田舎暮らしの仕事11個紹介!移住しても年収400万円以上確保は可能!助成金の活用方法も♪

「田舎でのんびりと家族や子供たちとゆったり暮らすのに憧れるな~でも田舎に仕事なんてあるのか?」

「嫁の実家で田舎暮らししたいって言ってるけど、就職や仕事ってどうなんだろう?収入はどれくらいの下がるのかな?」

などなど。田舎暮らしへの憧れはあるものの、現実問題として「仕事」「収入」などの問題から逃げることは出来ないですよね。

そんな田舎暮らしへの憧れのあるあなたに下記の内容を紹介しますよ!

  • 【データで見る】田舎暮らしは急増傾向
  • 田舎暮らしの仕事の11個紹介:
  • 田舎暮らしのデメリット3個
  • 田舎暮らしのメリット3個

⇒「念願の田舎暮らしを実現!家族と悠々自適にノンビリ過ごしています♪(38歳/男性)」

【データで見る】田舎暮らしは急増傾向

10年間で約2倍!田舎暮らし希望者数(国土交通省調べ)

国土交通省の地方移住等地方へのヒト(定住人口)の流れに関するデータです。

上記のデータを見ても分かるように、

  • 30-39歳の移住願望数 ⇒ 17%⇒32.7% (2004年⇒2014年)
  • 40-49歳の移住願望数 ⇒ 15.9%⇒35%

移住に興味関心を持っている層が、30-49歳において、2004年~2014年の10年間の間で約2倍以上増えています。

ただ、2個目の表を見てもらっても分かるように、現実的に「5年以内に移住したい」と考えている層は、かなり少ないです。

  • 30-39歳の移住願望数 ⇒ 5年以内の移住実現時期 10%
  • 40-49歳の移住願望数 ⇒ 5年以内の移住実現時期 5.3%

田舎暮らしの収入面の不安が、移住実現のハードル

同じく国土交通省のデータになります。移住の際に重視する項目のデータです。

  • 1位 日用品の買い物環境 43%
  • 2位 交通インフラの充実度 41%
  • 3位 収入額 40%

やはり収入額をしっかりとキープできるのか?このことが移住実現に向けたハードルになっているといえます。

現に、40-49歳の35%が田舎暮らしに関心を持っているのに、5年に田舎暮らしを実現したいと考えている人は5.3%。

逆に70歳以上の59.6%が5年以内に田舎暮らしを実現したいと考えています。

田舎暮らしは「収入」の面でも不安も。事前に対策をしよう

70歳以上であれば、仕事も定年退職していて、年金も受給できる年齢になっているので収入的な問題は大きくないです。

ですが、30-40代であれば子供の養育費など収入の面で不安に感じることも多いですよね。

田舎には、オフィスビルも少なく農業や林業などの自然に囲まれた環境でストレスなく働くことに希望を持っている人も多いと思います。

ですが毎年人口が地方から都市に流出してくることを考えると、幸せな移住者ばかりではないことは現実問題として知っておいた方が良いですね。

特に若い人ほど収入・仕事の面に関しては移住前にしっかりと対策しておいた方が良いといえます。

田舎暮らしの仕事の8種類

具体的にどのような仕事が田舎で出来るのか?具体的な職業名を紹介しておきますね!

1、デザイナー

ウェブサイトなどのデザインの仕事です。

田舎で求められる人材は、デザインだけのピンポイントの仕事ではなく、企画・設計・コピー・構築・運用までのトータルで請け負える人材のニーズが高いです。

田舎には分業で請け負えるほどの企業数がないので、1社で全て丸投げできる業者に仕事が発注されます。都会なら部門ごとの専門家がいますけど以下ではそうはいかないですからね。

まずは、東京・大阪などの大都市でデザイナーとしての経験を積み・複数クライアントを持っておきます。

田舎暮らしで大都市圏のクライアントとはリモートで業務を完遂できるようにしつつ、田舎でも新たなクライアントを獲得すれば安定した収益を掻くほど出来ます。

田舎ではライバル企業が少ない分、仕事をどんどん増やすことも可能です。

「うちのwebサイトのデザインが気に入らなくてフルリニューアルしたいけど、デザイナーがいるんなら発注したいな」

という潜在需要は確実にあるので、しっかりと信頼関係を築いたうえで成果を出し続ければ、紹介・口コミなどでクライアントを増やすことも出来るでしょう。

確実に田舎では重宝される人材となります。

2、ジュエリーデザイン

田舎暮らしを機にジュエリーデザインを本格的に取り組み仕事として成功させた人もいます。

元々は趣味として、ネックレスや指輪のデザインをして商品を作りネットで販売していたものを、さらに規模を大きくして、事業として成功させた例ですね。

特にブライダルジュエリーなどのニーズが田舎では多かったという例もあります。

ジュエリーからブライダルの衣装のコーディネートなども行い事情拡大したという話もあります。

とはいえ、いきなりジュエリーデザインを成功させることは出来ないので、田舎移住当初は、地元も農家さんからお米や野菜などを格安で仕入れて、東京・名古屋・大阪などの都会に向けて販売していたとのこと。

そのほかにも製材所などでのアルバイトも行い、安定収入を確保しつつ、ジュエリーデザイナーとしての実績を積んでいった人もいます。

3、テキスタイルデザイナー

テキスタイルデザイナーとして、イベント・地域のチラシ・ポスターデザイン・オーダーの刺繍などを請け負っているスタイルですね。

移住前からのテキスタイルデザイナーとしての役立てた仕事といえます。

4、公共事業関連の仕事

地方では公共事業関連の人材が圧倒的に不足しています。

震災関連の復興需要・オリンピック関連などの影響で、地方労働者が足りないのです。

土建業・電気設備系の仕事・経験がある人材は相当重宝されます。

またサラリーマンとして雇われなくても、個人として請け負った仕事をすることも可能です。

合間に農作業や山仕事を挟んでいけば安定収入を確保することは難しくありません。

⇒「子どもたちも自然いっぱいの田舎の生活を満喫出来ているみたいで私も嬉しいです♪(30歳/女性)」

5、地域おこし協力隊の隊員になる

参照:地域おこし協力隊の公式HP

地域おこし協力隊とは

「人口減少など若年層の労働力の地方において、地方以外の人材を受け入れ地域の活動に参加してもらうことで、定住・田舎暮らしを促進させるための制度」

になります。総務省管轄の制度で、国の掲げる地方創生事業の一環といえます。

過疎化や高齢化が進んでいるので、人口を増やしたいという目的があります。

「地域おこし協力隊って具体的にどんなことやるの?」と疑問に感じますよね。

具体的には

■過去の経験を生かす

  • キャビンアテンダントの経験を生かした、地域住民向けのマナー研修
  • スキー・スノボの経験を生かした地域の小学生向けのスキー教室
  • 観光業の経験を生かした地域への観光支援

■農業・林業

  • 地域の棚田保全活動
  • 地元の農家の農作業のサポート
  • 林業の補助

では「地域おこし協力隊」気になる報酬は?

月16.6万円~20万円になります。金額は自治体によって異なるので金額は確認しましょう。

また、期間は1年以上3年以下の期間で、任期満了後に起業希望者は「起業に関する経費」として100万円の支給があります。

6、農家・農家のサポート

田舎暮らしの定番として農業に従事することがあげられます。

農業経験がないのにいきなり農家になるのはハードルが高いので、安定収入の確保という意味でも大きいですね。

農家の方々は高齢化しているので、農家と直接契約して雇ってもらうという方法もあります。

地元の信頼と仕事はセットと考えることもできるので、農家で信頼を得るのは今後田舎で安定的に生活していく上では重要といえます。

また「農業出来る土地はるからだれか農作業やってほしい!」という農家も多いので、そういった農家さんを紹介してもらうなどすると農業をスムーズに行うことが出来ます。

農業に対しての強いモチベーション行動力のある人であれば、地方にいけば引く手あまたの環境といえますね。

ただ、農業は扱う農作物にもよりますが、春~秋が繁忙期で冬は閑散期になります。

ですので冬場の仕事の確保は課題といえるかもしれませんね。

また地域によっては各自治体からの新規就農者向けの支援金もあります。

  • 新規就農する夫婦に2年間毎月20万円支給(鹿児島県枕崎市)
  • 新規就農者に800万円助成(島根県日南町)
  • 兼業農家に毎月12万円支給(島根県飯南町)

参照:田舎暮らしの自治体支援制度

7、自営業・起業

田舎では起業が行いやすい環境です。

元々の家賃が安いので都会と比べると経費を抑えやすいという点。

さらに、地方移住者に対して手厚い起業支援があります。各自治体移住者に対して手厚い支援がありますので活用しない手はないですね!

  • 商店街の空き店舗利用に500万円の補助(長野県大野市)
  • 起業支援に最大500万円(北海道鶴居村)
  • 起業コンテスト合格者に1000万円(島根県美郷町)
  • 無利子無担保300万円の起業支援(岐阜県美濃市)
  • 若者の転入・転職で最大5年間で30万円(長野県松浦市)

参照:田舎暮らしの自治体支援制度

またインターネットを使った起業の手段もあります。

  • 山菜などを収穫・乾燥させて「BASE」などでインターネット販売
  • 田舎の観光ガイドをネット上で公開して、広告収益で稼ぐ
  • 古民家を改修し、Airbnbなどのシェアリングエコノミーのサービスを使い集客
  • ゲストハウス自体を作ってしまう
  • ランサーズやクラウドソーワークスなどのクラウドソーシングで仕事受注
  • ネッ上の占い師
  • 古民家でカフェ経営

などなど。「元出がないのに起業なんて出来ないよー!」という人でも小資本で始めることが出来る事業も多いです。

地方にはプレイヤーが多くないので、「地方の人が求めているものはなにか?」というそいう増力を働かせてマーケットニーズさえ満たすことが出来れば、安定収益を確保するのは十分可能です。

8、山村ハローワークの活用

山村ハローワークを活用して仕事を探す方法もあります。

山村ハローワークとは、地域の仕事が集約されていて

  • 農業補助
  • 高齢者サポート
  • 定食屋さんの店員
  • 雪かきの除雪機運転

などの仕事情報やアルバイト情報が掲載されています。

仕事はたくさんあるのですが、その仕事をこなくしてくれる若い働き手が足りない状態なんです。

9、役場勤務

田舎での仕事で圧倒的に安定している仕事は役場勤務です。

都会のような大手出版社・廃止系コンサル企業・上場大手メーカー・百貨店などはないので公務員として役場勤めは、羨ましがられます。

事務職員の募集や・職員採用試験の募集人数の数は少ないですが、受けてみる価値はありますね。

10、事業継承する

若年層不足により、事業が継承できずに、事業自体を畳んでしまう経営者が地方では多いです。

参照:中小企業庁の事業継承に関するデータ

「適切な後継者が見当たらない」ために事業継承が出来ないという経営者が約2-3割ほどいます。

都心部も併せたデータなので、地方ではさらにこの数字が高くなると予想できますね。

なので、地方でどこかの企業に就職して人とつながることで、経営者問題に悩まされる企業を任せてもらえる可能性も十分あります。

11、自伐林業

自伐林業は副業を前提とした林業になります。

300-500万の小資本の初期投資で林業を開始することが出来ます。

しっかりと研修をうければ年間で100-200万円稼げるというデータもありますので、フリーランスで安定収入のない地方在住者が行っている仕事の1つですね。

参照:自伐型林業推進協会

⇒「田舎でもしっかり探せば都会の年収と変わらない仕事見つかるんですね!(35歳/男性)」

田舎暮らしのデメリット3つ

田舎暮らしの仕事の問題をクリアしても下記のデメリットを感じて、都会暮らしに戻る人も少なくありません。

デメリットもしっかり確認しておきましょう。

1、田舎暮らしに馴染めない

田舎暮らしのストレスを抱える人も多いのです。下記は体験談です。

地域活性化補助事業として15万円の生活費を貰って地域貢献しようとしたが、「田畑の草刈り」「小学校の廃校舎の清掃」などの雑務が多く嫌気がさした。

また自治体からの補助金をもらっていると「税金で食いやがって!」などと地元民から揶揄されることも多かった。

また鍵もあけっぱしなので、勝手に洗濯物が入れられていたりなどの生活もやりずらい。

2、田舎は意外と出費が多い

「田舎は生活費が安いから憧れる!」

なんてイメージを持っている人も多いですが、実際は地域によっては出費が多いです。

  • 豪雪地帯だと冬場の光熱費が月2-3万円
  • 零下になる場合は水道を流しっぱなしにする。水道管が凍るため。留守中も暖房常時オン
  • 集金が多い。月4-5000円の集会日、青年育成会費、体育協会費など

3、車社会。公共交通機関の未整備

自転車や歩いていける距離に何もなく車社会です。

仕事場、スーパー、コンビニ、病院、役場、学校など車がないと生活できない。

運転が苦手な人には不向きな環境。

田舎暮らしのメリット3つ

  1. 水・食べ物のおいしさ
  2. 賃貸物件の家賃が安い。感覚的には都心の半分
  3. 空気が綺麗でスローライフ

上記のようなメリットもあります。福井県は日本の幸福度ランキングで、毎年1位になる県として有名ですので、地方の生活と幸福度は関連性があるのかもしれませんね。

田舎暮らしの仕事問題を解決するたった1つの方法

田舎暮らしの仕事に関して説明してきましたが、田舎暮らしの仕事の問題を解決するたった1つの方法があります。

「でも田舎で仕事なんてどうやって見つけるんだよ?!無理だよ!」

と半ば諦めがちな人も多いと思います。

そんな人は転職エージェントに登録するのが1番の近道です。

あなた1人で今の仕事をしながら、下記のことができますか?

  • 楽な仕事の求人探し
  • ブラック企業ではないのかのチェック
  • 履歴書・職務経歴書の内容のチェックや添削
  • 面接対策
  • 企業研究・業界研究
  • 志望動機を考える
  • 内定後の給与などの条件交渉

恐らく時間のない状態で1人で全て完璧にこなすのは不可能に近いです。

ですが転職エージェントに登録すれば無料で全てサポートしてくれるんです。

転職したい人
なぜ無料なの? 

と思うかもですが、転職決定時に企業から紹介手数料を貰うので、転職希望のあなたは完全無料。

なので、転職活動する上で転職エージェントを使わない理由がないんです。

「でも転職エージェントはどこを使えばいいか分からない!」

という人もいるでしょう。

基本的には転職エージェントは最低3社は登録するべき。

  1. リクルートエージェント
  2. DODA
  3. ビズリーチ

転職をエージェントを上手に選ぶコツはココにも書いているのでチェックしてみてください。

転職エージェントの選び方!22社を徹底比較!面談のコツ&評判の良い転職エージェントだけを紹介!
「転職エージェントって何社もあるけど、どうやって選べばいいんだろう?」 と悩む人はホント多いです。 私自身、転職エージェ...

「でも3社も登録する時間がない!」

って人は、確実にリクルートエージェントだけは登録しておくべき。

何故ならあらゆる面で転職業界No.1だからです。

  • 累計30万人の転職実績
  • 非公開求人件数10万件と業界No.1
  • 登録者の67.2%が年収アップしている
転職したい人
登録したら転職しないとダメなんでしょ?
という誤解がありますが、転職急かすようなことなんてなし!
  • 転職情報収集
  • 転職市場価値の確認
  • 求人のチェック
  • 応募書類のチェックをして欲しい
などなど。
転職に詳しい友人に軽く相談する気持ちで登録する人が多いんです。
相談してアドバイスを受ける意味でとりあえず使ってみることをオススメします。
しつこいですが、登録も利用も完全無料なので、下記のリクルートエージェント・DODA・ビズリーチの3社登録がベスト。
もし「面倒くさい」「時間がない」という場合は最低リクルートエージェントだけは登録して使ったほうがいいです。

リクルートエージェントが転職エージェントの中でも優れている理由5つ

理由①求人の9割が非公開求人で約10万件!

転職エージェントも私自身複数登録しました。

リクルートエージェントが1番良かったなと感じた理由の1つが、「圧倒的な求人数の多さ」ですね。

主要エージェント求人数比較
■リクルートエージェント:10万件
■DODA:8万件
■ビズリーチ:3万件

さらにリクルートエージェントではの求人の9割が非公開求人。

つまり登録者限定で応募できる求人約9万件もあるんです。

転職といえば、リクナビネクスト・マイナビ転職などの求人サイトが一般的です。

ですが、求人サイトには掲載されていない独占求人がリクルートエージェントには数多く紹介されています。

転職サイトリクナビNEXT(転職サイト)と、リクルートエージェント(転職エージェント)の求人数を比較してみました。

リクナビNEXTの求人数【東京23区】

リクルートエージェントの求人数【東京23区】

  • リクナビNEXT求人数⇒3,170件
  • リクルートエージェントの求人数⇒31,991件

約10倍リクルートエージェントの方が求人数が多いです。

当然求人が多くなると、私達求職者にとっては選択肢が増えるので、求人数に比例して内定数も増えていくことになります。

⇒「転職エージェントを使ったら、仕事しながらでも田舎の職場見つけれました!(27歳/女性)」

理由②大手企業なので安心して登録できる

各転職エージェントの売上比較
■リクルートエージェント(リクルートグループ):1兆5886億円
■DODA(パーソルグループ):5175億円
■ビズリーチ:非上場のため非公開
※売上はグループの連結

上記を見ても分かるようにリクルートグループの売上が競合他社と比較しても圧倒的。

  • 「タウンワーク」
  • 「SUMO」
  • 「ゼクシィ」
  • 「ホットペッパー」
  • 「じゃらん」

などのグループ内に多くの有名ブランドがあり、テレビCMも放映している大手企業が提供しているサービスです。

やはり大手企業ですので、安心して転職支援サービスにも登録できます。

転職情報サイトに不正アクセス – 個人情報流出の可能性

こういった情報漏洩の問題を見ても分かるようにやはり中小の転職サイト・エージェントへの登録は不安が残ります。

その点リクルートエージェントは大手企業ですし「Pマーク」というプライバシー保護に免許も持っているので安心出来ます。

理由③登録者の62.7が年収アップしている

2011年のデータですがリクルートエージェントに登録者した22,000人のうち、62.7%が年収アップ出来ています。

「転職するなら年収アップしたい!」

と思うのは当然のこと。

リクルートエージェントは年収アップのための独自ノウハウを持っているんでしょう。

⇒【無料】求人件数10万件のリクルートエージェントの詳細を見る

理由④専任コンサルタントのアドバイスが適格すぎる

リクルートエージェントの転職エージェントの専任コンサルタントの方の私へのアドバイスが適格過ぎると感じました(笑)

私は過去に2回リクルートエージェントを使った経験があるのですが、担当アドバイザーから転職を止められたこともあったんです。

「今のご経歴では転職せずに経験を積まれた方が良いです。

2-3年ご経験を積んでから転職活動された方が希望の仕事・希望年収を得やすくなると思いますよ。」

と場合によっては転職しないほうがいいというアドバイスをされることもあるんです。

転職エージェントっていうと、「転職を強引に急かしてくるというイメージ」だったのですが実際は全くそんなことはなかったです。

履歴書や職務経歴書の添削をお願いしてから2.5倍ほど書類選考の通過率がアップしたこともあったので凄くサポートの質が高いんだなーと思いました。

理由⑤リクルートエージェントは業界最多の全国16拠点

転職したい人
拠点数が多いからどうなの?

と思うかもですが、転職エージェントの拠点数が多いということは直接アドバイザーに会って相談が出来るってことです。

転職エージェント登録の際は電話での面談も可能。

ですが、直接アドバイザーに会って面談出来れば自分の希望求人を細かなに伝えることが出来ますし、模擬面接などしてもらえます。

なので拠点数が多いほうが質の高いサポート受けやすいということに繋がります。

各エージェント拠点数比較
■リクルートエージェント:16拠点
■DODA:10拠点
■ビズリーチ:5拠点

リクルートエージェントへの無料登録方法

ですので、早速リクルートエージェントへ無料登録を行い、専任コンサルタントからアドバイスを受けましょう!

まず、公式ホームページより登録画面に進みます。

■リクルートエージェント公式HPのURL
https://www.r-agent.com

  • 氏名
  • 年齢
  • 住所
  • 連絡先
  • 直近の職歴
  • 希望面談日(電話面談でもOK)

などの必須項目を入力しましょう。

面談の方法に関して

面談は、リクルートエージェントの全国16か所ある事務所に訪問しても良いですし、電話面談で登録を済ませても大丈夫です。

登録者の8割は電話での面談で登録を済ませる人も多いので、電話面談の希望日程などを「自由記入欄」に記載しておくと良いですよ。

電話面談の場合は30分程度、訪問しての対面での面談は60分ほど。

面談日は「土日祝」「平日20時以降」でもOKなので仕事しながらでも面談しやすいですね。

登録後、数時間以内にリクルートエージェントの担当の方から電話で連絡が入ります。

面談日程の調整をその電話で行います。面談日程を決めれば、後は面談日を待つだけです。

必要書類など

面談日までに必ず用意しておいた方がよいものは職務経歴書です。

職務経歴書がないと、いくら転職のプロのコンサルタントの方でも、あなたに適切なアドバイスや、求人を紹介することは出来ません。

経歴を元に、話が進みますので、当日円滑に登録が進むように、職務経歴書は用意しておきましょう。

必要書類の準備に関しても、登録した後の電話で丁寧に説明してもらえます。

ちなみにリクルートエージェント登録者限定で、職務経歴書の作成サポートしてくれる「レジュメnavi」を使って簡単につくることが出来ます。

実際のレジュメnaviの画面なんですが、「名前」「経歴」を案内に沿って入力するだけで自動的に経歴書が作られるんです。

「パソコンにワードが入ってない!」

「経歴書を1から作るのが面倒くさい!」

という人でもレジュメnaviがあれば簡単に作れちゃいます。

⇒「転職エージェントに登録して自分の強みをアピール方法を教えて貰いました!結果内定8社ゲット!(35歳/男性)」

リクルートエージェントへ登録して今よりも条件の良い職場へ転職しよう!

転職は当然ですが、転職のプロに相談するのがベスト。

私自身、リクルートエージェントへ登録して応募書類の添削をしてもらってから、書類選考の通過率が約2.5倍にアップしました。

転職エージェントのプロの視点は、本当にすごいんだなと感心しましたね。

いかに自分で作った応募書類の内容が穴だらけだったかということですが(笑)

リクルートエージェントへ登録してプロのコンサルタントにアドバイスを受けることで、確実に今以上企業に対してアピールすることが出来ます。

結果、収入面・待遇面・仕事の内容で、今以上の職場に転職できる確率もグッとアップしますよ。

今すぐ登録して、絶対に転職を成功させましょう!!

⇒【無料】求人件数10万件のリクルートエージェントの詳細をもっと見る

登録するべき転職エージェント3社

リクルートエージェント 

>>>リクルートエージェント無料登録する

■おすすめ度

■特徴

転職支援サービス最大手のリクルートグループの転職エージェントになります。

①業界最多の13万件の求人件数で他社を圧倒。

転職エージェント業界業界最大手リクルートエージェント。

公開求人・非公開求人が合わせると約13万件と業界最多の圧倒的な求人件数です。

「とにかくたくさんの求人の中から自分に合う求人を探したい!」

という人はリクルートエージェントの求人の多さを実感するべきでしょう。

②転職支援の成功実績32万件でNO.1

リクルートエージェントが転職支援業界で成功実績No.1となったのは以下の理由です。

求人数の多さ+担当キャリアアドバイザーの質の高さ=転職成功実績32万件

確かに、DODAのキャリアアドバイザーもレベルが高いのですが、DODAの特徴としては親切丁寧なサポートです。

一方リクルートエージェントの特徴としては、とにかくキャリアアドバイザーのアドバイスが的確ということ。

アドバイスの内容に無駄がなく、ズバリ自分が進むべきキャリアを示してくれるんです。

と使い分けが必要になってきます。

③女性向けの転職ノウハウが豊富

リクルートグループの中に人材派遣会社(リクルートスタッフィング)と連携した女性に特化した求人や濃いノウハウ情報が豊富にあります。

特に事務職・販売職などの業界職に精通したキャリアコンサルタントが多数在籍しているので相談しやすい環境は整っていますよ。

「女性ならでは目線で悩みを相談したり、共感してくれる担当者が良い!」

と感じる女性の転職希望者が登録すると満足なサポートを受けることが出来ます。

④夜間・土日祝日でもサポート受付!

リクルートエージェントは、平日・土日祝日いつでも20時以降にも相談が出来るんです。

「仕事が忙しいからなかなか転職活動の時間が割けない・・」

という人でも、在職しながら転職活動が出来るサ手厚いサービスと言えますね。

■リクルートエージェントに登録すべき人
①どこの転職エージェントよりもたくさんの求人を紹介して欲しい人
②転職成功実績を元に的確な内定までのノウハウを知りたい人




DODA/パーソルキャリア(旧:インテリジェンス) 

>>>DODA公式サイトで無料登録する

■おすすめ度

■特徴

DODA(デューダ)は大手人材人材会社のパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)グループが運営しているサービス。

転職支援業界で国内2位の売上高を誇っていますね。

DODAのポイントは以下になります。

①親身なサポートで転職者満足度No.1

DODAは転職者利用者へのアンケート調査で満足度No.1の実績。

満足度が高い理由としては、「登録者に寄り添った親身なサポート」だからです。

  • 転職に関する不安悩みごとの相談
  • 自分のキャリアプランに迷った時には面談でのキャリアカウンセリング
  • 将来の最適なキャリアプランの提案

このようなサポートの結果、転職サポートで年間1万人を成功に導く実績豊富なエージェントになります。

「以前転職エージェントに登録したけど放置された!」

「手厚く、親身なサポートを受けたい!」

という転職希望者が登録・利用すると特に満足度が高いですね。

②履歴書・職務経歴書の添削が抜群

DODAは履歴書・職務経歴書の添削が丁寧で分かりやすいと評判です。

転職活動での第一関門である書類選考。

応募書類で最大限自分の経験や能力をPRしないといけないのに、完璧な書類を作り上げている人は非常に少ないです。

その点、DODAのキャリアアドバイザーは

  • 1から応募書類の作成を手伝ってくれる
  • 履歴書を下書きすれば清書を代行してくれる
  • 書類選考通過率が約3倍にアップする書き方のコツを教えてくれる

といったサポートをしてくれるんです。

「書類選考で落ち続けて面接までたどり着けない・・」

という人は質が高いと評判のDODAの応募書類の添削を一度受けてみるべきですね。

③登録者限定の非公開求人が80%もある

DODAに登録した会員限定でしか閲覧できない非公開求人が全体の約80%あります。

非公開求人の中にはDODAだけが扱う独占求人も多いです。

求人の質も圧倒的に高く、業界最大手のリクルートエージェントとは違った独自の企業を紹介してくれるのが特徴。

■DODAに登録すべき人
①「転職初心者でどの転職エージェントに登録したらいいか分からない」
②「求人数も多く・サポートの質も良いバランスの良い転職エージェントに登録したい」



ビズリーチ

>>>ビズリーチ公式サイトで無料登録

■おすすめ度

■特徴

ビズリーチはテレビCMでも話題の転職支援サービスですね。

特徴としては

①圧倒的なスカウトの豊富さ

ビズリーチに経歴書を登録するだけで、企業人事担当者や転職エージェントの担当者から毎日のようにスカウトが届きます。

登録した人のキャリア次第では、大手転職エージェントと比較して3-10倍ほどスカウトの数が増えた!という人もいます。

  • 「仕事が忙しくて求人チェックする時間がない」
  • 「とにかくたくさんの企業からのスカウトをチェックしたい」

という人は、登録するだけでスカウトがたくさんくるビズリーチが向いているでしょう。

②年収アップ出来る求人が多数

ビズリーチは他の転職エージェントと比較しても、年収アップできる求人が豊富です。

理由としてはビズリーチは元々年収600万以上のハイスペックのビジネスパーソンに特化していた転職支援サービスだったからです。

ですので現状年収が低い転職希望者であっても、ビズリーチでしかチェック出来ない好条件の求人が紹介されるでしょう。

  • 「今の年収に不満がある!」
  • 「もっともっと稼ぎたい!」

という人は登録しておくと良いでしょう。

※公式ホームページには「年収600万以上に支持される」とありますが、年収600万未満でも登録・利用は問題なく出来ます

③上場企業・大手企業の求人が多い

上に書いた「年収アップ出来る求人が多い」ということとも繋がりますが、ビズリーチは大手・上場企業の求人が多いです。

年収が多い求人が多いので、当然上場企業や大手企業の求人が多いのは必然なのですが。

ですので「新卒で入社できなかった大手に入社したい!」と感じる人は登録しておいた方が良いです。

とはいえ大手企業は周りも入社したいと感じる人気求人。

募集してもすぐに打ち切りになりますし、募集も若干名です。

なので逆算して早めにビズリーチに登録して、大手企業の求人を漏れなくチェックしておくことが大事だといえます。

 

■ビズリーチに登録するべき人
①「年収が低い。転職して給料を増やしたい!」と思う人
②転職エージェントの担当者から手厚いサポートを受けたい人



番外編:就職shop


>就職shop公式サイトで登録

■おすすめ度

■特徴

①書類選考不要で必ず面接まで進める

就職shopの最大のメリットはなんといっても書類選考不要で希望した企業の面接を受けれるということ。

  • 「どれだけ応募しても書類選考落ちで面接まで進まない・・」
  • 「面接まで進めば自分の良さをアピール出来るのに・・」

という人は是非使っておきたいサービスです。

書類選考不要の転職エージェントは他社でもないサービスなので、個人的にはかなり画期的だと思いますね。

②全ての企業を取材済み!求人情報が正確

就職shopの求人は、全てスタッフが足を運んで企業を100%取材しています。

取材していることによるメリットとしては「求人情報が正確」「ブラック企業が皆無」といったことがあります。

ですので就職shop経由で入社した場合は「聞いていた条件や仕事内容じゃなかった・・」ということはほぼ皆無と言って良いでしょう。

ただ、全ての企業に足を運んでから求人掲載するので必然的に他の転職エージェントよりは求人数は少なくなります。

なので今回は4位にランキングしておきました。

③18-30歳以下の男女のみが登録の対象

他の転職エージェントであれば何歳であってもう登録可能です。

ですが、就職shopは18-30歳男女の若者向けの転職エージェントとなります。

なので、31歳以上の場合は登録が出来ないのでその点だけ注意が必要です。

■就職shopに登録すべき人
①30歳下の男女で書類選考に通過せずに悩んでいる人
②ブラック企業には絶対に入社したくない!という人。求人情報の正確さを大事にしたい人

 

合わせてよく読まれている記事

①楽な仕事&バイト42選!

楽な仕事&バイト42選!正社員で楽で稼げる仕事がないと諦めてる?サビ残・ノルマなしで年間休日120日以上の仕事があるんです!!
「ブラック企業じゃなく、立ってるだけで給料貰えるような楽な仕事に就きたい!」 「複雑で面倒な人間関係がない、ストレスフリーな職...

②職場いじめで退職するしかない?

職場いじめで退職するしかない?泣き寝入りは禁物!職場いじめの11個の対処法を紹介。絶対に負けるな!
「職場で社内の人に1日中無視されていて辛い・・退職するしかないのかな・・」 「自分だけ間違った仕事の指示を出されて、ミスをする...

③ストレスで仕事を辞めたいなら今すぐ転職だ!

ストレスで仕事を辞めたいなら今すぐ転職だ!今すぐ会社を辞めるべき4つの理由
「毎日朝起きたくない・・職場に行くのが辛い・・もう辞めたい・・」 「職場の人間関係がストレスで、原因不明に体調不良。今の仕事辞...

④仕事のストレスが限界のあなたへ。無理は禁物です。

ストレスで仕事を辞めたいなら今すぐ転職だ!今すぐ会社を辞めるべき4つの理由
「毎日朝起きたくない・・職場に行くのが辛い・・もう辞めたい・・」 「職場の人間関係がストレスで、原因不明に体調不良。今の仕事辞...

⑤職場いじめの人間関係で悩むなら早く転職したほうがいいですよ?

職場いじめで退職するしかない?泣き寝入りは禁物!職場いじめの11個の対処法を紹介。絶対に負けるな!
「職場で社内の人に1日中無視されていて辛い・・退職するしかないのかな・・」 「自分だけ間違った仕事の指示を出されて、ミスをする...

⑥今の仕事が辛いなら楽な仕事を選ぶことが大事です

楽な仕事&バイト42選!正社員で楽で稼げる仕事がないと諦めてる?サビ残・ノルマなしで年間休日120日以上の仕事があるんです!!
「ブラック企業じゃなく、立ってるだけで給料貰えるような楽な仕事に就きたい!」 「複雑で面倒な人間関係がない、ストレスフリーな職...

⑦転職エージェントの選び方

転職エージェントの選び方!22社を徹底比較!面談のコツ&評判の良い転職エージェントだけを紹介!
「転職エージェントって何社もあるけど、どうやって選べばいいんだろう?」 と悩む人はホント多いです。 私自身、転職エージェ...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする