「ヤバッ何もない・・」転職面接で1つも志望動機が思い浮かばない場合の対処法を3つ紹介

「転職面接の時の志望動機まったく思い浮かばねぇわ・・」

「思いつかないなりに、企業の将来性とかを志望動機にしてみたけど、ありきたりな市暴動で本当に評価されるんだろうか?不安だ・・」

なんて人も多くいると思います。

僕も過去に転職面接した時に同じように思いました(笑)

それでも転職活動期間2か月で7社の内定を獲得を出来たので、志望動機なんてなくても大丈夫です(笑)

とはいえ「志望動機は一切ありませんっ!キリッ」なんて爽やかに言ったところでその時点で、転職面接は確実に不合格です(笑)

ですので、今回は「志望動機が一切思い浮かばない」人のために、内定をゲットできる志望動機の作り方の方法を紹介したいと思います!

志望動機とは4つの意味があることを知ってますか?再度確認しよう

面接で内定をゲットできる志望動機を考える前に、まず「志望動機」とは何かを理解することろから始めましょう。

「はぁー?志望動機っていえば、なぜその企業に入社したいかってことだろうがー?さっさと受かる志望動機の考え方を教えやがれ!(゚д゚)!」

と思うかもしれませんが、焦らないで(笑)

確かに一般的に志望動機と言えば、面接を受けている企業への入社を志望する理由です。ですが、それ以外にも志望動機ってありますよね?

1、転職をしようと思った理由(前職の退職理由)

2、転職の際の業種・職種の志望基準

3、面接を受けている企業への入社志望動機

4、5年後・10年後のキャリアプラン

このように一口に「志望動機」といっても4つの切り口があります。また、転職面接の際は、この4つの志望動機が一貫していないと面接官からは低評価を受けます。

例えばこんな感じ。

面接官「現職を自己都合で退職されて、今回転職活動を行っている理由は何ですか?」

求職者「マネジメントの経験を積みたかったからです。以前の職場では年功序列でいくら成果を出しても、マネジメントのポジションは年長者が占めており、マネジメントが出来る役職を与えられませんでした。」

面接官「なるほど。では当社へご応募頂いた志望動機を教えて頂けますか?」

求職者「御社の扱っておられる商材が、業界シェアNO.1ということを知り将来性を感じたからです。」

面接官「・・・(マネジメントしたいからじゃないのか?業界の将来性とか、マネジメント化言っていることが一貫してないな・・)」

このように面接官に判断されてしまう可能性があります。

面接官としては、求職者の人が「本当のことを言っているのか?」「面接を受かるために適当なことを言ってるのか?」ということを手を変え品を変え角度を変えた質問で、何度も確認してきます。

そのため、志望動機なども一貫性に欠けた回答をすると、「この求職者は信用できないな」と判断する可能性があるんです。

ですので、4つの志望動機は必ず一貫性のある内容にしましょう。

【NG例】内定をゲット出来ない志望動機4個紹介

では次に、実際によくあるNGな志望動機の内容を紹介しておきます。

NG例①「御社の給与・賞与の待遇が良かったからです」

求職者「志望動機は給与・賞与などの金銭面の待遇が良かったからです」

面接官「・・・(給料の良い会社ならどこでも良いのかよ!金銭面の待遇の良い企業なんてたくさんあるんだから、当社を志望する理由にはならないだろう!不採用!)」

志望動機を「金銭面」だけで答えると、確実に面接で不合格になります。

もちろん転職先の給与などの待遇はすごく大事なのですが、企業側が知りたいのは志望動機を通じて「当社でどういったことを実現したいのか?」ということを確認したいのです。

要は仕事に対する向き合い方を知りたいのです。

にも拘わらず「金銭だけ」を志望動機にされると、面接官としては低評価せざる得なくなります。

ですので、志望動機としてはNGですね。

NG例②「御社の商材が業界内で伸びており将来性を感じたからです」

求職者「志望動機は、御社の商材が伸びており、勢いのあるような業界で働いてみたいと感じたからです。」

面接官「・・・(あなたのメリットはどうでもいいんですよ・・あなたを採用するとどういったた形で売上や利益に貢献してくれるのかを聞きたいんだよ・・)」

ということで、「将来性を志望動機にする」ことも不採用になる要因です。

何故「将来性」を志望動機にするのがダメなのか?

志望動機は、求職者の入社後のメリットを聞きたいのではなくて、企業が採用した際にもたらされるメリットを聞きたいのです。

高度経済成長期の時代で、終身雇用が約束されていた時代であれば、「将来性」を志望動機にしても内定をゲットできたかもしれません。

ですが、現在はグローバル化の波が押し寄せており、どの企業も世界各国の企業がライバルとなります。

会社の、将来性などに依存しているような人材は、企業としては積極的に採用したいとは思いません。

あくまでも採用する企業に「自分を採用するとこんなメリットがあるよ?」ということが伝わるような志望動機を話すようにしましょう。

NG例③「御社の事業内容に強い関心を持ったからです!」

求職者「御社の事業内容に強い関心を持ち応募させて頂きました!」

面接官「・・・(で?おまえの関心は知ったこっちゃないんだよ!志望動機を通じてどうやって当社に貢献してくれるのか教えてくれ!(゚д゚)!)」

このように面接官に判断される恐れがあります。

もちろん「事業内容に興味を持つ」というのは良いことなのですが、その点だけを志望動機とするのはNGです。

自分の経験+事業に対する関心=内定ゲットできる志望動機

自分の経験と事業に対する関する関心をセットにすることで、面接官から反応が良くなることは間違いないです。

事業に対する関心のみで終わらせないようにしましょう。

NG例④「御社で○○の専門知識を学べると感じたからです!」

求職者「私は××の経験がありますので、御社に入社させて頂いたら○○の知識を身に着けることが出来ると感じたからです!」

面接官「・・・(知らねぇよ!当社は学校じゃねぇんだよ!)」

「会社は学校じゃねぇんだよ!」という名セリフ?を吐いたサイバーエージェントグループの松村淳平氏も言っておりましたが、会社は給料を払って、社員に技術や経験を教える学校ではないです。

会社が、「給与・賞与・交通費、社会保険、厚生年金など」の多くのコストをかけて採用を行うのは、コスト以上に自社に利益をもたらしてくれることを期待するからです。

お金を払って、社員に色々と教えてあげて「利益もあげなくてもいいよ!ゆっくり勉強してね♡」

なんて会社があったら逆にコワイです(笑)

新卒採用の面接であれば「学びたい。経験したい」という志望動機でもギリギリセーフですが、即戦力を期待する中途採用であれば、確実に不採用をゲットできます・・(汗)

⇒「転職面接で簡単に内定を勝ち取るたった1つの方法とは?」まで読み飛ばす

転職サイトDODAで転職

NG例⑤「私入社すれば御社の業績を急拡大出来る自信があります!」

求職者「私が御社にすれば、私の○○経験を活かして御社の業績を急拡大させる出来ることは間違いないでしょう!」

面接官「・・・(どんだけ上から目線だよ!あと自意識過剰すぎ!能力がある求職者どうか判断するのは面接官だから、自分で必死にアピールするほど怪しいんだよ!)」

自己アピールは大事です。無駄に卑下したり謙遜したりしすぎる必要はないです!

ですが、採用面接において過度な自己アピールで、さらに企業に対して上から目線でアピールしすぎると当然逆効果です。

面接官も人間ですから、人としてのコミュニケーションが取りずらい人材に関して「協調性に欠ける」「社内の和を乱す」と判断され、こちらも不採用です。

NG例⑥「志望動機?特にないです。御社からスカウトメールが届いたので」

求職者「志望動機は特にありません。御社から面接確約のスカウトメールを頂いたので本日訪問させて頂きました」

面接官「・・・(確かに当社からスカウトメールを送ったけど、わざわざ面接に来たってことは多少なりとも当社に興味持ってくれるんじゃないの?志望動機が1つもないとかどんだけ受け身な人材だよ!)」

転職サイト(リクナビネクスト、マイナビ転職、ビズリーチ、Greenなど)や転職エージェント(DODA、リクルートエージェント)などに自分の経歴を登録していると、企業からスカウトメールが届くこともあります。

スカウトメール「あなたの経歴に強い興味を持ちました。よろしければ一度面談のお時間を頂戴出来ないでしょうか?」

というように、書類選考を通過して、いきなり面接まで選考を進めさせてくれるというものになります。

書類選考を経ずとも面接に進めることが出来るので、気軽に面接に行くケースが多いです。

ですので、志望動機もそのまま「スカウトメールが来たから」と言ってしまうケースです。

この場合は、「当社に全く興味を持ってくれていない」と判断され不採用になります。

何でも構わないので、別の志望動機を用意しておくようにしましょう。

NG例⑦「地元で働きたかったからです!」

求職者「御社を志望した理由は、引っ越しすることなく地元で働きたかったからです!」

面接官「・・・(勤務地だけで職場を選ぼうとするなんてバイトかよ!仕事の内容に対するsh志望動機はないの?仕事に対する向上心がないので不採用!)」

はいこれも不採用です(笑)

勤務地ももちろん大事ですが、志望動機としてはマイナス評価になります。

「勤務地が東京だったらどこの企業でもいいの?東京に170万社も企業があるんだよ?」

と人事担当者が考えることは間違いないです。

「なぜ当社を選び、どのように当社に貢献してくれるのか?」

この疑問を志望動機を通じて、採用担当者は確認したいのです。その視点で考えると「地元で働きたい。家の近所だったから」という志望動機では、採用担当者の疑問に回答出来ているとは言えません。

NG例⑧「前職がブラック企業・残業は多い・上司も嫌な人ばかりでしたが、御社は職場環境がよさそうなので応募しました」

前職の職場の悪口ばかりいう人材も、面接官から非常に悪い印象を持たれます。

面接官「環境の悪い職場を自分で選んで入社したのに、悪口ばかりいうのはいかがなものか。悪い職場環境を、自らの行動で変えていこうという意識はないのか?今後も自分の重い通りにならないと、環境が悪いと責任転嫁し逃げ出すのではないか?」

このように面接官に判断されます。

客観的に自分の非を認めて、前職の悪口や愚痴を言い過ぎないことです。

⇒「転職面接で簡単に内定を勝ち取るたった1つの方法とは?」まで読み飛ばす

転職サイトDODAで転職

【考え方】転職面接で評価されやすい志望動機

「NGな志望動機はもう分かったよ!自分の場合は具体的にどういう内容の志望動機にしたらよいか分からないんだよ!」

と感じるあなたに説明しますね。

何度も言ってますが、志望動機はあなた目線ではなく、企業目線で用意しておいてください。

「自分が御社に入社したいから」ではなく、「御社が私を採用したらこんなメリットがある」とうことを伝えるのです。

ではそのメリットをどう伝えるのか?

それは「あなたが仕事を通じて得た経験」です。具体的にはこんな感じ。

求職者「今回の転職では、私の○○経験をしっかりと活かせる職場で結果を残していきたと考えています。御社の業務内容が私の経験を活かせる内容だと感じましたので今回志望させて頂きました」

自分のウリとなる経験をアピールしつつ、なぜその企業に入社したいかもアピールできているので、面接官を納得させることが出来ます。

ですのでしっかりと「あなたの経験」を絡めながら志望動機を組み立てていくと良いです。

【職種別】内定が出やすい志望動機の例

次に営業職・事務職・技術職などの、職種ごとの具体的な志望動機の例をまとめてみましたので、あなたに当てはまる職種の項目を参考にしてみてください。

事例①【営業職】の志望動機

求職者「私は今までの営業職のキャリアとしてBtoBでの新規獲得の営業をメインで担当してきました。

新規営業におけるアポイントの獲得から、成約までの一連の流れに業務のやりがいを感じています。ですので、貴社での東南アジア市場の新規市場開拓は私の経験とも合致しますし、非常に魅力を感じています。」

自分の経験+転職先での業務内容を絡めて話が出来ているので、面接官も「確かに。経験やスキルが生かせそうだ」と納得すること間違いなしです。

事例②【事務職】の志望動機

求職者「もっとお客様や社内の営業マンの方のサポートが出来る業務したいと感じたからです。前職では、書類整理・コピー・お茶くみなどの業務がメインで、お客様や営業マンの方おお手伝いはさせてもらえませんでした。

次の職場では、営業事務や営業アシスタントのような仕事をしたいと考えておりますので、御社の業務内容と私のしたい仕事内容が合っておりましてので志望させて頂きました」

事務職の場合も「今までは経験できなかった顧客対応なども経験したい!」という仕事に対する前向きな姿勢は企業に非常に評価されやすいです。

自分の経験を活かして、どのような仕事を今後していきたいのか?をしっかりとアピールすると内定に近づきます。

事例③【SE(システムエンジニア)】の志望動機

求職者「今まではC言語などの基本的な言語を使ってiosやandroidのアプリ制作を行ってきました。ですが、前職の企業の方針として新しい技術を用いるといよりも、簡易なアプリを大量制作するという方針でした。

ですので、御社のRuby on RailsやPythonなどの新しい言語作ってアプリ政策が出来るという環境に非常に魅力を感じて応募させて頂きました」

SEの仕事に関しては、自分が使ってきた言語だけではなく、新しい技術をもっと吸収したい!ということを志望動機を伝えていきましょう。

具体的な制作実績のポートフォリオも用意しておくようにしましょう。

事例④【接客】の志望動機

求職者「今まで以上の大きな売り上げ目標が課せられる職場で働きたかったらです。前職では店長として、約2年間月間の売上目標を一度も下回ったことはありませんでした。ですが、一店舗だけではなく、もっと複数の店舗を管理して、さらに大きな売り上げを達成したいと考えています。

御社の業務内容はエリアマネージャーとしてのキャリアも期待できるということで、その点に魅力を感じました」

前職では出来ない、エリアマネージャーという仕事を、次の職場では経験したいという前向きな志望動機ですので企業からは評価されやすくなります。

転職面接で簡単に内定を勝ち取るたった1つの方法とは?

「事例は分かったけど、実際自分の場合はどういう志望動機を作ったらいいか全く分からない場合はどうしたらいいんだよ!」

という人もいると思います。分かります。分かります。

僕も初めての転職で、志望動機を考えるときに3日くらい、パソコンの前でずーっと考えていましたが、結局志望動機は書けませんでした(笑)

そんな僕でも転職活動期間2か月で7社の内定をゲット出来たのは、DODAという転職エージェントに登録したからです。

転職エージェントというのは、あなたの専任のコンサルタントが「あなたが活躍できる業界や職種のアドバイス」「応募書類の添削」「面接対策」などを完全無料で行ってくれるんです。

僕自身も転職の際にはDODAという業界大手の転職エージェントのサービスを利用しました。

登録した転職エージェントはDODAだけだったのですが、結果的に転職活動期間2か月にも関わらず、7社の内定を勝ち取ることが出来ました。

僕がDODAが優れているな!感じた理由は下記になります。

⇒【無料登録】「転職支援ならDODA(デューダ)」会員登録をする

転職サイトDODAで転職

DODAが転職エージェントの中でも優れている理由3つ

理由①求人の8割が非公開求人

転職エージェントも僕人身複数登録しましたが、DODAが1番良かったなと感じた理由の1つが、「圧倒的な求人数の多さ」です。

DODAの求人の8割が非公開求人で、DODAに登録した人限定で応募できる求人ばかりです。

転職といえば、リクナビネクスト・マイナビ転職などの求人サイトが一般的ですが、求人サイトには掲載されていない求人がDODAにはたくさん紹介されています。

当然求人が多くなると、僕たち求職者にとっては選択肢が増えるので、求人数に比例して内定数も増えていくことになります。

理由②大手企業なので安心して登録できる

DODAはテレビCMも放映しているパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)という大手企業が提供しているサービスです。

やはり大手企業ですので、安心して転職支援サービスにも登録できます。

転職エージェントの仕事というのは、有料職業紹介事業という厚生労働書からの許認可を得れば誰でもできますし、社長1人だけの転職エージェントの会社といのも少なくないです。

やはり小規模な転職エージェントは営業マンも少ないので、紹介してくれる求人数も圧倒的に不足。

また、個人情報の扱いに関しても大手企業ほど厳重ではないです。

その点から考えると、中小の転職エージェント会社に登録するメリットはなく、DODAのような大手企業へ登録する方が得策なんです。

理由③専任コンサルタントのアドバイスが適格すぎる

私自身何社か転職エージェントに登録しましたが、DODAの転職エージェントの専任コンサルタントの方の私へのアドバイスが適格過ぎました。

例えば、志望動機の考え方に下記のようにアドバイスしてくれます。

「現在の志望動機も悪くはないです。ですが、もっと企業に対してどういった価値を提供できるかを、ご自身の経験を交えて伝えるようにすると更に良くなります。」というアドバイスを受けました。

さらに、「ご自身が希望されている仕事は良く分かりました。ですが、企業様から評価されやす職種ですと○○の職種の方になると感じました。

××という経験は転職市場でも非常に少ない特殊なスキルなので、このスキルをアピールされると希望年収より2割はアップできると思います。」などなど。

このように自分では気づかいアドバイスを的確にもらうことが出来たんです。

「やっぱり転職のプロは違うな~」と感心したことを覚えています。

DODAへの無料の登録方法

ですので、早速DODAへ無料登録を行い、専任コンサルタントからアドバイスを受けるようしましょう!

まず、DODAの公式ホームページより登録画面に進み「氏名・年齢・住所・連絡先・直近の職歴・希望面談日」などの必須項目を入力しましょう。

面談は、DODAの全国7か所ある事務所に訪問しても良いですし、電話面談で登録を済ませても大丈夫です。

登録者の8割は電話での面談で登録を済ませる人も多いので、電話面談の希望日程などを「自由記入欄」に記載しておくと良いですよ。

登録後数時間後に、DODAの担当の方から電話で連絡が入ります。

面談日程の調整をその電話で行うということですね。面談日程を決めれば、後は面談日を待つだけです。

面談日までに必ず用意しておいた方がよいものは職務経歴書です。

職務経歴書がないと、いくら転職のプロであるDODAのコンサルタントの方でもあなたに適切なアドバイスや、求人を紹介することは出来ません。

経歴を元に、話が進みますので、当日円滑に登録が進むように、職務経歴書は用意しておきましょう。

そのあたりの必要書類の準備に関しても、DODAに登録したの電話で丁寧に説明してもらえます。

⇒【無料登録】「転職支援ならDODA(デューダ)」会員登録をする

DODAへ登録して今よりも条件の良い職場へ転職しよう!

転職は当然ですが、転職のプロに相談するのがベストです。

僕自身、DODAへ登録して応募書類の添削をしてもらってから、書類選考の通過率が約5倍にアップしました。

転職エージェントののプロの視点は、本当にすごいんだなと感心しましたね。

いかに自分で作った応募書類の内容が穴だらけだったかということですが(笑)

DODAへ登録してプロのコンサルタントにアドバイスを受けることで、確実に今以上にあなた自身を企業にアピールできます。

結果、収入面・待遇面・仕事の内容で、今以上の職場に転職できる確率もグッとアップします。

今すぐ登録して、絶対に転職を成功させましょう!!

⇒【無料登録】「転職支援ならDODA(デューダ)」会員登録をする

転職サイトDODAで転職

関連記事

楽な仕事&バイト42選!正社員で楽で稼げる仕事がないと諦めてる?サビ残・ノルマなしで年間休日120日以上の仕事があるんです!!

派遣の職場見学落ち続ける・・落ちる原因9つ紹介。受からない人は落ちるパターンがあるの知ってますか?

ストレスで仕事を辞めたいなら今すぐ転職だ!今すぐ会社を辞めるべき4つの理由

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする