給料低い辞めたい人へ。給料上げる方法5個紹介!給料低い理由を知って今すぐ転職しよう!会社に居続けるのはリスクでしかないぞ

  • 手取りが低い!薄給すぎる!15万円じゃ生活出来ないよ…
  • 安月給で過ぎて貯金も贅沢もできない。このままじゃ死ぬ…
  • 福利厚生が良くて、給料も良い会社に転職したい!

など給料が低くて「仕事を辞めたい!」と思っている人は本当に多いです。

独身なら、仮に手取り15万円でもギリギリ生活出来るでしょう。でも結婚して家族・子供がいると厳しいですよね

多くのサラリーマンは収入ため働いているのに、「給料が低い」「給料が上がらない」じゃ仕事のモチベーションも上がらなくて当然!

でも入社当時の賃金体系では年収アップは確実だったはずですよね?

ですが、バブル崩壊やリーマンショックなどの影響もあり給料が予想より上がらない人がほとんどです。

「給料上がらないなら会社辞めてやる!」

と退職届だして転職しようと思ってもなかなか踏み出せるものではありまえん(*_*)

ですので今回は「給料低いけどどうしたらいいの?」ってアナタに、下記の内容を紹介していきますね。

  • 薄給の会社は辞めた方がいいのか?どうか?
  • あなたの周りの給料低い人はどのくらいいるのか調査データ
  • 給料が低い理由
  • 給料を上げる具体的な方法

⇒「手取りの給料が低くて生活できないくらいでした。。さすがにキツくなってきたので転職活動したらあっさり給料が1.5倍くらいになったので早く辞めるべきでしたね(笑)(28歳/男性)」

給料低くて辞めたい人へ。給与に関するデータ5選

給料低い人
他の人ってどのくらいの給料なの?

具体的に他の人がどの程度給料を貰っているのか?その具体的な金額って分からないですよね。

なのでここでは厚生労働省が発表した給与に関するデータを下記に紹介していきますね。

  • 給料の平均額〈年齢・業種別〉
  • 給料の低さを理由に退職する人の割合

明らかに平均給与より低い場合は、「アナタの給料は低い!」ということになりますね・・

データ①男女別の平均年収

男女間の性別賃金格差と前年比の増減率のデータ。厚生労働省発表

参照:平成28年賃金構造基本統計調査〈厚生労働省〉

平成28年の男女別平均月給

  • 男性:33.5万円
  • 女性:24.4万円

男女別の平均月給は上記になります。

仮に「手取り20万円の正社員」の人がいたとしましょう。

ですが、今の御時世では派遣社員・契約社員でも20万円なら貰えます。

ボーナス支給額や給料の額などでも変わってきますが20万円前後なら他の会社でも十分貰える額ってことです。

20万円前後の人は上記のデータをみても明らかに平均年収より低い!なので今の仕事は辞めても問題ないです。

給料低い人
でも正社員の仕事だし簡単に辞めれないよ

と思うかもしれません。

ですが良く考えてくださいよ?

派遣社員・契約社員よりも低い微々たる給料しか貰えない正社員なんて何の価値もありません!

手取り25万円や手取り30万円貰っている人も世の中にはたくさんいるんです。

アナタだけ生活苦しい思いする必要なんてありません!

仮に30万円以上貰っているのに生活が大変なら、生活レベルが高すぎ(笑)月々の支出を下げるべきです(笑)

でも実際手取り30万円以上も貰える仕事って大手企業などの一部だけで求人数としても限られるのが現実。

今の会社を焦って辞めても転職が決まらない可能性や、仮に転職できても給料が下がる可能性もあるので注意が必要ですね。

年収上げる転職方法は、後で紹介するのでチェックしておいてくださいね。

データ②退職者は1年間で726万人!仕事を辞めるのは普通のこと

給料低い人
給料が低いからって簡単に辞めるのはダメだ・・

正社員の仕事を辞めるのはダメだと思っている人って実に多いです。

ですが、厚生労働省の雇用動向調査というデータでは、1年間に離職者726.4万人もいることが分かっています。

入職者は767.6万人ですね。

平成28年の常用労働者における雇用動向調査による入職者と離職者のデータ

参照:平成28年雇用動向調査〈厚生労働省〉

日本国内の労働者に占める離職者、入職者に占める割合は以下。

  • 離職者(仕事をやめた人)⇒15.8%
  • 入職者(転職した人)⇒15.0%

つまり、アナタの同僚・上司など10人の労働者がいれば1-2人程度は1年間の間に退職して転職しているということになるってことです。

ね?案外仕事と辞めたり転職している人って多いと思いませんか?

データ③自己都合退職では「給料が少ない」理由で辞める人が1番多い

給料低い人
給料少ないから辞めたい!って思うのは自分だけ?

って思ってませんか?

給料が原因で退職するのは至って普通のこと。

厚生労働省の調査では「契約期間満了」など契約上を理由を除くと、「給料・収入が少なかった」を理由とした退職が1番多いんです!

厚生労働省による転職入職者の前職を辞めた理由の調査割合

参照:平成28年雇用動向調査〈厚生労働省〉

厚生労働省が約66,000人から行ったアンケート結果なので精度は高めですね。

データ④世代別の平均年収

「アナタの年齢や世代における平均年収がどのくらいか知ってますか?」

◆20代の平均年収は349万円

20代の平均年収は全体で349万円

◆30代の平均年収は456万円

30代の全体の平均年収は456万円

◆40代の平均年収は572万円

40代の全体の平均年収は572万円

参照:年齢別の平均年収〈DODA〉

上場企業であれば20代・30代で年収600万円超もあります。

逆に非上場企業や中小企業では50代でも年収400万円以下なんてことも。

年収200万円もの差あれば、生涯賃金では1億円以上の差が出ちゃいますからね。。

「サラリーマンとして年収上げよう!」と思うなら必然的に、上場企業or優良企業への入社が必須となるわけです。

データ⑤民間調査でも「給与に不満」感じ転職検討している人44%もいる

転職支援会社のenジャパン行った転職希望者1,128人から行った「転職希望者のホンネ調査 2015」というアンケートでも「給与に不満」を感じている人が多いことが分かりますね。

転職を考えている理由

  • 給与に不満がある人⇒44%
  • 会社将来性に不安⇒42%
  • 会社の考え風土合わない⇒32%
  • 仕事内容に不満⇒31%
  • 職場の人間関係が良くない⇒26%

ですが実際は「給料が低いから転職してやる!」と思っても会社をやめない人って多いですよね。

  • 給料が低い・安い
  • 人間関係が良くない
  • 上司と合わない
  • 会社の業績悪い
  • 会社の将来暗い
  • 田舎の両親の介護心配

など複数の理由や要素絡み合いながらも、「上手く転職出来るか自信ない」と退職を踏みとどまる人がすごく多いです。

給料が上がらないと生活の質に直結します。退職を決意出来ない大きな理由ですよね。

⇒「給料低すぎてどれだけ働いても家族に良い暮らしをさせてあげれません…なので思いきって転職活動してみたら何と年収150万円もアップしたんです!(38歳/男性)」

給料が低い理由3つ。給料が低い業界では貯金も出来ないし、ヤル気も出ない!

給料低い人
何故自分の会社は給料が低いんだ!?

アナタが勤務している会社の給料が低い理由って知ってますか?

まず原因を知っておきましょう。

理由①基本給が低いから

給料袋に1万円が入っている

給料が低い場合、ほとんどが基本給が低いことが原因ですね。

基本給が低いと当然毎月振り込まれる給料も安くなります。

手取りの給料の考え方
 実際支給されるお金=手取り金額
(基本給+住宅・営業などの諸手当)-各種税金=手取りの給料

基本給が低い・手当が少ないといった原因で手取り給料が少なくなりますね。

でも、一部職種では基本給が安くても手取り多い給料が貰えるケースもあるんです。

例えば看護師とかです。

基本給は低いですが、夜勤・深夜・交代勤務などの各種手当が充実してますよね。

手当が充実しているので基本給が低くても、年収500万円とか600万円と高いんです。

理由②残業代が支給されないから

残業をしているのに残業代が支給されないので、給料が低いケースも多いです。

サービス残業をしている労働者の割合

日系BPが行ったアンケート調査でも、「サービス残業をしている労働者は全体の6割以上」となっています。

参照:働き方に関するアンケート〈日系BP〉

給料の出ないサービス残業をしている労働者はこんなにもいるわけです。

実際20代で、基本給が高いサラリーマンなんて一部企業を除いてほとんどいませんよね。

「基本給+残業代」の支給で生活出来る手取りにようやくなるケースがほとんど。

都内在住者を例に取ってみましょう。

「基本給22万円+残業代3-4万円」

残業代があって初めて生活が成り立つ給与形態。

さすが都内在住で家賃も高いのに20万円以下ではちょっとしんどいものがありますね・・

このように日本の労働者に対しては「定時+残業」で働かせることがもはや前提となっています。

なので、残業しないと給料低く稼げない仕組み。

1992年バブル崩壊後以降から、年功序列で給料低いけどヤル気ある若い年齢の人材を酷使し使い捨てにする傾向が高まってきました。

  • イエスマン
  • サービス残業を拒否しない人

企業で出世が出来るのはこういった人。

ほんとバカらしいですよね。。

理由③楽な仕事で定時で退社している

  • 仕事が肉体的・精神的に楽
  • 定時帰り

など、楽な仕事の人は給料は低いです。

先程から書いているように、基本給+残業代の支給で生活成り立つ人が多いですからね。

定時帰りで残業もなく、楽な仕事をしている人は必然的に給料低くなるのも当然です。

ですが、楽な仕事で毎日定時上がりなら給料が多少低くても納得いきますよね。

「そんな都合の良い仕事なんてないでしょ!」

と思うかもですが、実は楽な仕事って結構あるんです。

楽な仕事&バイト42選!サビ残・ノルマなしで年間休日120日以上の仕事があるんです!!」の記事でも詳しく紹介しているので参考にしてみてくださいね!

⇒「どこの会社で働いても給料は変わらないでしょって諦めてました。でも転職エージェントに相談したら給料アップ出来る求人のほうが多くてビックリですww(30歳/女性)」

給料低い人で仕事を辞めるべき特徴3つ。手取りが少なくヤル気出ないなら転職だ!

ハッキリいいますが、「給料が低い」と悩むなら今すぐ辞めるべき!

もしくは退職に向けて転職活動を始めるべきですね。

給料低い人
でも辞めるor続けるの判断が出来ない!

という人は以下の「今すぐ辞めるべき人の特徴」をチェックしてくださいね!

特徴①正社員なのに手取り18万円以下の人

給料低い人
正社員なのに手取り18万円以下!

という人は直ぐに辞めるべきですね。

世間的的に給料が安いと言われている介護職であっても夜勤も含めれば手取り18万円以上貰えてますよ。

また正社員であれば普通の会社であればボーナス支給もありますからね。

「薄給で生活できない!」

手取り18万円以下であることが多いです。

もちろん主婦の人やパート勤務であれば仕方ないですよ。

でもフルタイムの正社員勤務なら即刻転職するべき!と私は思いますけどね。

だって、手取り18万円以下ってことは額面20万ちょっとくらいの支給額でしょ?

20万円ってことは時給1300円×8時間×20日間勤務=208,000円です。

ちなみに三大都市圏【東京・大阪・愛知】での派遣社員の平均時給は1644円になります。

派遣社員と低賃金社員の比較

派遣社員:平均時給1,644円(東京・大阪・名古屋の派遣社員)

低賃金正社員:額面20万円の場合。1日8時間勤務で時給1300円。1日10時間勤務で時給1,000円

参照:2017年11月の派遣社員平均時給〈リクルートジョブズ〉

もちろん派遣社員と正社員では単純比較は出来ませんが、8時間勤務で計算した場合約350円も時給が違うんです!

大抵の正社員の人が残業するでしょうから、仮に1日10時間勤務だと時給1,000円。約650円の差。

仮に1,644円の時給で1日8時間働けば、額面で約26万円になります。

このことからも、正社員フルタイムで手取り18万円以下なんてただの奴隷です。

会社経営者も低い給料で社員働かせることも悪いとも思っていませんよ。

そんな会社に義理を感じる必要なしヽ(`Д´)ノプンプン

さっさと辞めちゃいましょう!

特徴②給料が低く貯金出来ない人

薄給で貯金が出来ないような人も今すぐ辞めて転職先を探すべき。

ちなみに老後に必要な資金てどのくらい必要か知ってますか?

2016年の家計調査年報では、老後の2人以上の世帯での生活費(消費支出)は1ヶ月平均で282,188円必要と発表がありました。

60歳で定年を迎えて、女性平均寿命の87.14歳まで生きるとすると

↓ ↓
338.4万円×27年=9136万円

この金額が必要ってことです。今のあなたの年収で約1億円近くも生活費を賄えそうですか?

参照:家計調査年報〈統計局〉

「退職金」に関する記事に詳しく書いています。

退職金なしで悩むアナタへ。老後の対策やライフプランを8つ紹介!退職金なくても転職・投資・貯金すれば老後不安は解消されるぞ!
「退職金なくて辛い・・」 「退職金ない会社に居続けていいのかな?老後が不安・・」 と感じる人は非常に多いですよね。 実際、昔と比べ...

なので、ちょっとでも年収の高い会社に転職して貯金をするべきなんです。

仮に、「給料が低いから」という理由で退職すると、自己都合退職扱い。

失業保険を貰うまでに3ヶ月間の待機期間が発生します。

ここでも貯金が全くない状態だと生活できないですよね?

貯金ない仕事を辞めて転職活動すら出来ない状態にもなります。

「ブラック企業すぎて休みもないし毎日終電!」

って人は仕事しながら転職活動は難しいでしょう。

そうなると、転職活動のために最低3ヶ月程度の生活費の貯金は必要。

3ヶ月経てば失業保険の給付が始まります。給付金額は直近の月給概ね6割くらいです。

失業保険給付されれば、仮に転職先が決まって無くても職業訓練を受ければ失業保険の給付は延長されます。

⇒公共職業訓練コースの検索をしてみる

とはいえ失業保険があるから安心というわけでもないです。

退職後には住民税・国民年金・国民健康保険加入対象になるので支払い義務が発生しちゃいますからね。

ただ、失業状態であれば、保険や年金は減免や支払い免除申請ありますが、住民税も条件を満たせば減免・免除の可能性もあります。

仕事しながら転職先見つけるのが難しい人は最低限の貯金が必要なわけです。

なので転職活動さえ出来ない貯金もさせて貰えない低賃金の会社なんて居続ける意味がないってことなんですね。

仕事しながら転職は無理じゃない!ハローワークを使わずに最短で就活を成功させる方法とは?受かる履歴書の書き方も紹介!
「給料や休みが少な過ぎる!」 「仕事にやり甲斐を全く感じない!」 と仕事の悩みが深くなると、「転職しようかな」と考えるますよね。 ...

特徴③給料低い&スキルも身についてない人

給料が悪い会社で勤務している人は、大抵が転職時に有利なスキル身についてないことが多いですね。。

アナタ自身もスキル・能力が高くないことが分かっているから転職すること後ろ向きに考えているのかもしれません。

「高い給料を望まない。平均年収くらいあれば良い」

という場合はスキルなんて必要ありませんよ!

もちろん手取り40万円以上希望!という場合は高度スキルが求められますが、20-30万円の間であればスキル・経験不要。

無資格・未経験でも正しい方法で転職活動をすれば仕事は見つかります。

今稼いでいる人って、偶然利益率の高い会社に入社出来ただけ!なんです。

とはいえ、年齢がネックとなり転職できないケース多いことは事実です。40代で転職成功させようとするとコツやテクニックも必要になります。

年齢が若い方が転職活動成功しやすいので、転職するなら1日でも早いほうが良いのは当然。

給料が良いか悪いかは結局は会社次第です。

大企業で給料良い会社勤めている人が必ずしも社会人として有能で能力が高いとは限りません。

転職活動時にチェックしておきたいこと

  1. 残業代が支給されるか
  2. 休日手当が支給されるか
  3. 基本給が高いか
  4. 基本給が低い場合各種手当はあるか

1歳でも若いうち転職活動はじめて待遇の良い会社入社しておく必要は絶対にあります。

転職エージェントを使えば、平日夜や土曜日などに面接入れるスケジュール調整してくれるので仕事しながらも転職活動出来ますからね。

在職中に転職先を自力で見つけるのは困難です。

無料で転職エージェントは使えるので、プロに任せるのが1番失敗しない転職の方法ですよ。

転職エージェントの選び方!22社を徹底比較!面談のコツ&評判の良い転職エージェントだけを紹介!
「転職エージェントって何社もあるけど、どうやって選べばいいんだろう?」 と悩む人はホント多いです。 僕自身、転職エージェント業界で働...

⇒「部下の気持ちに理解のある上司の元でマイペースに仕事を出来ています(25歳/女性)」

給料低い会社で働き続けるリスク6つ

給料低い人
  給料低いけど、まぁいっか♪

と悠長なことを言っていると、様々なリスクが発生してきます。

「このままじゃヤバイ!転職しないと!」

と思った時にはもはや手遅れ。

給料低い会社に居続けるリスクを紹介しておきますね。

リスク①高い給料貰える機会を損失している

給料が低い会社で働くことは機会損失でしかないですよ!!

給料が高い会社で働ければ、同じ時間勤務していれば当然ですが今と比較しても高い給料を貰えることになりますよね?

早く転職すればするほど、高い給料貰える可能性もあるわけです。

毎日給料の低い会社に行くだけで損している訳ですね。

例:給料低い会社で働く機会損失

  • 日給1万円会社で働く⇒月収20万円
  • 日給1.5万会社働く⇒月収30万円

毎日5千円日給換算格差となり、月給だと10万円。年収で120万円もの差になる

例題に例えていうなら、早く日給1.5万円の会社に転職しないと損ばかりしているってことです。

リスク②選択肢・価値観が狭まってしまう

  • 無理して仕事したくない
  • 給料低いままじゃ嫌だ

こういった人は転職検討するべき。

生活とお金って切っても切り離せない関係です。

給料が低い会社にいると、仕事とお金に関する選択肢や価値観が狭まってしまうんです。

給料低い人のよくある思考

このような極端な選択肢になりがち。

でも本当は仕事は楽なのにそこそこ給料高い会社もあるんですよ?

安月給で有名企業って、社員の給料格差が酷いケースも多いですからね。

例えば私の友人は、勤務していた会社が合併しちゃったんです。

で、親会社の社員との給料を比べると格差がメチャクチャ激しいことが合併後に分かりました・・(汗)

基本給は約2倍近く違うし、ボーナスも半分以上の少なさ・・。

さらに、派遣社員や契約社員のような非正規雇用だったので更にキツかったみたいです。

正社員だとボーナス支給ありますが、非正規雇用の場合は無し。

仮に派遣社員として派遣会社に雇用されている場合、自由化業務で抵触日を迎える前に契約社員化してくれるケースもあります。

でも、契約社員になったところで、基本給やボーナスは社員よりも圧倒的に低いですからね。

1人暮らし生活なんて到底出来ません。結婚も躊躇するでしょう。

「でも精神的につらい仕事したくない。じゃあもう今の低い給料のままでいいや」

となるわけです。選択肢・価値観が狭まるのはリスクでしかないですよ。

リスク③残業を増やしてもワークライフバランス保てない

給料低い人
給料が低いなら残業するしか無い!

家庭持ち社員であれば、わざと仕事残しながら残業して、残業代を稼ぐのが手取り給料を上げる1番の近道。

確かに残業すれば日銭は稼げるでしょうが、自分や家族との時間も犠牲にしますし、何より将来ないですよね。

残業代稼ぎなんて目の前落ちた小銭集めているだけでしかないです。

残業をばかりすることのデメリット

  • 家に帰っても家族の寝顔を見るだけ。
  • 家族起きてないうちから出勤。
  • 家族と会話するのは週末だけ。
  • ワークライフバランスを保てない。

ちなみに「家族を仕事より優先させるべき理由7個。離婚リスクもあるぞ」の記事でも書いてますが、マジで家族を疎かにしないほうがいいですよ(汗)

社員として会社で勤務しても、こんな環境じゃやる気出なくて当然です。

部長や課長などの管理職になれば、一般の社員以上に残業が当たり前になってきます。

残業しない社員や管理職は仕事への姿勢が不足していると評価され、ただでさえ低い給料が減額されるんです…。

「だったら、残業を積極的にして残業代するために日中の仕事をゆっくりやろう」

という思考になるのも当然。

給料格差の激しい社内では、会社利益ためではなく「月5000円でも手取りを増やしたい!」という個人的感情や自分や家族の生活を優先するようになるんです。

しかも残業すればするほど評価されますから、ワークライフバランスを犠牲にしても残業するしかないんです。

給料低い会社の評価指標

残業する社員=仕事成果に関わらずヤル気が有ると判断

休日・深夜など積極に時間外で働いて会社に貢献しているように見せれば役員や会社からの評価は上がります。

でも本当にこんな小手先の小銭稼ぎで一生ごまかせると思いますか?

仮に、今の会社が倒産したらどうしますか?

年齢を無駄に重ねてスキル・経験身につかない。当然転職出来ないので露頭に迷う。

このような状態でマイホーム買って35年ローンの途中だったら悲劇でしかないですよね。

⇒「給料が低すぎて、服も買えないし友達にも遊びにいけません。人生を楽しむためにも転職して約30%ほど給料アップ出来ましたね!(27歳/女性)」

リスク④会社から退職を慰留されスキルも身につかない

給料が低い会社で長年勤務している人は良い人が多いです。

人が良いので、転職決意して上司に伝えても慰留されズルズルと仕事を続けているケースが大多数。

低い給料の会社で低いモチベーションで働いても、何のスキルも身につかないですよ。

給料低い人
退職したいけどなかなか辞めれない!

という人は、「他社から年収◯万円で来ないか?というオファー受けている」上司に話してみるのもアリです(笑)

架空の話で交渉するのも手段の1つですよ。

中間管理職の上司は人件費に関する裁量権ないでしょう。

また、上司が担当する部署から退職者が多く出ると自分の評価に影響するので必死になって上司は慰留してくるんです。

給料アップは出来ませんからの精神論でアナタを説得してきます。

「会社にとって必要な人間だ」

「周囲は君の能力や仕事ぶりを評価している」

などなど。

上司自身の保身のための慰留に付き合って退職を伸ばしてしまうと、経験・スキル・年収アップも掴めないってことになります。

会社として、アナタを本当に評価しているなら労働の対価して給料アップするのが当然。

給料アップしないということはアナタのことを評価してないってことですよ。

そんな会社なら辞めて転職するべき。

仮に会社側が「君は本当に必要な人材だから転職先同じ給料出す!」と譲歩すれば検討すれば良いだけの話です。

ですが、上げてもらえれば上げて貰えたで

「何故今まで給料を上げないのか?自分から言い出さないとこんな低い給料でこき使い続ける気だったのか?」

という会社への不信感に繋がりますけどね(笑)

どちらにしても転職予定の会社があれば交渉を進めやすいのは事実。

転職活動しながら時期タイミング図って交渉しましょう。

交渉事なので慎重に決めるべきですよ。間違っても先走って退職するのは避けたほうがいいですね!

仕事しながら転職活動は無理じゃない!6つのコツを紹介!」の記事でも今の会社に居ながら転職活動するコツを紹介しています。

参考にしてみてくださいね!

リスク⑤辞めたくても辞めれなくなる

給料低い人
給料低いから辞めたい!

と思っているならいい加減覚悟を決めないとズルズルと辞めれなくなっちゃいますよ。

辞めたいけど辞めれない理由

  • 病気の母の介護
  • 子供の面倒
  • 給料低く生活ままならない
  • 仕事が忙しく辞めると会社回らない

仕事を辞めたいけど辞めれられない理由は色々とあるでしょう。

なので、本当に転職するかどうかは別にして在職中に転職活動を始めるのが良いです。

良い条件の転職先があれば会社辞めるべきですし、なければ今の会社に居続けて次のチャンスを待てばいいんです。

⇒「手取りの給料が低くて生活できないくらいでした。。さすがにキツくなってきたので転職活動したらあっさり給料が1.5倍くらいになったので早く辞めるべきでしたね(笑)(28歳/男性)」

◆退職に関して会社から文句言われても気にしない

退職交渉を始めると、大体こんなこと言い出す上司が出てきます(笑)

  • 「会社の仲間を裏切るのか」
  • 「プロジェクト途中で辞めてお客さんに迷惑かかるのをなんとも思わないのか」

ですが、「会社を辞める!」と決めたのなら何を言われても気にせず辞めてOK!

現代は組織や企業に頼りすぎない人材のほうが評価は高いです。

肩書なんてもはや意味ないですから

  • 思考力
  • 意思決定能力
  • 実行力
  • 決断力

こういった能力をドンドン磨いていったか年収アップを掴めます。

会社と一緒に泥舟沈む必要なし!

給料低いような儲かってない会社なんて転職するべきでしょう。学ぶことなんてないはずです。

リスク⑥給料が低いことで私生活が豊かにならない

給料低い人
お金ないから我慢しよ。。

給料が低いと当然ですが私生活は貧しいものになります。

何だかんだで、お金の量に比例して生活の質も向上していきますからね。

給料低いことによるデメリット

  • 欲しいもの購入できない
  • 生活必需品も変えない
  • 意思決定の優先順位はお金・価格
  • 人間関係もお金を気にした生活
  • 仕事のモチベーション低下

給料が低いというだけでこれだけのデメリットがあります。

ネガティブな感情を抱えていると私生活や仕事にも影響が大きいですからね。

何度も言いますが、給料はアナタの会社からの仕事の成果に対する評価。

仕事で成果を残しているのに給料が上がらないのは問題です。

給料上げれば上記に書いた「給料低いことによるデメリットも」も改善され仕事のモチベーションも上がるのは間違い無し!

更なる成果アップ繋がり、また給料も上がるので好循環に繋がりますよ。

豆知識:退職理由を工夫して転職活動を有利に進めよう

転職活動時に退職理由は工夫しないと面接などで苦戦しちゃいます…。

「給料が上がらないから辞める」

という退職届は一身上の都合として書くでしょう。これは自己都合退職となります。

出産・介護を含めて8割近くの人が自己都合退職なので、そのこと自体は問題ありません。

自己都合でも転職活動に不利になりません。

ただ、転職活動の面接では退職理由を工夫して伝える必要はありますね。

◆面接でのダメな退職理由の紹介方法

「給料が上がらないので辞めました」

正直に答えると採用されません(笑)

面接官「給料上がらないと採用してもすぐに退職される」と思ってしまうからです。

他にも

  • 空気が読めない
  • 面接での常識を理解してない
  • 単純に無能w

などと厳しい判断されるでしょう。

◆面接での良いな退職理由の紹介方法

「前職の評価制度は自分の努力や実力が反映されない」

「働きぶりや成果が正当に評価されない」

と自分の成果と給料が評価に繋がってないことをアピールすると良いです!

労働したけど正当な評価を求めての離職であれば、転職活動においてもまともな退職理由と判断されます。

給料が良い会社に転職出来るかどうかは自分次第。

「どうすれば転職の成功確率を上げれるか?給料アップ出来るのか?」

という可能性は常に模索するべきですね。

⇒「給料が低いことを友人に相談したら、友人も使っていたという転職エージェントを紹介して貰いました!結果、年収が200万円ほどアップして大満足♪(35歳/女性)」

給料低い人が給料を上げる方法5選。会社との交渉やスキルアップで給料アップだ

給料低い人
給料低い・・辞めるしかない・・

いきなり辞めてしまう前に給料を上げる方法を色々と試してみましょう!

給料を上げる方法を紹介していきますね。

方法①給料・昇進・キャリアアップ交渉してみる

給料低い人
ウチの会社って給料全然上がらないんだよねぇ~

と友人などに愚痴や不満をこぼしていても給料はあがりません。

「もっと給料を貰ってもいいはずだ!」

と思うならストレートに、上司・人事・役員・社長などに「給料上げて下さい!!」と相談してみましょう。

当然、給料アップ交渉が出来るくらい仕事上での成果を出している必要はあります。

自信を持って給料交渉するめには実績は必要ですからね。

日本では給料アップの交渉は珍しいですけど海外では一般的。

採用時に給料交渉を行ってから入社するのもよくある光景のようです。

アメリカのニュース記事でも紹介されているのですが、給料交渉した結果生涯年収60万ドル以上も差が出るという調査結果もあるんです。

とはいえ、日本人とアメリカ人は文化の違いがかなり大きいです。

謙虚を美徳するので、給料交渉をするのは結構ハードルが高いものがあります。

オススメの給与交渉のタイミング

給料交渉は、四半期ごとなどに行われる査定面談のときなどが良いです。

あとは、転職を決意したタイミングですね。

定期査定のタイミングで自分の仕事成果・結果・会社への貢献度など具体的数字を交えながら交渉するのです。

アナタが会社にとって代替不可能な人材だとアピール出来れば給料アップの可能性もあるでしょう。

直属の上司は中間管理職なので、残念ながら給料アップの裁量権はありません。

企業の給料体系は年齢や社歴ごとである程度決まっていますから、昇進のタイミングでないと給料上げることが出来ないケースも多いですね。

上司「給料交渉されても、部下の評価は他の社員と相対的に判断するものだからなぁ」

と考える上司も多いですからね。

また実際に給料が上がることが決まっても、半年~数年後の期間が必要となるケースもあるので、長期戦の覚悟が必要です。

方法②残業して残業代を稼ぐ

給料低いと感じるなら、残業をして残業代を稼ぐのが手っ取り早く現実的な方法の人が多いです。

ただ、残業代が全額支給される会社でしか通用しない方法になります。

給料の手取りや支給額を多少は上げることは出来ますからね。

また、日本の会社は残業する社畜社員が大好きなので、残業することで周囲に「頑張ってる」アピールをすることも出来ます(笑)

また、業務時間が伸びればビジネスパーソンとしての経験値上げれるでしょうから、昇格の可能性もありえますよね。

とはいえ、現状給料が低いと悩むアナタは恐らく中小・零細企業勤務でしょう。

残念ながら中小企業の多くは残業代が支給されない会社が多いです。

労働組合もない機能してないでしょうから、仮に残業代が支給されても22時以降の深夜手当だけなど一部の支給のみ。

さらに、基本給の額が低いと残業代の額も多くないことも想定されますね。

給料が低いことが不満なら、短期的には残業代で生活費を稼ぎつつ、転職活動も平行させたほうが良いことが多いです。

残業代を稼いで給料を稼いでも本質的な「給料の低さ」は解決されませんからね。

方法③資格手当を貰う

今いる職場のまま給与を増やすなら資格手当を狙う方法もあります。

会社として必要な資格取得すれば、毎月数千から数万円の資格手当もらえることがありますからね。

まずは、会社に資格手当て制度あるかどうかを確認しましょう。

社内規定や人事規定が記載されているはずです。

わからない場合は人事部や上司に確認するといいですね。

方法④労働組合に参加し活動する

労働組合活動に参加するのも選択肢の1つとしてあります。

労使交渉してベースアップを図るのです。

給与交渉を他人任せずに自分たちで活動してつかみ取る方法ですね。

給料に不満があるなら、団体交渉して自らが積極的に活動するんです。

給料アップ出来れば自分も周囲の同僚も充足感を感じることが出来るでしょう。

⇒「手取りの給料が低くて生活できないくらいでした。。さすがにキツくなってきたので転職活動したらあっさり給料が1.5倍くらいになったので早く辞めるべきでしたね(笑)(28歳/男性)」

方法⑤副業する

給料安いならば、現職を維持しつつ他に収入を得る方法を考える必要がありますね。

実際政府としても副業解禁の方向に舵を切るとも言われています。

 副業認める就業規則 厚労省がモデル改正案〈日経新聞〉

とはいえ、副業にも向き不向きがあります。

副業すべきかどうかの判断

  • 給料が安いから増やしたい⇒副業
  • 給料含めて職場を変えたい⇒転職

上記のような基準を設けて副業するかどうか検討するべきです。

パワハラを受け異動させられたなら退職考えるでしょう。

また副業しつつ、転職活動も同時進行させるという方法もありますからね。

「でもどんな副業をしたら良いか分からない!」

という人は以下のような副業を考えて見ると良いでしょう。

人気のある副業

  1. アフィリエイト
  2. you tuber
  3. せどり
  4. 株取引
  5. 不動産経営
  6. アルバイト

今は簡単にインターネットで情報手に入ります。

副業して上手くいけば、会社に雇ってもらわないでも稼げる仕組みすら作れることができます。

ブログ更新して広告張り、収入得るアフィリエイトのような仕組みで独立する人や、フリーランスとして生計を立てる人も少なくないですからね。

クラウドソーシングなどのサービスを使いサラリーマンとした培ったスキル活かし仕事を請け負う方法なんかも人気です。

「自分には専門的な能力はない!」

という人は単発などで派遣やアルバイトの仕事なんかもあります。

日給で1万円以上稼げますから、給料が低い!と思うなら週末や休日に短期でバイトなどするとグッと手取りは上がります。

副業時の注意点

ただ年間20万円以上副業で所得があると、確定申告をする必要が出てきます。

副業禁止の会社だと、住民税を納税するタイミングで確実に会社にバレてしまいます。。

「正社員は安定しているから」

と自分に合わない仕事や精神的苦痛を感じながら無理してませんか?

給料低い+副業禁止の状態で働くなんてほんと奴隷です。

そんな状態ではいつ我慢の限界を迎えて辞めてしまうか分かりませんよね?

いつ辞めてしまうか分からない状態では安定しているとはいえません。

自分の力で稼ぎ出す能力を身につければ、精神的にも生活はかなり安定してくるでしょう。

時間も収入も会社や他人に依存することはないのです。

窮屈さはなく伸び伸び仕事できるので、やり甲斐ある仕事も出来るようになりますよ。

方法③不用品フリマアプリなどで物を売る

まぁこの方法もかなり付け焼き刃の方法なのですが(笑)

給料低いなら家にある不用品を売って家計の足しにすることも出来ます。

などのアプリでのサービスを使えば、買い取りしてもらったり、売ったりして現金に変えることが出来ます。

当然、不用品を売るだけなので単発で短期的。

給料以外のお金は得れないので継続性のある方法とは言えませんね。

方法④やりがいのある仕事に転職する

就職や転職において何より優先するべきなのは給料よりやり甲斐!という人も確実にいます。

やり甲斐を重視したい!という人は、給料が低くてもそういった会社に転職するべき。

人間関係や昇給の度合いなんて結局のところは勤務してみないと分かりません。

やり甲斐ある仕事を選んだり、その会社での働き方は自分で決めれますよね?

給料は会社の業績変われば、簡単に下がりますし参考程度。

私の友人は、製造業に入社したんですけど入社理由はシンプルで、給料が良かったからってことでした(笑)

でも、不況の煽りで一気に業績悪化で、入社後5年間給料は30%ダウン。

会社売上の事情で給料がいちいち減ったのではヤル気もなくなっちゃいますよね・・

なので給料に左右されずに単純にやり甲斐ある仕事に転職すると以下のような好循環に繋がっていくんです。

やり甲斐ある仕事を選ぶと起こる好循環
やり甲斐ある仕事選択する

必然的にパフォーマンス上がる

成果出るので給料も上がる

給料が上がらなければ同業他社転職

方法⑤給料の高い会社へ転職する

  • 仕事にやり甲斐なんて感じねぇ!
  • 副業もやりたくねぇ!
  • 給与交渉なんて面倒くせぇ!

こんな人は給料の高い会社に転職して下さい(笑)

「でも給料低い会社からどうやって高い会社に転職出来るんだよ!?」

と思うかもしれませんね。

転職活動の方法が分からない・・という人は、以下のような方法で転職がグッと近づくのでチェックしてくださいね!

⇒「給料が高ければ多少は嫌な仕事でも我慢できますねw前職は給料が低すぎて嫌で仕方なかったですが、転職して給料アップしたら悩みもなくなりました(笑)(28歳/男性)」

給料低い会社⇒給料高い会社へ転職する方法3選

給料低い人
転職しても給料低い会社からしか内定が出ないんだけど?

転職してもしても給料が上がらない人は、確実に転職活動の方法自体に問題あります。

ハローワークだけで求人検索したりしてませんか?

選択肢が狭まること間違い無し。

会社は確かに入社してみない給料実態などは分かりません。

「求人票で書かれた給料と違う!」なんてことはありがちです。

アナタが今いる会社だって、入社前から給料が低いと分かっていれば入社しませんでしたよね?

自分望む条件を叶えるためにも、以下で紹介しているような「給料を上げれる」転職活動の方法を実践していくべきなんです。

方法①転職先を慎重に選ぶ

転職するなら転職先の給料は前職と比較して良いに越したことはないですよね。

ですが現在の職場が辛すぎて勢いで退職してしまった場合・・

  • 仕事内容が我慢出来ない
  • 時間外労働が多すぎる
  • 職場の人間関係が悪い

こういった場合の転職活動には注意が必要です。

なぜなら焦って転職活動をするので、給料が上がらない転職先を選んでしまう恐れがあるから。

厚生労働省の「転職後の賃金の増減」に関する調査があります。

転職後の増減のアンケート調査

  • 増加⇒40.4%
  • 減少⇒36.1%
  • 変わらない⇒22.1%

参照:平成27年転職者実態調査の概況〈厚生労働省〉

給料が下がる人が36%もいる状況なので、確実に給料が上がる転職先を見つけるべき。

そのためには、下記を改めて確認しましょう。

  1. 在職中に仕事を探すのか?
  2. 即戦力になれる仕事はありそうなのか?
  3. 諸手当を確認した?〈社宅・住宅や家族手当・昼食支給など〉

手当に関しては、基本給は低くても手当が手厚い会社も多いですからね。

給料を上げるため転職活動をしたのに、給料上がらないという悲劇は絶対に防ぎましょう。

会社によって入社後すぐ給料上がる場合もありますが、そういうケースは専門的なスキルを持っている場合だけ。

同業他社にヘッドハンターを通じてヘッドハンティングされたって人も給料がグっと上がる場合もあります。

ですが、何となく転職活動しただけでは基本給は上がらない人も一定数いるってことです。

待遇良い会社は競争倍率激しい場合も多いので、高いスキル・経験を持たないと転職成功しない場合もありますからね。

「入社してみない分からないからココで良いかな!」

と勢いで転職先を決めて後で後悔しないようにしましょう。

方法②辞める前に自分の適性年収を知る

辞める前にまずアナタの適性年収を知っておきましょう!

現在給料が安い・・。

と嘆く人は友人知人などの給料聞いて、自分は低いと感じるのでしょうね。

ですが、職業や経歴などによって年収は本当に大きく異なってきます。

別の会社の他人と年収を比較しても実はあまり意味はないです。

  • 工場系の現場作業
  • 営業
  • 医療事務

例えばこの3つの職種でもベースとなる給料が全く違うので一概に高い・低いとは言えないですよね。

同系列企業・同職種と比べて自分の適性年収はどうなのか?といったことを知るべきなのです。

人間は打算的なので、損得勘定を持ちながら働くのは当然です(笑)

自分と同じ系統の仕事なのに年収が低いとモチベーションも上がりません。

なので、まずは同じような仕事の人の平均年収を調べると良いでしょう。

それもで給料低いと感じなら転職するべきです。

ちなみに、あなたの給料が低いか、高いかを30秒で教えてくれる無料サービスもあります。

それが転職エージェントですね。

方法③転職エージェントを利用する

  • 給料を上げる方法が分からない
  • 自分の業界や業種での適性年収が分からない
  • 転職先選びで失敗したくない

こういったアナタは、無料で使える転職エージェントを使うべきです。

確かに、転職サイトなどでも業界別平均年収は知ることは出来ます。

DODA調べによる職種別平均年収ランキング
参照:平均年収ランキング2017〈DODA〉

でも上記のような平均年収のデータでは、自分の給料が高いのか低いのか判断は出来ませんね。

具体的な仕事内容や業務負荷なども分かりませんから。

ですので転職エージェントのプロのキャリアカウンセラーに無料カウンセリングしてもらい、自分のキャリアを分析してもらうのです。

プロが分析すればあなたの経歴に沿った年収の上がる求人をドンドン紹介してくれます。

⇒「どこの会社で働いても給料は変わらないでしょって諦めてました。でも転職エージェントに相談したら給料アップ出来る求人のほうが多くてビックリですww(30歳/女性)」

「給料少ない」人が給料を上げれるたった1つの方法

とはいえ

「もっと具体的に自分でも希望求人に就職出来る方法を教えてくれよ!」

と感じますよね。

先程書いたハローワークなどの公的機関も積極的に活用してほしいのですが、ハローワークにも唯一デメリットがあります。

それは、求人数が圧倒的に少ないことです。

企業が人材を募集する際にハローワークを積極的に使っていません。

求人数が少ないので、あなたの希望する職種の仕事がない可能性があります。

ではどうしたら、希望職種で転職が出来るのか?

「でも希望の仕事なんてどうやって見つけるんだよ?!無理だよ!」

と半ば諦めがちな人も多いと思います。

そんな人は転職エージェントに登録するのが1番の近道です。

あなた1人で今の仕事をしながら、下記ような転職活動の準備が出来ますか?

転職活動でやらないといけないこと

  1. 楽な仕事の求人探し
  2. ブラック企業ではないのかのチェック
  3. 履歴書・職務経歴書の内容のチェックや添削
  4. 面接対策
  5. 企業研究・業界研究
  6. 志望動機を考える
  7. 内定後の給与などの条件交渉

恐らく時間のない状態で1人で全て完璧にこなすのは不可能に近いはず。

ですが転職エージェントに登録すれば無料で全てサポートしてくれるんです。

給料少ない人
なぜ無料なの? 

と思うかもですが、転職決定時に企業から紹介手数料を貰うので、転職希望のあなたは完全無料。

なので、転職活動する上で転職エージェントを使わない理由がないんです。

「でも転職エージェントはどこを使えばいいか分からない!」

という人もいるでしょう。

基本的には転職エージェントは最低3社は登録するべき。

  1. リクルートエージェント
  2. doda
  3. ビズリーチ

転職をエージェントを上手に選ぶコツはココにも書いているのでチェックしてみてください!

転職エージェントの選び方!22社を徹底比較!面談のコツ&評判の良い転職エージェントだけを紹介!
「転職エージェントって何社もあるけど、どうやって選べばいいんだろう?」 と悩む人はホント多いです。 僕自身、転職エージェント業界で働...

リクルートエージェントが転職エージェントの中でも優れている理由5つ

理由①求人の9割が非公開求人で約10万件!

転職エージェントも私自身複数登録しました。

リクルートエージェントが1番良かったなと感じた理由の1つが、「圧倒的な求人数の多さ」ですね。

主要エージェント求人数比較
■リクルートエージェント:10万件
■doda:8万件
■ビズリーチ:5万件

さらにリクルートエージェントではの求人の9割が非公開求人。

つまり登録者限定で応募できる求人約9万件もあるんです。

転職といえば、リクナビネクスト・マイナビ転職などの求人サイトが一般的です。

ですが、求人サイトには掲載されていない独占求人がリクルートエージェントには数多く紹介されています。

転職サイトリクナビNEXT(転職サイト)と、リクルートエージェント(転職エージェント)の求人数を比較してみました。

リクナビNEXTの求人数【東京23区】

リクルートエージェントの求人数【東京23区】

  • リクナビNEXT求人数⇒3,170件
  • リクルートエージェントの求人数⇒31,991件

約10倍リクルートエージェントの方が求人数が多いです。

当然求人が多くなると、私達求職者にとっては選択肢が増えるので、求人数に比例して内定数も増えていくことになります。

⇒「転職エージェントを使ったら、仕事しながらでも希望の職場見つけれました!(27歳/女性)」

理由②大手企業なので安心して登録できる

各転職エージェントの売上比較
■リクルートエージェント(リクルートグループ):1兆5886億円
■doda(パーソルグループ):5175億円
■ビズリーチ:非上場のため非公開
※売上はグループの連結

上記を見ても分かるようにリクルートグループの売上が競合他社と比較しても圧倒的。

  • 「タウンワーク」
  • 「SUMO」
  • 「ゼクシィ」
  • 「ホットペッパー」
  • 「じゃらん」

などのグループ内に多くの有名ブランドがあり、テレビCMも放映している大手企業が提供しているサービスです。

やはり大手企業ですので、安心して転職支援サービスにも登録できます。

転職情報サイトに不正アクセス – 個人情報流出の可能性

こういった情報漏洩の問題を見ても分かるようにやはり中小の転職サイト・エージェントへの登録は不安が残ります。

その点リクルートエージェントは大手企業ですし「Pマーク」というプライバシー保護に免許も持っているので安心出来ます。

理由③登録者の62.7が年収アップしている

2011年のデータですがリクルートエージェントに登録者した22,000人のうち、62.7%が年収アップ出来ています。

「転職するなら年収アップしたい!」

と思うのは当然のこと。

リクルートエージェントは年収アップのための独自ノウハウを持っているんでしょう。

⇒【無料】求人件数10万件のリクルートエージェントの詳細を見る

理由④専任コンサルタントのアドバイスが適格すぎる

リクルートエージェントの転職エージェントの専任コンサルタントの方の私へのアドバイスが適格過ぎると感じました(笑)

私は過去に2回リクルートエージェントを使った経験があるのですが、担当アドバイザーから転職を止められたこともあったんです。

「今のご経歴では転職せずに経験を積まれた方が良いです。

2-3年ご経験を積んでから転職活動された方が希望の仕事・希望年収を得やすくなると思いますよ。」

と場合によっては転職しないほうがいいというアドバイスをされることもあるんです。

転職エージェントっていうと、「転職を強引に急かしてくるというイメージ」だったのですが実際は全くそんなことはなかったです。

履歴書や職務経歴書の添削をお願いしてから2.5倍ほど書類選考の通過率がアップしたこともあったので凄くサポートの質が高いんだなーと思いました。

理由⑤リクルートエージェントは業界最多の全国16拠点

転職したい人
拠点数が多いからどうなの?

と思うかもですが、転職エージェントの拠点数が多いということは直接アドバイザーに会って相談が出来るってことです。

転職エージェント登録の際は電話での面談も可能。

ですが、直接アドバイザーに会って面談出来れば自分の希望求人を細かなに伝えることが出来ますし、模擬面接などしてもらえます。

なので拠点数が多いほうが質の高いサポート受けやすいということに繋がります。

各エージェント拠点数比較
■リクルートエージェント:16拠点
■doda:10拠点
■ビズリーチ:5拠点

リクルートエージェントへの無料登録方法

ですので、早速リクルートエージェントへ無料登録を行い、専任コンサルタントからアドバイスを受けましょう!

まず、公式ホームページより登録画面に進みます。

■リクルートエージェント公式HPのURL
https://www.r-agent.com

  • 氏名
  • 年齢
  • 住所
  • 連絡先
  • 直近の職歴
  • 希望面談日(電話面談でもOK)

などの必須項目を入力しましょう。

面談の方法に関して

面談は、リクルートエージェントの全国16か所ある事務所に訪問しても良いですし、電話面談で登録を済ませても大丈夫です。

登録者の8割は電話での面談で登録を済ませる人も多いので、電話面談の希望日程などを「自由記入欄」に記載しておくと良いですよ。

電話面談の場合は30分程度、訪問しての対面での面談は60分ほど。

面談日は「土日祝」「平日20時以降」でもOKなので仕事しながらでも面談しやすいですね。

登録後、数時間以内にリクルートエージェントの担当の方から電話で連絡が入ります。

面談日程の調整をその電話で行います。面談日程を決めれば、後は面談日を待つだけです。

必要書類など

面談日までに必ず用意しておいた方がよいものは職務経歴書です。

職務経歴書がないと、いくら転職のプロのコンサルタントの方でも、あなたに適切なアドバイスや、求人を紹介することは出来ません。

経歴を元に、話が進みますので、当日円滑に登録が進むように、職務経歴書は用意しておきましょう。

必要書類の準備に関しても、登録した後の電話で丁寧に説明してもらえます。

ちなみにリクルートエージェント登録者限定で、職務経歴書の作成サポートしてくれる「レジュメnavi」を使って簡単につくることが出来ます。

実際のレジュメnaviの画面なんですが、「名前」「経歴」を案内に沿って入力するだけで自動的に経歴書が作られるんです。

「パソコンにワードが入ってない!」

「経歴書を1から作るのが面倒くさい!」

という人でもレジュメnaviがあれば簡単に作れちゃいます。

⇒「転職エージェントに登録して自分の強みをアピール方法を教えて貰いました!結果内定8社ゲット!(35歳/男性)」

リクルートエージェントへ登録して今よりも条件の良い職場へ転職しよう!

転職は当然ですが、転職のプロに相談するのがベスト。

私自身、リクルートエージェントへ登録して応募書類の添削をしてもらってから、書類選考の通過率が約2.5倍にアップしました。

転職エージェントのプロの視点は、本当にすごいんだなと感心しましたね。

いかに自分で作った応募書類の内容が穴だらけだったかということですが(笑)

リクルートエージェントへ登録してプロのコンサルタントにアドバイスを受けることで、確実に今以上企業に対してアピールすることが出来ます。

結果、収入面・待遇面・仕事の内容で、今以上の職場に転職できる確率もグッとアップしますよ。

今すぐ登録して、絶対に転職を成功させましょう!!

⇒【無料登録】業界No.1リクルートエージェントの詳細をもっと見たい

登録するべき転職エージェント3社

リクルートエージェント

>>>リクルートエージェント無料登録する

■おすすめ度

■特徴

転職支援サービス最大手のリクルートグループの転職エージェントになります。

①業界最多の13万件の求人件数で他社を圧倒。

転職エージェント業界業界最大手リクルートエージェント。

公開求人・非公開求人が合わせると約13万件と業界最多の圧倒的な求人件数です。

「とにかくたくさんの求人の中から自分に合う求人を探したい!」

という人はリクルートエージェントの求人の多さを実感するべきでしょう。

②転職支援の成功実績32万件でNO.1

リクルートエージェントが転職支援業界で成功実績No.1となったのは以下の理由です。

求人数の多さ+担当キャリアアドバイザーの質の高さ=転職成功実績32万件

確かに、dodaのキャリアアドバイザーもレベルが高いのですが、dodaの特徴としては親切丁寧なサポートです。

一方リクルートエージェントの特徴としては、とにかくキャリアアドバイザーのアドバイスが的確ということ。

アドバイスの内容に無駄がなく、ズバリ自分が進むべきキャリアを示してくれるんです。

と使い分けが必要になってきます。

③女性向けの転職ノウハウが豊富

リクルートグループの中に人材派遣会社(リクルートスタッフィング)と連携した女性に特化した求人や濃いノウハウ情報が豊富にあります。

特に事務職・販売職などの業界職に精通したキャリアコンサルタントが多数在籍しているので相談しやすい環境は整っていますよ。

「女性ならでは目線で悩みを相談したり、共感してくれる担当者が良い!」

と感じる女性の転職希望者が登録すると満足なサポートを受けることが出来ます。

④夜間・土日祝日でもサポート受付!

リクルートエージェントは、平日・土日祝日いつでも20時以降にも相談が出来るんです。

「仕事が忙しいからなかなか転職活動の時間が割けない・・」

という人でも、在職しながら転職活動が出来るサ手厚いサービスと言えますね。

■リクルートエージェントに登録すべき人
①どこの転職エージェントよりもたくさんの求人を紹介して欲しい人
②転職成功実績を元に的確な内定までのノウハウを知りたい人



doda/パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)

>>>doda公式サイトで無料登録する

■おすすめ度

■特徴

doda(デューダ)は大手人材人材会社のパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)グループが運営しているサービス。

転職支援業界で国内2位の売上高を誇っていますね。

dodaのポイントは以下になります。

①親身なサポートで転職者満足度No.1

dodaは転職者利用者へのアンケート調査で満足度No.1の実績。

満足度が高い理由としては、「登録者に寄り添った親身なサポート」だからです。

  • 転職に関する不安悩みごとの相談
  • 自分のキャリアプランに迷った時には面談でのキャリアカウンセリング
  • 将来の最適なキャリアプランの提案

このようなサポートの結果、転職サポートで年間1万人を成功に導く実績豊富なエージェントになります。

「以前転職エージェントに登録したけど放置された!」

「手厚く、親身なサポートを受けたい!」

という転職希望者が登録・利用すると特に満足度が高いですね。

②履歴書・職務経歴書の添削が抜群

dodaは履歴書・職務経歴書の添削が丁寧で分かりやすいと評判です。

転職活動での第一関門である書類選考。

応募書類で最大限自分の経験や能力をPRしないといけないのに、完璧な書類を作り上げている人は非常に少ないです。

その点、dodaのキャリアアドバイザーは

  • 1から応募書類の作成を手伝ってくれる
  • 履歴書を下書きすれば清書を代行してくれる
  • 書類選考通過率が約3倍にアップする書き方のコツを教えてくれる

といったサポートをしてくれるんです。

「書類選考で落ち続けて面接までたどり着けない・・」

という人は質が高いと評判のdodaの応募書類の添削を一度受けてみるべきですね。

③登録者限定の非公開求人が80%もある

dodaに登録した会員限定でしか閲覧できない非公開求人が全体の約80%あります。

非公開求人の中にはdodaだけが扱う独占求人も多いです。

求人の質も圧倒的に高く、業界最大手のリクルートエージェントとは違った独自の企業を紹介してくれるのが特徴。

■dodaに登録すべき人
①「転職初心者でどの転職エージェントに登録したらいいか分からない」
②「求人数も多く・サポートの質も良いバランスの良い転職エージェントに登録したい」



ビズリーチ

>>>ビズリーチ公式サイトで無料登録

■おすすめ度

■特徴

ビズリーチはテレビCMでも話題の転職支援サービスですね。

特徴としては

①圧倒的なスカウトの豊富さ

ビズリーチに経歴書を登録するだけで、企業人事担当者や転職エージェントの担当者から毎日のようにスカウトが届きます。

登録した人のキャリア次第では、大手転職エージェントと比較して3-10倍ほどスカウトの数が増えた!という人もいます。

  • 「仕事が忙しくて求人チェックする時間がない」
  • 「とにかくたくさんの企業からのスカウトをチェックしたい」

という人は、登録するだけでスカウトがたくさんくるビズリーチが向いているでしょう。

②年収アップ出来る求人が多数

ビズリーチは他の転職エージェントと比較しても、年収アップできる求人が豊富です。

理由としてはビズリーチは元々年収600万以上のハイスペックのビジネスパーソンに特化していた転職支援サービスだったからです。

ですので現状年収が低い転職希望者であっても、ビズリーチでしかチェック出来ない好条件の求人が紹介されるでしょう。

  • 「今の年収に不満がある!」
  • 「もっともっと稼ぎたい!」

という人は登録しておくと良いでしょう。

※公式ホームページには「年収600万以上に支持される」とありますが、年収600万未満でも登録・利用は問題なく出来ます

③上場企業・大手企業の求人が多い

上に書いた「年収アップ出来る求人が多い」ということとも繋がりますが、ビズリーチは大手・上場企業の求人が多いです。

年収が多い求人が多いので、当然上場企業や大手企業の求人が多いのは必然なのですが。

ですので「新卒で入社できなかった大手に入社したい!」と感じる人は登録しておいた方が良いです。

とはいえ大手企業は周りも入社したいと感じる人気求人。

募集してもすぐに打ち切りになりますし、募集も若干名です。

なので逆算して早めにビズリーチに登録して、大手企業の求人を漏れなくチェックしておくことが大事だといえます。

 

■ビズリーチに登録するべき人
①「年収が低い。転職して給料を増やしたい!」と思う人
②転職エージェントの担当者から手厚いサポートを受けたい人


給料低いから辞めたいと感じる人の体験談4つ

体験談①30代/男性

  • 給料が少ない
  • 給料を上げてくれよぉ!
  • 薄給なのに会社に尽くす必要があるのか
  • 売上は順調に伸びている!内部留保じゃなくて従業員に還元しろ!

こんなことを毎日ブラック企業勤務時代に思ってましたね(笑)

給料を上げてくれないなら会社辞めるぞ!

とブラック企業に勤務していた時の上司や会社に交渉してこともありますね。

ちなみに退職を決意したのは、上司の話を聞いて会社の将来が真っ暗だなと感じたから(笑)

上司の年齢は40歳で勤続10年ほど。ブラック企業に転職してしまった残念な人ですw

自分は既に退職してますが今でもブラック企業で勤務続けているんです。

以前も会社ブラック企業に勤めていたドMな上司ですね。

最初のブラック企業での給与金額は大卒初任給の額面程度らしいですw

相当給与体系悪いですよね。よくそんな低賃金の会社で働くよねって感じ(笑)

自分はブラック企業で10年以上も勤務出来ませんよ。。

上司は我慢強い性格で会社に未来ない!とようやく悟り、今のブラック企業に転職してきたんです。

月1で部下を飲み会誘って、上司や会社の愚痴言うのを聞くのですが飲み代は一切奢ってくれませんねw割り勘です。

飲み代割り勘の時点で、「あぁ上司給料高くないだな」と察しますよね。

給料低い人が上立つ立場なんて、今後その会社で働いても報酬なんて期待出来ませんよね・・。

上司が今の会社に転職してきた時の給料は当時の額面25万円で手取りは20-21万円程度だったんです。

前職より良い待遇だ!

と今のブラック企業に転職を決意したハッピー野郎ですよw

平均給料知識ないんでしょうかね。選り好みせずに転職してきたみたい。

求人票をみて、昇給ありと書かれていたので勤続していれば給料上がると期待してたんですって。

脳内お花畑ですよねw

働き始めて5年たった状態で給料は月給25.5万円に昇給だって。

5年で5千円未満!?って聞き返しちゃいましたよ(笑)

昇給は1年間で1千円。管理職ではない平社員の自分と上司の給料は大して変わらないですからね。

上司は自分以上に会社貢献している結構優秀な人材だと思います。

指揮も何もしないアホで無能な上司ではないですね。

現場スキル持っているので社内でも仕事出来る人っていう評価です。

でも、40歳で手取り20万円ちょっとで、部下との飲み代が割り勘なんてもはや自分たち部下の夢壊しすぎでしょ!w

この上司との話を聞いて「絶対辞めたい!」と思った瞬間でしたね。

今の会社を辞めたい!と思ってくると、給料低いことに急にイライラしてきたんです。

退職願を提出し、「給料低いので辞めます!」と役員に伝えてみたんです。。

役員「待遇・給料上げるから辞めないでくれ」

と言うのでは?期待してましたが何も言われずに退職願受理されたのか?思った翌日に社長から呼び出し・

社長「昇給昇進させる 辞めずに留まって欲しい」

と言われました(笑)

会社貢献しているつもりだってので、辞められるのと待遇アップ比較した時、会社は損しない判断したんでしょうね。

環境に不満はありつつも、仕事はバリバリやってましたからね。

結局手取り給料が25万円と約3万円ほどアップしましたw

ボーナス・年収が上がり昇進も出来たけどね。

本気で辞める覚悟は当時持ってたので、上がらなかったら辞めるつもりでしたよ。

覚悟あるなら会社に遠慮無用で会社と交渉するのが良いと思います。

脅しかけるつもりで「給料低い!上がらないからもう辞める!」とドンドン啖呵切っていくべきです。

もし仕事の成果を残せてないと給料も上がらないでしょうし、会社にとっても不要な人材と判断されます。

「辞めてもらって構わない」と言われるでしょうね。

だったら、別の評価してもらえる会社へ転職すれば良いだけ。自分は退職交渉の前に転職エージェントに相談して目ぼしい転職先はピックアップしてもらっていましたからね。

転職するかor給料上げる。

このどちらかにならないと一生後悔すると思ったから退職覚悟で交渉したんです。

前職のサービス残業や休日出勤合わせると月間約100時間の社畜人生だったんです。

ちなみに、退職交渉して月給3万円上げてもらったブラック企業は結局数年で退職して転職しました(笑)

給料アップした後も継続して転職活動してましたからね(笑)

残業ない・休日増える。年収も上がる

そんな会社を見つけたので転職しない手はないでしょう。

今の仕事に不満や悩みがあるなら転職活動はすぐにでも始めるべき。

  • 転職決断する勇気持てない
  • 転職後のキャリアプランのイメージ出来ない
  • 上司や会社に辞めることを言い出せない
  • 自分能力や年齢で転職市場で評価されるか不安
  • 未経験業種・職種に転職したいけど方法が分からない

転職活動する人誰もが抱える不安は色々とありますよね。

社畜な自分が転職成功させた方法は無料の転職エージェントを使ったことだと思いあMす。

プロのキャリアドバイザーから、求人選び・書類選考対策など完璧サポートしてもらったのでそりゃアホでも転職先決まりますよ(笑)

応募出来る求人の選択肢が3倍以上に広がったので相談してよかったなぁって感じっすかね。

体験談②40代/男性

  • 給料安いのが嫌
  • 年収低いのが嫌

こう思って仕事辞めたいとは思うけど、転職先見つかるか不安で結局何年も今の仕事を辞めれない状態です。

男性40代・独身・実家住まい。

正社員だけ年収350万円なんてもう終わってますよね。

仕事行くの嫌で嫌で仕方ないです。

給料安い・年収低い・仕事でも楽だったりヒマだったら納得感も有りますよ。

でも仕事も忙しく、サービス残業まみれなのに、40代で年収400万円未満ってどうなんですか?

先月の手取り金額は20万円以下ですよ。

もうね、仕事のヤル気なんて出ませんよ。。

さらにヤル気が削がれるのが社長の知り合いらしい新人20代の女性が入社半年で係長へ抜擢されたんです。

ハローワーク経由と聞いているが、夜のお店で知りあった様子ですけどね。

優秀でもないのに、社長のコネとか職場の大人の事情で好待遇。

他の平社員納得行く説明なく身勝手人事に他の古株社員は憤りまくりですよ。

40代の平均年収って男性だと616万円らしいですね。

参照:年齢別の平均年収〈DODA〉

高い人だと年収1000万円、2000万円の人もチラホラ。

40代・独身・正社員で、今まで自分より年収低い人に会ったこともないですよ。

自分の責任だし本当に情けない話です。

辞めて年収良い会社転職したい!とは常に思ってはいます。

でも自分の年齢や就職状況・さらには能力を勘案してもはや転職は手遅れだなと諦めていたんです。

  • 仕事行きたくない
  • 辞めたい
  • でも仕事多いから休めない
  • 有給ここ3年間1日も使ったことがない
  • 残業代なんて当然支給されない
  • 毎日3-4時間残業している

こんなことを毎日毎日考えています。

学生時代は公務員希望だったけど試験落ちゃいましたからね。

普通の民間企業でも、給料良いところなら良いかなと思ったけど、自分のやり甲斐重視したらブラック企業だったんです。

  • 会社も経営がギリギリ
  • 自分も能力不足
  • 楽な方向に考えたい

と人生悲観的になっていたら「スキル向上して転職したら?」友人からアドバイスを受けて転職エージェントに登録してみたんです。

最近転職活動を始めたばかりですが、かなりいい感じに選考が進んでいることにビックリ!

自分なんかでも評価してくれる会社があるんだなーと驚いていますよ(笑)

体験談③20代/女性

約3年前に正社員の仕事探すために転職活動をしてました。

やっと見つけた接客業の正社員勤務の仕事。飲食店での仕事でした。

求人情報には

  • 勤務時間は8時間
  • 昇給賞与精度充実

などでえ条件が良かったんです。

やっと正社員の仕事決まった!心踊らせていたのもつかの間・・

  • 実際働くと勤務時間は8時間ではなく12時間
  • 求人情報の賞与昇給制度両方なかった

この雇用条件では働けない!と入社1ヶ月で辞めてやりましたよ。

詐欺ですよね詐欺!

  • 昇給ない
  • 賞与ない

では仕事するモチベーションにもなりませんよね。

転職先の昇給は賞与制度も本当にありますからね(笑)

他にもサービス残業もない不動産業だったので転職して正解でした。

給料低い会社なんてさっさと辞めるべきですね。

体験談④40代/男性

40代で中途入社しました。

妻と2人の子供の家族です、

最近東証一部上場の大手消費財メーカーに転職したんです。

転職して驚いたののが年俸に対する考え方。

管理職以上は年俸での雇用契約。

転職時に金額を提示されるんです。

提示金額は希望より20%ほど低かったのですが、希望していた職種だったので給料上げるために頑張ろう思い転職決意。

年俸の1/12が毎月給与支給に振込まれるんです。

ボーナスは月給込みなので支給なしの契約。

にもかかわらず入社後半年の査定面談の席でいきなり年俸を10%カットすると説明されたんです。

「本来規定通り」「当社のルール」

と杓子定規に説明されたんです。

ただでさえ低い給料だったのに給与の約束反故にされたことに本当にガッカリ。

業務内容・会社の将来性・やり甲斐を感じたので転職したんです。

給与の不満も入社時はありましたが、出世で解消できると踏んでいたのに。

でも本人評価を下回る査定が出たのは意味不明です。

業務で成果は出していたはずなのに、、

管理職に昇進しても結局手取りの給料は上がりませんでしたからね。

株主会への強制参加毎月6千円ほど強制徴収されるし、会議増え・業務量増えで、部下のマネジメントまで増えます。

管理職なので当然残業代支給されませんよ。

さらに驚いたのは部下の売れっ子営業マンの方が給料が自分より100万円ほど高かったこと。

直属の上司に不満を伝えたけど「うちはこういう会社。文句あるなら社長とか役員に言え」と言われて、辞めるしか無いないなと思いました。

入社約3年で退職願提出して、有給消化中に転職活動を始めました。

自分で転職活動をする気力も湧いて来なかったので転職エージェントに相談。

結果、わずか1ヶ月で転職成功しました。

会社に転職年齢相応の給料なので前職よりは下がったけど仕方ないですね。

まぁ仕事内容は楽しそうなので満足はしています。

労働基準監督局で労務契約違反の相談すれば?

友人言われたけど、今は次の会社で頑張ることしか考えてないので頑張るぞ!って感じです。

⇒「給料低すぎてどれだけ働いても家族に良い暮らしをさせてあげれません…なので思いきって転職活動してみたら何と年収150万円もアップしたんです!(38歳/男性)」

合わせてよく読まれている記事

②ストレスで仕事を辞めたいなら今すぐ転職だ!

ストレスで仕事を辞めたいなら今すぐ転職だ!今すぐ会社を辞めるべき4つの理由
「毎日朝起きたくない・・職場に行くのが辛い・・もう辞めたい・・」 「職場の人間関係がストレスで、原因不明に体調不良。今の仕事辞めても大...

②毎日残業で辞めたい&辛いと思う理由9個

毎日残業で辞めたい&辛いと思う理由9個。サービス残業を強制する会社は辞めて今すぐ転職だ!残業少ない・休みの多い会社へ転職する方法も紹介
「はぁ毎日毎日残業か・・たまには定時で帰りたいな。。」 このように毎日残業を3時間以上もするのは普通でしょうか? 残業3時間となると...

③転職活動いつから始めるのがベスト?

転職活動いつから始めるのがベスト?転職するタイミング14個紹介!会社に絶対にバレない転職活動の裏技も公開!
「転職活動したいけどいつから始めりゃいいんだろう・・」 と思いながら本来転職の適性年齢である20/30代を通り越し40代になってからよ...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする