信用金庫&信用組合を辞めたい理由9個。ノルマがきついなら新人でも転職しよう!窓口業務の女性社員の転職先も3個紹介

「信用金庫の仕事辞めたいな・・」

お客様の大事なお金扱う信用金庫の仕事は重大責任です。

信用金庫は地域住民や企業との信用や協力で成り立つ商売。

地域経済の潤滑油なんて言われていますよね。

信用金庫含めた金融業界ってエリートで好待遇なイメージですが実際は給料も低く、仕事も大変・・。

ですので「信用金庫を辞めたい!」と感じる人って多いんです。

そんな信用金庫を辞めたいと感じるアナタに、信用金庫を辞めた理由や、辞めたい時の対処法などを紹介していきますね!

信用金庫の離職率に関するデータ

信用金庫辞めたい
信用金庫の離職率ってどれくらいなんだろう?

信用金庫の離職率や、どの程度の人が辞めているのかって気になるトコロですよね。

ただ、信用金庫単体での離職率を公開しているデータはありませんでした。

その他の近しいデータから信用金庫の離職率を推測していきますね。

データ①金融業界の離職率は9.4%と低め

参照:平成28年雇用動向調査〈厚生労働省〉

上記は厚生労働省が発表した業界別の入職率・離職率に関するデータです。

  • 入職率:新規で仕事に就いた人割合
  • 離職率:仕事を辞めた人の割合

金融業界の離職率は9.4%で、建設業7.7%・複合サービス業7.7%の次につく離職率の低さ。

1番離職率の高い「宿泊業・飲食サービス業」の離職率は30%なので相当高いです。

ちなみに平成28年の全体の離職率の平均は15%なので、金融業界は意外にも?平均以下の数値なんですね。

データ②銀行の3年後離職率

本当に金融の離職率って低いの?

ってかなり疑り深い私は、銀行単体での離職率をチェックしてみました(笑)

就職四季報〈東洋経済新報社〉が出版している、就活学生向けの本があります。

この就職四季報に各企業の3年後離職率が掲載されているのですが、そのデータを紹介してみます。

※全企業ではなく、出版社の独自取材or上場企業のデータで判明したものみ掲載

※3年後離職率=新卒入社後3年以内に離職した人の割合

銀行の3年後離職率
〈都銀〉

  • 三菱東京UFJ銀行:7.2%
  • ゆうちょ銀行:14.6%
  • りそな:13.1%
  • あおぞら銀行:10%

〈地銀〉

  • みちのく銀行:2.6%
  • 岩手銀行:20.0%
  • 秋田銀行:14.1%
  • 山形銀行:16.9%
  • 荘内銀行:18.2%
  • 東京TYフィナンシャルグループ:20.6%
  • 第四銀行:12.5%
  • 北國銀行:25.9%
  • 福井銀行:5.4%
  • 山梨中央銀行:18.3%
  • 十六銀行:9.2%
  • 近畿大阪銀行:22.7%
  • 大正銀行:14.3%
  • 山陰合同銀行:8.2%
  • 中国銀行:17.2%
  • 広島銀行:19.8%
  • 百十四銀行:17.2%
  • 四国銀行:13.1%
  • 高知銀行:12.5%
  • 肥後銀行:17.8%
  • 鹿児島銀行:23.1%
  • 南日本銀行:28.9%
  • 琉球銀行:18%
  • 沖縄銀行:13%

〈平均の3年後離職率〉

15.5% ←都銀・地銀の合計

16.2%  ←地銀のみ

厚生労働省発表の金融業界の離職率9.4%

上記のデータを見ても分かるように、最低でも信用金庫の3年後離職率は15%以上はあると思ったほうが良さそうです。

離職率15%というと、同期入社社員50人いれば、3年以内に7-8人は辞めている計算になります。

実際に辞める人がその程度の数字なので、潜在的に「辞めたい!」と感じる人はもっといるでしょうね。

⇒「自分に向いている仕事にようやく出会えました。毎日が楽しくて仕方ない!(38歳/男性)」


>>>「信用金庫を辞めたい人」が転職成功させるたった1つの方法をチェックする

信用金庫を辞めたい理由9個

信用金庫辞めたい
仕事辞めたい!

信用金庫を辞めたいと感じる人の、理由はどんなものがあるんでしょうか?

具体的な理由を紹介していきますね!

理由①性格が大雑把で仕事のミスが多い

上司
おまえ何回同じミスするんだ!!

信用金庫の仕事合わない理由の1つとして仕事のミスが多いことですね。

信用金庫の仕事は、営業として下記のようなことを顧客に進める必要があります。

  • 住宅ローン
  • 生命保険
  • 投資信託
  • 預金

お金に関する大事な仕事にも関わらず、大雑把な性格だと仕事のミスが多くなります。

営業の場合、顧客から預かったお金なのに、ミスが多いと当然顧客から信用されなくなります。

説明も丁寧に細かくしないミスをすると後々のクレームにつながります。

1円大切にする姿勢で仕事に臨む必要があるので、ミスが多い人には辛い仕事ですよね。

理由②不要な金融商品を売らないといけない罪悪感

信用金庫辞めたいひ人
この商品は必要ないんだけどな。。

信用金庫の仕事は、投資信託・カードローンなどを無知な老人に売りつける必要があります。

ですので、顧客の気持ちに寄り添そい過ぎる人・罪悪感を感じやすい人は信用金庫の仕事に向いていません。

信用金庫に限らず、都銀・地銀などの金融リテール営業の共通の悩みなんですけどね・・(笑)

信用金庫の営業は「これは儲かる可能性のある投資ですよ!」と投資信託を理解しない顧客や、お年寄りに押し売りような近い形で売っていかないといけません。

真面目な人は、罪悪感を感じ辞めていくのです。

「金勘定は丁寧に!顧客感情は一切無視して商品を売り1円でも多く儲ける」

この歪んだ気持ちを持ち続ける人が信用金庫で活躍できる人です。

未達成の場合は、失職・左遷・減俸など仕打ちを受けることになりますね。

銀行傘下の消費者金融や、保険会社などは総量規制を無視した返済できる見込みない顧客に、膨大な個人ローン発行しているんです。

ですので、対抗して信用金庫も無茶な営業せざるえないという背景もあります。

窓口の女性職員もセールスや電話勧誘など営業が必要です。

精神がボロボロとなりうつ病などを発症し退職していきます。

「すぐに辞めちゃダメだ・・」

と無理し続けると仕事自体出来ない体になり将来のキャリアが潰える可能性さえあります。

無責任な上司や先輩は「働いているうちに慣れてくるよ!」なんて言いますが、信用金庫の仕事は適合出来る人とできない人の差が激しいです。

ですので無理は禁物ですね。

理由③ノルマ達成へのプレッシャー

信用金庫の営業職1人1人に過剰な販売ノルマが課せられ、そのノルマが辛くて辞めていく人も多いです。

窓口・外回り担当、個人・法人含めて全社員が営業ノルマがあるんです。

信用金庫は、金融業界の中でも特に中小企業・個人取引が中心となります。

信金の商品は、都銀・地銀が手を出さないような価格の安い細かな金融商品が多いのが特徴

信用金庫の扱い商品

  1. 全労済
  2. KDS
  3. 定期預金
  4. 当信託
  5. クレジットカード
  6. 住宅・自動車・教育ローン
  7. 事業貸付融資
  8. カード・フリーローン
  9. 医療保険

上記の1商品ごとにノルマ・年間目標が存在しますよね。

でもノルマ全部達成する人なんて皆無(笑)優秀なトップ営業マンでさえノルマ未達という状況(笑)

ノルマ達成のために上司から叱責されるのでメンタルが弱い人はすぐうつ病になってしまします。

また信用金庫全体の流れとして人件費削減の動きがあるので営業人数も減少しつつあります。

営業人数が減っても各支店に課せられるノルマは変わらないのでハードルが高くなるのです。

信用金庫はパワハラ上司が多いですから、ノルマ達成できない社員には毎日罵声。

朝礼でも説教、午後営業から帰ってきてもグチグチ・ネチネチ言われるんです。

営業の外回りが終わって事務処理始める夕方にグチグチ言われるのは腹が立ちますよ!

それでいて、年収400万円程度では割に合わないと感じるのも当然。

上司は自分自身の価値すら否定してくるので自尊心も徐々に下がってきます。

もはや洗脳。

一般職の場合は営業ほど販売や融資ノルマはありません。

総合職の場合はノルマ達成出来るかどうかが、金融業界いきていけるかどうかの唯一の道です。

営業方法としては、預金額の多い顧客リストから順に電話セールスする方法が一般的。

ですが、大口の顧客には毎日のように営業電話がくるので

「いらないって言ってるだろ!しつこいんだよ!!」

と大声で怒鳴られる、嫌悪感を思いっきりぶつけられます。

ノルマ未達成で上司には罵倒され、営業電話で顧客からも罵倒され・・。

こんなにも辛く・苦しい仕事はそれほどありません。

◆今後は信用金庫は縮小傾向

現代は昔と比較して、ネット銀行・証券・生保など手数料が安いところが出てますし、便利&貸付金利も安いです。

幸か不幸か、現在の信用金庫の顧客はほとんどが高齢者。

ですので数年で信用金庫の経営が揺らぐことはないですが、今後高齢者がいなくなるとデジタルネイティブ世代だけになります。

そうなれば信用金庫利用する人も減るので存在意義を完全に失うことになるでしょう。

信用金庫同士の合併も進んでおり、対等合併なんて建前では言われていますが、実際は大手信用金庫による吸収合併というケースも多いです。

全国264の信用金庫がありますが、どう考えても不要でしょう。

ただでさえ都銀・ネット銀行・地銀合わせて154行もあるんです。

体力ない信用金庫からなくなりリストラ・統廃合が進んでいきます。

参照:信金中金 地域・中小企業研究所
参照:金融庁

銀行でさえAIにより店舗削減・支店統廃合・人員削減の動きが進んでますからね。

 3銀行大リストラ時代 3.2万人分業務削減へ 〈日経新聞〉

 メガバンク若手の転職希望者急増、現実は嫁・親ブロックで内定辞退も〈BUSINESS INSIDER〉

今後264個ある信用金庫の数が今後増えることはないですし、むしろどんどん数は減っていくと思ったほうが良いです。

理由④パワハラ上司の存在

信用金庫を中心とした金融業界において上司の存在は絶対。

上司自身もそのような文化で育ってきたので、平気でパワハラ発言をする人が多いのです。

  • 営業ノルマ追われる
  • 上司から罵声
  • 支店長ののしられる
  • お客さんクレーム処理
  • メリット乏しい金融商品提案
  • 良心呵責無視売り続ける

などなどパワハラ上司によって信用金庫の仕事を続けていくことに限界を感じていくのです。

精神・肉体がすり減り、最悪の場合は過労死・うつ病になることも。。

信用金庫含めた金融系の上司がパワハラ多く、ノルマやり切らせるために上司は営業を追い込むのが仕事と思っている節さえあります。

上司が絶対なので、とにかく職場の風通しは悪く、人間関係も人間関係ですね。

渉外で数字の読み間違いなんてしようものなら、上席から大声で人格否定や叱責の怒号が飛び交います。

書類や郵便物を投げつけるような威嚇や恫喝を受けたことがある人も多いです。

飲み会の席でも上司やお局のご機嫌取りやお酌周り。

仮に下戸でお酒が飲めなくても、上司からの酒は断るのはご法度。絶対に飲まないといけない雰囲気なのです。

コンプライス皆無で、表立ってないだけでセクハラもよくあることです。

◆上司絶対の世界なので縁故採用が行われることも?

さらに最悪なのは、突然上司のツテで縁故採用の取引先のバカ息子はが入社することもあります。

縁故採用で入社してきただけあって?ノルマこなせないし、こなすきもなし。

未達数字は部署全体でカバーしないといけないので更に仕事が増えます。

間違えて管理職が怒鳴りつけると、パワハラだ!と叫び取引先経由でで本部から大目玉。

上の判断は絶対的な異常な職場なんです。

「やってられるか!」

と退職する信用金庫の人たちが後を絶たないのも頷けます。

⇒「転職して今の仕事に出会えてから初めて自分のことが好きになれた気がします(30歳/男性)」

>>>「信用金庫を辞めたい人」が転職成功させるたった1つの方法をチェックする

理由⑤信用金庫の不合理な昔ながらの慣習・風習

信用金庫辞めたい人
信用金庫って何故こんな特殊なの?

とあまりに不合理で特殊な慣習に嫌気が差したこともあるでしょう。

出勤すると上席1人ずつまわって挨拶する必要ありますよね。

  1. 支店長
  2. 自重
  3. 代理
  4. 上席先輩

その他にも、

  • 書類重ね方
  • 提出方法
  • 訂正印や担当印押し方
  • 休暇研修不在の挨拶
  • 昼食タイミング

なども各信用金庫の不合理なしきたりが存在します。

信用金庫には、合理性という考え方は皆無。上席が部下を奴隷のように命令に従わせるための社畜育成機関といっても過言ではないかもしれません。

理由⑥休日の社内行事・イベントの強制参加

信用金庫辞めたい人
今週も休みなしか・・

信用金庫は社内行事が無駄に多く、土日の休みが平気で潰されていくのです。

  • 運動会
  • CSR活動
  • 地域貢献活動
  • 飲み会
  • 上司とのゴルフの送り迎え

などなど。イベントや行事などへは強制参加。

当然、振替休暇もなく参加は必須ですね。。

理由⑦信用金庫での経験が他業界で活かされない

金融・信用金庫での知識や経験は、転職市場では潰しきかないことが多いです。

特に信用金庫の仕事は、無駄に広範囲な金融商品を売るだけなので、高度なスキルは不要。

必要なのは、年配を騙す話術や体力。

あとは、上司からのパワハラに耐える精神力のみ。

金融業界の資格はたくさんある。銀行業務検定や証券外務員など。

ですがこれからの資格は金融業界でしか使えない資格や知識なんですね。

「いやいや、他にも色んな知識が身についているじゃないか!」

と思うかもしれません。

確かに下記のような知識や経験が身についている可能性はあります。

  • 不動産
  • 相続
  • 税務
  • 国際ファイナンス
  • 法務・財務・税務

でもこれらの知識って基礎的な知識で、金融商品を売るためや、資格取得のための最低限の知識だけですよね?

広く浅くの知識ですから、専門的なものではありません。

危険物取扱者・簿記などの汎用的な資格な方がよっぽど転職市場で活かされる可能性がありますね。

「金融業界で一生生きていく!」

というなら問題ないですが、いざ40歳超えて金融業界以外の業界へ転職しようと思っても手遅れとなるわけです。

理由⑧出世競争に敗れると将来のキャリアはない

銀行や信用金庫は出世競争から脱落すると関連会社や融資先企業への片道キップの出向。

つまり、将来のキャリアは絶たれるわけです。

金融機関の人事評価制度は徹底した減点主義。

日常業務でミスをすれば減点。

派閥外上司や、同僚であっても全員敵ですから、気を抜けません。

不平・愚痴・悪口などを漏らしてしまうと告げ口され減点対象となります。

部長・支店長以上の役職者に50歳までになれなければ出向という名の転籍。

給料激減し50歳にしてキャリア終了というわけです。

しかも出世できるかどうかは仕事の成果よりは社内政治が大事という理不尽さとなっています。

理由⑨転勤・異動が多く家族プランが描けない

信金の仕事はハードワーク。さらには転勤・異動も多く、家族持ちの人は特にライフプランを描きにくいんです。

ただでさえ、販売している金融商品のノルマが毎年プラスされ、入金処理、金庫鍵閉め作業、入行時間退行時間の厳格化などだけでも大変。

それにプラスして平均3年に1回の異動なんかもあるわけです。

不正を防ぐ目的ですが店舗間の異動なので、引っ越しが必要な場合もありますからね。

信金の経営方針次第で自分の住む場所が決まってしまうわけです。

ワークライフバランス無視の異動命令ですね。

分譲住宅の購入、子供の学校など家族のライフプランなんてあってないようなもの。

個人的理由は一切無視です。

都銀、地銀よりは転居を伴う異動は少ないとはいえ、信金も一般企業比較しても異動は多い仕事といえますね。

⇒「部下の気持ちに理解のある上司の元でマイペースに仕事を出来ています(25歳/男性)」

>>>「信用金庫を辞めたい人」が転職成功させるたった1つの方法をチェックする

信用金庫勤務するメリット3個

信用金庫辞めたい人
信用金庫で働き続けるメリットあるの?

信用金庫のネガティブな側面を紹介してきましたが、当然メリットもあります。

メリットも紹介するので、メリット・デメリットを両方を踏まえてアナタが今後どうするか考える材料にしてくださいね!

メリット①業務時間短い&残業少ない

銀行と比較して信用金庫の仕事は、業務量も少ないため残業も少なめ。

当然給料も低くなります。

とはいえ、金融業界なので一般企業よりも年収が高いケースもあります。

ですのでメリットとして給料と業務量のバランスは程よく良いといえます。

メリット②土日は定休日。ワークライフバランスが保ちやすい

信用金庫の定休日は土日と決まっています。

ですので、上司のゴルフの運転手などがなければ・・ワークライフバランスを保ちやすい仕事といえますね。

一般企業に転職すると、給料や休日減る人もいるので我慢して働き続けるメリットの1つと言えるかもしれません。

メリット③地元の信用金庫の信頼性は抜群

信用金庫の地元で地域の人からの信頼性は抜群。

「信用」金庫と、呼ぶくらいですから当然周囲からの信用は高いというわけです。

下手な大企業よりも、地元の信用金庫の方がお年寄りからの評価が高い場合が多いですね。

⇒「コミュニケーションは必要最低限。自分の仕事にだけ集中出来る環境をようやく見つけました(27歳/男性)」

>>>「信用金庫を辞めたい人」が転職成功させるたった1つの方法をチェックする

信用金庫を辞めたほうが良い人の特徴3個

信用金庫辞めたい人
限界だけど仕事続けたほうがいいのかな…?

ここでは信用金庫を今すぐ辞めた人が良い人の特徴を紹介します!

無理は絶対禁物。健康な体があっての仕事ですよ!

特徴①うつ症状や精神疾患の症状が出ている人

  • 毎日憂鬱
  • 趣味がなくなった
  • 休日はベッドや布団で寝て過ごすだけ
  • 何をしても楽しくない
  • 理由もなく涙が出てくる

これらに1つでも当てはまる人は精神的に限界を迎えている可能性大!今すぐ休職or退職するべきです。

特徴②業務量が多く残業時間が多い人

信用金庫は金融業界の中でも残業時間が少ない業種です。

下記貸付残高上位10信用金庫残業時間なので、下記よりも残業時間が多い場合アナタの職場は残業過多の可能性があります。

貸付残高ランキングごとの残業時間

  1. 京都中央信用金庫 25.7時間/月
  2. 城南信用金庫 24.4時間/月
  3. 岡崎信用金庫 4.9時間
  4. 埼玉縣信用金庫 24時間/月
  5. 多摩信用金庫 32.2時間/月
  6. 尼崎信用金庫 13.8時間/月
  7. 城北信用金庫 17.5時間/月
  8. 京都信用金庫 17.8時間/月
  9. 大阪シティ信用金庫 18.4時間/月
  10. 岐阜信用金庫 19時間/月

参照:日本格付研究所
参照:vorkes

残業時間は、vokersとい現役・元社員による口コミサイトに投稿された平均残業時間を参照しています。

貸付残高上位10信用金庫の平均残業時間は19.77時間/月

月20日出勤換算ですと、098時間/時間。なので1日1時間弱の掲載んです。

ですが、場合によっては月残業時間80時間超+休日出勤+持ち帰り仕事+サービス残業のような完全な社畜となっているケースもあります。

残業時間・労働時間長い場合はもっと、残業時間の少ない企業に転職するべきといえますね。

特徴③給料が少ないことが不満

信用金庫は、銀行・地方銀行とそれほど変わらない業務でも給料は低い傾向があります。

各業界1位の平均年収

  • 三菱東京UFJ銀行 744万円
  • 横浜銀行 753万円
  • 京都中央信用金庫 644万円

参照:就職四季報2019年版
参照:平均年収.jp

上記は都銀・地銀・信用金庫の各業界1位のの平均年収のデータです。

都銀・地銀の年収が高いのは扱う企業規模が違うから。

都銀・地銀は大手企業を相手に出来るが、信用金庫は都銀・地銀を相手にしない個人事業主・自営業・零細企業中心となります。

都銀・地銀よりも1クライアントあたりの単価が安いので必然的に年収も低くなりますね。

ちなみに信用金庫1位の京都中央信用金庫で644万円なので、ランキング下位の信用金庫であればもっと低い年収になるでしょう。

「仕事量に対して給料安いから辞めたい!」

と思うのは当然のこと。

暑い日も寒い日も、自転車やスーパーカブ乗ってのドブ板営業。顧客に怒鳴られなが集金しても給料が低いとヤル気をなくしてしまいますよね。

⇒「転職エージェントに登録して自分の強みをアピール方法を教えて貰いました!結果内定8社ゲット!(35歳/女性)」

>>>「信用金庫を辞めたい人」が転職成功させるたった1つの方法をチェックする

信用金庫を辞めたい人の対処法3選

信用金庫辞めたい人
信用金庫を辞めるしか方法はないのかな?

「信用金庫の仕事を辞めたい!」

と思っても、辞める・転職以外の方法もあるんです。

対処法を紹介するので、以下の方法を検討してみて「やっぱり無理だ・・」と思うようであれば退職・転職を検討するべきでしょう。

対処法①出世し役員・部長クラスになる

信用金庫で生き残る方法は出世競争に勝ち残るしかありません。

部長や支店長などそれなりの役職に到達して逃げ切るのです。

そのためには、社内の派閥競争に生き抜くしかないです。

仮に社内競争に敗れると、平社員へ降格か、片道キップ出向という名の転籍。

現在は、フィンテックなど新しい金融技術が台頭している状況。

信用金庫のビジネスモデルの根幹が覆される可能性もある節目の時期となっています。

信用金庫の存在意義自体が薄れつつあるので、そのような状況の中で信用金庫で生き残るのは大変なことです。

しかも、金融業界の明確なヒエラルキーによ信用金庫から都銀へのキャリアアップもなかなか難しいものがあります。

金融業界のヒエラルキー
日本銀行⇒全国転勤が頻繁。激務な分仕事のやり甲斐はあるメガバンク〈都市銀行〉⇒学閥・出世争いなど社内政治が重要。勝ち残れば国内最高級の給与。片道切符の出向は給与減

第一地方銀行⇒県内経済を担っているやり甲斐。県内上位の給与クラス

第二地方銀行⇒都銀・第一地銀の後塵を拝する立場なので営業ノルマ厳しい

信用金庫⇒市町村単位の小規模事業者をカブで周り集金するイメージ

メガバンクは旧財閥系ですから、三井・住友・三菱などの大口グループ会社への融資先が確保されているので収益基盤が整い安定しています。

さらに、地方を基盤とした地方銀行各都道府県に存在しているのでこちらも盤石。

  • 北陸地方⇒北陸銀行
  • 四国⇒伊予銀行、百十四銀行
  • 九州⇒西日本シティ銀行

こういった牙城を信用金庫崩していき、自分自身も出世しくしか信用金庫で生き残る方法はありません。

相当大変な茨の道が待っているということです。

対処法②難関資格を取得し独立開業を視野に入れる

信用金庫での経験×難関資格を取得 ⇒ ハイキャリアへ転職

このようなキャリアプランもあります。

金融関連の難関資格

  1. 公認会計士
  2. 米国公認会計士(CPA)
  3. 税理士
  4. 不動産鑑定士
  5. 中小企業診断士
  6. 社会保険労務士
  7. 司法書士

難関資格取得しまずは転職し実務経験。

経験を積んだ後、将来的に独立開業を目指す方法があります。

信用金庫での知識を活かした資格取得であれば可能性は十分あります。

金融、民法、簿記、財務知識は豊富でしょうからね。

知識を活かした資格取得と、信用金庫での実務経験で、士業として開業も視野に入れている人もいます。

対処法③信用金庫の経験を活かして別業界転職

信用金庫での経験を活かして、異業種への転職という方法もあります。

具体的な転職先は後述しているのでそちらを参考にしてくださいね!

ただし転職する場合以下の時期は避けた方が良いでしょう。

  • 年末
  • 3月
  • 9月
  • 決算時期

この時期の退職相談は避けるべきです。

また法人担当者であれば融資先などの引継ぎ・挨拶回りは必須。

小口の個人顧客は金融業界へ転職するなら次の転職先として残しておきたいですね。

コンプライアンス違反にならない程度に顧客データは退職後も使えるようにしておきたいところです。

良好な関係の顧客とのコネクションは引き継げるよう最大限努力しましょう。

⇒「転職して今の仕事に出会えてから初めて自分のことが好きになれた気がします(30歳/男性)」

>>>「信用金庫を辞めたい人」が転職成功させるたった1つの方法をチェックする

信用金庫を辞める人がよく選ぶ人気の転職先6選

信用金庫辞めたい人
信用金庫辞める人の転職先ってどこだろう?

信用金庫を辞める人が次の職場にどのような業界・業種を選ぶのか?ってことは気になるところ。

具体的な転職先を紹介しますね!

転職先①地元の優良企業

信用金庫は、地域の中小企業と密接に連携する地域密着型の企業です。

先程も書きましたが、地元企業での信用金庫への信頼は絶大。

転職面接においても、「元地元信用金庫」という肩書は好印象となります。

志望理由での説得力も増すことが出来ますからね。

例えば

「信用金庫での経験を通じ地域社会や地元企業へ貢献したいという思いが更に増しました!」

「融資ではなく自社製品を通じ、地域社会に貢献したいです!」

といった志望理由にすることが出来ます。

信用金庫を辞める理由。

それがすなわち志望企業への転職理由に転化することが出来ます。

結果、退職理由・志望理由の両方の説得力増すことにも繋がるわけです。

また財務諸表読める信用金庫マンであれば志望先企業の財務分析なども行い、改善点を伝えることも出来るでしょう。

「御社の◯◯の部分が問題なので私が入社することで改善することが出来ます」

といった志望理由とすることも出来ます。

転職先②営業職

営業職は、信用金庫での営業経験を活かしやすいので転職のハードルも低いといえるでしょう。

信用金庫の激務から解放され、リラックス・マイペースに仕事が出来ます。

オススメの業種の1つとしては、メーカー系リース会社。

メーカーの給与水準+福利厚生なので安定しています。

定時上がりで残業もなし。

訪問営業はなく反響営業中心ですね。

他にも、ルート営業は新規営業もないのでくストレスフリーでのびのびと仕事が出来ます。

転職先③経理職

信用金庫では毎日お金を扱ってきた、いわばお金のプロ。

お金といえば経理職でしょう。

経理職では、直接自社のお金を扱いますが信用金庫の経験があれば経理職にも抵抗は少ないはず。

営業から経理への転職理由も納得感が有りますからね。

転職先④不動産業界

不動産も金融も似ている業界です。

信用金庫での営業経験や、知識などを活かしながら働くことも出来ますね。

実際金融出身の人には不動産会社から引き抜き話も多いですからね。

また信金ほど1円単位の金勘定はきっちりしてません。

人を騙して金融商品を売ることもないですからね。

さらに信金と比較しても待遇も良い方です。

デメリットとしては、信金と比較すると不動産業界は休日は少なく業務時間も長くなります。

転職先⑤公務員

信用金庫の仕事をしていた人の基質として多かれ少なかれ、「安定した仕事をしたい」という考えがあるはずです。

ですので、公務員を目指すという方法もあります。

もちろん公務員になるには勉強が必要。

ですが地元企業・不動産は民間企業なので公務員と比較すると安定性に欠けます。

公務員試験に合格するまでは大変ですが、合格さえしてしまえば年金も手厚いので一生安泰といえます。

自分の目指すキャリアや生活を明確にして、それぞれの転職先のメリット・デメリット踏まえて決めたいところですね。

転職先⑥金融業界

金融業界の経験いかし、信用金庫や銀行以外の金融業界チャレンジする方法もあります。

  • 経営コンサルティングファーム
  • M&Aファーム
  • 事業継承コンサルティング

などなど高給与の金融業界へ転職という方法もアリです。

現実的に、一番経験活かせる金融系の転職先ですからね。

平均年収1000万円超えの企業としては以下のような企業もあります。

  • 株式会社日本M&Aセンター
  • 株式会社ストライク
  • M&Aキャピタルパートナーズ株式会社

「もっとお金を稼ぎたい!」

「もっとやり甲斐のある仕事がしたい!」

という人は上記のような企業への転職を検討すると良いでしょう。

「信用金庫を辞めたい」アナタが活躍出来る職場を見つけるたった1つの方法

とはいえ

「もっと具体的に自分でも希望求人に就職出来る方法を教えて!」

と感じますよね。

先程書いたハローワークなどの公的機関も積極的に活用してほしいのですが、ハローワークにも唯一デメリットがあります。

それは、求人数が圧倒的に少ないことです。

企業が人材を募集する際にハローワークを積極的に使っていません。

求人数が少ないので、あなたの希望する職種の仕事がない可能性があります。

ではどうしたら、希望職種で転職が出来るのか?

「でも希望の仕事なんてどうやって見つけるんだよ?!無理だよ!」

と半ば諦めがちな人も多いと思います。

そんな人は転職エージェントに登録するのが1番の近道です。

あなた1人で今の仕事をしながら、下記のことができますか?

  • 楽な仕事の求人探し
  • ブラック企業ではないのかのチェック
  • 履歴書・職務経歴書の内容のチェックや添削
  • 面接対策
  • 企業研究・業界研究
  • 志望動機を考える
  • 内定後の給与などの条件交渉

恐らく時間のない状態で1人で全て完璧にこなすのは不可能に近いです。

ですが転職エージェントに登録すれば無料で全てサポートしてくれるんです。

信用金庫辞めたい人
なぜ無料なの? 

と思うかもですが、転職決定時に企業から紹介手数料を貰うので、転職希望のあなたは完全無料。

なので、転職活動する上で転職エージェントを使わない理由がないんです。

「でも転職エージェントはどこを使えばいいか分からない!」

という人もいるでしょう。

基本的には転職エージェントは最低3社は登録するべき。

  1. リクルートエージェント
  2. DODA
  3. ビズリーチ

転職をエージェントを上手に選ぶコツはココにも書いているのでチェックしてみてください。

リクルートエージェントが転職エージェントの中でも優れている理由5つ

理由①求人の9割が非公開求人で約10万件!

転職エージェントも私自身複数登録しました。

リクルートエージェントが1番良かったなと感じた理由の1つが、「圧倒的な求人数の多さ」ですね。

主要エージェント求人数比較
■リクルートエージェント:10万件
■DODA:8万件
■ビズリーチ:5万件

さらにリクルートエージェントではの求人の9割が非公開求人。

つまり登録者限定で応募できる求人約9万件もあるんです。

転職といえば、リクナビネクスト・マイナビ転職などの求人サイトが一般的です。

ですが、求人サイトには掲載されていない独占求人がリクルートエージェントには数多く紹介されています。

転職サイトリクナビNEXT(転職サイト)と、リクルートエージェント(転職エージェント)の求人数を比較してみました。

リクナビNEXTの求人数【東京23区】

リクルートエージェントの求人数【東京23区】

  • リクナビNEXT求人数⇒3,170件
  • リクルートエージェントの求人数⇒31,991件

約10倍リクルートエージェントの方が求人数が多いです。

当然求人が多くなると、私達求職者にとっては選択肢が増えるので、求人数に比例して内定数も増えていくことになります。

⇒「転職エージェントを使ったら、仕事しながらでも希望の職場見つけれました!(27歳/女性)」

理由②大手企業なので安心して登録できる

各転職エージェントの売上比較
■リクルートエージェント(リクルートグループ):1兆5886億円
■DODA(パーソルグループ):5175億円
■ビズリーチ:非上場のため非公開
※売上はグループの連結

上記を見ても分かるようにリクルートグループの売上が競合他社と比較しても圧倒的。

  • 「タウンワーク」
  • 「SUMO」
  • 「ゼクシィ」
  • 「ホットペッパー」
  • 「じゃらん」

などのグループ内に多くの有名ブランドがあり、テレビCMも放映している大手企業が提供しているサービスです。

やはり大手企業ですので、安心して転職支援サービスにも登録できます。

転職情報サイトに不正アクセス – 個人情報流出の可能性

こういった情報漏洩の問題を見ても分かるようにやはり中小の転職サイト・エージェントへの登録は不安が残ります。

その点リクルートエージェントは大手企業ですし「Pマーク」というプライバシー保護に免許も持っているので安心出来ます。

理由③登録者の62.7が年収アップしている

2011年のデータですがリクルートエージェントに登録者した22,000人のうち、62.7%が年収アップ出来ています。

「転職するなら年収アップしたい!」

と思うのは当然のこと。

リクルートエージェントは年収アップのための独自ノウハウを持っているんでしょう。

⇒【無料】求人件数10万件のリクルートエージェントの詳細を見る

理由④専任コンサルタントのアドバイスが適格すぎる

リクルートエージェントの転職エージェントの専任コンサルタントの方の私へのアドバイスが適格過ぎると感じました(笑)

私は過去に2回リクルートエージェントを使った経験があるのですが、担当アドバイザーから転職を止められたこともあったんです。

「今のご経歴では転職せずに経験を積まれた方が良いです。

2-3年ご経験を積んでから転職活動された方が希望の仕事・希望年収を得やすくなると思いますよ。」

と場合によっては転職しないほうがいいというアドバイスをされることもあるんです。

転職エージェントっていうと、「転職を強引に急かしてくるというイメージ」だったのですが実際は全くそんなことはなかったです。

履歴書や職務経歴書の添削をお願いしてから2.5倍ほど書類選考の通過率がアップしたこともあったので凄くサポートの質が高いんだなーと思いました。

理由⑤リクルートエージェントは業界最多の全国16拠点

転職したい人
拠点数が多いからどうなの?

と思うかもですが、転職エージェントの拠点数が多いということは直接アドバイザーに会って相談が出来るってことです。

転職エージェント登録の際は電話での面談も可能。

ですが、直接アドバイザーに会って面談出来れば自分の希望求人を細かなに伝えることが出来ますし、模擬面接などしてもらえます。

なので拠点数が多いほうが質の高いサポート受けやすいということに繋がります。

各エージェント拠点数比較
■リクルートエージェント:16拠点
■DODA:10拠点
■ビズリーチ:5拠点

リクルートエージェントへの無料登録方法

ですので、早速リクルートエージェントへ無料登録を行い、専任コンサルタントからアドバイスを受けましょう!

まず、公式ホームページより登録画面に進みます。

■リクルートエージェント公式HPのURL
https://www.r-agent.com

  • 氏名
  • 年齢
  • 住所
  • 連絡先
  • 直近の職歴
  • 希望面談日(電話面談でもOK)

などの必須項目を入力しましょう。

面談の方法に関して

面談は、リクルートエージェントの全国16か所ある事務所に訪問しても良いですし、電話面談で登録を済ませても大丈夫です。

登録者の8割は電話での面談で登録を済ませる人も多いので、電話面談の希望日程などを「自由記入欄」に記載しておくと良いですよ。

電話面談の場合は30分程度、訪問しての対面での面談は60分ほど。

面談日は「土日祝」「平日20時以降」でもOKなので仕事しながらでも面談しやすいですね。

登録後、数時間以内にリクルートエージェントの担当の方から電話で連絡が入ります。

面談日程の調整をその電話で行います。面談日程を決めれば、後は面談日を待つだけです。

必要書類など

面談日までに必ず用意しておいた方がよいものは職務経歴書です。

職務経歴書がないと、いくら転職のプロのコンサルタントの方でも、あなたに適切なアドバイスや、求人を紹介することは出来ません。

経歴を元に、話が進みますので、当日円滑に登録が進むように、職務経歴書は用意しておきましょう。

必要書類の準備に関しても、登録した後の電話で丁寧に説明してもらえます。

ちなみにリクルートエージェント登録者限定で、職務経歴書の作成サポートしてくれる「レジュメnavi」を使って簡単につくることが出来ます。

実際のレジュメnaviの画面なんですが、「名前」「経歴」を案内に沿って入力するだけで自動的に経歴書が作られるんです。

「パソコンにワードが入ってない!」

「経歴書を1から作るのが面倒くさい!」

という人でもレジュメnaviがあれば簡単に作れちゃいます。

⇒「転職エージェントに登録して自分の強みをアピール方法を教えて貰いました!結果内定8社ゲット!(35歳/女性)」

リクルートエージェントへ登録して今よりも条件の良い職場へ転職しよう!

転職は当然ですが、転職のプロに相談するのがベスト。

私自身、リクルートエージェントへ登録して応募書類の添削をしてもらってから、書類選考の通過率が約2.5倍にアップしました。

転職エージェントのプロの視点は、本当にすごいんだなと感心しましたね。

いかに自分で作った応募書類の内容が穴だらけだったかということですが(笑)

リクルートエージェントへ登録してプロのコンサルタントにアドバイスを受けることで、確実に今以上企業に対してアピールすることが出来ます。

結果、収入面・待遇面・仕事の内容で、今以上の職場に転職できる確率もグッとアップしますよ。

今すぐ登録して、絶対に転職を成功させましょう!!

⇒【無料登録】業界No.1リクルートエージェントの詳細をもっと見たい

登録するべき転職エージェント3社

リクルートエージェント

>>>リクルートエージェント無料登録する

■おすすめ度

■特徴

転職支援サービス最大手のリクルートグループの転職エージェントになります。

①業界最多の13万件の求人件数で他社を圧倒。

転職エージェント業界業界最大手リクルートエージェント。

公開求人・非公開求人が合わせると約13万件と業界最多の圧倒的な求人件数です。

「とにかくたくさんの求人の中から自分に合う求人を探したい!」

という人はリクルートエージェントの求人の多さを実感するべきでしょう。

②転職支援の成功実績32万件でNO.1

リクルートエージェントが転職支援業界で成功実績No.1となったのは以下の理由です。

求人数の多さ+担当キャリアアドバイザーの質の高さ=転職成功実績32万件

確かに、DODAのキャリアアドバイザーもレベルが高いのですが、DODAの特徴としては親切丁寧なサポートです。

一方リクルートエージェントの特徴としては、とにかくキャリアアドバイザーのアドバイスが的確ということ。

アドバイスの内容に無駄がなく、ズバリ自分が進むべきキャリアを示してくれるんです。

と使い分けが必要になってきます。

③女性向けの転職ノウハウが豊富

リクルートグループの中に人材派遣会社(リクルートスタッフィング)と連携した女性に特化した求人や濃いノウハウ情報が豊富にあります。

特に事務職・販売職などの業界職に精通したキャリアコンサルタントが多数在籍しているので相談しやすい環境は整っていますよ。

「女性ならでは目線で悩みを相談したり、共感してくれる担当者が良い!」

と感じる女性の転職希望者が登録すると満足なサポートを受けることが出来ます。

④夜間・土日祝日でもサポート受付!

リクルートエージェントは、平日・土日祝日いつでも20時以降にも相談が出来るんです。

「仕事が忙しいからなかなか転職活動の時間が割けない・・」

という人でも、在職しながら転職活動が出来るサ手厚いサービスと言えますね。

■リクルートエージェントに登録すべき人
①どこの転職エージェントよりもたくさんの求人を紹介して欲しい人
②転職成功実績を元に的確な内定までのノウハウを知りたい人




DODA/パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)

>>>DODA公式サイトで無料登録する

■おすすめ度

■特徴

DODA(デューダ)は大手人材人材会社のパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)グループが運営しているサービス。

転職支援業界で国内2位の売上高を誇っていますね。

DODAのポイントは以下になります。

①親身なサポートで転職者満足度No.1

DODAは転職者利用者へのアンケート調査で満足度No.1の実績。

満足度が高い理由としては、「登録者に寄り添った親身なサポート」だからです。

  • 転職に関する不安悩みごとの相談
  • 自分のキャリアプランに迷った時には面談でのキャリアカウンセリング
  • 将来の最適なキャリアプランの提案

このようなサポートの結果、転職サポートで年間1万人を成功に導く実績豊富なエージェントになります。

「以前転職エージェントに登録したけど放置された!」

「手厚く、親身なサポートを受けたい!」

という転職希望者が登録・利用すると特に満足度が高いですね。

②履歴書・職務経歴書の添削が抜群

DODAは履歴書・職務経歴書の添削が丁寧で分かりやすいと評判です。

転職活動での第一関門である書類選考。

応募書類で最大限自分の経験や能力をPRしないといけないのに、完璧な書類を作り上げている人は非常に少ないです。

その点、DODAのキャリアアドバイザーは

  • 1から応募書類の作成を手伝ってくれる
  • 履歴書を下書きすれば清書を代行してくれる
  • 書類選考通過率が約3倍にアップする書き方のコツを教えてくれる

といったサポートをしてくれるんです。

「書類選考で落ち続けて面接までたどり着けない・・」

という人は質が高いと評判のDODAの応募書類の添削を一度受けてみるべきですね。

③登録者限定の非公開求人が80%もある

DODAに登録した会員限定でしか閲覧できない非公開求人が全体の約80%あります。

非公開求人の中にはDODAだけが扱う独占求人も多いです。

求人の質も圧倒的に高く、業界最大手のリクルートエージェントとは違った独自の企業を紹介してくれるのが特徴。

■DODAに登録すべき人
①「転職初心者でどの転職エージェントに登録したらいいか分からない」
②「求人数も多く・サポートの質も良いバランスの良い転職エージェントに登録したい」



ビズリーチ

>>>ビズリーチ公式サイトで無料登録

■おすすめ度

■特徴

ビズリーチはテレビCMでも話題の転職支援サービスですね。

特徴としては

①圧倒的なスカウトの豊富さ

ビズリーチに経歴書を登録するだけで、企業人事担当者や転職エージェントの担当者から毎日のようにスカウトが届きます。

登録した人のキャリア次第では、大手転職エージェントと比較して3-10倍ほどスカウトの数が増えた!という人もいます。

  • 「仕事が忙しくて求人チェックする時間がない」
  • 「とにかくたくさんの企業からのスカウトをチェックしたい」

という人は、登録するだけでスカウトがたくさんくるビズリーチが向いているでしょう。

②年収アップ出来る求人が多数

ビズリーチは他の転職エージェントと比較しても、年収アップできる求人が豊富です。

理由としてはビズリーチは元々年収600万以上のハイスペックのビジネスパーソンに特化していた転職支援サービスだったからです。

ですので現状年収が低い転職希望者であっても、ビズリーチでしかチェック出来ない好条件の求人が紹介されるでしょう。

  • 「今の年収に不満がある!」
  • 「もっともっと稼ぎたい!」

という人は登録しておくと良いでしょう。

※公式ホームページには「年収600万以上に支持される」とありますが、年収600万未満でも登録・利用は問題なく出来ます

③上場企業・大手企業の求人が多い

上に書いた「年収アップ出来る求人が多い」ということとも繋がりますが、ビズリーチは大手・上場企業の求人が多いです。

年収が多い求人が多いので、当然上場企業や大手企業の求人が多いのは必然なのですが。

ですので「新卒で入社できなかった大手に入社したい!」と感じる人は登録しておいた方が良いです。

とはいえ大手企業は周りも入社したいと感じる人気求人。

募集してもすぐに打ち切りになりますし、募集も若干名です。

なので逆算して早めにビズリーチに登録して、大手企業の求人を漏れなくチェックしておくことが大事だといえます。

 

■ビズリーチに登録するべき人
①「年収が低い。転職して給料を増やしたい!」と思う人
②転職エージェントの担当者から手厚いサポートを受けたい人


信用金庫の窓口を辞めたい女性の転職

信用金庫辞めたい女性
信用金庫の窓口辞めたいな・・

信用金庫の仕事は女性であっても地方なら花形の就職先です。

信金に就職した!と聞けば親や近所の人たちは喜ぶでしょう。

ですが、実際の信金での女性の仕事は相当過酷です。

信用金庫の窓口を辞めたい理由

とにかく信用金庫の窓口業務は仕事内容が多く、それでいて預金ノルマなどもあり大変です。

信用金庫の窓口業務

  1. 為替振込発信
  2. 給与発信事務が細かい
  3. 融資稟議書
  4. 通帳発行
  5. 定期預金作成地味な作業
  6. 窓口業務以外にも預金ノルマ
  7. 顧客からのクレーム対応
  8. 出納業務
  9. 硬貨袋機械計算

1円合わない見つかるまで探さないといけませんし、上司・先輩女性社員からのパワハラなども日常茶飯事。

給料も都銀・地銀より低いですし、後方事務の作業量は相当多く毎日大変です。

女性同士の人間関係の悪さもどこの支店にいっても存在します。

男性社員と比較しても女性社員は異動が少ないので、雰囲気の悪い職場に配属になると逃げ道がないのです。。

信金事務の女性の人気転職先3選

信用金庫辞めたい女性
転職先ってどんな企業がいいんだろ?

信金の仕事は潰しが効かないなんて言われていますが、20代であれば異業種への転職も容易です。

転職先を紹介していきますね。

◆転職先①事務職

信金で勤務していた女性であれば事務処理能力は相当高いでしょう。

経理・総務・営業事務であれば、信金事務ほど複雑でもないので、仕事に慣れるのも早いはずです。

◆転職先②地銀・都銀

信金の給料は都銀・地銀と比較しても割安です。

ですので都銀・地銀への転職することで一般企業に転職するよりも給料アップ出来る可能性があります。

さらに、窓口業務の一般職から、地銀・都銀の営業職へ転職出来ればさらに給料アップですね。

◆転職先③外資系企業

もしアナタがTOEIC600点以上だったり、英語の日常会話が出来るレベルならば外資系企業への転職も検討しておきたいところ。

信用金庫のような日本的な不合理な風習などは一切なく、実力主義で仕事だけに集中出来る環境が整っています。

⇒「自分に向いている仕事にようやく出会えました。毎日が楽しくて仕方ない!(38歳/女性)」

>>>「信用金庫を辞めたい人」が転職成功させるたった1つの方法をチェックする

信用金庫を辞めたい人の体験談5個

体験談①20代/男性

高校・大学時代から成績良く、新卒で信用金庫に入社しました。

今となっては地銀・信用金庫のどちらに入っても辞めていたように思います。

30歳になる前に退職しました。

経験したから言えますが、日本金融機関で働くのは全くオススメ出来ません。

一昔前の金融期間であれば激務ですが給料は相当良かったので我慢して仕事出来と思います

ですがバブル崩壊後はメリットが全くないですね。

それでも都銀まだ良い方ですよ。

地銀・信金などの地方金融機関は相当旨味が少ないです。

地元の中小メーカーと比較しても同じくらいレベルでしょうか。

信用金庫の大変なところは、やっぱりお客さんメリットない商品を売りつけたり、お金を貸したりする行為が辛いってことでしょうか。

信金の金融商品たくさんあるのですが個人的にはメリットを感じるものは皆無。

年末の定期預金ボーナスキャンペーンとかで、金利0.01%ほど高くなりますが、そんなの雀の涙でしょう。

はっきり言って、定期よりETFとかインデックスファンドで資産運用したほうがよっぽど効果あると思いますね。

そもそも信金のお客さんの年配の人が、全労済のクレジットカードとかカードローンなんて使うわけないじゃなですかw

投資信託とかもネット証券使うほうが手数料安いですからね。

不要なネット証券の口座開設させて取引してもらうお願いも自分の祖父だったら?と思うと本当に申し訳ない気持ちになります。

お客さんのためではなく信用金庫のノルマ達成のための営業活動ですからね。

こんなモチベーションで信金の仕事をしていても意味がない!と感じたので年齢で勝負出来るうちに転職するしかない!と思うようになりました。

簿記1級の資格取得もしていたので、信金経験も活かし 会計事務所への転職に成功したんです。

会計事務所では当然ですがパワハラ上司からのノルマ達成のための詰めなんてありません。

職場の雰囲気も穏やかでマイペースに仕事が出来ますね。

企業決算時期とか確定申告の時期になると忙しいですが、会計事務所の所長や税理士さんは優しい人ばかりなので居心地は相当良いです!

簿記や経験を積めば主任に昇進出来るみたいなので今頑張って働いています。

休みも完全週休二日制。さらには持ち帰り仕事もないのでストレスは皆無です。

信用金庫から大手金融や都市銀行を目指す人も居ますが、そのような転職は結構大変。

そうなると信用金庫以外の異業種への転職となります。

でも出来れば30歳下で転職したほうが良い。どれだけ遅くても35歳以内かと。

ハローワークだけではなく転職エージェント・転職サイト幅広く使うべきだと思いますよ。

転職サイトの一部では掲載審査のゆるいブラック企業の求人を平気で掲載している求人媒体なんかもありますからね。

体験談②30代/男性

九州の信用金庫で渉外係の担当でした。

業務内容としては

  • 預金や融資相談提案
  • 投資信託や保険販売
  • 取引先売上集金

などがメイン業務。

金融機関では、一般的に預金・融資・渉外と各係が分かれれていますよね。

自分は渉外担当でした。

金融機関って毎日お金を扱うので当然完璧な仕事が求められます。

ミスは絶対出来ないんです。

あと、信用金庫のお客さんって個人経営のような小口がお客さん本当に多い。。

なので依頼内容とかもめちゃくちゃなんです。。

例えば、月末数字締めで忙しいタイミングでも電話で「今から1時間以内に集金に来い」呼び出されることもよくあります。

しかも硬貨ばかりで計算に2-3時間と時間がかかることも。

勘定してようやく預かり書を書いて支店に戻れたんです。

でも、預かり書の金額と実際の預かったお金を計算してみると1円の誤差が。。

たかが1円なのに上司と一緒に謝罪にいきましたよ。

顧客によってはたった1円の違いでも営業マンへ人格否定ともとれる批判の言葉をぶつけてくることだってあるんです。

他に辛かったことは、融資業務の出来高が出世に大きく影響してくることですね。

そもそも融資出来そうな業況の良い企業は既にメインバンクが入り込んでいるわけです。

小さな信用金庫が営業行っても相手にされるわけがないです。

新規取引先を見つけるために、脚を棒にしてようやく新規借り入れ取り付けても、決算書や稟議書をチェックする審査部が否決することもあるわけです。

不調債権とか焦げ付きがなくても、預金実績がないから!と否決にされたら、何のために営業しているのか分からなくなってきます。

優良な企業でもちゃんとした計画書がないと、借り入れの判断が下ることはないんです。

だったら審査部が営業に行けよ!って何度も思いました(笑)

そんな優良な企業だったら借り入れの必要がないと思うんですけどねぇ。

ですから企業に頭を下げて借りてもらうしかありません。

それだけ働いても信用金庫の仕事は給料が高くないんですけどね。

そりゃ退職して転職しよう!って誰だって思うでしょう・・。

都市銀行・地方銀行・農協などの金融機関と一緒にして、「信用金庫は給料が良いイメージ」がありますが、実際は相当低いです。

世間体ほどの高水準ではない旨味がない仕事ですよ。

体験談③20代/女性

短大卒業後に地元の信用金庫に就職しました。

最初は本部の融資課に配属されたんです。

新人で一般職の女性行員が本部に配属されるのは相当レアなケース。

異動した係長代理の代わりのポジションということだったみたいです。

キャリア不相応ポジションでしたから同じ部署の先輩からも不思議そうに見られていました(笑)

のっけからアウェイな雰囲気ですね。

ですが、さすが本部だけあって指導役の先輩社員がめちゃくちゃ優秀だったんです。

面倒見も丁寧で、教え方も上手だったので仕事を覚えるのも早かったと思います。

次第に周囲から仕事ぶり評価してもらえるようになりました。

頑張りが評価されて、ある地方の支店長が、役員に希望を出し支店への異動が決定したんです。

後で聞いた話ですが、本部での評価高い人材をその支店長が欲しかがったという安易な理由だったみたいですが。

ただ、私が活躍出来たのはあくまでの本部の融資課。

デスクワークとして融資申し込み処理などの事務作業や処理が中心です。

ですが支店での仕事は営業活動がメイン。

仕事の種類が全く違います。

そもそも営業に適性がない私なのでミスも多く満足に営業成績も残せませんでした。

私を引き抜いた支店長「そんなもんか・・」とあからさまに期待はずれの態度を私に取ってくるのです。

毎日深夜23時まで残業し必死に頑張りましたが結果を残せません。

もうモチベーションは下がりっぱなし。

本部での仕事は支店のようなノルマはありません。そもそも融資課ですからね。

残業ない支店と本部の間ではやっぱり仕事の進め方に溝があるんです。

たださえ、本部から支店への異動してきた新人社員の私。

支店の先輩や上司からは絶好のやっかみの対象です。

結果残せなかったので、さらに立場が悪くなっていきました。

支店では信用できる人は居ません。

仕事も生きていく気力さえも徐々に失われていったんです。

仕事できない&職場人間関係が原因でしたね。

アドバイスも本店の同期から貰ったけど、職場に行く勇気がなくなってきました。

異動後半年してストレス性の胃潰瘍など体調不良が重なり退職。

もう第二新卒での転職も目指すしかない!と思ったことも理由としてありました。

まだ年齢も若いこともあり、再就職も簡単だったのはよかったです。

辞める勇気も必要だと思います。

人間関係や仕事内容の不満は20代の新人社員ではどうすることも出来ません。

無理しても心身が崩壊してしまう危険性があります。

自己成長出来る職場なのかどうか?を冷静に考える必要があると思います。

体験談④20代/女性

四年制大学を卒業して新卒で信用金庫の一般職に就職しました。

事務職の仕事だと聞いていたのに、実際は電話のセールスも普通にあったんです。

15時の店舗閉店後に外交ですね。

生保・投資信託・カードローン・損保の営業ノルマもあるし聞いていた話と全然違います。

事務職ではなく、実際は内勤営業のような感じですね。

信用金庫の顧客8割は高齢者。高齢者に投資信託・生命保険とか本当に必要なんでしょうか?

信用金庫の利益のため顧客を騙し取る気がして本当に嫌な仕事でした。

しかも、それだけ我慢して働いても給料は10万円代後半。

残業代もつくけど月2-3千円。ボーナスは夏冬それぞれ20万円ずつです。

  • 土日祝は完全休み
  • 育休産休制度あり
  • 勤務時間は8時半~17時半+裁量労働制

こんな感じですが、仕事がハードなので妊娠しても流産の確率が高いって先輩女性社員が言ってました。

結婚・妊娠・出産後も仕事を続けたい!と思ったのですが流産の話を聞くと、続けていく意欲も自信もなくなってきました。

金融企業独特の雰囲気や、売上数字至上主義にもうウンザリ。。

顧客第一主義じゃなくて信用金庫第一主義ですよ。

今すぐ辞めたい気持ち強くなったんです。

退職後の人生設計考えたときに、すぐに転職活動して好条件の転職先を見つけたほうが良い!という結論に至ったんです。

体験談⑤30代/男性

信用金庫はとにかく独特な社風?で本当に嫌気が差してきました。

営業ノルマ達成のために支店長が方針を立てるのですが、毎年バラバラの方針で理解出来ません。

上司も同僚もゴマすりのことしか考えておらず、馬鹿ばっかり。

金融庁の検査も面倒ですねぇ。お客さんそっちのけで帳簿をぶちまけ偉そうな態度・・。

また多重債務者とのやり取りなどもあり大変です。

達成できないようなノルマが多く、日常業務も多いので休憩時間もまともにとれないことが多いですね。

なのに、15時まで振込必須!入金処理は時間指定!金庫閉める時間必須!残業禁止!退行時間厳守!などの諸々の時間指定が多すぎ!!

特に繁忙期なんてめちゃくちゃ忙しいのに、無駄なミーティングとかどうでも良いクレーム処理なんかに時間を割かれるし。

結局金にならない業務ばっかり引き受けているので、予算が少ないため行内の備品さえ購入できない状態。

そりゃ公共料金のて手続きなんか受けていても儲かるわけないからね。

預り証やら稟議書やらの重要書類もたくさんあるのに、管理すらままならい状態。。

それだけ仕事が大変なのに、土日は上司のゴルフの運転手はさせられるし、外部の検定受験が必須だから休みなんてあってないようなもの。

一生懸命平日も土日も働いても信用金庫の給料なんて都市銀行と比較するとめちゃくちゃ低いです。

とにかく信用金庫って何もかもが時代遅れなんですよ。

マニュアルはとにかく意味不明だし、端末操作なんていつの時代のシステムだよ?って感じだし、役席も今の信用金庫の業務も理解してないし。

数少ない大口顧客を都銀・地銀の営業マンと争うんだけど、信用金庫の営業なんて鼻くそみたいな扱いですよ。

土下座するようなお願い営業ばっかりでウンザリ。

そりゃ早く辞めたいって思いますよね。

登録するべき転職エージェント3社

リクルートエージェント

>>>リクルートエージェント無料登録する

■おすすめ度

■特徴

転職支援サービス最大手のリクルートグループの転職エージェントになります。

①業界最多の13万件の求人件数で他社を圧倒。

転職エージェント業界業界最大手リクルートエージェント。

公開求人・非公開求人が合わせると約13万件と業界最多の圧倒的な求人件数です。

「とにかくたくさんの求人の中から自分に合う求人を探したい!」

という人はリクルートエージェントの求人の多さを実感するべきでしょう。

②転職支援の成功実績32万件でNO.1

リクルートエージェントが転職支援業界で成功実績No.1となったのは以下の理由です。

求人数の多さ+担当キャリアアドバイザーの質の高さ=転職成功実績32万件

確かに、DODAのキャリアアドバイザーもレベルが高いのですが、DODAの特徴としては親切丁寧なサポートです。

一方リクルートエージェントの特徴としては、とにかくキャリアアドバイザーのアドバイスが的確ということ。

アドバイスの内容に無駄がなく、ズバリ自分が進むべきキャリアを示してくれるんです。

と使い分けが必要になってきます。

③女性向けの転職ノウハウが豊富

リクルートグループの中に人材派遣会社(リクルートスタッフィング)と連携した女性に特化した求人や濃いノウハウ情報が豊富にあります。

特に事務職・販売職などの業界職に精通したキャリアコンサルタントが多数在籍しているので相談しやすい環境は整っていますよ。

「女性ならでは目線で悩みを相談したり、共感してくれる担当者が良い!」

と感じる女性の転職希望者が登録すると満足なサポートを受けることが出来ます。

④夜間・土日祝日でもサポート受付!

リクルートエージェントは、平日・土日祝日いつでも20時以降にも相談が出来るんです。

「仕事が忙しいからなかなか転職活動の時間が割けない・・」

という人でも、在職しながら転職活動が出来るサ手厚いサービスと言えますね。

■リクルートエージェントに登録すべき人
①どこの転職エージェントよりもたくさんの求人を紹介して欲しい人
②転職成功実績を元に的確な内定までのノウハウを知りたい人




DODA/パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)

>>>DODA公式サイトで無料登録する

■おすすめ度

■特徴

DODA(デューダ)は大手人材人材会社のパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)グループが運営しているサービス。

転職支援業界で国内2位の売上高を誇っていますね。

DODAのポイントは以下になります。

①親身なサポートで転職者満足度No.1

DODAは転職者利用者へのアンケート調査で満足度No.1の実績。

満足度が高い理由としては、「登録者に寄り添った親身なサポート」だからです。

  • 転職に関する不安悩みごとの相談
  • 自分のキャリアプランに迷った時には面談でのキャリアカウンセリング
  • 将来の最適なキャリアプランの提案

このようなサポートの結果、転職サポートで年間1万人を成功に導く実績豊富なエージェントになります。

「以前転職エージェントに登録したけど放置された!」

「手厚く、親身なサポートを受けたい!」

という転職希望者が登録・利用すると特に満足度が高いですね。

②履歴書・職務経歴書の添削が抜群

DODAは履歴書・職務経歴書の添削が丁寧で分かりやすいと評判です。

転職活動での第一関門である書類選考。

応募書類で最大限自分の経験や能力をPRしないといけないのに、完璧な書類を作り上げている人は非常に少ないです。

その点、DODAのキャリアアドバイザーは

  • 1から応募書類の作成を手伝ってくれる
  • 履歴書を下書きすれば清書を代行してくれる
  • 書類選考通過率が約3倍にアップする書き方のコツを教えてくれる

といったサポートをしてくれるんです。

「書類選考で落ち続けて面接までたどり着けない・・」

という人は質が高いと評判のDODAの応募書類の添削を一度受けてみるべきですね。

③登録者限定の非公開求人が80%もある

DODAに登録した会員限定でしか閲覧できない非公開求人が全体の約80%あります。

非公開求人の中にはDODAだけが扱う独占求人も多いです。

求人の質も圧倒的に高く、業界最大手のリクルートエージェントとは違った独自の企業を紹介してくれるのが特徴。

■DODAに登録すべき人
①「転職初心者でどの転職エージェントに登録したらいいか分からない」
②「求人数も多く・サポートの質も良いバランスの良い転職エージェントに登録したい」



ビズリーチ

>>>ビズリーチ公式サイトで無料登録

■おすすめ度

■特徴

ビズリーチはテレビCMでも話題の転職支援サービスですね。

特徴としては

①圧倒的なスカウトの豊富さ

ビズリーチに経歴書を登録するだけで、企業人事担当者や転職エージェントの担当者から毎日のようにスカウトが届きます。

登録した人のキャリア次第では、大手転職エージェントと比較して3-10倍ほどスカウトの数が増えた!という人もいます。

  • 「仕事が忙しくて求人チェックする時間がない」
  • 「とにかくたくさんの企業からのスカウトをチェックしたい」

という人は、登録するだけでスカウトがたくさんくるビズリーチが向いているでしょう。

②年収アップ出来る求人が多数

ビズリーチは他の転職エージェントと比較しても、年収アップできる求人が豊富です。

理由としてはビズリーチは元々年収600万以上のハイスペックのビジネスパーソンに特化していた転職支援サービスだったからです。

ですので現状年収が低い転職希望者であっても、ビズリーチでしかチェック出来ない好条件の求人が紹介されるでしょう。

  • 「今の年収に不満がある!」
  • 「もっともっと稼ぎたい!」

という人は登録しておくと良いでしょう。

※公式ホームページには「年収600万以上に支持される」とありますが、年収600万未満でも登録・利用は問題なく出来ます

③上場企業・大手企業の求人が多い

上に書いた「年収アップ出来る求人が多い」ということとも繋がりますが、ビズリーチは大手・上場企業の求人が多いです。

年収が多い求人が多いので、当然上場企業や大手企業の求人が多いのは必然なのですが。

ですので「新卒で入社できなかった大手に入社したい!」と感じる人は登録しておいた方が良いです。

とはいえ大手企業は周りも入社したいと感じる人気求人。

募集してもすぐに打ち切りになりますし、募集も若干名です。

なので逆算して早めにビズリーチに登録して、大手企業の求人を漏れなくチェックしておくことが大事だといえます。

 

■ビズリーチに登録するべき人
①「年収が低い。転職して給料を増やしたい!」と思う人
②転職エージェントの担当者から手厚いサポートを受けたい人


合わせてよく読まれている記事

①職場いじめで退職するしかない?泣き寝入りは禁物!

職場いじめで退職するしかない?泣き寝入りは禁物!職場いじめの11個の対処法を紹介。絶対に負けるな!
「職場で社内の人に1日中無視されていて辛い・・退職するしかないのかな・・」 「自分だけ間違った仕事の指示を出されて、ミスをすると上司か...

②ストレスで仕事を辞めたいなら今すぐ転職だ!

ストレスで仕事を辞めたいなら今すぐ転職だ!今すぐ会社を辞めるべき4つの理由
「毎日朝起きたくない・・職場に行くのが辛い・・もう辞めたい・・」 「職場の人間関係がストレスで、原因不明に体調不良。今の仕事辞めても大...

③面接に落ちるパターンが存在する!

面接に落ちるパターンが存在する!あなたが面接に受からないたった4つの理由や原因を紹介
「面接に合格しないよー・・落ちるパターンとか、傾向ってあるのかな・・」 「面接に落ちる人の特徴ってあるのかな?自分の性格が落ち...

④仕事のストレスが限界のあなたへ。無理は禁物です。

ストレスで仕事を辞めたいなら今すぐ転職だ!今すぐ会社を辞めるべき4つの理由
「毎日朝起きたくない・・職場に行くのが辛い・・もう辞めたい・・」 「職場の人間関係がストレスで、原因不明に体調不良。今の仕事辞めても大...

⑤職場いじめの人間関係で悩むなら早く転職したほうがいいですよ?

職場いじめで退職するしかない?泣き寝入りは禁物!職場いじめの11個の対処法を紹介。絶対に負けるな!
「職場で社内の人に1日中無視されていて辛い・・退職するしかないのかな・・」 「自分だけ間違った仕事の指示を出されて、ミスをすると上司か...

⑥今の仕事が辛いなら楽な仕事を選ぶことが大事です

楽な仕事&バイト42選!正社員で楽で稼げる仕事がないと諦めてる?サビ残・ノルマなしで年間休日120日以上の仕事があるんです!!
「ブラック企業じゃなく、立ってるだけで給料貰えるような楽な仕事に就きたい!」 「複雑で面倒な人間関係がない、ストレスフリーな職場で働き...

⑦転職エージェントの選び方

転職エージェントの選び方!22社を徹底比較!面談のコツ&評判の良い転職エージェントだけを紹介!
「転職エージェントって何社もあるけど、どうやって選べばいいんだろう?」 と悩む人はホント多いです。 僕自身、転職エージェント業界で働...

⑧職場いじめで退職するしかない?

職場いじめで退職するしかない?泣き寝入りは禁物!職場いじめの11個の対処法を紹介。絶対に負けるな!
「職場で社内の人に1日中無視されていて辛い・・退職するしかないのかな・・」 「自分だけ間違った仕事の指示を出されて、ミスをすると上司か...

⑨もう嫌だっ!辛い夜勤仕事が原因で辞めたいの感じるあなたへ。

もう嫌だっ!辛い夜勤仕事が原因で辞めたいの感じるあなたへ。癌・脳卒中のリスクが2倍以上なの知ってる?
「二交代制・三交代制どっちの夜勤も経験したけど、体調不良が続いてほんとに辛い!」 「入社前は夜勤は慣れ!だと思ってたけど甘く見てた・・...

⑩「新規営業が辛い・・もう辞めたい」原因6つ&対策

「新規営業が辛い・・もう辞めたい」原因6つ&対策法7つ!無理するとメンタル崩壊して体調まで崩しますよ?
「もう新規営業がツライ・・飛び込み営業、テレアポ。どれだけ行動しても門前払いで、数字は残せないし、上司からも詰められる・・」 ...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする