製造業の仕事を辞めたい6個。高卒でも転職出来る!食品・機械の製造工場から転職して1.5倍年収アップも可能!転職先も4つ紹介

「製造業のライン作業が辛くて辞めたい・・」

「人間関係が合わなくて会社に行くのが辛い・・」

製造業に就いたものの、様々理由で仕事を辞めたいと思う人も多いと思います。

今回は「製造業辞めたい!」というアナタ向けに下記の内容を紹介していきますね!

  • 製造業を辞めたいと感じる理由
  • 辞めたい場合の対処法
  • 辞めたい人が転職する場合の転職先の選び方
  • 製造業を辞めたい人の実際の体験談

⇒「コミュニケーションは必要最低限。自分の仕事にだけ集中出来る環境をようやく見つけました(27歳/男性)」

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは〈完全無料〉↓↓

製造業を辞めたい理由6個

製造業辞めたい
もう仕事行きたくない辞めたいな

製造業を辞めたいと感じる人はどういった理由があるのでしょうか?

具体的な「辞めたい!」と感じる理由を紹介していきますね。

理由①2交代・3交代制のシフト勤務夜勤が辛い

製造業辞めたい人
残業多いのに夜勤で12時間以上立ちっぱなしだよ・・

などなど日勤・夜勤の交替勤務での夜勤はキツイですよね。。

さらには2交代・3交代制のシフト勤務の夜勤仕事はさらに肉体的・精神的に辛くなってきます。

夜勤で働く人「寝ても疲れが取れないし、最近不眠気味だな・・」

3ヶ月以上も夜勤を続けているとどれだけ体が丈夫な人でも一気に体の調子が悪くなるのも当然ですよ!

工場内では、窓ないところも多いので昼夜の感覚もなくなっちゃいますからね。

先輩や上司「大丈夫大丈夫!すぐ慣れるよw」なんてお気楽なことを言うんです。。

夜勤は慣れない人はいつまで経っても慣れませんからね。

仕事量も減らず、夜勤が原因で体調崩し辞めていく人ってかなり多いです。

ちなみに製造業や工場勤務の場合日勤・夜勤が入れ替わる交代制の勤務が一般的。

交代制で働く時間がシフトにより2パターン・3パターンありますよね。

2交代・3交代の夜勤シフト

  • 8時~18時
  • 12時~21時
  • 18時~8時

上記のような夜勤仕事で生活リズムが狂い不眠症になってしまうわけです。

  • 規則正しい生活がしたい!
  • 健康を犠牲にして時間を切り売りするのが嫌!
  • 労働時間が長い職場は辛い!

このような人は交代制の製造業の仕事辞めたい感じるものなんです。。

夜勤が辛いと感じる理由や、夜勤を続けることの体の具体的な不調は下記の記事で詳しくまとめてるので参考にしてみて下さい!

もう嫌だっ!辛い夜勤仕事が原因で辞めたいの感じるあなたへ。癌・脳卒中のリスクが2倍以上なの知ってる?
「二交代制・三交代制どっちの夜勤も経験したけど、体調不良が続いてほんとに辛い!」 「入社前は夜勤は慣れ!だと思ってたけど甘く見てた・・...

理由②単純作業がつまらない&やり甲斐を感じない

製造業辞めたい
単純作業の繰返しが飽きてきた・・

製造ラインの仕事を辞めたい理由の1つとして、同じ作業の繰り返しがつまらないと感じるから。

人間誰しも同じ作業の繰返しだと飽きるのも仕方ないことですよ。。

工場で淡々と仕事を繰り返すのも、対人関係が苦手な人だったら黙々仕事するのも向いてるでしょうね。

でも製造業の仕事って社内・社外の人との関わりが少ない仕事じゃないですか?

取引先「君の頑張りのおかげで助かったよ!!」

なんて顧客から言われることもなく、やり甲斐は非常に感じづらいです。

工場次第ではありますが、製造業の仕事は基本的にコツコツと黙々とした仕事内容。

営業職やマーケティング部などのようにプロジェクト達成したり、お客さんが喜んだ顔を見れる場面はほとんどないですよね。

必然的に達成感や、やり甲斐はないといえます。

メリット

  • 残業代出る
  • 先輩には可愛がられる
  • ノルマさえこなせば自由

メリット

  • 長く働いても得るものがない
  • 対人スキルも下がる
  • ライン作業はもう嫌と感じる!

上記のような人は、辞めていく人も多くなります。

「製造業以外の単調じゃない仕事をしたい!」と思うのも普通のことですよ。

⇒「もっとやり甲斐のある事務の仕事をしたくて転職エージェントに登録!結果スキルアップ・キャリアアップに繋がる転職が出来ました!(30代/男性)」

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは〈完全無料〉↓↓

理由③工場内の人間関係が大変

製造業は工場内の限られた空間で仕事をしないといけません。

その結果、周囲の人間関係に悩み辞めていく人も非常に多いです。

先輩社員「アイツってノリも愛想も悪いよなぁー全員で無視しちゃおうぜww」

なんてこと影で言われていることだって普通にありますからね・・(汗)

周囲の上司・先輩・同僚などから、文句・陰口・悪口などを言われるのは苦痛で苦痛で仕方ないはず。

口の悪い上司やある班長「この馬鹿がっ!てめぇはホント使えねぇな!!」

と面と向かって怒られ人間扱いさえされないのは辛いと感じて当然。

体力的・精神的きつくなって辞めたいと考え始めちゃいますよね。

理由④会話がないのが辛い

製造業辞めたい
今日もほとんど会話してないな…

工場や製造業で勤務している人は他人との会話がほとんどない人も多いです。

黙々と仕事を1人で進めることが多いのが製造業の仕事の特徴。

休憩の時に同僚と少し話したり、業務時間中に必要最低限の会話をするだけで1日が終わることも多いですね。

積極的に社内の人に話かけない&1人暮らしの人は、ほとんど会話をしないという人もいるくらいです。

  • 会話好き
  • コミュニケーションが大切と感じる人

「確かに人関わりたくなくて製造業の仕事しているけど、ここまで会話しないと思わなかったよ・・」

このように感じて、製造業を仕辞めたい感じるのも当然ですよ!

理由⑤毎日同じ作業の繰返し

製造業辞めたい人
はぁ・・毎日毎日同じことばっかやってるな・・

工場や製造業での仕事はとにかく同じことの繰返し。

細かな仕事内容に違いはありますけど、同じ機械を使い同じような作業を何時間もこなすだけ。

  • 好奇心旺盛
  • 向上心強い人
  • 単調な同じ作業繰返すが嫌

上記のような人は嫌気が差しちゃって短期間で辞めて行く人が多いです。。

理由⑥仕事ミスを連発してしまう

上司
おまえ何回同じミスしてんだよ!クビにすんぞ!?

製造業に向いてない人は、とにかく仕事ミスを連発します(汗)

同じ作業の繰返しで集中力を欠如。集中力低下が原因でミス出し続ける人もいるのかもしれませんね。。

上司や同僚から「おいもっと急いでやれよ!」とプレッシャーをかけられれば辞めたくなるのも当然。

手先が器用な人・要領の良い人はミスも少なく仕事もそつなくこなせますよ。

でも不器用で要領の悪い人でミスばかりすると、「おまえまたかよ・・いい加減にしろよ!」と周囲から叱激しい叱責。

怒られ過ぎて「なんで俺ばっかり怒られるんだよ・・」可哀想になってきますよね・・。

ミスが発生する度に上司への対策などの提出が必要な職場だってあります。

何度も何度もミスすると、日ごと・月ごと生産目標が未達成となり更に上司から怒られる。

上司から、ミス起こす原因や改善対策など毎日問い詰められると「自分で分かってりゃ苦労しねぇよ。。どうしよう。。」と精神的に追い込まれていくんです。

⇒「自分に向いている仕事にようやく出会えました。毎日が楽しくて仕方ない!(38歳/男性)」

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは〈完全無料〉↓↓

製造業を辞めずに続けたほうが良い人の特徴5つ

製造業辞めたい
今すぐ辞めてやる!

製造業の仕事が嫌で嫌で今すぐ辞めたい!と思っているアナタ!

早まった行動をしてはいけませんよ!

製造業の仕事は向き・不向きが大きく別れる仕事。

製造業の仕事を辞めずに続けたほうが良い人も確実にいますからね。

辞めずに続けたほうがいい人の特徴を6つ紹介していきます。

特徴①単純作業が気にならない人

製造業は同じ作業の繰返し。

ですので淡々とした作業が得意なら工場勤務の適正があるんです。

「毎日毎日こんな地味なこと毎日やってられっかよ!!(怒)」

このように同じ作業をやり続けるのが苦痛でイライラするような人は工場勤務は不向きです。

さっさと辞めてしまってOK(笑)

製造業といっても仕事内容は色々とありますからね。

ライン作業では同じ作業の繰返しですが、機械の使い方など工夫が必要な作業もありますよね。

アナタの性格や得意分野を考えて仕事内容や職場を選ぶと良いですよ!

ライン作業は合わないけど、研磨・組立・加工は得意という人もいますからね。

特徴②対人関係が苦手で他人と関わりたくない人

製造業辞めたい人
出来るだけ他人と会話したくない・・

製造業のメリットの1つとして他人との接点が少ないのは有名です。

接客の必要なんて当然ないですし、同僚との世間話をしなくても仕事は成立しちゃいますからね。

対人関係が苦手で人と接するのが苦痛な人は製造業は合っている仕事と言えますね!

むしろ営業職なんて地獄でしょう(笑)

製造業のの仕事の場合は仲間は機械だけ。やるべき仕事を淡々とこなせば給料をきっちり貰えます。

営業職ほど、ノルマの達成度合いで給料が大きく変わってくるなんてこともありませんからね!

製造業は、他の仕事と比較すると人間関係に気を煩わせる事は少ない仕事だと言えます。

  • 人とのコミュニケーショがン苦手
  • お客さん相手に頭下げるのは嫌
  • クレーム対応したくない

このような人は工場勤務に向いてるとので辞めないほうがいいですよ!

特徴③仕事をお金のためと仕事を割り切れる人

工場勤務の製造業は頭使わない単純作業ですが、賃金は平均か場合によっては給料が高い場合すらありますよね!

製造業で働く人
仕事は金のため!金を稼ぐためなら我慢出来るぜ!

と完全に割り切れる人は工場勤務は向いてますよ!

毎日決まった時間に、決まった量の作業をこなすだけですからね。

お金のために仕事を割り切れる人の特徴

  • 単純作業は面倒に感じるがお金のため
  • 仕事をストレスに感じるがお金のため
  • 仕事にやり甲斐や達成感は不要

仕事に求めるものが「お金以外ない!」というアナタは製造業に向いていると言えますよ!

特徴④安定した収入を得たい人

製造業は給料の波がほとんどないです!

営業職であれば歩合制の場合が多いですよね。

契約が取れた月・取れない月によって月給・ボーナスに大きな差が出てきちゃいます。。

製造業は多少のミスがあったり、「やる気でねぇなぁ・ω・」と仕事が捗らなくても給料は毎月一定額貰えますよね

更に残業があれば手取りの給料を増やすことだって出来るはず。

会社の業績さえ傾かなければ安定している仕事が製造業なんです。

特徴⑤無心で仕事だけしたい人

製造業辞めたい
ぼんやり・のんびり仕事したいなぁ(^O^)

製造業は無心で仕事に取り組める数少ない仕事の1つですよね。

  • 週末何して遊ぼうかな
  • 帰ったらゲームの続きをしよう

考え事をしながら仕事すら出来ちゃう数少ない職種。

仕事内容によっても多少変わってきますが基本的にはラインに入って一定作業を繰り返すだけ。

仕事の集中力欠いていても手さえちゃーんと動いていれば仕事が出来てしまうのです!

頭を使ったり、神経が疲れるような仕事は工場や製造業ではほとんどないですよね。

なので、ぼんやりと仕事をしていたい!ってアナタは製造業に向いていると言えますよ!

⇒「転職して今の仕事に出会えてから初めて自分のことが好きになれた気がします(30歳/男性)」

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは〈完全無料〉↓↓

製造業辞めたい時の対処法3選

製造業辞めたい
辞めたい時はどうするの?

と製造業の仕事を辞めたいけど、何か対策はないかな?と考えているアナタ。

具体的な対処法を3つ紹介していきますね!

対処法①製造業の仕事を辞めたい理由を考える

製造業の仕事辞めいた理由は何なのか?まずは理由を明確にしてみましょう。

辞めたいと感じる理由

  • 仕事の内容が単純なのが嫌なのか
  • 職場の人間関係に疲れたのか。嫌な人がいるのか?
  • 別の仕事や業界にチャレンジしたくなったのか
  • 給料を上げたいと思うようになったのか

などなど。

仕事に慣れてくると「もっと良い仕事があるんじゃないの?」

なんて考えてしまい、今の仕事を辞めたいと感じることは誰だってあることです(笑)

でも、勢いで仕事辞めちゃうとマジで後悔しますよ・・(*_*)

まずは、今の仕事辞めたい理由を明確してみて下さい。

「そうか俺はこんな理由で仕事を辞めたいんだ・・じゃあ次の職場〇〇な仕事がいいな!」

と思考が整理されやるべきことも明確になってきますからね。

アナタが次にどのような行動や対処法が必要になるかも分かってくるので一度立ち止まって考えるのは大事です!

対処法②転職しないと悩みが解決出来ないか考える

製造業辞めたい
今の悩みを解決するには転職するしか無い!

安易に「今の状況を打開するのは退職・転職しか方法がない!」と思ってませんか?

今の職場に居ながら、悩みを解決出来るなら転職しない方がそりゃ良いに決まってます!

「今の会社の仕事内容は好きだけど給料アップさせたい」

という悩みなら今の会社で給料アップさせてもらうように上司に交渉するのも1つの方法。

仕事に意欲的に取り組んでしっかり結果も出せているなら上司や会社も昇給させてくれる可能性も十分ありますからね!

転職するしか方法がない人の特徴

  • やりたい仕事見つかった
  • 職場に嫌いな人がいる
  • 解決難しく対処法も少ない

上記のように感じた時点で初めて転職を視野に入れるべきなんです!

対処法③製造業の仕事のメリットを振り返る

製造業の仕事は淡々したものです。

でも「単調な仕事内容に嫌気が差してんだよぉ!!(;_;)」

と、何らかの理由で製造業の仕事が嫌になっているアナタ。

やっぱり一度冷静になって「製造業のメリット」を考えてみて下さい。

職種を変えてしまうと製造業でしかないメリットを失うことにもなりかねませんからね。。

製造業ならではのメリット
人間関係が苦手な人⇒他の仕事に転職すると対人関係で辛い思いする可能性今の製造業なら淡々と仕事だけ我慢すれば良い

製造業の単調な仕事が嫌
⇒仕事中に頭や神経を使うのが不要

営業の仕事をやってみたい⇒やり甲斐は感じる可能性。だが毎日お客さん相手の仕事ストレス

製造業には製造業ならではのメリットがあり、退職するとメリット捨てることになります。

  • 製造業を辞めて他にやりたい仕事がある!
  • 今の職場ではストレスが限界だ!

などの、別の仕事就きたい思いが強いなら迷わず転職するべきといえます。

⇒「部下の気持ちに理解のある上司の元でマイペースに仕事を出来ています(25歳/男性)」

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは〈完全無料〉↓↓

製造業を辞めて転職する際の注意点4つ

製造業辞めたい人
よっしゃぁ!製造業の仕事なんて今すぐ辞めてやるぜぇ!

と焦って辞めてしまおうとしているアナタ!

ちょっと待ったー!注意点を4つ紹介しているので4つを確認してから辞めるようにして下さいね(笑)

しつこいですが後先考えずに勢いだけで辞めてしまうのは駄目ですよ(笑)

注意点①製造業から未経験業での転職は年齢が若いうちに

製造業辞めたい人
よし転職しよう!

異業種への転職を検討するなら年齢を意識して動くべきですよ!

製造業から未経験からの転職先

  • 製造業⇒未経験でIT・エンジニア職への転職
  • 製造業⇒未経験で営業職へ転職

異業種や、異職種へ転職を目指す場合に、年齢の壁で原因となり転職自体が厳しい場合もあるんですよ。

業種・職種・企業など次第で「未経験者を積極的に受け入れるか?」という考え方が180°変わってくるんです。

とはいえ、転職活動では年齢が若ければ若い方が有利なのは間違いないです。

「40歳で製造業経験しかないけど、ITエンジニアとかなりたいな!余裕でしょ?w」

なんて甘い考えは駄目です(笑)

製造業以外の未経験の仕事へ転職することを希望したとします。

その場合、残念ながら製造業の経験が他業界でプラス評価になりづらい厳しい現実があるんです。。悲しいですよね(泣)

応募可能な未経験での求人は、年齢が上がることに比例して減っていきます。

なので、製造業以外の未経験職種に転職するには、年齢の若い時の方が有利になってくるわけです。

製造業辞めたい人
具体的に何歳くらいで転職するべきなの?

と、未経験で製造業以外に転職するのは何歳までなのか?気になりますよね。

目安としては、30歳が一つの壁になります。二つ目が35歳。

30歳を基準にするのか?35歳を基準にするのか?はさっきも書いたように企業によって考え方は様々なんでうs。

40歳以降で製造業から未経験の職種への転職はかなり厳しくなってきます。。

もちろん30歳・35歳にこだわらず早ければ早い転職が良いですよ!

注意点②製造業の経験を転職活動で正しくアピール

製造業辞めたい人
製造業辞めて新しい気持ちで頑張るぞ!

製造業を辞めたい人は、転職して心機一転頑張るぞ!という気持ちが強いです。

新しい環境で異なる仕事へのチャレンジは確かに、スイッチが入りますよね。

1から仕事を教えてもらい、別の業界でキャリアアップしたい!

そのためにはまずは面接で企業から内定を貰わないといけませんよね。

なので下記で紹介しているアピールポイントはしっかり意識しておいて下さいね!

転職先でのアピールポイント

  • 前職での経験やスキルをアピール出来るか?
  • 製造業での経験を転職先の企業でどのように活かせるか?
  • 会社にどの程度貢献できるか?

転職先の業務で関係ない経験をアピールされても意味がありません。

例えば、製造業から営業職への転職面接を受けていたとします。

そのときに「製造業ではライン作業で組み立ててをしてました。そこでは自動車のドアの・・」

などと、アピールしても

企業採用担当者からすると「そんな経験不要だから・・営業職に近いスキルをアピールしてよ。質問の答えと全然違うこと答えてコイツバカなの?w」と思われちゃいますw

転職面接は新卒の就活じゃありません。

あくまでも即戦力の経験者を採用したいと企業は考えてます。

製造業辞めたい人「1から教育して欲しい。新人のつもりでフレッシュに!」

という謙虚さ転職面接では一切不要です。

製造業での経験をアピールする正しい方法は以下になりますね。

製造業での職務経験の紹介方法

  • 正確に仕事こなせるスキル
  • ルーティーンワークも丁寧に出来る
  • メーカー・商品・部品の知識が豊富

上記の経験などは自己PRに繋げやすいんです。

「仕事は正確に出来ます。ルーティーンワークでも厭わずこなせるので、丁寧な仕事が出来ます。」

などの自己PRは各分野での仕事アピールに繋がりますよ!

また具体的に実績や数字を絡めてアピールすることが大事。

例えば食品メーカーの製造業としての勤務経験があるなら、商品業界・知識・業界事情は詳しいですよね。

その知識を経験を活かせる食品関連企業に絞って転職すれば成功しやすいです。

アピール方法としては

「前職の食品工場での製造ラインでは約500種類の商品を扱っていました。OEM商品をありましたので、約30メーカーほどのやり取りがありました。各メーカーごとの事情も細かく把握しています。」

などなど。

他にも、前職が食品ライン工場勤務なら、転職先は食品メーカーの営業職などを目指すと良いです。

製造業経験を別の業種・職種で活かせないか?

という視点で転職先を探して、キャリアの棚卸しを行い、自分強み・弱み正確に把握するという準備をすれば簡単に転職先は決まるのです。

とはいえ、転職経験のない人はその転職活動の準備がなかなか上手くいかないので失敗するケースが多いわけですが、、

⇒「もっとやり甲斐のある事務の仕事をしたくて転職エージェントに登録!結果スキルアップ・キャリアアップに繋がる転職が出来ました!(30代/男性)」

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは〈完全無料〉↓↓

注意点③希望転職先の正確な情報を収集する

製造業辞めたい人
転職なんて頑張ってりゃ何とかなるでしょ♪

もし、アナタに希望の転職先があるなら情報収集はめちゃくちゃ大事。

「なんとなく転職活動してればいつかは希望の転職先から内定貰える」なんて思っていませんか?(笑)

アナタがもしそのように考えていたら転職活動を舐めすぎですw

例えば、アナタが辞めたいと感じる製造業の離職率のデータなんかは押さえておいてください。。


参照:平成28年雇用動向調査〈厚生労働省〉

上記は厚生労働省が発表している各業種ごとの離職率のデータになります。

業界別離職率のデータ

  • 1位 宿泊・サービス業⇒30%
  • 2位 生活関連サービス・娯楽⇒20.3%
  • 3位 医療福祉⇒14.8%
  • 7位 製造⇒11.4%
  • 8位 情報通信⇒10.2%

全業種の平均離職率は15%で、製造業の離職率は11.4%なので「製造業は離職率低く働きやすい!」という人もいるんです。

でもね、製造業の離職率データって、製造業の現場ライン勤務だけではなく本社などスーツを着て仕事をしている総合職勤務の人のデータも含んでいるんです。

裏事情知っていないと正しい転職できないってことが分かりますよね。

「残業が多いのが不満…」

と思って転職したのに、転職先がもっと残業が増えた!なんてこともありえる訳です。

転職活動を始める前に、在職中から情報収集するべきなんです。

まぁ情報収集!情報収集!って私も偉そうに言ってますが結構大変なんですけどねw

注意点④貯金をしてから転職活動する

製造業辞めたい人
貯金ないけど仕事辞めちゃおう♪

と貯金がないのに見切りで製造業の仕事を辞めてしまうのはNG!

マジで貯金はなくなるし、仕事は決まらないしでバイト生活に突入しちゃいますよw

製造業の仕事って給料は割と良いケースもあるんです。もちろん超薄給の製造業の仕事もありますが…。

もしアナタが給料が多い仕事をしている場合。

その時は辞める前に、夜勤を多く入れてもらい貯金してから転職活動するのも1つの方法です。

これはまだ製造業の仕事を続けれる余裕がある人の話。

下記で紹介しているような「もう限界だよ。。今すぐ辞めたい・・」という人は貯金のことは気にせず早く辞めて下さい!

貯金出来なくても今すぐ辞めたほうが良い人の特徴

  • 工場勤務だけ将来キャリアが見えない
  • 定年まで勤める気ない
  • 将来のリストラが不安
  • 交代勤務で体持たない

という場合は、即転職活動を開始してOK!

でも仕事の我慢が出来るなら貯金してから転職活動を始めるのが安心です。

「ブラック企業で有給すら取れない!」という場合は、在職中に転職活動を始めてキャリアアップを目指していきましょう。

ちなみに、転職先にもよるんですが、作業員・オペレーターなど単純作業だけの経験だと転職市場評価はそれほど高くないんです(;_;)

基幹システムフレームワーク(MC基盤)の経験があれば評価も高くなるので、アナタの経験だとどの程度評価されるのか?

などなど。転職エージェントなどの転職のプロに相談するのが良いですよ。

⇒「職場の人間関係の問題でストレス限界!楽しく働ける仕事がしたいと思って転職したんです。今は毎日楽しいですよ(27歳/男性)」

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは〈完全無料〉↓↓

製造業辞めたい人の人気の転職先4選

製造業辞めたい
ドコに転職したら良いんだろ?

製造業を辞めて転職しようにも、製造業の経験しかないアナタにとって「どの業界に転職したら良いのか?」というのは悩ましいところですよね。

製造業を辞めた人が、よく選ぶ転職先を紹介するので参考にしてみてくださいね!

転職先①営業職で給料アップ

製造業辞めたい人
今の製造業の仕事より給料アップさせたい!

という人の場合は、営業職への転職が良いですよ!

営業職は歩合制の仕事多いですから、契約取れば取るほど比例して給料が上がる仕組み。

成績優秀なエリート営業マンであれば、他の営業マンと比較しても2-3倍給料は簡単に貰えちゃ世界ですからねw

また、給料相場高い生命保険とか不動産の営業であれば年収1千万、2千万円稼ぐ人も普通にいる夢のある世界です。

ただデメリットとしては、製造業と違い対人関係が全てになってしまうということ。

「このお客さん苦手だから止めとこう」

とお客さんを敬遠し続けると営業マンとしての給料アップが見込みづらくなります。。

お客さん相手の仕事なので、製造業のときよりも対人関係のストレスは圧倒的に強くなりますね。

メリット・デメリットも考えて営業職を選ぶかどうか判断するべきです!

転職先②資格・手に職をつけて仕事でやり甲斐アップ

資格が必要な仕事・手に職を持つ仕事などに就くことで、仕事に対して大きなやり甲斐を感じることが出来るようになります。

製造業から資格取得する転職先

  • 美容師
  • 大工
  • 看護師
  • 介護師

手に職をもつ仕事なので、給料も高く安定してますからね。

もし独立すれば給料アップで収入も青天井でウハウハですw

自分の技術を磨けば磨くほどお客さん・患者さんが目の前で感謝してくれるのは製造業で感じづらいやり甲斐と言えますね。

転職先③接客業・販売業で多くの人と関わる

製造業で、工場勤務の場合は機械とのマンツーマンで仕事でしたよね?

でも「実はもっと人と関われるような仕事したい!」という願望を持っている人もいるんです。

  • 人と会話したい
  • 人が好き
  • たくさんの人間関係を築きたい

上記のような人は、接客業への転職がオススメですね。

製造業から接客業への転職先

  • アパレル店員
  • 飲食店
  • 家電量販店店員
  • 雑貨屋さん

転職先③別の企業の製造業へ転職

製造業辞めたい人
自分に営業の仕事は出来そうにない!

工場勤務⇒販売/営業職 への転職イメージしづらいかもしれませんね。

「会話が苦手!でもコツコツした仕事は得意!」

という人は製造業のままの方が適正あるケースが多いんですよ。

そもそも製造業の仕事自体が嫌じゃない人は、別の会社で製造業として転職したほうが良いですね。

  • 機械相手の仕事が嫌じゃない
  • 他人に気を使ったり愛想を振りまくのが嫌

というアナタは、工場・ライン作業など製造業としての条の件良い企業を探すべきなんです!

営業・販売向いてない人が無理矢理、製造業以外に転職しても絶対に続きませんからね(笑)

大量生産ではない手作業の職人仕事で技術を磨ける製造業の仕事などもあります。

製造業といっても色々な仕事があるので探してみる価値はあります。

ちなみに、

転職先④エンジニア・プログラマなどIT系

IT系の仕事でパソコンを使ったモノづくりの仕事に転職するのも転職先として人気なんですよ。

「製造業の経験しかないのにItの仕事なんて無理だろ!(-_-;)」

なんて思っているかもですが、今IT職は空前絶後の人手不足。未経験でも採用してくれる企業も実はあるんですよ(笑)

例えば、IT系・ソフトウェア企業などで募集される職種は下記のようなもの。

  • プログラマー
  • エンジニア
  • ウェブデザイナー

30歳前後であれば未経験でのIT職に転職は十分可能ですね!

エンジニアは人手が足りないので、未経験者でも採用されやすい職種なんですね。

またエンジニアの仕事ってオフィスワークだけじゃなくて、最近では在宅勤務の導入も近年増えてきています。

PC・インターネット環境があれば、自宅でもリモートワークを認めてくれる企業もあるくらい。。

製造業で丁寧なモノづくり関わっていたアナタなら、ネットで世の中に価値を提供できる仕事も十分出来ますよね?

またIT系は製造業よりも利益率が高いケースが多いので、

  • 残業代
  • 交通費
  • 高年収

製造業よりもIT系の方が好待遇のケースが多々あります。

「雇用が安定しているから製造業のままでいいや」

「新しいことにチャレンジするのは億劫だな・・」

という理由で、保守的な工場・製造業の仲間とツルんでいてもアナタの将来は真っ暗になっちゃいますよ!

⇒「転職エージェントに登録して自分の強みをアピール方法を教えて貰いました!結果内定8社ゲット!(35歳/女性)」

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは〈完全無料〉↓↓

「製造業辞めたい」のアナタが希望の転職先を見つけれるたった1つの方法

転職したい人
今すぐ辞めて転職したい!

転職したい!と思う人がまず始めがちなので、ハローワークなどの公的機関を使ったり転職サイトを使って転職活動を始めてしまうこと。

確かにハローワークは民間企業ではないので、中立の立場でアドバイスをくれます。

ですが、ハローワークにも唯一デメリットがありますよね。

それは、求人数が圧倒的に少ないということ。

残念ながら、企業が人材を募集する際にハローワークを積極的に使って募集はしてないんですよ。

なのでハローワークにはアナタの希望する職種の仕事がない可能性があります。

転職サイトも同様です。後で詳しく紹介していますが、転職サイトも実は思ったほど求人数が多くないんです…。

転職したい人
じゃあどうやって希望の仕事を見つけるんだよ?!無理だよ!

と半ば諦めがちな人も多いはず。

どうしたら希望の企業や職種に転職が出来るのか?

それは転職エージェントに登録することです。

あなた1人で今の仕事をしながら、下記ような転職活動の準備が出来ますか?

転職活動でやらないといけないこと

  • 希望する求人探し
  • ブラック企業ではないのかのチェック
  • 履歴書・職務経歴書の内容のチェックや添削
  • 面接対策
  • 企業研究・業界研究
  • 志望動機を考える
  • 内定後の給与などの条件交渉

恐らく時間のない状態で1人で全て完璧にこなすのは不可能に近いはず。

ですが転職エージェントに登録すれば無料で全てサポートしてくれるんです。

転職したい人
なぜ無料なの? 

と思うかもですが、転職決定時に企業から紹介手数料を貰うので、転職希望のあなたは完全無料。

なので、転職活動する上で転職エージェントを使わない理由はありません。

「でも転職エージェントはどこを使えばいいか分からない!」

という人もいるでしょう。

基本的には転職エージェントは最低3社は登録するべき。

  1. doda
  2. ビズリーチ
  3. リクルートエージェント

転職をエージェントを上手に選ぶコツはココにも書いているのでチェックしてみてください。

転職エージェントの選び方!22社を徹底比較!面談のコツ&評判の良い転職エージェントだけを紹介!
「転職エージェントって何社もあるけど、どうやって選べばいいんだろう?」 と悩む人はホント多いです。 僕自身、転職エージェント業界で働...
 

dodaが転職エージェントの中でも優れている理由5つ

転職したい人
どうしてdodaが1番オススメなの?

と思うかもしれませんね。

転職エージェントとして厚生労働省に許可されているのは全国で22,223社も存在します。

「転職エージェントなんてどこも一緒でしょ!」

このように適当に選んでしまうと、とんでもなく質の低いサービスを受ける恐れもあるんです…。

転職活動を効率的に、確実に進めたいなら最低限doadのような質の高い転職エージェントサービスは利用するべき。

理由を5つ紹介していきますね!

理由①転職者満足度No.1の質の高いサポート

dodaは転職エージェント(人材紹介)利用者でのポジティブな口コミ件数で、「満足度1位」を獲得しています。

「よくある作られたアンケート結果でしょ?(笑)」

と思うかもしれませんねw

でも、実際私も10社以上の転職エージェントを使ってみた感想としてもdodaの専任アドバイザーが1番質が高く満足出来るものでしたよ。

私の場合はIT業界での転職を希望していたんです。

dodaの場合は過去にIT業界で勤務経験のある専任アドバイザーがついてくれたので、凄く話がしやすかったんですね。

※DODAからdodaに名称変更する前に頂いた名刺です

上記は実際私を担当してくださったキャリアアドバイザーさんから頂いた名刺です。

「関西ITグループ」と記載されていますが、dodaでは領域ごとに特化したキャリアアドバイザーさんがいるんですよ。

でも他の転職エージェントでは、希望する業界の未経験者が担当するケースも多かったんです…。

業界への理解が乏しいので当然紹介される求人もピントを外したものばかりでしたからね…。

また、dodaの転職者の満足度が高いその他の理由として、転職した後も「キャリアライフサポート」という仕組みがあるから。

これも他転職エージェントと異なる点ですね。

DODAのキャリアライフサポートのチラシ

※DODAからdodaに名称変更する前に頂いた資料です

普通の転職エージェントであれば、サポートは転職して入社するまで。入社後のサポートはありません。

ですが、dodaに関しては入社後の電話やメールでのアフターフォローが転職後2年間無料でついてきます。

「今後のキャリアをどうしたらいいか困っている」

などの相談も気軽に出来る仕組みです。

質の低い転職エージェントであれば転職先企業を紹介しっぱなし。転職後の転職者のキャリアやサポートには無関心なんてこともよくあります。

ですが、dodaでは転職後のサポートもあるので、適当な企業を紹介出来ませんよね。後々のトラブルになりかねないですから。

なので責任を持って、私たち転職希望者にピッタリの求人を紹介してくれるわけです♪

⇒「転職エージェントに複数登録しましたがサポートが1番親身で丁寧だったのはdodaでしたね!dodaからの紹介求人で転職先を決めました♪(30代/男性)」

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

理由②LINでも相談出来る!?親身なサポートで安心して相談出来る!

DODAのキャリアアドバイザーとLINEで相談できるチラシ

※DODAからdodaに名称変更する前に頂いた資料です

上記は私がdoda登録時に貰ったチラシの1枚になります。

dodaでは業界に先駆けて、LINEを使って専任のキャリアアドバイザーに相談出来るんです。

※注:もちろんキャリアアドバイザーさんの個人LINEじゃないですよ(笑)

メールですと、「質問したいな!」と思ったときも面倒だから後回しになってしまいかねません。

でもLINEなら職場でも、家でリラックス中でも気軽に質問出来ます。

いかにdoda側が転職者に親身にサポートしようとしてるか?親身な姿勢が伝わってくるサービスと言えますね。

理由③求人件数130,808件で業界最多!

転職エージェントは私自身、複数登録しました。

dodaを使ってみて良かったなと感じた理由の1つが、「圧倒的な求人数の多さ」ですね。

主要エージェント求人数比較
doda:13.8万件
■ビズリーチ:9.2万件
■リクルートエージェント:10万件

dodaの求人件数に関しては、実際に私のdodaのマイページ上の画像を掲載しています。

「125,089件」と書かれているのが分かりますよね?

リクルートエージェントやビズリーチなどの大手転職エージェントを抑えて圧倒的な求人数になっているんです。

非公開求人が8-9割!登録者限定の求人が9.6万件もある!

さらにdodaではの求人の8-9割が非公開求人。

つまり登録者限定で応募できる求人約9.6万件以上もあるんです。

転職といえば、リクナビネクストマイナビ転職などの求人サイトが一般的。

ですが、求人サイトには掲載されていない独占求人がdodaは数多く紹介されています。

転職サイト大手のリクナビNEXT(転職サイト)と、doda(転職エージェント)の求人数を比較してみました。

リクナビNEXTの求人数【東京全体】

リクナビNEXTの東京での求人件数

dodaの求人数【東京全体】

  • リクナビNEXT求人数⇒5,894件
  • dodaの求人数⇒23,050件

約3.9倍dodaの方が求人数が多いです。

当然求人が多くなると、私たち求職者にとっては選択肢が増えるので、求人数に比例して内定数も増えていくことになりますからね!

⇒「転職エージェントに登録したのは転職サイトに掲載されてない非公開求人目的です。非公開求人が多いほどよい転職先が見つかる可能性も上がりますからね(30代/男性)」

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

理由④転職希望者向けの各種セミナーが充実している!

DODAの面接力アップセミナー

「書類選考は通ったけど面接が自信ないな・・コツだけ教えて欲しい!」

と、面接が苦手という人向けにdoda登録者限定で「面接力アップセミナー」などの各種セミナーが無料で開催されているんです。

上記は一例として東京のセミナーの紹介ですが、全国8拠点で定期的に開催されているので気軽に参加しやすいですね。

DODAの面接対策コンテツで内定力UP!のチラシ

上記も私が登録時に貰ったチラシなのですが、セミナー以外にも「面接力アップのeラーニング動画講座」や「面接対策アプリ」などもあるので、面接対策も他転職エージェントと比較しても充実していると言えますね。

理由⑤女性向けの転職サポートも強い!

DODAの女性のための合同転職面談会の案内

dodaでは女性向けの転職サポートにも強みがあります。

転職したい人
じゃあdodaは男性の転職は強くないの?

と思うかもですが、男性向けの転職サポートはどこの転職エージェントも力を入れています。

何故なら転職エージェントとしても男性を中心に紹介したほうが儲かるから。

転職エージェントの売上は転職者の年収の20-30%を紹介手数料として企業に請求した金額となります。

例えば、年収500万円の転職者をdodaの紹介で転職させた場合。

dodaには年収の20-30%にあたる約100-150万円の紹介手数料が入る仕組みとなってます。

なので比較的年収の高い男性を紹介したほうが転職エージェントとしても儲けが大きいわけですね。

ですから女性転職サポートには積極的ではない転職エージェントも確実に存在します。

特に売上の厳しい中小の転職エージェントとか(笑)

その点dodaでは、上記のような女性専用の特設ページや合同転職面談会を実施するなどして積極的に女性の転職サポートを行っているんですよ。

理由⑥大都市圏だけではなく地方での転職にも強い!

DODAのUターン・Iターン転職の特集

dodaでは、「Uターン」「Iターン」を含めた地方での転職サポートにも強みがあります。

転職エージェントに登録した時のよくある話として「え?東京とか大阪の大都市しか求人ないじゃん!地方勤務希望なんだけど…」ということです。

これも転職エージェントの裏話なんですが、結局のところ規模の小さい転職エージェントだと、地方だと儲けが出しづらいんです。

なので、「東京・大阪でしか転職サポートしませんよ!」という企業もあるくらい(汗)

ですがdodaに関しては、全国の8拠点(札幌・仙台・東京・横浜・名古屋・大阪・広島・福岡)あり全国での面談サポートを受けれます。

また近くに拠点がなくてもいつでも電話サポートを受けれるので、安心感がありますね。

Uターン・Iターンの転職に力を入れているということは当然地方の求人も充実してるってことですよ♪

⇒「dodaは求人数も多く、地方の案件もたくさんあるとのことで登録!実際他の転職エージェントと比較しても地方の求人は多かったので満足ですね!(40代/男性)」

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

dodaへの無料登録方法

ですので、早速dodaへ無料登録を行い、専任コンサルタントからアドバイスを受けたり、気になる求人がないか?チェックしてみてください。

まず、公式ホームページより登録画面に進みます。2分で完了するのでサクッと登録しちゃいましょう!

doda公式HPのURL
⇒ https://doda.jp/
  • 氏名
  • 年齢
  • 住所
  • 連絡先
  • 直近の職歴
  • 希望面談日(電話面談でもOK)

などの必須項目を入力しましょう。

面談の方法に関して

面談は、dodaの全国8か所ある事務所に訪問しても良いですし、電話面談で登録を済ませてもOKです♪

登録者の8割は電話での面談で登録を済ませる人も多いので、電話面談の希望日程などを「自由記入欄」に記載しておくと良いですね。

電話面談の場合は30分程度、訪問しての対面での面談は60分ほど。

面談日は日曜日以外となってますね。

対応してくれる時間は「土曜日→18:00まで」「平日→20:00まで」でもOKなので仕事しながらでも面談しやすくなってますよ。

登録後、数時間以内にdodaの担当者から面談の日程の件で電話で連絡が入ります。

面談日程の調整をその電話で行って下さいね。面談日程を決めれば、後は面談日を待つだけです。

登録時に必要な書類はあるの?

転職したい人
登録する段階で必要な書類ってあるの?

登録の段階で必要な書類は一切ありません!

必要事項を最低限入力すればdodaからの無料転職サポートを受けることが出来ます。

具体的に、「紹介された企業に応募したい!」となった段階で履歴書や職務経歴書を用意すればOK。

「でも職務経歴書作るの面倒だなぁ…」

という人も多いと思います。私も同じこと思ってましたから気持ちはよ~く分かります(笑)

ですがdodaでは専任アドバイザーが、1から職務経歴書を作れるように徹底的にサポートしてくれるんですよ!

見本も用意してくれるので、見本に沿って職務経歴書を書くだけ。書いた後は添削もしてくれるので、書類選考に受かりやすい書類が勝手に出来あがるわけです(笑)

⇒「転職活動を効率的に進めたいなら転職エージェントは使うべきですね!だって職務経歴書の添削を無料でしてくれるサービスなんて他にないですから(笑)(20代/男性)」

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは?〈完全無料〉↓↓

転職エージェントに登録するべき人は?

転職エージェントを利用するべき人の特徴

  • 仕事に時間を取られ活動できない
  • 転職活動を中途半端にしたくない
  • 会社に迷惑かけず両立したい
  • 就活で仕事のプライオリティを落としたくない
  • 情報収集・書類作成を休日にしたくない
  • 面接のスケジューリングしたくない

こういった人は転職エージェントを活用すると悩みが解決されるでしょう。

特に「とにかく効率的に転職活動を進めたい」という人は絶対登録すべきです。

転職エージェントというのは、あなたの専任のコンサルタントが「あなたが活躍できる業界や職種のアドバイス」「応募書類の添削」「面接対策」などを無料で行ってくれるんです。

「じゃあオススメの転職エージェントは?」

と気になるところ。

オススメの転職エージェントは・・・

↓ ↓

転職決まらない人が多く登録している転職エージェントTOP3

doda/パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)

当サイト経由で1番多く登録されているの転職エージェントになります。

doda(デューダ)は大手人材人材会社のパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)グループが運営しているサービス。

転職支援業界で国内2位の売上高を誇っていますね。

dodaのポイントは以下になります。

①親身なサポートで転職者満足度No.1

dodaは転職者利用者へのアンケート調査で満足度No.1の実績。

満足度が高い理由としては、「登録者に寄り添った親身なサポート」だからです。

  • 転職に関する不安悩みごとの相談
  • 自分のキャリアプランに迷った時には面談でのキャリアカウンセリング
  • 将来の最適なキャリアプランの提案

このようなサポートの結果、転職サポートで年間1万人を成功に導く実績豊富なエージェントになります。

「以前転職エージェントに登録したけど放置された!」

「手厚く、親身なサポートを受けたい!」

という転職希望者が登録・利用すると特に満足度が高いですね。

②履歴書・職務経歴書の添削が抜群

dodaは履歴書・職務経歴書の添削が丁寧で分かりやすいと評判です。

転職活動での第一関門である書類選考。

応募書類で最大限自分の経験や能力をPRしないといけないのに、完璧な書類を作り上げている人は非常に少ないです。

その点、dodaのキャリアアドバイザーは

  • 1から応募書類の作成を手伝ってくれる
  • 履歴書を下書きすれば清書を代行してくれる
  • 書類選考通過率が約3倍にアップする書き方のコツを教えてくれる

といったサポートをしてくれるんです。

「書類選考で落ち続けて面接までたどり着けない・・」

という人は質が高いと評判のdodaの応募書類の添削を一度受けてみるべきですね。

③登録者限定の非公開求人が80%もある

dodaに登録した会員限定でしか閲覧できない非公開求人が全体の約80%あります。

非公開求人の中にはdodaだけが扱う独占求人も多いです。

求人の質も圧倒的に高く、業界最大手のリクルートエージェントとは違った独自の企業を紹介してくれるのが特徴。

⇒「転職者満足度No.1の言葉に惹かれて登録。確かに他の転職エージェントと比べてもサポートの質が抜群です。親身に相談に乗ってくれました!(20代/女性)」

ビズリーチ

ビズリーチはテレビCMでも話題の転職支援サービスですね。

特徴としては

①圧倒的なスカウトの豊富さ

ビズリーチに経歴書を登録するだけで、企業人事担当者や転職エージェントの担当者から毎日のようにスカウトが届きます。

登録した人のキャリア次第では、大手転職エージェントと比較して3-10倍ほどスカウトの数が増えた!という人もいます。

  • 「仕事が忙しくて求人チェックする時間がない」
  • 「とにかくたくさんの企業からのスカウトをチェックしたい」

という人は、登録するだけでスカウトがたくさんくるビズリーチが向いているでしょう。

②年収アップ出来る求人が多数

ビズリーチは他の転職エージェントと比較しても、年収アップできる求人が豊富です。

理由としてはビズリーチは元々年収600万以上のハイスペックのビジネスパーソンに特化していた転職支援サービスだったからです。

ですので現状年収が低い転職希望者であっても、ビズリーチでしかチェック出来ない好条件の求人が紹介されるでしょう。

  • 「今の年収に不満がある!」
  • 「もっともっと稼ぎたい!」

という人は登録しておくと良いでしょう。

※公式ホームページには「年収600万以上に支持される」とありますが、年収600万未満でも登録・利用は問題なく出来ます

③上場企業・大手企業の求人が多い

上に書いた「年収アップ出来る求人が多い」ということとも繋がりますが、ビズリーチは大手・上場企業の求人が多いです。

年収が多い求人が多いので、当然上場企業や大手企業の求人が多いのは必然なのですが。

ですので「新卒で入社できなかった大手に入社したい!」と感じる人は登録しておいた方が良いです。

とはいえ大手企業は周りも入社したいと感じる人気求人。

募集してもすぐに打ち切りになりますし、募集も若干名です。

なので逆算して早めにビズリーチに登録して、大手企業の求人を漏れなくチェックしておくことが大事だといえます。

⇒「他の転職エージェントよりも年収アップ出来る求人紹介が1番多かったですね!ビズリーチからの紹介求人で年収が30%ほどアップしました♪(30代/男性)」

リクルートエージェント

転職支援サービス最大手のリクルートグループの転職エージェントになります。

①業界最多の13万件の求人件数で他社を圧倒。

転職エージェント業界業界最大手リクルートエージェント。

公開求人・非公開求人が合わせると約13万件と業界最多の圧倒的な求人件数です。

「とにかくたくさんの求人の中から自分に合う求人を探したい!」

という人はリクルートエージェントの求人の多さを実感するべきでしょう。

②転職支援の成功実績32万件でNO.1

リクルートエージェントが転職支援業界で成功実績No.1となったのは以下の理由です。

求人数の多さ+担当キャリアアドバイザーの質の高さ=転職成功実績32万件

確かに、dodaのキャリアアドバイザーもレベルが高いのですが、dodaの特徴としては親切丁寧なサポートです。

一方リクルートエージェントの特徴としては、とにかくキャリアアドバイザーのアドバイスが的確ということ。

アドバイスの内容に無駄がなく、ズバリ自分が進むべきキャリアを示してくれるんです。

と使い分けが必要になってきます。

③女性向けの転職ノウハウが豊富

リクルートグループの中に人材派遣会社(リクルートスタッフィング)と連携した女性に特化した求人や濃いノウハウ情報が豊富にあります。

特に事務職・販売職などの業界職に精通したキャリアコンサルタントが多数在籍しているので相談しやすい環境は整っていますよ。

「女性ならでは目線で悩みを相談したり、共感してくれる担当者が良い!」

と感じる女性の転職希望者が登録すると満足なサポートを受けることが出来ます。

④夜間・土日祝日でもサポート受付!

リクルートエージェントは、平日・土日祝日いつでも20時以降にも相談が出来るんです。

「仕事が忙しいからなかなか転職活動の時間が割けない・・」

という人でも、在職しながら転職活動が出来るサ手厚いサービスと言えますね。

⇒「業界最大手だけあって紹介される求人数は桁違い!転職サイトに掲載されてない非公開求人も紹介されたので大満足です!(20代/女性)」

製造業を辞めたい人の体験談9個

体験談①30代/男性

高校卒業後すぐに製造業で頑張ってきたが遂に限界を迎えました。

平社員で残業して19時前後には帰宅。

30歳超えて確かに昇進は出来ましたよ。。

でも転機となったのは、社長が交代となり会社の経営方針が180度変わってからがもう大変!

当日中に終わらないような業務量を課せられ現場は大混乱の毎日。

帰宅は夜中になるし、納期前になると徹夜での残業も月に1回程度は出てきますからね(-_-;)

体調が徐々におかしくなってきて、原因不明の咳が止まらなくなってきたんです。

いよいよ本格的にヤバイな・・って感じ始めました(笑)

限界を感じて、上司に改善要求を出してみたりもしましたが、全く取り合ってもらえなかったですけどね。。

休日出勤も徐々に増えてきて、週1回の休みあれば良いという最悪な状態。

退職願を提出し、「ようやく辞めれる」と思っても上司が無視して全然受理してくれないんです。ありえなくないですか??(怒)

社長・副社長・役員(専務や常務)が代わる代わる出てきて自分を引き止めにきます。

そりゃ新しい人を雇って仕事を教えるよりも、既存の社員に働いて貰ったほうが会社にとっても良いですからね。

仕事終わってから引き留めの話に付き合わないといけないので睡眠時間が更に削られるので本当に辛かった。。

こういったことが原因で精神的に崩壊してきて、うつ病を発症しちゃったんです。。

心療内科や精神科も受診するようになりました。

ドクターストップもかかり、会社を3ヶ月間休職することにもなったんです。

復帰後には管理職だった僕の役職が平社員へ降格。

会社の酷すぎる仕打ちってことです。

休職後には職場復帰したんですが、休職中にが有給休暇を消化して自宅療養にあててました。

復帰後は有給が無いので体調不良で欠勤すると休んだ日数分の給料が減りまた大変なことに。。

ただでさえ管理職から降格させられて給料が下がったのに、体調不調で休むと給料は半分程度。

家・車のローンでさらには、子供の養育費なんかの費用が捻出出来なくなってきて生活は限界を迎えてきてしまいました。。

嫁にパート働きに出てもらっていたんですが、私の給料が低すぎて支払いも滞りがちに。

「早く転職先を見つけないと!」

と、転職活動するためにハローワークから紹介された求人に複数社応募してみたんです。

ですが、書類選考落ちの連続。。

友人に相談したところ「転職エージェントに相談してみたら?」と教えて貰ったんです。

そしたら転職エージェントに登録して直ぐに、希望の職種の仕事紹介してくれたんです!

結果内定を3社貰うことが出来ました!

次の職場も決まったのでその旨を会社に伝えると無事退職することを受理されました!

新しい職場で新しい仲間と仕事頑張って、バリバリ稼いでいきたいです!

体験談②30代/男性

前職の「製造業を辞めたい!」と感じた理由は、とにかく人間関係が最悪な職場だったから。

給料面は恵まれていたんですけどね。

でも人間関係が悪すぎてそれが原因で、精神崩壊してしまう!!とすら感じましたね(笑)

なので別の職種に転職することにしたんです。

最初に就職した製造業の会社は、給与が低くくて業績悪化すると直ぐに従業員の給与を平気でカットしてくるヤバイ会社。

給与カットが終わると次にカットされるのは福利厚生や交通費。

常に手取りの給料が少なかったので、働いても働いても貯金も出来ず、毎月の収支も常に赤字なんですよ・・。

ワーキングプア状態とはまさに私のことですw

有能な人から仕事を辞めていき、残った社員は管理職として自分の地位だけを保ちたい人。

もしくは能力低くくて転職先がないような、どうしようもない人ばっかりです。

人員は減少しサービス残業の毎日。

仕事に対するモチベーションも低いので、仕事は遅々として進みません。

納期遅れも日常茶飯事で、工場内では上司からの部下に対する怒号が飛び交う阿鼻叫喚の環境です。

「この会社はもう限界だ・・」

と倒産も時間の問題だと感じたので、見切りつけて転職することを決意しました。

正社員であれば基本給は高くなくても構いません。

とにかく交通費・寮費・アパート家賃などの「福利厚生が充実した転職先を見つけたい!」と思っていました。

人間関係の煩わしさだけはとにかく我慢が出来ませんでしたからね!

結果、外資系の製造企業へ転職することが出来たんです。これには自分でもビックリですw

「なんでお前の経歴で外資系に転職できるんだよ!?」

って友達にも言われましたけどねw

何故なら転職エージェントに登録して徹底的に相談しまくったから♪

おかげで転職面接では、希望企業で内定を取るための方法も教えて貰えましたからね。

ちなみに方法としては、まず志望度が低い企業で筆記試験・面接の模擬練習を重ねるということ。

たまに圧迫面接や、一次試験の問題が難しい企業なんかもあるので良い練習台になりますからね。

このあたりは事前に相談して転職エージェントの担当さんから情報収集出来ていたのは良かったです。

この結果、晴れて外資系企業に転職出来たということです。

実力主義だし語学の能力が試される職場なので自分の希望通りです。

技術課長から仕事内容の指示が英語で飛んでくることもあるのでやり甲斐はありました!

英語は元々好きでしたから仕事も楽しむことが出来ました。

でも、外資系企業とはいえ英語が苦手なベテラン社員もいたので、コミュニケーションが取れず不満が溜まっている人もいましたね。

社員と管理職でのいざこざも絶えず技術伝承も出来てないのは勿体無い感じがしました。

社員定着率も低く、離職率は一時30%ほどもあったようです。

現場は、清掃・整理も行き届かず荒れ放題の職場。

「もう転職はしたくない!」

と思った私は、人事総務部に実状伝えて改善要求してみました。

面談後に人事総務部に主導で職場改善が進みました。結果一気に職場環境は改善されましたね。

自分が選んだ会社なので簡単に辞めたく無い!という熱意が伝わったと後々人事総務部の方に言ってもらえました。

結果、そのような改善のための行動が評価されてリーダー職に抜擢されました。

今は環境の良い職場で楽しく仕事が出来ていますよ!

⇒「もっとやり甲斐のある事務の仕事をしたくて転職エージェントに登録!結果スキルアップ・キャリアアップに繋がる転職が出来ました!(30代/男性)」

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは〈完全無料〉↓↓

体験談③20代/男性

高卒で就職しました。製造業で工場勤務ですね。

工業高校だったので、高卒で就職したヤツらは全員工場へ就職していました。

女性は事務業務も兼務していましたが、基本的には男女の仕事内容は同じです。

都会で工場少ないこともあり、製造業への就職先は少なかったですね。

地元は田舎なので、製造業以外の転職としては、漁業・林業・農業などの一次産業ばかり。

大手なので職場規模は大きいですから、様々な製品を作っています。

工場製造の業務は、大手も中小企業も業務内容に大差はありません。

入社後には同じグループの上司や先輩から仕事教えてもらうことが多いですね。

入社後は当然すぐに戦力なることはありません。

最初は体力がきつく、退勤後には脚がプルプルするしていました(笑)

仕事に慣れてくると、「あれ結構仕事楽じゃん♪」と自分のグループの仕事内容が楽な気づいてしまったんです(笑)

でもリーダー指示のもと、他の忙しいグループの応援に回されることもしょっちゅうでした。。

1日だけの応援じゃないことも多かったですね。

仕事の受注量次第ですが最大3ヶ月の応援なんてこともありました。

仕事に慣れてきたタイミングで他部署への応援。

元々部署は旋盤の仕事内容だったのですが、応援先は組み立て部署だったんです。

旋盤は機械を削る仕事だったので、鉄削りカスの油が床や作業着に付くこともありましたね。

でも仕事は楽だったので、個人的には好きな部署でした。

応援先の組み立て部署なんて体力的には更に大変です。

しかも教育係の30代後半の男性が超うざい人。

昔大手製造メーカーでリーダーを勤めてたみたいなんですが、自慢話ばかり聞かされるのでうんざり・・。

仕事内容は簡単な作業ではなく、面倒で難しい作業ばっかり振ってくるんです。

上司「オマエに成長してほしいから仕事を任せるんだぞ?」

と難しいスキルを要求される仕事ばかり押し付けてきます。

部下の気持ちは全く考えずに自分の気持ちばかり押し付けてくる人だったんですね。

以前は大型部品の、旋盤作業で旋盤機を使って測定とかの楽しい仕事ばっかりだったんです。

確かに重い鉄を運ぶ作業は大変。実際腰も痛めましたからね。でもやり甲斐はすごくあったんです。

でも組み立ての部署ですは、ボンヤリ部品が出来るのを眺めていると突然リーダーからお尻を蹴飛ばされたり頭を小突かれたりしたんです。

上司「働け!」

なんて言いますが、ただの暴力をですよね。

旋盤の時旋盤機が動いている間って特にやることもなく、ボンヤリとした待ち時間が発生するものなんです。

旋盤機を動かし、次もセットしているとホント次にやることなんてないです。

でも組み立ては常に作業しないといけない

  • 仕事は真面目やっている
  • でも仕事の目的がわからない
  • きちんとこなしている怒られる

工場入社してからはダサい作業服の指定されるし、ピアス禁止・髪染めることも禁止。

自分の行動がとにかく会社によって束縛されちゃうわけです。

束縛する目的って会社が管理しやすくするためですよね。

仕事での服装自由だとしても、仕事での結果を残せば問題ないですよね?

社会の常識なんでしょうけど、自分には理解出来ないし馴染めません。

気候であったり自分が着たい服を着て、好き格好で仕事すれば問題なくないですか?

リーダーとの人間関係はその時は最悪になっていましたね。

  • 社畜になりたくない
  • 会社行くが嫌
  • 休憩時間が待ち遠しくて仕方ない

このような気持ちも強くなってきてついに我慢の限界!

会社の愚痴を友人と言い合っていたのですが、何だか仕事に行くのが馬鹿らしくなり月曜日から仕事に行かなくなりました。

有給休暇を仮病で使い、さらには有給休暇を消化する頃に退職。

会社辞めてニート生活を送っていたのですが、朝起きず夜中寝る生活が凄く楽しかったです(笑)

1日中ゲームやネットサーフィンをする生活だったので、楽しくて仕方なかったです。

でも、自由時間が多すぎると次第に、何もしない日も増えてきたんです。

家に1円も入れてないですし、貯金は10万円ほどあったので「3ヶ月位ニート生活出来るなー!」って思っていたんです。

でも2-3週間ほどで生活に飽きてしまいましたね。。

  • お金ない。お金が気になって遊べない
  • 友達にニートと馬鹿にされ負い目感じる
  • 他人と関わると気が滅入る
  • 家族以外と会話しないので引きこもりになる

こんなことが理由です。

「暇つぶしに仕事でもするか」

とハローワーク行って求人情報をチェックしたりしていました。

でも自分が理想とする魅力的な求人は全然なかったですね。

自分の希望の魅力的な仕事は、通勤時間はとにかくすくない仕事。

就職して働かかなきゃ!と、メンタルが徐々に崩壊しかけていたので、早く仕事決めないと思っていたんです。

転職エージェントに相談して就職に関する現実見せられたましたね。

正社員として現実的に転職できそうなのは、営業職だけでした(笑)

仕事は大変そうでしたが、営業職の話を聞いて見ると、以前の製造業の人間関係に悩むことなさそう。

紹介されたのがアパレルの営業職だったので、服装も比較そうだので、転職することに決めました!

営業としてお客さん喜ぶ姿を想像しながら仕事するって良いですね!

今はやり甲斐もって取り組んでいますよ♪

体験談④20代/男性

20代後半で、食品工場で勤務していました。

工場は24時間稼働しているので、夜勤もある状況でしたね。

入社時は研修期間だったので、日勤仕事だけで定時帰り。

ですが入社後数ヶ月して、部署配属になると、シフト勤務が始まったんです。

毎日夜勤となり、残業時間は月間60時間超えの過酷な労働環境。。

工場勤務は人間関係も重要。

工場では毎日毎日同じ人と同じ仕事を行わないといけない環境ですからね。

仕事のミスで周囲に迷惑かけると、同じ部署の人との関係がすぐに悪化してしまいます。

学生時代の部活のような人間関係が露骨に出てきます。

社歴が長い40歳近い平社員の男性が、60歳近い契約社員の男性に敬語遣わず顎で指示しているのはビックリしました。

役職>雇用形態>社歴>年齢

というヒエラルキーがあるんです。

役職者や管理職はいるのですが、現場歴の長い人に任せていて自分は一切仕事をしません。

若い人で中途入社の契約社員なんかはイジメの対象となり、すぐに仲間はずれとなります。

各部署へ配属されたあとは、役職者や正社員に取り入りご機嫌取り。

周囲の人に気に入られれば仕事を丁寧に教えて貰えるので、現場の仕事にもスムーズ入ることができます。

ですが、コミュニケーションが取れないとイジメの対象となるので大変です。

現場仕事で要領の良い人は上手く仕事こなせるでしょう。そういった人は仕事に慣れるのも早いです。

製造業の仕事もすぐに活躍出来るようになります。

  • コミュニケーションを取るのが上手い
  • 仕事の要領が良い
  • イジメ・無視気にしない人間に興味がない人

上記のような人はすぐに仕事が出来る人として評価されるというこです。

仕事が分からない人は現場でミスすると周囲から無視。

煙たがれるので人間関係も悪化。すぐに辞めていく人も多いです。

管理職に相談しても面倒な人間関係には介入してきません。管理職の人は自分の立場だけ守れれば良いんです。相談する時間さえ意味ないですね。

あと、相談した内容がすぐに管理職から現場に知られてしまいます。

「アイツ告げ口しやがった」となり、また社内ジメの標的さえなるわけです。

現場のヒエラルキーは絶対です。

社歴の長い正社員が一番偉い。

「管理職は現場で解決しろ!」というスタンスなので相談事は現場にすぐバラされる。

工場勤務の縦社会は面倒であり過酷です。

お客様と関わる機会はないですし、常識が欠如した人がとにかく多いですね。

コミュニケーション能力に自信がない人が長く勤務し続けることは難しいと思います。

⇒「転職エージェントに登録して自分の強みをアピール方法を教えて貰いました!結果内定8社ゲット!(35歳/女性)」

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは〈完全無料〉↓↓

体験談⑤20代/男性

自動車部品メーカーで勤務していました。

夜勤手当は付いていたんです。福利厚生も他と比較すると充実していたように思います。

一番納得出来ないことは高卒・大卒の学歴で賃金など待遇が大きく違うこと。

自分より入社時期後の、社歴が浅い大卒社員の給料が自分より高いなんてことがあるんです。

昇進も高卒よりも圧倒的に早く係長・課長にすぐになれますからね。

自分は7年勤務しても平社員のまま。

月給や生涯賃金も後で入社した大卒院卒・大卒社員の方が圧倒的高いです。

大卒は、仕事1年目なんて素人当然で全く仕事出来ないじゃないですか?

でも高卒の自分は大卒の新人社員に丁寧に仕事を教えないといけないんです。

製造業に学歴なんて必要ないと思うんですけどね!

院卒の新入社員でも不器用な奴がいて、工場内のレーン作業でも何度も教えてもいつまでたっても出来ない奴もいるんです。

夜間アルバイトの学生もいますが、院卒の新人よりもアルバイト学生の方がよく働くなんてこともありますからね。

大学卒や、院卒の新人社員は、自分でも仕事できないという自覚があったみたいで、短期間で自主退社してましたw

本人や会社の双方にとっても良いことですww

院卒の学歴を使った仕事に就くべきで製造業の仕事なんて勿体無いでしょ?

このように高卒と大卒・院卒待遇の差は埋まらないので全くもって納得出来ません。

絶対に埋まらない待遇の差に嫌気が差して何度も辞めたいとおもっていました。

学歴差はあると聞いていましたがまさかここまでとは思ってなかったですからね。

会社の仕事内容には確かにやり甲斐はあります。

でも生意気な大卒社員に対して頭上がらないのだけは辛いです。

大卒院卒でも、手先使う製造業の仕事に学歴なんて関係ないはずですからね。

院卒で入社した社員と、高卒の自分では製造業としての経験が7-8年ほど差があるんです。

仕事貢献度に関しては自分の方が圧倒的に高いはず。

でも、会社として大卒社員を優遇する方針なのでそれには従うしか無い。

学歴なくても若く仕事できる社員を管理職に抜擢した方が会社にとっても良いはずなのにね。

そもそも高卒・大卒関係なく、給料を平等にした方が良いと思うのは自分だけなのでしょうか?

アホらしくなってきたので転職エージェントから紹介された会社に転職することになりました!

体験談⑥30代/男性

仕事内容への不満はたくさんあります!

上司や会社が仕事を自分に全然回してくれないんです。

どうでもよい仕事ばかり任せてくるのでウンザリ。

会社方針として、残業させてくれずに高い成果を上げないといけないのは辛いです。

仕事のミスが発生してもおかしくない状況で、毎日不安と隣り合わせで仕事する毎日。

上司に対してもちろん不満は伝えているんですよ。

でも対処や対応策も全く出てきません。

サービス残業・休日出勤して納期に何とか間に合わせている状態です。

工場長は自分の仕事頑張りを評価してくれています。

でも直属上司の判断で、人員不足なのに追加で人材を増やそうともしないわけです。

にも関わらず仕事の割り振りが下手なので、どんどん納期の近い仕事が溜まっていく始末。

仕事が溜まってくると自分に押し付けてくるんです!有り得ない!!

損な役回りの仕事がとにかく嫌になってきますね。

あと、今一緒に製品の積み込み作業しているパートナーとも不仲になってきたのも辞めたくなってきた原因です。

何十年も一緒に仕事してきたパートナーだったので残念で仕方ないです。

作業の進捗が遅れ出ている原因の1つですね。

積み込み作業のトラック運転手が好き嫌い激しい人なんですが、自分はコミュニケーション能力高いので上手く合わせれているんです。

運転手によっては全く会話しないタチ悪い人もいますからね。

受付女性には愚痴を言ったり楽しそうに話したりしているわけです(怒)

おかげで積み込み作業が遅れる原因に。。

積み込みが遅れると、全体の作業の進捗に影響もしちゃいますからね。

積み込み件数多い時は注意しますが、面倒くさい人なのであまり注意すると不機嫌になりさらに作業遅れる可能性も出てくるんです。

とにかく職場での改善すべきこと多すぎ。。

上司はあと数年で定年退職出来るので、上司はわざわざ改善するつもりなんてないみたいですけどね。

もうすぐ辞めようと思っているので、とりあえず大手の転職エージェントを複数登録してみて良い求人がないか探してみようと思ってみます!

体験談⑦40代/女性

現在の会社勤務15年ほど。

パート社員だったのですが福利厚生は充実していました。有給休暇も取得出来る職場でしたからね。

1週間のうち一定時間以上勤務していれば厚生年金の加入対象になったんです。

ですが毎日通う職場環境と考えると働きにくい環境でした。

「辞めたい!」と感じること何十回もありましたからね。

パート社員の女性も多く、年齢も10代から70代までと幅広かったです。

最近では、外国人労働者のパート社員も増えてきましたね。

外国人はプライドがとにかく高く日本人から注意されることを極度に嫌うんです。

大変な作業や辛いシフトの仕事をを露骨に嫌がるしとにかくワガママな人が多かったですね。

結局外国人労働者は大変な仕事しないので日本人のベテラン社員が仕事するしかなかったんです。

ですが基本的には外国人労働者も日本人も同じパート社員なら給料は同じ。

会社にその不満を相談しても、会社は事実関係調査も行わず外国人労働者を注意することもなかったですね。

とくに社長がお気に入りの外国人女性パート社員がいたんです。

グループリーダーになっていて1人だけ正社員並の好待遇の給料。

グループリーダーの外国人女性が社長に泣きつけば、外国人労働者全員が守られているおかしな状態だったんです。

パート社員と社長の関係知っている社員もたくさんいましたが、社長相手なので何も言えないようです。

サラリーマンですから、上司に嫌われれば生きていけません。

最悪な労働環境で、「仕事を辞めるのか?」「我慢して働き続けるかどちらか?」は非常に悩ましい問題でした。

結局外国人労働者とベテランパート社員の対決構図が鮮明になり、事あるごとにトラブルの連続。

会社の方針ついていけずに大量に退職していきましたね。

パート社員が近所で会社の悪口を言いふらしパート募集をかけても全く人が集まらない状況になったのはちょっとおもしろかったです(笑)

入社しても短期で退職されていきますよね最悪な労働環境なので(笑)

もちろん40代以降になっての退職し転職するのは躊躇する気持ちはありますよ。

ただ毎日働く職場環境や人間関係悪いと仕事する気持ちなくなってくるもんなんです。

同じ職場で仲間として同等の待遇で扱って欲しい!という当然の権利を主張しているだけなのにね。

一切私達パート社員の要望は受け入れられませんでした。

自由な振舞いや態度を許している会社に呆れ果てて、転職エージェントに相談し今は小さな鉄工所の事務として転職することが出来ました。

⇒「長年製造の仕事だけをやってきました。でも担当アドバイザーからの適職診断で、製造の仕事以外にチャレンジしてみようと思ったんです!(20代/男性)」

↓↓ 転職成功者に人気の転職エージェントとは〈完全無料〉↓↓

体験談⑧20代/男性

高卒入社し8年目。

仕事を辞めたい気持ちが強いです。

辞めたいと感じる理由は、単純で他にやりたい仕事が出来たから。

仕事内容が段々自分と合わなくなってきたんですよね。

業務品質検査の仕事だったのですが、製造した商品を装置かけ検査を行うことが主な業務。

仕事が合わないと当然楽しくないと感じるが増えてきました。

入社後の仕事では、お金のため!と割り切って働いていたんです。

仕事面白さや達成感、やり甲斐なんか感じたこと皆無。

割り切っていたので、自分の任せられた仕事の範囲しか分かりません。

検査装置も最低限の使い方しかわからなかったし、分かろうともしませんでしたね(笑)

後輩もいなかったので、仕事に対する責任感もなし。

会社行く時間がとにかく憂鬱で、「毎日仕事行きたくないなぁ」と感じていましたね。

時間ギリギリまでベッドに入ってウダウダする毎日。

この先50代・60代まで今の会社で働く将来なんて全く見えません。

通勤ルートにスーツを着ていてバリバリ稼ぎそうなサラリーマン見ると自分との違い愕然とします。

そんな感じなので休日も楽しめません。

でも金曜の夜だけは会社や仕事のことを考えなくてよいので気楽でしたね。

土曜になると月曜からの仕事のことを考え出すので憂鬱でした。

日曜は次の日から会社に備えてゆっくりしたいので趣味もなくなり引きこもがちに。

野球・サッカー・釣り・ジム・ランニングなど体を動かすアクティブな趣味があったのですが今は一切しなくなりました。

飲み会だけたまに参加するくらいですかね。

経理事務に転職したい!と思い、簿記の資格取得に向けて勉強を始めました。

会計事務所や経理事務所で働くためですね。

友人や親から「おまえに会計事務所で働けるわけない」と言われていたんです。

元々は東証一部上場の製造業で勤務した経験もあるし何とかなるかなと♪

希望の転職先はこんな感じ。

  • 有給消化率ほぼ100%
  • 賞与年2回支給
  • 人間関係も良好

簿記の勉強をしながら転職活動を始めている最中になります♪

体験談⑨40代/男性

大手製造業メーカー勤務しています。

上層部に根回しが上手な社員やだけが、本社機能部に異動することが可能な社内構造。

実力じゃなくて社内政治の巧さだけで評価されることに嫌気がさしますよ。。

理系の大学院を卒業して、工場配属になったんです。

文系総合職の同期はスーツきて顧客まわり営業職。

ブルーカラーの自分と、ホワイトカラー総合職の仕事の違いは相当大きいです。

ホワイトカラーの仕事したい!

と思い簿記勉強1級取得しました。

工場勤務だったので、工場簿記も持っていれば役立つかな?と思ったんです。

大手予備校に入学し、仕事定時上がりした後や、仕事が終わった後から終電まで予備校の自習室で勉強していました。

土日も1日13時間ほど勉強を続けましたね。

簿記1級1発合格!

人間関係も最悪な職場だったので、自分の仕事に対するポリシーとしてもモチベーション上がるわけがないです。

転職して次のステップにいきたいと思うのは必然ですよね。

サザエさん症候群のように日曜日の夕方に嫌な気持ちになるような、仕事をダラダラ続けたくないんです。

人事異動で別部署も提案されたけど固辞。

次は公認会計士の資格取得も目指したいですね!

転職エージェントに登録するべき人は?

転職エージェントを利用するべき人の特徴

  • 仕事に時間を取られ活動できない
  • 転職活動を中途半端にしたくない
  • 会社に迷惑かけず両立したい
  • 就活で仕事のプライオリティを落としたくない
  • 情報収集・書類作成を休日にしたくない
  • 面接のスケジューリングしたくない

こういった人は転職エージェントを活用すると悩みが解決されるでしょう。

特に「とにかく効率的に転職活動を進めたい」という人は絶対登録すべきです。

転職エージェントというのは、あなたの専任のコンサルタントが「あなたが活躍できる業界や職種のアドバイス」「応募書類の添削」「面接対策」などを無料で行ってくれるんです。

「じゃあオススメの転職エージェントは?」

と気になるところ。

オススメの転職エージェントは・・・

↓ ↓

転職決まらない人が多く登録している転職エージェントTOP3

doda/パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)

当サイト経由で1番多く登録されているの転職エージェントになります。

doda(デューダ)は大手人材人材会社のパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)グループが運営しているサービス。

転職支援業界で国内2位の売上高を誇っていますね。

dodaのポイントは以下になります。

①親身なサポートで転職者満足度No.1

dodaは転職者利用者へのアンケート調査で満足度No.1の実績。

満足度が高い理由としては、「登録者に寄り添った親身なサポート」だからです。

  • 転職に関する不安悩みごとの相談
  • 自分のキャリアプランに迷った時には面談でのキャリアカウンセリング
  • 将来の最適なキャリアプランの提案

このようなサポートの結果、転職サポートで年間1万人を成功に導く実績豊富なエージェントになります。

「以前転職エージェントに登録したけど放置された!」

「手厚く、親身なサポートを受けたい!」

という転職希望者が登録・利用すると特に満足度が高いですね。

②履歴書・職務経歴書の添削が抜群

dodaは履歴書・職務経歴書の添削が丁寧で分かりやすいと評判です。

転職活動での第一関門である書類選考。

応募書類で最大限自分の経験や能力をPRしないといけないのに、完璧な書類を作り上げている人は非常に少ないです。

その点、dodaのキャリアアドバイザーは

  • 1から応募書類の作成を手伝ってくれる
  • 履歴書を下書きすれば清書を代行してくれる
  • 書類選考通過率が約3倍にアップする書き方のコツを教えてくれる

といったサポートをしてくれるんです。

「書類選考で落ち続けて面接までたどり着けない・・」

という人は質が高いと評判のdodaの応募書類の添削を一度受けてみるべきですね。

③登録者限定の非公開求人が80%もある

dodaに登録した会員限定でしか閲覧できない非公開求人が全体の約80%あります。

非公開求人の中にはdodaだけが扱う独占求人も多いです。

求人の質も圧倒的に高く、業界最大手のリクルートエージェントとは違った独自の企業を紹介してくれるのが特徴。

⇒「転職者満足度No.1の言葉に惹かれて登録。確かに他の転職エージェントと比べてもサポートの質が抜群です。親身に相談に乗ってくれました!(20代/女性)」

ビズリーチ

ビズリーチはテレビCMでも話題の転職支援サービスですね。

特徴としては

①圧倒的なスカウトの豊富さ

ビズリーチに経歴書を登録するだけで、企業人事担当者や転職エージェントの担当者から毎日のようにスカウトが届きます。

登録した人のキャリア次第では、大手転職エージェントと比較して3-10倍ほどスカウトの数が増えた!という人もいます。

  • 「仕事が忙しくて求人チェックする時間がない」
  • 「とにかくたくさんの企業からのスカウトをチェックしたい」

という人は、登録するだけでスカウトがたくさんくるビズリーチが向いているでしょう。

②年収アップ出来る求人が多数

ビズリーチは他の転職エージェントと比較しても、年収アップできる求人が豊富です。

理由としてはビズリーチは元々年収600万以上のハイスペックのビジネスパーソンに特化していた転職支援サービスだったからです。

ですので現状年収が低い転職希望者であっても、ビズリーチでしかチェック出来ない好条件の求人が紹介されるでしょう。

  • 「今の年収に不満がある!」
  • 「もっともっと稼ぎたい!」

という人は登録しておくと良いでしょう。

※公式ホームページには「年収600万以上に支持される」とありますが、年収600万未満でも登録・利用は問題なく出来ます

③上場企業・大手企業の求人が多い

上に書いた「年収アップ出来る求人が多い」ということとも繋がりますが、ビズリーチは大手・上場企業の求人が多いです。

年収が多い求人が多いので、当然上場企業や大手企業の求人が多いのは必然なのですが。

ですので「新卒で入社できなかった大手に入社したい!」と感じる人は登録しておいた方が良いです。

とはいえ大手企業は周りも入社したいと感じる人気求人。

募集してもすぐに打ち切りになりますし、募集も若干名です。

なので逆算して早めにビズリーチに登録して、大手企業の求人を漏れなくチェックしておくことが大事だといえます。

⇒「他の転職エージェントよりも年収アップ出来る求人紹介が1番多かったですね!ビズリーチからの紹介求人で年収が30%ほどアップしました♪(30代/男性)」

リクルートエージェント

転職支援サービス最大手のリクルートグループの転職エージェントになります。

①業界最多の13万件の求人件数で他社を圧倒。

転職エージェント業界業界最大手リクルートエージェント。

公開求人・非公開求人が合わせると約13万件と業界最多の圧倒的な求人件数です。

「とにかくたくさんの求人の中から自分に合う求人を探したい!」

という人はリクルートエージェントの求人の多さを実感するべきでしょう。

②転職支援の成功実績32万件でNO.1

リクルートエージェントが転職支援業界で成功実績No.1となったのは以下の理由です。

求人数の多さ+担当キャリアアドバイザーの質の高さ=転職成功実績32万件

確かに、dodaのキャリアアドバイザーもレベルが高いのですが、dodaの特徴としては親切丁寧なサポートです。

一方リクルートエージェントの特徴としては、とにかくキャリアアドバイザーのアドバイスが的確ということ。

アドバイスの内容に無駄がなく、ズバリ自分が進むべきキャリアを示してくれるんです。

と使い分けが必要になってきます。

③女性向けの転職ノウハウが豊富

リクルートグループの中に人材派遣会社(リクルートスタッフィング)と連携した女性に特化した求人や濃いノウハウ情報が豊富にあります。

特に事務職・販売職などの業界職に精通したキャリアコンサルタントが多数在籍しているので相談しやすい環境は整っていますよ。

「女性ならでは目線で悩みを相談したり、共感してくれる担当者が良い!」

と感じる女性の転職希望者が登録すると満足なサポートを受けることが出来ます。

④夜間・土日祝日でもサポート受付!

リクルートエージェントは、平日・土日祝日いつでも20時以降にも相談が出来るんです。

「仕事が忙しいからなかなか転職活動の時間が割けない・・」

という人でも、在職しながら転職活動が出来るサ手厚いサービスと言えますね。

⇒「業界最大手だけあって紹介される求人数は桁違い!転職サイトに掲載されてない非公開求人も紹介されたので大満足です!(20代/女性)」

合わせてよく読まれている記事

①自動車工場ラインがきつい理由13個。

自動車工場ラインがきつい理由13個。将来のキャリアプランに繋がらず転職で苦労する!過酷な環境から逃げ出そう
「自動車工場ラインの仕事ってキツイって聞くけど実際はどうなの?」 「短期間でガッツリ稼ぎたいけど、体も精神も壊すから自動車工場は辞めと...

②長距離ドライバーが過酷な原因16個。

長距離ドライバーが過酷な原因16個。睡眠時間3時間&低賃金ドライバーを抜け出すたった1つの方法を紹介します。
「今日も3時間睡眠・・・休みは今月3日だけ。長距離ドライバーってこんなに過酷だと思わなかったよ」 「長距離ドライバーって労働時間も拘束...

③面接に落ちるパターンが存在する!

面接に落ちるパターンが存在する!あなたが面接に受からないたった4つの理由や原因を紹介
「面接に合格しないよー・・。落ちるパターンとか傾向ってあるのかな・・」 「面接に落ちる人の特徴ってなに?自分の性格が原因で面接に落ちて...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする