面接に落ちるパターンが存在する!あなたが面接に受からないたった4つの理由や原因を紹介

「面接に合格しないよー・・。落ちるパターンとか傾向ってあるのかな・・」

「面接に落ちる人の特徴ってなに?自分の性格が原因で面接に落ちてるんだったら改善したい!」

面接が上手くいかないことで悩んでいる人は非常に多いと思います。

そんなアナタに向けて、下記のことを紹介していきます!

  • 面接に落ちるときのパターン
  • 面接に落ちる人の傾向や性格

「第一志望の企業への面接が近いけど面接が自信ない・・」というアナタは必読ですよ♪

⇒「転職先が決まらなくて落ち込む毎日でした。でも友人に紹介してもらった転職エージェントのおかげでまた転職活動を頑張れたんです!(20代/女性)」

面接に落ちるときのパターン4つ

僕は2か月で7社の内定を得ましたが、逆に面接に落ちた企業も合計で50社以上あります(笑)

僕が優秀だから内定をたくさんゲットできたのではなく、単純にたくさん企業の選考に参加しただけです(笑)

なので、人一倍面接に落ちてきた僕が「あぁーこれ落ちるなw」と確信するパターンを紹介します!

パターン①面接官からネガティブな質問が繰り返される

面接官①「○○さんの経歴では、営業経験が少ないように感じますが、その点はどうカバーされますか?」

面接官②「前職の退職理由が、仕事が辛かったからとありますが、同じような場面に遭遇した時にどう乗り越えるのですか?」

面接官③「残業が少ない企業を希望されるとのことですが、当社も繁忙期は月80時間の残業があります。対応できるんでしょうか?」

などなど。

面接官が、あなたの経歴・退職理由などから「ほんとに大丈夫なの?当社の業務に対応できるの?」などと不安に感じてネガティブな質問をぶつけてくるのです。

上記のようなネガティブな質問が面接官より繰り返されると、確実に面接に落ちるサインといえます(笑)

僕自身が、30社以上面接を受けた経験上間違いないです。

パターン②面接官から自分に対する質問が少ない

面接官「私の方からの質問は以上です。○○さんから何か質問ありますか?」

「ってオイ!俺に対する質問2-3個しかしてねぇじゃねぇか!!俺の何が分かったっていうんだよ!(゚д゚)!」

と激オコな気持ちになりますよねw

面接官からの質問が極端に少ないときの面接官が考えていることは「あーコイツだめだわ。経験が全然足りねぇーはい落選♪」という感じです。

あなたに興味を失っているので、質問もほとんどないということです。

これも落ちる面接のパターンでありサインです。

パターン③面接時間が30分以内と極端に短い

私が内定を得た企業の面接は45分~60分程度。長いと60分以上の面接時間になりました。

面接に落ちるときは、先ほど書いたように面接官のアナタへの興味が乏しいです。

なので面接時間が極端に短くなります。

目安としては30分以内で面接が終了すると、落ちるパターンだと思った方がいいですね。

パターン④選考結果の連絡が1週間以上経ってもない

選考結果の連絡が1週間以上経っても出ない場合も、面接に落ちるパターンです。

僕が内定を得た企業からの、「次回選考の案内」「内定通知」などの連絡は、面接後2-3日程度でした。

早いと面接当日に結果が出ていましたからね。

逆に1週間以上経っても何の連絡もない場合は、確実に落ちていましたね(笑)

結局企業側が自分へ関心がないので、選考結果の連絡を後回ししているってことです。

もしくは、キープとして優先度高い求職者を残して万が一その人が選考を辞退したら「面接してみるか?」程度です。

⇒「面接がとにかく苦手で落ちまくり・・・でも転職エージェントの模擬面接のおかげでコツを掴んだ感じがしましたよ!(20代/男性)」

面接時の合格フラグ4つ

では次は逆に「これは面接合格だな」と確信できる合格フラグの特徴をまとめてみました。

合格フラグ①ポジティブな評価が多い

面接官①「○○さんの経験があれば当社の業務が軽々こなしてくれるでしょう。」

面接官②「○○さんのお人柄であれば、十分やっていけますよ」

などなど言葉の端々に、自分へのポジティブな評価が多くなることがあります。

この時は面接官からの評価が高い証拠で、面接の合格となる確率はかなり高いと言えますね。

合格フラグ②面接官が自社のことを熱く語りだす

面接官「当社は、金属業界で圧倒的シェアを占めていて、売り上げは今期100億を超えますよ。またIPOにも携われる可能性もあるので、○○さんの今後のキャリアアップにも活かせるはずです」

などなど。面接官が自社の強みや今後のビジョン。さらには業界に占める自社の立ち位置など熱く語りだします。

「俺の面接なのになんで面接官ばっかりしゃべってんの?」

と感じるくらい面接官が1人で話はじめることがありますが、その時は合格フラグがたっています。

面接官の心理として「合格はほぼ決まったから、この優秀な人材に当社を選んでもらいたい」という思いが働き、自社のことを熱く語りだすのです。

合格フラグ③職務経験以外のプライベートな話が多い

プライベートな話が面接官との間で多くなれば合格フラグが立っている可能性は高いです。

転職の面接において面接官がまず確認することは、過去の職務経験です。

プライベートな話に話題が移っているということは、「過去の経験が当社で活かせる」と面接官が判断したからです。

プライベートな話をするのは、あなたに興味関心を持っているということですので、ポジティブな評価を受けていると思ってよいです。

合格フラグ④他社の選考状況を細かく質問される

面接官「同時で選考を受けている企業は何社ありますか?どういった業種や職種?その企業への志望度は?年収は?内定は出てる?」

などなどかなり突っ込んで他社の選考状況を質問される場合があります。

面接官の心理として

  • 「仮に内定を出した場合当社に入社してくれるのか?」
  • 「入社してくれないとしたら何が原因か?」
  • 「何を基準に入社先企業を決定するのか?」

ということを面接官が探っている状態です。

全く興味の場合は、他社の選考状況を細かく聞いてくることはありません。

⇒「転職エージェントに登録するまでは自分の強み・弱みは分かりませんでした!でも自己分析をサポートしてもらったおかげで内定もゲットできましたよ!(30代/男性)」

面接に落ちる人の特徴4つ

では次に面接に落ちる人の特徴を紹介します。しっかりと対策しておかないと、「不採用通知」の嵐になってしまいますよ~。

特徴①面接対策を十分にしていない人

面接に落ちる人は、面接対策が十分されていません。

職務経歴を見て面接官が気になる点や、質問してきそうな点は事前に分かります。

面接で苦戦しがちな経歴の特徴

  • 1年以内で退職している企業がある
  • 退職理由がネガティブな理由
  • 前職で、結果を残せていない
  • 転職活動期の期間が極端に長い
  • 経験年数が極端に短い

などなど。

あなたの経歴の中のネガティブな点は確実に面接官から突っ込まれます。

ネガティブなことを、ポジティブに言い換えるような面接対策をしておかないと、確実に面接で落ちます。

「志望動機が思い浮かばない!どうしたらいいんだ!?」

というアナタは下記の記事も参考にしてみて下さい。志望動機は100%質問されますから準備は必須ですね。

「ヤバッ何もない・・」転職面接で1つも志望動機が思い浮かばない場合の対処法を3つ紹介
「転職面接の時の志望動機まったく思い浮かばねぇわ・・」 「思いつかないなりに、企業の将来性とかを志望動機にしてみたけど、ありきたりな志...

特徴②覇気がない。コミュニケーション能力のない人

  • 伏し目がち
  • 声が小さい
  • 言っていることが要領を得ない
  • 質問の意図を理解していない
  • 元気がない

などなど。覇気がなかったり、コミュニケーション能力がないなど「この人と一緒に働きたい」と面接官に思わせることが出来ない人は、確実に面接に落ちます。

「俺は企業が求めている経験を十分に持っているんだから落ちるわけないだろ!」

と感じるかもしれませんが、コミュニケーション能力がないという理由で、面接に落ちることも十分にあります。

特徴③仕事に対する向上心に欠ける人

仕事に対する向上心に欠ける人は面接で落ちます。

面接官「今後5年先10年先にどういったキャリアを積んでいたいですか?」

求職者「いや先のビジョンは特にないです。」

例えば、このように仕事に対するビジョンやキャリアを全く考えていない人材などは「向上心がなく言われたことしか出来ないお役所的な人材になりそう」と判断される可能性があります。

入社前の面接ではハッタリでも構わないので、「向上心の高い人材」ということを演じる必要があります。

特徴④ビジネスマナーにルーズな人

  • 面接時は黒を基調としたスーツの着用
  • 面接時間の厳守
  • ビジネスメールの基本的なルール
  • 髪型・ヒゲなどの身なりを整える
  • 尊敬語・敬語などのビジネス上の言葉遣い

ある程度の年齢の転職希望者であれば当然知っているであろうビジネスマナーを守ることが出来ない人は、面接に落ちます。

面接官としては、当然知っているはずと思っているマナーを破られると、「信用できない・職場の和を乱す人材」と判断され不合格になります。

どうしても転職が決まらない!という人は下記の記事も参考にしてみて下さいね。

転職決まらないでも焦るな!内定でない人の特徴15選。辛い&不安なら転職エージェントのキャリアカウンセリングを今すぐ受けるべき
「転職が決まらない!」 というあなた。 仕事辞めて新しい仕事探すための活動中! 定職ついてないけど正社員で働きたい 妊...

面接に驚くほど簡単に合格!たった1つの方法とは?

「自分のどういった点が弱みか分からず、面接しても全戦全敗だよ・・どうすりゃいいんだよ・・」

と悩んでいる人は、転職のプロである転職エージェントに登録して、プロの目線からアドバイスを受けた方がいいですね!

転職エージェントというのは、あなたの専任のコンサルタントが「あなたが活躍できる業界や職種のアドバイス」「応募書類の添削」「面接対策」などを完全無料で行ってくれるんです。

僕自身も転職の際にはDODAという業界大手の転職エージェントのサービスを利用しました。

登録した転職エージェントはDODAだけだったのですが、結果的に転職活動期間2か月にも関わらず、7社の内定を勝ち取ることが出来ました。

僕がDODAが優れているな!感じた理由は下記になります。

⇒「担当のキャリアアドバイザーに色々と相談出来たのはホントに助かりました!転職の相談を出来る人が身近にいると安心ですね(30代/女性)」

↓口コミや評判の良い転職エージェントは??↓

DODAが転職エージェントの中でも優れている理由3つ

理由①求人の8割が非公開求人

転職エージェントも僕人身複数登録しましたが、DODAが1番良かったなと感じた理由の1つが、「圧倒的な求人数の多さ」です。

DODAの求人の8割が非公開求人で、DODAに登録した人限定で応募できる求人ばかりです。

転職といえば、リクナビネクスト・マイナビ転職などの求人サイトが一般的ですが、求人サイトには掲載されていない求人がDODAにはたくさん紹介されています。

当然求人が多くなると、僕たち求職者にとっては選択肢が増えるので、求人数に比例して内定数も増えていくことになります。

理由②大手企業なので安心して登録できる

DODAはテレビCMも放映しているパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)という大手企業が提供しているサービスです。

やはり大手企業ですので、安心して転職支援サービスにも登録できます。

転職エージェントの仕事というのは、有料職業紹介事業という厚生労働書からの許認可を得れば誰でもできますし、社長1人だけの転職エージェントの会社といのも少なくないです。

やはり小規模な転職エージェントは営業マンも少ないので、紹介してくれる求人数も圧倒的に不足。

また、個人情報の扱いに関しても大手企業ほど厳重ではないです。

その点から考えると、中小の転職エージェント会社に登録するメリットはなく、DODAのような大手企業へ登録する方が得策なんです。

理由③専任コンサルタントのアドバイスが適格すぎる

私自身何社か転職エージェントに登録しましたが、DODAの転職エージェントの専任コンサルタントの方の私へのアドバイスが適格過ぎました。

例えば、志望動機の考え方に下記のようにアドバイスしてくれます。

「現在の志望動機も悪くはないです。ですが、もっと企業に対してどういった価値を提供できるかを、ご自身の経験を交えて伝えるようにすると更に良くなります。」というアドバイスを受けました。

さらに、「ご自身が希望されている仕事は良く分かりました。ですが、企業様から評価されやす職種ですと○○の職種の方になると感じました。

××という経験は転職市場でも非常に少ない特殊なスキルなので、このスキルをアピールされると希望年収より2割はアップできると思います。」などなど。

このように自分では気づかいアドバイスを的確にもらうことが出来たんです。

「やっぱり転職のプロは違うな~」と感心したことを覚えています。

転職エージェントに登録するべき人は?

転職エージェントを利用するべき人の特徴

  • 仕事に時間を取られ活動できない
  • 転職活動を中途半端にしたくない
  • 会社に迷惑かけず両立したい
  • 就活で仕事のプライオリティを落としたくない
  • 情報収集・書類作成を休日にしたくない
  • 面接のスケジューリングしたくない

こういった人は転職エージェントを活用すると悩みが解決されるでしょう。

特に「とにかく効率的に転職活動を進めたい」という人は絶対登録すべきです。

転職エージェントというのは、あなたの専任のコンサルタントが「あなたが活躍できる業界や職種のアドバイス」「応募書類の添削」「面接対策」などを無料で行ってくれるんです。

「じゃあオススメの転職エージェントは?」

と気になるところ。

オススメの転職エージェントは・・・

↓ ↓

転職決まらない人が多く登録している転職エージェントTOP3

DODA/パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)

当サイト経由で1番多く登録されているの転職エージェントになります。

DODA(デューダ)は大手人材人材会社のパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)グループが運営しているサービス。

転職支援業界で国内2位の売上高を誇っていますね。

DODAのポイントは以下になります。

①親身なサポートで転職者満足度No.1

DODAは転職者利用者へのアンケート調査で満足度No.1の実績。

満足度が高い理由としては、「登録者に寄り添った親身なサポート」だからです。

  • 転職に関する不安悩みごとの相談
  • 自分のキャリアプランに迷った時には面談でのキャリアカウンセリング
  • 将来の最適なキャリアプランの提案

このようなサポートの結果、転職サポートで年間1万人を成功に導く実績豊富なエージェントになります。

「以前転職エージェントに登録したけど放置された!」

「手厚く、親身なサポートを受けたい!」

という転職希望者が登録・利用すると特に満足度が高いですね。

②履歴書・職務経歴書の添削が抜群

DODAは履歴書・職務経歴書の添削が丁寧で分かりやすいと評判です。

転職活動での第一関門である書類選考。

応募書類で最大限自分の経験や能力をPRしないといけないのに、完璧な書類を作り上げている人は非常に少ないです。

その点、DODAのキャリアアドバイザーは

  • 1から応募書類の作成を手伝ってくれる
  • 履歴書を下書きすれば清書を代行してくれる
  • 書類選考通過率が約3倍にアップする書き方のコツを教えてくれる

といったサポートをしてくれるんです。

「書類選考で落ち続けて面接までたどり着けない・・」

という人は質が高いと評判のDODAの応募書類の添削を一度受けてみるべきですね。

③登録者限定の非公開求人が80%もある

DODAに登録した会員限定でしか閲覧できない非公開求人が全体の約80%あります。

非公開求人の中にはDODAだけが扱う独占求人も多いです。

求人の質も圧倒的に高く、業界最大手のリクルートエージェントとは違った独自の企業を紹介してくれるのが特徴。

■DODAに登録するべき人の特徴

①「転職初心者でどの転職エージェントに登録したらいいか分からない」
②「求人数も多く・サポートの質も良いバランスの良い転職エージェントに登録したい」

⇒「大手転職エージェントだけあってサポートの質が凄く良かったです!親身に相談に乗ってくれました!(20代/女性)」

ビズリーチ

ビズリーチはテレビCMでも話題の転職支援サービスですね。

特徴としては

①圧倒的なスカウトの豊富さ

ビズリーチに経歴書を登録するだけで、企業人事担当者や転職エージェントの担当者から毎日のようにスカウトが届きます。

登録した人のキャリア次第では、大手転職エージェントと比較して3-10倍ほどスカウトの数が増えた!という人もいます。

  • 「仕事が忙しくて求人チェックする時間がない」
  • 「とにかくたくさんの企業からのスカウトをチェックしたい」

という人は、登録するだけでスカウトがたくさんくるビズリーチが向いているでしょう。

②年収アップ出来る求人が多数

ビズリーチは他の転職エージェントと比較しても、年収アップできる求人が豊富です。

理由としてはビズリーチは元々年収600万以上のハイスペックのビジネスパーソンに特化していた転職支援サービスだったからです。

ですので現状年収が低い転職希望者であっても、ビズリーチでしかチェック出来ない好条件の求人が紹介されるでしょう。

  • 「今の年収に不満がある!」
  • 「もっともっと稼ぎたい!」

という人は登録しておくと良いでしょう。

※公式ホームページには「年収600万以上に支持される」とありますが、年収600万未満でも登録・利用は問題なく出来ます

③上場企業・大手企業の求人が多い

上に書いた「年収アップ出来る求人が多い」ということとも繋がりますが、ビズリーチは大手・上場企業の求人が多いです。

年収が多い求人が多いので、当然上場企業や大手企業の求人が多いのは必然なのですが。

ですので「新卒で入社できなかった大手に入社したい!」と感じる人は登録しておいた方が良いです。

とはいえ大手企業は周りも入社したいと感じる人気求人。

募集してもすぐに打ち切りになりますし、募集も若干名です。

なので逆算して早めにビズリーチに登録して、大手企業の求人を漏れなくチェックしておくことが大事だといえます。

■ビズリーチに登録するべき人の特徴

①「年収が低い。転職して給料を増やしたい!」と思う人
②転職エージェントの担当者から手厚いサポートを受けたい人

⇒「ビズリーチのハイスペック求人で年収が1.5倍になりました!(30代/女性)」

リクルートエージェント

転職支援サービス最大手のリクルートグループの転職エージェントになります。

①業界最多の13万件の求人件数で他社を圧倒。

転職エージェント業界業界最大手リクルートエージェント。

公開求人・非公開求人が合わせると約13万件と業界最多の圧倒的な求人件数です。

「とにかくたくさんの求人の中から自分に合う求人を探したい!」

という人はリクルートエージェントの求人の多さを実感するべきでしょう。

②転職支援の成功実績32万件でNO.1

リクルートエージェントが転職支援業界で成功実績No.1となったのは以下の理由です。

求人数の多さ+担当キャリアアドバイザーの質の高さ=転職成功実績32万件

確かに、DODAのキャリアアドバイザーもレベルが高いのですが、DODAの特徴としては親切丁寧なサポートです。

一方リクルートエージェントの特徴としては、とにかくキャリアアドバイザーのアドバイスが的確ということ。

アドバイスの内容に無駄がなく、ズバリ自分が進むべきキャリアを示してくれるんです。

と使い分けが必要になってきます。

③女性向けの転職ノウハウが豊富

リクルートグループの中に人材派遣会社(リクルートスタッフィング)と連携した女性に特化した求人や濃いノウハウ情報が豊富にあります。

特に事務職・販売職などの業界職に精通したキャリアコンサルタントが多数在籍しているので相談しやすい環境は整っていますよ。

「女性ならでは目線で悩みを相談したり、共感してくれる担当者が良い!」

と感じる女性の転職希望者が登録すると満足なサポートを受けることが出来ます。

④夜間・土日祝日でもサポート受付!

リクルートエージェントは、平日・土日祝日いつでも20時以降にも相談が出来るんです。

「仕事が忙しいからなかなか転職活動の時間が割けない・・」

という人でも、在職しながら転職活動が出来るサ手厚いサービスと言えますね。

■リクルートエージェントに登録するべき人の特徴

①「とにかく数多くの求人を紹介して欲しい」人

⇒「業界最大手だけあって紹介される求人数は桁違い!転職サイトに掲載されてない非公開求人も紹介されたので大満足です!(20代/女性)」

4位:就職shop

番外編ですが、就職shopも紹介しておきます。就職shopは30歳以下の若手ビジネスパーソン向けの転職エージェントです。

特徴としては、3つあります。

①書類選考不要で必ず面接まで進める

就職shopの最大のメリットはなんといっても書類選考不要で希望した企業の面接を受けれるということ。

  • 「どれだけ応募しても書類選考落ちで面接まで進まない・・」
  • 「面接まで進めば自分の良さをアピール出来るのに・・」

という人は是非使っておきたいサービスです。

書類選考不要の転職エージェントは他社でもないサービスなので、個人的にはかなり画期的だと思いますね。

②全ての企業を取材済み!求人情報が正確

就職shopの求人は、全てスタッフが足を運んで企業を100%取材しています。

取材していることによるメリットとしては「求人情報が正確」「ブラック企業が皆無」といったことがあります。

ですので就職shop経由で入社した場合は「聞いていた条件や仕事内容じゃなかった・・」ということはほぼ皆無と言って良いでしょう。

ただ、全ての企業に足を運んでから求人掲載するので必然的に他の転職エージェントよりは求人数は少なくなります。

なので今回は4位にランキングしておきました。

③18-30歳以下の男女のみが登録の対象

他の転職エージェントであれば何歳であってもう登録可能です。

ですが、就職shopは18-30歳男女の若者向けの転職エージェントとなります。

なので、31歳以上の場合は登録が出来ないのでその点だけ注意が必要です。

■就職shopに登録するべき人の特徴

①18-30歳以下の男女
②ニート・フリーター・正社員の職歴3年以下
③書類選考お落ちが多く面接まで進めない人

⇒「毎回書類選考落ち・・でも就職shopなら書類選考なしで面接まで進めるんです!自分の良さをアピール出来たので直ぐに内定出ました♪(20代/男性)」

関連記事

①楽な仕事&バイト42選!

楽な仕事&バイト42選!正社員で楽で稼げる仕事がないと諦めてる?サビ残・ノルマなしで年間休日120日以上の仕事があるんです!!
「ブラック企業じゃなく、立ってるだけで給料貰えるような楽な仕事に就きたい!」 「複雑で面倒な人間関係がない、ストレスフリーな職場で働き...

②転職活動で「時間がない!」と悩む人解決方法を6つ紹介

転職活動の時間ない人へ6個の解決策を紹介。「在職中だから時間が取れない」とはもう言わせねぇ!
「転職したい気持ちはあるけど時間がない・・」 と現在の職場環境や残業の多さが原因で満足に転職活動時間を確保が難しいって人は凄く多いです...

③ストレスで仕事を辞めたいなら今すぐ転職だ!

ストレスで仕事を辞めたいなら今すぐ転職だ!今すぐ会社を辞めるべき4つの理由
「毎日朝起きたくない・・職場に行くのが辛い・・もう辞めたい・・」 「職場の人間関係がストレスで、原因不明に体調不良。今の仕事辞めても大...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする