クライス&カンパニーの評判・口コミ。年収700万以上なら登録しとけ!ハイキャリア向け転職エージェントで希望の転職をしよう!

「クライス&カンパニーの評判や口コミを知りたい!」

「登録する人の年収は何万円くらいかの?」

「紹介される求人はどんな求人がある?」

とクライス&カンパニーの情報を知りたい人も多いと思います。

そんな人向けにクライス&カンパニーの

  • 口コミ&評判
  • 特徴
  • 具体的な求人先企業名
  • キャリアコンサルタントの質の高さ

などを紹介していきますね!あなたがクライス&カンパニーに登録すべきかどうか参考にしてみてください。

クライス&カンパニー公式サイト
公式サイトURL:http://www.kandc.com/

クライス&カンパニーの評判&口コミ

口コミ①web広告代理店/35歳/男性/年収700万円

総合評価☆5/5

前職ではweb広告営業部の部長として、部署メンバーマネジメントや数値管理などの業務を任されていたんです。

web広告業界携わって10年以上。

業界の移り変わりや、スピード感など日進月歩でweb広告の市場が毎年伸びているのが面白くやり甲斐を感じていたんです。

業界のことは大好きなのですが今の会社に居続けることには疑問感じてきました。

34歳の時に結婚出産を経て「もっと家族に誇れる仕事をしたい」と働き方キャリアプランを見直すことを決意。

もちろん社内でのポジションや移動などの働き方を変える打診を上司に行ったりもしたんですよ。

ただ営業部長としては毎月のノルマは達成できていたこともあり

「他の営業部長候補もいないので異動は認めない」

と言われました。

業界習慣というか組織が硬直化していることに不満を感じていたんです。

なので「社内でのキャリアプランの見直しは無理だ」と結論づけました。

自分の可能性を探るべく社外に出て色々と模索。まぁ平たく言うと転職先を探す活動です(笑)

それとなく転職を匂わすと懇意にしている取引先の担当の方から「うちに是非来てよ」と声掛けも頂きました。

ですが取引先の会社ではあくまでも今までのキャリアの延長線上でしかないので丁重にお断。

「どうやって転職活動したらよいものか」

と思いあぐねていると、知人からクライス&カンパニーを紹介してもらったんです。

エージェントサービスは過去に使ったことはないのですがとりあえず登録し東京新橋のオフィスを訪問してみることに。

併用する形で大手の転職エージェントからweb業界特化の専門エージェントも複数登録し相談してみました。

比較してみると、自分のキャリアプランへの理解が不快エージェントだったのはクライス&カンパニーでしたね。

特に今後のキャリアプランを見据えた転職支援はかなり的確。

登録前には「年収1000万円以上の求人多数!」というウリ文句を見てもかなり疑心暗鬼でしたからね。

「ハイキャリアやエグゼクティブ向けの案件が中心で家族との時間も確保出来ないでは?」

という懸念も持っていました。

転職意志はもちろんありますが、家族との時間を持てないのは困りますよねぇ。

なのでクライス&カンパニーの求人には自分には合わないんじゃ?とギャップを勝手ながら感じていたんです。

ですが、自分の想像以上に

「裁量権が多い執行役員の案件」

「副業として週末に出来る自宅作業の求人」

と様々な種類の求人を紹介してくれたんです。

またサポートもかなり的確。

「職場環境を整えることも大事だが、責任の重みがある仕事は今後も続けた方が良い。楽な方に流されると●さんのキャリアの伸び代がなくなる」

と頭の痛いご指摘・忠告をされちゃいました(笑)

大手転職エージェントの場合は、ただ希望年収・仕事内容だけを満たす案件を機会的に紹介されるだけ。

システムでフィルターをかけているので、確かに希望の給与や残業時間の上限は満たしています。

ですが、「その仕事に就いた時の自分の将来のキャリアプランはどうなのか?」

といった求人紹介の理由の説明がなかったのでイマイチ納得感がなかったんです。

web業界以外の様々な職種のマネジメント層の職種を紹介頂きましたが、やはり自分に「web業界しかない!」とキャリアコンサルタントの方と相談する中で実感してきました。

前職では営業部長としてのコンサルタント意外にも、一時新規部署の立ち上げの経験もしてたんです。

ただ単に立ち上げるだけではなく、売上をあげて事業を軌道に載せた実績もあります。

マネジメントだけではなく営業マンとしてセールスの担当も経験もありましたね。

その経験を買われて大手web会社の新規部署の役員として転職を決めることが出来ました!!

以前はweb広告代理店だったのですが、次の会社は自社のプラダクトのwebサービスを持つ会社です。

クライアント対応に右往左往することなく腰を据えてサービスを伸ばしていくことが出来るのは本当に魅力的。

また育児休暇の取得も積極的に推進している素晴らしい会社だと感じたので転職を決意しましたよ。

家族にも自分のキャリアプランにとっても大満足の会社なので、やり甲斐を感じれそうな転職先です。

クライス&カンパニーの担当者の方に紹介頂いてので感謝してもしきれません!

口コミ②家電エンジニア/38歳/男性/年収850万円

総合評価☆4/5

30代後半での転職活動って苦労しますね(笑)

年収や勤務地などの希望条件がなかなか先方と折り合わないことも多いんです。

「条件がようやく折り合った!」

と思ってもよくよく聞くと業務内容が自分の目指す方向と違っていたり、社風に抵抗があったりと・・

どこかで妥協しないといけないのは分かっているんですけどね(笑)

仕事をしながらの転職活動だったので結局転職先を決めるのに半年ほどかかってしまいました。

転職活動に時間がかかってしまった一因としては初期に登録した大手転職エージェントの責任です(笑)

私が希望する条件を伝えているのに全く仕事紹介をしてくれなかったんですよ!

「条件を多少下げてもいいからとにかく求人紹介してくれ!」

といっても全く紹介はなし。

「これはダメだ」

と感じクライス&カンパニーの登録面談にいってみることにしました。

実際に使ってみた感想としてキャリアコンサルタントの方が大手転職エージェントと比較しても非常に優秀だったと感じましたね。

ハイスペック層に特化して転職支援をしているだけあって、私が所属する業界のこともよく熟知している様子でした。

またクライアントに対しての交渉力や営業力の能力も高く、「私をいかに高く売るか?」という能力に非常に長けていたと思いますね。

例えばこちらの求めている年収の希望額と、先方の提示額に差があった場合、代行して交渉してくれたこともありましたよ!

結果私の希望額へ先方が譲歩してくれました。

本当に感心しましたね。

他社のエージェントでは、面接に行った時に、事前の求人票に記載されていた仕事内容や、担当者が求めている人物像と全く違うこともありましたからね。。

完全に転職エージェント側のヒアリング不足!

「このエージェントは信用出来ないぞ」

と思い選考も辞退し、サービス自体も退会しました。

エージェント側の売上確保のために強引に自分を面接に行かせるためだったのかな?

と勘ぐっちゃいますよね。。

このようなトラブルもあり結局クライス&カンパニーで紹介してもらった求人で決めて転職しましたよ。

ココの求人を見ていると、年収が高いので当然即戦力を求めている企業が多い印象を受けました。

「自分には厳しいかなぁ」

と思ってましたけど米国のキャリアコンサルタントの資格を持っている優秀なコンサルタントが求人を精査してくれていました。

なので社風の良さそうな会社が多かったですね。

なので実際の面接の場でも面接官との相性が合う場合が多く「自分でも活躍出来そう!」と思えることが多かったと感じました。

とはいえ転職は自分の人生の中でも大事な選択。

社風や自分像が合致しているからといって盲目的に転職エージェントのいうことを過信してはいけません。

転職エージェントやヘッドハンターのいうことは話半分くらいで聞くようにして、あとは面接で自分で感じた直感を大事にするようにして活動してたんです。

ただ、クライス&カンパニーの紹介求人に関しては他エージェントと比較しても高い質のものが多かったので助かりましたよ。

口コミ③メガバンク法人営業/36歳/男性/年収750万円

総合評価☆3/5

転職は3回目になります。

40歳近くになり営業現場の仕事ではなく、もっと自社のサービスやプロダクトなどの事業にコミット出来るビジネスに携わりたいと感じ始めました。

結局金融のビジネスって顧客をいかに儲けさせるかってビジネスなので、仕事のダイナミズムを感じづらいんですよね。

自分で探すのも面倒だったので、転職エージェントに登録。

現在は、営業の仕事なのですが、過去には人事部で採用や組織変革などの仕事に関わっていたこともあったんです。

給与や人事部長としての役職には不満はなかったのですが、結局会社の方針に従う会社のコマ。

自らビジネスを回すようなビジネスマンとして力は一切つきません。

正直人事の仕事も今後はしたいとは思えない仕事でしたねぇ。

メガバンクの営業職や人事の仕事に対する不満などの転職エージェントに包み隠さず伝えましたよ。

テレビCMもやっているような大手エージェントに登録し相談したのですが、「業界業種が合致したり、企業規模が大きければ転職するでしょ?」

という雑な求人紹介が多かったです。

経営者目線に欠けるいかにもサラリーマン目線の仕事ぶりにガッカリ。

大手人材支援会社だから良いってわけではないんだなと感じたので中小の転職エージェントにも登録してみたんです。

そのうちの1社がクライス&カンパニー。

全然名前も聞いたことない会社でネットで検索したときに見つけたのですが、ココはヘッドハンティング専門の会社なんですね。

ヘッドハンティングというとビズリーチに登録したことがあったんですが、転職エージェントのコンサルタント1人ずつと連絡が取るのが手間で使うのを止めたんです。

で、使ってみた感想ととしては担当のキャリアコンサルタントが非常に優秀だったということ。

口調も穏やかで、非常に頭が切れる印象を持ちました。

「この担当者を上手く使えば自分の希望の転職先を見つけれるかも!」

と感じ、自分の転職活動の状況や希望条件などを包み隠さず話をしました。

さすがエグゼクティブ向けのヘッドハンティング会社と謳っているだけあって私のことへの理解が早かったですね!

紹介された職種としては経営に携われるような経営企画の仕事など。

他では一切紹介されたことない求人あったので「こんな求人があるのか!」と嬉しく感じましたねぇ。

ただ、デメリットももちろんあります。

クライス&カンパニーは会社規模が小さい会社。

なので他エージェントと比較しても紹介される求人数はメチャクチャ少ないです。

大手エージェントの1/5~1/10程度。

ただ、求人数は少ない分質は非常に高く、魅力的な案件が中心でした。

もちろん名前を知っている大手企業の求人もあります。

数は少ないですが(笑)

なので、私はクライス&カンパニー1社だけの相談ではなく、他エージェントと複数併用する形で利用していましたよ。

複数併用という形であれば非常に使い勝手のよい転職エージェントだといえますね。

⇒「本当に年収1000万円の企業に転職できました!(38歳/男性)」

口コミ④投資銀行/32歳/男性/年収1300万円

総合評価☆5/5

クライス&カンパニーに登録した後に面談のためにオフィスに訪問してみました。

住所は東新橋で最寄り駅は汐留です。

オフィスは「ハイキャリア特化」と謳うだけあってシックで落ち着いた雰囲気。

待合室でスタッフの方を待っているとキャリアコンサルタントの資格取得の証書が飾ってありました。

私もよく知らずに友人に勧められるまま登録したんですが、コンサルタント方全員が資格を持っているんですね。

なんでも米国の資格のようで一方的な指導をする(ティーチング)ではなく、登録者の話を聞き取るテクニックに長けているようです。

私を担当してくれたのは40代の女性の方。

他社のハイキャリア特化という転職エージェントでは、2,3年目の20代の女の子が出てきて偉そうに「年収1000万円層の転職市場は・・」なんて語るんです。

「年収500万円以下のお嬢ちゃんに何が分かるんだい?」

と言いたいくらいでしたよ。

また対応も非常に事務的で「相談しよう」と思えないようなサポートの対応でした。

その点、クライス&カンパニーは落ち着いてキャリアを豊富に積んできた方なので安心感はありましたね。

ただ求人数は、ハッキリいって多くないです(笑)

私が登録前に公式HPでも見つけた数社の求人プラスあと何社かって感じ。

これはスペックに関わらず、どの登録者でも紹介求人は多くないみたいです。

どちらかというと、登録者のスペックをもとに営業マンが求人を獲得していくスタイルのようですね。

確かに紹介される求人数は大手エージェントの方が多いのですが、大手は自分にピッタリの求人を後から探すスタイルではありません。

あくまで今所有している多数の求人の中から「どの求人が気になりますか?」というスタイル。

大手はエンジニア・マーケティング・金融・事務・営業など豊富にありますが、求人数が多すぎるのでミスマッチを招きかねないなという危惧はありました。

面談では転職状況をしっかり伝えれば、積極的に求人紹介を受けることが出来ます。

逆に「今すぐ転職活動するつもりはないけど、情報だけ欲しい」

と正直に伝えればコンサルタントからしっかり情報提供を受けれます。

もちろんマメに連絡がきすぎて「鬱陶しい!」なんてこともないみたいですよ。

私は本気で転職活動をするつもりだったので、

  • 担当者が親身にマメに連絡をくれるか?
  • 希望条件に沿った求人紹介を継続的に行ってくれるか?

というサポートの質をポイントで転職エージェントを探しました。

その点でみると個人的にはクライス&カンパニーは満足できる対応でしたね。

友人の転職エージェントとの愚痴なんかも聞いてみると、友人の場合は大手エージェントとは全然合わなかったみたいですね。

結局のところ、どこの会社に登録するかも大事ですが、後は担当者との相性がかなり大きいですね。

キャリアアドバイザーの当たりを引けばサポートも大満足でしょうし、逆に場合は対応方法に不満を感じるんでしょう。

あと、個人的に気に入っている点としては、毎月20日に更新される「キャリアアップコラム」でしょうか。

  • 「面接官が気になることを回答出来ているか?」
  • 「キャリアアッププランの立て方」

などのためになるコラムが登録者限定で配信されるので電車での通勤時間などにチェックできるので便利です。

ちなみに社長の丸山貴宏って有名な方みたいですよ。

私も見たことがあったのですが、ダイヤモンドオンラインで連載されている「35歳から転職」は丸山さんが書かれているみたいですね。

口コミ⑤大手家電メーカー/37歳/男性/年収770万円

総合評価☆5/5

転職する以前は広告代理店で課長のポジションでした。

会社業績も安定していましたが、成長は天井を迎えており完全に鈍化。

これまで順調に昇進は出来ていましたが、上のポジションは完全に使えており昇進するまで時間が限らています。

なので、「転職しよう!」と思い高年収求人が多いと噂に聞いていたクライス&カンパニーに登録してみたんです。

登録して驚いたことは高年収の求人の多さ以上に、コンサルタントさんのサポートの質が非常に高いということ。

仕事が忙しくて、自分のキャリアプランなどもしっかりと考えずに面談に向かったんです。

ですが、しっかりと自分のキャリアプランを立てれるように上手に話を引き出してくれるんですよ。

放置するわけではなく、丁寧なサポートは非常に好感を持てましたね。

サポートのおかげもあっても年収アップの企業へ転職することが出来たんです!

条件も当初立てていた条件を全て満たす好条件だったので一切不満はありません!

口コミ⑥決算・経理業務/42歳/男性/年収1200万円

総合評価☆5/5

以前同じ会社に勤めていた同僚に紹介してもらって登録してみました!

登録後1営業日以内には担当の方より連絡を頂けたんです。

ただ、決算業務で忙しく面談の時間が取れなかったので、繁忙期が終わってからとお願いしたんです。

ですが、話するのは早いほうが良いということでわざわざ私のオフィス近くの個室の飲食店まで来てくれたことにはビックリ。

ただの挨拶くらいかと思っていたのですが、面談の時に既にいくつか求人をし紹介してくれたんです。

「興味ある!」

と思えるマッチした求人紹介をしてくださったので、面談日当日に応募することが決定。

本当にスピード感がすごかったです。

ただ、職務経歴書がまだ完成してなかったので「応募は難しいかな」と思ってました。

ですが「未完成で構わないので一旦送って貰えますか?私の方で清書してみます。完成したらチェック頂けますか?」

と言われたので口頭で職務経歴を伝えてみました。

そしたらクライス&カンパニーのキャリアコンサルタントの担当者さんが経歴書の体裁を整えてくれたんです。

で、応募後2日で書類選考は通過し面接のセッティング完了の連絡が(笑)

しかも事業部の責任者の役員の方なので、私の採用の可否を決定できる決済権がある方だったんです。

あれよあれよという間に面接まで進み、応募後1週間で内定が出ました(笑)

前職の退職交渉も全くしていない状態だったので、結局転職先への入社は3ヶ月後になりましたが年収もアップし大満足。

私は転職意志が強かったので、「凄腕のエージェントだ!」と感心しましたねー。

でも「まだ転職はいいかな」という人にとっては強引な印象を持つかもしれませんね。

ただ、強引だと感じれば「すぐに転職の意志はなく、情報だけほしい」と伝えれば問題ないと思います。

クライス&カンパニーのようなヘッドハンティング型以外にも通常の転職エージェントにも登録してみました。

ただ、他の転職エージェントから求人紹介が入る前に、既に紹介先で内定が出てしまったので比較が出来ませんでしたが(笑)

口コミ⑦コンサルティングファーム/38歳/男性/年収1500万円

総合評価☆5/5

過去複数のコンサルティングファームで勤務し経験してきました。

40歳を目前にしてコンサル経験を活かした「自社サービスをもつ事業会社へ転職したい!」と思いエグゼクティブ向けの転職エージェントに登録。

クライス&カンパニーのことは先輩に聞いたのですが、正直他の転職エージェントと比較すると案件数は多くないです。

ですが、少ないながらも求人の質は圧倒的に多く、企業側とのコネクションは相当強固。

他転職エージェントよりも圧倒的な情報量だったので入社後のイメージがかなりしやすかったですね。

他の転職エージェントの場合は求人票に書かれている以上の情報はなかったですからね。

また担当のキャリアドバイザーは売れっ子のコンサルタントのようでかなり忙しそうで連絡頻度は高くなかったと思います。

その分1回1回のコンサルティングは充実していたので全体のサポートに対する満足度は低くなは感じなかったですよ。

結果的に紹介してもらった事業会社への転職も成功し来月からの入社を楽しみにしている段階。

エグゼクティブ向けの名前に相応しい印象のエージェントだといえると思います。

個人的にはオススメ出来るので、友人何人かにも紹介しました!

年収は700万円以上あると登録出来るみたいですね。

⇒「ハイキャリア向けあってサポート力は他社よりも圧倒的に高いですね(42歳/男性)」

クライス&カンパニーの特徴

クライス&カンパニーの歴史

ヘッドハンティングを中心事業としてスタートさせたクライス&カンパニーは創業24年の老舗の転職エージェントです。

創業年は1995年。

転職エージェントとしての長い歴史があるので、当然クライアントとも太いパイプが構築されています。

年収800万円以上の求人を中心に、ハイキャリア向けにも1000万円~2000万円の高年収案件を多数保有しています。

最近ではヘッドハンティング型転職支援サービスはビズリーチが有名。

ビズリーチの評判&口コミ33選!転職成功させて年収アップを掴み取れ!サイトの活用方法やデメリットも
今テレビCMなどで人気の転職支援サイト「ビズリーチ」 あなたはどれだけ知っていますか? ビズリーチのコンセプト&キャ...

ですが年収1000万円超えのハイキャリア層の転職支援ではクライス&カンパニーが他を圧倒する多くの実績を持っているんです。

転職支援を得意とする年齢層は30代・40代のマネジメント層・ハイキャリア層が中心。

「社長直下の執行役員」「専門職」などの企業のコアポジションとして活躍する人材が多いです。

求人先の役員など経営陣からのダイレクトオファーを受けることもあるんですよ。

年収レンジが他の転職エージェントやヘッドハンティング会社よりも高いのが特徴なので、他エージェントにはない独自の非公開求人が多く保有されています。

クライス&カンパニーの代表(丸山氏)は転職エージェント業界では著名人

クライス&カンパニーの代表の丸山貴宏氏。この人は転職業界では有名人って知ってますか?

著書も多く発行されているんです。

著書①自分に合った働き方を手に入れる! 転職面接の話し方・伝え方

著書②そのひと言で 面接官に嫌われます

著書③キャリアコンサルティング

著書④転職後、最初の1年にやるべきこと

合計4冊を出版。

さらに東洋経済のコラムで「35歳からの転職力養成講座」という転職ノウハウなども発信しているんです。。

代表の丸山さんは1963年生まれでリクルート社で人材採用担当を約7年も経験して独立した方なんです。

新卒採用以外にも、中途、外国人留学生など色々なタイプの採用に関わっていたので、当然ハイキャリア向けの転職支援も行ってきました。

クライス&カンパニーでの実績が豊富な業界・業種ジャンル

転職したい人
クライス&カンパニーってどのジャンルの転職実績が豊富なの?

というのは登録前に気になるところ。

具体的に

  • 得意とする年齢層
  • 得意な業種や職種

を紹介していきます。

■得意としている年齢層

得意としている年齢層は30-40代の求職者の転職支援。この年齢層への支援実績が豊富です。

やはりハイスペック向けのヘッドハンティング会社なので、キャリアの脂が乗っている30-40代のサポートが中心となっています。

なので親和性も高いといえますね。

■得意な業種

1位 IT通信業界
2位 コンサルティング業界
3位 小売・流通・消費財
4位 サービス(情報、人材、教育など)
5位 マスコミ・出版

■得意な職種

1位 コンサル
2位 経営企画関連
3位 ITエンジニア
4位 管理部門
5位 マーケティング・広報

■転職者の年収

1位 400-599万円
2位 600-799万円
3位 800-999万円
4位 1000-1199万円
5位 1200万円以上

上記のようなポストコンサルなどの業界職種におけるマネージャー・課長・部長以上の役職者の転職決定実績が豊富です。

なのでに年齢層も30-40代の年齢層の転職実績が豊富になりますよね。

20代で管理職に就く人は一部ベンチャー企業であるがほとんどは30代以降。

エグゼクティブ特化の転職支援会社なので、必然的に上記の業界や職種の求人が多く集まってくるんです。

ですがそもそも

転職したい人
なぜエグゼクティブ向けの転職サポートに特化しているのか?

というのも気になるところ。

それはクライス&カンパニーを含めた転職支援会社の報酬は求職者の転職先での年収の30%前後が成果報酬となるからです。

  • 年収500万円の求人の場合は、150万円の報酬。
  • 年収1000万円の求人の場合は、300万円の報酬。

成果報酬の金額は年収に比例して実入りが多くなる仕組みです。

1人1人のサポートにかける時間は年収高かろうが低かろうがそれほど大きく変わりません。

で、あれば成果報酬の高い高年収者に特化したほうが転職支援会社としての費用対効果が高くなるという目論見があります。

とはいえなかなか高年収者の登録者だけを集めるのは至難の業です(笑)

どこの転職エージェントだって年収700万円以上の高年収者の転職支援をしたいですからね。

ちなみに、クライス&カンパニーを通じて転職した人の平均年収は912万円なので、狙い通りの転職支援を行えているということになります。

⇒「他ではない年収1000万円以上の非公開求人がたくさんあるのにビックリしました!(33歳/女性)」

クライス&カンパニーの求人掲載企業

求人掲載企業
ハイキャリアの転職希望者が多いエージェントは魅力!

と求人を掲載する企業にとっても「ハイスペック層の登録者に特化している」という実績は大変魅力的に映るんです。

  • マネージャー
  • 専門職などのエンジニア
  • バイリンガル
  • 役員経験
  • 新規事業の立ち上げ

こういったハイスペック人材を積極的に採用したい!と考える企業は世の中にたくさんあります。

クライス&カンパニーでは、まさにハイキャリア人材が多いので、求人が多く集まる仕組み。

日本国内よりも給料水準が高い外資系企業の求人が多くなるのも特徴です。

「ハイキャリア・ハイスペック」向けの転職エージェントは今まで外資系資本が多かったです。

例えばJACリクルートメントなど。

JACリクルートメントの評判や口コミ33選!非公開求人をゲットして年収アップを勝ち取れ!登録すべき人の3つの特徴も
「JACリクルートメントに登録すべきかどうか迷う!」 「信用出来る評判や特徴だけを知りたい!」 とJACリクルートメント...

クライス&カンパニーのような日系企業がハイスペック特化というのは非常珍しいんですよ。

転職したい人
グ板的にどんな求人があるんだよ?

と気になりますよね(笑)

クライス&カンパニーで実際に求人掲載されていたことがある企業を紹介しておきます。

就職先人気企業ランキングでも上位を占めるような企業が多数ありますよ!

クライス&カンパニーの求人掲載企業
A.T.カーニー、RIZAPグループ、SAPジャパン、あずさ監査法人、アマゾンジャパン、イケア・ジャパン、エムスリー、NTTデータグローバルソリューションズ、グロービス、産業革新機構、スクウェア・エニックス、ディー・エヌ・エー、電通コンサルティング、日立コンサルティング、星野リゾート、マネーフォワード、ミロク情報サービス、ユーザベース、リクルートホールディングス、新日鉄住金ソリューションズ、ソニー、ダイキン工業、武田薬品工業、東京海上キャピタル、日産自動車、日本電気、本田技研工業、ボストンコンサルティンググループ、みずほ総合研究所、三菱UFJリサーチアンドコンサルティング、ロート製薬、LINE、PwCアドバイザリー、アクセンチュア、伊藤忠テクノソリューションズ、カゴメ、NTTデータ経営研究所、マブチモーター、クボタ、電通デジタル、ナイキジャパン、ミクシィ、メルカリ、ローソン、川崎汽船、ソフトバンク、積水化学工業、日本マクドナルド、日清食品ホールディングス、ネスレ日本、プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン、三菱商事、ヤフー

ボードメンバーや新規事業など執行役員などの経営層から直接求人発注が入ることも多いので完全にヘッドハンティングと呼べますよね。

当然「年収アップ」「キャリアアップ」に繋がる求人が豊富なんです。

年収1,000万円以上の高年収の求人が多いぞ!

特徴の1つとして求人の年収が他の転職エージェントよりも圧倒的に高いことが上げられます。

ハイクラス&30代特化と印象を持っている人が多く

「年収800万円くらいが限界でしょ?」

と思っている多いですが年収1000万円以上の求人がかなり多いんです。

2000万円~4000万円というエグゼクティブ層向けの求人も他エージェントにはないくらい豊富です。

高価格の年収レンジの求人を揃えているので年収アップのノウハウも豊富に持っています。

クライス&カンパニでは無料の転職セミナーを毎月開催

クライス&カンパニーでは毎月「汐留アカデミー」という無料のセミナーを開催しています。

内容としては「キャリアの作り方」や「エンジニアのキャリアの積み方」などの内容となっていますね。

内容もさることながらセミナー登壇者が非常に豪華なんです。

  • 楠木建氏(一橋大学)
  • 日本交通 川鍋 一朗氏
  • コルク 佐渡島 庸平氏
  • アマゾンジャパン 室山 真一郎氏
  • スマートニュース 堅田 航平氏
  • クックパッド 小竹 貴子氏

こういったセミナーを通じてクライス&カンパニーは企業とのネットワークも強固にするという狙いもあるんでしょうね。

無料開催の定期セミナーなので「利益度外視?」と感じるかもです(笑)

クライス&カンパニーの担当者が講師となったりして企業人事担当者に声を掛けてセミナー開催する流れです。

なので、セミナーキッカケで、企業との新規のネットワークを構築することが出来るので、セミナー単体で儲けが出なくてもOKという感じなんでしょうね。

セミナー講師のギャラや開催会場の手配を持ち出ししても、企業からの求人獲得に繋がり登録者をきっちり紹介出来れば最終的には利益に繋がるんだと思います。

参加企業や人事にとってもメリットが多く、新たなネットワークやパイプづくりにも活かせるみたいです。

転職エージェントにとって企業とのネットワークを構築し求人情報をいち早くキャッチ出来るかどうかは差別化の肝。

求職者にとっても新鮮な求人情報の数が転職エージェント選びの大事な基準の1つとなっています。

だって、既に募集を打ち切っている求人情報ばかり載せている転職エージェントだと

転職したい人
何だココ?全然信用できない!

となりますよね。

クライス&カンパニーはこういったセミナーを定期開催することで創業年数に比例し情報網をより強固にしているんです。

逆に近年新規参入した新参の転職エージェントでは企業とのネットワークが弱いので、クライス&カンパニにとっては差別化要因と言えるでしょう。

企業の取引実績・企業の情報量・採用支援の実績が豊富な転職エージェントの方がより質の高い転職支援に繋げることが出来るのは言うまでもありません。

クライス&カンパニーを利用するかどうかはあなた次第ですが、そういったポイントで転職エージェントを選ぶのは求職者にとっては大事なポイントです。

⇒「コンサルタントのレベルは相当高いです!ハイスペック向けだとココまでサポートしてくれるんですね(48歳/男性)」

クライス&カンパニーの転職サポートの内容

クライス&カンパニーのコンサルタントの質は当然高い

高年収者
とにかく丁寧にサポートして欲しい

高年収者は自分のキャリアの価値を今以上に上げれたいと願っています。

ですので当然転職エージェントに求める水準も当然高くなるでしょう。

クライス&カンパニーは長年のハイスペック向けの転職支援の実績があるので、質の高いコンサルタントを数多く揃えているんです。

具体的には、コンサルファーム出身などのコンサルタント自身のキャリアもハイスペック。

転職したい人
年収300万円程度じゃ自分の気持ちは分からない!

なんてことはなりません。

30代・40代の年収800万円以上の転職希望者をサポートするので当然質の高いサポートが必要ですからね。

クライス&カンパニーでは過去のキャリアだけではなく、2年以上の在籍のキャリアコンサルタントGCDF(米国CCE認定)資格を取得しているんです。

私も数多くの転職エージェントを見てきましたが、GCDFを全員が取得している転職エージェントはクライス&カンパニーくらいです。

GCDF資格とは、アメリカCCE.Inc.認定のキャリアカウンセラーのことで国際的なキャリアカウンセラーの資格で世界16カ国で採用されています。

日本では厚生労働大臣認定キャリアコンサルタントとして立派な国家資格なんですよ。

参照:GCDF公式サイト

参照:GCDF養成講習サイト

ちなみにGCDFはプログラムを120時間以上の受講が必要で、その上認定試験に合格しないと取得出来ない資格なんです。

週末に1日セミナーを受ければ誰でも取れるような簡単な資格ではないですね。

国際的ライセンスなので、この資格を持っていれば転職エージェント業界でも知識・実力が豊富で専門業界に詳しいスペシャリストという評価を受ける資格です。

なので「ミドル層以上のキャリアに関する悩み」や「仕事のプライベートの両立」などステージごとのキャリア計画や相談にも親身に対応してくれるんです。

転職したい人
今すぐ転職を考えてないから自分には必要ない!

という考えは大間違い(笑)

今後のキャリアプランの相談相手として使っているハイキャリア層の人って多いんですよ。

そもそも年収の高い人達は急いで転職する必要がありませんから、良い求人をじっくり待つためにもまずは相談しながら様子を見る人が多いです。

オフィスは東京・汐留のみですが、対面以外でもスカイプ・電話などでの遠隔地でも面談は可能。

転職したい人
え?東京だけ??

と感じるかもしれませんね。

確かに大手転職エージェントや新規参入を試みるエージェントは業績が上向くと事業拡大を目指し東京→関西→福岡→東海・・とエリア拡大するのが一般的です。

ですがクライス&カンパニーはあくまでも高年収者を対象にした堅実なビジネスモデル。

エリア拡大しても高年収者は都市部に集中しているのオフィス開設費用などの固定費が増加しちゃますからね。

その固定費を無料セミナーなどのイベント開催することで登録者に還元していくモデルなんです。

とはいえ、誰でも登録することは出来ないハイキャリア向けのヘッドハンティングサービス。

登録のためには年収700万円以上の方でないと紹介求人がないのでその点だけ注意が必要です。

同じヘッドハンティング型のサービスとしてビズリーチと混同されるケースも多いですが厳密には全然違いますね。

まず年収区分ですが、ビズリーチは最低500万円以上ですが、クライス&カンパニーは700万円以上となります。

また、クライス&カンパニーは自社のヘッドハンターが登録者のキャリアを見て高年収の求人紹介を行います。

ですが、ビズリーチはあくまでも転職エージェントと登録者を繋ぐプラットフォーム。

転職エージェントと求職者の出会いの場を提供しているだけなので、ビズリーチの社員にヘッドハンターは存在していません。

この結果、人材紹介やヘッドハンティングとしての実績や質にノウハウに関してはクライス&カンパニーの方が優れていると言えます。

ビズリーチの評判&口コミ33選!転職成功させて年収アップを掴み取れ!サイトの活用方法やデメリットも
今テレビCMなどで人気の転職支援サイト「ビズリーチ」 あなたはどれだけ知っていますか? ビズリーチのコンセプト&キャ...

クライス&カンパニーはワンフェイス型の転職支援タイプ

転職エージェントの転職支援タイプは2パターンあります。

ワンフェイス型とツーフェイス型の2パターン。

ワンフェイス型というのは、転職エージェントの1人の担当者が企業への求人獲得のための営業活動と、求職者への対しての転職支援サポートの両方を行うこと。

1人の担当者で全て完結させるのでワンフェイス型と呼びます。

もう1つのツーフェイス型は、営業担当と、求職者へのキャリアアドバイザーの担当が分かれて分業となっている。

求職者に人気なのはワンフェイス型のサポート体制ですね。

理由は担当者が企業人事とも実際に会って求人概要をヒアリングしているから。

情報量が豊富なため、マッチした求人紹介してくれる確率もアップします。

求人情報の質問に対しても回答が的確なので、求職者にメリットが多いのが特徴。

クライス&カンパニーはワンフェイス型のサポート体制で他にワンフェイス型なので外資系のJACのリクルートメントくらいです。

ワンフェイス型は求人の情報量が豊富ということはミスマッチが少なくなるので必然的に書類選考や面接の通過率も高くなってきます。

一般的な書類選考通過率は10%-20%ほどだが、確実にワンフェイス型の転職エージェントの方が高い通過率と言われていますね。

転職したい人
じゃあ何で他の転職エージェントはワンフェイス型じゃないの?

と思うかもですが、ワンフェイス型は営業効率が悪くなるんです。

ツーフェイス型で担当が分業になっている方が効率的に営業やサポートが出来ますよね。

効率が良くなれば会社としての売上も上げやすいというメリットがあるから多くの転職エージェントではツーフェイス型を敷いています。

とはいえ、大手転職エージェントであれば営業担当とキャリアアドバイザーが毎週定期的に情報共有や進捗確認を行っています。

なので、「ツーフェイス型だから絶対にダメ!」というわけではないです。

ただ、圧倒的にワンフェイス型のサポート体制の方が満足度が高いといえます。

高年収者を対象にしているクライス&カンパニーなので、多少効率が落ちても年収が高い分紹介手数料も高くなるので、成立してるモデルなんですね。

クライス&カンパニーはキャリアアドバイザーを指名可能

転職したい人
転職エージェントに登録したなら優秀なアドバイザーに担当について欲しい!

と求職者なら誰でも思うこと。

大手のリクルートエージェントやDODAでは指名可能なのか?

「IT業界に強い人」

「第二新卒の転職支援に経験豊富な人」

など担当コンサルタントの希望を出すことは出来ますが「○○さん担当でお願いします!」というピンポイントの指名は出来ません。

ですが、クライス&カンパニーは担当者の指名が可能なんです。

クライス&カンパニーのコンサルタント一覧

実際公式ホームページには、

  • コンサルタントの氏名
  • 顔写真
  • 経歴
  • 保有資格
  • アドバイザーとしての強み
  • 得意な業界や職種
  • 転職支援実績

などの記載があるんです。

実際Googleを使って検索してみても、

「クライス&カンパニー 永田」

「クライス&カンパニー 入江」

とコンサルタントの個人名で検索回数が多いです。

永田憲章さんや、入江祥之さんなどの人気コンサルタントに人気が集中して指名出来ないこともあり得えるので必ず指名出来るとも限らないのですが。

またクライス&カンパニー側としても「指名制度」はリスクを抱えることになります。

人気コンサルタントへ指名が集中し、特定のコンサルタントだけが業務過多となりハードワークに繋がる可能性もありますからね。

担当する登録者が多くなりすぎると転職支援の過程でケアレスミスが発生する可能性もありえます。

万が一クレームなどが頻発し「担当を代えてくれ!」となれば、新たな担当者をつけ直して人間関係の構築や転職の条件を1からヒアリングしないといけない。

「そんなリスクを抱えてまでもなぜ指名制度を取り入れるのか?」

というのは私も疑問に感じました。

色々と調べてみると、クライス&カンパニーはハイスペックの転職者向けの転職サポートなのでとにかく手厚くコンサルティング!という意識の表れなんだと思います。

実際の指名制を敷くことで他の転職エージェントと差別化することが出来てますからね。

高年収の求職者を対象にした寄り添ったサポートといえるでしょう。

「でもヘッドハンティング型の転職エージェントだったら、リテーナー型で前金を支払う必要があるんじゃないの?」

と思うかもしれません。

確かにエグゼクティブ向けのヘッドハンターに依頼するには、求職者もヘッドハンターに前金を支払うタイプもあります。

ですが、クライス&カンパニーの場合は、ヘッドハンティング型の転職エージェント。

前金は必要なく登録利用まで完全無料となっているのも登録者にっては嬉しいポイントです。

⇒「コンサルタントの指名出来るのは有難い!人気コンサルタントにサポートしてもらえたので自分は苦労せず転職できました(笑)(38歳/男性)」

クライス&カンパニーの登録から内定までの5つ流れ

ステップ①公式HPから登録方法

クライス&カンパニー公式サイトより申込を行いましょう。

全ての項目を入力しても3分で完了します。

>>>クライス&カンパニー公式サイトへアクセスする

  • 名前
  • 生年月日
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 最終学歴
  • 直近の職務経歴
  • 職種
  • 年収
  • 具体的な職務内容or職務経歴書の添付

ステップ②職務経歴書・履歴書の準備

転職エージェントは氏名・住所などの項目を入力しただけでサポートは受けれません(笑)

履歴書や職務経歴書を準備して、デジタルファイル形式の書類をネット上でアップロードする必要がありますよ。

「職務経歴書を作ってない!登録出来ないの?」

という登録面談までに用意しておきましょう。

転職活動の応募・面接では必ず必要になるものなので転職エージェントへの登録を機会に作成しておくと良いです。

好条件の企業からスカウトを受けるにしても、あなたのキャリアを紹介する職務経歴書がないと判断できませんからね。

ステップ③担当コンサルタントと面談日程の調整

登録後1,2営業日以内に担当のコンサルタントから連絡が入ります。

登録内容の簡単な確認あと面談日程の調整が行われますね。

オフィスは東京・汐留の1社だけなので近郊の人はオフィスに訪問すると良いです。

遠方・仕事が忙しく時間調整が出来ない場合は、電話・スカイプでの面談も可能となっています。

もちろん可能であればオフィスに訪問してコンサルタントと膝を突き合わせて面談を受けるほうが良いですね。

ですが、関東圏以外在住の方は物理的に不可能なので、電話・スカイプでもサポートの質が下がるわけではないので安心してください。

カウンセリングでは

  • 自分の転職の希望条件
  • 転職する理由
  • 今後のキャリアプラン

などの質問がされるので面談前に自分の中で簡単に整理しておくと良いですね。

ステップ④求人への応募から書類選考までの流れ

カウンセラーとのカウンセリングが終了すると即日で求人紹介が入ります。

最初は希望条件を再確認する意味でも完全にマッチしていない求人紹介も出て来るでしょう。。

その時は「もっとこういう条件の求人ありますか?」とお互いの理想の求人をすり合わせていくのです。

コンサルタントもエスパーではないので、いきなりあなたの希望条件を完全に把握することは不可能です(笑)

その中で「応募したい!」と思える求人があれば早速応募。

履歴書・職務経歴書などの必要書類を準備して書類選考のステップにはいります。

ただ、クライス&カンパニーの場合は高年収の好条件の求人が多い分、応募者のスペックもシビアにチェックされます。

書類選考に至らず、クライス&カンパニー内の社内選考で漏れる場合も当然出てきます。

対策としては、応募前に担当のキャリアドバイザーから応募書類の添削などのアドバイスがあるので、素直に相談してみるといいですね。

また、応募先企業への推薦書も担当キャリアドバイザーが出してくれるのでその内容も事前に確認しておきましょう。

ステップ⑤面接から入社までの流れ

書類選考を通過するとついに応募企業へ面接へ行くことになります。

「でもまだ仕事をしているし日中に指定日時に面接に行けないよ!」

という人もいると思います。

そんな時担当のキャリアコンサルタントに相談しましょう!。

相談すれば、平日の夜遅くだったり土日での面接日の日程調整を行ってくれるんです。

そして面接を通過されば晴れて内定!

内定がでればキャリアコンサルタント経由で

  • 年収・給与額
  • 入社日程
  • 雇用契約書

などの詳細な条件が送られてきます。

「年収あと50万円アップさせたいな。でも直接交渉はちょっと気が引ける・・」

という場合はまたまた担当キャリアコンサルタントの出番!

登録者の希望条件をヒアリングして企業側との交渉を代理で行ってくれるんです。

登録から内定までの利用料金も全て無料なので、年収700万円以上のハイスペックなあなたは登録必須といえます。

⇒「求人数は少ないが、大手企業の求人ばかりなのでそりゃ年収も上がりますよね♪(44歳/女性)」

クライス&カンパニーのデメリット

「クライス&カンパニーのハイキャリアとか30代向けに実績があることは分かった!でもデメリットもあるでしょ?」

という心配もあると思います。

もちろんデメリットもあります!

クライス&カンパニーのデメリット2つ

■デメリット①

クライス&カンパニーは本社のみで支社なし。そのため地方在住者は直接面談出来ない

■デメリット②

年収1000万円以上のハイキャリア求人が多いが、応募・内定までのハードルが非常に高い。

経歴・フリーター第二新卒などスペックが高くないと転職出来ない可能性も。

デメリットも踏まえた上で、「自分はクライス&カンパニーの条件に当てはまるな!」という人だけ登録しましょう!

「年収低い自分はどうしたらいいの?」

という人もいると思うので、そんな人は転職エージェント業界最大手のリクルートエージェントが鉄板です。

>>>リクルートエージェント公式サイトをチェックする

「もっと他の転職エージェントとも比較したい!」

という場合はこちらの記事に詳しくまとめています。

転職エージェントの選び方!22社を徹底比較!面談のコツ&評判の良い転職エージェントだけを紹介!
「転職エージェントって何社もあるけど、どうやって選べばいいんだろう?」 と悩む人はホント多いです。 私自身、転職エージェ...

転職エージェントを上手に活用する方法3つ

方法①自分のキャリアとマッチしていない求人への応募は控える

転職したい人
転職エージェントに登録出来たらどこでも入社出来るでしょ!

なんて安易に考えてはいけません。

転職エージェントはあくまでもサポートなので、「年収を10倍にしたい!」とか無茶を言っても無理なものな無理です(笑)

当然クライス&カンパニーでも同様。

30代・40代に特化の転職エージェントですが、その年代の人が転職活動で苦戦するのもまた事実。

理由としては「求人と自分のスペックがマッチしていない」から。

30代・40代になるとポテンシャルではなく、当然即戦力orマネジメント経験を問われます。

管理職もしくは専門職としてスペシャリスト能力の経験ですね。

マネジメン能力は部下を統率し、部署として高い成果を残してきた経験などを厳しく求められます。

スペシャリストの場合は、システムエンジニアなどので高度な成果物があるなどを細かくチェックが入るんです。

そういった能力がないのに「年収1000万円以上の求人しか応募しない!」と意地を張っても苦戦する原因にしかなりません。

企業からヘッドハンティングされやすい人の特徴は、管理職経験やプロジェクトのリーダー経験で結果を残した経験がある人。

その成果を職務経歴書上にしっかりとまとめられていれば、自然とスカウトやヘッドハンティングが集まってくるでしょう。

具体的なテクニックは担当のキャリアアドバイザーが丁寧に教えてくれますよ。

なので、「経験やキャリア不足」なのにいくら高望みしても希望を叶えることは出来ません。

「自分の市場価値はどの程度なのか?」を担当キャリアアドバイザーと相談しながら進めるのが1番効率的です。

方法②転職エージェントのサポート内容を最大限活かす!

転職エージェントは大きく分けて下記のような内容の転職支援を行ってくれます。

  1. 登録面談
  2. 転職のキャリア相談
  3. 履歴書・職務経歴書の添削サポート
  4. 求人紹介
  5. 適性検査の準備や対策
  6. 面接対策・模擬面接
  7. 内定後の条件交渉
  8. 入社日の調整交渉
  9. 入社後のアフターフォロー
  10. 登録者限定の転職成功ためのセミナー

などなど。

中小のサポートの質が低い転職エージェントの場合は

  • 「メールで転職相談しても返信がなく無視された!」
  • 「聞かされていた給与や休暇と違う条件だった!」
  • 「面接対策は一切なく、何度も面接で落とされた」
  • 「定期連絡がなく転職サポートが一切なかった」

といったこともあるんです。

どの転職エージェントを使うにしても上記のようなサポートを丁寧に行ってくれる転職エージェントを使うべき。

そして丁寧なサポートを行ってくれる担当者と出会えれば最大限活用して、自分の転職市場での価値を上げる工夫をするべきです。

それだけで年収1割、2割アップも十分臨めるでしょう。

逆にいうと

  • 「転職エージェントを上手く活用出来ていない」
  • 「自分1人で何もわからないまた転職活動をしてしまった」

場合は低い年収のまま転職するしかなくなる場合もあるのですが。。

方法③中小転職エージェントの特徴や活用方法

転職したい人
1社だけではなく複数の転職エージェントを比較したい!

このように思うのは当然ですし、絶対に複数登録するべきです。

理由はココに書いています。

↓ ↓

転職エージェントに複数登録するべき理由6個。内定を獲得するための活用方法も紹介!メリット・デメリットも知っておこう
「転職エージェントを複数登録したいけどどこを選べばいいんだろ?」 「そもそも転職エージェントって複数登録しても大丈夫なの?」 ...

日本には約1.7万社の転職エージェントがありますから中には中小のエージェントも多く存在しています。

実際、クライス&カンパニーもリクルートエージェントやDODAなどの転職エージェントと比較すると求人数は少なく中小の部類に入るといえます。

ですが、中小の特化型転職エージェントの強みは大手が持ってない独自の求人を持っていることが多いのが特徴。

具体的には、IT・金融・マネジメント層・年収700万円以上のハイキャリア層に特化などに強いなどもメリットがあるんです。

ですので、理想的な転職エージェントの活用方法としては大手1社、専門型の転職エージェント1社の最低2社を併用するのが鉄板。

大手ではカバー出来ない専門職の求人は特化型のエージェントに相談。

数多くの求人チェックは専門型のエージェントでは出来ないので大手エージェントに相談。

このような使い方がベスト。

選び方もココでまとめているので参考にしてみてください。

転職エージェントの選び方!22社を徹底比較!面談のコツ&評判の良い転職エージェントだけを紹介!
「転職エージェントって何社もあるけど、どうやって選べばいいんだろう?」 と悩む人はホント多いです。 私自身、転職エージェ...

「とりあえず大手の転職エージェントだけ教えて!」

という場合は

業界NO.1とNo.2のリクルートエージェントとDODAだけ登録しておけば間違いないです。

>>>リクルートエージェント公式サイトをチェックする(業界No.1)

リクルートエージェントの評判&口コミ33選!非公開採用求人をゲットして年収57%UPを目指せ!
「リクルートエージェントに登録すべきか迷うな」 「信用できる評判とか特徴を知りたい」 などとリクルートエージェントの真実...

>>>DODA公式サイトをチェックする (業界No.2)

DODAの評判や口コミ33個!悪い評判・良い評判チェックしてる?第二新卒や転職希望者がDODAに登録すべきか徹底調査!
「転職エージェントのDODAを利用してみたいけど、評判ってどんな感じなんだろう?」 とDODAを運営するパーソルキャリア(旧:...

⇒「年収上げたいならココ!と紹介されて使ってみたらホントに年収1000万円超え(笑)(37歳/男性)」

まとめ:クライス&カンパニーへの登録をオススメ出来る人

クライス&カンパニーに登録するべき人は

  • ミスマッチが起こりづらい求人情報の正確さ
  • 現在年収700万円以上ある
  • 親身にサポートして丁寧なコンサルティングをして欲しい

などのメリットを感じやすい人は登録するべきです。

登録自体は3分ほどで完了します。公式サイトから行いましょう

クライス&カンパニー公式サイト
公式サイトURL:http://www.kandc.com/

登録後1-2日以内に電話かメールで担当キャリアアドバイザーから連絡かかってくるのでオフィスに訪問しての面談or電話面談を決めましょう。

登録利用ともに完全無料です。

また他併用するべき転職エージェントもまとめておいたので紹介しておきます。

転職活動における課題や目的に応じて2-3社併用登録するのが基本。転職活動がスムーズに進み無駄な時間を減らせます

求人数10万件&業界No.1の転職実績

「とにかくたくさんの求人をチェックしたい!」

という人は・・

リクルートエージェント公式サイト:http://www.r-agent.com/



書類選考落ちが多く書類添削を完璧して欲しい人


「担当コンサルタントからの面接対策・応募書類対策などのサポートの質を重視したい!」

という人は・・・

DODA公式サイト:https://doda.jp/



外資系・年収600万円以上のハイキャリア



「年収600万円以上の求人or外資系企業に転職したい!」

という人は・・・

JACリクルートメント公式サイト:http://www.jac-recruitment.jp/



第二新卒・初めての転職

「第二新卒、25歳前後で書類選考落ちで全く選考が進まない」

という人は・・

マイナビエージェント公式サイト:https://mynavi-agent.jp/

※全て登録無料

各社、「20代限定」「求人量の豊富さ」など特色をだし体制強化に努めています。

とりあえず気軽に登録相談してみて相性が合うようであれば本格的なサポート相談する使い方がベスト。

転職活動を効率的に進めたいなら一気に3-4社登録しましょう。

そして、自分に理解があるor相性良いコンサルタントを見つけるべきです。

相性良いコンサルタントが見つかれば、時間を無駄にすることなく効率的に転職活動を進めることが出来ること間違い無し。

「各転職エージェントの選び方をもっと知りたい!」

という人は下記の記事で転職エージェントの選び方をまとめているのでチェックしてみてください。

転職エージェントの選び方!22社を徹底比較!面談のコツ&評判の良い転職エージェントだけを紹介!
「転職エージェントって何社もあるけど、どうやって選べばいいんだろう?」 と悩む人はホント多いです。 私自身、転職エージェ...

⇒「求人数は少ないが、大手企業の求人ばかりなのでそりゃ年収も上がりますよね♪(44歳/女性)」

合わせてよく読まれている記事

①DODAの評判や口コミ33個

DODAの評判や口コミ33個!悪い評判・良い評判チェックしてる?第二新卒や転職希望者がDODAに登録すべきか徹底調査!
「転職エージェントのDODAを利用してみたいけど、評判ってどんな感じなんだろう?」 とDODAを運営するパーソルキャリア(旧:...

②リクルートエージェントの評判&口コミ

リクルートエージェントの評判&口コミ33選!非公開採用求人をゲットして年収57%UPを目指せ!
「リクルートエージェントに登録すべきか迷うな」 「信用できる評判とか特徴を知りたい」 などとリクルートエージェントの真実...

③パソナキャリアの評判&口コミ

パソナキャリアの評判&口コミ33個!年収アップしたいなら即登録。非公開採用情報ゲットで給与50%アップだ!
「パソナキャリアには登録すべき?信用できる評判や口コミを知りたい!」 というあなたは私自身転職エージェントで長く働いてきた経験がありま...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする