広告代理店の営業がきつい理由5つ。激務が辛くて精神崩壊する前に転職という方法もありますよ?

「憧れの広告代理店の営業職として働いているけど、ほんとに大変・・・」

「毎日終電まで仕事だし睡眠時間が短すぎる・・大変だ・・」

「広告代理店は激務って聞くけど過労死自殺するほど働かされるの?」

などなど、華やかなイメージの広告代理店業界ですが、実際は泥臭い仕事もありつつ、労働時間が長いこともで有名。

激務の理由は広告代理店の仕事の内容。

メディアや媒体の広告枠を広告主に販売して手数料を得るビジネスモデル広告主からの無茶振りに毎回振り回されるわけです。。

などなど大変なことも多いですが、やり甲斐も感じやすい仕事。

ダイレクトレスポンスで反応がすぐに分かったり、購買層の世代にリサーチしてアプローチ出来るなど、高度に分業化された専門職です。

クライアントの広告宣伝費を担う責任の重い仕事である広告代理店の営業職は実際にどうなのか?

下記のことを調べてみました。

  • 広告代理店がキツイ理由5つ
  • 広告代理店を退職するデメリット
  • 広告代理店の5職種の仕事内容&残業時間
  • 広告代理店の現状

⇒「広告の仕事は好きだったけど、広告代理店は大変すぎる…体を壊してしまい転職することになりました(38歳/男性)」

↓↓  転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

広告代理店がキツイ理由5つ

理由①担当するクライアント次第

広告代理店の仕事が激務かどうかは配属されるチーム次第。

担当するクライアントの予算が大きかったり、文句の多いところだと激務確定です。

総合広告代理店の場合は、配属チームごとに担当するクライアントが決定する仕組み。

広告宣伝費の予算が多く出稿金額が多いクライアントは必然的に激務になっちゃいます。

広告宣伝費の10-30%が、広告代理店のマージンになります。

ですので出稿費が多くなるほど、代理店も儲かりますからね。

辞めたい人
自分だけ何で大変なチームに配属なんだ。。

と終電後の真っ暗に静まり返った社内で愚痴をこぼす営業マンもたくさんいるのではないでしょうか(笑)

理由②クライアントの社内体制不備

クライアント社内の連携が取れておらず、広告代理店が振り回される場合も大変です。

大手広告主の決裁システムは大きく分けて2パターンあります。

1つは係長クラスの現場の担当者で出来る決済。もう1つは最終決裁者(決裁権者)の課長や部長が決済です。

広告代理店の営業マンが、広告主の現場の責任者の係長クラスとやり取りをして係長決裁を貰えれば良いです。

広告のクリエイティブ制作への着手もスムーズに進みますからね。

ですが、

広告主の部長
これじゃダメだ!全部やり直し。明日まで!

と、最終決裁者の部長・課長が突然出てきて鶴の一声。。

方針が180度異なり、しかも短納期で出し直し要求されるんです。

他にも、決定権を持つ人物が気分屋で出し戻しの連続だったりするのでホントに大変。

稟議に何週間も時間がかかり、プロモーションの準備が遅々として進まないことだってあります。

理由③広告の出稿サイクルの早さ

矢継ぎ早に広告を出稿する、サイクルの早いクライアントを担当すると大変です。

特にBtoBよりもBtoCのクライアントを担当する場合に多いです。

広告の展開スピード・スパンが早い業界
ファストフード
アパレル
コンビニ

新商品を、シーズンごとに商戦を仕掛けていく必要があります。

そのため必然的に出稿媒体を増やすなどのタッチポイント(接点)を増やす施策をしないといけません。

例えば、アパレルであれば、春夏秋冬の季節の変わり目の時期に、夏モデルのデザインのTシャツのPR広告が増やすといった具合。

1つの施策(広告プラン)を決めるには、10も20も案を広告代理店が出す必要があるわけです(笑)

ということは広告代理店の営業マンも深夜勤務になることがあります・・

理由④出稿媒体が多岐に渡る

クライアント
TVCMだけに年間予算100億突っ込むぞ!

出稿媒体がテレビだけ!であれば比較的楽です。

ですが、実際はマス広告だけに出稿するということはありません。

現在の広告出稿の基本はメディアミックスタッチポイント増やすのが主流ですからね、、

出稿媒体が増えるということは、必然的に広告代理店の手間が増えるわけです。

などなど複数に跨ります。

関係部署との広告掲載までの調整、広告出稿後の反響確認のレポート作成(広告効果測定)などの作業量も膨大になります。

理由⑤入稿期限に日々追われるため

広告というのは、出稿媒体メディアが定めた入稿期限というものが存在します。

「テレビCMの広告は、10日の12時までに入稿してくれないと、放映できません」

というようなもの。

この入稿期限のプレッシャーはホントに半端ないです。。

「入稿期限に間に合うように準備すればいいじゃん!?」

と思うかもですが、クライアントの社内体制に問題がある企業は、いつも入稿期限ギリギリなんです(泣)

入稿期限ギリギリにならないとクライアントから広告代理店へ「広告の素材が上がってこない」、「社内承認がまで下りない」なんてことがよくあるんです。

広告代理店の人
ワザとかよ!?

と感じるほと遅いです。。

また外資系広告代理店の場合はさらに大変。

時差もあり海外媒体とのやり取りも発生するので、時間や手間を更に要するわけです。

広告のローンチ日も決まっているので、当然媒体もすでに購入しています。

なので何が何でも入稿期限を守らないといけません。

クライアント
広告クリエイティブが間に合わないからキャンセル!

なんてクライアントに言われようものな何千万・何億円の損害が出ちゃいます。。

入稿期限に間に合うかどうか、営業マンは常に胃がキリキリですよ。

下記の動画では総合広告代理店(電通博報堂など)の仕事内容などを紹介していますよ!

就活の学生向けですが「広告代理店の仕事内容をもっと知りたい!」という人はチェックしておきましょう。

⇒「毎日深夜残業でタクシー帰り。仕事以外のプライベートの時間なんて一切なし。過労死したくないので定時帰りの会社に転職しました!(30歳/女性)」

↓↓  転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

広告代理店の営業を退職するデメリット3つ

転職したい人
広告代理店の営業職の仕事なんて辞めてやる!

と感じている人も非常に多いと思いますが、デメリットはどんな点になるのでしょうか?

デメリット①代理店の高額な給料・待遇を失うリスク

もし広告代理店を辞めると、高年収・好待遇を一気に失う可能性も。

電通博報堂など大手総合広告代理店を中心とした企業は、20代で年収1000万円プレイヤー。

厚生労働省の平成27年賃金構造基本統計調査による、性・年齢階層別賃金、対前年増減率および年齢階級間賃金格差

参照:平成 27 年賃金構造基本統計調査(厚生労働省)

上記は厚生労働省が調べた、年代ごとの平均年収のデータです。

男性の平均年収データ

  • 20-29歳 243万円
  • 30-34歳 282万円
  • 35-39歳 321万円

比較しても、圧倒的に広告代理店は高給料・高待遇です。

退職するとその好待遇をすべて失ってしまう可能性があるので、辞めるに辞めれないという人もいますね。。

デメリット②社会的信用を失う

「俺、広告代理店で働いているんだ」
「え?すごいー!じゃあ芸能人とも会えるんだー!」

広告代理店の業種にもよりますが、世の仕事に対して広告代理店の仕事は華やかなイメージで、社会的な信用が高い仕事であることは変わりありません。

その信用も失ってしまうリスクもあります。

デメリット③在籍期間が短いと転職活動で苦労する

入社3年未満で広告代理店の営業を退職したいと考える人もいると思います。

ですが、次の職場の採用担当者の立場になると、書類選考さえも通りにくくなることは間違いないでしょう。

圧倒的な営業としての成果やノルマの達成率などを作ってから退職するのが良いかもしれません。

ただ、体を壊すと身も蓋もないので、体調が1番大事ですが。

「転職先が決まらない…どうしよう…」

と仮に追い込まれているアナタは下記の記事も合わせてチェックしておいてくださいね!

内定が出ない人の共通の特徴を紹介していますよ。

転職決まらないでも焦るな!内定でない人の特徴15選。辛い&不安なら転職エージェントのキャリアカウンセリングを今すぐ受けるべき
「転職が決まらない!」 というあなた。 仕事辞めて新しい仕事探すための活動中! 定職ついてないけど正社員で働きたい 妊...

⇒「広告業界の体育会系のノリが無理!転職して人間関係が良くなりました♪就職してから初めて仕事が楽しいと思えましたよ(笑)(35歳/男性)」

↓↓  転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

【体験談】広告代理店の6業種の仕事内容&残業時間

広告代理店といっても様々な業種がありますが、基本的には営業の仕事の内容は下記になります。

広告代理店の仕事内容

では各代理店の業種ごとの体験談を紹介していきますね!

1、タウン誌の代理店営業(30代男性)

■仕事内容

地元タウン誌媒体営業。

タウン誌の広告枠をクライアントに営業する方法。営業先のお店や企業(飲食店や美容院)の課題をヒアリングして、タウン紙の枠を提案。

■残業時間

残業は1日4-5時間。担当するクライアントの数が多いので、日中は営業。晩からは広告クリエイティブの作成で、終電でようやく帰れる。

入稿期限前は終電後に終わるのでそのまま会社に泊まることも。残業代も一切出ないので、ブラック企業だった。

あまりの残業の多さに会社都合で退職して失業保険をすぐに貰いたいと労基に相談したけど、自己都合にしかならないとのことで、結局退職出来なかったという体験談もあり。

「新規営業が辛い・・もう辞めたい」原因6つ&対策法7つ!無理するとメンタル崩壊して体調まで崩しますよ?
「もう新規営業がツライ・・飛び込み営業、テレアポ。どれだけ行動しても門前払いで、数字は残せないし、上司からも詰められる・・」 「営業は...

2、クリエイティブ職(20代女性・コピーライター)

■仕事内容

コピーライターとしてコピーワーク全般。クリエイティブ職

官公庁からの発注などもあり、仕事のハードルは高いものの、広告露出が多い仕事でやりがいはあり。

1年目から、コピーライティングの部署に配属されて遣り甲斐や達成感は感じやすい。

■残業時間

毎晩終電。朝7時出社。

仕事の流れが完全に広告主のスケジュールで振り回される。土日も休日出勤することが多い。

同時進行で、複数のクライアントの広告案件を担当するので、必然的に業務量が多くなり残業も増える。

毎日ギリギリまで睡眠時間を確保したいという気持ちしかなく、メイクやオシャレもだんだんと手抜きに。

他部署の動機が女性らしい可愛いスーツを着ていて、自分との差に愕然とする。

このまま仕事漬けの毎日を送っていたら、結婚・出産・子育てなどの女性としての幸せを達成出来ないと感じる。

プライベートも仕事も充実させた生活を送りたいので、フリーランスとして働くことに。

転勤後の会社では給与は7割くらいに下がったものの、経験して身に着けたスキルも生かせているし、36協定を遵守する労働時間が適正な企業で働いているので充実している。

3、求人広告媒体の営業(30代男性)

■仕事内容

求人広告の制作。

企業の人事担当者に営業して、自社求人媒体の提案。受注後の、求人広告の文章の制作のための取材など。

■残業時間

勤務時間は朝9時から24時。平均して23時くらい。

月の残業は130-150時間。残業手当は月に1-2万円。

定時退社したい気持ちもあるが、仕事自体は楽しいので続けている。

あまりにも新人の子が入社後半年などの短期間で退職するので、勤務体系や業務量を会社に見直しの打診中。

上記のように「残業時間が多すぎるから辛い…」と感じて仕事を辞めたくなるのは当然ですね。。

毎日残業で辞めたい&辛いと思う理由9個。サービス残業を強制する会社は辞めて今すぐ転職だ!残業少ない・休みの多い会社へ転職する方法も紹介
「はぁ毎日毎日残業か・・たまには定時で帰りたいな。。」 このように毎日残業を3時間以上もするのは普通でしょうか? 残業3時間となると...

⇒「入稿期限前の深夜残業は嫌!転職してインハウスの広告の担当者としてノンビリ働いてまーす☆(27歳/女性)」

↓↓  転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

4、専門広告代理店(30代女性)

■仕事内容

専門の広告枠媒体広告枠を売る営業。

テレビ新聞ラジオ屋外広告などの特定の媒体。

広告のキャンペーン企画や制作。有名企業としては、読売IS日本経済社アイアンドエフなど。

日経新聞社の広告営業の仕事内容を以下の動画で紹介してるので「専門代理店の仕事内容ってどんな仕事なの?」と気になるアナタは参考にしてみて下さい。

■残業時間

朝9時~23時くらいまで。残業代はみなし残業ですべて営業手当に込み。

定時の18時よりも早く営業先から帰社すると「もっと外回り行けよ」と上司に叱責される。

営業手当は月に1万円未満。15年勤務して月給は月に24万円。

事務総務経理などの内勤は残業1日1時間程度なのに、月給20万円ほど。

体力的・精神的にツライ仕事。

「働いても働いても給料が増えないよ…もう辞めようかな…」

と感じるのも退職理由としてメチャクチャ多いのです。給料低くて悩むアナタは下記の時期もチェックしておきましょう。

給料低い辞めたい人へ。給料上げる方法5個紹介!給料低い理由を知って今すぐ転職しよう!会社に居続けるのはリスクでしかないぞ
手取りが低い!薄給すぎる!15万円じゃ生活出来ないよ… 安月給で過ぎて貯金も贅沢もできない。このままじゃ死ぬ… 福利厚生が...

5、総合広告代理店(20代男性)

■仕事内容

クライアントのマーケティング広告宣伝のすべてをクライアントに代わってすべて担う。

広告主と消費者を結んで最終的に購買行動に繋げるのが目的。

世界中の広告媒体を扱って、広告の企画・制作などすべての業務をこなす。

日本テレビ資生堂トヨタなど日本を代表する大手企業を担当。

大手広告代理店としては、電通博報堂アサツーディケイ読売広告社など。

仕事量が圧倒的に多く、体育会系の上司も多いのでパワハラも日常茶飯事。給料は1年目から500万以上と非常に高額。

だがプライベートまで管理されるような仕事のため鬱憤が溜まり、精神崩壊して、うつ病にって休職する社員多数。

大手企業に就職すれば安定と思い入社したものも、エリート街道を歩み続けることも苦難の連続であることを入社後に知る。

ある程度経験を積めばヘッドハンティングもされやすい業界なので、体調を崩す人は、インハウスの広告担当者として転職することも。

現在はオリンピックに向けた広告需要の増加で繁忙。また英国の広告代理店イージスを買収した電通などは、海外広告にも触手を伸ばしている。

さらに広告主からのキックバックも公然の秘密と化しているという話も。

足が付きやすい現金ではなく、飲食費でのキックバックが多い。

女性社員へのセクハラも多い業界なので、特に女性社員のストレス過多は問題。

参考電通の女性社員の高橋まつりさんの過労死自殺などのトラブルも。

■残業時間

残業が全くない月はない。

通常期で月に60-70時間の残業。繁忙期で130-150時間の残業。

早く帰ることは営業として売れていない証拠になる。

繁忙期は広告を掲載するまでに制作の段階。広告主・社内のクリエイティブ担当との調整が営業の主な仕事。

休日出勤も当然あるので、勤務時間・残業時間・休日の定義があいまい。

外資系コンサルティングファームと同等に業務量・残業時間が多い。

6、インターネット広告代理店(20代男性)

■仕事内容

リスティング広告ディスプレイ広告アフィリエイト広告DSPfacebook広告LINE広告リマーケティング広告などの運用型広告や、yahoo!のTOPページなど純広告の媒体枠買い付けなど。

  • 営業はクライアントにネット広告の提案
  • 提案後の運用。運用は社内の広告運用担当が行う
  • 運用後の成果のレポートの次回以降の施策の提案。
  • クライアント・社内運用担当・媒体担当者上手く調整することが大事

■残業時間

普段は朝9時半から23時頃まで。

大手クライアントの半期ごとのコンペでは100ページ以上に及ぶ提案資料作成で徹夜になることも。

クライアント都合での、広告クリエイティブの差し替えや、社内ミスによる広告予算超過などのトラブルが発生すると残業休日出勤が頻繁に発生する。

営業マンは週末は自宅にPC(パソコン)を持ち帰り、トラブル対応に備えることが常。

インターネット広告代理店のさらに詳しい仕事内容は以下の動画でも紹介していますよ。

「ネット広告のことがよく分からない!」というアナタは参考にしてみて下さい!

転職エージェントに登録するべき人は?

転職エージェントを利用するべき人の特徴

  • 仕事に時間を取られ活動できない
  • 転職活動を中途半端にしたくない
  • 会社に迷惑かけず両立したい
  • 就活で仕事のプライオリティーを落としたくない
  • 情報収集・書類作成を休日にしたくない
  • 面接のスケジューリングしたくない

こういった人は転職エージェントを活用すると悩みが解決されるでしょう。

特に「とにかく効率的に転職活動を進めたい」という人は絶対登録すべきです。

転職エージェントというのは、あなたの専任のコンサルタントが「あなたが活躍できる業界や職種のアドバイス」「応募書類の添削」「面接対策」などを完全無料で行ってくれるんです。

「じゃあオススメの転職エージェントは?」

と気になるところ。

オススメの転職エージェントは・・・

↓ ↓

  1. doda
  2. マイナビエージェント
  3. リクルートエージェント

「広告代理店を辞めたい」人が多く登録している転職エージェントTOP3

doda/パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)

>>doda公式サイトで登録(完全無料)

doda(デューダ)は大手人材人材会社のパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)グループが運営しているサービス。

転職支援業界で国内2位の売上高を誇っています。

①親身なサポートで転職者満足度No.1

dodaは転職者利用者へのアンケート調査で満足度No.1の実績です。

満足度が高い理由として「登録者に寄り添った親身なサポート」が徹底されているから。

  • 転職に関する不安悩みごとの相談
  • キャリアプランに迷った時には対面でのキャリアカウンセリング
  • 転職者目線の最適なキャリアプランの提案

丁寧なサポートの結果、転職サポートで年間1万人を成功に導く実績豊富なエージェントとして有名です

「以前転職エージェントに登録したけど放置された!」

「手厚く、親身なサポートを受けたい!」

という転職希望者が登録・利用すると特に満足度が高いですね。

②履歴書・職務経歴書の添削が抜群

「書類選考で落ち続けて面接までたどり着けない・・」

と悩むアナタは「質が高いと評判のdoda」の応募書類の添削を一度受けてみるべき。

dodaは履歴書・職務経歴書の添削が丁寧で分かりやすいと評判です。

転職活動での第一関門である書類選考。

応募書類で最大限自分の経験や能力をPRする必要があります。

ですが完璧な書類を作り上げている人は非常に少ないです。

その点、dodaのキャリアアドバイザーは以下のようなサポートしてくれます。

  • 1から応募書類の作成をサポート
  • 履歴書を下書きすれば清書を代行
  • 書類選考通過率が約3倍にアップする書き方のコツの伝授

③登録者限定の非公開求人が80%もある

dodaに登録した会員限定でしか閲覧できない非公開求人が全体の約80%あります。

非公開求人の中にはdodaだけが扱う独占求人も多いです。

求人の質も圧倒的に高く、業界最大手のリクルートエージェントとは違った独自の企業を紹介してくれるのも特徴です。

⇒「転職者満足度No.1の言葉に惹かれて登録。確かに他の転職エージェントと比べてもサポートの質が抜群です。親身に相談に乗ってくれました!(30代/女性)」

マイナビエージェント

マイナビエージェントの申込画面

>>マイナビエージェント公式サイトで登録(完全無料)

当サイト経由で1番多く登録されているの転職エージェントになります。

特徴としては、専任のキャリアアドバイザーの質が高いことです。

①転職サポート無制限でじっくり転職活動に取り組める!

他転職エージェント「転職サポートを打ち切らせて頂きます」

他の転職エージェントでは3-6ヶ月の期間内に転職を決めないと、転職サポートが打ち切られることもあります。

ですが、マイナビエージェントでは転職サポートの期間は無制限。

「とりあえず転職の相談だけしてみたい」

「非公開求人の中に年収アップ出来る求人がないかチェックしたいな♪」

軽い気持ちでの登録ももちろんOK。

アナタのタイミングで転職すれば良いのです。

②年収20%アップさせるためのノウハウや事例が豊富

「転職するならやっぱり年収が高い企業に行きたい!」

と、思うのは当然。

マイナビエージェントでは、年収20%アップさせるための事例やノウハウが豊富に用意されています。

年収アップの転職成功事例

 年収420万円→500万円(29歳/男性/webマーケティング)

 年収350万円→440万円(24歳/女性/ITコンサルタント)

 年収750万円→930万円(35歳/男性/監査法人)

③20-30代・IT系・営業職・大手企業の求人に強み

「自分に合う転職サービスを使いたい!」

そんなアナタ向けに、マイナビエージェントで各領域に強みをもった求人を紹介しています。

マイナビエージェントの強みの領域

年代→20-30代

 業種→IT系

 職種→営業職

 規模→大手企業

※注:上記以外の求人も豊富。他の転職エージェントより上記領域に強みがある

⇒「転職エージェントにいくつか登録しましたが、1番丁寧に僕の転職活動をサポートをしてくれたのはマイナビエージェントでした(20代/男性)」

↓↓ 転職者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

マイナビエージェントの登録ボタン

リクルートエージェント

>>リクルートエージェント公式サイトで登録(完全無料)

転職支援サービス最大手のリクルートグループの転職エージェントになります。

①業界最多の13万件の求人件数で他社を圧倒。

転職エージェント業界業界最大手リクルートエージェント。

公開求人・非公開求人が合わせると約13万件と業界最多の圧倒的な求人件数です。

「とにかくたくさんの求人の中から自分に合う求人を探したい!」

という人はリクルートエージェントの求人の多さを実感するべきでしょう。

②転職支援の成功実績32万件でNO.1

リクルートエージェントが転職支援業界で成功実績No.1となったのは以下の理由です。

求人数の多さ+担当キャリアアドバイザーの質の高さ=転職成功実績32万件

確かに、dodaのキャリアアドバイザーもレベルが高いのです。

ですがdodaの特徴は親切丁寧なサポート。

一方リクルートエージェントの特徴は、キャリアアドバイザーのアドバイスが的確でdodaとは強みが異なります。

アドバイスの内容に無駄がなく、ズバリ自分が進むべきキャリアを示してくれるんです。

と使い分けが必要になってきます。

③女性向けの転職ノウハウが豊富

「女性ならでは目線で悩みを相談したり、共感してくれる担当者が良い!」

リクルートグループの中に人材派遣会社(リクルートスタッフィング)と連携した女性に特化した求人や濃いノウハウ情報が豊富にあります。

特に事務職・販売職などの業界職に精通したキャリアコンサルタントが多数在籍。

女性にとっては相談しやすい環境が整っています。

④夜間・土日祝日でもサポート受付!

リクルートエージェントは、平日・土日祝日いつでも20時以降にも相談が出来るのが嬉しいポイント。

「仕事が忙しいからなかなか転職活動の時間が割けない・・」

という人でも、在職しながら転職活動が出来る手厚いサービスと言えますね。

⇒「業界最大手だけあって紹介される求人数は桁違い!転職サイトに掲載されてない非公開求人も紹介されたので大満足です!(30代/男性)」

広告代理店の仕事の流れ。コンペ⇒オリエン⇒進行管理⇒効果測定

「広告代理店ってどんな仕事?」

広告代理店の仕事を内容をチェックして、アナタがどの仕事内容を「辛い」「大変」と思うか考えてみましょう。

1,企画コンペ獲得のための準備

まず広告代理店として大事な仕事は大きく分けて2つ。1つはコンペで新規顧客獲得すること。もう1つはコンペ後の進行管理業務になります。

コンペはどの広告代理店の必死になって準備するので入念な下準備が必要。

コンペ獲得のための準備
①情報収集
②社内の運営体制の確認などの調整
③予算や広告スケジュールの確認

まず情報収集を効率よく行うためには、クライアント(広告主)がコンペ前に行うオリエン・ブリーフィングが重要なんです。

オリエン・ブリーフィングとはコンペ前にコンペ参加の広告代理店を読んで、広告の趣旨や目的を説明すること。

オリエンの内容を精査してAE(アカウント・セグゼクティブ)やAP(アカウント・プランナー)は自社のコンペ企画を練っていくわけです。

コンペ企画の中には社内スタッフィングの調整も重要となります。

社内スタッフィングとは、コンペ受注後社内の人員体制のこと。

優秀なマーケティングディレクターや、クリエイティブディレクターアサイン出来れば広告効果もより高いものになりますからね。

いかに社内の予算内で、優秀なスタッフをを組み込めるか?は営業マンの腕の見せ所となります。

その他スケジュール管理も重要となります。

最後はコンペ獲得のためのクライアントへのプレゼンテーション

プレゼンテーション前には何度もパワーポイントでの資料をブラッシュアップし、プレゼンのロープレも行うわけです。

2,コンペ獲得後の広告進行

コンペ獲得してからもまた大変。

まず広告クリエイティブの制作や管理などを行わないといけません。

広告クリエイティブ制作のためにはクライアントからの消費者へのメッセージをクライアントとともに共有する必要があります。

「クリエイティブは専門のディレクターが作るから簡単じゃん!」

と思うかもですが、クリエイティブ制作のためには素材をクライアントから貰う必要があります。

例えば、現行、写真、ビデオなどの映像などですね。

こういった素材を貰い、営業はディレクターに共有し、メディアプランを作っていく流れになります。

社内のクリエイティブディレクターが具体的なクリエイティブ制作に取り掛かりますが、営業マンはクライアントの間に立ち調整をする必要がるんです。

クリエイティブが決まれば具体的なキャンペーンやイベントなどのSP(セールスプロモーション)となります。

セールスプロモーションと絡めて行うのが、PR(パブリック・リレーション)

広報活動のことを示しますが、プレスリリースを打ったり、商品発表会などの記者会見を行うことになります。

ですので広告代理店の営業マンは、セールスプロモーションだけではなく、広報部などの他部署とも連携・調整も行う必要があるんです。

最後に、広告を掲載した証明をクライアントに提出する必要もありますね。

テレビCMならビデオなどの映像データ。web広告なら広告バナーのキャプチャなどですね。

合わせて広告の放映・掲載後の視聴率や集客効果などの効果測定やデータのレポートなども行います。

⇒「広告代理店の経験が評価されるとは思いませんでした!転職エージェントを使ったら年収アップ出来たのでもっと早く転職すれば良かったです(笑)」(30代/女性)

↓↓  転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

過酷&激務な広告代理店の営業を無理して続ける必要なし

いかがでしたか?

広告代理店の営業の仕事の過酷さを実感してもらえたと思います。

既に広告代理店で勤務している人は「大変なのは俺だけじゃないんだ・・・早くこの大変さから解放されたい」と感じているでしょうね。

広告代理店未経験の人は「大変とは聞いていたけど、こんなに働いてたら確実に体壊すでしょ!」と感じたかもしれません。

黄私自身も広告代理店で働いていましたが、給与額と労働時間があまりにも合わなかったので辞めてしまいました。

給与が良いのは電通博報堂などの大手広告代理店の一部だけです。

それ以外の広告代理店は、少ない代理店マージンなので必然的に給与も低くなります。

低賃金・労働時間の長いブラック企業まがいの仕事を無理して続けることはありません。

ブラック企業を辞めたいへ。辞めるべき理由4つ!新卒でもうつ病になって精神的に限界ならホワイト企業へ転職だ!辞め方や失業保険のテクニックも
「ブラック企業に入社してしまった・・早く辞めたいよ・・」 働き方改革なんて政権では言われてますが、長時間労働やサービス残業は当たり前。...

ホワイトな広告関連企業もアリ!転職も検討しよう

「とはいえせっかく経験してきた広告業界の仕事だから、今までのキャリアを生かした転職をしたい!」

と感じる人も多いと思います。

そんな時はホワイトな広告関連企業に転職を検討してみましょう。

ホワイト企業に転職したいなら転職エージェントで求人チェックだ!残業なし&年収100万円アップの非公開求人もあるの知ってる?
「ホワイト企業に転職したい!!」 と誰でも思いますよね。 ブラック企業の対義語がホワイト企業。 ホワイト企業とは大手企業を中心に福...

広告代理店はクライアントがいるため、業務が忙しくなります。

ですので、自社サービスのインハウスの広告担当になれば広告代理店を使う側になりますから、以前より残業時間が多くなることはありません。

広告代理店と比較すると若干給与は下がる可能性はありますが、残業時間は月に20-30時間の仕事もあります。

結果的に時給換算すると、圧倒的に転職先の方が条件が良いこともよくある話。

すぐに転職をしなくても自分が仮に転職をするとどういった評価を受けるのか?ということを調べてみるのがいいですね。

条件に納得いけば転職を本気で検討すればよいだけの話です。

⇒「自分には転職は無理かな・・と思って諦めてました。でも実際転職活動をしてみたら今より条件の良い求人が一杯あるんです!行動しないのは損ですね!」(20代/男性)

↓↓  転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

「広告代理店を辞めたい」人が活躍出来る職場を見つけるたった1つの方法

広告代理店辞めたい人
広告代理店辞めたいけど転職できるのかな・・

と不安に感じますよね。

自己流の転職活動、自分だけで見つけた企業に応募する方法では面接は上手くいきません。

当然転職エージェントを使うと採用される確率は高くなります。

だって転職エージェントは今までのあなたの経験や実績を踏まえて最適な企業を紹介してくれるんですから当然です。

自分の考えやこだわりだけを押し通して「転職先が決まらない!」と嘆くくらいなら最初から転職エージェントのキャリアカウンセリングを受けたほうが良いに決まってます。

客観的なアドバイスであなたが活躍できる業界や企業を適切に紹介してくれますからね。

転職のプロとしてお金を貰っているだんから、アドバイスが的確なのは当然ですが(笑)

※注意※お金を請求するは企業側に対してのみ。私達転職者側は無料で転職エージェントを利用できます。

カウンセラーのような立場で相談に乗ってくれるので、転職活動に煮詰まっている人こそ行くべきです。

転職活動が順調なら特に必要ないですね。

人材支援のプロですが、転職エージェントごとに専門領域や、得意分野が違ってきます。

効率的に転職活動を進めるためには3社以上の転職エージェントに登録することをオススメしますね。

基本的には転職エージェントは最低3社は登録するべき。

  1. doda
  2. マイナビエージェント
  3. リクルートエージェント

転職をエージェントを上手に選ぶコツはココにも書いているのでチェックしてみてください。

転職エージェントの選び方!22社を徹底比較!面談のコツ&評判の良い転職エージェントだけを紹介!
「転職エージェントって何社もあるけど、どうやって選べばいいんだろう?」 と悩む人はホント多いです。 僕自身、転職エージェント業界で働...
 

dodaが転職エージェントの中でも優れている理由5つ

転職したい人
どうしてdodaが1番オススメなの?

と思うかもしれませんね。

転職エージェントとして厚生労働省に許可されているのは全国で22,223社も存在します。

「転職エージェントなんてどこも一緒でしょ!」

このように適当に選んでしまうと、とんでもなく質の低いサービスを受ける恐れもあるんです…。

転職活動を効率的に、確実に進めたいなら最低限doadのような質の高い転職エージェントサービスは利用するべき。

理由を5つ紹介していきますね!

理由①転職者満足度No.1の質の高いサポート

dodaは転職エージェント(人材紹介)利用者でのポジティブな口コミ件数で、「満足度1位」を獲得しています。

「よくある作られたアンケート結果でしょ?(笑)」

と思うかもしれませんねw

でも、実際私も10社以上の転職エージェントを使ってみた感想としてもdodaの専任アドバイザーが1番質が高く満足出来るものでしたよ。

私の場合はIT業界での転職を希望していたんです。

dodaの場合は過去にIT業界で勤務経験のある専任アドバイザーがついてくれたので、凄く話がしやすかったんですね。

※DODAからdodaに名称変更する前に頂いた名刺です

上記は実際私を担当してくださったキャリアアドバイザーさんから頂いた名刺です。

「関西ITグループ」と記載されていますが、dodaでは領域ごとに特化したキャリアアドバイザーさんがいるんですよ。

でも他の転職エージェントでは、希望する業界の未経験者が担当するケースも多かったんです…。

業界への理解が乏しいので当然紹介される求人もピントを外したものばかりでしたからね…。

また、dodaの転職者の満足度が高いその他の理由として、転職した後も「キャリアライフサポート」という仕組みがあるから。

これも他転職エージェントと異なる点ですね。

DODAのキャリアライフサポートのチラシ

※DODAからdodaに名称変更する前に頂いた資料です

普通の転職エージェントであれば、サポートは転職して入社するまで。入社後のサポートはありません。

ですが、dodaに関しては入社後の電話やメールでのアフターフォローが転職後2年間無料でついてきます。

「今後のキャリアをどうしたらいいか困っている」

などの相談も気軽に出来る仕組みです。

質の低い転職エージェントであれば転職先企業を紹介しっぱなし。転職後の転職者のキャリアやサポートには無関心なんてこともよくあります。

ですが、dodaでは転職後のサポートもあるので、適当な企業を紹介出来ませんよね。後々のトラブルになりかねないですから。

なので責任を持って、私たち転職希望者にピッタリの求人を紹介してくれるわけです♪

⇒「転職エージェントに複数登録しましたがサポートが1番親身で丁寧だったのはdodaでしたね!dodaからの紹介求人で転職先を決めました♪(30代/男性)」

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

理由②LINでも相談出来る!?親身なサポートで安心して相談出来る!

DODAのキャリアアドバイザーとLINEで相談できるチラシ

※DODAからdodaに名称変更する前に頂いた資料です

上記は私がdoda登録時に貰ったチラシの1枚になります。

dodaでは業界に先駆けて、LINEを使って専任のキャリアアドバイザーに相談出来るんです。

※注:もちろんキャリアアドバイザーさんの個人LINEじゃないですよ(笑)

メールですと、「質問したいな!」と思ったときも面倒だから後回しになってしまいかねません。

でもLINEなら職場でも、家でリラックス中でも気軽に質問出来ます。

いかにdoda側が転職者に親身にサポートしようとしてるか?親身な姿勢が伝わってくるサービスと言えますね。

理由③求人件数130,808件で業界最多!

転職エージェントは私自身、複数登録しました。

dodaを使ってみて良かったなと感じた理由の1つが、「圧倒的な求人数の多さ」ですね。

主要エージェント求人数比較
doda:13.8万件
■マイナビエージェント:3.2万件
■リクルートエージェント:10万件

dodaの求人件数に関しては、実際に私のdodaのマイページ上の画像を掲載しています。

「125,089件」と書かれているのが分かりますよね?

リクルートエージェントやマイナビエージェントなどの大手転職エージェントを抑えて圧倒的な求人数になっているんです。

非公開求人が8-9割!登録者限定の求人が9.6万件もある!

さらにdodaではの求人の8-9割が非公開求人。

つまり登録者限定で応募できる求人約9.6万件以上もあるんです。

転職といえば、リクナビネクストマイナビ転職などの求人サイトが一般的。

ですが、求人サイトには掲載されていない独占求人がdodaは数多く紹介されています。

転職サイト大手のリクナビNEXT(転職サイト)と、doda(転職エージェント)の求人数を比較してみました。

リクナビNEXTの求人数【東京全体】

リクナビNEXTの東京での求人件数

dodaの求人数【東京全体】

  • リクナビNEXT求人数⇒5,894件
  • dodaの求人数⇒23,050件

約3.9倍dodaの方が求人数が多いです。

当然求人が多くなると、私たち求職者にとっては選択肢が増えるので、求人数に比例して内定数も増えていくことになりますからね!

⇒「転職エージェントに登録したのは転職サイトに掲載されてない非公開求人目的です。非公開求人が多いほどよい転職先が見つかる可能性も上がりますからね(30代/男性)」

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

理由④転職希望者向けの各種セミナーが充実している!

DODAの面接力アップセミナー

「書類選考は通ったけど面接が自信ないな・・コツだけ教えて欲しい!」

と、面接が苦手という人向けにdoda登録者限定で「面接力アップセミナー」などの各種セミナーが無料で開催されているんです。

上記は一例として東京のセミナーの紹介ですが、全国8拠点で定期的に開催されているので気軽に参加しやすいですね。

DODAの面接対策コンテツで内定力UP!のチラシ

※DODAからdodaに名称変更する前に頂いた資料です

上記も私が登録時に貰ったチラシなのですが、セミナー以外にも「面接力アップのeラーニング動画講座」や「面接対策アプリ」などもあるので、面接対策も他転職エージェントと比較しても充実していると言えますね。

理由⑤女性向けの転職サポートも強い!

DODAの女性のための合同転職面談会の案内

dodaでは女性向けの転職サポートにも強みがあります。

転職したい人
じゃあdodaは男性の転職は強くないの?

と思うかもですが、男性向けの転職サポートはどこの転職エージェントも力を入れています。

何故なら転職エージェントとしても男性を中心に紹介したほうが儲かるから。

転職エージェントの売上は転職者の年収の20-30%を紹介手数料として企業に請求した金額となります。

例えば、年収500万円の転職者をdodaの紹介で転職させた場合。

dodaには年収の20-30%にあたる約100-150万円の紹介手数料が入る仕組みとなってます。

なので比較的年収の高い男性を紹介したほうが転職エージェントとしても儲けが大きいわけですね。

ですから女性転職サポートには積極的ではない転職エージェントも確実に存在します。

特に売上の厳しい中小の転職エージェントとか(笑)

その点dodaでは、上記のような女性専用の特設ページや合同転職面談会を実施するなどして積極的に女性の転職サポートを行っているんですよ。

理由⑥大都市圏だけではなく地方での転職にも強い!

DODAのUターン・Iターン転職の特集

dodaでは、「Uターン」「Iターン」を含めた地方での転職サポートにも強みがあります。

転職エージェントに登録した時のよくある話として「え?東京とか大阪の大都市しか求人ないじゃん!地方勤務希望なんだけど…」ということです。

これも転職エージェントの裏話なんですが、結局のところ規模の小さい転職エージェントだと、地方だと儲けが出しづらいんです。

なので、「東京・大阪でしか転職サポートしませんよ!」という企業もあるくらい(汗)

ですがdodaに関しては、全国の8拠点(札幌・仙台・東京・横浜・名古屋・大阪・広島・福岡)あり全国での面談サポートを受けれます。

また近くに拠点がなくてもいつでも電話サポートを受けれるので、安心感がありますね。

Uターン・Iターンの転職に力を入れているということは当然地方の求人も充実してるってことですよ♪

⇒「dodaは求人数も多く、地方の案件もたくさんあるとのことで登録!実際他の転職エージェントと比較しても地方の求人は多かったので満足ですね!(40代/男性)」

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

dodaへの無料登録方法

ですので、早速dodaへ無料登録を行い、専任コンサルタントからアドバイスを受けたり、気になる求人がないか?チェックしてみてください。

まず、公式ホームページより登録画面に進みます。2分で完了するのでサクッと登録しちゃいましょう!

doda公式HPのURL
⇒ https://doda.jp/
  • 氏名
  • 年齢
  • 住所
  • 連絡先
  • 直近の職歴
  • 希望面談日(電話面談でもOK)

などの必須項目を入力しましょう。

面談の方法に関して

面談は、dodaの全国8か所ある事務所に訪問しても良いですし、電話面談で登録を済ませてもOKです♪

登録者の8割は電話での面談で登録を済ませる人も多いので、電話面談の希望日程などを「自由記入欄」に記載しておくと良いですね。

電話面談の場合は30分程度、訪問しての対面での面談は60分ほど。

面談日は日曜日以外となってますね。

対応してくれる時間は「土曜日→18:00まで」「平日→20:00まで」でもOKなので仕事しながらでも面談しやすくなってますよ。

登録後、数時間以内にdodaの担当者から面談の日程の件で電話で連絡が入ります。

面談日程の調整をその電話で行って下さいね。面談日程を決めれば、後は面談日を待つだけです。

登録時に必要な書類はあるの?

転職したい人
登録する段階で必要な書類ってあるの?

登録の段階で必要な書類は一切ありません!

必要事項を最低限入力すればdodaからの無料転職サポートを受けることが出来ます。

具体的に、「紹介された企業に応募したい!」となった段階で履歴書や職務経歴書を用意すればOK。

「でも職務経歴書作るの面倒だなぁ…」

という人も多いと思います。私も同じこと思ってましたから気持ちはよ~く分かります(笑)

ですがdodaでは専任アドバイザーが、1から職務経歴書を作れるように徹底的にサポートしてくれるんですよ!

見本も用意してくれるので、見本に沿って職務経歴書を書くだけ。書いた後は添削もしてくれるので、書類選考に受かりやすい書類が勝手に出来あがるわけです(笑)

⇒「転職活動を効率的に進めたいなら転職エージェントは使うべきですね!だって職務経歴書の添削を無料でしてくれるサービスなんて他にないですから(笑)(20代/男性)」

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

転職エージェントに登録するべき人は?

転職エージェントを利用するべき人の特徴

  • 仕事に時間を取られ活動できない
  • 転職活動を中途半端にしたくない
  • 会社に迷惑かけず両立したい
  • 就活で仕事のプライオリティを落としたくない
  • 情報収集・書類作成を休日にしたくない
  • 面接のスケジューリングしたくない

こういった人は転職エージェントを活用すると悩みが解決されるでしょう。

特に「とにかく効率的に転職活動を進めたい」という人は絶対登録すべきです。

転職エージェントというのは、あなたの専任のコンサルタントが「あなたが活躍できる業界や職種のアドバイス」「応募書類の添削」「面接対策」などを完全無料で行ってくれるんです。

「じゃあオススメの転職エージェントは?」

と気になるところ。

オススメの転職エージェントは・・・

↓ ↓

  1. doda
  2. マイナビエージェント
  3. リクルートエージェント

転職決まらない人が多く登録している転職エージェントTOP3

doda/パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)

>>doda公式サイトで登録(完全無料)

doda(デューダ)は大手人材人材会社のパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)グループが運営しているサービス。

転職支援業界で国内2位の売上高を誇っています。

①親身なサポートで転職者満足度No.1

dodaは転職者利用者へのアンケート調査で満足度No.1の実績です。

満足度が高い理由として「登録者に寄り添った親身なサポート」が徹底されているから。

  • 転職に関する不安悩みごとの相談
  • キャリアプランに迷った時には対面でのキャリアカウンセリング
  • 転職者目線の最適なキャリアプランの提案

丁寧なサポートの結果、転職サポートで年間1万人を成功に導く実績豊富なエージェントとして有名です

「以前転職エージェントに登録したけど放置された!」

「手厚く、親身なサポートを受けたい!」

という転職希望者が登録・利用すると特に満足度が高いですね。

②履歴書・職務経歴書の添削が抜群

「書類選考で落ち続けて面接までたどり着けない・・」

と悩むアナタは「質が高いと評判のdoda」の応募書類の添削を一度受けてみるべき。

dodaは履歴書・職務経歴書の添削が丁寧で分かりやすいと評判です。

転職活動での第一関門である書類選考。

応募書類で最大限自分の経験や能力をPRする必要があります。

ですが完璧な書類を作り上げている人は非常に少ないです。

その点、dodaのキャリアアドバイザーは以下のようなサポートしてくれます。

  • 1から応募書類の作成をサポート
  • 履歴書を下書きすれば清書を代行
  • 書類選考通過率が約3倍にアップする書き方のコツの伝授

③登録者限定の非公開求人が80%もある

dodaに登録した会員限定でしか閲覧できない非公開求人が全体の約80%あります。

非公開求人の中にはdodaだけが扱う独占求人も多いです。

求人の質も圧倒的に高く、業界最大手のリクルートエージェントとは違った独自の企業を紹介してくれるのも特徴です。

⇒「転職者満足度No.1の言葉に惹かれて登録。確かに他の転職エージェントと比べてもサポートの質が抜群です。親身に相談に乗ってくれました!(30代/男性)」

マイナビエージェント

マイナビエージェントの申込画面

>>マイナビエージェント公式サイトで登録(完全無料)

当サイト経由で1番多く登録されているの転職エージェントになります。

特徴としては、専任のキャリアアドバイザーの質が高いことです。

①転職サポート無制限でじっくり転職活動に取り組める!

他転職エージェント「転職サポートを打ち切らせて頂きます」

他の転職エージェントでは3-6ヶ月の期間内に転職を決めないと、転職サポートが打ち切られることもあります。

ですが、マイナビエージェントでは転職サポートの期間は無制限。

「とりあえず転職の相談だけしてみたい」

「非公開求人の中に年収アップ出来る求人がないかチェックしたいな♪」

軽い気持ちでの登録ももちろんOK。

アナタのタイミングで転職すれば良いのです。

②年収20%アップさせるためのノウハウや事例が豊富

「転職するならやっぱり年収が高い企業に行きたい!」

と、思うのは当然。

マイナビエージェントでは、年収20%アップさせるための事例やノウハウが豊富に用意されています。

年収アップの転職成功事例

 年収420万円→500万円(29歳/男性/webマーケティング)

 年収350万円→440万円(24歳/女性/ITコンサルタント)

 年収750万円→930万円(35歳/男性/監査法人)

③20-30代・IT系・営業職・大手企業の求人に強み

「自分に合う転職サービスを使いたい!」

そんなアナタ向けに、マイナビエージェントで各領域に強みをもった求人を紹介しています。

マイナビエージェントの強みの領域

年代→20-30代

 業種→IT系

 職種→営業職

 規模→大手企業

※注:上記以外の求人も豊富。他の転職エージェントより上記領域に強みがある

⇒「転職エージェントにいくつか登録しましたが、1番丁寧に僕の転職活動をサポートをしてくれたのはマイナビエージェントでした(20代/女性)」

↓↓ 転職者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

マイナビエージェントの登録ボタン

リクルートエージェント

>>リクルートエージェント公式サイトで登録(完全無料)

転職支援サービス最大手のリクルートグループの転職エージェントになります。

①業界最多の13万件の求人件数で他社を圧倒。

転職エージェント業界業界最大手リクルートエージェント。

公開求人・非公開求人が合わせると約13万件と業界最多の圧倒的な求人件数です。

「とにかくたくさんの求人の中から自分に合う求人を探したい!」

という人はリクルートエージェントの求人の多さを実感するべきでしょう。

②転職支援の成功実績32万件でNO.1

リクルートエージェントが転職支援業界で成功実績No.1となったのは以下の理由です。

求人数の多さ+担当キャリアアドバイザーの質の高さ=転職成功実績32万件

確かに、dodaのキャリアアドバイザーもレベルが高いのです。

ですがdodaの特徴は親切丁寧なサポート。

一方リクルートエージェントの特徴は、キャリアアドバイザーのアドバイスが的確でdodaとは強みが異なります。

アドバイスの内容に無駄がなく、ズバリ自分が進むべきキャリアを示してくれるんです。

と使い分けが必要になってきます。

③女性向けの転職ノウハウが豊富

「女性ならでは目線で悩みを相談したり、共感してくれる担当者が良い!」

リクルートグループの中に人材派遣会社(リクルートスタッフィング)と連携した女性に特化した求人や濃いノウハウ情報が豊富にあります。

特に事務職・販売職などの業界職に精通したキャリアコンサルタントが多数在籍。

女性にとっては相談しやすい環境が整っています。

④夜間・土日祝日でもサポート受付!

リクルートエージェントは、平日・土日祝日いつでも20時以降にも相談が出来るのが嬉しいポイント。

「仕事が忙しいからなかなか転職活動の時間が割けない・・」

という人でも、在職しながら転職活動が出来る手厚いサービスと言えますね。

⇒「業界最大手だけあって紹介される求人数は桁違い!転職サイトに掲載されてない非公開求人も紹介されたので大満足です!(30代/男性)」

合わせてよく読まれている記事

①楽な仕事&バイト42選!

楽な仕事&バイト42選!正社員で楽で稼げる仕事がないと諦めてる?サビ残・ノルマなしで年間休日120日以上の仕事があるんです!!
「ブラック企業じゃなく、立ってるだけで給料貰えるような楽な仕事に就きたい!」 「複雑で面倒な人間関係がない、ストレスフリーな職場で働き...

②「新規営業が辛い・・もう辞めたい」原因6つ&対策法7つ!

「新規営業が辛い・・もう辞めたい」原因6つ&対策法7つ!無理するとメンタル崩壊して体調まで崩しますよ?
「もう新規営業がツライ・・飛び込み営業、テレアポ。どれだけ行動しても門前払いで、数字は残せないし、上司からも詰められる・・」 「営業は...

③転職活動いつから始めるのがベスト?

転職活動いつから始めるのがベスト?転職するタイミング14個紹介!会社に絶対にバレない転職活動の裏技も公開!
「転職活動したいけどいつから始めりゃいいんだろう・・」 と思いながら本来転職の適性年齢である20/30代を通り越し40代になってからよ...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする