接客業に疲れた人の転職先9選。接客業を辞めたい理由6つ紹介!休みがない・給料が安い・お客さん対応が大変なら接客以外の仕事に転職だ!

「接客業はもう疲れたよ…別の仕事に転職したいな」

宿泊施設・飲食・アパレル・家電量販店などで接客業として勤務する人は毎日ストレスまみれ。

我慢しながら働いている人は凄く多いです。

接客業は向き・不向きが大きく分かれる仕事。

環境が合わない・職場がブラックな場合、「接客業を辞めて転職したい…」と感じるのは当然のことです。

今回は、接客業を辞めて転職したい人へ「接客業を辞めたいと感じる理由」や「接客業からの転職先」を紹介していきますね!

接客経験者に合わせてよく読まれている記事

飲食を辞めたい理由6選。飲食からの人気転職先9つ紹介!正社員で店長でも給料アップ出来る転職先はたくさんあるんです!
「飲食辞めたいけど、もうちょっと頑張った方がいいのかな・・」 と自分言い聞かせ頑張っているアナタに向けた内容です。 日本は我慢して耐...

接客業が疲れた・辞めたいと感じる理由6つ

理由①土日出勤で休日が不規則だから

接客業疲れた人
今週も全然休み無いじゃん…

接客業は土日勤務が必須。

当然休日も不規則で休みも少なくなりますよね。

下記は厚生労働省調べのデータ。どの業界で、どの程度完全週休二日制が導入されているか?を示すデータになります。

参照:平成29年就労条件総合調査(厚生労働省)

接客業の休日はは軒並み低水準。特に飲食・宿泊業は週休二日制取れるのは1/4の企業しかないことが分かりますね。

以下はデータの抜粋です。

完全週休二日制の導入割合
〈サービス業〉

  • 宿泊・飲食業→25.0%
  • 生活関連サービス業→40.2%
  • 複合サービス業→57.0%

〈サービス業以外〉

  • 金融・保険→95.9%
  • 情報通信→85.3%

接客業の、土日の休みは年に数回だけ。

もちろん有給休暇なんで取れませんし平日に休みを取るのが一般的ですよね。

更に接客業の中でも、ホテルや旅館勤務は夜勤も発生するので更にハード。

朝方まで働き、昼間に睡眠を取って、翌日から早番で出勤となると生活リズムが乱れ体調も悪くなります。

あるデータでは、「夜勤経験が5年以上の勤務者はうつ病の有病率が30%に及ぶ」という報告もあるくらいですからね。。

シフト勤務はとにかく不規則なので、体力的に限界を迎えて、女性なんかお肌がボロボロで悩む人も多いですよね。

私は男性ですが、夜勤明けで朝方に寝ると起きるのは夕方。そのまままた夜勤に向かうという毎日で、職場と家の往復の毎日が辛かったです(汗)

ちなみに、夜勤がない販売業でもバーゲン時期などの繁忙期になると大変!

毎日終電ギリギリまで働かないといけません。繁忙時期となると、休みも週1日あれば良いという過酷な勤務形態となるんです。。

下記の記事でも詳しく書いていますが、あまりにも酷い激務だと健康面でもリスクが大きすぎます…。

激務辞めたい人へ。無理し続けるデメリット3つ。休み取れない&長時間労働のブラック企業は今すぐ退職しよう!
「毎日残業5時間・・」 「平日は16時間くらい働いてるよ・・」 「月の休みは3日だけ」 などと激務に耐えきれずに辞め...

⇒「給料は低い!長時間労働でもう限界・・時給換算したら最低賃金を余裕で下回ってましたよ。。転職して今は仕事が楽しいです!(30代/女性)」

↓↓  転職者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉 ↓↓

理由②土日出勤だと家族友人との時間や予定が合わない

接客業疲れた人
接客業で働きだしてから友達減ったな…

接客業として土日出勤が中心の生活となると、家族や親しい友人との休みが合いません。

一緒に買物に行けない、一緒に旅行に行けない生活だと、当然ストレスも溜まりますよね。

一般的なサラリーマンであれば土日が休みですから、金曜や土曜の晩に飲みに行くことが多いです。

でも接客業として働いていれば、自分だけ翌日早番でセールの準備をしないといけないから早く帰らないといけないことも。。

接客業の仕事が原因で、家族や友人と予定を合わせれないのはストレスでしかないですね。。

休み少ないから辞めたいと感じる理由5選。休みが少ない会社に居続けるリスク10個も!無理せず今すぐ転職しよう!
「休みが少ない・・会社辞めたい・・」 苦労して入社した会社だから休みが少なくても我慢してる人も多いと思います。 社会人だから辛...

理由③お客様への接客のストレス

接客業疲れた人
またお客様から怒鳴られた。辛いな…

接客業の悩みとして1番多いのは、「お客様」への接客のストレスですね。

下記は、一般消費者1,000名にアンケートとり「クレームを言った経験の有無」に関するデータです。

参照:消費者行動に関する実態調査(日本労働組合総連合会)

グラフを見ても分かるように、年齢が上がるごとに、クレームを言う人は増えています。

特に、40代以降となると約半数以上がクレームを言った経験があるわけです。

一般常識の通じないお客様への接客はストレスでしかありませんし、人間不信にだってなります。

例えば、アパレルなら購入した後に「細かな傷があったから返品しなさい!」と言ってくるお客さんもいます。

下記の記事でも詳しく書いていますが、アパレルも無茶なクレームが多いですからね。。

アパレル辞めたい人が今すぐ転職する理由3つとは?人手不足や正社員だからと言い訳にするな!早く退職しないと希望職種に転職出来ない!
「アパレルの仕事を辞めるべきかどうか?」 仕事を続けるべきかどうか悩んでいるのなら今すぐ辞めるべき! アパレルの仕事をしていて辞めた...

実際には、傷はお客さん自身がつけたもので、店舗へ責任転嫁をしていただけという話もよく聞きますよね。

他にも飲食店であれば、酔っ払った男性サラリーマンが、注文して1分しか経ってないのに「注文した料理が来ない!」と10分以上店員を詰めているなどのクレーム。

本来であれば、店舗の責任者である店長やエリアマネージャーが駆けつけて謝罪して欲しいところです。

ですが、実際は面倒な対応は現場のスタッフ任せ。店長などの役職者はできるだけ面倒なことを避けようととします。

とにかく接客業のお客様対応は精神的に辛く、ストレスの溜まる仕事なんです。。

理由④ノルマが厳しく、入社後に接客業に不向きなことに気づく

店長
おい!今月ノルマ達成してねぇじゃねぇか!

エリアマネージャーや店長からノルマ達成できずに詰められた接客業経験者も多いはず。

接客業を選んだ理由は下記のように人それぞれ。

ですが、接客業に入社した後に「自分には接客業に向いてない!」と気づく人も多いんです。

接客業への就職・転職を志望した理由

  1. 服が好きだから
  2. ウェディング業界で結婚する人の幸せを一緒に祝いたいから
  3. 学生時代の飲食店のバイトでは楽しかったから
  4. お客さんの喜ぶ顔を見たいから

入社前と入社後の実際の仕事内容にギャップを感じ辞めたいと思うわけです。

例えば、アパレルはお客さんと楽しく会話しているだけじゃ駄目ですよね。

興味なさそうなお客さんにも積極的に話かけて、セールストークをしてノルマを達成しないといけません。

トップスだけではなく、セットでボトムスも時には売りつけ、自分の売上目標をクリアする必要があります。

仮に、売上目標が達成できないなら、自爆営業といって自腹で店の商品を購入。

目標の不足分を少ない給料から実費で埋めないといけないことだってあるんです。。

下記の記事でも書いていますけど、販売職は大変なことが多すぎます。

販売を辞めたい理由15個。ノルマ&長時間労働が辛いなら新卒でも転職しよう!アパレル・携帯販売・百貨店を辞めた人の転職先も厳選3個紹介!
「販売の仕事がきついから辞めたい・・」 「毎日サービス残業&長時間労働で体が限界・・」 販売職は、小売や外食業界と同じように労働環境...

特に若い20代の人ほど、就職・転職する前の理想と現実のギャップにストレスを感じ辞めていくんです。

⇒「毎日早朝出勤・深夜帰りで子供や家族と全く顔を合わせることが出来ませんでした。なので思い切って転職!20代だったので年収アップも出来ました!(20代/男性)」

↓↓  転職者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉 ↓↓

理由⑤接客業は激務なのに給料が低い

接客業は激務なのにとにかく給料が低いです。下記は厚生労働省調べによる、業界別の平均賃金のデータ。

参照:平成29年賃金構造基本統計調査(厚生労働省)

ピンチアウトすればアップでデータを見れます

以下平均賃金の抜粋になります。接客業が以下に年収が低いかということがよく分かります。。

業界別の賃金比較

・宿泊・飲食→271.4万円
・生活関連サービス業→291.0万円
・その他サービス業→275.1万円

・金融・保険→467.0万円
・教育・学習支援→440.3万円

20代であれば正社員で週5-6日フルタイムで、残業しても年収200万円代なんて人もいるくらいです。

賞与の支給額は、歩合給の割合が大きくなります。

なので目標数字や予算を達成してないと、雀の涙程度の賞与しか貰えないことも…(泣)

接客業ほど激務なのに薄給という職種は他にありません。結果、、

「毎日長時間休みなく働いているのに、どうして給料がこんな低いんだろ…」

という精神的負担に繋がるわけです。

立ち仕事・毎日のサービス残業・土日出勤の不規則なシフト勤務、クレーマーへの対応などなどに耐えても給料は上がらない。

下記の記事でも詳しく書いていますが、仕事がハードなのに、給料も低ければ誰だって辞めて転職したいと思うのは当然です。

給料低い辞めたい人へ。給料上げる方法5個紹介!給料低い理由を知って今すぐ転職しよう!会社に居続けるのはリスクでしかないぞ
手取りが低い!薄給すぎる!15万円じゃ生活出来ないよ… 安月給で過ぎて貯金も贅沢もできない。このままじゃ死ぬ… 福利厚生が...

理由⑥人事異動が多く、知り合いもいない地方への店舗異動を強いられる

接客業はとにかく店舗異動を伴う人事異動が頻繁にあります。

特に多くチェーンとなると店舗は全国展開。

数年おき引越しを伴う他の都道府県への転勤も日常茶飯事な訳です。。

転勤の辛い点は、家族がいれば、家族と離れて単身赴任となってしまいます。

仮に、家族を連れていくにしても子供が学校を転校しないといけなくなるので子供の悲しむ顔を見ないといけません。

独身でも大変。

友人や彼氏彼女と離れ離れにならず見知らぬ土地で会社と寮を行き来するだけの毎日になってしまいます。

実際、接客業で地方に転勤した人は「知り合いもおらず出会いもないので結婚が遅れる」って話もよく聞きますからね(汗)

また、新しい店舗へ異動となるとその店舗内での人間関係を再度築く必要が出てきます。

接客業が女性が多いですから、お局さんとの人間関係の構築に失敗すると職場いじめの対象になってしまいかねません。。

職場いじめで退職するしかない?泣き寝入りは禁物!職場いじめの11個の対処法を紹介。絶対に負けるな!
「職場で社内の人に1日中無視されていて辛い・・退職するしかないのかな・・」 「自分だけ間違った仕事の指示を出されて、ミスをすると上司か...

人間関係には非常に気を遣う必要があるわけです。

地方店舗への異動なので、相談できる友達やお付き合いする相手もいない。店舗でのスタッフとの人間関係も築けない。

毎日ストレスと孤独感を感じながら過ごしていかないといけない状態になるんです。

⇒「雇われ店長として働き始めてから体調不良で寝込むことが多かったんです。。なので思い切って転職したら体調もすぐに良くなりました♪(30代/女性)」

↓↓  転職者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉 ↓↓

接客業に疲れた人が選ぶべき転職先9選。接客経験者が活躍できる転職先とは?

接客業疲れた人
接客業から転職したいけど、転職先はどこがいいんだろ?

と思うアナタは下記で紹介する、接客業経験者が活躍出来る転職先を参考にしてみて下さいね!

転職先①他の接客業へ転職する

「接客業は嫌いじゃないけど、今の職場の条件が悪い(例:低賃金・サービス残業)から転職したい!」

と思うなら、接客経験活かせる他の条件の良い接客業の転職先を探しましょう!

以下で具体的に紹介していきますね!

1:夜勤のない高級料亭への転職

接客業疲れた人
夜勤がある接客業が嫌だ!

旅館やホテルなどの夜勤がある宿泊業で勤務している人がよく悩むことです。

「接客業は好きだけど、夜勤が嫌」と感じるなら、夜勤のない接客業へ転職すれば解決出来ます。

例えば、高級料亭。

宿泊業は365日年中無休ですから、土日祝日や日中・深夜も関係なく満遍なくシフトを入れられてしまいます。

ですが、高級料亭でれば、忙しいのはランチとディナーの前後だけ。料

理人であれば仕入れなどの準備もありますが、料理人以外の接客担当であれば勤務時間も短くなります。

当然夜勤もなし。

日曜祝日はお休みにしている高級料亭もかなり多いので、友人や家族とのスケジュールが立てやすくなりますよ!

⇒「仕事は常に立ち仕事な上に毎日14時間以上の長時間労働…精神的にも限界だったので思い切って転職したんです。転職したら定時上がり出来る上給料も現状維持!(35歳/男性)」

↓↓  転職者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉 ↓↓

2:転勤のない接客業を選ぶ

接客業疲れた人
毎年毎年転勤や人事異動ばかりは嫌!

というアナタは、転勤の一切ない接客業を選ぶべき。

また先程の料亭を例に上げて説明しますね。

本店だけの高級料亭を選ぶと、転勤もないので、自分の好きな場所で働き続けることが出来ます。

たくさんの店舗があると、頻繁に人事異動で違う店舗に飛ばされてしまいますからね。。

また求人の募集要項の欄に「店舗間の異動は一切なし」と書かれて募集されている求人もたくさんあります。

例えば以下のような求人です。

参照:エン転職

美容部員・携帯電話ショップ・メガネショップなど「転勤なし」の接客業の仕事はたくさんありますからね。

本店1店舗だけ。もしくは自宅から通える場所にしか店舗がないような接客業の仕事を選ぶべば「転勤の多さ」の悩みも解決出来ますよ!

3:完全週休二日制の接客業を選ぶ

接客業疲れた人
ちゃんと週に2日休みたい!

というアナタは、完全週休二日制の接客業を選びましょう。

「でも接客業で完全週休二日制って少ないんじゃないの?」

と思うかもですが、接客業でも完全週休二日制はかなり増えています。

例えば、接客業の中でも特に休日が少ない宿泊業。

でも宿泊業なのに、従業員が完全週休二日制の旅館の話題の「陣屋」という旅館を知っていますか?

週休2日制は、もちろん従業員に大好評だった。火曜と水曜を休みにしたことで、月曜と木曜に予約が分散し、売り上げ面では大きな影響は受けなかったという。

参照:旅館業界では“あり得ない”週休3日 それでも「陣屋」の売り上げが伸び続けるワケ(ITmedia)

従業員の休みも週2日確実に確保しつつ、旅館の売上も上げたということで非常に話題になっているんです。

一般的な宿泊業では、スタッフに夜勤をさせたり休みを週1日にして、運営するのが当然とされています。

ですが、まだまだ数は少ないのですが、上記のように完全週休二日制の宿泊業や接客業の企業も存在するんです。

「もっと休みが欲しい!」

と思うなら完全週休二日制の接客業を選びましょう。

4:医療事務へ転職する

飲食業・接客業は常にお客さん対応が必要な仕事ですよね。

ですが、医療事務に転職すれば、他の接客業よりはお客様対応は少なくストレスも感じづらくなります。

医療事務は、来院患者への電話や対面での対応、お会計、診療報酬の計算などの事務作業。

接客業ではありますが、事務作業も多くあるので、バランスの取れた仕事です。

規模の大きい総合病院となれば、作業も細分化されているので、接客だけのスタッフ、診療報酬だけを計算するスタッフと分かれます。

逆に規模の小さな医療機関であれば、接客も事務作業も幅広く出来ますね。

病院勤務であれば、土曜の午後と日曜日は丸1日休みが多いので、接客業のように土日勤務しないといけないということはなくなりますね。

「電話応対の接客もしたくない!」

というアナタは、求人サイトや転職エージェントのサイトを使って「電話応対なし 事務」で検索してみて下さい。

電話応対も一切しなくても良い、希望の求人がたくさん出てきますよ(笑)

⇒「給料安いし、勤務時間も長い。友達とも遊びにいけず交友関係も一気に狭くなってしまったんです。色々と嫌になり辞めちゃいました(27歳/女性)」

↓↓  転職者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉 ↓↓

転職先②接客業以外の他の業種・職種へ転職する

接客業疲れた人
もう接客業は一生やりたくない!

という人は、接客業以外の転職先を見つけましょう。具体的には以下のような職種ですね。

1:一般企業の事務職

事務職は特に女性に人気の職種。

オフィス内で勤務となるので、接客業と比較しても体力的な辛さ・大変さは全くありませんからね。

実際事務職は女性から1番人気の職種です。

以下転職エージェント大手のdodaと、転職サイトのエン・ジャパンが410人の女声から調べたデータでも、事務職が1番人気ということが分かっています。

25歳でdodaを通じて転職した女性の49%が転職後の希望職種として選んでいた「事務・アシスタント系」実際の転職後の職種としてももっとも高い割合を占めました。

参照:25歳女性の転職事情(doda)

キャリアチェンジに興味があると回答した方に希望職種を伺ったところ、もっとも多かった回答は「一般事務・営業事務」(34%)でした

参照:『 エンウィメンズワーク 』ユーザーアンケート(エン・ジャパン)

経理事務・貿易事務などは専門知識が必要ですが、一般事務・営業事務であれば専門知識も不要で、基本的なパソコン操作さえ出来れば問題なし。

ノルマもなく、直接クレームを受けることも少ない。しかも土日祝日休みの完全週休二日制。年間休日120日以上もある企業が多いので、接客業経験者にとっては魅力的な条件ばかりなんです。

また事務職は、制服がなくオフィスカジュアルと呼ばれるカジュアルすぎない私服で仕事をするケースも多いです。

制服に着替えるために早く出勤する必要もないので、その点もストレスフリーと感じるはず。

「事務職に転職したいのになかなか内定が出ない!」という人、事務職への転職のコツを知らないだけ。

下記の記事で事務に受からない人の特徴をまとめているので、アナタがその特徴に当てはまってないかチェックして下さいね。

未経験で事務職に受からない理由14個。転職や面接のコツを理解しないと内定ゲット出来ない!対策法を4つ紹介。
「事務の求人に応募しても書類選考や面接で何度も受からないのは何故なんだろう?」 「パソコンの学校にも行っているのに、事務の次の仕事が決...

⇒「給料は低い!長時間労働でもう限界・・時給換算したら最低賃金を余裕で下回ってましたよ。。転職して今は仕事が楽しいです!(30代/女性)」

↓↓  転職者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉 ↓↓

2:営業職

接客業としてのコミュニケーション能力や、目標数字達成の接客スキルを活かせるのは営業職。

目標数字を達成しても、接客業よりは営業職の方が貰える給料も高くなりますからね。

特に家族がいて食べさせていかないといけない!というほど営業職を選ぶべき。

「本当に営業職って稼げるの?」と思うアナタは下記のデータをチェックして下さい。

参照:職種別の平均年収ランキング(doda)

上記は転職エージェントdoda調べによる職種別の平均年収のデータ。

1-6位までは、金融・会計などの専門職ですが、7位が営業職。

専門職は、資格や特殊な経験が必要ですが、営業職であれば資格がなくても転職できますからね。

また、営業成績に応じて成果報酬(インセンティブ)があるんです

他の営業マンよりも高い成績を残せばダイレクトに収入に反映されます。

なので「接客業よりももっと稼ぎたい!」という人は、接客業でのコミュニケーション能力も活かせますし、給料水準が高い営業職を狙うべきですね。

3:製造業

接客業疲れた人
人と関わらないでマイペースに仕事がしたい

こういった元接客業経験者が、製造業に転職するケースも多いんです。

製造業では当然接客もなく、ひたすら製品を作り上げることに集中できる仕事。

当然対人ストレスは皆無。

「でも製造業って経験や資格が必要なんじゃないの?」

と思うかもですが、未経験・未資格でも転職できる未経験可能な求人はたくさんあります。

例えば、ライン作業や自動車工場の期間工なんかの職種ですね。

期間工であれば、未経験でも1年目から年収400万円以上可能なので、接客業よりも年収が高くなるのはメリットと言えます。

4:トラック運転手

トラック運転手は空前の人手不足の業界。接客業からの穴場の転職先です。

参照:トラック運送業の現況について(国土交通省)

トラックドライバーの有効求人倍率2.76倍は、全職業の1.72倍の有効求人倍率と比較しても約2倍ほど高いことが分かります。

※有効求人倍率=転職希望者1人に対して何社分の求人があるか?ということ。2.76倍は2.76社分の仕事があると言える

接客業を辞めて転職したい人が、トラックドライバーを選ぶべき理由は、接客が一切不要だから。

タクシードライバーだと運転以外のお客さんへの接客も必要です。

ですが、トラックドライバーであれば目的地まで荷物を届けるだけの単独行動となります。

積み荷や、積み下ろしの際は荷主などのコミュニケーションは発生しますが、接客業のときのような複雑な人間関係はなし。

荷物のやり取りをするときだけのやり取りだけなので、お互いさっぱりした人間関係です。

荷物さえ積んでしまえば、後はトラックの中では自由時間。

音楽を聞いたり、友人と電話したり、タブレットにダウンロードした映画を見たりと何でも出来ますからね。

労働時間は接客業並みに長くはなりますが、給料は接客業よりは高いです。

対人関係のストレスを感じ接客業を辞めようとする人にはオススメ出来る職種ですね。

⇒「転職エージェントに登録して自分の強みをアピール方法を教えて貰いました!結果内定8社ゲット!(30代/女性)」

↓↓  転職者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉 ↓↓

転職先③資格を取得し転職する

不安①「転職したいけど、接客経験しか無いしキャリアもない。スキルアップしてキャリアップしたい」

不安②「接客業だけ経験じゃ将来が不安」

不安③「一生続けれる仕事を見つけたい」

と接客業だけの経験しかないと上記のような不安を一度くらいは感じたことがありますよね。

接客経験しか無くて転職に不安を感じるなら、資格をとって、希望の職業に転職しましょう!

「でも、ほんとに資格があれば転職に有利なの?」

と疑り深いアナタは転職エージェントリクルートエージェントによる「転職における資格の有用性」のデータをチェックして下さい。

参照:リクルートエージェント

上記のような資格を持っていれば、応募できる求人も転職先の幅はグッと広がるということ。

具体的には以下のような資格取得を目指していきましょう!

転職時に所持してると有利な資格

◆取得しやすい資格

◆取得が難しい資格

接客業から転職する場合の志望動機を3つの紹介!

「接客業から転職したいけど、どうやって自分をアピールしたら良いか分からない!」

というアナタへ志望動機や自己PRの方法を紹介するので参考にしてみて下さい。

志望動機①接客業の激務に耐えたストレス耐性をアピール

接客業疲れた人
接客業として毎日14時間、週6日間を約5年働き続けました!

と、接客業での激務に耐えてきたストレス耐性は、他の企業に転職するにしても十分なアピールポイントになります。

間違っても「接客業の休みの少なさが嫌で…」とネガティブな退職理由にするのは止めておきましょう。

ネガティブな退職理由を言い方を変えてポジティブな退職理由にするんです。

志望動機②異動が多くワークライフバランスが取れない

全国チェーンの店舗での接客業をしている人などは、「あまりにも異動が多いので、異動のない企業に転職したいと考えました」と伝えればOK。

接客業の仕事では、2-3年間の間に全国の店舗を何度も異動するのは当然かもしれません。

ですが、人事異動が頻繁にない企業からすると、何度も人事異動を強いるのは考えられないこと。

また事務職であれば、引越しを伴う人事異動なんてほぼありません。

なので、接客業から転職する際の志望動機としては適切と言えますよ。

志望動機③休日出勤・サービス残業を強制される

接客業はサービス残業や、休日出勤が当然の雰囲気ですよね。

ですので、転職先への志望動機として「仕事は好きだけど、無給で長時間働かされる勤務形態に疑問を感じ転職活動を始めました」と伝えるのは妥当。

ただ、注意点として「1分たりとも、残業をするつもりはない」と面接官に誤解されないように注意しましょう。

接客業のサービス残業が毎日3-4時間あること

休日にバイトが出勤しないと無給で休日出勤させられる

上記なような法律違反とも言える、異常な勤務形態の事実を伝え、志望動機としましょう!

ここでは書ききれなかったのですが、「志望動機が思い浮かばない!」という人の対策は以下の記事も参考にして下さい。

「ヤバッ何もない・・」転職面接で1つも志望動機が思い浮かばない場合の対処法を3つ紹介
「転職面接の時の志望動機まったく思い浮かばねぇわ・・」 「思いつかないなりに、企業の将来性とかを志望動機にしてみたけど、ありきたりな志...

「接客業を辞めたい人」が活躍できる職場を見つけるたった1つの方法

とはいえ

転職したい人
もっと具体的に自分でも希望求人に就職出来る方法を教えてくれよ!

と感じますよね(笑)

ハローワークなどの公的機関も積極的に活用してほしいのですが、ハローワークにも唯一デメリットがあります。

それは、求人数が圧倒的に少ないことです。

残念ながら、企業が人材を募集する際にハローワークを積極的に使って募集はしてないんですよ。

なのでハローワークには求人数が少ないので、アナタの希望する職種の仕事がない可能性があります。

転職したい人
じゃあどうやって希望の仕事を見つけるんだよ?!無理だよ!

と半ば諦めがちな人も多いはず。

どうしたら希望の企業や職種に転職が出来るのか?

それは転職エージェントに登録することです。

あなた1人で今の仕事をしながら、下記ような転職活動の準備が出来ますか?

転職活動でやらないといけないこと

  • 希望する求人探し
  • ブラック企業ではないのかのチェック
  • 履歴書・職務経歴書の内容のチェックや添削
  • 面接対策
  • 企業研究・業界研究
  • 志望動機を考える
  • 内定後の給与などの条件交渉

恐らく時間のない状態で1人で全て完璧にこなすのは不可能に近いはず。

ですが転職エージェントに登録すれば無料で全てサポートしてくれるんです。

転職したい人
なぜ無料なの? 

と思うかもですが、転職決定時に企業から紹介手数料を貰うので、転職希望のあなたは完全無料。

なので、転職活動する上で転職エージェントを使わない理由はありません。

「でも転職エージェントはどこを使えばいいか分からない!」

という人もいるでしょう。

基本的には転職エージェントは最低3社は登録するべき。

  1. doda
  2. ビズリーチ
  3. リクルートエージェント

転職をエージェントを上手に選ぶコツはココにも書いているのでチェックしてみてください。

転職エージェントの選び方!22社を徹底比較!面談のコツ&評判の良い転職エージェントだけを紹介!
「転職エージェントって何社もあるけど、どうやって選べばいいんだろう?」 と悩む人はホント多いです。 僕自身、転職エージェント業界で働...
 

dodaが転職エージェントの中でも優れている理由5つ

転職したい人
どうしてdodaが1番オススメなの?

と思うかもしれませんね。

転職エージェントとして厚生労働省に許可されているのは全国で22,223社も存在します。

「転職エージェントなんてどこも一緒でしょ!」

このように適当に選んでしまうと、とんでもなく質の低いサービスを受ける恐れもあるんです…。

転職活動を効率的に、確実に進めたいなら最低限doadのような質の高い転職エージェントサービスは利用するべき。

理由を5つ紹介していきますね!

理由①転職者満足度No.1の質の高いサポート

dodaは転職エージェント(人材紹介)利用者でのポジティブな口コミ件数で、「満足度1位」を獲得しています。

「よくある作られたアンケート結果でしょ?(笑)」

と思うかもしれませんねw

でも、実際私も10社以上の転職エージェントを使ってみた感想としてもdodaの専任アドバイザーが1番質が高く満足出来るものでしたよ。

私の場合はIT業界での転職を希望していたんです。

dodaの場合は過去にIT業界で勤務経験のある専任アドバイザーがついてくれたので、凄く話がしやすかったんですね。

※DODAからdodaに名称変更する前に頂いた名刺です

上記は実際私を担当してくださったキャリアアドバイザーさんから頂いた名刺です。

「関西ITグループ」と記載されていますが、dodaでは領域ごとに特化したキャリアアドバイザーさんがいるんですよ。

でも他の転職エージェントでは、希望する業界の未経験者が担当するケースも多かったんです…。

業界への理解が乏しいので当然紹介される求人もピントを外したものばかりでしたからね…。

また、dodaの転職者の満足度が高いその他の理由として、転職した後も「キャリアライフサポート」という仕組みがあるから。

これも他転職エージェントと異なる点ですね。

DODAのキャリアライフサポートのチラシ

※DODAからdodaに名称変更する前に頂いた資料です

普通の転職エージェントであれば、サポートは転職して入社するまで。入社後のサポートはありません。

ですが、dodaに関しては入社後の電話やメールでのアフターフォローが転職後2年間無料でついてきます。

「今後のキャリアをどうしたらいいか困っている」

などの相談も気軽に出来る仕組みです。

質の低い転職エージェントであれば転職先企業を紹介しっぱなし。転職後の転職者のキャリアやサポートには無関心なんてこともよくあります。

ですが、dodaでは転職後のサポートもあるので、適当な企業を紹介出来ませんよね。後々のトラブルになりかねないですから。

なので責任を持って、私たち転職希望者にピッタリの求人を紹介してくれるわけです♪

⇒「転職エージェントに複数登録しましたがサポートが1番親身で丁寧だったのはdodaでしたね!dodaからの紹介求人で転職先を決めました♪(30代/男性)」

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

理由②LINでも相談出来る!?親身なサポートで安心して相談出来る!

DODAのキャリアアドバイザーとLINEで相談できるチラシ

※DODAからdodaに名称変更する前に頂いた資料です

上記は私がdoda登録時に貰ったチラシの1枚になります。

dodaでは業界に先駆けて、LINEを使って専任のキャリアアドバイザーに相談出来るんです。

※注:もちろんキャリアアドバイザーさんの個人LINEじゃないですよ(笑)

メールですと、「質問したいな!」と思ったときも面倒だから後回しになってしまいかねません。

でもLINEなら職場でも、家でリラックス中でも気軽に質問出来ます。

いかにdoda側が転職者に親身にサポートしようとしてるか?親身な姿勢が伝わってくるサービスと言えますね。

理由③求人件数130,808件で業界最多!

転職エージェントは私自身、複数登録しました。

dodaを使ってみて良かったなと感じた理由の1つが、「圧倒的な求人数の多さ」ですね。

主要エージェント求人数比較
doda:13.8万件
■ビズリーチ:9.2万件
■リクルートエージェント:10万件

dodaの求人件数に関しては、実際に私のdodaのマイページ上の画像を掲載しています。

「125,089件」と書かれているのが分かりますよね?

リクルートエージェントやビズリーチなどの大手転職エージェントを抑えて圧倒的な求人数になっているんです。

非公開求人が8-9割!登録者限定の求人が9.6万件もある!

さらにdodaではの求人の8-9割が非公開求人。

つまり登録者限定で応募できる求人約9.6万件以上もあるんです。

転職といえば、リクナビネクストマイナビ転職などの求人サイトが一般的。

ですが、求人サイトには掲載されていない独占求人がdodaは数多く紹介されています。

転職サイト大手のリクナビNEXT(転職サイト)と、doda(転職エージェント)の求人数を比較してみました。

リクナビNEXTの求人数【東京全体】

リクナビNEXTの東京での求人件数

dodaの求人数【東京全体】

  • リクナビNEXT求人数⇒5,894件
  • dodaの求人数⇒23,050件

約3.9倍dodaの方が求人数が多いです。

当然求人が多くなると、私たち求職者にとっては選択肢が増えるので、求人数に比例して内定数も増えていくことになりますからね!

⇒「転職エージェントに登録したのは転職サイトに掲載されてない非公開求人目的です。非公開求人が多いほどよい転職先が見つかる可能性も上がりますからね(30代/男性)」

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

理由④転職希望者向けの各種セミナーが充実している!

DODAの面接力アップセミナー

「書類選考は通ったけど面接が自信ないな・・コツだけ教えて欲しい!」

と、面接が苦手という人向けにdoda登録者限定で「面接力アップセミナー」などの各種セミナーが無料で開催されているんです。

上記は一例として東京のセミナーの紹介ですが、全国8拠点で定期的に開催されているので気軽に参加しやすいですね。

DODAの面接対策コンテツで内定力UP!のチラシ

※DODAからdodaに名称変更する前に頂いた資料です

上記も私が登録時に貰ったチラシなのですが、セミナー以外にも「面接力アップのeラーニング動画講座」や「面接対策アプリ」などもあるので、面接対策も他転職エージェントと比較しても充実していると言えますね。

理由⑤女性向けの転職サポートも強い!

DODAの女性のための合同転職面談会の案内

dodaでは女性向けの転職サポートにも強みがあります。

転職したい人
じゃあdodaは男性の転職は強くないの?

と思うかもですが、男性向けの転職サポートはどこの転職エージェントも力を入れています。

何故なら転職エージェントとしても男性を中心に紹介したほうが儲かるから。

転職エージェントの売上は転職者の年収の20-30%を紹介手数料として企業に請求した金額となります。

例えば、年収500万円の転職者をdodaの紹介で転職させた場合。

dodaには年収の20-30%にあたる約100-150万円の紹介手数料が入る仕組みとなってます。

なので比較的年収の高い男性を紹介したほうが転職エージェントとしても儲けが大きいわけですね。

ですから女性転職サポートには積極的ではない転職エージェントも確実に存在します。

特に売上の厳しい中小の転職エージェントとか(笑)

その点dodaでは、上記のような女性専用の特設ページや合同転職面談会を実施するなどして積極的に女性の転職サポートを行っているんですよ。

理由⑥大都市圏だけではなく地方での転職にも強い!

DODAのUターン・Iターン転職の特集

dodaでは、「Uターン」「Iターン」を含めた地方での転職サポートにも強みがあります。

転職エージェントに登録した時のよくある話として「え?東京とか大阪の大都市しか求人ないじゃん!地方勤務希望なんだけど…」ということです。

これも転職エージェントの裏話なんですが、結局のところ規模の小さい転職エージェントだと、地方だと儲けが出しづらいんです。

なので、「東京・大阪でしか転職サポートしませんよ!」という企業もあるくらい(汗)

ですがdodaに関しては、全国の8拠点(札幌・仙台・東京・横浜・名古屋・大阪・広島・福岡)あり全国での面談サポートを受けれます。

また近くに拠点がなくてもいつでも電話サポートを受けれるので、安心感がありますね。

Uターン・Iターンの転職に力を入れているということは当然地方の求人も充実してるってことですよ♪

⇒「dodaは求人数も多く、地方の案件もたくさんあるとのことで登録!実際他の転職エージェントと比較しても地方の求人は多かったので満足ですね!(40代/男性)」

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

dodaへの無料登録方法

ですので、早速dodaへ無料登録を行い、専任コンサルタントからアドバイスを受けたり、気になる求人がないか?チェックしてみてください。

まず、公式ホームページより登録画面に進みます。2分で完了するのでサクッと登録しちゃいましょう!

doda公式HPのURL
⇒ https://doda.jp/
  • 氏名
  • 年齢
  • 住所
  • 連絡先
  • 直近の職歴
  • 希望面談日(電話面談でもOK)

などの必須項目を入力しましょう。

面談の方法に関して

面談は、dodaの全国8か所ある事務所に訪問しても良いですし、電話面談で登録を済ませてもOKです♪

登録者の8割は電話での面談で登録を済ませる人も多いので、電話面談の希望日程などを「自由記入欄」に記載しておくと良いですね。

電話面談の場合は30分程度、訪問しての対面での面談は60分ほど。

面談日は日曜日以外となってますね。

対応してくれる時間は「土曜日→18:00まで」「平日→20:00まで」でもOKなので仕事しながらでも面談しやすくなってますよ。

登録後、数時間以内にdodaの担当者から面談の日程の件で電話で連絡が入ります。

面談日程の調整をその電話で行って下さいね。面談日程を決めれば、後は面談日を待つだけです。

登録時に必要な書類はあるの?

転職したい人
登録する段階で必要な書類ってあるの?

登録の段階で必要な書類は一切ありません!

必要事項を最低限入力すればdodaからの無料転職サポートを受けることが出来ます。

具体的に、「紹介された企業に応募したい!」となった段階で履歴書や職務経歴書を用意すればOK。

「でも職務経歴書作るの面倒だなぁ…」

という人も多いと思います。私も同じこと思ってましたから気持ちはよ~く分かります(笑)

ですがdodaでは専任アドバイザーが、1から職務経歴書を作れるように徹底的にサポートしてくれるんですよ!

見本も用意してくれるので、見本に沿って職務経歴書を書くだけ。書いた後は添削もしてくれるので、書類選考に受かりやすい書類が勝手に出来あがるわけです(笑)

⇒「転職活動を効率的に進めたいなら転職エージェントは使うべきですね!だって職務経歴書の添削を無料でしてくれるサービスなんて他にないですから(笑)(20代/男性)」

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

転職エージェントに登録するべき人は?

転職エージェントを利用するべき人の特徴

  • 仕事に時間を取られ活動できない
  • 転職活動を中途半端にしたくない
  • 会社に迷惑かけず両立したい
  • 就活で仕事のプライオリティを落としたくない
  • 情報収集・書類作成を休日にしたくない
  • 面接のスケジューリングしたくない

こういった人は転職エージェントを活用すると悩みが解決されるでしょう。

特に「とにかく効率的に転職活動を進めたい」という人は絶対登録すべきです。

転職エージェントというのは、あなたの専任のコンサルタントが「あなたが活躍できる業界や職種のアドバイス」「応募書類の添削」「面接対策」などを無料で行ってくれるんです。

「じゃあオススメの転職エージェントは?」

と気になるところ。

オススメの転職エージェントは・・・

↓ ↓

転職決まらない人が多く登録している転職エージェントTOP3

doda/パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)

当サイト経由で1番多く登録されているの転職エージェントになります。

doda(デューダ)は大手人材人材会社のパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)グループが運営しているサービス。

転職支援業界で国内2位の売上高を誇っていますね。

dodaのポイントは以下になります。

①親身なサポートで転職者満足度No.1

dodaは転職者利用者へのアンケート調査で満足度No.1の実績。

満足度が高い理由としては、「登録者に寄り添った親身なサポート」だからです。

  • 転職に関する不安悩みごとの相談
  • 自分のキャリアプランに迷った時には面談でのキャリアカウンセリング
  • 将来の最適なキャリアプランの提案

このようなサポートの結果、転職サポートで年間1万人を成功に導く実績豊富なエージェントになります。

「以前転職エージェントに登録したけど放置された!」

「手厚く、親身なサポートを受けたい!」

という転職希望者が登録・利用すると特に満足度が高いですね。

②履歴書・職務経歴書の添削が抜群

dodaは履歴書・職務経歴書の添削が丁寧で分かりやすいと評判です。

転職活動での第一関門である書類選考。

応募書類で最大限自分の経験や能力をPRしないといけないのに、完璧な書類を作り上げている人は非常に少ないです。

その点、dodaのキャリアアドバイザーは

  • 1から応募書類の作成を手伝ってくれる
  • 履歴書を下書きすれば清書を代行してくれる
  • 書類選考通過率が約3倍にアップする書き方のコツを教えてくれる

といったサポートをしてくれるんです。

「書類選考で落ち続けて面接までたどり着けない・・」

という人は質が高いと評判のdodaの応募書類の添削を一度受けてみるべきですね。

③登録者限定の非公開求人が80%もある

dodaに登録した会員限定でしか閲覧できない非公開求人が全体の約80%あります。

非公開求人の中にはdodaだけが扱う独占求人も多いです。

求人の質も圧倒的に高く、業界最大手のリクルートエージェントとは違った独自の企業を紹介してくれるのが特徴。

⇒「転職者満足度No.1の言葉に惹かれて登録。確かに他の転職エージェントと比べてもサポートの質が抜群です。親身に相談に乗ってくれました!(20代/女性)」

ビズリーチ

ビズリーチはテレビCMでも話題の転職支援サービスですね。

特徴としては

①圧倒的なスカウトの豊富さ

ビズリーチに経歴書を登録するだけで、企業人事担当者や転職エージェントの担当者から毎日のようにスカウトが届きます。

登録した人のキャリア次第では、大手転職エージェントと比較して3-10倍ほどスカウトの数が増えた!という人もいます。

  • 「仕事が忙しくて求人チェックする時間がない」
  • 「とにかくたくさんの企業からのスカウトをチェックしたい」

という人は、登録するだけでスカウトがたくさんくるビズリーチが向いているでしょう。

②年収アップ出来る求人が多数

ビズリーチは他の転職エージェントと比較しても、年収アップできる求人が豊富です。

理由としてはビズリーチは元々年収600万以上のハイスペックのビジネスパーソンに特化していた転職支援サービスだったからです。

ですので現状年収が低い転職希望者であっても、ビズリーチでしかチェック出来ない好条件の求人が紹介されるでしょう。

  • 「今の年収に不満がある!」
  • 「もっともっと稼ぎたい!」

という人は登録しておくと良いでしょう。

※公式ホームページには「年収600万以上に支持される」とありますが、年収600万未満でも登録・利用は問題なく出来ます

③上場企業・大手企業の求人が多い

上に書いた「年収アップ出来る求人が多い」ということとも繋がりますが、ビズリーチは大手・上場企業の求人が多いです。

年収が多い求人が多いので、当然上場企業や大手企業の求人が多いのは必然なのですが。

ですので「新卒で入社できなかった大手に入社したい!」と感じる人は登録しておいた方が良いです。

とはいえ大手企業は周りも入社したいと感じる人気求人。

募集してもすぐに打ち切りになりますし、募集も若干名です。

なので逆算して早めにビズリーチに登録して、大手企業の求人を漏れなくチェックしておくことが大事だといえます。

⇒「他の転職エージェントよりも年収アップ出来る求人紹介が1番多かったですね!ビズリーチからの紹介求人で年収が30%ほどアップしました♪(30代/男性)」

リクルートエージェント

転職支援サービス最大手のリクルートグループの転職エージェントになります。

①業界最多の13万件の求人件数で他社を圧倒。

転職エージェント業界業界最大手リクルートエージェント。

公開求人・非公開求人が合わせると約13万件と業界最多の圧倒的な求人件数です。

「とにかくたくさんの求人の中から自分に合う求人を探したい!」

という人はリクルートエージェントの求人の多さを実感するべきでしょう。

②転職支援の成功実績32万件でNO.1

リクルートエージェントが転職支援業界で成功実績No.1となったのは以下の理由です。

求人数の多さ+担当キャリアアドバイザーの質の高さ=転職成功実績32万件

確かに、dodaのキャリアアドバイザーもレベルが高いのですが、dodaの特徴としては親切丁寧なサポートです。

一方リクルートエージェントの特徴としては、とにかくキャリアアドバイザーのアドバイスが的確ということ。

アドバイスの内容に無駄がなく、ズバリ自分が進むべきキャリアを示してくれるんです。

と使い分けが必要になってきます。

③女性向けの転職ノウハウが豊富

リクルートグループの中に人材派遣会社(リクルートスタッフィング)と連携した女性に特化した求人や濃いノウハウ情報が豊富にあります。

特に事務職・販売職などの業界職に精通したキャリアコンサルタントが多数在籍しているので相談しやすい環境は整っていますよ。

「女性ならでは目線で悩みを相談したり、共感してくれる担当者が良い!」

と感じる女性の転職希望者が登録すると満足なサポートを受けることが出来ます。

④夜間・土日祝日でもサポート受付!

リクルートエージェントは、平日・土日祝日いつでも20時以降にも相談が出来るんです。

「仕事が忙しいからなかなか転職活動の時間が割けない・・」

という人でも、在職しながら転職活動が出来るサ手厚いサービスと言えますね。

⇒「業界最大手だけあって紹介される求人数は桁違い!転職サイトに掲載されてない非公開求人も紹介されたので大満足です!(20代/女性)」

合わせてよく読まれている記事

①飲食を辞めたい理由6選。

飲食を辞めたい理由6選。飲食からの人気転職先9つ紹介!正社員で店長でも給料アップ出来る転職先はたくさんあるんです!
「飲食辞めたいけど、もうちょっと頑張った方がいいのかな・・」 と自分言い聞かせ頑張っているアナタに向けた内容です。 日本は我慢して耐...

②雇われ店長を辞めたい理由8選。

雇われ店長を辞めたい理由8選。飲食・コンビニ業からの人気の転職先も3つ紹介。給料低くて辛いなら年収アップ出来る職場を見つけよう!
「居酒屋、ファミレス、アパレルなどの雇われ店長だけど今すぐ辞めたい!」 雇われ店長を辞めたいと思う人って凄く多いですよね! 店長と聞...

③アパレル辞めたい人が今すぐ転職する理由3つとは?

アパレル辞めたい人が今すぐ転職する理由3つとは?人手不足や正社員だからと言い訳にするな!早く退職しないと希望職種に転職出来ない!
「アパレルの仕事を辞めるべきかどうか?」 仕事を続けるべきかどうか悩んでいるのなら今すぐ辞めるべき! アパレルの仕事をしていて辞めた...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする