転職が難しい理由14個。35歳以上でも第二新卒でも転職成功させるコツ!20・30・40代の年齢別の転職活動攻略法も!

「もう半年も転職活動しているのに転職先が決まらない」

「転職したいけど難しそうだし自信ないな・・」

などなど。

転職を希望していながら転職先が決まらない、難しそうという理由で自分が理想とする職場で働けてない人って多いです。

ですので今回は「転職が難しい」と思うアナタに下記の内容を紹介しています。

  1. 転職が難しい理由
  2. 転職を成功させるコツ
  3. 年齢ごとの転職を成功させる方法

参考にして転職活動の参考にしてくださいね!

転職が難しい理由14個。正社員での転職出来ない原因

理由①新卒採用至上主義だから

日本企業は正社員を新卒一括で採用する新卒第一主義の傾向が強いです。

結果、転職者の入社枠が少なく転職を難しくしている側面もあります。

対象は中途と新卒の採用人数を開示している786社のうち、合計で50人以上採用している450社。全社の平均値は中途採用比率が28.5 %、新卒採用比率が71.5%だった。

参照:中途採用比率&新卒採用比率ランキング〈東洋経済〉

上記を見てもわかるように、新卒採用比率が71.5%。

さらに金融業界を中心として大手企業は95%以上新卒採用という企業も多いです。

新卒採用第一主義は、日本独特労働慣行で、確かに高度経済成長を支える原動力として成果挙げたのは事実。

ですが、現状の多様な労働環境や意識変化などの背景もあり、新卒一括採用会社を辞めて通年採用会社増えてきているんです。

リクルートHD、主要子会社の新卒採用を統合〈日経新聞〉

ユニリーバ、大学1年生も対象の通年新卒採用を導入〈ITmediaビジネス〉

ですが、老舗・大企業を中心に未だに新卒採用主義根強いですね。

高度経済成長や終身雇用の考えが強い年配のビジネスマン中心に「転職はマイナス」「逃げだ」と考える企業も多いです。

結果正社員での転職は難しいという理由になるのです。

対処法としては、創業浅い若い企業など採用姿勢が柔軟な企業への転職狙うべきですね。

新卒採用第一主義こだわるのは先程も書いたように老舗・大手企業中心。

ベンチャー・創業浅い企業は時代にフィットした企業が多いので正社員での転職は難しくないのです。

理由②転職市場でのアナタの魅力が低いから

転職で悩む人
すぐに内定出るでしょ♪

と自分自身を過大評価している人ほど要注意。

転職市場でのアナタ自身の魅力が低いと当然転職は難しいと感じることになるでしょう。

企業は当然優秀な社員を自社で長く勤務してくれるように希望するのが当然。

能力が優れる魅力的な人材であれば希少価値が高いですからね。

希少価値の高い人材であれば、転職も難しくないです。

転職市場で評価される人材の特徴

  1. 保有者が少なく、合格率低い資格の保持者
  2. 他のビジネスマンにない圧倒的成果を持ってる
  3. 転職市場には数少ないスキルを身に着けている

上記のような人材は転職市場でも需要が高まります。

ですが、

  • 強みない
  • 特徴ない
  • 能力平凡

上記のような人材を企業が採用したいと思わないのは当然ですよね?

結果、転職が狭き門となってしまうわけです。

「でも世の中の転職希望者の中にも、魅力が少ないのに正社員への転職成功する人もいるのは何故?」

と感じる人もいると思います。

転職成功している人は自分自身の強みやセールスポイント正確に認識し、そのポイントのアピール方法が上手なのです。

転職活動でアピールすべきポイント

  1. 手がけた仕事実績
  2. 勤務態度
  3. 職場雰囲気作りキャラクター
  4. 管理職経験リーダーシップ

特徴・取り柄をを把握し能力をアピールすれば魅力少なくても転職成功させることも可能。

「この人材を自社で採用したいな」

と人事・面接官に思わせることさえできれば正社員での転職成功が出来るということになりますからね。

理由③仕事内容こだわりが強すぎるから

参照:平成27年転職者実態調査の概況〈厚生労働省〉

上記は厚生労働省調べによる、「現在の勤務先を選んだ理由」に関するデータです。

赤で囲ったところを見ても分かるように「仕事の内容・職種に満足がいくから」が40.8%と半数近くとなります。

いかに転職先を決定する上で「仕事内容」を重要視しているかが分かりますね。

確かに、仕事内容へのこだわりは大事です。

ですが、こだわりが強すぎると転職先の選択肢がグッと減ってしまうのも事実。

例えば、

  • 希望業界での契約社員での内容⇒NG
  • 希望しない異業種での正社員採用⇒NG

両方内定貰って両方NGと言い続けていれば転職難しいものとなるでしょう。

仕事内容に価値感じるなら、契約社員でも転職しないといけない場面もあります。

正社員採用こだわるなら、異業種で希望しない業界でも転職しないといけない場面あるのです。

希望業界での正社員採用。しかも給料アップと、必ずしも都合の良い内定ばかりをゲット出来る保証はありません。

仕事内容にこだわり強すぎる正社員で採用されるのが難しいケースも多いのです。

仕事内容は大事。やりたい仕事出来れば仕事やりがいや、張りが出ますからね。

ですが、最初は契約社員で入社しても仕事を一生懸命こなし努力することで、正社員登用の話くる可能性は高いですよ。

逆に、正社員採用に必要以上こだわり強すぎる結果、転職先の仕事内容が合わずストレスを過多。

結果的に仕事辞めたり、休職するケースも出てくるわけです。

正社員での転職したのに、すぐに短期離職してしまうとその後の転職はさらに大変なものになります。

仕事内容・雇用形態を重視しすぎることは自分で転職を難しくしまっています。

アナタが転職で、1番重要視することや、どのように仕事に向き合いたいか?

十分検討し結論を出すことが必要となります。

理由④解雇規制により転職市場の流動性がない

日本の雇用制度では正社員を簡単に解雇できない解雇規制が存在します。

解雇規制が原因で正社員の採用枠がなかなか空かず、能力ある人まで転職が難しい現状があるのです。

解雇規制は、労働者保護の観点で、正社員の身分を法律で厳密に保護する制度。(労働契約法・労働基準法など)

ですので企業は正社員採用後に解雇するには「客観的・合理的理由」と「社会的相当性」が必要と法律で義務付けられています。

要は合理的理由が必要ということ。

会社側の一方的な都合だけで解雇するのは難しいのです。

転職者として正社員採用しようとしても解雇出来ない企業にとって採用することすらリスクがありますよね。

解雇規制により解雇出来ないシーン

  1. 面接で聞いていた経験・能力・スキル発揮されない⇒能力不足を理由に解雇不可
  2. 人手不足が解消された⇒余剰人員を削減するための解雇不可

労働者として身分が保証される正社員の働き方メリット大きいです。

その反面、企業としては正社員1人雇用すると今後の生活を保証リスク抱えることになります。

正社員採用と比較すると、コストが必要でも派遣や契約社員を企業が採用したがるのも当然ですよね。

このような日本の解雇規制の状況が結果的に、転職を難しいものにしています。

日本の転職市場の現状ですね。

正社員での転職が難しい場合は、契約社員としてまず働き、実績&やる気示す。

そして正社員への転職や登用を狙うのが1番の近道です。急がば回れといいますからね。

継続勤務し、意欲的な姿勢を会社に見せれば会社としてもパフォーマンスが悪く解雇しないといけないリスクの減少になります。

企業にとって、アナタを正社員採用するハードルを下げてあげることが重要なのです。

⇒「コミュニケーションは必要最低限。自分の仕事にだけ集中出来る環境をようやく見つけました(27歳/男性)」

>>>「転職難しい」と感じるアナタが転職成功させるたった1つの方法をチェックする

理由⑤正社員の離職率低いから

参照:平成28年雇用動向調査〈厚生労働省〉

上記は平成28年の雇用形態ごとの離職率のデータになります。

雇用形態ごとの離職率

  • 一般労働者・雇用期間定めなし⇒離職率10%台と低い
  • パートタイム労働者・雇用期間定めあり⇒離職率20%台と高い

要は「正社員」など契約期間の定めのない労働者の離職率は、契約期間が限定さている労働者より倍以上退職しないということ。

転職のときに正社員を希望する人は多いですよね。

ですが、正社員として働いている人は上記のデータを見ても分かるように退職者が非常に少ないです。

なので転職者が入り込む枠の空きがないということ。

正社員として入社すれば色々と優遇されます。

  1. 福利厚生など保証充実
  2. 完全週休二日制など休日十分
  3. ボーナスが夏冬年2回支給

特に待遇が良い大手企業ほど退職希望も当然少なくなります。

なので、中小企業から大企業への転職を目指す場合はまずは派遣社員として働く方法もあります。

派遣社員採用多い大手企業で仕事ぶりや熱意を会社感じさせ、派遣社員から正社員登用をを狙う方法。

正社員での転職が難しい場合は、まずは派遣・契約社員を取ると真正面から大手企業への転職を狙うようよりは可能性は高まります。

理由⑥年齢が高いから

転職を成功しやすい年齢というのは確実に存在します。

参照:平成28年雇用動向調査〈厚生労働省〉

上記は、年齢別の入職率(転職している人の割合)のデータです。

年齢が上がるごとに、入職率が下がっていることが分かりますよね。

一般的に転職しやすい年齢は35歳未満・未経験職種なら30歳以下と言われています。

35歳を超えると求人数こそあるものの、専門知識・マネジメント経験必須の求人が大多数。

未経験OKの転職先は数少ないので転職も難しくなるのです。

採用側としても先程紹介した解雇規制の問題もあるので、安易に採用出来ませんからね。。

それであれば、臨機応変に自社の雰囲気などの変化に対応しやすい若い年齢の人を採用したがる傾向が強いのも当然。

中高年の転職では厳しく経験をチェックされるので、なかなか転職先が見つからない状況となるのです。

理由⑦経験年数が短くスキルや実績が未熟

転職で悩む人
全然転職先が決まらない・・

転職希望する業界や職種での経験年数が短いと転職活動で苦戦します。

一般的に経験年数の長さに比例し、即戦力として評価される可能性は高まります。

新卒と異なり転職面接の場合は、年齢相応の経験・スキルが求められますよね。

例えば、大卒で転職経験なし35歳となると、経験年数13年と軽くベテランのA氏。

逆に、35歳で転職回数10回のB氏の場合は、経験年数は平均1社1年ちょっと。

当然A氏とB氏を比較した場合、B氏の方が年齢の割に経験年数や能力が未熟と評価されますよね。

転職市場で評価されるのは経験年数やスキル。

学生時代に頑張ったことの自己PRなどは無意味です。

あくまで仕事のスキルや実績を転職先企業はチェックするのです。

転職面接での経験・スキルのアピールポイント

  1. どの程度のプロジェクトを成功させた実績があるか
  2. 営業職でのノルマの達成度合いはどの程度か
  3. 営業アシスタントでは何人の営業のサポートをしていた
  4. エンジニアではどういった制作のどの工程に携わっていたか

経験・スキル・実績が豊富でないと中途採用では雇ってくれません。

ですが、未経験の転職の場合に限っていえば業種・職種への転職は年齢が若いほうが良いのです。

一般的には30歳以下でないと完全未経験転職は難しいと言われます。

なのでアナタの年齢が何歳かによって就職の難易度は大きく変わってくるということですね。

理由⑧求人需要の少ない業界・職種を狙っている

転職で悩む人
東証一部上場企業しか転職しないぞ!

当然アナタの希望の転職先を持つのは良いことです。

ですが、職種や業界によって転職のしやすさは大きく異なってきます。

人手不足で需要多い業界や職種なら転職も容易でしょう。

ですが転職の需要が少ない業界ばかりを狙って活動しても当然転職は難しいものになりますよね。

「でもどの業界が転職しやすいのか分からない!」

という人は以下を参考にしてください。

参照:一般職業紹介状況(平成29年11月分)

厚生労働省発表の職種ごとの求人倍率のデータです。

赤で囲んだ求人倍率が高いほど、人手不足で転職が容易ということが分かります。

職種が多かったのでデータは一部カットしていますが、求人倍率が高く転職しやすい職種は以下。

転職しやすい職種

  • 開発技術者⇒4.29倍
  • 建築・土木⇒9.14倍
  • 情報処理・通信技術者⇒5.14倍
  • 社会福祉専門職業⇒4.27倍
  • 運送・郵便事務⇒4.77倍
  • 販売職⇒3.05倍
  • 介護⇒4.35倍
  • 接客業⇒4.49倍
  • 建設躯体工事⇒14.1倍

ホワイトカラー(デスクワーク)の職種では技術系職種が。

ブルーカラー(肉体労働)の職種としては、建設・建築・土木系職種は有効求人倍率も高く転職しやすいですね。

「転職が難しくなかなか転職先が決まらない」

という人は、上記のような求人倍率が高い職種を選びましょう。

人気職種の「一般事務」の求人倍率は0.58倍なので、いかに上記の職種が人手不足で転職しやすいということが分かりますよね。

理由⑨正社員経験がないから

前職以前に正社員経験あれば正社員での転職は難しくないです。

ですが、前職が契約社員・派遣社員など非正規社社員だけの経験しかなければ正社員への転職難しいものとなります。

理由として、派遣・契約社員などの非正規社員は正社員のような責任重い仕事の経験ないと判断されるから。

他にも、正社員のようにビジネススキルや研修教育など不足していると思われるケースもありますね。

社会人経験が仮に同じくらいの期間でも、正社員、契約社員だけでは仕事内容の濃密度が異なる場合が多いんです。

また、派遣社員の場合も派遣法により同じ職場で3年以上いれないルールもあります。

1社で3年以上仕事していた経験がないと、業界職種などのキャリアに一貫性がなくスキルや専門性が乏しいと判断されてしまうのです。

⇒「自分に向いている仕事にようやく出会えました。毎日が楽しくて仕方ない!(38歳/男性)」

>>>「転職難しい」と感じるアナタが転職成功させるたった1つの方法をチェックする

理由⑩他社のカラーに染まっており企業文化に合わない

企業の面接官
当社のカラーと合わないので不採用!

転職は企業とのお見合いのようなもの。

新卒社員であれば社会人経験ない職歴真っ白です。

他の仕事のやり方も知らないので、就職先の企業が1から育て上げることが出来ます。

ですが、転職者の場合は1から育て上げるのは難しいです。

ですので、転職ではアナタが経験してきた経験や仕事に対する考え方と、転職先の企業文化やカラーを合わせる必要があるわけです。

中途半端に他社の仕事の進め方文化に染まった人材は、扱いづらいと判断するのもある意味当然。

特に年齢が30歳を過ぎており、マネジメント経験もない一般社員だと、社内のヒエラルキー上手く組み込めませんからね。

年下の部下となる転職希望者を採用するのを企業が躊躇する理由です。

理由⑪給与ダウンなどの待遇の悪さを受け入れないから

転職で悩む人
年収ダウンするなら転職しない!

転職して年収アップさせたい気持ちはよく分かります。ですが、年収アップにこだわりすぎるとやはり転職が難しいものとなりがちです。

他の転職した人たちが「転職で年収アップしたかどうか?」をチェックしてみましょう。

参照:平成28年雇用動向調査〈厚生労働省〉

上記を見ても分かるように、転職者の平均34.1%が転職したことにより給料ダウンしているのが実情です。

年齢が上がるとともに年収ダウンする割合も上がっていくことも分かりますね。

転職で給料下がる理由は、

  1. 経験・実績が不足していた
  2. 転職先の利益率が悪く給与相場低め

といったことがある。

一般的な給与形態として、新卒から在籍しているプロパー社員と、同じ年齢の転職者で役職も同じ。

その場合、転職者の方の給与が低いのが当然です。

同じ役職なのに、罪責感の短い転職者の方が給料良ければ、元からいるプロパー社員から不満出ますからね。

転職先での実績ない転職者の給与水準低めとなる原因です。

転職して平社員としてスタート。場合によっては職能給や基本給は新卒に毛が生えた程度の場合もあるでしょう。

  • 勤続5年でリーダー職
  • 10年で課長代理などの中間管理職

転職先の昇進ルールがある企業もあります。

プロパー社員との出世競争スタートし、仮に出世競争に敗れてしまうと定年まで平社員という可能性も。

またもう1つプロパー社員の給料のほうが高い理由があります。

それは、転職者との給料水準に差を設けることで退職者をなるべく出さないため。

転職するより自社に在籍したほうが得と思わせる狙いもあります。

以上のことから、転職することで年収が以前の会社より低くなることもあるのは覚悟しておくべき。

同じ経験・年齢なら元いた社員より待遇良くなることは基本的に少ないです。

⇒「転職して今の仕事に出会えてから初めて自分のことが好きになれた気がします(30歳/女性)」

>>>「転職難しい」と感じるアナタが転職成功させるたった1つの方法をチェックする

理由⑫転職回数が多すぎるから

残念がら年齢に対して転職回数が多すぎる場合も転職で苦戦します。。

「転職の回数って何回くらいなの?」

というのは下記で紹介しています。

参照:転職回数の平均は?年代別の平均転職回数と採用実態

年代別の転職回数目安

  • 20代⇒1回まで
  • 30代⇒2回まで
  • 40代⇒3-4回まで

大体上記くらいの転職回数に抑えておきたいですね。

◆企業が転職回数多い人避ける理由

なぜ企業が「転職回数多い人」を避けるのか?

それは、採用してもすぐに辞められるのでは?警戒するからです。

何度も会社を辞めていることは、当然経歴として履歴書残りマイナスポイントとなります。

日本の会社は特に終身雇用の考え方などもあり、長く勤務してくれる人を採用したがる傾向があります。

もちろん転職回数の多さをカバー出来るくらい仕事上で圧倒的な実績があれば別ですよ。

入社してから離職までの期間が短い人は仕事上の実績残せているか客観的に判断するべき。

「実績が少ないかな?」

と思えばもう少し現在の会社で実績作りに励んだ方が良いです。

その観点からいうと、専門職の場合短期で離職してしまうと後々大変になってきます。

例えば、理系職種。研究職・生産管理・設計は入社後何年もしてスキルを身に着けていく職種です。

専門性高いですから、経験年数が高いほど有利。転職時に競合他社からのオファーで引く手あまたとなるでしょう。

文系でも経理・法務・人事総務なども同様です。

なので、経験をつまず短期離職する専門職は転職時に苦労する可能性があるということ。

逆に営業職であれば営業成績だけ残していれば転職先の独自ルールや慣習さえ慣れれば、同様に高い成果を残せるケースが多いです。

要は企業は採用した後は即戦力として期待した結果をすぐに残してくれるかどうか?を気にしているのです。

新卒のよう研修・教育のコストをかけたくないですからね。

なので専門職で勤務している人が入社1-2年で安易に転職すると転職先はブラック企業しかない状態なってしまいます。

理由⑬転職市場での価値を客観的に把握出来てない

転職で悩む人
俺の経験ならすぐに転職先は決まるぜ♪

自己評価ではなく転職市場でのアナタの市場価値を正確に把握出来てないと転職は難しいです。

「でも市場価値なんて分からない!」

という人もいるでしょう。

市場価値を把握するには、まず企業が中途採用を行う背景から考えましょう。

企業は自社が抱える経営課題を解決するため即戦力の人材を採用したいわけです。

企業求める人物像とマッチすれば即採用。

逆にあなた自身の理想・希望ばかりアピールして企業の希望とズレがあると内定繋がりません。

転職市場で求められるスキル・経験などの傾向に対し、自分がアピール出来る価値にギャップを作らないようにする必要があるわけです。

キャリア棚卸しして、自分の積んできたキャリアを一度見直しておきましょう。

今度どういった業界でどういった経験を活かせるか?

などなどシッカリと転職面接で説明出来るくらいまで自分を見つめ直す必要がありますね。

理由⑭人間関係が理由で退職している

転職で悩む人
上司と合わないので辞めました!

人間関係が理由で退職していると、これも転職活動で苦戦します。

転職活動のときに転職先の面接官から必ず前職退職理由を聞かれますよね。

その時

  • 上司と合わなかったから
  • 先輩同僚と上手くいかない

など職場の人間関係が原因を退職理由上げるのはかなり減点ポイントなんです。

何故なら、人間関係の問題はどこの職場でも多かれ少なかれあります。

人間関係が理由で退職する人は雇ってもすぐに辞められると判断されてしまうんです。

「コミュニケーション能力、問題解決能力が乏しいのでは?」

と思われるケースもありますね。

仮に人間関係が理由で前職を退職しても、「もっとやりがいある仕事したかった」など別のポジティブな転職理由にしたほうが良いでしょう。

⇒「転職エージェントを使ったら、仕事しながらでも希望の職場見つけれました!(27歳/女性)」

>>>「転職難しい」と感じるアナタが転職成功させるたった1つの方法をチェックする

転職難しい人の転職を成功・再就職するコツ9選

転職で悩む人
じゃあどうやったら転職成功出来るんだよ!?

ここまでは、「転職が難しい」理由を紹介しました。

原因がわかったところで次から「転職を成功させるコツ」を紹介しますね!

コツ①求人数が多くなる時期を狙う

転職で悩む人
希望の求人が全然ないんだけど・・

転職活動の時期によって求人数は大きく変わるので、求人数が増える時期に転職活動をしましょう!

求人数が増える時期

  • 3-4月
  • 9-10月

◆3-4月に求人が増える理由

上記の求人数が多い理由として、

  1. 年度切り替えで退職者の補充
  2. 新規事業スタートされるタイミング
  3. 4月の入社式前に採用試験・面接行う

新卒募集かける時期の前に正社員求人情報が増えるのでチェックしておきましょう。

この時期までに正社員で雇ってもらうために必要な資格取得などしておくと有利となります。

面接のときに資格取得し準備していたことを伝えると行動力が評価され熱意が伝わることもありますからね。

◆9-10月に求人が増える理由

逆に4-8月求人少ないので転職が難しい時期となります。

4月は新入社員入社するので3ヶ月から半年かけて新人教育行います。

仕事に慣れてきた段階で次に退職などで不足した社員補充のため求人募集かけるようになるんです。

そのタイミングが下期がスタートする10月前後。

10月に勤務開始出来るように、9月前後から募集をかけるんです。

そのため4-8月まで求人数自体が少なく転職活動に苦労するケースもあるんです。

コツ②不採用が続いても諦めない強い精神を持つ

精神論になりますが、不採用の連絡が続いたときしても諦めず根気強く転職活動を続けること。

当たり前のことですが実は結構大事です。

正社員の枠は限定されます。人気求人なら尚更。何度も何度も転職活動の失敗を繰り返すこともあるでしょう。

不採用通知が届くたびに、自己否定されたような気持ちになり気分が落ち込むかもしれません。

ですが転職を諦める必要はなし。

そもそも転職活動は相性の問題なので、不採用だからといってアナタの能力が劣るわけではないです。

なので何度でも挑戦する強い意志を持つのです。

面接官や採用権限を持つ役員に熱意を感じさせる必要があります。

失敗にめげず挑戦する姿勢に心を打たれる面接官もいるかもしれません。

諦めずに根気強く活動を続けましょう!

コツ③転職は年齢の若いうちに。1日でも早く行動

転職で悩む人
仕事が忙しいし転職活動はまた今度♪

「転職したい!」と思うなら悠長なことを言っていてはいけません。

年齢が若ければ若いほど転職に有利なので、早く行動を開始したほうが良いです。

「辞めたいと会社に言ったけど入社後3年は我慢してからだぞ」

と辞めたいのに上司から慰留されている人もいるかもしれませんね。

その上司は、石の上にも三年ということわざ由来して、「3年は我慢」と言っているのでしょう。

ですが誰でも3年経てば転職に有利な経験スキル身につくとは限りません。

入社1年でも転職に必要な実績やスキルを身につけて簡単に転職できる人だっています。

無意味に3年間1社で我慢し続ける必要は一切なし。

転職のための実績を残して、準備万端なら今すぐ転職活動するべきです。

◆無理すると転職先が全く見つからないリスク

また、無理してストレスを感じながら仕事を続けるとうつ病などで長期休職となり職歴に傷がつくリスクすらあります。

一度メンタルを病んだ転職者は転職先企業は採用は敬遠する傾向もあります。

採用したのに、メンタルを理由に休職されると休業補償を支払わなければならず丸損ですからね。

なので、実績が既にあるorメンタルが限界の場合はすぐに転職したほうが良いですよ。

年齢は若いにことしたことはありません。

「もうちょっと完璧になるまで準備してから」

と些細なことを気にして転職のタイミングを図っている人もいるかもしれません。

ですが、アナタは完璧な人間ですか?

違いますよね?常に課題はあるでしょう。

年齢ごとに感じる課題
20代⇒実績不十分で転職先見つからない可能性
30代⇒役職がつき給料も高くなっているので、フィットする転職先見つからない。
40代⇒そもそも求人数が少なく転職難しい

年齢が上がることに求人の絶対数減るのは間違い無し。

そもそも転職に必要な実績があるかどうかは転職先が判断することです。

アナタ1人で決めつけずに、まずは履歴書を希望転職先に送ってみることを始めるべき。

コツ④年代ごとに求められる経験・スキルを押さえておく

転職で悩む人
今の自分に何が必要なのか分からない

いざ転職活動を始めようにも、今のアナタに企業から求められていることがどんなことか分からない!という人もいるでしょう。

そんなアナタ向けに、各年齢ごとに求められる経験やスキルなどを紹介します。

下記をチェックすれば、転職活動においてどの程度スキル・経験が求められるか判断出来るでしょう。

◆20代に求められる経験・スキル

20代の転職活動では転職先の面接官もアナタの経験が浅いことは理解しています。

なので第二新卒枠という転職の枠があるわけです。

20代の転職のポイントとしては、未熟な自分を受け入れた上で過去の実績や、意気込みなどをアピールすることがポイントになります。

20代で転職する人は、前職の退職理由でネガティブな理由が多いんです。

20代の退職理由
「新卒入社した時に、自分が持っていた理想と違っていた」
「学生のイメージで社会人生活を送ってしまい変化に適応出来ずに仕事を辞めた」
「営業の仕事が自分には合わなかった」

採用担当者も多くの20代の転職希望者と面接しているので、ある程度ネガティブな退職理由で辞めていることは理解しています。

だからといって、素直にネガティブな退職理由を面接で伝えてしまうと内定は出ないでしょう。

面接に受かるためのポイントは2つあります。

まず第一ポイントは、採用されたら長く勤務出来るか?すぐ辞めないか?という面接官の不安を払拭することです。

1社目の会社を3年以内に離職すると、面接官は「またすぐに辞めるんじゃないか?」という不安を持っています。

なので、面接では前職の退職理由をネガティブにせずポジティブに言い換える必要があります。

次に2点目のポイントは、アナタの20代としてのポテンシャルをアピールすること。

20代は未経験の職種でも転職出来る可能性の高い唯一の年代です。

社会人経験浅いというデメリットはありますが、逆に言えば仕事に対する考え方などが柔軟という一面もあります。

30代・40代にない仕事覚えや吸収の早さや戦力になるまでの期間の早さをアピールするのです。

体力・柔軟さがあり、スポンジのように教えられた仕事吸収する力は若い世代ならでもセールスポイント。

企業も、経験の浅い20代を採用するのはポテンシャルを感じ採用するのです。

なので、20代のアナタもその点をしっかりアピールすべき。

「アピールするにも実績がない・・」

という人は、応募職種への熱意や意欲を示しましょう。

アナタ能力の伸びしろアピールすれば熱意を感じてもらい内定が出ることもあります。

とはいえ、経験や知識が少ないので自分自身でしっかり自覚するべきです。

知識・経験の浅さを情報収集綿などの事前準備で補いましょう。

無知で許されるので大学生の就職活動までですよ。

◆30代に求められる経験・スキル

30代はキャリアの中でも、中核を担う働き盛りの年齢。

当然転職先でも中核として活躍を求められます。

ですので面接では、過去培った経験やスキルをどれだけ具体的にアピールできるか転職活動のポイント。

「前職以前での経験をどの程度活かせるか?」

専門的な知識や技術は当然のこと、20代と比較してもプレゼンやマネジメント能力や経験などが求められます。

業種・職種にとらわれない横断的な能力・スキルも必要となるでしょう。

30代の転職では未経験職種の転職は難しいです。

理由は、やはり前職地位や仕事の慣習を活かせないなから。

どうせ未経験なら20代の若い人材を採用したいと思うのが当然のことです。

また、役職経験者の場合、転職先でも管理職の階級を維持出来る保証はありません。

転職希望する人は、ステップアップ・キャリアアップ望む人が大多数でしょう。

わかりやすいステップアップとして、年収・福利厚生など待遇・待遇アップ出来るか?

で、転職先を選びがちです。

ですが、会社からの待遇は本来、仕事の成果に対する報酬。

働き盛りの30代だからこそ、アナタの経験や能力を存分に発揮出来る職場を選ぶべきなんです。

将来キャリアプラン実現できる会社を選び、成果を残せば報酬は後からついてきます。

ですので、30代の転職ではとにかく実績を評価され即戦力で活躍できる職場を選ぶこと。

自分の希望の転職先よりも、自分を高く評価してくれる企業を選ぶほうが良いのです。

キャリアを活かせる転職先を選べば転職は難しくないでしょう。

◆40代に求められる経験・スキル

残念がら40代以降は転職の枠がグッと限定されてしまいます。

35歳転職限界説という言葉もあるくらい。40代の中高年の転職は難しい現状。

もちろん応募は可能です。ですが、内定出る確率が30代以前と比較すると格段に減るでしょう。

書類選考落ちが続くと、「40代という年齢が原因だろうな」と感じるかもしれませんね。

ですが、年齢が高い分20代・30代と比較すると専門的な知識や能力を持っているでしょう。

逆に全くもってないと不利になるのは間違いないです。

その自分の専門能力・経験を活かせる職場を根気強く探すのが40代の転職のポイントです。

年収等の希望条件や、自分自身の専門領域マッチしていないと採用されても短期離職という双方不幸な結果になります。

「でも自分に専門的スキルはない」

と思うかもですが40代になればマネジメント経験は多少なりともあるでしょう。

マネジメント経験も20代の若手社員にはない立派な能力や経験といえます。

そういった経験をしっかりアピールし、マッチングできる転職先を根気強く粘り強く探すことが重要ですね。

⇒「転職エージェントに登録して自分の強みをアピール方法を教えて貰いました!結果内定8社ゲット!(35歳/女性)」

>>>「転職難しい」と感じるアナタが転職成功させるたった1つの方法をチェックする

コツ⑤退職理由・志望動機などキャリアに一貫性やビジョン持たせる

転職活動で面接官がチェックするポイントの1つがキャリアの一貫性や、ビジョン。

将来キャリアの描き方ビジョンがない人はすぐに見透かされます。

何故ならビジョンがなくキャリアに一貫性のない人は企業と合わないから。

会社のは当然経営方針や、経営の目標数字などが存在しますよね。

10年後20年後の会社の目標掲げその目標達成のため必要人材を探すために求人募集してるわけです。

将来ビジョンないと、会社が描く人物像とマッチさせることが出来ません。

キャリアに一貫性がなくビジョンがない人の特徴は、仕事を漠然と考えているから。

そういった人は転職活動が難しいと感じ苦労するでしょう。

「ビジョンのない自分は転職できないじゃないか!」

と思うかもですが、今の仕事を選んだということは何かしらビジョンはあるはず。

ビジョンを言語化出来てないだけ。

物は言いようなので、こじつけでも何でもいいのでビジョンを用意して転職活動に臨むようにしましょう。

コツ⑥条件を絞りすぎず幅広く探す

転職したい!と思うのですから応募する求人の条件など希望を持っているでしょう。

ただ絞込みすぎると応募したり内定が出るような求人が少なくなってしまいます。

条件の絞込みは、応募や書類選考通過チャンス自ら捨てることになりますよ。

ですので優先順位を明確にし先入観捨てて求人探すのがポイント。

幅広く探すことで選択肢広げることにつながっていきます。

コツ⑦複数の転職活動のチャネルと利用する

転職活動の方法を絞りすぎていないか?

いろいろな転職活動のチャネル(手段)を使ってたくさんの情報収集をするべきです。

転職活動の方法

  1. 友人の紹介
  2. ハローワーク
  3. 転職サイト
  4. 転職エージェント
  5. 前職の伝手
  6. 求人雑誌

時間労力必要な転職活動だからこそ効率的に進めるためにもあらゆる方法を実践するべきですよ。

「転職が難しい」

と感じている人なら尚更です。

コツ⑧休日や有給休暇を利用し転職活動の時間を捻出

転職活動には当然ある程度まとまった時間が必要です。

なのでしっかりと時間を捻出しましょう。

待っていても転職先が向こうから勝手にやってくる訳じゃないです。

転職活動でやるべきこと

  1. 履歴書や職務経歴書の準備
  2. 自己分析や志望業界などの選定
  3. 応募求人探し
  4. 面接対策
  5. 書類選考通過のための自己分析

転職活動たくさんやることあります。

とはいえ、時間作るのは大変。

休日や、有給休暇取得し時間を捻出しないと転職活動が進みません。

先に仕事を辞めてから転職活動すれば時間は使えますが、働きながら転職活動する人は時間を毎日ちょっとずつ作るしかないです。

どうしても時間が作れない、自分1人で転職活動を進める自信ない人は転職エージェントは登録してサポートを受けるべきです。

転職経験が多くない人ほど転職活動のポイントが分からないでしょうから、プロに相談して効率的に準備を進めましょう。

コツ⑨転職活動を「働きながら?or辞めてから?」を決める

先程も書いたように転職活動は時間が必要。

働きながら転職活動するのか?退職してから転職活動するのか決めないといけません。

それぞれメリット・デメリットを紹介しておくので参考にしてくださいね。

◆働きながら転職活動する場合

働きながら転職活動メリットは何と言っても収入を途切れさせず安定した生活を送れるということ。

他にも、転職活動が満足行く結果ならない場合、現在の勤務先残って働き続けること可能です。

デメリットはとして時間の捻出が難しいこと。

「来週から、来月から転職活動を始めよう」と思っているうちにズルズルと活動出来ない人が多いです。

また退職交渉がスムーズにいかずに転職先への入社が遅れるケースもありますね。

◆退職してから転職活動する場合

退職してから転職活動するメリットは、仕事していないので1日中活動に時間割くことが出来ます。

時間をたっぷり使えますから早く転職先が決まる傾向が高いです。

デメリットとしては当然収入の不安。

仕事してないので数ヶ月無収入となり、不安や焦りで転職活動に集中できないこともあります。

◆転職活動と現在の勤務先との調整方法

転職で悩む人
転職活動と今の会社との折り合いの付け方が分からない!

転職活動と今の仕事のバランスのとり方などは難しいですよね。

まず、「退職の申し出」タイミングです。これは就業規則決まっているのでまずは規則をチェックしましょう。

引き継ぎもありますから、通常2-3ヶ月前に上司に伝えるのが望ましいです。

アナタが前任者から引き継いだ内容を思い出しながら、引き継ぎマニュアルを少しずつ作って準備を進めていきましょう。

また、転職活動をしていることは現在勤務先に伝える必要はありません。

転職活動の面接に関してですが、平日昼間が多いので時間の調整に苦労するでしょう。

面接のときも素直に言う必要はなし。

勤務先を休むときは「私用」などの別の理由で会社を休むべきです。

仮に下記の場合は早めに退職の意志を伝えておきましょう。

  • 長期プロジェクト抜擢されそう
  • 人事異動転勤なりそう
  • 昇進で部下を持つことになりそう

こういった場合は早めに退職意思伝えないと周囲に迷惑かかります。

円満退職目指すなら早め言うのが無難ですね。

⇒「コミュニケーションは必要最低限。自分の仕事にだけ集中出来る環境をようやく見つけました(27歳/男性)」

>>>「転職難しい」と感じるアナタが転職成功させるたった1つの方法をチェックする

「転職が難しい」と感じるアナタが活躍出来る職場を見つけるたった1つの方法

とはいえ

「もっと具体的に自分でも希望求人に就職出来る方法を教えて!」

と感じますよね。

先程書いたハローワークなどの公的機関も積極的に活用してほしいのですが、ハローワークにも唯一デメリットがあります。

それは、求人数が圧倒的に少ないことです。

企業が人材を募集する際にハローワークを積極的に使っていません。

求人数が少ないので、あなたの希望する職種の仕事がない可能性があります。

ではどうしたら、希望職種で転職が出来るのか?

「でも希望の仕事なんてどうやって見つけるんだよ?!無理だよ!」

と半ば諦めがちな人も多いと思います。

そんな人は転職エージェントに登録するのが1番の近道です。

あなた1人で今の仕事をしながら、下記のことができますか?

  • 楽な仕事の求人探し
  • ブラック企業ではないのかのチェック
  • 履歴書・職務経歴書の内容のチェックや添削
  • 面接対策
  • 企業研究・業界研究
  • 志望動機を考える
  • 内定後の給与などの条件交渉

恐らく時間のない状態で1人で全て完璧にこなすのは不可能に近いです。

ですが転職エージェントに登録すれば無料で全てサポートしてくれるんです。

転職で悩む人
なぜ無料なの? 

と思うかもですが、転職決定時に企業から紹介手数料を貰うので、転職希望のあなたは完全無料。

なので、転職活動する上で転職エージェントを使わない理由がないんです。

「でも転職エージェントはどこを使えばいいか分からない!」

という人もいるでしょう。

基本的には転職エージェントは最低3社は登録するべき。

  1. リクルートエージェント
  2. DODA
  3. ビズリーチ

転職をエージェントを上手に選ぶコツはココにも書いているのでチェックしてみてください。

リクルートエージェントが転職エージェントの中でも優れている理由5つ

理由①求人の9割が非公開求人で約10万件!

転職エージェントも私自身複数登録しました。

リクルートエージェントが1番良かったなと感じた理由の1つが、「圧倒的な求人数の多さ」ですね。

主要エージェント求人数比較
■リクルートエージェント:10万件
■DODA:8万件
■ビズリーチ:5万件

さらにリクルートエージェントではの求人の9割が非公開求人。

つまり登録者限定で応募できる求人約9万件もあるんです。

転職といえば、リクナビネクスト・マイナビ転職などの求人サイトが一般的です。

ですが、求人サイトには掲載されていない独占求人がリクルートエージェントには数多く紹介されています。

転職サイトリクナビNEXT(転職サイト)と、リクルートエージェント(転職エージェント)の求人数を比較してみました。

リクナビNEXTの求人数【東京23区】

リクルートエージェントの求人数【東京23区】

  • リクナビNEXT求人数⇒3,170件
  • リクルートエージェントの求人数⇒31,991件

約10倍リクルートエージェントの方が求人数が多いです。

当然求人が多くなると、私達求職者にとっては選択肢が増えるので、求人数に比例して内定数も増えていくことになります。

⇒「転職エージェントを使ったら、仕事しながらでも希望の職場見つけれました!(27歳/女性)」

理由②大手企業なので安心して登録できる

各転職エージェントの売上比較
■リクルートエージェント(リクルートグループ):1兆5886億円
■DODA(パーソルグループ):5175億円
■ビズリーチ:非上場のため非公開
※売上はグループの連結

上記を見ても分かるようにリクルートグループの売上が競合他社と比較しても圧倒的。

  • 「タウンワーク」
  • 「SUMO」
  • 「ゼクシィ」
  • 「ホットペッパー」
  • 「じゃらん」

などのグループ内に多くの有名ブランドがあり、テレビCMも放映している大手企業が提供しているサービスです。

やはり大手企業ですので、安心して転職支援サービスにも登録できます。

転職情報サイトに不正アクセス – 個人情報流出の可能性

こういった情報漏洩の問題を見ても分かるようにやはり中小の転職サイト・エージェントへの登録は不安が残ります。

その点リクルートエージェントは大手企業ですし「Pマーク」というプライバシー保護に免許も持っているので安心出来ます。

理由③登録者の62.7が年収アップしている

2011年のデータですがリクルートエージェントに登録者した22,000人のうち、62.7%が年収アップ出来ています。

「転職するなら年収アップしたい!」

と思うのは当然のこと。

リクルートエージェントは年収アップのための独自ノウハウを持っているんでしょう。

⇒【無料】求人件数10万件のリクルートエージェントの詳細を見る

理由④専任コンサルタントのアドバイスが適格すぎる

リクルートエージェントの転職エージェントの専任コンサルタントの方の私へのアドバイスが適格過ぎると感じました(笑)

私は過去に2回リクルートエージェントを使った経験があるのですが、担当アドバイザーから転職を止められたこともあったんです。

「今のご経歴では転職せずに経験を積まれた方が良いです。

2-3年ご経験を積んでから転職活動された方が希望の仕事・希望年収を得やすくなると思いますよ。」

と場合によっては転職しないほうがいいというアドバイスをされることもあるんです。

転職エージェントっていうと、「転職を強引に急かしてくるというイメージ」だったのですが実際は全くそんなことはなかったです。

履歴書や職務経歴書の添削をお願いしてから2.5倍ほど書類選考の通過率がアップしたこともあったので凄くサポートの質が高いんだなーと思いました。

理由⑤リクルートエージェントは業界最多の全国16拠点

転職したい人
拠点数が多いからどうなの?

と思うかもですが、転職エージェントの拠点数が多いということは直接アドバイザーに会って相談が出来るってことです。

転職エージェント登録の際は電話での面談も可能。

ですが、直接アドバイザーに会って面談出来れば自分の希望求人を細かなに伝えることが出来ますし、模擬面接などしてもらえます。

なので拠点数が多いほうが質の高いサポート受けやすいということに繋がります。

各エージェント拠点数比較
■リクルートエージェント:16拠点
■DODA:10拠点
■ビズリーチ:5拠点

リクルートエージェントへの無料登録方法

ですので、早速リクルートエージェントへ無料登録を行い、専任コンサルタントからアドバイスを受けましょう!

まず、公式ホームページより登録画面に進みます。

■リクルートエージェント公式HPのURL
https://www.r-agent.com

  • 氏名
  • 年齢
  • 住所
  • 連絡先
  • 直近の職歴
  • 希望面談日(電話面談でもOK)

などの必須項目を入力しましょう。

面談の方法に関して

面談は、リクルートエージェントの全国16か所ある事務所に訪問しても良いですし、電話面談で登録を済ませても大丈夫です。

登録者の8割は電話での面談で登録を済ませる人も多いので、電話面談の希望日程などを「自由記入欄」に記載しておくと良いですよ。

電話面談の場合は30分程度、訪問しての対面での面談は60分ほど。

面談日は「土日祝」「平日20時以降」でもOKなので仕事しながらでも面談しやすいですね。

登録後、数時間以内にリクルートエージェントの担当の方から電話で連絡が入ります。

面談日程の調整をその電話で行います。面談日程を決めれば、後は面談日を待つだけです。

必要書類など

面談日までに必ず用意しておいた方がよいものは職務経歴書です。

職務経歴書がないと、いくら転職のプロのコンサルタントの方でも、あなたに適切なアドバイスや、求人を紹介することは出来ません。

経歴を元に、話が進みますので、当日円滑に登録が進むように、職務経歴書は用意しておきましょう。

必要書類の準備に関しても、登録した後の電話で丁寧に説明してもらえます。

ちなみにリクルートエージェント登録者限定で、職務経歴書の作成サポートしてくれる「レジュメnavi」を使って簡単につくることが出来ます。

実際のレジュメnaviの画面なんですが、「名前」「経歴」を案内に沿って入力するだけで自動的に経歴書が作られるんです。

「パソコンにワードが入ってない!」

「経歴書を1から作るのが面倒くさい!」

という人でもレジュメnaviがあれば簡単に作れちゃいます。

⇒「転職エージェントに登録して自分の強みをアピール方法を教えて貰いました!結果内定8社ゲット!(35歳/女性)」

リクルートエージェントへ登録して今よりも条件の良い職場へ転職しよう!

転職は当然ですが、転職のプロに相談するのがベスト。

私自身、リクルートエージェントへ登録して応募書類の添削をしてもらってから、書類選考の通過率が約2.5倍にアップしました。

転職エージェントのプロの視点は、本当にすごいんだなと感心しましたね。

いかに自分で作った応募書類の内容が穴だらけだったかということですが(笑)

リクルートエージェントへ登録してプロのコンサルタントにアドバイスを受けることで、確実に今以上企業に対してアピールすることが出来ます。

結果、収入面・待遇面・仕事の内容で、今以上の職場に転職できる確率もグッとアップしますよ。

今すぐ登録して、絶対に転職を成功させましょう!!

⇒【無料登録】業界No.1リクルートエージェントの詳細をもっと見たい

登録するべき転職エージェント3社

リクルートエージェント

>>>リクルートエージェント無料登録する

■おすすめ度

■特徴

転職支援サービス最大手のリクルートグループの転職エージェントになります。

①業界最多の13万件の求人件数で他社を圧倒。

転職エージェント業界業界最大手リクルートエージェント。

公開求人・非公開求人が合わせると約13万件と業界最多の圧倒的な求人件数です。

「とにかくたくさんの求人の中から自分に合う求人を探したい!」

という人はリクルートエージェントの求人の多さを実感するべきでしょう。

②転職支援の成功実績32万件でNO.1

リクルートエージェントが転職支援業界で成功実績No.1となったのは以下の理由です。

求人数の多さ+担当キャリアアドバイザーの質の高さ=転職成功実績32万件

確かに、DODAのキャリアアドバイザーもレベルが高いのですが、DODAの特徴としては親切丁寧なサポートです。

一方リクルートエージェントの特徴としては、とにかくキャリアアドバイザーのアドバイスが的確ということ。

アドバイスの内容に無駄がなく、ズバリ自分が進むべきキャリアを示してくれるんです。

と使い分けが必要になってきます。

③女性向けの転職ノウハウが豊富

リクルートグループの中に人材派遣会社(リクルートスタッフィング)と連携した女性に特化した求人や濃いノウハウ情報が豊富にあります。

特に事務職・販売職などの業界職に精通したキャリアコンサルタントが多数在籍しているので相談しやすい環境は整っていますよ。

「女性ならでは目線で悩みを相談したり、共感してくれる担当者が良い!」

と感じる女性の転職希望者が登録すると満足なサポートを受けることが出来ます。

④夜間・土日祝日でもサポート受付!

リクルートエージェントは、平日・土日祝日いつでも20時以降にも相談が出来るんです。

「仕事が忙しいからなかなか転職活動の時間が割けない・・」

という人でも、在職しながら転職活動が出来るサ手厚いサービスと言えますね。

■リクルートエージェントに登録すべき人
①どこの転職エージェントよりもたくさんの求人を紹介して欲しい人
②転職成功実績を元に的確な内定までのノウハウを知りたい人




DODA/パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)

>>>DODA公式サイトで無料登録する

■おすすめ度

■特徴

DODA(デューダ)は大手人材人材会社のパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)グループが運営しているサービス。

転職支援業界で国内2位の売上高を誇っていますね。

DODAのポイントは以下になります。

①親身なサポートで転職者満足度No.1

DODAは転職者利用者へのアンケート調査で満足度No.1の実績。

満足度が高い理由としては、「登録者に寄り添った親身なサポート」だからです。

  • 転職に関する不安悩みごとの相談
  • 自分のキャリアプランに迷った時には面談でのキャリアカウンセリング
  • 将来の最適なキャリアプランの提案

このようなサポートの結果、転職サポートで年間1万人を成功に導く実績豊富なエージェントになります。

「以前転職エージェントに登録したけど放置された!」

「手厚く、親身なサポートを受けたい!」

という転職希望者が登録・利用すると特に満足度が高いですね。

②履歴書・職務経歴書の添削が抜群

DODAは履歴書・職務経歴書の添削が丁寧で分かりやすいと評判です。

転職活動での第一関門である書類選考。

応募書類で最大限自分の経験や能力をPRしないといけないのに、完璧な書類を作り上げている人は非常に少ないです。

その点、DODAのキャリアアドバイザーは

  • 1から応募書類の作成を手伝ってくれる
  • 履歴書を下書きすれば清書を代行してくれる
  • 書類選考通過率が約3倍にアップする書き方のコツを教えてくれる

といったサポートをしてくれるんです。

「書類選考で落ち続けて面接までたどり着けない・・」

という人は質が高いと評判のDODAの応募書類の添削を一度受けてみるべきですね。

③登録者限定の非公開求人が80%もある

DODAに登録した会員限定でしか閲覧できない非公開求人が全体の約80%あります。

非公開求人の中にはDODAだけが扱う独占求人も多いです。

求人の質も圧倒的に高く、業界最大手のリクルートエージェントとは違った独自の企業を紹介してくれるのが特徴。

■DODAに登録すべき人
①「転職初心者でどの転職エージェントに登録したらいいか分からない」
②「求人数も多く・サポートの質も良いバランスの良い転職エージェントに登録したい」



ビズリーチ

>>>ビズリーチ公式サイトで無料登録

■おすすめ度

■特徴

ビズリーチはテレビCMでも話題の転職支援サービスですね。

特徴としては

①圧倒的なスカウトの豊富さ

ビズリーチに経歴書を登録するだけで、企業人事担当者や転職エージェントの担当者から毎日のようにスカウトが届きます。

登録した人のキャリア次第では、大手転職エージェントと比較して3-10倍ほどスカウトの数が増えた!という人もいます。

  • 「仕事が忙しくて求人チェックする時間がない」
  • 「とにかくたくさんの企業からのスカウトをチェックしたい」

という人は、登録するだけでスカウトがたくさんくるビズリーチが向いているでしょう。

②年収アップ出来る求人が多数

ビズリーチは他の転職エージェントと比較しても、年収アップできる求人が豊富です。

理由としてはビズリーチは元々年収600万以上のハイスペックのビジネスパーソンに特化していた転職支援サービスだったからです。

ですので現状年収が低い転職希望者であっても、ビズリーチでしかチェック出来ない好条件の求人が紹介されるでしょう。

  • 「今の年収に不満がある!」
  • 「もっともっと稼ぎたい!」

という人は登録しておくと良いでしょう。

※公式ホームページには「年収600万以上に支持される」とありますが、年収600万未満でも登録・利用は問題なく出来ます

③上場企業・大手企業の求人が多い

上に書いた「年収アップ出来る求人が多い」ということとも繋がりますが、ビズリーチは大手・上場企業の求人が多いです。

年収が多い求人が多いので、当然上場企業や大手企業の求人が多いのは必然なのですが。

ですので「新卒で入社できなかった大手に入社したい!」と感じる人は登録しておいた方が良いです。

とはいえ大手企業は周りも入社したいと感じる人気求人。

募集してもすぐに打ち切りになりますし、募集も若干名です。

なので逆算して早めにビズリーチに登録して、大手企業の求人を漏れなくチェックしておくことが大事だといえます。

 

■ビズリーチに登録するべき人
①「年収が低い。転職して給料を増やしたい!」と思う人
②転職エージェントの担当者から手厚いサポートを受けたい人


35歳以上の転職は難しい?理由と転職のコツ

転職で悩む人
35歳超えると転職できないの?

「35歳転職限界説」

という言葉もあるくらい、35歳以上になると転職が難しいと言われています。

転職支援サービス大手DODAが発表した、2017年12月の求人倍率2.87倍。

ここ数年では1番高い求人倍率です。

「だったら35歳過ぎても簡単に転職出来るのでは?」

と思うかもですが、年齢上がると転職難しくなるのは事実。

中途採用市場では、35歳以降に40歳・45歳と年齢を重ねるほど転職は厳しさ増します。

その理由は転職のコツを紹介しますね。

35歳以降の転職が難しい理由2つ

◆理由1:安定志向で大手企業に転職しようとする
転職で悩む人
転職は大手企業じゃないとしない!

誰だって転職できるなら大手企業に転職したいですよね。

安定志向の人が希望する転職先

  1. 上場しており知名度高い
  2. 企業規模が大きく会社に歴史がある
  3. 公的機関や官公庁

酷なことを言いますが、35歳過ぎてから安定した大企業への転職は難しいです。

前職が大手企業なら可能性はありますが、中小企業出身なら可能性はかなり低くなります。

そもそも大手企業は募集が少ないですし、仮に入社できても入社後の出世競争は大変。

選択肢も少ないし、リスクも高いのです。

それでも安定性の強い人は、大手企業に転職したい!という希望を持っています。

不安定な企業で、ハイリスクは避けたいと思うのです。

ですが、よく考えてください。

大手企業や組織安定性高いように見えますが、安定した基盤の企業で務める従業員全員が安定して働けるとは限りません。

大企業は中小企業で想像も出来ないような明確なピラミッド型のヒエラルキーが存在します。

同期入社が100・200名以上いて年次を重ねるごと苛烈な人材選別が進むのです。

出世の椅子は限られ、出世競争に敗れると2度と出世階段は登れません。

脱落者は転籍・出向など片道キップのグループ会社への転籍。

大手企業のとはいえ、グループ・関連会社なので当然年収は大幅ダウンします。

ピラミッド型組織ですが、誰もが入社したいと思う大手企業なので離職率は常に低水準。

なので、中途採用自体を積極的に行う必要もありません。

数少ない転職者の枠なので外部の新参者が途中参加して出世競争に勝ち残るのは困難を極めます。

もちろん専門的でスペシャリティーな人材なら別。

だがオリジナティーのある人材が、硬直化した大企業に転職してもつまらなく感じる可能性は高いです。

それでも大手企業への転職にこだわりますか?

◆理由2:希望条件が多すぎるから

35歳を超えると求人は年齢を重ねるごとに少なくなります。

でも逆に家庭持ちなどの場合転職先でも一定水準の待遇を受けたいと考えるので希望条件多くなりがち。

  • ポジション・役職
  • ワークライフバランス
  • 前職と同意水準かそれ以上の年収

様々希望条件をつけたくなり気持ちも分かります。

35歳以降が収入にこだわる理由

  1. 子供の養育費
  2. 住宅ローン
  3. 両親の介護費用

など世代的にお金を稼ぐ責任に迫られます。

年齢的に求人数は減るのにもかかわらず、たくさんの給料を稼ぐなど、希望条件をつけすぎる。

ここにギャップがあるわけです。

ギャップに気づかず転職活動をすると、企業側の希望と35歳以降の人の希望がマッチせず転職に苦労します。

つまり、35歳以降は求人数が減るのに

  • 「課長以上の役職で採用希望」
  • 「年収は前職と同水準の600万円以上」

希望条件をすべて叶えるには、よほど前職での実績積んでないと難しいです。

ですので、希望条件は必要最低限で優先順位をつけて転職活動をしましょう。

35歳以降で転職活動に苦戦する人は、必須条件をつけずに、希望条件だけを思いつく限り羅列しがち。

この方法だと、書類選考にすら通過せず何年たっても内定1社も得れない状況となります。

35歳以降のアナタが転職成功させるコツ

転職市場全体の市況感、希望業界の採用状況などの転職市場の相場を正確に読むことが大事。

もちろん希望条件すべてを満たせる転職先がベストです。

ですが、いかに条件を捨てて、転職を通じて解消したい課題を絞って活動出来るかがポイント。

mustとwantの優先順位ををしっかりつけましょうということです。

とはいえ、転職活動の経験は誰もが頻繁にあるものではなく経験値も低め。

友人知人に相談するのもよいが、より成功確率を高めたいなら転職のプロの転職エージェントに相談すべきです。

プロの立場から多角的で的確なアドバイスを貰えます。

まずは情報が必要。アドバイスを聞いて参考にするかどうかはアナタ次第です。

正しい情報を掴み、35歳以降でもしっかり評価してもらえる企業を見つけましょう。

⇒「自分に向いている仕事にようやく出会えました。毎日が楽しくて仕方ない!(38歳/男性)」

>>>「転職難しい」と感じるアナタが転職成功させるたった1つの方法をチェックする

第二新卒の転職は難しい?現状と転職のコツ

転職で悩む人
すぐに仕事辞めた第二新卒だと転職先ないのかな?

第二新卒とは、高校や大学を卒業し就職して2-3年で会社を辞めた人のこと。

年齢でいうと25歳前後ですね。

企業側は経験浅くても第二新卒の採用に熱心というが、実際経験が短いと「難しいんじゃないの?」と感じる人もいるでしょう。

売り手市場と言われるほど求人数が多い転職市場において第二新卒はどのように評価されるか?

説明していきますね。

第二新卒はどの程度いるの?3年後離職率のデータ

参照:学歴別3年後離職率〈厚生労働省〉

学歴別3年後離職率

  • 中卒⇒63.7%
  • 高卒⇒40.9%
  • 大卒⇒31.9%

新卒入社し3年以内に退職すること3年後離職率といいますが、上記がデータになります。

新卒入社は3年が我慢しろなんて言われているが、現実的に大卒でも3人に1人が3年以内に退職しているわけです。

つまり、上記の人数だけ第二新卒として転職活動する人がいるってことなんです。

第二新卒を企業が積極採用する理由

人事
第二新卒を積極採用します!

第二新卒を採用しようとする企業はスキル・経験・ノウハウ乏しいと理解しているのに何故採用するのか?

それは、若い人材に下記を期待しているから。

  • 高いモチベーション
  • 職場を明るくするフレッシュさ元気さ
  • スポンジのように仕事を吸収する能力

募集の背景としては、業績好調のための人事増や若手退職者の欠員補充などがあります。

ですので、積極的に学ぶ姿勢があれば、第二新卒でもハンディは少ないと言えるんです。

20代後半ともなると経験を求められますが、25歳前後の第二新卒なら転職のハードルは高くありません。

第二新卒として転職活動をする人就職活動に失敗した気持ちを強くもっています。

そのため「次こそは!」と高いモチベーションもって仕事に臨んでくれるんです。

企業によっては新卒社員も第二新卒も大差ないと判断する会社もあるくらい。

アベノミクスの好景気に慢性的人手不足なので、中小企業中心に人材採用はどの企業も苦戦しています。

伝統ある老舗企業、大手企業は、そもそも離職率も少なく若手社員は新卒のプロパー社員充足していますよ。

大手以外の優良企業・中小企業は若手社員を積極採用したいと思っているので十分チャンスあり!なんですよ。

新卒社員が3年我慢しないと転職できないと言われる理由

上司
3年未満で辞めると転職できないぞ?

入社後3年以内で会社を辞めようとすると、上司から入社して3年間は経たないと転職先が見るからにと言われがちです。

確かに、新卒3年以内だと社会人としても、ビジネスマンとしても、学ぶべきことたくさんあるでしょう。

ですが、時間は有限。しかも加齢とともに転職のチャンスはどんどん減っていきます。

環境も日々変わりますからね。

チャンスは若い年齢ほどものにしやすいのは紛れもない事実。

アナタが転職するべきか現在の職場に留まるべきか判断は上司でも友人でも難しいでしょう。

ですので、業界の先輩や社員を観察して10年後・20年後のイメージふくらませるしかありません。

上司や先輩を見て「自分も上司のように働きたい」と思えれば、退職せずに頑張理続けるべき。

逆に離職率の高い企業で、仕事も楽しくなさそうな上司・先輩ばかりであれば転職した方がよいです。

30代以降、家庭をもって稼がないといけない立場になると給料も重要なポイントですから。

総合的に判断してアナタ自身で考えて決断するべきです。

⇒「転職して今の仕事に出会えてから初めて自分のことが好きになれた気がします(30歳/男性)」

>>>「転職難しい」と感じるアナタが転職成功させるたった1つの方法をチェックする

転職が難しい職種3個

転職で悩む人
転職に苦労する職種ってあるの?

もちろん人によりますが、比較的転職に苦労する職種は存在します。

3つ紹介するので参考にしてみて下さい。

職種①ITエンジニア職

転職難しい職種の1つとして有名なのはITエンジニア職。

理由としては、専門的な知識やスキルが必要だからです。

仮にITエンジニアに関連する資格を取得しても仕事がスムーズに進むとは限りません。

エンジニアの仕事はコードを書くのが好きじゃないと続きません。

ITエンジニア職はハードワークですから、体力勝負。

年齢若いエンジニアじゃないと続かないという理由もあります。

一般的に年齢が上がれば管理職になり現場退く人が多いです。

さすがに40代・50代になっても終電帰りや徹夜など激務に耐えれませんからね。

残業続きも当たり前の労働環境の厳しさなので、その環境に耐えれそうかどうか厳しくチェックされます。

30代以降に未エンジニア経験で転職するのはほぼ不可能でしょう。

職種②事務職

女性に人気の事務職。

正社員での転職はかなり難しい職種です。

理由は、事務職への転職希望者が圧倒的に多いから。

その結果、常に有効求人倍率も常に低く、競争率の高い職種なんです。

辞める人も少なく、妊娠・出産での退職もしくは定年まで働き続けるケースが多いですね。

また仕事もそれほど忙しくないですから、自分ペースで仕事も出来るのも人気の理由。

また一般事務なら資格も不要。

一部専門職では資格や経験が必要ですがほとんど事務職は資格不要です。

経理事務なら簿記の資格、貿易事務ならコレポン(コレスポンデンス)という英語の文書でやり取りする経験は必要。

ですので、応募条件のハードルは低く、仕事は安定。

年齢重ねても長期で働ける仕事なので、退職者が少ないこともあり転職が難しい職種の1つなんです。

職種③接客業・販売職

販売への転職は案外難しいの知ってますか?

何故なら、サービス業・販売職はパート・アルバイトがメインで正社員が少ないからです。

現場のスタッフは人件費の安い正社員以外で回している企業がほとんど。

25歳以下の年齢若いなら経験なくても正社員転職可能性あります。

ですが、年齢が高くなるとマルチな経験求められる経験が求められます。

  • 販売スキル
  • 人材教育
  • 店舗運営やマーケティング
  • イベントの企画運営

これらの経験ないと正社員での転職難しいケースが多いですね。

登録するべき転職エージェント3社

リクルートエージェント

>>>リクルートエージェント無料登録する

■おすすめ度

■特徴

転職支援サービス最大手のリクルートグループの転職エージェントになります。

①業界最多の13万件の求人件数で他社を圧倒。

転職エージェント業界業界最大手リクルートエージェント。

公開求人・非公開求人が合わせると約13万件と業界最多の圧倒的な求人件数です。

「とにかくたくさんの求人の中から自分に合う求人を探したい!」

という人はリクルートエージェントの求人の多さを実感するべきでしょう。

②転職支援の成功実績32万件でNO.1

リクルートエージェントが転職支援業界で成功実績No.1となったのは以下の理由です。

求人数の多さ+担当キャリアアドバイザーの質の高さ=転職成功実績32万件

確かに、DODAのキャリアアドバイザーもレベルが高いのですが、DODAの特徴としては親切丁寧なサポートです。

一方リクルートエージェントの特徴としては、とにかくキャリアアドバイザーのアドバイスが的確ということ。

アドバイスの内容に無駄がなく、ズバリ自分が進むべきキャリアを示してくれるんです。

と使い分けが必要になってきます。

③女性向けの転職ノウハウが豊富

リクルートグループの中に人材派遣会社(リクルートスタッフィング)と連携した女性に特化した求人や濃いノウハウ情報が豊富にあります。

特に事務職・販売職などの業界職に精通したキャリアコンサルタントが多数在籍しているので相談しやすい環境は整っていますよ。

「女性ならでは目線で悩みを相談したり、共感してくれる担当者が良い!」

と感じる女性の転職希望者が登録すると満足なサポートを受けることが出来ます。

④夜間・土日祝日でもサポート受付!

リクルートエージェントは、平日・土日祝日いつでも20時以降にも相談が出来るんです。

「仕事が忙しいからなかなか転職活動の時間が割けない・・」

という人でも、在職しながら転職活動が出来るサ手厚いサービスと言えますね。

■リクルートエージェントに登録すべき人
①どこの転職エージェントよりもたくさんの求人を紹介して欲しい人
②転職成功実績を元に的確な内定までのノウハウを知りたい人




DODA/パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)

>>>DODA公式サイトで無料登録する

■おすすめ度

■特徴

DODA(デューダ)は大手人材人材会社のパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)グループが運営しているサービス。

転職支援業界で国内2位の売上高を誇っていますね。

DODAのポイントは以下になります。

①親身なサポートで転職者満足度No.1

DODAは転職者利用者へのアンケート調査で満足度No.1の実績。

満足度が高い理由としては、「登録者に寄り添った親身なサポート」だからです。

  • 転職に関する不安悩みごとの相談
  • 自分のキャリアプランに迷った時には面談でのキャリアカウンセリング
  • 将来の最適なキャリアプランの提案

このようなサポートの結果、転職サポートで年間1万人を成功に導く実績豊富なエージェントになります。

「以前転職エージェントに登録したけど放置された!」

「手厚く、親身なサポートを受けたい!」

という転職希望者が登録・利用すると特に満足度が高いですね。

②履歴書・職務経歴書の添削が抜群

DODAは履歴書・職務経歴書の添削が丁寧で分かりやすいと評判です。

転職活動での第一関門である書類選考。

応募書類で最大限自分の経験や能力をPRしないといけないのに、完璧な書類を作り上げている人は非常に少ないです。

その点、DODAのキャリアアドバイザーは

  • 1から応募書類の作成を手伝ってくれる
  • 履歴書を下書きすれば清書を代行してくれる
  • 書類選考通過率が約3倍にアップする書き方のコツを教えてくれる

といったサポートをしてくれるんです。

「書類選考で落ち続けて面接までたどり着けない・・」

という人は質が高いと評判のDODAの応募書類の添削を一度受けてみるべきですね。

③登録者限定の非公開求人が80%もある

DODAに登録した会員限定でしか閲覧できない非公開求人が全体の約80%あります。

非公開求人の中にはDODAだけが扱う独占求人も多いです。

求人の質も圧倒的に高く、業界最大手のリクルートエージェントとは違った独自の企業を紹介してくれるのが特徴。

■DODAに登録すべき人
①「転職初心者でどの転職エージェントに登録したらいいか分からない」
②「求人数も多く・サポートの質も良いバランスの良い転職エージェントに登録したい」



ビズリーチ

>>>ビズリーチ公式サイトで無料登録

■おすすめ度

■特徴

ビズリーチはテレビCMでも話題の転職支援サービスですね。

特徴としては

①圧倒的なスカウトの豊富さ

ビズリーチに経歴書を登録するだけで、企業人事担当者や転職エージェントの担当者から毎日のようにスカウトが届きます。

登録した人のキャリア次第では、大手転職エージェントと比較して3-10倍ほどスカウトの数が増えた!という人もいます。

  • 「仕事が忙しくて求人チェックする時間がない」
  • 「とにかくたくさんの企業からのスカウトをチェックしたい」

という人は、登録するだけでスカウトがたくさんくるビズリーチが向いているでしょう。

②年収アップ出来る求人が多数

ビズリーチは他の転職エージェントと比較しても、年収アップできる求人が豊富です。

理由としてはビズリーチは元々年収600万以上のハイスペックのビジネスパーソンに特化していた転職支援サービスだったからです。

ですので現状年収が低い転職希望者であっても、ビズリーチでしかチェック出来ない好条件の求人が紹介されるでしょう。

  • 「今の年収に不満がある!」
  • 「もっともっと稼ぎたい!」

という人は登録しておくと良いでしょう。

※公式ホームページには「年収600万以上に支持される」とありますが、年収600万未満でも登録・利用は問題なく出来ます

③上場企業・大手企業の求人が多い

上に書いた「年収アップ出来る求人が多い」ということとも繋がりますが、ビズリーチは大手・上場企業の求人が多いです。

年収が多い求人が多いので、当然上場企業や大手企業の求人が多いのは必然なのですが。

ですので「新卒で入社できなかった大手に入社したい!」と感じる人は登録しておいた方が良いです。

とはいえ大手企業は周りも入社したいと感じる人気求人。

募集してもすぐに打ち切りになりますし、募集も若干名です。

なので逆算して早めにビズリーチに登録して、大手企業の求人を漏れなくチェックしておくことが大事だといえます。

 

■ビズリーチに登録するべき人
①「年収が低い。転職して給料を増やしたい!」と思う人
②転職エージェントの担当者から手厚いサポートを受けたい人


合わせてよく読まれている記事

①職場いじめで退職するしかない?泣き寝入りは禁物!

職場いじめで退職するしかない?泣き寝入りは禁物!職場いじめの11個の対処法を紹介。絶対に負けるな!
「職場で社内の人に1日中無視されていて辛い・・退職するしかないのかな・・」 「自分だけ間違った仕事の指示を出されて、ミスをすると上司か...

②ストレスで仕事を辞めたいなら今すぐ転職だ!

ストレスで仕事を辞めたいなら今すぐ転職だ!今すぐ会社を辞めるべき4つの理由
「毎日朝起きたくない・・職場に行くのが辛い・・もう辞めたい・・」 「職場の人間関係がストレスで、原因不明に体調不良。今の仕事辞めても大...

③面接に落ちるパターンが存在する!

面接に落ちるパターンが存在する!あなたが面接に受からないたった4つの理由や原因を紹介
「面接に合格しないよー・・。落ちるパターンとか傾向ってあるのかな・・」 「面接に落ちる人の特徴ってなに?自分の性格が原因で面接に落ちて...

④仕事のストレスが限界のあなたへ。無理は禁物です。

ストレスで仕事を辞めたいなら今すぐ転職だ!今すぐ会社を辞めるべき4つの理由
「毎日朝起きたくない・・職場に行くのが辛い・・もう辞めたい・・」 「職場の人間関係がストレスで、原因不明に体調不良。今の仕事辞めても大...

⑤職場いじめの人間関係で悩むなら早く転職したほうがいいですよ?

職場いじめで退職するしかない?泣き寝入りは禁物!職場いじめの11個の対処法を紹介。絶対に負けるな!
「職場で社内の人に1日中無視されていて辛い・・退職するしかないのかな・・」 「自分だけ間違った仕事の指示を出されて、ミスをすると上司か...

⑥今の仕事が辛いなら楽な仕事を選ぶことが大事です

楽な仕事&バイト42選!正社員で楽で稼げる仕事がないと諦めてる?サビ残・ノルマなしで年間休日120日以上の仕事があるんです!!
「ブラック企業じゃなく、立ってるだけで給料貰えるような楽な仕事に就きたい!」 「複雑で面倒な人間関係がない、ストレスフリーな職場で働き...

⑦転職エージェントの選び方

転職エージェントの選び方!22社を徹底比較!面談のコツ&評判の良い転職エージェントだけを紹介!
「転職エージェントって何社もあるけど、どうやって選べばいいんだろう?」 と悩む人はホント多いです。 僕自身、転職エージェント業界で働...

⑧職場いじめで退職するしかない?

職場いじめで退職するしかない?泣き寝入りは禁物!職場いじめの11個の対処法を紹介。絶対に負けるな!
「職場で社内の人に1日中無視されていて辛い・・退職するしかないのかな・・」 「自分だけ間違った仕事の指示を出されて、ミスをすると上司か...

⑨もう嫌だっ!辛い夜勤仕事が原因で辞めたいの感じるあなたへ。

もう嫌だっ!辛い夜勤仕事が原因で辞めたいの感じるあなたへ。癌・脳卒中のリスクが2倍以上なの知ってる?
「二交代制・三交代制どっちの夜勤も経験したけど、体調不良が続いてほんとに辛い!」 「入社前は夜勤は慣れ!だと思ってたけど甘く見てた・・...

⑩「新規営業が辛い・・もう辞めたい」原因6つ&対策

「新規営業が辛い・・もう辞めたい」原因6つ&対策法7つ!無理するとメンタル崩壊して体調まで崩しますよ?
「もう新規営業がツライ・・飛び込み営業、テレアポ。どれだけ行動しても門前払いで、数字は残せないし、上司からも詰められる・・」 「営業は...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする