談するか決めておいて徐々に公開していくのが無難だと思います。

相談・報告すべきADHDに関する事項

上司や同僚にADHDであることを相談する時に、予めどういった点を伝えればいいか悩みますよね。

私の経験からいうと、「具体的にどういった業務が苦手で、どういった業務が得意なのか具体的に説明する」ことです。

具体的に得手・不得手を説明しておかないと、上司としても、具体的にフォローが必要なのか?などがわかりません。

他にも下記のような事項を伝えるべきです。

ADHDの人が周囲に伝えるべきこと

  • 人間関係の構築が苦手で言ったことを理解していないことがある
  • 指示された内容を工夫せず、言われたまま受け取る傾向がある
  • 明確で具体的な指示がないと行動に移せない
  • 集中し始めると周囲に気が回らなくなる
  • タスクやスケジュール管理が苦手

ADHDの特性への理解を求め把握してもらうことで、依頼事もしやすくなります。

上司からの注意・指示・解決策の定時などもより具体的になることでしょう。

さらに具体的な今後の目標なども共有するとさらに良いです。

業務の進め方や段取りを予め決めておき共有する

ADHDは先程も書いたように、仕事を同時進行させることは苦手で、中途半端な結果になりがちです。

ですので、業務は1つずつ与えてもらうようにして、確実に1つずつ終了させるような段取りを組んでもらうように、上司に了承をもらうことです。

  • やるべきリスト(to doリスト)を作成し目につく場所に貼る
  • 仕事をパターン化させる
  • 優先順位が不明な仕事は、上司に相談させてもらう環境を作る

などなど。自分自身でも工夫しましょう。

紛失のリスク・片付けが苦手なことを理解してもらう

ADHDの人は、片付けが苦手だったり、すぐにモノをなくしてしまうことがあります。

ですので、上司には重要なものを預けないようにしてもらったり、デスク周辺が極端に散らかっていても叱責しないようにしてほしいことを伝えておきましょう。

また自分自身でも、下記の工夫が必要です。

  • 「片付けの場所をきめておく」
  • 「保管場所の表を作って忘れないようにする」
  • 「毎週月曜日は掃除!と定期的に整理する日を決める」
  • 「書類メモはデータ化して紛失しないようにする」

その他のADHDの対策

■1人暮らしはなるべく避けるようにする

片付けが出来ない・物を紛失しやすい特性から1人暮らしをすると生活が滅茶苦茶になる可能性があるのでADHDに理解のある親元で生活するようにしましょう。

■現状分析を意識

ADHDの尋は、自分を客観視したり俯瞰的に見ることが出来ません。視野が狭くなりがちなので、不安感を感じやすくなります。

意識的に現状分析をするように意識しましょう。

■復唱や確認を行う

物をなくさない・スケジュールを忘れないようにするために、事あるごとに復唱や確認作業を行うようにしましょう。

ですがADHDなどの発達障害も個性なので、ネガティブにならずに、ポジティブに受け入れることが1番重要ですよ!

⇒「転職エージェントに相談したら、他にもADHDの人が何人か働いている企業を紹介してもらえたんです。ADHDのことを会社も理解してくれているので居心地が良いですね♪(24歳/男性)」

↓↓ ADHDで悩む人に人気の転職エージェントとは ↓↓

.

ADHDの仕事の探し方5選

ADHDで悩む人
ADHDになってしまったら仕事探しに苦労して最悪無職になるのでは?

と心配するかもしれません。診断名がある疾病を持っているとどうしても不安になりますよね。

ですが心配ありません!公的支援なども活用した仕事の探し方も紹介しておきます!

探し方①ハローワークで活用するべき4つの制度

ADHDで悩む人
ADHDの自分に適した求人がハローワークにあるの? 

と思うかもしれませんが、ADHDの人こそはハローワークで相談するべきです!

1:ハローワークの障害者雇用相談窓口

ハローワークには障害者雇用の相談窓口があり、ADHDを疾病した状態での就職活動に不安を感じている人に適職を紹介し、求人応募へのサポートしてくれるんです。

2:障害者合同就職面接会

またADHDなどの障害者を対象とした「障害者合同就職面接会」の開催情報などを親切に教えてくれます。

3:若年者コミュニケーション能力要支援者就職プログラム

さらにハローワークの制度として「若年者コミュニケーション能力要支援者就職プログラム」ものがあり34歳以下の若年者向けに、就職支援ナビゲーターが面接対策や同行、職場見学など具体的にサポートしてくる制度があります。

発達障害者はコミュニケーションが困難になりますので、「発達障害者支援センター」や専門の医師などと連携相談をすることで援助を受けることも出来ます。

4:ジョブコーチ

他にも、全国の都道府県の政令都市から認可を受けた民間の「ジョブコーチ」という制度もあります。

地域障害者職業センター内にあり、手帳取得なしでも支援を受けることが可能です。就業後の業務に関する相談も気軽にすることが出来るんですね。

探し方②企業側も障害者を雇用するとメリットがある

ちなみに企業側もADHDなどの発達障害を含めた障害者を雇用するとメリットがあるんです。

発達障害者雇用開発助成金」という制度があり、就職活動をしている発達障害者を雇用すると事業主が助成金を受け取ることが出来ます。

背景として「障害者総合支援法」障害者の就労移行支援を後押しする法律が施行されたのも大きいです。

いきなり正規雇用はリスクがあると感じる事業者に対しては、「障害者トライアル雇用奨励金」お試し雇用することも出来るんです。

就労移行支援事業所」などもあり、ADHDなどの発達障害を持つ人でも仕事を見つけやすい状況になっています。

探し方③障害者雇用促進法の活用

ADHDなどの障害者の雇用を後押しする法律として「障害者雇用促進法」があります。

障害者雇用促進法は企業の従業員の2%は障害者を雇用することを義務付けるもので、2%以下になる場合は納付金を義務付けている法律です。

ですので、ADHDと診断された場合は、精神障害者保健福祉手帳を取得するべきです。

療育手帳を所持していれば、事業者が障害者雇用率の2%ルールを守るためにカウント対象である障害者を積極的に採用しようとします。

障害者雇用枠で就職できるよう活動すればOKということです。

ADHDで悩む人
なかなか希望の求人に受からない!

と悩む人に対しては、「障害者職場適応訓練」という職業訓練も受講可能なので積極的に活用していきましょう。

ただ、希望職種が必ずしも、企業の障害者雇用枠で募集しているとも限らないので、仕事内容・賃金・待遇などの条件が合わない場合は無理して障害者雇用制度を活用する必要はありません。

うまくいかない場合は上記の公的支援機関と連携したり相談するようにしましょう

◆精神障害者保険福祉手帳の申請方法

障害者保険福祉手帳

ADHDで悩む人
障害者枠で採用されたい!

と思っても、まずはADHDであるという診断を受けて、精神障害者保健福祉手帳の申請・取得が必要です。

精神障害者保健福祉手帳とは、精神疾患(ADHD・発達障害・てんかん)が原因で社会生活・日常生活に著しい制限がある人に発行される証明書のこと。

精神障害者保健福祉手帳を取得するのは、市役所などの障害福祉担当課で申請出来ますね。

交付が認められれば2年ごとに更新が必要となります。

「自分はADHDの診断を受けたからすぐに障害者手帳貰えるのか!」

と思うかもですが、ADHDの診断を受けて6ヶ月以上経過した後に申請が出来る仕組み。

悪用を防ぐために診断されて6ヶ月未満だと申請できないルールとなっているんです。

また、精神障害者保健福祉手帳が取得できれば下記のようなメリットもありますよ!

精神障害者保健福祉手帳のメリット

  1. 障害者枠での雇用
  2. 税金の軽減
  3. NHK・タクシー・公共交通機関の割引
  4. 携帯電話の利用料金の割引

探し方④障害者枠に特化した転職支援サービスの活用

ADHDで悩む人
ADHDに理解ある人に転職相談したいな!

当然ADHDに理解ある人に相談するほうがスムーズに転職できそうですよね!

実は障害者枠の転職支援に特化した下記のような会社もあるんです。

◆障害者枠特化の転職支援サービスのデメリットは求人の少なさ

ADHDで悩む人
障害者枠特化の転職支援サービスに登録しよう!

と思うかもですが、ちょっと待った!

確かに上記で紹介した障害者枠の転職支援サービスはあなたの障害への理解もあり相談しやすい環境です。

ですが、障害者枠特化の転職支援サービスはとにかく求人数が少ない!

例えば、ラルゴ高田馬場の非公開求人数は約600件しかありません。

ですが、下記で紹介しているような一般の転職エージェントであれば10万件近い非公開求人があるんです。

「でも障害者枠の求人なんてあるの?」

と不安に思うかもしれませんね。もちろんありますよ(笑)

先程も紹介したように一定規模の企業であれば障害者雇用率を2%にする義務がありますよね。

なので多くの企業では障害者雇用枠を設けているんです。

だったら、求人数の多い一般の転職エージェントに登録してたくさんの求人からアナタに合う仕事を選ぶべきなんですよ。

探し方⑤就業後にイジメやトラブルが発生した場合は?

ADHDなどの発達障害が原因で、職場イジメや虐待などの被害にあった場合は、各自治体が運営している「障害者虐待防止センター」などの専門機関が各市町村にありますので、相談して、支援や指導を仰ぐようにしましょう。

相談したからといって、強制的に、職場や家族から隔離されるような心配はありません。

ADHDを抱えた状態で、トラブルある職場で我慢する必要はなく、あなたの得意分野や強みを活かせる適職を探すべきですね。

⇒「ADHDの私でも活躍できる職場に転職。転職してから仕事のトラブルが激減!毎日熟睡出来るようになって嬉しいです(30歳/女性)」

↓↓ ADHDで悩む人に人気の転職エージェントとは ↓↓

ADHDのアナタが活躍できる職場を見つけるたった1つの方法

とはいえ

転職したい人
もっと具体的に自分でも希望求人に就職出来る方法を教えてくれよ!

と感じますよね(笑)

ハローワークなどの公的機関も積極的に活用してほしいのですが、ハローワークにも唯一デメリットがあります。

それは、求人数が圧倒的に少ないことです。

残念ながら、企業が人材を募集する際にハローワークを積極的に使って募集はしてないんですよ。

なのでハローワークには求人数が少ないので、アナタの希望する職種の仕事がない可能性があります。

転職したい人
じゃあどうやって希望の仕事を見つけるんだよ?!無理だよ!

と半ば諦めがちな人も多いはず。

どうしたら希望の企業や職種に転職が出来るのか?

それは転職エージェントに登録することです。

あなた1人で今の仕事をしながら、下記ような転職活動の準備が出来ますか?

  • 楽な仕事の求人探し
  • ブラック企業ではないのかのチェック
  • 履歴書・職務経歴書の内容のチェックや添削
  • 面接対策
  • 企業研究・業界研究
  • 志望動機を考える
  • 内定後の給与などの条件交渉

恐らく時間のない状態で1人で全て完璧にこなすのは不可能に近いです。

ですが転職エージェントに登録すれば無料で全てサポートしてくれるんです。

転職したい人
なぜ無料なの? 

と思うかもですが、転職決定時に企業から紹介手数料を貰うので、転職希望のあなたは完全無料。

なので、転職活動する上で転職エージェントを使わない理由がないんです。

「でも転職エージェントはどこを使えばいいか分からない!」

という人もいるでしょう。

基本的には転職エージェントは最低3社は登録するべき。

  1. DODA
  2. ビズリーチ
  3. リクルートエージェント

転職をエージェントを上手に選ぶコツはココにも書いているのでチェックしてみてください。

転職エージェントの選び方!22社を徹底比較!面談のコツ&評判の良い転職エージェントだけを紹介!
「転職エージェントって何社もあるけど、どうやって選べばいいんだろう?」 と悩む人はホント多いです。 僕自身、転職エージェント業界で働...
 
 
 

DODAが転職エージェントの中でも優れている理由5つ

転職したい人
どうしてDODAが1番オススメなの?

と思うかもしれませんね。

転職エージェントとして厚生労働省に許可されているのは全国で22,223社も存在します。

「転職エージェントなんてどこも一緒でしょ!」

このように適当に選んでしまうと、とんでもなく質の低いサービスを受ける恐れもあるんです…。

転職活動を効率的に、確実に進めたいなら最低限DODAのような質の高い転職エージェントサービスは利用するべき。

理由を5つ紹介していきますね!

理由①転職者満足度No.1の質の高いサポート

DODAは転職エージェント(人材紹介)利用者でのポジティブな口コミ件数で、「満足度1位」を獲得しています。

「よくある作られたアンケート結果でしょ?(笑)」

と思うかもしれませんねw

でも、実際私も10社以上の転職エージェントを使ってみた感想としてもDODAの専任アドバイザーが1番質が高く満足出来るものでしたよ。

私の場合はIT業界での転職を希望していたんです。

DODAの場合は過去にIT業界で勤務経験のある専任アドバイザーがついてくれたので、凄く話がしやすかったんですね。

上記は実際私を担当してくださったキャリアアドバイザーさんから頂いた名刺です。

「関西ITグループ」と記載されていますが、DODAでは領域ごとに特化したキャリアアドバイザーさんがいるんですよ。

でも他の転職エージェントでは、希望する業界の未経験者が担当するケースも多かったんです…。

業界への理解が乏しいので当然紹介される求人もピントを外したものばかりでしたからね…。

また、DODAの転職者の満足度が高いその他の理由として、転職した後も「キャリアライフサポート」という仕組みがあるから。

これも他転職エージェントと異なる点ですね。

DODAのキャリアライフサポートのチラシ

普通の転職エージェントであれば、サポートは転職して入社するまで。入社後のサポートはありません。

ですが、DODAに関しては入社後の電話やメールでのアフターフォローが転職後2年間無料でついてきます。

「今後のキャリアをどうしたらいいか困っている」

などの相談も気軽に出来る仕組みです。

質の低い転職エージェントであれば転職先企業を紹介しっぱなし。転職後の転職者のキャリアやサポートには無関心なんてこともよくあります。

ですが、DODAでは転職後のサポートもあるので、適当な企業を紹介出来ませんよね。後々のトラブルになりかねないですから。

なので責任を持って、私たち転職希望者にピッタリの求人を紹介してくれるわけです♪

⇒「転職エージェントに複数登録しましたがサポートが1番親身で丁寧だったのはDODAでしたね!DODAからの紹介求人で転職先を決めました♪(30代/女性)」

↓↓ ADHDで悩む人に人気の転職エージェントとは ↓↓

理由②LINでも相談出来る!?親身なサポートで安心して相談出来る!

DODAのキャリアアドバイザーとLINEで相談できるチラシ

上記は私がDODA登録時に貰ったチラシの1枚になります。

DODAでは業界に先駆けて、LINEを使って専任のキャリアアドバイザーに相談出来るんです。

※注:もちろんキャリアアドバイザーさんの個人LINEじゃないですよ(笑)

メールですと、「質問したいな!」と思ったときも面倒だから後回しになってしまいかねません。

でもLINEなら職場でも、家でリラックス中でも気軽に質問出来ます。

いかにDODA側が転職者に親身にサポートしようとしてるか?親身な姿勢が伝わってくるサービスと言えますね。

理由③求人件数125,089件で業界最多!

DODAの求人件数125,089件のマイページ

転職エージェントは私自身、複数登録しました。

DODAを使ってみて良かったなと感じた理由の1つが、「圧倒的な求人数の多さ」ですね。

主要エージェント求人数比較
DODA:12.5万件
■ビズリーチ:9.2万件
■リクルートエージェント:10万件

DODAの求人件数に関しては、実際に私のDODAのマイページ上の画像を掲載しています。

「125,089件」と書かれているのが分かりますよね?

リクルートエージェントやビズリーチなどの大手転職エージェントを抑えて圧倒的な求人数になっているんです。

非公開求人が8-9割!登録者限定の求人が9.6万件もある!

DODAの非公開求人のデータ

さらにDODAではの求人の8-9割が非公開求人。

つまり登録者限定で応募できる求人約9.6万件以上もあるんです。

転職といえば、リクナビネクスト・マイナビ転職などの求人サイトが一般的。

ですが、求人サイトには掲載されていない独占求人がDODAには数多く紹介されています。

転職サイトリクナビNEXT(転職サイト)と、DODA(転職エージェント)の求人数を比較してみました。

リクナビNEXTの求人数【東京全体】

リクナビNEXTの東京での求人件数

DODAの求人数【東京全体】

DODAの東京での求人件数20,240件

  • リクナビNEXT求人数⇒5,894件
  • リクルートエージェントの求人数⇒20,240件

約3.5倍DODAの方が求人数が多いです。

当然求人が多くなると、私たち求職者にとっては選択肢が増えるので、求人数に比例して内定数も増えていくことになりますからね!

⇒「転職エージェントに登録したのは転職サイトに掲載されてない非公開求人目的です。非公開求人が多いほどよい転職先が見つかる可能性も上がりますからね(30代/男性)」

↓↓ ADHDで悩む人に人気の転職エージェントとは ↓↓

理由④転職希望者向けの各種セミナーが充実している!

DODAの面接力アップセミナー

「書類選考は通ったけど面接が自信ないな・・コツだけ教えて欲しい!」

と、面接が苦手という人向けにDODA登録者限定で「面接力アップセミナー」などの各種セミナーが無料で開催されているんです。

上記は一例として東京のセミナーの紹介ですが、全国8拠点で定期的に開催されているので気軽に参加しやすいですね。

DODAの面接対策コンテツで内定力UP!のチラシ

上記も私が登録時に貰ったチラシなのですが、セミナー以外にも「面接力アップのeラーニング動画講座」や「面接対策アプリ」などもあるので、面接対策も他転職エージェントと比較しても充実していると言えますね。

理由⑤女性向けの転職サポートも強い!

DODAの女性のための合同転職面談会の案内

DODAでは女性向けの転職サポートにも強みがあります。

転職したい人
じゃあDODAは男性の転職は強くないの?

と思うかもですが、男性向けの転職サポートはどこの転職エージェントも力を入れています。

何故なら転職エージェントとしても男性を中心に紹介したほうが儲かるから。

転職エージェントの売上は転職者の年収の20-30%を紹介手数料として企業に請求した金額となります。

例えば、年収500万円の転職者をDODAの紹介で転職させた場合。

DODAには年収の20-30%にあたる約100-150万円の紹介手数料が入る仕組みとなってます。

なので比較的年収の高い男性を紹介したほうが転職エージェントとしても儲けが大きいわけですね。

ですから女性転職サポートには積極的ではない転職エージェントも確実に存在します。

特に売上の厳しい中小の転職エージェントとか(笑)

その点DODAでは、上記のような女性専用の特設ページや合同転職面談会を実施するなどして積極的に女性の転職サポートを行っているんですよ。

理由⑥大都市圏だけではなく地方での転職にも強い!

DODAのUターン・Iターン転職の特集

DODAでは、「Uターン」「Iターン」を含めた地方での転職サポートにも強みがあります。

転職エージェントに登録した時のよくある話として「え?東京とか大阪の大都市しか求人ないじゃん!地方勤務希望なんだけど…」ということです。

これも転職エージェントの裏話なんですが、結局のところ規模の小さい転職エージェントだと、地方だと儲けが出しづらいの東京・大阪でしか転職サポートしませんよ!という企業もあるんです(汗)

ですがDODAに関しては、全国の8拠点(札幌・仙台・東京・横浜・名古屋・大阪・広島・福岡)あり全国での面談サポートを受けれます。

また近くに拠点がなくてもいつでも電話サポートを受けれるので、安心感がありますね。

Uターン・Iターンの転職に力を入れているということは当然地方の求人も充実してるってことですよ♪

⇒「DODAは求人数も多く、地方の案件もたくさんあるとのことで登録!実際他の転職エージェントと比較しても地方の求人は多かったので満足ですね!(40代/男性)」

↓↓ ADHDで悩む人に人気の転職エージェントとは ↓↓

DODAへの無料登録方法

DODAの登録方法の紹介

ですので、早速DODAへ無料登録を行い、専任コンサルタントからアドバイスを受けたり、気になる求人がないか?チェックしてみてください。

まず、公式ホームページより登録画面に進みます。2分で完了するのでサクッと登録しちゃいましょう!

DODA公式HPのURL
⇒ https://doda.jp/
  • 氏名
  • 年齢
  • 住所
  • 連絡先
  • 直近の職歴
  • 希望面談日(電話面談でもOK)

などの必須項目を入力しましょう。

面談の方法に関して

DODAの登録から入社までの流れの説明

面談は、DODAの全国8か所ある事務所に訪問しても良いですし、電話面談で登録を済ませてもOKです♪

登録者の8割は電話での面談で登録を済ませる人も多いので、電話面談の希望日程などを「自由記入欄」に記載しておくと良いですね。

電話面談の場合は30分程度、訪問しての対面での面談は60分ほど。

面談日は日曜日以外となってますね。

対応してくれる時間は「土曜日→18:00まで」「平日→20:00まで」でもOKなので仕事しながらでも面談しやすくなってますよ。

登録後、数時間以内にDODAの担当者から面談の日程の件で電話で連絡が入ります。

面談日程の調整をその電話で行って下さいね。面談日程を決めれば、後は面談日を待つだけです。

登録時に必要な書類はあるの?

転職したい人
登録する段階で必要な書類ってあるの?

登録の段階で必要な書類は一切ありません!

必要事項を最低限入力すればDODAからの無料転職サポートを受けることが出来ます。

具体的に、「紹介された企業に応募したい!」となった段階で履歴書や職務経歴書を用意すればOK。

「でも職務経歴書作るの面倒だなぁ…」

という人も多いと思います。私も同じこと思ってましたから気持ちはよ~く分かります(笑)

ですがDODAでは専任アドバイザーが、1から職務経歴書を作れるように徹底的にサポートしてくれるんですよ!

見本も用意してくれるので、見本に沿って職務経歴書を書くだけ。書いた後は添削もしてくれるので、書類選考に受かりやすい書類が勝手に出来あがるわけです(笑)

⇒「転職活動を効率的に進めたいなら転職エージェントは使うべきですね!だって職務経歴書の添削を無料でしてくれるサービスなんて他にないですから(笑)(20代/女性)」

↓↓ ADHDで悩む人に人気の転職エージェントとは ↓↓

転職エージェントに登録するべき人は?

転職エージェントを利用するべき人の特徴

  • 仕事に時間を取られ活動できない
  • 転職活動を中途半端にしたくない
  • 会社に迷惑かけず両立したい
  • 就活で仕事のプライオリティを落としたくない
  • 情報収集・書類作成を休日にしたくない
  • 面接のスケジューリングしたくない

こういった人は転職エージェントを活用すると悩みが解決されるでしょう。

特に「とにかく効率的に転職活動を進めたい」という人は絶対登録すべきです。

転職エージェントというのは、あなたの専任のコンサルタントが「あなたが活躍できる業界や職種のアドバイス」「応募書類の添削」「面接対策」などを無料で行ってくれるんです。

「じゃあオススメの転職エージェントは?」

と気になるところ。

オススメの転職エージェントは・・・

↓ ↓

転職決まらない人が多く登録している転職エージェントTOP3

DODA/パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)

当サイト経由で1番多く登録されているの転職エージェントになります。

DODA(デューダ)は大手人材人材会社のパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)グループが運営しているサービス。

転職支援業界で国内1位の売上ですが、転職からの満足度は1位を誇っていますね。

DODAのポイントは以下になります。

①親身なサポートで転職者満足度No.1

DODAは転職者利用者へのアンケート調査で満足度No.1の実績。

満足度が高い理由としては、「登録者に寄り添った親身なサポート」だからです。

  • 転職に関する不安悩みごとの相談
  • 自分のキャリアプランに迷った時には面談でのキャリアカウンセリング
  • 将来の最適なキャリアプランの提案

このようなサポートの結果、転職サポートで年間1万人を成功に導く実績豊富なエージェントになります。

「以前転職エージェントに登録したけど放置された!」

「手厚く、親身なサポートを受けたい!」

という転職希望者が登録・利用すると特に満足度が高いですね。

②履歴書・職務経歴書の添削が抜群

DODAは履歴書・職務経歴書の添削が丁寧で分かりやすいと評判です。

転職活動での第一関門である書類選考。

応募書類で最大限自分の経験や能力をPRしないといけないのに、完璧な書類を作り上げている人は非常に少ないです。

その点、DODAのキャリアアドバイザーは

  • 1から応募書類の作成を手伝ってくれる
  • 履歴書を下書きすれば清書を代行してくれる
  • 書類選考通過率が約3倍にアップする書き方のコツを教えてくれる

といったサポートをしてくれるんです。

「書類選考で落ち続けて面接までたどり着けない・・」

という人は質が高いと評判のDODAの応募書類の添削を一度受けてみるべきですね。

③登録者限定の非公開求人が80%もある

DODAに登録した会員限定でしか閲覧できない非公開求人が全体の約80%あります。

非公開求人の中にはDODAだけが扱う独占求人も多いです。

求人の質も圧倒的に高く、業界最大手のリクルートエージェントとは違った独自の企業を紹介してくれるのが特徴。

■DODAに登録するべき人の特徴

①「転職初心者でどの転職エージェントに登録したらいいか分からない」
②「求人数も多く・サポートの質も良いバランスの良い転職エージェントに登録したい」

⇒「大手転職エージェントだけあってサポートの質が凄く良かったです!親身に相談に乗ってくれました!(20代/女性)」

ビズリーチ

ビズリーチはテレビCMでも話題の転職支援サービスですね。

特徴としては

①圧倒的なスカウトの豊富さ

ビズリーチに経歴書を登録するだけで、企業人事担当者や転職エージェントの担当者から毎日のようにスカウトが届きます。

登録した人のキャリア次第では、大手転職エージェントと比較して3-10倍ほどスカウトの数が増えた!という人もいます。

実際、他の転職エージェントにはない年収の高い求人や、面白そうな求人が届くんですよ。

私としても外せない転職エージェントの1つとして使ってますね!

  • 「仕事が忙しくて求人チェックする時間がない」
  • 「とにかくたくさんの企業からのスカウトをチェックしたい」

という人は、登録するだけでスカウトがたくさんくるビズリーチが向いてると言えますよ。

②年収アップ出来る求人が多数

ビズリーチは他の転職エージェントと比較しても、年収アップできる求人が豊富です。

理由としてはビズリーチは元々年収600万以上のハイスペックのビジネスパーソンに特化していた転職支援サービスだからです。

ですので現状年収が低い転職希望者であっても、ビズリーチでしかチェック出来ない好条件の求人が紹介されるでしょう。

  • 「今の年収に不満がある!」
  • 「もっともっと稼ぎたい!」

という人は登録しておくと良いですね!

※公式ホームページには「年収600万以上に支持される」とありますが、年収600万未満でも登録・利用は問題なく出来ます

③上場企業・大手企業の求人が多い

上に書いた「年収アップ出来る求人が多い」ということとも繋がりますが、ビズリーチは大手・上場企業の求人が多いです。

年収が多い求人が多いので、当然上場企業や大手企業の求人が多いのは必然なのですが。

ですので「新卒で入社できなかった大手に入社したい!」と感じる人は登録しておいた方が良いです。

とはいえ大手企業は周りも入社したいと感じる人気求人。

募集してもすぐに打ち切りになりますし、募集も若干名です。

なので逆算して早めにビズリーチに登録して、大手企業の求人を漏れなくチェックしておくことが大事だといえます。

■ビズリーチに登録するべき人の特徴

①「年収が低い。転職して給料を増やしたい!」と思う人
②転職エージェントの担当者から手厚いサポートを受けたい人

⇒「ビズリーチのハイスペック求人って凄いですね!転職成功してなんと年収が1.5倍になりました!(30代/女性)」

リクルートエージェント

転職支援サービス最大手のリクルートグループの転職エージェントになります。

①業界最多の13万件の求人件数で他社を圧倒。

転職エージェント業界業界最大手リクルートエージェント。

公開求人・非公開求人が合わせると約13万件と業界最多の圧倒的な求人件数です。

「とにかくたくさんの求人の中から自分に合う求人を探したい!」

という人はリクルートエージェントの求人の多さを実感するべきでしょう。

②転職支援の成功実績32万件でNO.1

リクルートエージェントが転職支援業界で成功実績No.1となったのは以下の理由です。

求人数の多さ+担当キャリアアドバイザーの質の高さ=転職成功実績32万件

確かに、DODAのキャリアアドバイザーもレベルが高いのですが、DODAの特徴としては親切丁寧なサポートです。

一方リクルートエージェントの特徴としては、とにかくキャリアアドバイザーのアドバイスが的確ということ。

アドバイスの内容に無駄がなく、ズバリ自分が進むべきキャリアを示してくれるんです。

と使い分けが必要になってきます。

③女性向けの転職ノウハウが豊富

リクルートグループの中に人材派遣会社(リクルートスタッフィング)と連携した女性に特化した求人や濃いノウハウ情報が豊富にあります。

特に事務職・販売職などの業界職に精通したキャリアコンサルタントが多数在籍しているので相談しやすい環境は整っていますよ。

「女性ならでは目線で悩みを相談したり、共感してくれる担当者が良い!」

と感じる女性の転職希望者が登録すると満足なサポートを受けることが出来ます。

④夜間・土日祝日でもサポート受付!

リクルートエージェントは、平日・土日祝日いつでも20時以降にも相談が出来るんです。

「仕事が忙しいからなかなか転職活動の時間が割けない・・」

という人でも、在職しながら転職活動が出来るサ手厚いサービスと言えますね。

■リクルートエージェントに登録するべき人の特徴

①「とにかく数多くの求人を紹介して欲しい」人
②忙しくて20時以降でないと面談の時間を取れない人

⇒「業界最大手だけあって紹介される求人数は桁違い!転職サイトに掲載されてない非公開求人も紹介されたので大満足です!(20代/女性)」

4位:就職shop

番外編ですが、就職shopも紹介しておきます。就職shopは30歳以下の若手ビジネスパーソン向けの転職エージェントです。

特徴としては、3つあります。

①書類選考不要で必ず面接まで進める

就職shopの最大のメリットはなんといっても書類選考不要で希望した企業の面接を受けれるということ。

  • 「どれだけ応募しても書類選考落ちで面接まで進まない・・」
  • 「面接まで進めば自分の良さをアピール出来るのに・・」

という人は是非使っておきたいサービスです。

書類選考不要の転職エージェントは他社でもないサービスなので、個人的にはかなり画期的だと思いますね。

②全ての企業を取材済み!求人情報が正確

就職shopの求人は、全てスタッフが足を運んで企業を100%取材しています。

取材していることによるメリットとしては「求人情報が正確」「ブラック企業が皆無」といったことがあります。

ですので就職shop経由で入社した場合は「聞いていた条件や仕事内容じゃなかった・・」ということはほぼ皆無と言って良いでしょう。

ただ、全ての企業に足を運んでから求人掲載するので必然的に他の転職エージェントよりは求人数は少なくなります。

なので今回は4位にランキングしておきました。

③18-30歳以下の男女のみが登録の対象

他の転職エージェントであれば何歳であってもう登録可能です。

ですが、就職shopは18-30歳男女の若者向けの転職エージェントとなります。

なので、31歳以上の場合は登録が出来ないのでその点だけ注意が必要です。

■就職shopに登録するべき人の特徴

①18-30歳以下の男女
②ニート・フリーター・正社員の職歴3年以下
③書類選考落ちが多く面接まで進めない人

⇒「毎回書類選考落ち・・でも就職shopなら書類選考なしで面接まで進めるんです!自分の良さをアピール出来たので直ぐに内定出ました♪(20代/男性)」

就職shopの評判や口コミ33選!既卒・フリーター・ニートでも諦めるな!内定率の高い求人紹介を受けて就活しよう
就職shopは 社会人未経験 ニート フリーター 対象にした就職サイト。 「実際に就職shopの評判や口コ...

ADHDで転職活動成功した人の体験談2選

体験談①20代/女性/エンジニア

前職ではwebの広告代理店で総務事務の仕事をしていました。

従業員20人ほどの規模の小さな会社でしたんもで、総務以外にも経理・営業事務など様々業務を任せられていたんです。

常にマルチタスクなので、毎日22時頃まで頑張っていたのですが「どうして私はもっと効率的に仕事が出来ないの!?」と自分への無力さに毎日イライラ。

性格的に1つの仕事に没頭して集中したいので、マルチタスクの仕事は向いてなかったんですよね。

なので、思い切って転職を決意。

友人がシステムエンジニアだったので「プログラミングができれば転職先もすぐに見つかるよ」と教えてくれたんです。

なので転職活動しつつ、プログラミングスクールにも通い始めました。

プログラミングスクールのレッスンが終わる前だったのですが、転職エージェントから紹介してもらった企業に転職決定!

プログラミングスクールで、プログラミングやwebデザインの勉強しているという行動力を褒めてもらい転職することが出来ました。

もちろん正社員で週5日毎日仕事をしていますよ!

でも、勤務体系は柔軟な会社なので、体調が悪いときなどはリモート勤務OKなので、精神的にはかなり楽に働けていますね!

ただ、納期の大変さに今は四苦八苦しているので、もっとスキルを上げていきたいですね!

体験談②30代/男性/法人営業職

子供の時からADHDだったように思います。

興味の無いことにはすぐに飽きてしまう性格が原因で今まで8回仕事を辞めて転職を繰り返していたんです。

「もうすぐ40歳だし転職・就職先は見つからないかもな…」

なんて諦めかけていたんですが、友人から紹介してもらった転職エージェントを使ったら、何と今まで1番高い年収をゲットすることが出来ました!

とにかく担当のキャリアアドバイザーさんがめちゃくちゃ優秀!

「ぴったりの求人が見つかりました!」

と、連絡が入り非公開求人を紹介してくれたんです。

面接が苦手だった私のために、キャリアアドバイザーさんが模擬面接の練習もしてくれたり、実践でのテクニック集の冊子まで用意してくれたりと至れり尽くせりという感じでしたね。

⇒「転職活動を効率的に進めたいなら転職エージェントは使うべきですね!だって職務経歴書の添削を無料でしてくれるサービスなんて他にないですから(笑)(20代/女性)」

↓↓ ADHDで悩む人に人気の転職エージェントとは ↓↓

合わせてよく読まれている記事

①職場いじめで退職するしかない?泣き寝入りは禁物!

職場いじめで退職するしかない?泣き寝入りは禁物!職場いじめの11個の対処法を紹介。絶対に負けるな!
「職場で社内の人に1日中無視されていて辛い・・退職するしかないのかな・・」 「自分だけ間違った仕事の指示を出されて、ミスをすると上司か...

②ストレスで仕事を辞めたいなら今すぐ転職だ!

ストレスで仕事を辞めたいなら今すぐ転職だ!今すぐ会社を辞めるべき4つの理由
「毎日朝起きたくない・・職場に行くのが辛い・・もう辞めたい・・」 「職場の人間関係がストレスで、原因不明に体調不良。今の仕事辞めても大...

③面接に落ちるパターンが存在する!

面接に落ちるパターンが存在する!あなたが面接に受からないたった4つの理由や原因を紹介
「面接に合格しないよー・・。落ちるパターンとか傾向ってあるのかな・・」 「面接に落ちる人の特徴ってなに?自分の性格が原因で面接に落ちて...

④うつ病から仕事復帰する方法10個

うつ病から仕事復帰する方法10個。辞めたい・続かない・行きたくないなら転職しよう!鬱で休むのが不安になる原因も紹介!
「会社に行かないといけないのに、うつ病で仕事が出来ないかも・・」 と、悩む人は多いです。特に最近は。 原因としては、仕事上のストレス...

⑤睡眠障害で仕事辞める必要なし!

睡眠障害で仕事辞める必要なし!眠気で仕事が出来なくても大丈夫な理由3つ!活躍できる転職先も紹介
「疲れてるのに今日も一睡も出来ずに仕事か・・」 「睡眠不足で全然仕事に集中出来ない!」 「夜寝れなくて体が限界・・もう会社辞めるしか...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする