自動車工場ラインがきつい理由13個。将来のキャリアプランに繋がらず転職で苦労する!過酷な環境から逃げ出そう

「自動車工場ラインの仕事ってキツイって聞くけど実際はどうなの?」

「短期間でガッツリ稼ぎたいけど、体も精神も壊すから自動車工場は辞めとけ!って周りに止められるんだけど、本当?」

などなど。自動車工場ラインは稼げるけどきつい!っていうのはよく聞く話。

実際のところ、どの程度キツイのかその理由を13個紹介します!

⇒「ホントに転職できた!」転職成功者に人気の転職エージェントとは?

自動車工場ラインの仕事の内容は?

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、富士重工、日野などの自動車製造メーカーや、デンソー、アイシンなどの部品製造メーカーやトヨタ車体などの系列メーカーで働くことになります。

所属の部署としては車体組み立ての「車体課(車体組立課)」や、車を組み立てる「組立課」などが一般的。

その後、生産技術部・生産管理部・品質管理部へ異動することもありますよ。

仕事の内容としては、班長・係長をリーダーとしたチームを組み下記のような仕事を行います。

  • 組み立て
  • 機械加工
  • 鋳造(ちゅうぞう)
  • 部品供給
  • 加工
  • 加工粗材し投入
  • 熱で溶解し成型
  • ボルト締め
  • 最終検査

「色々と大変そうだな!!」と感じるかもしれませんね(笑)

所属部署によって異なりますが、基本的には製造ラインや検査ラインにはいって単純作業をこな仕事がメイン。

非正規社員や期間工で入社したときは、重要工程に関して正社員や役職者がやってくれるので安心です。

ホワイトカラーとして単純作業の生産性をいかに上げれるかが評価のポイントになりますね。

ハローワークや求人誌を見て応募する求職者が多くて、飲食店の従業員・IT業界などの様々な業界から転職してくるんです。

延々とラインで同じ仕事の耐えれる我慢強ささえあれば、短期で稼げる仕事の1つといえますよ。

自動車工場ラインがきつい理由13個

理由①過酷な肉体労働による疲労

特に慣れるまで仕事内容はハードに感じます。

朝起きると前日の仕事の疲労で手を握ったり開いたりが一切できない状態になったりするんです。

なので、出勤途中で手をほぐして握力を戻しながら、業務を開始する人もいます。

また体調を整えることも大事で、下痢・風邪・二日酔いなどの体調不良だとハードな業務内容についていけません。

仕事前の作業研修もあり、特に新人は研修だけで疲労困憊になる人もいるくらいです。

慣れるまでは階段を上がれないほどの疲れを感じ、足腰にも負担が多く筋肉痛を日々感じる重労働といえます。

肉体労働に自信のない人は、「ブラックな職場だ!」と早々に逃げ出してしまうのです・・

「自動車絶望工場」という本が出版されている程過酷な環境です。

理由②単純作業による精神的苦痛

ベルトコンベアーでのライン作業なので、単純労働・作業をひたすら繰り返します。

同じころをひたすら繰り返す、人間的とはいえない行動の連続です。

働きながら「今度の週末なにしようかな?♪」など他の楽しいことを考える妄想力がないと、精神的におかしくなってしまいます(笑)

精神が病む・精神的に崩壊する従業員も多数存在していて、体調を壊し退職・入院による休職なども後を立ちません。

重労働なので、腕力体力も必要ですが、単純作業に耐える精神力も必要になってくる職場です。

理由③労災の危険性。危険と隣り合わせ

プレス工場で、溶接工程で両手が全部潰れる!というほどの危険ではありませんが、指を挟んで1本なくなるなどの労災事故はよくある話。

常に気を遣う仕事なので、自律神経に不調を訴える従業員もいますね。

ちなみに、労災事故を防ぐために常時ヘルメットの着用が義務付けられているので、年長者ほど薄毛になっている男性社員も多いのも特徴です(笑)

理由④生産ラインのペースを乱せないプレッシャー

あなた1人の作業の遅れで生産ラインを緊急停止させなければならず、そのことが全体の生産性の低下につながってしまいます。

ある自動車工場では、自動車1台に対して50秒の持ち時間で自動車内で部品の取り付けを行うことが義務付けられています。

1日のノルマ700台ほど。

未完成の車が自分の目の前にドンドン流れてきますので、「体調悪い」「トイレ行きたい!」などと言っている場合ではありません。

自動車の組み立てラインは常に動いているので、1人が遅れると同じグループの仲間の作業にも迷惑がかかるため全力でフルタイム働き続けます。

トヨタを中心に、自動車の生産現場はなるべく在庫を持たないジャストインタイムが取り入れられています。

そのため、ラインを止めると班長がバックアップしてくれるケースもありますが、責任者から叱責されることも度々あります。

焦ると、バネ指(弾発指)などのケガをすることもありますので、プレッシャーは半端ないです。

理由⑤職場の希薄な人間関係

自動車生産ラインではコミュニケーションを取る必要がほとんどないので、人間関係が非常に希薄です。作業中も無言でしゃべりません。

住み込み寮でも部屋に籠っていれば他人と会話することもないので、コンビニ店員との会話で癒されるということもあるんです。

理由⑥離職率の高さ

自動車生産ラインの現場は離職率が高いです。

月収30万円前後の高給な求人に釣られてたくさんの人がやってきますが、100人入社しても10日で70人ほど退職し、1か月後には90人ほど退職しているということが普通に起こります、

原因としては単純作業にもありますが、簡単に期間工として働けてしまうことも原因と言われていますね。

「何だ思ってた内容より大変じゃん。やーめたっ!」と、すぐに辞める人も多いと言われています。

30歳以下の求人も多いので、若い人はライン工場以外にもたくさん仕事がありますからね。

理由⑦クーラーのない現場の夏の暑さ

生産ラインの現場にもよりますが、場合によってはクーラーのない灼熱な環境の職場もあります。

エアコンがあるかどうかは面接時など入社前に必ずチェックしておきたいですね。

⇒「ホントに転職できた!」転職成功者に人気の転職エージェントとは?

理由⑧夜勤が辛い

夜勤は必ずあります。

1週間ごとに昼勤と夜勤の交代制、もしくは3交代制の職場になり夜勤が辛いことも理由です。

中腰の状態で夜勤を繰り返していると身体的・精神的なダメージが大きいです。

「夜勤が稼げるから夜勤固定にしてほしい!」

という期間工も多いですが、夜勤希望者の方が多く昼勤のシフトが回らなくなるので、2交代・3交代制のシフト勤務が多いのが実態です。

深夜労働は癌のリスクも高まりますから出来るだけ避けたいと感じますよね。

理由⑨徹底した作業動作の効率化

トヨタのカンバン方式が有名ですが、自動車の生産ラインの現場はとにかく作業の効率化が徹底されています。

持ち場の仕事のすべて記憶し、ようやく正確にミスなく仕事ができるようになった!と安心していたら、社員から「無駄な動きをするな!」と叱責を受けます。

歩行速度・作業工程は秒単位で管理・立ち位置や歩数の管理などすべての動作が完全にマニュアル化されています。

ロボットのような単純作業や動作を求められ苦痛・きつい・辛い・地獄と感じる作業になります。

「期間工だから気楽に仕事できるー♪」

なんて甘い考えは1日目で打ち砕かれます(笑)

班長・課長の役職者は、レイアウト・機械・作業動作・機械の場所などの改善案の提出を毎週義務付けられて、秒単位で短縮する作業効率化を競い合っているんです。

ですので、管理職の評価を下げかねない、失敗の多い工員は即刻契約解除を言い渡され首となります。世知辛い・・

理由⑩楽かキツイかは配属先次第

身も蓋もないですが、楽な部署かキツイ部署かは、結局どこに配属されるか次第です。

例えばフォークリフトの免許を持っていればリフト作業ばかりで楽!という人もいます。

作業のしんどさに高低がかなりあるのが実情です。

人間関係の面倒臭さも部署次第。2人作業の場合も配属先の相方次第です、

辛い部署に配属されると、臓器がボロボロになるまで働き続け、稼いだ収入が全て治療費入院費に消えたという人もいるくらいです。

理由⑪怪しげな素性の人も多い

常に人手不足の自動車ライン工場ですので、とにかくいろいろな素性・境遇の人がいます。

以前警察にお世話になり刑務所にいた人、ホームレスをするほど貧乏だった人、全くコミュニケーションが取れない引きこもりだった人、ニートだった人、ホストの仕事をしていた人などなど。

派遣社員としても毎日のように大量採用・大量入社してきて、結果的に大量退職です(笑)

理由⑫将来のキャリアプランに繋がらない

自動車工場の仕事は、肉体的精神的に慣れれば誰でもできる仕事。

なので、特殊な経験・能力・技能などを付けることが出来ないので、将来のキャリアプランには一切繋がりません。

転職面接の際も、期間工の仕事は一切評価されないので、平凡な毎日を過ごすうちに将来への不安を感じる人も多いです。

短期的に一気に稼いで辞める!というのなら良いですが、長く続ければ続けるほど転職に苦労するリスクがあります。

理由⑬雇用の保障がなく、収入も安定しない

雇用の保障もなく安定しない働き方といえます。

自動車工場のライン工の多くは期間限定の非正規雇用もしくは契約社員であることが多いです。

3か月ごとの更新などの契約ですね。

ですのでリーマンショックなどの世界的不況などが起こると生産調整が入り、ライン工などの非正規雇用や契約社員の人員が整理されていきます。

契約更新がなくなりその日から収入がなくなるうえに、退職金などの一切出ないケースがあります。

「ホントに転職出来た!」転職成功出来た人気の転職エージェントTOP3
DODA/パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)

>>>DODA公式サイトで無料登録する

■おすすめ度

■特徴国内最大級転職エージェント。公開求人・非公開求人の数も業界最大級。公開求人数33,129件/ 非公開求人 134,509件(2017年4月現在)。非の打ち所がない転職エージェント。

■DODAに登録するべき人
①「転職初心者でどの転職エージェントに登録したらいいか分からない」
②「求人数も多く・サポートの質も良いバランスの良い転職エージェントに登録したい」




 パソナキャリア

>>>パソナキャリア公式サイトで無料登録

■おすすめ度

■特徴案件数21,000件とDODA、リクルートエージェントと比較すると劣る。 その分応募書類添削・面接などのサポート体制が充実ぶりは目を見張るものがある。

■パソナキャリアに登録するべき人
①「書類選考通過率が低い」と悩む人
②履歴書・職務経歴書の完成度・面接対策の準備や完成度に自信がない人




リクルートエージェント

>>>リクルートエージェント無料登録する

■おすすめ度

■特徴非公開求人10万件以上。会員数30万人の業界大手の転職エージェント。 求人数は多いが、コンサルタントの質やサポートに質に疑問を呈する声や口コミも。

■リクルートエージェントに登録すべき人
①「とにかく数多くの求人を紹介して欲しい」人


自動車工場ラインで働く6個のメリット

メリット①短期で稼ぐことが可能

自動車関係の工場の日給は大体1万円前後です。残業があった場合も全額支給のため短期間でお金をためやすい環境といえます。

また、業務請負のアウトソーシング企業などは、下記のような一時金の支給もあります。

  • 説明参加で1万円支給
  • 就業確定したら5万円支給
  • 3か月業務満了で20万円支給
  • 赴任手当15万円支給
  • 皆勤・夏季冬季手当など

ボーナスなどの支給はありませんが、満足いく報酬を短期で得れます。

ですので、肉体的に楽なラインに配属され残業も毎日などだと3か月で100-150万円ほど稼ぐことも可能です。

短期でお金を溜め、貯金や借金返済をするために、正社員にはならず期間工で働く人も多いですね。

ただ、派遣元によっては、入社祝い金・慰労金もないケースもあるので入社前の確認が必要です。

メリット②精神的肉体的に鍛えられる

3か月後に同期の10%しか残らないような職場もあるくらい過酷な環境ですので、体力・精神力・筋力が短期間で鍛えられることがメリットの1つです。

「ライン工の職場で耐えれたのだから何でもできるはず!」

という自信にも繋がったという期間工もいるくらいです。

メリット③割切った人間関係で気楽

配属部署の人間関係次第のところもありますが、基本的に割切った人間関係で気楽です。

パワハラ・いじめなどはあまりなく、ミスで大声怒鳴る先輩も少ないです。

入社間もない頃は、教育係の社員に何度も注意されることがあるケースもありますが、仕事の組立て運搬に慣れてくると何も言われなくなります。

  • 対人関係が煩わしいと感じる人
  • コミュニケーション傷害
  • 発達障害

上記のような人はコミュニケーションの少ない職場なので、余計な気を遣う必要がないといえます。

万が一いじめパワハラがあった際は社内の相談窓口で相談すればすぐに解決されるはずです。

メリット④大手企業なので労務管理が徹底されている

自動車会社はどこも大手企業なので、労務管理が徹底されいるためサービス残業なども一切ありません。

  • 土日は完全に休み
  • 残業・夜勤・休日手当は全額支給
  • 期間満了後の多額の満了金

など割切って仕事が出来れば悪い条件でありません。自動車業界は労働組合が強いので労務関係はしっかりしてますね。

一般企業の接待・付き合い・持ち帰り仕事・勤務時間外の仕事があるうえに薄給で働くよりは、環境です。

メリット⑤充実した福利厚生

福利厚生は非常に充実しています。

寮費や家賃・水道代・光熱費などの経費は完全無料。大浴場もあり洗濯機も使い放題です。

更に寮に食堂もあり、社員割引も使えますから一食200-300円程度でお腹いっぱい食べることが出来ます。

ただ、食堂や着替えのロッカーなどは刑務所のような雰囲気です(笑)

メリット⑥仕事の内容さえ慣れれば楽な仕事

人によっては自動車工場のライン工は慣れれば楽な仕事です。

ベテラン経験者の動きをつぶさに観察して、「習うより慣れろの精神」で体で動きを覚える。

無駄のない動きをマスターすれば、コンベアーから流れてくる車に対しても何のプレッシャーも感じません。

作業間に空き時間も出来て部品を補充したり、ストレッチをしたりして余裕を持った仕事をすうることも可能です!

⇒「ホントに転職できた!」転職成功者に人気の転職エージェントとは?

とはいえ!無理して自動車工場のライン工を続ける必要ははありません!

メリット・デメリットを紹介してきましたが、自動車工場のライン工を無理して続ける必要は全くありません!

確かに短期間で多額の金額を稼げるメリットもありますが、「将来のキャリアに全く生かされない」というのはあなたにとって大きなリスクです。

一時的に稼げても、経験を身に着けることが出来ないということは、生涯年収に大きく影響してくるんです。

ですので、なるべく早いうちに自動車製造ラインの仕事は退職し、他のキャリアップできる仕事を見つける方が確実にあなたにとって賢い選択といえます。

あなたの生涯年収をアップできるたった1つの方法は?

「でも自動車のライン工からどんな仕事に転職出来るのかわからないよ!」

と感じる人も多いと思います。

そんなあなたでも、たった1つだけで生涯年収をアップさせることが出来る方法があります。

それは転職のプロである転職エージェントに登録し、相談することです。

転職エージェントというのは、あなたの専任のコンサルタントが「あなたが活躍できる業界や職種のアドバイス」「応募書類の添削」「面接対策」などを完全無料で行ってくれるんです。

僕自身も転職の際にはDODAという業界大手の転職エージェントのサービスを利用しました。

登録した転職エージェントはDODAだけだったのですが、結果的に転職活動期間2か月にも関わらず、7社の内定を勝ち取ることが出来ました。

僕がDODAが優れているな!感じた理由は下記になります。

⇒「ホントに転職できた!」転職成功者に人気の転職エージェントとは?

DODAが転職エージェントの中でも優れている理由3つ

理由①求人の8割が非公開求人

転職エージェントも僕人身複数登録しましたが、DODAが1番良かったなと感じた理由の1つが、「圧倒的な求人数の多さ」です。

DODAの求人の8割が非公開求人で、DODAに登録した人限定で応募できる求人ばかりです。

転職といえば、リクナビネクスト・マイナビ転職などの求人サイトが一般的ですが、求人サイトには掲載されていない求人がDODAにはたくさん紹介されています。

当然求人が多くなると、僕たち求職者にとっては選択肢が増えるので、求人数に比例して内定数も増えていくことになります。

理由②大手企業なので安心して登録できる

DODAはテレビCMも放映しているパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)という大手企業が提供しているサービスです。

やはり大手企業ですので、安心して転職支援サービスにも登録できます。

転職エージェントの仕事というのは、有料職業紹介事業という厚生労働書からの許認可を得れば誰でもできますし、社長1人だけの転職エージェントの会社といのも少なくないです。

やはり小規模な転職エージェントは営業マンも少ないので、紹介してくれる求人数も圧倒的に少ないです。

また、個人情報の扱いに関しても大手企業ほど厳重ではないです。その点から考えると、中所の転職エージェント会社に登録するメリットはなく、DODAのような大手企業へ登録する方が得策ですね。

理由③専任コンサルタントのアドバイスが適格すぎる

私自身何社か転職エージェントに登録しましたが、DODAの転職エージェントの専任コンサルタントの方の私へのアドバイスが適格過ぎました。

例えば、志望動機の考え方に下記のようにアドバイスしてくれます。

「現在の志望動機も悪くはないのですが、もっと企業に対してどういった価値を提供できるかを、ご自身の経験を交えて伝えるようにすると更に良くなります。」というアドバイスを受けました。

さらに、「ご自身が希望されている仕事は良く分かりました。ですが、企業様から評価されやす職種ですと○○の職種の方になると感じました。

××という経験は転職市場でも非常に少ない特殊なスキルなので、このスキルをアピールされると希望年収より2割はアップできると思います。」などなど。

このように自分では気づかいアドバイスを的確にもらうことが出来たんです。

「やっぱり転職のプロは違うな~」と感心したことを覚えています。

DODAへの無料の登録方法

ですので、早速DODAへ無料登録を行い、専任コンサルタントからアドバイスを受けるようしましょう!

まず、DODAの公式ホームページより登録画面に進み「氏名・年齢・住所・連絡先・直近のc職歴・希望面談日」などの必須項目を入力しましょう。

面談は、DODAの全国7か所ある事務所に訪問しても良いですし、電話面談で登録を済ませても大丈夫です。

登録者の8割は電話での面談で登録を済ませる人も多いので、電話面談の希望日程などを「自由記入欄」に記載しておくと良いですよ。

登録後数時間後に、DODAの担当の方から電話で連絡が入ります。

面談日程の調整をその電話で行うということですね。面談日程を決めれば、後は面談日を待つだけです。

面談日までに必ず用意しておいた方がよいものは職務経歴書です。

職務経歴書がないと、いくら転職のプロであるDODAのコンサルタントの方でもあなたに適切なアドバイスや、求人を紹介することは出来ません。

経歴を元に、話が進みますので、当日円滑に登録が進むように、職務経歴書は用意しておきましょう。

そのあたりの必要書類の準備に関しても、DODAに登録したの電話で丁寧に説明してもらえます。

⇒「ホントに転職できた!」転職成功者に人気の転職エージェントとは?

DODAへ登録して今よりも条件の良い職場へ転職しよう!

転職は当然ですが、転職のプロに相談するのがベストです。

僕自身、DODAへ登録して応募書類の添削をしてもらってから、書類選考の通過率が約5倍にアップしました。

転職エージェントののプロの視点は、本当にすごいんだなと感心しましたね。

いかに自分で作った応募書類の内容が穴だらけだったかということですが(笑)

DODAへ登録してプロのコンサルタントにアドバイスを受けることで、確実に今以上にあなた自身を企業にアピールできます。

結果、収入面・待遇面・仕事の内容で、今以上の職場に転職できる確率もグッとアップします。

今すぐ登録して、絶対に転職を成功させましょう!!

「ホントに転職出来た!」転職成功出来た人気の転職エージェントTOP3
DODA/パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)

>>>DODA公式サイトで無料登録する

■おすすめ度

■特徴国内最大級転職エージェント。公開求人・非公開求人の数も業界最大級。公開求人数33,129件/ 非公開求人 134,509件(2017年4月現在)。非の打ち所がない転職エージェント。

■DODAに登録するべき人
①「転職初心者でどの転職エージェントに登録したらいいか分からない」
②「求人数も多く・サポートの質も良いバランスの良い転職エージェントに登録したい」




 パソナキャリア

>>>パソナキャリア公式サイトで無料登録

■おすすめ度

■特徴案件数21,000件とDODA、リクルートエージェントと比較すると劣る。 その分応募書類添削・面接などのサポート体制が充実ぶりは目を見張るものがある。

■パソナキャリアに登録するべき人
①「書類選考通過率が低い」と悩む人
②履歴書・職務経歴書の完成度・面接対策の準備や完成度に自信がない人




リクルートエージェント

>>>リクルートエージェント無料登録する

■おすすめ度

■特徴非公開求人10万件以上。会員数30万人の業界大手の転職エージェント。 求人数は多いが、コンサルタントの質やサポートに質に疑問を呈する声や口コミも。

■リクルートエージェントに登録すべき人
①「とにかく数多くの求人を紹介して欲しい」人


関連記事

①楽な仕事&バイト42選!

楽な仕事&バイト42選!正社員で楽で稼げる仕事がないと諦めてる?サビ残・ノルマなしで年間休日120日以上の仕事があるんです!!
「ブラック企業じゃなく、立ってるだけで給料貰えるような楽な仕事に就きたい!」 「複雑で面倒な人間関係がない、ストレスフリーな職...

②転職エージェントの選び方

転職エージェントの選び方!22社を徹底比較!面談のコツ&評判の良い転職エージェントだけを紹介!
「転職エージェントって何社もあるけど、どうやって選べばいいんだろう?」 と悩む人はホント多いです。 私自身、転職エージェ...

③ストレスで仕事を辞めたいなら今すぐ転職だ!

ストレスで仕事を辞めたいなら今すぐ転職だ!今すぐ会社を辞めるべき4つの理由
「毎日朝起きたくない・・職場に行くのが辛い・・もう辞めたい・・」 「職場の人間関係がストレスで、原因不明に体調不良。今の仕事辞...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする