体育会系の会社を辞めたい理由11選。人気の転職先も4つ紹介!体育会系企業を見極めて残業&詰めもない人気企業に転職だ

体育会系の会社を辞めたいと訴える部下

「体育会系の会社が合わない。辞めたいいな…」

「体育会系のノリがしんどいから無理!」

「働いていれば我慢も出来るようになって慣れてくるはず」

残念ながら体育会系の社風に合わない人は、慣れることなく苦痛だけに毎日になります。。

  • 行きたくない飲み会への強制参加
  • 上司・先輩からの命令は絶対服従
  • 厳しすぎる上下関係
  • 長時間労働する社畜が評価される風潮
  • 朝礼で社歌・社訓・企業理念を大声で唱和
  • 他の社員の前で人格否定の罵倒

体育会系の職場の特徴として「根性」「気合」という言葉飛び交いますよね。

「根性や気合だけじゃ解決しないだろ…」と体育会系の合わない社風に合わせる必要はなし!

毎日辛い思いをしているならアナタの考えや能力に合う、生き生きと働ける会社に会社に転職するべきです。

ですので今回は体育会系の会社を辞めたいアナタに、「体育会系の会社を辞める方法」や「転職を成功させる方法」を紹介していきます!

⇒「根性・気合で何でも乗り切れると思ってる体育会系の会社に限界!転職したら定時帰り出来るようになったんです(20代/男性)」

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

体育会系の会社を辞めたいと感じる理由11選

体育会系辞めたい人
体育会系企業のノリが合わなさすぎる…

と、体育会系のノリが合わず毎日苦痛しか感じない人もメチャクチャ多いです(汗)

ちなみに、体育会系に馴染めない人は「会社に行くのが辛い」と感じる過酷な環境しか待っていませんからね…。

特に体育会系の部活出身者を優先的に採用している企業だと、上下関係も無駄に厳しくなりがち。

具体的に「体育会系の企業を辞めたい!」と感じる理由を紹介していきますね。

理由①強制参加の社内の飲み会や行事が多すぎる

上司「日曜日で休みだけどバーベキューやるから。あ、ちなみに参加は強制な。給料は出ないけどw」

体育会系企業の特徴の1つとして、休日・退勤後などの勤務時間外に会社の人との強制的な付き合いが多すぎること(泣)

サービス残業をしてようやく仕事を終わらせたのに、無駄な飲み会に付き合わされるなんてことは日常茶飯事です。

休日になれば、運転手として早朝からゴルフやバーベキューなどの社内イベントに強制参加。

本音では「休みだし社内イベントに参加したくない!」と思っていても、上司から周囲からの目もあるので参加せざるえない雰囲気。。

社内イベントに参加しないと、仲間はずれや職場いじめに対象になって仕事が円滑に進まない状況になってしまいかねません。

しかも会社主催の飲み会でも支払いは割り勘。

体育会系企業「職場の仲間と常にコミュニケーション取るってチームワークを強めるのは当然だろ!?」

という意味不明な風潮があり、「断る」という選択肢を与えない雰囲気が体育会系の会社には存在しています。

仕事は仕事、プライベートはプライベートと割り切った働き方をしたい人には間違いなく合わない環境なんです(泣)

ちなみにプライベートを犠牲にして飲み会や行事が多い仕事して有名なのが「銀行員」。

銀行員は土日の休日をいかに犠牲にして上司に尽くすかが社内で出世していく近道とも言えるんです…。

銀行員を辞めたい人へ。辛い&辞めたいと感じる5個の理由とは?金融⇒異業種の転職が難しいのは嘘!鬱寸前なら今すぐ退職して人間らしい生活を手に入れよう!
「銀行員もう辞めたいな・・。でも銀行員は高収入だし安定もしているし迷う…。」 「銀行の古臭い体育会系の雰囲気とか、ノルマが厳しいやり方...

理由②「根性!」「気合!」精神論大好きな社風が合わない

体育会系の上司
 気合も根性も足りねぇんだよ!!

体育会系の会社のよくある特徴として、根性と気合だけあれば何でも解決できるし乗り切れると本気で思っていること(笑)

精神論・根性論だけが強調され、論理的な思考をもった上司も先輩も皆無。

仮に論理的思考を持った優秀な社員がいても「屁理屈ばっか言ってねぇでさっさとやれよ!」と根性論で押さえつけられ辞めさせれてしまいます…。

なので、効率化・論理的思考などは、体育会系の会社では必要なく根性論だけが評価されることになりますね。

結果、長時間労働・サービス残業・休日出勤など馬鹿でも出来る体育会系のノリを実行する社員が偉いとされてしまうんです。

特に繁忙期になれば、会社に何人も泊まり込むなんてことも。。家族の顔を何日も見れないという人だっています。

ほんと家族より仕事を優先するなんてバカなことはしないほうがいいですよ…。

家族を仕事より優先させるべき理由7個。仕事が邪魔で辞めたいなら両立出来る会社に転職だ!優先順位をつければストレスフリーになれる♪
「家族が大事!とか言って、残業しない社員は出世しないぞ」 就業時間後なのに、上司がが打ち合わせ参加するように言ってくることってあります...

基本的に精神論なので、「みんな頑張ってるんだし一致団結だ!根性だ!」と社長が掛け声をかけて社員にむち打ち働かせるわけです。

そりゃこんな会社誰だって辞めたいと思って当然なんですよ(汗)

理由③絶対的な上下関係。上司・先輩の指示は絶対服従

上司「仕事の成果出てないから明日も明後日も休日出勤な?分かったな?」

体育会系の会社では、上司や先輩の指示は絶対。当然口答えや拒否なんて絶対出来ません。

体育会系辞めたい人
え?いくら何でも理不尽すぎない…?

と、思うような命令でも従うのが当然。社内の雰囲気的にも意見することさえ許されませんからね。

どれだけアナタの仕事が片付いていようとも、上司や先輩よりも先に帰宅するななんてご法度。

「そんな会社体育会系のノリを通りこして、いじめとかパワハラなんじゃないの?」

と思うかもですが、その通り(笑)

体育会系の会社のとって、部下なんて使い走りだし、奴隷の扱いでしかありません。

当然会社での努力なんて報われることなんてないんですよ。

⇒「体育会系の会社で上司の意見は絶対。でも結果が出ないと自分の責任。嫌気が差して転職活動したら1ヶ月で5社も内定出ましたよ♪(20代/男性)」

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

■厳しすぎる体育会系の上下関係はどの会社でも存在する

体育会系辞めたい人
でもそんな厳しい上下関係の会社なんて一部でしょ?

異常なまでの厳しい上下関係の企業は、男性が多い、現場系・トラックなどの運送系などの一部の職場だけでしょ?と思うかもしれません。

いえいえ。それ以外のアパレルの世界でもメチャクチャ体育会系のノリですよ。

例えば、先輩社員がエレベーターに乗る前にはボタンを押して待つとか、私物の荷物を代わりに持つと上下限関係の厳しい業界はたくさんあります。

厳しすぎる社内の上下関係は優秀な社員の退職を招いて、会社の売上向上につながらないのにね。

立場や地位が高い人に権力が集中しすぎているのが、体育会系の会社の特徴と1つと言えるんです。

合わない上司とはとことん合わないので無理は禁物ですよ。

上司と合わない人へ。転職するべき3個の理由!ストレスでうつ病になるほど辛いなら無理するな!異動を待つ必要なし
「上司とウマ合わないが合わない。」 「仕事行きたくない。憂鬱だな・・」 と自分が希望していた就職先で一生懸命仕事励みたい!と思ってた...

理由④パワハラ・モラハラの横行

パワハラ・モラハラが当然ように横行しているのも、体育会系の企業の特徴です。

パワハラ・モラハラ企業の例

◆椅子を蹴飛ばし、耳元で怒鳴り恫喝する
◆理不尽や指示や要求をしてくる
◆長時間のサービス残業や労働の強制
◆「おまえの能力の低さは遺伝なのか?w」等の暴言やモラハラ

上記のようなことを会社の上司や先輩は当たり前のように言ってきます。

普通に考えて「パワハラ・モラハラでしょ!」と思いますよね。

でも、体育会系の企業ではパワハラ・モラハラが伝統的に行われているので社員全員が麻痺しまっているんです。

パワハラ・モラハラで上司が部下を恫喝すると、萎縮してしまいますよね。

その結果、無茶な業務指示に従うのが当然という雰囲気になるんです。

結果、仕事で能力の半分も発揮できず、ミスの連発。

ミスを起こすことでさらに上司からパワハラを受けるという悪循環となっているので体育会系企業なんですよ。

ちなみに「パワハラで辞めたい!」となった場合は、アナタが損しないように戦略的に辞めるのが大事です(笑)

パワハラで退職時に会社都合にする方法とは?自己都合にせず失業保険をすぐ受け取る方法も!退職届や内容証明の書き方も紹介
「上司からパワハラを受けていて辛い。退職しかないのかな・・」 「パワハラの原因は自分が仕事できてないからかな・・」 などなど。 職...

理由⑤体育会系のノリに合わせないと社内いじめ・ハブりの対象となる

体育会系辞めたい人
え?完全に俺のこと全員で無視してない?

体育会系の会社のノリに合わせないと、社内いじめやハブり対象となります。

体育会系が大好きな上司や先輩は無駄に仲間意識が強いです(笑)

なので、ノリに合わせる人はとことん優遇しますが、異を唱える人は全力で潰しにかかってきます。

パワハラや人格否定も日常茶飯事。

体育会系のノリに合わない社員を、潰すための方法が、社内いじめやハブりなんですね。

仲間意識が強すぎる反面、「体育会系のノリはおかしい!」という異なる価値観・個性的でユニークな人を排除してきます。

異常な体育会系のノリを強制する価値観の方が間違っているのですが、体育会系の会社では体育会系のやり方が全て。

なので馴染めない人は辛い社会人生活が続くことになるんですよ。

仮に今アナタが社内いじめの被害に遭っているなら、絶対に泣き寝入りは禁物!

会社の責任を追求する方法はいくらだってありますからね♪

職場いじめで退職するしかない?泣き寝入りは禁物!職場いじめの11個の対処法を紹介。絶対に負けるな!
「職場で社内の人に1日中無視されていて辛い・・退職するしかないのかな・・」 「自分だけ間違った仕事の指示を出されて、ミスをすると上司か...

⇒「体育会系のノリに合わなくて完全に社内で浮いてましたね…なので思い切って転職!まさかの転職したら給料アップですw(30代/男性)」

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

理由⑥体育会系の部活出身者じゃないと理解できないノリがあるから

体育会系辞めたい人
なんだよこのノリ。全然理解できねぇよ…

学生時代に体育会系の運動部出身じゃない人にとって、体育会系のノリは理解不可能(笑)

当然ですが、体育会系の会社には、部活やスポーツ経験者が優先的に採用されています。

社長自身が元体育会系でアスリートだったという企業がほとんどですね。

なので社長の経営方針で、スポーツで培った体力やメンタルのみが重視され、採用条件は「気合」と「根性」。学歴不問は不問!

なんてことになり、社員全員に体育会系のノリを強要してくるわけです。。

■体育会系の会社のノリとは?

「体育会系企業のノリ」と、「体育会系の部活のノリ」はほぼ同じ。

体育会系の運動部出身者であれば、社会人になってからの体育会系企業のノリも理解しやすいです。

1歳年齢が違うだけで、異常なまでの上下関係・一発芸の強要・長時間労働の強制なども比較的受け入れやすいですね。

他にも、体育会系の部活の顧問や監督の機嫌次第で、理不尽なグラウンド100周などの懲罰メニューも課せられます。

逆らうことなんて出来ませんし、仮に逆らおうもんなら、罵倒やさらなる理不尽な仕打ちを受けることになりますからね。

そういったパワハラまがいの上下関係を強制するのが体育会系のノリなんです。

結果下記のような社員が体育会系の会社で出世していくことになります。

体育会系で出世する人の特徴

◆上司のご機嫌取り、媚を売るのが上手い部下が出世
◆会社や上司に対する忠誠心を見せて上下関係を守り抜く
◆無駄な飲み会も二次会も100%参加
◆自発的に長時間労働・サービス残業をする

運動部出身者であれば、上記のような風習を当たり前のように経験してきたので、比較的に受け入れやすいです。

ただ運動部出身者とはいえ、体育会系のノリが好きかどうかは別の話ですが(汗)

とにかく体育会系企業では上記のことを積極的に行い、体育会系のやり方に従順であれば出世は確実。

会社に居続けたいならパワハラ・モラハラだろうが耐え続けないといけません。

社風に合うのは体育会系の部活出身者だけ。文化系の部活や帰宅部出身者の立場からすると、ストレスが溜まる辛い毎日です。

体育会系のノリについていけない人は相当なストレスを抱えて「仕事辞めたい…」と感じていくのです。

ストレスで仕事を辞めたいなら今すぐ転職だ!今すぐ会社を辞めるべき4つの理由
「毎日朝起きたくない・・職場に行くのが辛い・・もう辞めたい・・」 「職場の人間関係がストレスで、原因不明に体調不良。今の仕事辞めても大...

理由⑦体育会系企業を超えて、ただのブラック企業だから

体育会系辞めたい人
給料も払われない!法律違反じゃないの?

勘違いしがちですが、必ずしも「体育会系の会社=ブラック企業」とは限りません。

ブラック企業には明確な定義はありませんが、厚生労働省ではブラック企業の特徴を以下としています。

ブラック企業と体育会系企業の比較

◆体育会系の会社=上下関係の厳しさ。飲み会の強制参加。長時間労働の礼賛する企業
◆ブラック企業=残業代不払いなどの労働基準法違反・過重労働やノルマを課する企業

法律の範囲内、厚生労働省が定めるブラック企業の範囲内であれば体育会系企業と呼べます。

黄ですが、ブラック企業は完全に法律違反。

ブラック企業を辞めたいへ。辞めるべき理由4つ!新卒でもうつ病になって精神的に限界ならホワイト企業へ転職だ!辞め方や失業保険のテクニックも
「ブラック企業に入社してしまった・・早く辞めたいよ・・」 働き方改革なんて政権では言われてますが、長時間労働やサービス残業は当たり前。...

社員の心身の健康を守るという専任感もない、メンタルケアも一切会社や上司は論外。
違法な労働環境で我慢する必要なんてないですよ!

必要以上な根性論・精神論で何でも解決出来ると思っている会社は、体育会系を通り越してブラック企業の可能性大。

ブラック企業に馴染む必要もないので、厚生労働省管轄の総合労働相談コーナーなどの公的機関に相談し法律に則り粛々と対処していきましょう。

⇒「体育会系の会社だと思っていたらただのブラック企業でしたw労基に相談しつつ転職活動を始めました!(20代/女性)」

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

理由⑧仕事の成果が評価されるとは限らないから

体育会系の会社では仕事で成果を上げたことが昇進・出世に直結しないんです。。

体育会系辞めたい人
じゃあどうやったら評価されるんだよ?

と思いますよね。

体育会系の会社では、上司に気に入られるかどうかが昇進のポイント。

上司に気に入られるには、体育会系が大好きな気合を根性をいかにアピール出来るか。

効率化を求めて仕事の成果をどれだけ残しても、上司に気に入られないと体育会系の会社では一生評価されません。

「こんな会社やってられるか!」

いくら頑張っても給料も上がらないような体育会系の会社であれば辞めたくなるのも当然です。。

給料低い辞めたい人へ。給料上げる方法5個紹介!給料低い理由を知って今すぐ転職しよう!会社に居続けるのはリスクでしかないぞ
手取りが低い!薄給すぎる!15万円じゃ生活出来ないよ… 安月給で過ぎて貯金も贅沢もできない。このままじゃ死ぬ… 福利厚生が...

理由⑨過度な成果主義の評価体制だから

上司「仕事は結果が全てなんだよ!成果出てないのに休み取れると思うなよ!気合が足りねぇんだよ!」

と、体育会系企業では極端なノルマを課す成果主義の会社も存在します。

先程は、「成果が評価されない企業は体育会系企業」と書きましたね。

体育会系企業では特徴があり、「成果の評価はされるが過酷すぎるノルマ」の成果主義の会社もあるんです。

特に営業職で過度な成果主義が顕著ですね。

社歴・学歴・年齢に関係なく成果さえ出せば役職も年収も簡単にアップていきます。

ただ下記のようなデメリットがあるんです…。

■体育会系の部活出身者じゃない人は辛い仕組み

ストイックで競争心が強い人なら過度な成果主義の会社でも精神的に持ちこたえられます。

学生時代では常に競争にさらされ勝ち癖が身についている人もいるので、そういった人は音を上げません。

放っておいても自分で目標を立てて達成に向けたプランを立てますからね。

ですが、元体育会系の部活出身者じゃない人にとっては過度な成果主義は辛いだけ。

成果が出ないと月給10万円以下、ボーナスも支給なし、月の休みは1-2日のみ、毎日終電帰りの長時間労働を強制されますからね…。

そもそも目標設定が高すぎるのでほとんどの社員は目標達成できずに、体育会系企業の餌食になるだけ。

過度な成果主義の評価体制を敷く会社は体育会系企業で非常に多いですね。

過酷なノルマで毎日のように詰められる仕事として有名なのが銀行員(笑)

銀行員がどのようにして毎日のような詰めに対処しているかは下記の記事でまとめています。

銀行のノルマ&詰めの対策方法11選!ノルマ達成出来ずに辛いなら無理せず転職しよう!人気の転職先も5つ紹介
「オイ!おまえ今月のノルマどう達成するつもりだ!?契約取ってくるまで家に帰れるなんて思うなよ?」 と、銀行の仕事では当たり前のように「...

理由⑩大声で罵声を浴びせ指導(?)されることが多い

体育会系企業の上司
オイッッ!!聞いてんのかァァ!?

体育会系の会社では、声を出して気合で乗り切ることが大好き。

しかも、ただ声を出しておけばよいのではなく、大声を出すことが気合いを入れることだと思ってます(笑)

大声を出しテンション高く仕事すれば成果に繋がるなんてことを考えるのが体育会系。

冷静に黙々と仕事をすることは、体育会系の会社ではやる気があると評価されません。

積極的に声を出さない社員は、「やる気ないのか?てめぇ。ぶっ飛ばすぞ」と上司や先輩社員から恫喝に近い指導(?)を大声でされるんです(汗)

体育会系の人たちは会社での仕事と、スポーツの世界と一緒だと考えます。

確かにスポーツや団体競技の世界では大声を出すことで雰囲気も良くなり「やってやる!」という意識になるかもしれませんね。

でも仕事には頭を使い冷静に戦略を練らないといけない場面も多いはず。

体育会系の人たちのバカの一つ覚えみたいに大声を張り上げてりゃ仕事の成果が上がるってもんでもないですよね(笑)

理由⑪身だしなみへの異常な厳しさ

体育会系企業の上司「オイ!おまえ襟足も襟足も社内規定より5ミリ長いぞ!舐めてんのかァァ!?」

時代錯誤な身だしなみに異常に厳しいチェックがある体育会系企業もあるんです。

そんな企業では、髪の毛の色・長さ・スーツの色など細部までチェックされるんですよ(汗)

髪が長ければ罰としてバリカンで坊主にされてしまうことも。。

体育会系辞めたい人
ロン毛とか極端に身だしなみが酷かったんじゃないの?

と思うかもですが、一般的なサラリーマンの身だしなみであっても社内規定で処罰の対象になるんです。

学生時代の体育会系のノリを引きずったまま社会人になると、こういった厳しすぎる身だしなみの規定をしている会社もあるんですよね。。

⇒「毎日のように罵声を浴びせられ感覚が麻痺してました。でも転職エージェントに相談白j早く辞めたほうが良いと言われ転職することにしました(30代/男性)」

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

体育会系の会社が合わない!辞めたい!と感じた時に対処法3つ

「しっかり下調べしたけど、転職してから体育会系の会社と知った…合わないし辛いから辞めたい」

と転職後に体育会系企業と気づいて辞めたいと思った場合の対処法を紹介していきます!

対処法①辞めずに我慢する

体育会系辞めたい人
この会社に何を言っても無駄だ…社畜として我慢し続けよう

と割り切って我慢するのも1つの方法。

体育会系企業の精神論・感情論などの価値観に対し、いくら理論をぶつけても話は平行線ですからね…。

体育会系企業で活躍するには、アナタ自身も精神論の考え方に染まるしかありません。

ただデメリットとして、半端ないストレスが溜まってしまうということ(汗)

アナタには理解できない考え方や、ノリに併せ続くないといけないので精神的苦痛は計り知れないものになります。

メンタルを消耗し、健康まで害してしまい、最終的に精神を病み長期休暇をとらざるえない人も。

睡眠障害になったり、うつ病で会社を休む人もメチャクチャ多いですからね…。

うつ病から仕事復帰する方法10個。辞めたい・続かない・行きたくないなら転職しよう!鬱で休むのが不安になる原因も紹介!
「会社に行かないといけないのに、うつ病で仕事が出来ないかも・・」 と、悩む人は多いです。特に最近は。 原因としては、仕事上のストレス...

対処法②公的機関に相談し全面対決する

あくまで、体育会系企業がパワハラや長時間残業や残業代不払いなどの労働基準法違反している場合の対処法になります。

社会保険や雇用保険に加入してないブラック企業もありますね。

こういった場合は、国や都道府県の公的機関に体育会系企業の企業実態を相談して、代わりに対処してもらいましょう。

もしくは法テラスを使えば、格安で弁護士を雇い企業と直接対決する方法もあります。

私も当時勤務している企業から3ヶ月分の給料不払いがあったので法テラスに相談し弁護士と契約。

約80万円の不払い給料を回収してくれたんです。気になる弁護士報酬は全部で6万5000円ほど。

「でも弁護士まで立てるのはちょっと・・・」

というあなたは、労働基準監督署や、厚生労働省管轄の総合労働相談コーナー相談すれば無料で解決方法などを教えてくれますよ。

明らかに体育会系企業に非がある場合は泣き寝入りせずに徹底的に戦いましょう!!

■労働相談センター

厚生労働省管轄の総合労働相談コーナー

総合労働相談コーナーは厚生労働省管轄で各都道府県に380箇所設置されています。

パワハライジメ嫌がらせ以外にも、解雇雇い止め配置転換・賃金引き下げなど労働問題の相談に乗ってくれます。

⇒総合労働相談コーナーの公式サイトで詳細をチェックする

■法テラス

日本司法支援センターの法テラスのHP

法テラスは基準を満たせば弁護士や司法書士に無料相談可能(1相談30分まで。同案件の相談は3回まで)。

法テラスに訪問しなくても電話・メールでも相談も可能です。

【電話番号:0570-078-374】

⇒法テラスの公式HPをチェックする

対処法③辞めて転職する

体育会系辞めたい人
こんな理不尽な会社やってられるか!辞めてやる!

と思い切って退職し転職するのも方法の1つです。

我慢する方法や、公的機関に相談し戦う方法なども紹介してきましたが、2つの方法はどちらも半端なく精神を消耗します。。

だったら、潔く退職して条件の良い企業に転職する方法が1番時間も手間もかかりませんからね。

特に我慢すると精神的に相当やられてしまうので、ストレスを抱え続けるのは個人的にはお勧め出来ません。

会社を辞めて自分の考え方に合う企業に転職する方が、アナタ自身の能力を発揮出来ることもあるんです。

「よしじゃあ今すぐ転職先を決めよう♪」

と焦って、転職先も決めてしまい同じような体育会系企業だったら目も当てられません(笑)

下記で紹介する方法を実践し、慎重に転職先は選ぶようにしましょう!

⇒「体育会系の会社以外転職できない…って諦めてました。でも転職エージェントに相談したら年収100万円で転職できたんです!(30代/女性)」

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

「体育会系の会社を辞めたい」人が活躍出来る職場を見つけるたった1つの方法

「でも転職経験もないし、どういう企業で働くのが自分に合っているか分からないよ!」

と感じている人も多いと思います。

そんな人は転職エージェントに登録するのが1番の近道です。

あなた1人で今の仕事をしながら、下記のことができますか?

  • 楽な仕事の求人探し
  • ブラック企業ではないのかのチェック
  • 履歴書・職務経歴書の内容のチェックや添削
  • 面接対策
  • 企業研究・業界研究
  • 志望動機を考える
  • 内定後の給与などの条件交渉

恐らく時間のない状態で1人で全て完璧にこなすのは不可能に近いです。

ですが転職エージェントに登録すれば無料で全てサポートしてくれるんです。

転職したい人
なぜ無料なの? 

と思うかもですが、転職決定時に企業から紹介手数料を貰うので、転職希望のあなたは完全無料。

なので、転職活動する上で転職エージェントを使わない理由がないんです。

「でも転職エージェントはどこを使えばいいか分からない!」

という人もいるでしょう。

基本的には転職エージェントは最低3社は登録するべき。

  1. ビズリーチ
  2. DODA
  3. リクルートエージェント

転職をエージェントを上手に選ぶコツはココにも書いているのでチェックしてみてください。

転職エージェントの選び方!22社を徹底比較!面談のコツ&評判の良い転職エージェントだけを紹介!
「転職エージェントって何社もあるけど、どうやって選べばいいんだろう?」 と悩む人はホント多いです。 僕自身、転職エージェント業界で働...

「でも3社も登録する時間がない!」

って人は、確実にビズリーチだけは登録しておくべき。

何故ならあらゆる面で転職業界No.1だからです。

  • 年収600万円以上の求人数が業界No.1
  • 求人件数が10.6万件で業界No.1
  • キャリアアドバイザーが2500人で業界No.1
転職したい人
登録したら転職しないとダメなんでしょ?
という誤解がありますが、転職急かすようなことなんてなし!
  • 転職情報収集
  • 転職市場価値の確認
  • 求人のチェック
  • 応募書類のチェックをして欲しい
などなど。
転職に詳しい友人に軽く相談する気持ちで登録する人が多いんです。
相談してアドバイスを受ける意味でとりあえず使ってみることをオススメします。
 
しつこいですが、登録も利用も完全無料なので、下記のビズリーチ・リクルートエージェント・DODAの3社登録がベスト。
 
もし「面倒くさい」「時間がない」という場合は最低ビズリーチだけは登録して使ったほうがいいです。
 

ビズリーチが転職エージェントの中でも優れている3つの理由

理由①年収600-1000万円以上の求人数が業界最多。支持率No.1

ビズリーチは他の転職エージェントと比較しても年収600万円以上の求人数が最多で支持率No.1のサービスなんです。

年収ごとの求人数比較

■年収600万円以上の求人数
ビズリーチ:89,830件
リクルートエージェント:51,403件
DODA:22,212件

■年収1000万円以上の求人数
ビズリーチ:21,500件
リクルートエージェント:10,057件
DODA:2,331件

理由②求人件数が10.6万件で業界最多!

私自身複数社登録しました。

その中でビズリーチが1番良かったなと感じた理由の1つが、「圧倒的な求人数の多さ」ですね。

主要エージェント求人数比較
■ビズリーチ:10.6万件
■リクルートエージェント:10万件
■DODA:8万件

僅差ですがビズリーチの求人数が多いことが分かりますね。

比較として転職サイト大手「リクナビNEXT」と「ビズリーチ」の東京での求人数も比較しておきます。

リクナビNEXTの求人数【東京】

ビズリーチの求人数【東京】

  • リクナビNEXT求人数⇒5,827件
  • ビズリーチの求人数⇒68,874件

11.8倍ビズリーチの方が求人数が多いです。

当然求人が多くなると、私たち求職者にとっては選択肢が増えるので、求人数に比例して内定数も増えていくことになります。

理由③キャリアアドバイザーの人数が2,500人以上と圧倒的

ビズリーチは転職エージェントの中でもキャリアアドバイザーの数が圧倒的なんです。

数が多いほうがアナタに合う求人を紹介してくれる確率も高まるので、数が多いほうが良い求人に巡り会える確率も高まるということです。

キャリアアドバイザーの人数比較

ビズリーチ:2,500人以上
リクルートエージェント:470人
DODA:非公表

 

ビズリーチへの無料登録方法

早速ビズリーチへ無料登録を行い、キャリアアドバイザーからアドバイスを受けましょう!

まず、公式ホームページより登録画面に進みます。

■ビズリーチ公式HPのURL
https://www.bizreach.jp

  • 氏名
  • 年齢
  • 住所
  • 連絡先
  • 直近の職歴

などの必須項目を入力しましょう。

転職したい人
入力が面倒だな・・

と登録時の氏名などの入力が面倒くさい・・と感じる人もいますよね。

ビズリーチの場合は、氏名・生年月日などの基本情報は選択形式などの入力の手間は不要!

気楽にポチポチ選んでいくだけなのでかなり楽なんです♪

ステップ①性別の選択

ステップ②都道府県の選択

ステップ③生年月日の選択

⇒「ホントに職務経歴を登録するだけでスカウトが1週間で52件も届くんですね!?(30代/男性)」

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

ビズリーチへ登録して今よりも条件の良い職場へ転職しよう!

転職は当然ですが、転職のプロに相談するのがベスト。

私自身、ビズリーチへ登録して応募書類の添削をしてもらってから、書類選考の通過率が約2.5倍にアップしました。

転職エージェントのプロの視点は、本当にすごいんだなと感心しましたね。

いかに自分で作った応募書類の内容が穴だらけだったかということですが(笑)

リクルートエージェントへ登録してプロのコンサルタントにアドバイスを受けることで、確実に今以上企業に対してアピールすることが出来ます。

結果、収入面・待遇面・仕事の内容で、今以上の職場に転職できる確率もグッとアップしますよ。

今すぐ登録して、絶対に転職を成功させましょう!!

⇒「ヘッドハンターの独占求人のおかげで年収が273万円上がりました!(40代/男性)」

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

転職エージェントに登録するべき人は?

転職エージェントを利用するべき人の特徴

  • 仕事に時間を取られ活動できない
  • 転職活動を中途半端にしたくない
  • 会社に迷惑かけず両立したい
  • 就活で仕事のプライオリティを落としたくない
  • 情報収集・書類作成を休日にしたくない
  • 面接のスケジューリングしたくない

こういった人は転職エージェントを活用すると悩みが解決されるでしょう。

特に「とにかく効率的に転職活動を進めたい」という人は絶対登録すべきです。

転職エージェントというのは、あなたの専任のコンサルタントが「あなたが活躍できる業界や職種のアドバイス」「応募書類の添削」「面接対策」などを完全無料で行ってくれるんです。

「じゃあオススメの転職エージェントは?」

と気になるところ。

オススメの転職エージェントは・・・

↓ ↓

  1. ビズリーチ
  2. DODA
  3. リクルートエージェント

「銀行を辞めたい」人が多く登録している転職エージェントTOP3

ビズリーチ

当サイト経由で1番多く登録されているの転職エージェントになります。

ビズリーチはテレビCMでも話題の転職支援サービスですね。

①キャリアアドバイザー2,500人以上からの圧倒的なスカウトの豊富さ

ビズリーチのキャリアアドバイザーは他社より10倍以上多い2,500人以上。

ですので経歴書を登録するだけで、企業人事担当者や転職エージェントの担当者から毎日のようにスカウトが届きます。

登録した人のキャリア次第では、大手転職エージェントと比較して3-10倍ほどスカウトの数が増えた!という人もいます。

  • 「仕事が忙しくて求人チェックする時間がない」
  • 「とにかくたくさんの企業からのスカウトをチェックしたい」

という人は、登録するだけでスカウトがたくさんくるビズリーチが向いているでしょう。

②年収600万円以上の求人数が8.9万件で業界最多。年収アップ出来る求人が多い

ビズリーチは他の転職エージェントと比較しても、年収アップできる求人が豊富です。

年収600万円以上の求職者からの支持率No.1というデータが物語るように、求人数は8.9万件と他社よりも多い求人数となります。

ですので現状年収が低い転職希望者であっても、ビズリーチでしかチェック出来ない好条件の求人が紹介されるでしょう。

  • 「今の年収に不満がある!」
  • 「もっともっと稼ぎたい!」

という人は登録しておくと良いでしょう。

※公式ホームページには「年収600万以上に支持される」とありますが、年収600万未満でも登録・利用は問題なく出来ます

③上場企業・大手企業の求人が多い

上に書いた「年収アップ出来る求人が多い」ということとも繋がりますが、ビズリーチは大手・上場企業の求人が多いです。

  • アマゾンジャパン
  • 資生堂
  • ソニー
  • 武田薬品日産自動車
  • 富士フィルム
  • ソフトバンク

年収が高い求人が多いので、当然上場企業や大手企業の求人が多いのは必然なのですが。

ですので「新卒で入社できなかった大手に入社したい!」と感じる人は登録しておいた方が良いです。

とはいえ大手企業は周りも入社したいと感じる人気求人。

募集してもすぐに打ち切りになりますし、募集も若干名です。

なので逆算して早めにビズリーチに登録して、大手企業の求人を漏れなくチェックしておくことが大事だといえます。

⇒「ビズリーチのハイスペック求人で年収が1.5倍にアップしました!(30代/男性)」

DODA/パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)

DODA(デューダ)は大手人材人材会社のパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)グループが運営しているサービス。

転職支援業界で国内2位の売上高を誇っていますね。

DODAのポイントは以下になります。

①親身なサポートで転職者満足度No.1

DODAは転職者利用者へのアンケート調査で満足度No.1の実績。

満足度が高い理由としては、「登録者に寄り添った親身なサポート」だからです。

  • 転職に関する不安悩みごとの相談
  • 自分のキャリアプランに迷った時には面談でのキャリアカウンセリング
  • 将来の最適なキャリアプランの提案

このようなサポートの結果、転職サポートで年間1万人を成功に導く実績豊富なエージェントになります。

「以前転職エージェントに登録したけど放置された!」

「手厚く、親身なサポートを受けたい!」

という転職希望者が登録・利用すると特に満足度が高いですね。

②履歴書・職務経歴書の添削が抜群

DODAは履歴書・職務経歴書の添削が丁寧で分かりやすいと評判です。

転職活動での第一関門である書類選考。

応募書類で最大限自分の経験や能力をPRしないといけないのに、完璧な書類を作り上げている人は非常に少ないです。

その点、DODAのキャリアアドバイザーは

  • 1から応募書類の作成を手伝ってくれる
  • 履歴書を下書きすれば清書を代行してくれる
  • 書類選考通過率が約3倍にアップする書き方のコツを教えてくれる

といったサポートをしてくれるんです。

「書類選考で落ち続けて面接までたどり着けない・・」

という人は質が高いと評判のDODAの応募書類の添削を一度受けてみるべきですね。

③登録者限定の非公開求人が80%もある

DODAに登録した会員限定でしか閲覧できない非公開求人が全体の約80%あります。

非公開求人の中にはDODAだけが扱う独占求人も多いです。

求人の質も圧倒的に高く、業界最大手のリクルートエージェントとは違った独自の企業を紹介してくれるのが特徴。

⇒「大手転職エージェントだけあってサポートの質が凄く良かったです!親身に相談に乗ってくれました!(20代/女性)」

リクルートエージェント

転職支援サービス最大手のリクルートグループの転職エージェントになります。

①業界最大級の10万件の求人件数。

転職エージェント業界業界最大手リクルートエージェント。

公開求人・非公開求人が合わせると約10万件と業界最多の圧倒的な求人件数です。

「とにかくたくさんの求人の中から自分に合う求人を探したい!」

という人はリクルートエージェントの求人の多さを実感するべきでしょう。

②転職支援の成功実績32万件でNO.1

リクルートエージェントが転職支援業界で成功実績No.1となったのは以下の理由です。

求人数の多さ+担当キャリアアドバイザーの質の高さ=転職成功実績32万件

確かに、DODAのキャリアアドバイザーもレベルが高いのですが、DODAの特徴としては親切丁寧なサポートです。

一方リクルートエージェントの特徴としては、とにかくキャリアアドバイザーのアドバイスが的確ということ。

アドバイスの内容に無駄がなく、ズバリ自分が進むべきキャリアを示してくれるんです。

と使い分けが必要になってきます。

③女性向けの転職ノウハウが豊富

リクルートグループの中に人材派遣会社(リクルートスタッフィング)と連携した女性に特化した求人や濃いノウハウ情報が豊富にあります。

特に事務職・販売職などの業界職に精通したキャリアコンサルタントが多数在籍しているので相談しやすい環境は整っていますよ。

「女性ならでは目線で悩みを相談したり、共感してくれる担当者が良い!」

と感じる女性の転職希望者が登録すると満足なサポートを受けることが出来ます。

④夜間・土日祝日でもサポート受付!

リクルートエージェントは、平日・土日祝日いつでも20時以降にも相談が出来るんです。

「仕事が忙しいからなかなか転職活動の時間が割けない・・」

という人でも、在職しながら転職活動が出来るサ手厚いサービスと言えますね。

⇒「業界大手だけあって紹介される求人数は桁違い!転職サイトに掲載されてない非公開求人も紹介されたので大満足です!(20代/男性)」

体育会系の会社に入社・転職しないための見極め方法7選

「転職したいけど、体育会系の会社を避ける方法ってあるのかな?」

体育会系の会社の社風やノリが合わずに退職を検討しているなら、次の職場は体育会系ではない普通に会社に転職したいですよね!

ここからは「体育会系を見分ける具体的な方法」を紹介していきますね!

方法①社員紹介ページで体育会系かどうかを判断

「学生時代は野球に打ち込んでいました!」

など社長や社員の経歴紹介のページの打ち込んだことや趣味の欄をチェックしましょう。

野球・サッカー・バレーボール・柔道などの運動部系出身者ばかり社員紹介ページに載っている企業の場合。

ほぼ体育会系の会社であると想定されます。。

会社の公式HPに社員紹介ページがなければリクナビなどの新卒向けの就活サイトをチェックすると書かれていることが多いですね。

方法②現役・元社員向けの口コミサイトをチェックする

勤務しようとしている会社が上下関係に厳しいかどうかを入社前に見極めるのは至難の業。

体育会系辞めたい人
じゃあ入社するまで分からないのかよ!転職は賭けじゃん(T_T)

と思うかもですが、各企業の口コミサイトを使うと体育会系企業かどうか分かるようになります。

Vorkers

Vorkersの公式HP

Vorkers公式サイトをチェックする(無料)

転職会議

転職会議のの公式HP

⇒転職会議の公式サイトをチェックする(無料)

カイシャの評判

カイシャの評判の公式HP

⇒カイシャの評判の公式サイトで詳細をチェックする(無料)

実際某不動産会社の口コミをチェックしてみると下記のように書かれていますからね(汗)

厳しい体育会系の風土、企業文化。営業の中途採用を積極的に行っている。しかし離職率が高く長期間在籍する社員は限られている

参照:vorkers

転職先として検討する企業を「体育会系企業ではないかな?」1社ずつチェックするのが確実。

大手企業の場合は社員数も多いので口コミも豊富です。

でも中小・零細企業だと口コミがないケースもあるので全ての企業の口コミが見れるわけじゃないので注意が必要です。

方法③社歌・社訓を大声で唱和されるかどうかはHPをチェック

体育会系辞めたい人
社歌・社訓を大声で唱和なんて絶対にしたくない!

というあなたは、転職先として検討している企業のHPを隅々までチェックしましょう。

社訓や社歌などのHP上にデカデカと掲載されていると、入社後に唱和を強要される可能性大!

だって普通に考えて企業のHPを訪問した人が、社歌がどんな内容かなんて興味ないでしょ(笑)

それをあえて掲載していることはそれだけ社内で社歌・社訓を大事にしている証。

体育会系企業である可能性が高いですね。

方法④精神論・根性論の会社かどうかはキャッチフレーズをチェック

「本気」「勝負」「気合」「勝利」「夢」「情熱」「努力」

などのキャッチフレーズや企業理念をHPや採用ページで打ち出している企業は要注意。

仕事なんですから本気でやるのは当たり前。

企業はいかに社会やお客さんに貢献し価値を提供するかが大事ですよね。

にも関わらずいかにも体育会系企業が好きそうな「本気」という言葉が、HP・社内ブログ・社長のSNSなど盛んに発信されている場合は要注意。

体育会系企業の可能性大です!

⇒「次の転職先では絶対に失敗したくなかったので転職エージェントで無料相談。転職サイトにはない非公開求人ばかりで驚きでしたね!(20代/女性)」

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

方法⑤「20代で年収1000万円!」などインセンティブを打ち出す企業は要注意

20代で年収1000万円稼げるインセンティブの募集要項

↑こんな会社は要注意!

転職サイトや、採用ページに下記の聞こえの良い募集文が書かれている企業は大抵が体育会系企業です(汗)

  • 「20代で年収1000万円も可能!」
  • 「頑張った成果はインセンティブで反映!」
  • 「社歴・年齢に関係なく役職を与えます!」
  • 「目標を達成すれば定時帰りも可能!」

そもそも20代で年収1000万円超えるなんて、外資系企業など一部のみ。

新卒で大手企業に入社しても20代で年収700-800万円あれば一握りの超優秀な社員といえます。

なのに名前も聞いたことがない中小企業で年収1000万もの給料を払えるわけないでしょ(笑)

仮に支払えたとしても、高年収の原資は他の社員の給料を削って一部の優秀な社員にインセンティブを払っているから。

上記のような異常なインセンティブの高さをウリ文句にして募集をかけている企業のほとんどが体育会系企業なので要注意ですね。

方法⑥離職率の高さのチェック

体育会系の会社は全体的に離職率も高いです。なので、転職前に離職率の高さはチェックしておきたいですね。

仮に離職率が低い企業であれば体育会系の企業であったとしても、それ以上のメリットがあるということ。

給料や福利厚生などのメチャクチャ良いとかですね。

「仕事を辞めないといけないほど酷い体育会系企業ではないんだな」という判断もできます。

離職率の高い会社というのは、労働環境は最悪。

長時間残業も当たり前で、上司が威圧的な体育会系企業ってケースが多いんです。

間違っても体育会系企業に入社してしまわないようにしましょう。

方法としては、就職四季報や、先程紹介した元社員による口コミサイトなどをチェックすること。

就職四季報 総合版 2019年版 (就職シリーズ)

就職四季報 総合版 2019年版 (就職シリーズ)

2,050円(09/21 22:51時点)
発売日: 2017/11/24
Amazonの情報を掲載しています

とはいえ、口コミサイトなどは匿名で書かれていているので情報の真偽は分かりません。

なので、就職四季報などあらゆる方法を使い、業界研究・企業研究を徹底するべき。

慎重に判断し体育会系企業を避けるようにしたいですね!

対策⑦社内イベントが多すぎないかチェックする

体育会系企業はとにかくイベントを無駄に開催したがります(笑)

体育会系企業でやりがちなイベント

  • バーベキュー
  • ボーリング大会
  • 社長の誕生日
  • ゴルフコンペ
  • 運動会
  • 飲み会

などなど。平日の就業時間後や、土日に休日に毎週のように開催する企業もありますからね。

特に飲み会や忘年会などでは新入社員や中途入社してきたばかりの社歴に浅い社員に余興や一発芸をやらせることもしばしば。

体育会系辞めたい人
会社の人とは仕事以外で関わりたくない!

というアナタは、社内のイベントが多い会社かどうか入社前に絶対に見極めるべき

方法としては、企業のSNSや公式HPのブログなどにをチェックしてどれくらいの頻度で社内イベントの様子が掲載されているかを確認するんです。

普通の会社では3ヶ月に1ヶ月程度社内イベントがあれば多い方ですが、体育会系企業は確実に毎月or毎週開催されています。

社内イベントの多さをSNSやブログを使ってチェックしましょう。

あとできれば友人や知り合いのツテを辿ってOB・OG訪問ができれば1番確実ですね。

採用ページでは企業のポジティブな面に書かれていないので、ネガティブな面を知るにはOB・OG訪問が最適です。

⇒「体育会系のノリに合わなくて完全に社内で浮いてましたね…なので思い切って転職!まさかの転職したら給料アップですw(30代/男性)」

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

体育会系企業で働くことの3つのメリット

体育会系辞めたい人
でも本当に体育会系企業ってメリットって1個もないのかな?

体育会系企業を辞めようかどうしようか揺れ動く人もいるはず。

上記では「体育会系企業で働くこと」のデメリットを紹介してきたいので、ここからはメリットも紹介しておきます。

メリット・デメリットを踏まえた上で、転職するべきかどうか考えるようにしましょう!

メリット①体育会系企業は結束力が強い

体育会系企業の上司
お俺たち仲間じゃないか!?力を合わせてこの仕事頑張ろうぜ!

体育会系出身者ならではのチームプレーや相互扶助を無意識に出来るのが体育会系出身者の良い点です。

なので体育会系企業で働いていれば、チームとして一体なって目標に取り組めるようになるんです。

体育会系の部活出身者だった人たちは、学生時代に毎日ハードな練習に仲間と結束して耐えてきた経験があります。

なので、チームワークや結束力というもの無意識に実行出来るんですよね。

体育会系の熱い組織が合う人にはメリット感じれるはず。

ですので、朝出勤した後に挨拶をしない先輩社員や同僚なんてこともありません(笑)。

みんな元気に挨拶します。

体育会系企業ではない会社だと社員同士の挨拶すらせず始業しちゃう会社だってありますからね(汗)

メリット②明確な上下関係

体育会系の企業では、非常にわかりやすい上下関係が存在します。

後輩など下の者が上の者を立てることは欠かしません。

友達同士のような曖昧な上限関係や人間関係は存在せず、先輩・後輩・上司のそれぞれの役割分担は非常に明確。

指揮命令系統も秩序だっているので、部下としても上司に指示に従えばよいですから仕事がやりやすいという風土もあるんです。

また指揮命令系統が明確ということは、問題が起きた時の責任の所在も明確だということ。

体育会系出身者は男気あふれる人が多いですから、部下に責任をなすりつけるようなことはせず矢面に立たって問題解決に尽力してくれます。

体育会系の会社以外で有り得ない圧倒的で濃密な信頼関係のもと仕事が出来るようになるんです。

メリット③勝ち気でストイックな人が多く触発される

体育会系の会社の人たちは、ストイックで行動的。目標達成のための努力をいとわない人が多いです。

「この目標は絶対に達成する!」

と決めたら睡眠時間も休日も犠牲にして努力するストイックな人ばかり。

特に「インターハイ出場」「全国大会優勝」などの実績を持っている人ほどストイックな人が多いです。

自ら厳しい練習メニューを課し、チームで掲げる目標達成に向けて努力してきた経験もあります。

なので、仕事でも他人から見たら過酷なタスクでもストイックな性格で簡単に達成していくのです。

あとは他の会社でありがちな仕事や人間関係に対する愚痴や陰口もほぼありませんね!

「洗脳されてるの?」

と体育会系以外の人が見れば感じるほど、ポジティブすぎる発言ばかりなんです(笑)

⇒「体育会系の会社も悪くはなかったです。ですが転職したら管理職になれたので、自分には合わない会社でしたね(20代/男性)」

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

体育会系の会社を辞めた人が選ぶべき転職先4つ

「体育会系企業を辞めようと思うけど、次にどんな職場を選べばよいか分からない!」

と体育会系企業のノリが合わないと感じるなら体育会系の雰囲気がない企業に転職するのが良いですね。

具体的な転職先を4つ紹介していきます!

転職先①IT・ベンチャー企業

ベンチャー企業やIT企業は旧態依然の日本の悪しき習慣を嫌悪する風潮があるので狙い目です。

非効率的な体育会系のノリは存在しないケースが多いですからね。

在宅勤務や、出社時間を朝10時からにして通勤ラッシュを避けるなど効率的な働き方はどんどん入れていくんです。

IT系はクリエイティブなものを生み出す必要があるので考え方も非常に柔軟なケースが多いのも特徴。

なので、日本の体育会系企業とは比較にならないほど働きやすい環境を整えてくれいるんですよ\(^o^)/

転職先②外資系企業

外資系企業は日本企業と違って、仕事は仕事、プライベートはプライベートとメリハリをつけた効率的な働き方をするのが特徴。

悪くいうと個人主義でドライな社風といえるかもしれません。

ですので、日本企業のように上司の指示でダラダラと残業を強いることもありません。

結果、外資系企業では体育会系企業は存在しないってこと。

というか日本のような上下関係や長時間労働をしていたら会社がパワハラとして訴訟を起こされちゃいます(笑)

転職先③事務職

体育会系辞めたい人
体育会系企業を避けたい!

と思うのであれば、事務職という職種を絞って転職活動するのも良いです。

基本的に体育会系企業の被害にあるのは営業職の人がほとんど。

仮に会社が体育会系企業でも、事務職には被害が及ばず営業職が被害を受けるケースが多いんです。

なので事務職だけを選んで転職活動しておけば、体育会系のノリを強制されることは少なくなります。

未経験でも事務で受かるためのコツは以下の記事にまとまっていますね。

未経験で事務職に受からない理由14個。転職や面接のコツを理解しないと内定ゲット出来ない!対策法を4つ紹介。
「事務の求人に応募しても書類選考や面接で何度も受からないのは何故なんだろう?」 「パソコンの学校にも行っているのに、事務の次の仕事が決...

転職先④大手メーカー

寡占化が進んで業界で確固たる地位を築いているメーカーは確実に狙い目。

給料も高いですし、大手企業ですからコンプライアンスを意識して残業時間も法律の範囲内。

例えば、大手お菓子メーカーのカルビーは「働き方改革」の一環として残業時間の大幅な削減を実行し成功したと一時話題になりましたね。

とはいえ、メーカーは人気の転職先。募集枠は少ないですが、応募するのはタダです。

「給料アップさせて、残業時間も減らしたい!」

というアナタは大手メーカーへの転職を狙っていくべきですね。

体育会系のノリの業界&応募を控えるべき転職先9つ

体育会系のノリが合わないアナタが絶対に避けるべき業界は以下。

体育会系のノリの業界

◆介護
◆証券などの金融
◆飲食
◆アパレルなどサービス業
◆広告代理店(電通など)
◆商社
◆マスコミ
◆投資用の不動産の営業職
◆差別化要因がない商材(インターネット回線、人材派遣など)

一見華やかな業界に見えますが、上下関係が必要以上に厳しくノリは完全に体育会系。

ゴルフ・飲み会・麻雀などの仕事と直接関係ない無駄な時間をプライベートから割く必要が出てくるんです。

各職種の辞めたい!と感じるほど辛い理由は以下の記事で紹介されています。

商社を辞めたい理由5選。激務で営業を辞めたいなら今すぐ転職だ!商社経験者にオススメの転職先も紹介
「商社は世間では優良企業って言われるけどもう辞めたいな・・」 と就職市場では難易度が非常に高いと言われる人気の高い商社。 特に総合商...
広告代理店の営業がきつい理由5つ。激務が辛くて精神崩壊する前に転職という方法もありますよ?
「憧れの広告代理店の営業職として働いているけど、ほんとに大変・・・」 「毎日終電まで仕事だし睡眠時間が短すぎる・・大変だ・・」 「広...
不動産営業がきついから辞めたい・・理由9つ紹介。後悔しないためにも不動産営業の大変さは知っておけ
「不動産業界の営業職に興味あるけど、周りからキツイから絶対に止めとけ!って言われる・・」 「賃貸営業から売買の営業にキャリアチェンジし...

「体育会系の会社を辞めたい」人が活躍出来る職場を見つけるたった1つの方法

「でも転職経験もないし、どういう企業で働くのが自分に合っているか分からないよ!」

と感じている人も多いと思います。

そんな人は転職エージェントに登録するのが1番の近道です。

あなた1人で今の仕事をしながら、下記のことができますか?

  • 楽な仕事の求人探し
  • ブラック企業ではないのかのチェック
  • 履歴書・職務経歴書の内容のチェックや添削
  • 面接対策
  • 企業研究・業界研究
  • 志望動機を考える
  • 内定後の給与などの条件交渉

恐らく時間のない状態で1人で全て完璧にこなすのは不可能に近いです。

ですが転職エージェントに登録すれば無料で全てサポートしてくれるんです。

転職したい人
なぜ無料なの? 

と思うかもですが、転職決定時に企業から紹介手数料を貰うので、転職希望のあなたは完全無料。

なので、転職活動する上で転職エージェントを使わない理由がないんです。

「でも転職エージェントはどこを使えばいいか分からない!」

という人もいるでしょう。

基本的には転職エージェントは最低3社は登録するべき。

  1. ビズリーチ
  2. DODA
  3. リクルートエージェント

転職をエージェントを上手に選ぶコツはココにも書いているのでチェックしてみてください。

転職エージェントの選び方!22社を徹底比較!面談のコツ&評判の良い転職エージェントだけを紹介!
「転職エージェントって何社もあるけど、どうやって選べばいいんだろう?」 と悩む人はホント多いです。 僕自身、転職エージェント業界で働...
 

ビズリーチが転職エージェントの中でも優れている3つの理由

理由①年収600-1000万円以上の求人数が業界最多。支持率No.1

ビズリーチは他の転職エージェントと比較しても年収600万円以上の求人数が最多で支持率No.1のサービスなんです。

年収ごとの求人数比較

■年収600万円以上の求人数
ビズリーチ:89,830件
リクルートエージェント:51,403件
DODA:22,212件

■年収1000万円以上の求人数
ビズリーチ:21,500件
リクルートエージェント:10,057件
DODA:2,331件

理由②求人件数が10.6万件で業界最多!

私自身複数社登録しました。

その中でビズリーチが1番良かったなと感じた理由の1つが、「圧倒的な求人数の多さ」ですね。

主要エージェント求人数比較
■ビズリーチ:10.6万件
■リクルートエージェント:10万件
■DODA:8万件

僅差ですがビズリーチの求人数が多いことが分かりますね。

比較として転職サイト大手「リクナビNEXT」と「ビズリーチ」の東京での求人数も比較しておきます。

リクナビNEXTの求人数【東京】

ビズリーチの求人数【東京】

  • リクナビNEXT求人数⇒5,827件
  • ビズリーチの求人数⇒68,874件

11.8倍ビズリーチの方が求人数が多いです。

当然求人が多くなると、私たち求職者にとっては選択肢が増えるので、求人数に比例して内定数も増えていくことになります。

理由③キャリアアドバイザーの人数が2,500人以上と圧倒的

ビズリーチは転職エージェントの中でもキャリアアドバイザーの数が圧倒的なんです。

数が多いほうがアナタに合う求人を紹介してくれる確率も高まるので、数が多いほうが良い求人に巡り会える確率も高まるということです。

キャリアアドバイザーの人数比較

ビズリーチ:2,500人以上
リクルートエージェント:470人
DODA:非公表

 

ビズリーチへの無料登録方法

早速ビズリーチへ無料登録を行い、キャリアアドバイザーからアドバイスを受けましょう!

まず、公式ホームページより登録画面に進みます。

■ビズリーチ公式HPのURL
https://www.bizreach.jp

  • 氏名
  • 年齢
  • 住所
  • 連絡先
  • 直近の職歴

などの必須項目を入力しましょう。

転職したい人
入力が面倒だな・・

と登録時の氏名などの入力が面倒くさい・・と感じる人もいますよね。

ビズリーチの場合は、氏名・生年月日などの基本情報は選択形式などの入力の手間は不要!

気楽にポチポチ選んでいくだけなのでかなり楽なんです♪

ステップ①性別の選択

ステップ②都道府県の選択

ステップ③生年月日の選択

⇒「ホントに職務経歴を登録するだけでスカウトが1週間で52件も届くんですね!?(30代/男性)」

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

ビズリーチへ登録して今よりも条件の良い職場へ転職しよう!

転職は当然ですが、転職のプロに相談するのがベスト。

私自身、ビズリーチへ登録して応募書類の添削をしてもらってから、書類選考の通過率が約2.5倍にアップしました。

転職エージェントのプロの視点は、本当にすごいんだなと感心しましたね。

いかに自分で作った応募書類の内容が穴だらけだったかということですが(笑)

リクルートエージェントへ登録してプロのコンサルタントにアドバイスを受けることで、確実に今以上企業に対してアピールすることが出来ます。

結果、収入面・待遇面・仕事の内容で、今以上の職場に転職できる確率もグッとアップしますよ。

今すぐ登録して、絶対に転職を成功させましょう!!

⇒「ヘッドハンターの独占求人のおかげで年収が273万円上がりました!(40代/男性)」

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

転職エージェントに登録するべき人は?

転職エージェントを利用するべき人の特徴

  • 仕事に時間を取られ活動できない
  • 転職活動を中途半端にしたくない
  • 会社に迷惑かけず両立したい
  • 就活で仕事のプライオリティを落としたくない
  • 情報収集・書類作成を休日にしたくない
  • 面接のスケジューリングしたくない

こういった人は転職エージェントを活用すると悩みが解決されるでしょう。

特に「とにかく効率的に転職活動を進めたい」という人は絶対登録すべきです。

転職エージェントというのは、あなたの専任のコンサルタントが「あなたが活躍できる業界や職種のアドバイス」「応募書類の添削」「面接対策」などを完全無料で行ってくれるんです。

「じゃあオススメの転職エージェントは?」

と気になるところ。

オススメの転職エージェントは・・・

↓ ↓

  1. ビズリーチ
  2. DODA
  3. リクルートエージェント

「銀行を辞めたい」人が多く登録している転職エージェントTOP3

ビズリーチ

当サイト経由で1番多く登録されているの転職エージェントになります。

ビズリーチはテレビCMでも話題の転職支援サービスですね。

①キャリアアドバイザー2,500人以上からの圧倒的なスカウトの豊富さ

ビズリーチのキャリアアドバイザーは他社より10倍以上多い2,500人以上。

ですので経歴書を登録するだけで、企業人事担当者や転職エージェントの担当者から毎日のようにスカウトが届きます。

登録した人のキャリア次第では、大手転職エージェントと比較して3-10倍ほどスカウトの数が増えた!という人もいます。

  • 「仕事が忙しくて求人チェックする時間がない」
  • 「とにかくたくさんの企業からのスカウトをチェックしたい」

という人は、登録するだけでスカウトがたくさんくるビズリーチが向いているでしょう。

②年収600万円以上の求人数が8.9万件で業界最多。年収アップ出来る求人が多い

ビズリーチは他の転職エージェントと比較しても、年収アップできる求人が豊富です。

年収600万円以上の求職者からの支持率No.1というデータが物語るように、求人数は8.9万件と他社よりも多い求人数となります。

ですので現状年収が低い転職希望者であっても、ビズリーチでしかチェック出来ない好条件の求人が紹介されるでしょう。

  • 「今の年収に不満がある!」
  • 「もっともっと稼ぎたい!」

という人は登録しておくと良いでしょう。

※公式ホームページには「年収600万以上に支持される」とありますが、年収600万未満でも登録・利用は問題なく出来ます

③上場企業・大手企業の求人が多い

上に書いた「年収アップ出来る求人が多い」ということとも繋がりますが、ビズリーチは大手・上場企業の求人が多いです。

  • アマゾンジャパン
  • 資生堂
  • ソニー
  • 武田薬品日産自動車
  • 富士フィルム
  • ソフトバンク

年収が高い求人が多いので、当然上場企業や大手企業の求人が多いのは必然なのですが。

ですので「新卒で入社できなかった大手に入社したい!」と感じる人は登録しておいた方が良いです。

とはいえ大手企業は周りも入社したいと感じる人気求人。

募集してもすぐに打ち切りになりますし、募集も若干名です。

なので逆算して早めにビズリーチに登録して、大手企業の求人を漏れなくチェックしておくことが大事だといえます。

⇒「ビズリーチのハイスペック求人で年収が1.5倍にアップしました!(30代/男性)」

DODA/パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)

DODA(デューダ)は大手人材人材会社のパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)グループが運営しているサービス。

転職支援業界で国内2位の売上高を誇っていますね。

DODAのポイントは以下になります。

①親身なサポートで転職者満足度No.1

DODAは転職者利用者へのアンケート調査で満足度No.1の実績。

満足度が高い理由としては、「登録者に寄り添った親身なサポート」だからです。

  • 転職に関する不安悩みごとの相談
  • 自分のキャリアプランに迷った時には面談でのキャリアカウンセリング
  • 将来の最適なキャリアプランの提案

このようなサポートの結果、転職サポートで年間1万人を成功に導く実績豊富なエージェントになります。

「以前転職エージェントに登録したけど放置された!」

「手厚く、親身なサポートを受けたい!」

という転職希望者が登録・利用すると特に満足度が高いですね。

②履歴書・職務経歴書の添削が抜群

DODAは履歴書・職務経歴書の添削が丁寧で分かりやすいと評判です。

転職活動での第一関門である書類選考。

応募書類で最大限自分の経験や能力をPRしないといけないのに、完璧な書類を作り上げている人は非常に少ないです。

その点、DODAのキャリアアドバイザーは

  • 1から応募書類の作成を手伝ってくれる
  • 履歴書を下書きすれば清書を代行してくれる
  • 書類選考通過率が約3倍にアップする書き方のコツを教えてくれる

といったサポートをしてくれるんです。

「書類選考で落ち続けて面接までたどり着けない・・」

という人は質が高いと評判のDODAの応募書類の添削を一度受けてみるべきですね。

③登録者限定の非公開求人が80%もある

DODAに登録した会員限定でしか閲覧できない非公開求人が全体の約80%あります。

非公開求人の中にはDODAだけが扱う独占求人も多いです。

求人の質も圧倒的に高く、業界最大手のリクルートエージェントとは違った独自の企業を紹介してくれるのが特徴。

⇒「大手転職エージェントだけあってサポートの質が凄く良かったです!親身に相談に乗ってくれました!(20代/女性)」

リクルートエージェント

転職支援サービス最大手のリクルートグループの転職エージェントになります。

①業界最大級の10万件の求人件数。

転職エージェント業界業界最大手リクルートエージェント。

公開求人・非公開求人が合わせると約10万件と業界最多の圧倒的な求人件数です。

「とにかくたくさんの求人の中から自分に合う求人を探したい!」

という人はリクルートエージェントの求人の多さを実感するべきでしょう。

②転職支援の成功実績32万件でNO.1

リクルートエージェントが転職支援業界で成功実績No.1となったのは以下の理由です。

求人数の多さ+担当キャリアアドバイザーの質の高さ=転職成功実績32万件

確かに、DODAのキャリアアドバイザーもレベルが高いのですが、DODAの特徴としては親切丁寧なサポートです。

一方リクルートエージェントの特徴としては、とにかくキャリアアドバイザーのアドバイスが的確ということ。

アドバイスの内容に無駄がなく、ズバリ自分が進むべきキャリアを示してくれるんです。

と使い分けが必要になってきます。

③女性向けの転職ノウハウが豊富

リクルートグループの中に人材派遣会社(リクルートスタッフィング)と連携した女性に特化した求人や濃いノウハウ情報が豊富にあります。

特に事務職・販売職などの業界職に精通したキャリアコンサルタントが多数在籍しているので相談しやすい環境は整っていますよ。

「女性ならでは目線で悩みを相談したり、共感してくれる担当者が良い!」

と感じる女性の転職希望者が登録すると満足なサポートを受けることが出来ます。

④夜間・土日祝日でもサポート受付!

リクルートエージェントは、平日・土日祝日いつでも20時以降にも相談が出来るんです。

「仕事が忙しいからなかなか転職活動の時間が割けない・・」

という人でも、在職しながら転職活動が出来るサ手厚いサービスと言えますね。

⇒「業界大手だけあって紹介される求人数は桁違い!転職サイトに掲載されてない非公開求人も紹介されたので大満足です!(20代/男性)」

「体育会系の会社を辞めたい人」に合わせてよく読まれている記事

①激務辞めたい人へ。無理し続けるデメリット3つ。

激務辞めたい人へ。無理し続けるデメリット3つ。休み取れない&長時間労働のブラック企業は今すぐ退職しよう!
「毎日残業5時間・・」 「平日は16時間くらい働いてるよ・・」 「月の休みは3日だけ」 などと激務に耐えきれずに辞め...

②毎日残業で辞めたい&辛いと思う理由9個。

毎日残業で辞めたい&辛いと思う理由9個。サービス残業を強制する会社は辞めて今すぐ転職だ!残業少ない・休みの多い会社へ転職する方法も紹介
「はぁ毎日毎日残業か・・たまには定時で帰りたいな。。」 このように毎日残業を3時間以上もするのは普通でしょうか? 残業3時間となると...

③給料低い辞めたい人へ。給料上げる方法5個紹介!

給料低い辞めたい人へ。給料上げる方法5個紹介!給料低い理由を知って今すぐ転職しよう!会社に居続けるのはリスクでしかないぞ
手取りが低い!薄給すぎる!15万円じゃ生活出来ないよ… 安月給で過ぎて貯金も贅沢もできない。このままじゃ死ぬ… 福利厚生が...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする