ベンチャー企業への転職リスク10個。ハードワークだが3倍自己成長の可能性が広がるぞ!

「ベンチャー企業に転職してみたいな~風通しの良い職場で社長と直に仕事出来るなんて自分の成長に繋がりそう!」

「ベンチャー企業に憧れはあるけど、転職した時のリスクってどういうものがあるんだろ?家族を養わないといけないから給与面とか気になるな・・」

などなど。

最近ITを使って一気に売上を伸ばしている、フリマアプリの「メルカリ」やオンライン会計ソフト「free」などのメガベンチャーや評価額1000億円を超えるユニコーン企業などが注目されていますよね。

「自分もベンチャーでバリバリ働きたい!」と感じ入る人も少なくないと思いますが、ちょっと待った!

ベンチャー企業への転職へのリスク本当に分かっていますか?

想像している以上にベンチャー企業で働くということは過酷です。ベンチャー企業のリスクを中心に以下のことを紹介していきますね。

  • 【背景】ベンチャー企業への投資は活況!勢いアリ
  • ベンチャー企業の規模を知ろう。4つのステージ
  • ベンチャー企業に転職するリスク10個
  • ベンチャーと大企業で働くメリット・デメリットの比較
  • ベンチャー企業に向いている人の特徴
  • 転職の際のベンチャー企業の間違いのない選び方

【背景】ベンチャー企業への投資は活況!勢いアリ

まず、ベンチャー企業への転職を考える前にベンチャー企業のことをしっかりと知っておきましょう。

データ①ベンチャー企業への投資額は前年比11%増

2015年度の国内ベンチャーキャピタル(VC)の投資額(速報値)が14年度と比べて11%増の1302億円だったと発表した。前年度比プラスとなるのは2年ぶり。

参照:日経新聞

データ②投資額はリーマンショック以降は増加傾向

ベンチャーキャピタル10(VC)における投資社数・投資額を見てみると、2008年度のリーマンショックにより大きく落ち込んだが、2010年度以降は回復傾向にあり2011年度の投資は1,017社、1,240億円に回復している。また、投資先企業の段階については、シードステージが2010年度の4.4%から2011年度は15.7%に増加

参照:総務省。ベンチャー起業全体の動向

日経新聞や総務省がまとめたベンチャー企業への投資額に関するデータになります。

投資額が全てではありませんが、ベンチャー企業への投資額が毎年1000億円を超える状況をみると、活況な業界であることは間違いありません。

データ③日本でもユニコーン企業が生まれている

ユニコーン企業とは、非上場でありながら企業の評価金額は10億ドルを超えている企業のこといいます。

海外では、「uber」「airbnb」「xiomi」などの企業があります。日本でもフリマアプリのメルカリなどがユニコーン企業になります。

大企業では対応できなかった事業が注目され結果を出している証拠ですね。

ちなみにメルカリは2013年2月創業なのでわずか4年弱で結果を出しているメガベンチャーです。とんでもないスピード感ですね。

⇒「イケてるベンチャーを探すたった1つの方法」まで読み飛ばす

ベンチャー企業の規模を知ろう!4つのステージ

ベンチャー企業の状況が分かったところで、次はベンチャー企業の規模を知っておきましょう。

一口にベンチャーといっても、LINE・Gree・DeNa・サイバーエージェントなどのメガベンチャーもあれば、従業員数名で創業1年未満のベンチャーもあります。

ベンチャー規模を分類するために4つのステージが定められているので、しっかりと理解しておきましょう。

①シードステージ

  • 創業間もない状態
  • 従業員は5名以下
  • 商品やサービスは完成していない
  • 構想はあり。プロトタイプを開発している段階
  • 売上はほとんど0円

②アーリーステージ

  • 創業1-3年未満
  • 従業員は10名以下
  • 商品やサービスは完成済み
  • 少人数ながら顧客はいる
  • 売上は5000万円ー1億円以下。資本金1億円未満

③エクスパンション(ミドルステージ)

  • 創業2-5年未満
  • 従業員は30-50名以下
  • サービス・商品の売上が軌道に乗ってきた状態
  • 売上は1-5億円
  • 顧客もしっかりついてきている

④レーターステージ

  • 創業10年未満
  • 成長企業や上場予備軍などとメディアで特集される
  • 従業員200-300名以下
  • 売上5-50億円
  • 上場準備のため、財務・コンプラ・経営管理の人材を強化する段階

【その他】メガベンチャー

  • 上場企業並みの売上(50-3000億円)
  • 従業員数1000名以下
  • サイバーエージェント・LINE・DeNA・GREEなど

ベンチャー企業への転職リスク10個

リスク①倒産リスク

上記に紹介した4つのどのステージのベンチャーに転職するかにもよりますが、シード・アーリーステージのベンチャー企業は常に倒産と隣り合わせです。

新規に起業したベンチャー企業の会社が10年以内に95%は倒産するというデータもあります。

10年倒産しないベンチャーの方が珍しいということは覚えておいてください。

リスク②資金繰りのリスク

ベンチャー企業は毎月カツカツの資金繰りを行っています。

私が以前勤めていたベンチャー企業では、社長が知り合いから借用書を書いて個人的な借り入れをしていたり、クレジットカードの支払いをリボ払いにするなどして、綱渡りの資金繰りをしていました。

毎月の安定した売り上げがたっていないベンチャーも多いので、黒字化するまでは、赤字分をどこからから調達したり補填する必要があります。

ベンチャーキャピタルから資金調達が出来れば良いですが、簡単なものではないので常に自転車操業です。

リスク③売上が計画通り立たない

ベンチャー企業は、大手企業も誰もやっていない新しいサービスを生み出すことを目的としています。

ですので、新しいサービスが認知され安定したキャッシュを生むまでは、計画通り売上が経つことはあります。

つまり大手企業のように「勝ちパターンがない」のです。

顧客が誰かも分からないし、販促の方法も分からず常に試行錯誤の連続です。

顧客ニーズを少しずつつかみながら徐々に売上を上げていくので、大手企業ほど経営も仕事仕組化されていません。

リスク④会社の成長は全て経営者次第

エクスパンションのステージまで成長しているベンチャーであれば、仕組化されているのである程度大丈夫です。

ですが、アーリーステージ以下の全従業員や会社の命運はすべて経営者が握っています。

ワンマン社長で、従業員のアドバイスを聞かずに、顧客ニーズも掴めない社長の元で働くと、一気に倒産・失業という道が待っています。

そのほかにも、開発出身の社長だと会社の数字・財務に疎くて、売上をあげても利益が出ないこともあります。

さらに、一度も就職したことのない学生起業家だと一般常識が一切ないCEOもいるかもしれません。

会社のお金を私的流用する公私混同な経営者もいますからね。

10年後に生き残るベンチャー企業は1/1000とも言われるので、優秀な経営者の元ではたからないとツライです。

リスク⑤社内環境やシステムの未整備

ベンチャー企業には「ヒト・モノ・カネ」のすべてのリソースが整備されておらず常に不足しています。

サービスの認知拡大のために広告を打つにもお金がないので、費用対効果のよい出稿先を血眼になって探す必要があります。

業務拡大のための人材採用をしようと思っても、転職サイトで求人情報を載せる費用もありません。

社長「なんでも金で解決しようとするな!頭をつかえ!工夫しろ!」

ベンチャー企業の社長でお金のないところは必ずこう思っています(笑)

だってほんとに資金を含めた社内リソースの不足や、システムが未整備だからです。

リスク⑥給与。福利厚生などの待遇面の悪さ

どれくらいの規模ベンチャーに転職するかによりますが、よほどあなたに専門知識や経験がない限り給料は下がるケースが多くなります。

売上が立っていないので仕方ありません。収益率が悪さを従業員の給料の低さでカバーするしかないんです。

ですので年収や月収の面でも不満が出る可能性はあります。ボーナスなんてもちろんありません。

さらに厚生年金もありません。法人化してないベンチャー企業の場合、社会保険未加入なので、国民健康保険に入り全額実費で負担しないといけません。

※社会保険であれば労使折半

さらにさらに、退職金ももちろんありませんし、給与遅配も普通にあります。交通費などの経費も自腹・もしくは立て替えなどの必要に迫られることもあるでしょう。

リスク⑦ハードワーク

「残業無しで18時には退社したい!」

なんて人は絶対にベンチャーに転職してはいけません。

雇用契約書に就業時間が定められてはいますが、実質は24時間365日就業時間のようなものです。

会社で働いている時間が1日17時間を超えることもありますし、休みも月1回ということもありました。

タイムカードなんてもちろんなくて「なにそれ?おいしいの?」ってレベルです笑。

会社の成長につれてコンプライアンスの観点から徐々に過度の残業規制などされてきますが生きるか死ぬかのベンチャー企業ではハードワークは必須です。

激務に耐えられらずに退職していく人も後が絶ちません。

リスク⑧離職率の高さ

給与・待遇面・ハードワークなどの理由から離職率は高いです。

ベンチャー企業なんてどこもブラック企業です。職場環境の悪さが気になる人は止めた方が良いです。

リスク⑨即戦力必須

入社後即戦力としてすぐに結果が求められます。

説明した通り、ベンチャーにはパフォーマンスが低い余剰人員を抱えている余裕は一切ないんです。

教育している余裕もありませんので、即戦力として活躍することが求められます。

リスク⑩何が起きても自己責任

「会社が倒産して無職になった」

「給与が支払われず3か月無給」

「ミスをしたけどすべて自分でリカバリーしないといけない」

などなど。すべてのことが自分の責任です。

誰もあなたを守ってくれませんし、同情もしてくれません。

自己責任すべてやりきる覚悟が求められます。

⇒「イケてるベンチャーを探すたった1つの方法」まで読み飛ばす

⇒【無料登録】「転職支援ならDODA(デューダ)」会員登録をする

転職サイトDODAで転職

ベンチャー企業のメリット

では逆にベンチャー企業のメリットは何のか?リスクもある分ベンチャー企業には大企業では得ることが出来ないメリットも多いです。

メリット①経営者(CEO)との距離の近さ

ベンチャー企業では常に経営者の近くで仕事ぶりつぶさに観察できますし、学ぶことが出来ます。

将来のキャリアプランとして「独立したい!」「起業したい!」と明確な目標がある人には絶好の職場と言えるでしょう。

メリット②意思決定のスピード感

大企業とは比較にならないほどのスピード感で会社の方向性などが決定されます。

朝の30分の会議で新規事業のスタートが決定されたり、わずか1か月で撤退の決定なんてことも普通にあります。

常にPDCAを回して仮説・効果検証をし結果を出し続けないと会社が潰れてしまうので、必然的にスピード感も早くなります。

大企業では経験できない自己成長の機会といえるでしょう。

メリット③大きな責任を伴う仕事ができる

ベンチャー企業では会社の命運を占うような、重要なプロジェックと入社3か月で任せられるということもあります。

大きな責任を伴うのでプレッシャーも半端ないですが、やり遂げた後には、大手企業では感じえないビシネスマンとしての成長を感じることが出来ます。

やりたい仕事があれば、社長に直接直談判して任せてもらう!なんてこともアリです。

メリット④裁量が大きい

裁量の大きさです。何か始めるときも経営者に確認せずとも、大きな決定権があります。

というより、社長も忙しくいちいち、指示を出していたり決裁している時間もないのです。

方向性だけ決めて後は任せた!ってケースが多いです。

大企業では何をするにもお伺いをたてないといけないですが、自分の意見が圧倒的に反映されやすい環境といえます。

仕事の結果も、システムではなく属人的なりやすので、評価も受けやすくなります。

メリット⑤出世・昇進の圧倒的スピード

ベンチャー企業では結果を出せば出すほど、どんどん昇進・出世していきます。

従業員の人数も100名以下と少ないので、ポストがガラ空きなのです。

大手企業では主任だった役職が、ベンチャー企業ではCOO(最高執行責任者)に転職後1年でなった!なんてことも十分ありえます。

老舗で、大手企業には従業員が多く人材の層が分厚いので仕方ないですけどね。

評価制度も年功序列ではありませんので、創業メンバーとして役員などの高い地位も十分狙えます。

出世して会社も成長していれば若くして1000万円以上稼ぐケースも少なくありません。

メリット⑥ストックオプションで一攫千金も

創業メンバーとしてストックオプションが付与されていれば、上場や会社が高値で売却された際などは一攫千金を得ることが出来ます。

メリット⑦営業・マーケティング・開発など様々分野の経験が出来る

ベンチャー企業では、主な担当職種はありません。

人員が不足している部署の仕事は全部やる!という気概が必要ですし、能力があれば実際に仕事を任せられます。

実際私自身も、営業・デザイナー・開発・マーケティング・広報・人事・顧客対応など、多種多少な領域の仕事を経験することができ自己成長に繋がったと実感しています。

専門領域も大事ですが、大企業とは違うスキルセットが求められるの醍醐味です。

ですので大企業では磨くことが出来なかった能力をつけれたと感じています。

メリット⑧イノベーション起こし社会にインパクト与える

ベンチャー企業はニッチで競合の少ない領域を狙って事業展開しています。

最初はニッチでも世の中に必要とされているサービスであれば、社会に革新を起こし注目されることは間違いありません。

あのAmazonだって最初はオンライン書店サービスという当時はニッチサービスでしたが、今はリアルの書店を斜陽産業に追い込むメジャー産業に成長しましたからね。

⇒「イケてるベンチャーを探すたった1つの方法」まで読み飛ばす

転職サイトDODAで転職

大手企業との比較。メリット・デメリット

では逆に大手企業で働くことのメリットデメリットも紹介しておきます。

しっかりと比較して自分の場合はどちらに適性があるのか判断するようにしましょう。

メリット①安定している

大手企業の安定度は抜群です。給与の遅配なんて起こりませんし、会社が今日明日にすぐに倒産する心配はないでしょう。

また家賃補助、家族手当などの福利厚生も充実しています。

メリット②社会的信用が高い

日本は大企業信仰の強い社会です。

ローンを組む際も当然審査に通りやすいですし融資も受けやすいです。

大手企業に勤めているというだけで、人格的に優れた人間だと判断されることもあります。

メリット③転職も比較的容易

ベンチャー企業から大手企業への転職は苦労しますが、大手企業から転職する際は選択肢が多いです。

大企業の看板はそれほど効くということですね。

デメリット①昇進が遅い

従業員数1万人以上など大手企業の場合など、50歳超えて部長になれたらラッキー!というレベルで昇進が遅いです。

同期入社の社員が何百人もいて更に年功序列です。出世競争に勝ち残らないといけないので仕方ありませんね。

デメリット②完全分業制で歯車

大手企業では、あなたが仮に明日から1か月出社しなくても会社がつぶれることはありません。

会社が売上をあげる仕組みがすでに出来上がっているので、完全分業の歯車の1つでしかないのです。

単調な仕事の繰り返しなので早々に仕事内容に飽きが来るケースもありますね。

デメリット③稟議や根回しが重要

大企業では顧客のニーズよりも上司の顔色です。

上司が気に入らなければ、どれだけニーズがありそうなことでも却下されます。

そのため、稟議や根回しが全てです。これが出来ないと大企業ではどれだけ能力あっても評価されることはありません。

理不尽と感じる人には大企業は向いていません。

大企業の社員は離職率も低く年齢層の高い社員も多いので、ゴマすりなども重要な仕事になります。

⇒「イケてるベンチャーを探すたった1つの方法」まで読み飛ばす

転職サイトDODAで転職

ベンチャー企業への転職に向いている人の3つの特徴

特徴①若くして出世したい

大企業で20代で役員なんて100%不可能です。

若くして役員、年収3000万以上稼ぐ!などの向上心の塊のような人材はベンチャー企業に向いています。

ただ、希望だけではなく、結果を残せる実行能力が必要ですが。

特徴②自己成長意欲が高い

とにかく早く成長したい!という人も向いています。

どれだけ労働時間が長いハードワークでも気にせずに、どれだけ無理難題を社長から指示されても、一心不乱に自己成長ために頑張れる人にはベンチャーはお勧めできます。

プライベートは一切捨てるという覚悟も必要ですが。将来企業を考えている人も絶好の学びの場ですね。

特徴③細かなことが気にならない性格

「給料が出ない」「広告予算がない」「人が足りずに毎晩終電まで仕事」

などなど。ベンチャー企業では常にトラブルを抱えています。

いちいち気にしていて体がもちませんので、そういった細かなことを一切気にせず仕事だけに集中できる人は向いています。

転職先のベンチャー企業の選び方

「ベンチャー企業への転職を考えているけど、どういったベンチャー企業を選べばいいか分からない!」

という人は多いと思います。選び方も紹介しておきますね。

選び方①資金調達額で判断する

資金調達がある程度されているベンチャー企業へ転職するのがお勧めです。

すでに黒字化されている安定した収益のあるベンチャーならよいですが、多くのベンチャーは赤字で、VC(ベンチャーキャピタル)やエンジェル投資家などからの出資・投資金額で月々の経費を賄っています。

当然出資金額は多いに越したことはないので、投資金額が多い企業がお勧めです。

シード(1回目の投資)⇒シリーズA(2回目の投資)⇒シリーズB(3回目の投資)⇒シリーズC(4回目の投資)

「シリーズAで1億円の資金調達」といったニュース記事がベンチャーへの出資で書かれていたりするのですが、これは上記のような意味です。

厳密にいうと細かな規定があるのですが、投資回数を表すということです。

当然投資を受けている回数が多い方が良いです。継続的に成長出来ているということですからね。

シード期の投資は、ユーザーが全くいなくてもビジネスプランだけで数千万の出資を受けることもあります。

選び方②ある程度の事業規模のベンチャーを選ぶ

シード期のベンチャーへの転職はお勧めできません。

売上ゼロ・顧客もゼロ。こういった起業間もないベンチャーは給与面・環境面など含めて大変です。

スタートアップのグチャグチャ状態を脱し、大企業ほどではなくてもある程度システムが整った状態の企業が良いです。

リスクを避けたいなら創業1年未満は避けるのが無難です。

選び方③ブラック企業という名のベンチャー企業は避ける

ベンチャー企業は総じて労働時間も多く残業代も出ませんから、ブラック企業といえます。

ベンチャーは「新しいサービスで世の中のイノベーションを起こす」という志がありますが、何の思いもないただ社長の金稼ぎのために存在している会社もあります。

そういった企業はベンチャーではなく、ただのブラック企業です。

特徴としてこんな感じ。

  • 書類選考がなく、面接1回で内定(退職者が多く慢性的に人不足)
  • ベンチャー企業ではありえない年収の高さ(すぐ辞めるので年収で釣る)
  • みなし労働制の企業(長時間労働で従業員を酷使したい)
  • 新卒採用への異常な関心(他社の労働状況と比較出来ない新卒を採用したいから)

選び方④新卒・第二新卒ではベンチャーは避けろ

新卒・第二新卒の状態で、ベンチャー企業に入社するのは避けた方が良いです。

特に新卒は、良いベンチャー企業悪いベンチャー企業などの見極めが出来ません。

ハズレのベンチャーに転職して、半年たたずに退職となると職歴にも傷がついてしまいます。

また、ベンチャーではビジネスメールや名刺交換などの一般常識の教育研修がありません。

ですので、新卒でビジネスマンとしての基礎知識を身に着けて、見極める力を養ってから転職を検討しましょう。

イケてるベンチャーを探すたった1つの方法

「とはいえ、未上場のベンチャー企業なんて大して情報もないし、どのベンチャーがイケてるかどうかわからないよ!」

と感じる人も多いと思います。

でもイケてるベンチャー企業を探す方法が1つだけあります。

それは転職エージェントを活用するということです。

転職エージェントには、企業の様々な情報がリアルタイムではいってきます。

売上・新サービスリリースの事前情報・採用情報などですね。

また契約前には、ベンチャー企業の与信管理を行い、ちゃんとお金を払ってくれる会社かどうかなどを帝国データバンクなどの企業情報を使い徹底的に調べます。

なので、企業の情報が丸わかりで、勢いのあるイケてるベンチャーかどうかも一目瞭然なんです。

さらに、勢いのあるベンチャー企業は常に人材を募集したいものの、毎月求人サイトなどに求人情報掲載する金銭的余裕はありません。

求人サイトですと採用できても出来なくても毎月掲載料がかかりますからね。

ですから、転職エージェントにだけ求人を掲載しているベンチャー企業も多いです。

転職エージェントであれば採用した場合だけに費用が発生する仕組みですからね。

以上の理由から、ベンチャー企業に転職したいなら絶対に転職エージェント活用すべきです。

とはいえ、「そもそも転職エージェントって一体何?」というと疑問あると思うので具体的に説明しますね!

転職エージェントというのは、あなたの専任のコンサルタントが「あなたが活躍できる業界や職種のアドバイス」「応募書類の添削」「面接対策」などを完全無料で行ってくれるんです。

僕自身も転職の際にはDODAという業界大手の転職エージェントのサービスを利用しました。

登録した転職エージェントはDODAだけだったのですが、結果的に転職活動期間2か月にも関わらず、7社の内定を勝ち取ることが出来ました。

僕がDODAが優れているな!感じた理由は下記になります。

⇒【無料登録】「転職支援ならDODA(デューダ)」会員登録をする

転職サイトDODAで転職

DODAが転職エージェントの中でも優れている理由3つ

理由①求人の8割が非公開求人

転職エージェントも僕人身複数登録しましたが、DODAが1番良かったなと感じた理由の1つが、「圧倒的な求人数の多さ」です。

DODAの求人の8割が非公開求人で、DODAに登録した人限定で応募できる求人ばかりです。

転職といえば、リクナビネクスト・マイナビ転職などの求人サイトが一般的ですが、求人サイトには掲載されていない求人がDODAにはたくさん紹介されています。

当然求人が多くなると、僕たち求職者にとっては選択肢が増えるので、求人数に比例して内定数も増えていくことになります。

理由②大手企業なので安心して登録できる

DODAはテレビCMも放映しているパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)という大手企業が提供しているサービスです。

やはり大手企業ですので、安心して転職支援サービスにも登録できます。

転職エージェントの仕事というのは、有料職業紹介事業という厚生労働書からの許認可を得れば誰でもできますし、社長1人だけの転職エージェントの会社といのも少なくないです。

やはり小規模な転職エージェントは営業マンも少ないので、紹介してくれる求人数も圧倒的に不足。

また、個人情報の扱いに関しても大手企業ほど厳重ではないです。

その点から考えると、中小の転職エージェント会社に登録するメリットはなく、DODAのような大手企業へ登録する方が得策なんです。

理由③専任コンサルタントのアドバイスが適格すぎる

私自身何社か転職エージェントに登録しましたが、DODAの転職エージェントの専任コンサルタントの方の私へのアドバイスが適格過ぎました。

例えば、志望動機の考え方に下記のようにアドバイスしてくれます。

「現在の志望動機も悪くはないです。ですが、もっと企業に対してどういった価値を提供できるかを、ご自身の経験を交えて伝えるようにすると更に良くなります。」というアドバイスを受けました。

さらに、「ご自身が希望されている仕事は良く分かりました。ですが、企業様から評価されやす職種ですと○○の職種の方になると感じました。

××という経験は転職市場でも非常に少ない特殊なスキルなので、このスキルをアピールされると希望年収より2割はアップできると思います。」などなど。

このように自分では気づかいアドバイスを的確にもらうことが出来たんです。

「やっぱり転職のプロは違うな~」と感心したことを覚えています。

DODAへの無料の登録方法

ですので、早速DODAへ無料登録を行い、専任コンサルタントからアドバイスを受けるようしましょう!

まず、DODAの公式ホームページより登録画面に進み「氏名・年齢・住所・連絡先・直近の職歴・希望面談日」などの必須項目を入力しましょう。

面談は、DODAの全国7か所ある事務所に訪問しても良いですし、電話面談で登録を済ませても大丈夫です。

登録者の8割は電話での面談で登録を済ませる人も多いので、電話面談の希望日程などを「自由記入欄」に記載しておくと良いですよ。

登録後数時間後に、DODAの担当の方から電話で連絡が入ります。

面談日程の調整をその電話で行うということですね。面談日程を決めれば、後は面談日を待つだけです。

面談日までに必ず用意しておいた方がよいものは職務経歴書です。

職務経歴書がないと、いくら転職のプロであるDODAのコンサルタントの方でもあなたに適切なアドバイスや、求人を紹介することは出来ません。

経歴を元に、話が進みますので、当日円滑に登録が進むように、職務経歴書は用意しておきましょう。

そのあたりの必要書類の準備に関しても、DODAに登録したの電話で丁寧に説明してもらえます。

⇒【無料登録】「転職支援ならDODA(デューダ)」会員登録をする

DODAへ登録して今よりも条件の良い職場へ転職しよう!

転職は当然ですが、転職のプロに相談するのがベストです。

僕自身、DODAへ登録して応募書類の添削をしてもらってから、書類選考の通過率が約5倍にアップしました。

転職エージェントののプロの視点は、本当にすごいんだなと感心しましたね。

いかに自分で作った応募書類の内容が穴だらけだったかということですが(笑)

DODAへ登録してプロのコンサルタントにアドバイスを受けることで、確実に今以上にあなた自身を企業にアピールできます。

結果、収入面・待遇面・仕事の内容で、今以上の職場に転職できる確率もグッとアップします。

今すぐ登録して、絶対に転職を成功させましょう!!

⇒【無料登録】「転職支援ならDODA(デューダ)」会員登録をする

転職サイトDODAで転職

関連記事

シード期/従業員3名のベンチャー企業に就職して後悔した10個のこと

「新規営業が辛い・・もう辞めたい」原因6つ&対策法7つ!無理するとメンタル崩壊して体調まで崩しますよ?

ストレスで仕事を辞めたいなら今すぐ転職だ!今すぐ会社を辞めるべき4つの理由

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする