もっと働きたい人が転職成功させるたった1つの方法。転職時の注意点や、シングルマザーやパートでも今すぐ転職するコツも!

「今の職場ぬる過ぎる!もっと働きたい!!」

という理由で転職を思い立つ人も実は多いです。

  • 残業ゼロ
  • 仕事量少ない
  • 社内雰囲気ゆるい
  • 喋りながらダラダラ仕事。定時帰宅

ホワイト企業志向強い人が聞けば泣いて喜びそうな天国ような職場に見えるかもしれませんね。

でも職場が「ぬるい」というのは想像以上に苦痛。

社内で仕事もないいわゆる「社内ニート」のような状況になり苦しむ人だっているんです。

「もっとバリバリ働きたい!」と感じるなら転職して今環境を変える検討するべきでしょう。

今回は下記のことを紹介していきますね。

  1. もっと働きたい!と感じる人の特徴
  2. もっと働きたい!アナタが転職先選びで失敗しない方法
  3. もっと働きたい!と感じる人の体験談

参考にしてみてください。

⇒「自分に向いている仕事にようやく出会えました。毎日が楽しくて仕方ない!(38歳/女性)」


>>>「もっと働きたい!」アナタも活躍出来る!人気の転職エージェントの選び方をチェックする

「もっと働きたい!」転職するべき人の特徴4選

特徴①ぬるい環境が耐えられない人

もっと働きたい人
こんなぬるい職場で一生働けない!

ぬるい環境を脱出すれば、長期的には自分ためになりますからね。

確かに、ぬるい職場も短期的には居心地が良いでしょう。

ぼんやり過ごせますからね。でも一切スキル・能力は身につきません。

休日などの余暇活動で、不足している能力補えなければ、仮にぬるい職場離れる場合(退職・会社倒産・異動・吸収合併)はもう大変!

次の職が見つからずに本気で、露頭に迷う可能性だって出てきます。

仮に、今の職場を離れてしまった場合すぐに今と同じくらいの待遇で転職先は見つかるのか?

何も出来ない・能力ない人は、早めにぬるい職場は抜け出して特定の会社に依存しないスキルを身につけるべきといえます。

特徴②社内ニートに陥っている人

参照:経済白書〈内閣府〉

内閣府が発表している「雇用保蔵」に関するデータがあります。

雇用保蔵というのは、雇ったけど仕事がない状態。つまり社内ニートのようなものです。

その雇用保蔵の人数が2009年の607万人もいるとされているんです。

ちなみに2016年の日本の労働人口は6648万人〈みずほ総研調べ

6648万人の労働人口に大して、607万人も社内ニート(雇用保蔵)がいるってことなので、全体の約1割にも及ぶってことですね。

 会社に行っても仕事がない! 社内ニート激増のワケ〈日刊SP〉

社内ニート状態に陥った人は本当に辛いし悩みが深いです。

昔でいうところの窓際族という言い方ですね。

現代では追い出し部屋として意図的に退職に追い込む会社さえあります。

日本社会では過労死毎日1.3人が過労死しているとされています。

平成28年版過労死等防止対策白書

過労死で毎日1人以上の労働者の命を奪い続けている日本

働きすぎで悩む人も多い反面、逆に社内ニートで悩む人も多いわけです。

過労気味の人からすると社内ニート悩む人を見ると

「羨ましいなぁ自分と変わって欲しいと思うよw 」

などと相談しても理解されないのでまた辛い気持ちになっちゃいますよね。

特徴③仕事が暇で楽すぎるから辞めたい

仕事楽すぎて暇だから「もっと仕事したい!」と思う人も少なくありません。

楽&暇な職場を続けることはデメリットでしかないですからね。

成長出来ないですし、仕事しないので経験も当然積めません。

上司に「もっと仕事ください!」といっても上司も仕事ないので、貰うことも出来ない。

数年間だったらまだ良いです。

でも何十年も暇で楽な仕事としていたので、キャリアは取り返しつかないことになってしまいます。

「若い時苦労買ってでもしろ!」

なんてことわざもありますよね。自分でキャリアを選択して経験値を積める会社に転職した方が自分の将来のためにも正しい選択です。

暇で楽な仕事では仕事に対するモチベーションを保ち続けるのも大変ですよ。

実際私の友人も、評判の良い職場と聞いて転職したものの、仕事内容は楽すぎて毎日定時上がり。

その友人は、何事にも目標決めて挑戦することにやり甲斐感じる人だったので全く合わない!ってことで短期間で退職してました。

あと、「仕事が暇だから」という理由で転職面接を受ける場合の注意点としては退職理由をポジティブに伝えること。

「与えられた仕事以外にも自発的に積極的に仕事取りにいきました。でも全然仕事が足りないかったんです。ですので自分の経験や知識活かしてどんどん仕事をして色々となことを吸収したいと思っています」

ということ。

コストダウンや、時間短縮など自分で出来る仕事は全てやりました!とアピールしましょう。

特徴④単純作業の繰り返しに飽きてきた人

毎日同じことの繰返しの仕事内容で飽き飽きしている人も、転職するべきですね。

キャリアアップも出来ないですから、転職したいと思うのも当然です、

ただ、転職面接でストレートに言うのはやはりNG。

「今の仕事では◯◯の点は学べたし、◯◯のスキルは身につきました。そのスキルを活かして今後は営業職にチャレンジしたい。前職の▲▲の能力は今回募集されている営業職で活かせると考えている」

とネガティブな退職理由をポジティブに言い換えることがやはり大事なんです。

新卒のように「頑張ります!」「◯◯がしたいです!」では、絶対に転職活動で苦労します。

転職面接は新卒で補えないような即戦力やマネジメントスキルをもった人材を求めているんです。

新入社員みたいに研修もないですし、1から教育なんて期待出来るわけもないです。

しっかりと、過去の実績や数字も交えてアピールしましょう。

特徴⑤シングルマザーで働く必要がある人

  • 離婚し小さな子供育てないといけない・・
  • 元旦那から養育費も貰えない・・・

こういったシングルマザーの人は「もっと働きたい!」「もっと働いて稼がないと!」と思って当然です。

子供の保育園のお迎えなんか時間調整も必要であればパート社員という方法もあります。

また家族が夜遅くまで面倒をみてくれるなら迷わずに収入が高いフルタイムの正社員を選ぶべき。

ちょっとでも給料の高い待遇の良い会社は自分1人では見つけれません。

求人誌・ハローワーク・ネットなどに出回らない非公開求人も多数ありますからね。

特徴⑥扶養枠を外れたいパート勤務

  • 子供大きくなり子育ては一段落ついた
  • 子供もいないのでバリバリ働きたい
  • 産休・育休から仕事復帰する予定

こんな状態のパート勤務の人は、低い時給で働いているのは勿体無い!

パートと正社員では生涯賃金に2倍以上の差があります。

また任される仕事のやり甲斐もパートと正社員では天と地。

扶養枠を外れて働ける環境にあるなら転職活動を始めて自分のキャリアの可能性を探ってみるべきですね。

ハッキリいいますが、パート勤務の仕事は50代でも60代でも出来ます。

でも正社員の仕事に転職するのは年生制限も確実に存在しますからね。

ちょっとでも早いほうが良いに決まっています。

⇒「転職して今の仕事に出会えてから初めて自分のことが好きになれた気がします(30歳/女性)」

>>>「もっと働きたい!」アナタも活躍出来る!人気の転職エージェントの選び方をチェックする

「もっと働きたい!」転職する際の注意点2つ

もっと働きたい人
もっと働きたいから今すぐ転職しよう!

早く職場環境を変えたいからと急いで転職するのは止めておきましょう!

下記の注意点を踏まえて上で転職するとより失敗する確率を減らすことが出来ますよ。

注意点①激務の職場へ転職するのは注意

ぬるい環境から抜け出したい!と転職する人が第一目標とする転職先の候補としてはやはり激務な職場でしょう。

ただ、今後のキャリアや自分のやりたいことも考えずに激務な職場に転職してはいけません。

激務な職場として人気なのは、外資系投資銀行/戦略コンサルティングファーム/シード期スタートアップやベンチャー企業でしょう。

現在のぬるい職場にうんざりしているアナタは「やり甲斐ある仕事ならどこでも良い!」と安易に考えがちなのです。

一度冷静になって、激務の先にアナタが得れるものはなにか?

ということを考えるべきです。

激務な職場は想像以上に肉体的・精神的プレッシャーを感じます。

例えば投資銀行への入社目指すのなら、3-5年から在籍した後に自分で事業をやる!などとキャリアプランを決めておくと良いです。

他にも、スタートアップにCFOとしてジョインして、会社を成長させ社会を変えてやる!

でも良いでしょう。とにかく具体的なキャリアプランは描いておくべきです。

ただ単に「もっと働きたい!忙しく働きたい!」という動機だけでの転職理由は考え直すべきです。

働き始めた途端に、突然心が折れてしまう可能性だってあるからです。

注意点②面接での志望動機が「ぬるい職場抜け出したい「NG」

面接での志望動機を伝える時にストレートに伝えすぎるのは止めておきましょう!

「今の職場ぬるいからバリバリ働きたい!」

という志望動機は控えるべきですね。

ヤル気をアピールすれば高評価を得られるでしょ?

と思いがちですが、実際ストレートすぎる志望動機は面接官からの評価は高くありません。

大学生の新卒面接なら許容範囲です。

ですが、数年でもキャリアを積んだ転職面接で評価されません

理由としては、「過去の職場で成し遂げたことが、具体的な数字を交えてアピールされてないから」

また、成功も体験ないので「職場がぬるい」とただ単に逃げていると思われる可能性もありますね。

面接官の心証が悪くなるので不採用の確率がアップします。

ベンチャー企業や外資系の採用担当者に話を聞いたことがあるのですが、

「現在の職場環境が緩いから抜け出したい!」「厳しい職場にチャレンジして成長したい!」という求職者って結構多いって聞きました。

で、仮に雇ったとしても会社への不満ばかり大したパフォーマンスも残せずに辞めていくケースが多いとのこと。

確かに職場環境が、パフォーマンスに影響を与えるのは事実。

でも、自分の努力のなさを棚に上げて環境の責任するのは転職面接ではやってはいけないことです。

そのような態度では希望する会社でも嫌われてしまうでしょう。

転職面接のコツは、あくまでの過去の職務経験や成功体験をアピールすること。

「ぬるい職場環境を脱したい!もっと働きたい!」

という志望動機が刺さるのは残念ながらブラック企業だけです。危険性が高すぎ。

ブラック企業はアナタノ能力なんて評価してません。

ヤル気がある人材使い潰すだけ。

そういった質の低いブラック企業に採用され間違っても入社しないようにしてくださいね。

⇒「部下の気持ちに理解のある上司の元でマイペースに仕事を出来ています(25歳/女性)」

>>>「もっと働きたい!」アナタも活躍出来る!人気の転職エージェントの選び方をチェックする

「もっと働きたい!」転職を成功させるたった1つの方法

友人や知人に「もっと働ける会社知らない?」と相談しても相談相手ふさわさしくないケースも多いです。

なぜならアナタの「もっと働きたい!」と思いに共感が出来ないから。

だったら、転職のプロの転職エージェント相談するべきです。

職業のプロですから、アナタと似たような悩みを持つ求職者を多数接しサポートしています。

似た悩みにも何度も遭遇していますからね。

また友人・知人と違って、実際に仕事を紹介出来る立場にありますから、提示される選択肢も必然的に多くなります。

とはいえ、転職エージェントも商売です。

オススメされるがまま転職する必要なし。転職活動で利用出来る情報だけ取捨選択して利用するべきですね。

無料なので深く考えずにとりあえず相談って感じで良いと思いますよ。

「もっと働きたい!」人が希望の転職先を見つけれるたった1つの方法

とはいえ

「もっと具体的に自分でも希望求人に就職出来る方法を教えてくれよ!」

と感じますよね。

先程書いたハローワークなどの公的機関も積極的に活用してほしいのですが、ハローワークにも唯一デメリットがあります。

それは、求人数が圧倒的に少ないことです。

企業が人材を募集する際にハローワークを積極的に使っていません。

求人数が少ないので、あなたの希望する職種の仕事がない可能性があります。

ではどうしたら、希望職種で転職が出来るのか?

「でも希望の仕事なんてどうやって見つけるんだよ?!無理だよ!」

と半ば諦めがちな人も多いと思います。

そんな人は転職エージェントに登録するのが1番の近道です。

あなた1人で今の仕事をしながら、下記のことができますか?

  • 楽な仕事の求人探し
  • ブラック企業ではないのかのチェック
  • 履歴書・職務経歴書の内容のチェックや添削
  • 面接対策
  • 企業研究・業界研究
  • 志望動機を考える
  • 内定後の給与などの条件交渉

恐らく時間のない状態で1人で全て完璧にこなすのは不可能に近いです。

ですが転職エージェントに登録すれば無料で全てサポートしてくれるんです。

もっと働きたい人
なぜ無料なの? 

と思うかもですが、転職決定時に企業から紹介手数料を貰うので、転職希望のあなたは完全無料。

なので、転職活動する上で転職エージェントを使わない理由がないんです。

「でも転職エージェントはどこを使えばいいか分からない!」

という人もいるでしょう。

基本的には転職エージェントは最低3社は登録するべき。

  1. リクルートエージェント
  2. DODA
  3. ビズリーチ

転職をエージェントを上手に選ぶコツはココにも書いているのでチェックしてみてください。

リクルートエージェントが転職エージェントの中でも優れている理由5つ

理由①求人の9割が非公開求人で約10万件!

転職エージェントも私自身複数登録しました。

リクルートエージェントが1番良かったなと感じた理由の1つが、「圧倒的な求人数の多さ」ですね。

主要エージェント求人数比較
■リクルートエージェント:10万件
■DODA:8万件
■ビズリーチ:5万件

さらにリクルートエージェントではの求人の9割が非公開求人。

つまり登録者限定で応募できる求人約9万件もあるんです。

転職といえば、リクナビネクスト・マイナビ転職などの求人サイトが一般的です。

ですが、求人サイトには掲載されていない独占求人がリクルートエージェントには数多く紹介されています。

転職サイトリクナビNEXT(転職サイト)と、リクルートエージェント(転職エージェント)の求人数を比較してみました。

リクナビNEXTの求人数【東京23区】

リクルートエージェントの求人数【東京23区】

  • リクナビNEXT求人数⇒3,170件
  • リクルートエージェントの求人数⇒31,991件

約10倍リクルートエージェントの方が求人数が多いです。

当然求人が多くなると、私達求職者にとっては選択肢が増えるので、求人数に比例して内定数も増えていくことになります。

⇒「転職エージェントを使ったら、仕事しながらでも希望の職場見つけれました!(27歳/女性)」

理由②大手企業なので安心して登録できる

各転職エージェントの売上比較
■リクルートエージェント(リクルートグループ):1兆5886億円
■DODA(パーソルグループ):5175億円
■ビズリーチ:非上場のため非公開
※売上はグループの連結

上記を見ても分かるようにリクルートグループの売上が競合他社と比較しても圧倒的。

  • 「タウンワーク」
  • 「SUMO」
  • 「ゼクシィ」
  • 「ホットペッパー」
  • 「じゃらん」

などのグループ内に多くの有名ブランドがあり、テレビCMも放映している大手企業が提供しているサービスです。

やはり大手企業ですので、安心して転職支援サービスにも登録できます。

転職情報サイトに不正アクセス – 個人情報流出の可能性

こういった情報漏洩の問題を見ても分かるようにやはり中小の転職サイト・エージェントへの登録は不安が残ります。

その点リクルートエージェントは大手企業ですし「Pマーク」というプライバシー保護に免許も持っているので安心出来ます。

理由③登録者の62.7が年収アップしている

2011年のデータですがリクルートエージェントに登録者した22,000人のうち、62.7%が年収アップ出来ています。

「転職するなら年収アップしたい!」

と思うのは当然のこと。

リクルートエージェントは年収アップのための独自ノウハウを持っているんでしょう。

⇒【無料】求人件数10万件のリクルートエージェントの詳細を見る

理由④専任コンサルタントのアドバイスが適格すぎる

リクルートエージェントの転職エージェントの専任コンサルタントの方の私へのアドバイスが適格過ぎると感じました(笑)

私は過去に2回リクルートエージェントを使った経験があるのですが、担当アドバイザーから転職を止められたこともあったんです。

「今のご経歴では転職せずに経験を積まれた方が良いです。

2-3年ご経験を積んでから転職活動された方が希望の仕事・希望年収を得やすくなると思いますよ。」

と場合によっては転職しないほうがいいというアドバイスをされることもあるんです。

転職エージェントっていうと、「転職を強引に急かしてくるというイメージ」だったのですが実際は全くそんなことはなかったです。

履歴書や職務経歴書の添削をお願いしてから2.5倍ほど書類選考の通過率がアップしたこともあったので凄くサポートの質が高いんだなーと思いました。

理由⑤リクルートエージェントは業界最多の全国16拠点

転職したい人
拠点数が多いからどうなの?

と思うかもですが、転職エージェントの拠点数が多いということは直接アドバイザーに会って相談が出来るってことです。

転職エージェント登録の際は電話での面談も可能。

ですが、直接アドバイザーに会って面談出来れば自分の希望求人を細かなに伝えることが出来ますし、模擬面接などしてもらえます。

なので拠点数が多いほうが質の高いサポート受けやすいということに繋がります。

各エージェント拠点数比較
■リクルートエージェント:16拠点
■DODA:10拠点
■ビズリーチ:5拠点

リクルートエージェントへの無料登録方法

ですので、早速リクルートエージェントへ無料登録を行い、専任コンサルタントからアドバイスを受けましょう!

まず、公式ホームページより登録画面に進みます。

■リクルートエージェント公式HPのURL
https://www.r-agent.com

  • 氏名
  • 年齢
  • 住所
  • 連絡先
  • 直近の職歴
  • 希望面談日(電話面談でもOK)

などの必須項目を入力しましょう。

面談の方法に関して

面談は、リクルートエージェントの全国16か所ある事務所に訪問しても良いですし、電話面談で登録を済ませても大丈夫です。

登録者の8割は電話での面談で登録を済ませる人も多いので、電話面談の希望日程などを「自由記入欄」に記載しておくと良いですよ。

電話面談の場合は30分程度、訪問しての対面での面談は60分ほど。

面談日は「土日祝」「平日20時以降」でもOKなので仕事しながらでも面談しやすいですね。

登録後、数時間以内にリクルートエージェントの担当の方から電話で連絡が入ります。

面談日程の調整をその電話で行います。面談日程を決めれば、後は面談日を待つだけです。

必要書類など

面談日までに必ず用意しておいた方がよいものは職務経歴書です。

職務経歴書がないと、いくら転職のプロのコンサルタントの方でも、あなたに適切なアドバイスや、求人を紹介することは出来ません。

経歴を元に、話が進みますので、当日円滑に登録が進むように、職務経歴書は用意しておきましょう。

必要書類の準備に関しても、登録した後の電話で丁寧に説明してもらえます。

ちなみにリクルートエージェント登録者限定で、職務経歴書の作成サポートしてくれる「レジュメnavi」を使って簡単につくることが出来ます。

実際のレジュメnaviの画面なんですが、「名前」「経歴」を案内に沿って入力するだけで自動的に経歴書が作られるんです。

「パソコンにワードが入ってない!」

「経歴書を1から作るのが面倒くさい!」

という人でもレジュメnaviがあれば簡単に作れちゃいます。

⇒「転職エージェントに登録して自分の強みをアピール方法を教えて貰いました!結果内定8社ゲット!(35歳/男性)」

リクルートエージェントへ登録して今よりも条件の良い職場へ転職しよう!

転職は当然ですが、転職のプロに相談するのがベスト。

私自身、リクルートエージェントへ登録して応募書類の添削をしてもらってから、書類選考の通過率が約2.5倍にアップしました。

転職エージェントのプロの視点は、本当にすごいんだなと感心しましたね。

いかに自分で作った応募書類の内容が穴だらけだったかということですが(笑)

リクルートエージェントへ登録してプロのコンサルタントにアドバイスを受けることで、確実に今以上企業に対してアピールすることが出来ます。

結果、収入面・待遇面・仕事の内容で、今以上の職場に転職できる確率もグッとアップしますよ。

今すぐ登録して、絶対に転職を成功させましょう!!

⇒【無料登録】業界No.1リクルートエージェントの詳細をもっと見たい

登録するべき転職エージェント3社

リクルートエージェント

>>>リクルートエージェント無料登録する

■おすすめ度

■特徴

転職支援サービス最大手のリクルートグループの転職エージェントになります。

①業界最多の13万件の求人件数で他社を圧倒。

転職エージェント業界業界最大手リクルートエージェント。

公開求人・非公開求人が合わせると約13万件と業界最多の圧倒的な求人件数です。

「とにかくたくさんの求人の中から自分に合う求人を探したい!」

という人はリクルートエージェントの求人の多さを実感するべきでしょう。

②転職支援の成功実績32万件でNO.1

リクルートエージェントが転職支援業界で成功実績No.1となったのは以下の理由です。

求人数の多さ+担当キャリアアドバイザーの質の高さ=転職成功実績32万件

確かに、DODAのキャリアアドバイザーもレベルが高いのですが、DODAの特徴としては親切丁寧なサポートです。

一方リクルートエージェントの特徴としては、とにかくキャリアアドバイザーのアドバイスが的確ということ。

アドバイスの内容に無駄がなく、ズバリ自分が進むべきキャリアを示してくれるんです。

と使い分けが必要になってきます。

③女性向けの転職ノウハウが豊富

リクルートグループの中に人材派遣会社(リクルートスタッフィング)と連携した女性に特化した求人や濃いノウハウ情報が豊富にあります。

特に事務職・販売職などの業界職に精通したキャリアコンサルタントが多数在籍しているので相談しやすい環境は整っていますよ。

「女性ならでは目線で悩みを相談したり、共感してくれる担当者が良い!」

と感じる女性の転職希望者が登録すると満足なサポートを受けることが出来ます。

④夜間・土日祝日でもサポート受付!

リクルートエージェントは、平日・土日祝日いつでも20時以降にも相談が出来るんです。

「仕事が忙しいからなかなか転職活動の時間が割けない・・」

という人でも、在職しながら転職活動が出来るサ手厚いサービスと言えますね。

■リクルートエージェントに登録すべき人
①どこの転職エージェントよりもたくさんの求人を紹介して欲しい人
②転職成功実績を元に的確な内定までのノウハウを知りたい人




DODA/パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)

>>>DODA公式サイトで無料登録する

■おすすめ度

■特徴

DODA(デューダ)は大手人材人材会社のパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)グループが運営しているサービス。

転職支援業界で国内2位の売上高を誇っていますね。

DODAのポイントは以下になります。

①親身なサポートで転職者満足度No.1

DODAは転職者利用者へのアンケート調査で満足度No.1の実績。

満足度が高い理由としては、「登録者に寄り添った親身なサポート」だからです。

  • 転職に関する不安悩みごとの相談
  • 自分のキャリアプランに迷った時には面談でのキャリアカウンセリング
  • 将来の最適なキャリアプランの提案

このようなサポートの結果、転職サポートで年間1万人を成功に導く実績豊富なエージェントになります。

「以前転職エージェントに登録したけど放置された!」

「手厚く、親身なサポートを受けたい!」

という転職希望者が登録・利用すると特に満足度が高いですね。

②履歴書・職務経歴書の添削が抜群

DODAは履歴書・職務経歴書の添削が丁寧で分かりやすいと評判です。

転職活動での第一関門である書類選考。

応募書類で最大限自分の経験や能力をPRしないといけないのに、完璧な書類を作り上げている人は非常に少ないです。

その点、DODAのキャリアアドバイザーは

  • 1から応募書類の作成を手伝ってくれる
  • 履歴書を下書きすれば清書を代行してくれる
  • 書類選考通過率が約3倍にアップする書き方のコツを教えてくれる

といったサポートをしてくれるんです。

「書類選考で落ち続けて面接までたどり着けない・・」

という人は質が高いと評判のDODAの応募書類の添削を一度受けてみるべきですね。

③登録者限定の非公開求人が80%もある

DODAに登録した会員限定でしか閲覧できない非公開求人が全体の約80%あります。

非公開求人の中にはDODAだけが扱う独占求人も多いです。

求人の質も圧倒的に高く、業界最大手のリクルートエージェントとは違った独自の企業を紹介してくれるのが特徴。

■DODAに登録すべき人
①「転職初心者でどの転職エージェントに登録したらいいか分からない」
②「求人数も多く・サポートの質も良いバランスの良い転職エージェントに登録したい」



ビズリーチ

>>>ビズリーチ公式サイトで無料登録

■おすすめ度

■特徴

ビズリーチはテレビCMでも話題の転職支援サービスですね。

特徴としては

①圧倒的なスカウトの豊富さ

ビズリーチに経歴書を登録するだけで、企業人事担当者や転職エージェントの担当者から毎日のようにスカウトが届きます。

登録した人のキャリア次第では、大手転職エージェントと比較して3-10倍ほどスカウトの数が増えた!という人もいます。

  • 「仕事が忙しくて求人チェックする時間がない」
  • 「とにかくたくさんの企業からのスカウトをチェックしたい」

という人は、登録するだけでスカウトがたくさんくるビズリーチが向いているでしょう。

②年収アップ出来る求人が多数

ビズリーチは他の転職エージェントと比較しても、年収アップできる求人が豊富です。

理由としてはビズリーチは元々年収600万以上のハイスペックのビジネスパーソンに特化していた転職支援サービスだったからです。

ですので現状年収が低い転職希望者であっても、ビズリーチでしかチェック出来ない好条件の求人が紹介されるでしょう。

  • 「今の年収に不満がある!」
  • 「もっともっと稼ぎたい!」

という人は登録しておくと良いでしょう。

※公式ホームページには「年収600万以上に支持される」とありますが、年収600万未満でも登録・利用は問題なく出来ます

③上場企業・大手企業の求人が多い

上に書いた「年収アップ出来る求人が多い」ということとも繋がりますが、ビズリーチは大手・上場企業の求人が多いです。

年収が多い求人が多いので、当然上場企業や大手企業の求人が多いのは必然なのですが。

ですので「新卒で入社できなかった大手に入社したい!」と感じる人は登録しておいた方が良いです。

とはいえ大手企業は周りも入社したいと感じる人気求人。

募集してもすぐに打ち切りになりますし、募集も若干名です。

なので逆算して早めにビズリーチに登録して、大手企業の求人を漏れなくチェックしておくことが大事だといえます。

 

■ビズリーチに登録するべき人
①「年収が低い。転職して給料を増やしたい!」と思う人
②転職エージェントの担当者から手厚いサポートを受けたい人


もっと働きたい人の転職体験談6個

体験談①20代/男性

前職は古参社員が多い銀行に新卒で入社したんです。

配属部署も本当にぬるい部署・・・毎日職場でダラダラ過ごす毎日なので本当に地獄のような苦しみでした。

ぬるい環境脱出するために転職エージェントに相談して転職活動!

結果、希望していたベンチャー企業へと転職することが出来たんです。

毎日超多忙の日々を送れているので充実感を感じています。

転職前と比較しても業務量は約10倍近くと飛躍的に上昇しました。

仕事や会社にも概ね満足ですね。

会社の成長にもしっかり貢献出来ているので銀行時代に考えれなかったくらい相応の報酬を貰うことが出来ました。

転職エージェントのおかげで転職成功させることが出来ましたよ!

体験談②30代/女性

主婦です。以前は営業事務の仕事していたんです。

入社当初は、お客さん相手の接客とか、事務担当していてそこそこ忙しく働いていました。

でも不況でお客さん来店しなくなっちゃんたんです。

お客さんが来ないと発注や事務仕事なども激減。毎日やることも無いので他部署の手伝いなんかもしてました。

でも手伝いなんですぐに終わちゃいます。

1日中ぼーっとしてたり、おしゃべりしたりするだけ。

最初はこんな楽で暇なのに給料もらえるなんて楽で良いな!

なんて思ってましたけど、会社に行ってももやることないって何のために会社に行くのか?って気持ちになりますよ。

やる気なくなる次第に消え失せてきて会社に行くのも本当に億劫になったきました。

やり甲斐有る仕事したい!

会社辞めて転職することに。

だって上司にも「もっと仕事がしたいです!」と相談したものの忙しい他部署への異動も出来なかったので。

退職して転職するしかなかったんですよね。

体験談③40代/男性

建設関係の商社勤務しています。

仕事内容としては、建設現場に必要な資材の発注があれば手配し配達することですね。

本当に消費税アップ前忙しかったんですよ。

でも、最近になって業績が急激に悪化。

普段の仕事内容も暇になっちゃいました。

残業もなくなり毎日18時退社。

しかも16時頃にはその日仕事終わっているんですよ。。

1日2時間以上も暇な時間があるのは結構辛いです。

会社将来性にも不安あるので辞めて転職活動を開始しています。

東京オリンピック以降は建設業界は不況と言われてますからね。

体験談④30代/男性

仕事熱心な自分なので残業の必要性があるのに、妨げられると鬱憤溜まって仕方ないんですよね。

同僚が大きな失敗してプロジェクト頓挫させちゃったことがあったんです。

僕は、率先し残業して軌道修正図るぞ!って気持ちだったのですが、上司の判断でプロジェクト中断。

自分の感覚としては頑張れば何とかなる!と確信していたのですが悶々とする毎日。

大きな予算のプロジェクトだったので、中断後の数日間は、「あの時残業して軌道修正出来ていれば・・」という思いが頭から離れません。

仕事も手に付かなくなりました。

どこかで「この会社はダメだな」と見切りをつけていたんでしょうね。

気づけば上司の目を盗み転職活動している自分がいました。

有給休暇取得し積極的に転職採用面接を受けてました。

転職エージェントに相談したこともあってか、不採用通知がくる会社ほどんどなかったです。

すぐに転職先も決まったので、これからは新しい職場でバリバリ働いて頑張るつもりです。

周囲の知人や両親には「なぜ退職したのか?」と言われますが、残業を増やしてもっと働く!ことが僕の心身の健康状態を良好に保つコツなんです。

忙しく厳しい環境に身をおける今の環境には感謝していますね。

体験談⑤30代/女性

育休復帰後に、ママでも活躍出来る転職先を見つけたんです!

その会社は、安定した大企業で上司や同僚も本当に良い人ばっかりでした。

私は仕事っが大好きなので、定年までバリバリ働くつもりだったんです。

産休に入る前は、忙しい時期になると終電ギリギリまで残業なんて当然。

決算前にはホテルに泊まり込んで深夜まで働いてたこともあったんです。

やり甲斐ある仕事だともっと仕事したい!しか思ってなかったですからね。

でも、育休後に時短勤務として職場復帰した後は常にもやもや。

だって、時短勤務だとメイン業務から外されて、他部署の問い合わせ対応とか、業務改善のための周辺業務に就くことがメインになるから。

なので、転職を考え始めたんです。

でも最初は転職なんて「既にスキルアップしている人や、キラキラバルバリ働いている人だけのもの!」なんて思っていましたからね。

時短でママで、正社員求人のは少ないのかなーと半ば諦めかけていたんです。

子供を犠牲して働きたくない。でも限られた仕事でもバリバリ仕事したい!

そんな時に転職エージェントに紹介された企業は最高でした。

経営理念共感できたし、丁度システム刷新の予定だったので自分の過去のノウハウやキャリアも活かそう!と思い転職を決意。

転職エージェントの登録者限定の非公開求人だったので本当に助かりました♪

社内のチームワーク良いですし、転職エージェントから聞いていた入社前雰囲気などギャップもありません。

刺激的な毎日を送れていますよ!

体験談⑥40代/女性

転職エージェントに登録して扶養枠内のパート勤務⇒正社員フルタイムに転職出来ましたよ!

私はアラフォーのパート主婦だったんです。

夫の意見として「働くにしても扶養内してね?」と釘を刺されていたんです。

でも子供も居ないですし、時間も余りますからね。。

仕事が好きなのでもっと働きたい!と思ってきたんです。

パートの職場では、仮に長期間働いたとしてもスキル・キャリア身につきません。

メリットなんて皆無!

働きたくてもバリバリ働けないストレスでしたよ。。

扶養を外れて働くパートではない正社員転職したい!

定年近くまで継続出来る仕事が良い!

と思い転職エージェントを使ってみたんです。

専門職ない資格もないけど、フルタイムで働きたい!と思うのはワガママかな?とも思ってはいたんですが(笑)

今の仕事に飽きたし、前職の退職理由の伝え方も自分では分からなったので全て専任のキャリアがアドバイザーさんに相談出来ました。

結果、1ヶ月ほどの転職活動で、パート勤務だった私でも正社員フルタイムの仕事を見つけれたんす。

転職エージェントの担当者さんには感謝しかないですね!

登録するべき転職エージェント3社

リクルートエージェント

>>>リクルートエージェント無料登録する

■おすすめ度

■特徴

転職支援サービス最大手のリクルートグループの転職エージェントになります。

①業界最多の13万件の求人件数で他社を圧倒。

転職エージェント業界業界最大手リクルートエージェント。

公開求人・非公開求人が合わせると約13万件と業界最多の圧倒的な求人件数です。

「とにかくたくさんの求人の中から自分に合う求人を探したい!」

という人はリクルートエージェントの求人の多さを実感するべきでしょう。

②転職支援の成功実績32万件でNO.1

リクルートエージェントが転職支援業界で成功実績No.1となったのは以下の理由です。

求人数の多さ+担当キャリアアドバイザーの質の高さ=転職成功実績32万件

確かに、DODAのキャリアアドバイザーもレベルが高いのですが、DODAの特徴としては親切丁寧なサポートです。

一方リクルートエージェントの特徴としては、とにかくキャリアアドバイザーのアドバイスが的確ということ。

アドバイスの内容に無駄がなく、ズバリ自分が進むべきキャリアを示してくれるんです。

と使い分けが必要になってきます。

③女性向けの転職ノウハウが豊富

リクルートグループの中に人材派遣会社(リクルートスタッフィング)と連携した女性に特化した求人や濃いノウハウ情報が豊富にあります。

特に事務職・販売職などの業界職に精通したキャリアコンサルタントが多数在籍しているので相談しやすい環境は整っていますよ。

「女性ならでは目線で悩みを相談したり、共感してくれる担当者が良い!」

と感じる女性の転職希望者が登録すると満足なサポートを受けることが出来ます。

④夜間・土日祝日でもサポート受付!

リクルートエージェントは、平日・土日祝日いつでも20時以降にも相談が出来るんです。

「仕事が忙しいからなかなか転職活動の時間が割けない・・」

という人でも、在職しながら転職活動が出来るサ手厚いサービスと言えますね。

■リクルートエージェントに登録すべき人
①どこの転職エージェントよりもたくさんの求人を紹介して欲しい人
②転職成功実績を元に的確な内定までのノウハウを知りたい人




DODA/パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)

>>>DODA公式サイトで無料登録する

■おすすめ度

■特徴

DODA(デューダ)は大手人材人材会社のパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)グループが運営しているサービス。

転職支援業界で国内2位の売上高を誇っていますね。

DODAのポイントは以下になります。

①親身なサポートで転職者満足度No.1

DODAは転職者利用者へのアンケート調査で満足度No.1の実績。

満足度が高い理由としては、「登録者に寄り添った親身なサポート」だからです。

  • 転職に関する不安悩みごとの相談
  • 自分のキャリアプランに迷った時には面談でのキャリアカウンセリング
  • 将来の最適なキャリアプランの提案

このようなサポートの結果、転職サポートで年間1万人を成功に導く実績豊富なエージェントになります。

「以前転職エージェントに登録したけど放置された!」

「手厚く、親身なサポートを受けたい!」

という転職希望者が登録・利用すると特に満足度が高いですね。

②履歴書・職務経歴書の添削が抜群

DODAは履歴書・職務経歴書の添削が丁寧で分かりやすいと評判です。

転職活動での第一関門である書類選考。

応募書類で最大限自分の経験や能力をPRしないといけないのに、完璧な書類を作り上げている人は非常に少ないです。

その点、DODAのキャリアアドバイザーは

  • 1から応募書類の作成を手伝ってくれる
  • 履歴書を下書きすれば清書を代行してくれる
  • 書類選考通過率が約3倍にアップする書き方のコツを教えてくれる

といったサポートをしてくれるんです。

「書類選考で落ち続けて面接までたどり着けない・・」

という人は質が高いと評判のDODAの応募書類の添削を一度受けてみるべきですね。

③登録者限定の非公開求人が80%もある

DODAに登録した会員限定でしか閲覧できない非公開求人が全体の約80%あります。

非公開求人の中にはDODAだけが扱う独占求人も多いです。

求人の質も圧倒的に高く、業界最大手のリクルートエージェントとは違った独自の企業を紹介してくれるのが特徴。

■DODAに登録すべき人
①「転職初心者でどの転職エージェントに登録したらいいか分からない」
②「求人数も多く・サポートの質も良いバランスの良い転職エージェントに登録したい」



ビズリーチ

>>>ビズリーチ公式サイトで無料登録

■おすすめ度

■特徴

ビズリーチはテレビCMでも話題の転職支援サービスですね。

特徴としては

①圧倒的なスカウトの豊富さ

ビズリーチに経歴書を登録するだけで、企業人事担当者や転職エージェントの担当者から毎日のようにスカウトが届きます。

登録した人のキャリア次第では、大手転職エージェントと比較して3-10倍ほどスカウトの数が増えた!という人もいます。

  • 「仕事が忙しくて求人チェックする時間がない」
  • 「とにかくたくさんの企業からのスカウトをチェックしたい」

という人は、登録するだけでスカウトがたくさんくるビズリーチが向いているでしょう。

②年収アップ出来る求人が多数

ビズリーチは他の転職エージェントと比較しても、年収アップできる求人が豊富です。

理由としてはビズリーチは元々年収600万以上のハイスペックのビジネスパーソンに特化していた転職支援サービスだったからです。

ですので現状年収が低い転職希望者であっても、ビズリーチでしかチェック出来ない好条件の求人が紹介されるでしょう。

  • 「今の年収に不満がある!」
  • 「もっともっと稼ぎたい!」

という人は登録しておくと良いでしょう。

※公式ホームページには「年収600万以上に支持される」とありますが、年収600万未満でも登録・利用は問題なく出来ます

③上場企業・大手企業の求人が多い

上に書いた「年収アップ出来る求人が多い」ということとも繋がりますが、ビズリーチは大手・上場企業の求人が多いです。

年収が多い求人が多いので、当然上場企業や大手企業の求人が多いのは必然なのですが。

ですので「新卒で入社できなかった大手に入社したい!」と感じる人は登録しておいた方が良いです。

とはいえ大手企業は周りも入社したいと感じる人気求人。

募集してもすぐに打ち切りになりますし、募集も若干名です。

なので逆算して早めにビズリーチに登録して、大手企業の求人を漏れなくチェックしておくことが大事だといえます。

 

■ビズリーチに登録するべき人
①「年収が低い。転職して給料を増やしたい!」と思う人
②転職エージェントの担当者から手厚いサポートを受けたい人


合わせてよく読まれている記事

①職場いじめで退職するしかない?泣き寝入りは禁物!

職場いじめで退職するしかない?泣き寝入りは禁物!職場いじめの11個の対処法を紹介。絶対に負けるな!
「職場で社内の人に1日中無視されていて辛い・・退職するしかないのかな・・」 「自分だけ間違った仕事の指示を出されて、ミスをする...

②ストレスで仕事を辞めたいなら今すぐ転職だ!

ストレスで仕事を辞めたいなら今すぐ転職だ!今すぐ会社を辞めるべき4つの理由
「毎日朝起きたくない・・職場に行くのが辛い・・もう辞めたい・・」 「職場の人間関係がストレスで、原因不明に体調不良。今の仕事辞...

③面接に落ちるパターンが存在する!

面接に落ちるパターンが存在する!あなたが面接に受からないたった4つの理由や原因を紹介
「面接に合格しないよー・・落ちるパターンとか、傾向ってあるのかな・・」 「面接に落ちる人の特徴ってあるのかな?自分の性格が落ち...

④仕事のストレスが限界のあなたへ。無理は禁物です。

ストレスで仕事を辞めたいなら今すぐ転職だ!今すぐ会社を辞めるべき4つの理由
「毎日朝起きたくない・・職場に行くのが辛い・・もう辞めたい・・」 「職場の人間関係がストレスで、原因不明に体調不良。今の仕事辞...

⑤職場いじめの人間関係で悩むなら早く転職したほうがいいですよ?

職場いじめで退職するしかない?泣き寝入りは禁物!職場いじめの11個の対処法を紹介。絶対に負けるな!
「職場で社内の人に1日中無視されていて辛い・・退職するしかないのかな・・」 「自分だけ間違った仕事の指示を出されて、ミスをする...

⑥今の仕事が辛いなら楽な仕事を選ぶことが大事です

楽な仕事&バイト42選!正社員で楽で稼げる仕事がないと諦めてる?サビ残・ノルマなしで年間休日120日以上の仕事があるんです!!
「ブラック企業じゃなく、立ってるだけで給料貰えるような楽な仕事に就きたい!」 「複雑で面倒な人間関係がない、ストレスフリーな職...

⑦転職エージェントの選び方

転職エージェントの選び方!22社を徹底比較!面談のコツ&評判の良い転職エージェントだけを紹介!
「転職エージェントって何社もあるけど、どうやって選べばいいんだろう?」 と悩む人はホント多いです。 私自身、転職エージェ...

⑧職場いじめで退職するしかない?

職場いじめで退職するしかない?泣き寝入りは禁物!職場いじめの11個の対処法を紹介。絶対に負けるな!
「職場で社内の人に1日中無視されていて辛い・・退職するしかないのかな・・」 「自分だけ間違った仕事の指示を出されて、ミスをする...

⑨もう嫌だっ!辛い夜勤仕事が原因で辞めたいの感じるあなたへ。

もう嫌だっ!辛い夜勤仕事が原因で辞めたいの感じるあなたへ。癌・脳卒中のリスクが2倍以上なの知ってる?
「二交代制・三交代制どっちの夜勤も経験したけど、体調不良が続いてほんとに辛い!」 「入社前は夜勤は慣れ!だと思ってたけど甘く見...

⑩「新規営業が辛い・・もう辞めたい」原因6つ&対策

「新規営業が辛い・・もう辞めたい」原因6つ&対策法7つ!無理するとメンタル崩壊して体調まで崩しますよ?
「もう新規営業がツライ・・飛び込み営業、テレアポ。どれだけ行動しても門前払いで、数字は残せないし、上司からも詰められる・・」 ...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする