20代女性が転職成功させる5つのポイント。必要な資格や人気職種TOP3も紹介!20代が転職のリミットなの知ってる?

「20代女性の転職のコツってあるのかな?」

「希望の仕事に就くためにはどうしたらいいんだろう?」

というアナタのために20代女性の仕事の転職のポイントを紹介していきます!

20代は仕事のキャリアップしたい!

結婚して憧れの家庭を持ってプライベートを充実させたい!

など色々な思いが交錯する年齢です。

20代女性の転職の悩みや不安を解消するための転職の際の大切なポイントを紹介しますね。

⇒「転職先が決まらなくて落ち込む毎日でした。でも友人に紹介してもらった転職エージェントのおかげでまた転職活動を頑張れたんです!(20代/女性)」

20代の女性が転職成功させるための5つのポイント

1,転職を成功させるための20代の過ごし方

20代の転職希望者
転職なんて何となくで大丈夫でしょ♪

なんて軽い気持ちで考えがちですが、しっかり考えたほうがいいです!

ただでさえ20代の女性は欲張りでやりたいこともたくさんありますよね?(笑)なのでアナタが思っているより時間が足りないんです(*_*)

20代の女性の願望
①仕事で活躍したい!
②キャリアを積んでいきたい!
③好きな人と結婚し家庭を築きたい!
④習い事や趣味を充実させたい
⑤美容や自分磨きも大事

などなど仕事もプライベートも全て充実させるのは大変!

でも、1日の中で1番時間を占めるのは「仕事の時間」ですよね?

1日の大半の時間を仕事が占めますから「どういった仕事を選ぶか?」が凄く重要になってくるんです。

20代の過ごし方が将来の自分を決定づけると言っても過言じゃないくらい!

なので20代のこの時間を全力で自分と向き合い、しっかりと自己投資すべき期間なんです。

  • 「どんな仕事に将来打ち込みたいのか?」
  • 「どんなスキルを身に着けたいのか?」
  • 「仕事を通じてどのようにステップしたいのか?」

アナタの仕事に対する価値観や、将来の目標や夢。

これらを考えた結果「今の仕事を続けていくことに疑問を感じる・・」と考えるのなら今すぐ転職も検討していくべきです。

転職エージェントのキャリアアドバイザーに相談すれば、あなたと同じ20代の女性が悩みや不満を聞いてくれますよ。

相談した結果、キャリアアドバイザーから転職を止められることだってあるんです。

キャリアアドバイザー「○○さんの場合は今は転職されるタイミングじゃないです。もう少し今の職場で頑張ってみてからもう一度考え直してみてはどうでしょうか?」

と言われることもあるんですよ。

なので転職エージェントって、転職活動のサポートだけじゃなくアナタの転職市場での価値や転職のタイミングなんかのアドバイスにも乗ってくれるんです。

2,20代女性は将来のライフプランを明確に描こう!

20代の転職希望者
自分の将来のこと考えたことない・・

というあなたは今すぐライフプラン・キャリアプランを考えましょう!

20代女性が考えるべきプラン

 「安定して長く勤務出来る会社に入社したい」
⇒長くとは何歳までを想定?

「結婚・出産しても継続できる仕事をしたい」
⇒結婚出産しても仕事続けるには何が必要?

「女性が働きやすく理解ある環境で仕事したい」
⇒その環境とは具体的には?

「仕事を頑張るぞ!働くぞ!」という意気込みはもちろん大事!

でも、具体的な将来の働き方を描けてないのは勿体無い(´;ω;`)

「まだ20代なのに10年後とか20年後のことなんて分からないよッ!」

と将来のことは確かにイメージが難しいですよね。

でも、アナタの将来を後悔しないものにするためには、大体でもいいのでプランを立てておくと良いですよ!

「自分にとってのベストな働き方はどんなものだろう?」

漠然とでも大丈夫なので、転職前にアナタ自身で確認しておくと良いですよ♪

3,20代女性が考えるべきワークライフバランスとは?

20代の転職希望者
転職するなら年収600万円で残業なしがいいな♪

と過度にワークライフバランスを意識しすぎた転職活動をしちゃうと上手くいきずらくなっちゃいます(T_T)

最近では企業の採用ホームページとかにも「ワークライフバランスを充実!」という言葉なんかがよく掲載されてますよね。

ですが、20代の仕事探しにおいてプライベートとの両立を充実を意識しすぎるのは個人的にはオススメ出来ないかなーという感じがするんです。

「残業ナシの企業にしか転職しないッ!」

ワークライフバランス意識した仕事選びをしている人もいるんですけど、あまりワークライフバランスばかり気にすると、条件の良い仕事に転職できなくなっちゃいます。。

実際に知り合いに転職エージェントのカウンセラーに話を聞いてみたんですが、「余暇を楽しみたい!」と仕事以外の比重が高すぎる人は希望条件の転職先が見つかりづらい!って言ってました。。

もちろん仕事とプライベートを両立させることはすごく重要ですよね。

ただ、あなたが人事担当者の立場だと思って考えてみてください。入社前の面接で条件面の確認ばかり質問だとウンザリすると思いませんか?

転職したい人①「残業は月10時間以内ですか!?」

転職したい人②「休日出勤は絶対ない、完全週休2日制ですか?」

人事担当「コイツ真剣に働く気無いだろ。結婚するまでの腰掛けだな」

仕事に対するやる気がないと判断され確実に不採用になっちゃいます。。

ワークライフバランスを転職の目標にするのは全然良いと思います!

でもワークライフバランスは、あくまでの会社の売上に貢献し戦力になった結果の報酬。

会社に貢献した結果、「定時上がり」「完全週休2日制」などの休暇が与えられます。

なので転職活動では「ワークライフバランス」や「プライベートの充実」ばかりをアピールしすぎないように!

口だけでも構わないので「私は過去の〇〇の経験を生かして御社に貢献していきたいと思います」ともっともらしい自己PRをするようにしましょう(笑)

内定を貰って入社さえしてしまえばこっちのものですよw

4,企業人事の目線は?20代女性に求めること

企業の人事担当
で、アナタはどのくらい当社に貢献してくれるんだ!?

企業人事の本音は、「休みが欲しい!」でも「給料はいっぱい貰いたい!」といった会社に依存するような人材は一求めていないんです。。

能動的に会社に貢献できる人材を採用したい!と思っているわけです。

企業が20代の転職者に求める人材の特徴
①利益を生み出すプレーヤー
②人材育成できるマネージャー
③周囲サポートできるホスピタリティ精神

何かしらの能力を活かして会社の利益にプラスを提供できる人材かどうか判断してくるんです。

女性の社会進出が活発になり、産前産後・育児休暇や時短勤務などの福利厚生が設けてる企業がほとんどになりましたよね。

ですが、なぜ会社がそういった制度を設けているか?

全力で働いて自社に貢献してくれる社員に対する福利厚生の制度。

会社「君は必要な人材だから復職して是非活躍して欲しい!」

と復職後も一緒に働いて欲しいという意味が込められているわけです。

転職したい人「仕事のパフォーマンスに関係なく、法律で決まっているんだから当然でしょ?」

と制度に依存した働き方をする人材は企業側は絶対に採用したくないし、働きたくない!と企業が考えています。

「女性のための制度は自分の能力を発揮した人材だけが、結果的に制度の恩恵を受けるべきだ!」

と会社側は考えているでしょうね。

会社の制度に依存するんじゃなく、仕事の活躍や頑張りを評価したいと思っているわけです。

だったら転職活動では会社側の考えや狙いを満たしている応募者になりすましてやりましょう(笑)

上に書いたような「企業が20代の転職者に求める人物像」を徹底的に転職活動で演じきればアナタの価値です(笑)

希望の業界・職種から内定をゲットするためにもまずは企業がアナタに求めていることをしっかりと把握しておきましょう\(^o^)/

5,転職を成功させるには受け身でなく積極的に行動しよう!

20代の転職希望者
長く働ける会社に転職したい!

結婚や出産を控え、今後どう働くか?出産や復職後の不安を持つ女性って多いですよね。

妊娠後の女性の悩み
①会社は自分のポジションを用意してくれる?
②子育てと仕事の両立は可能?
③産休・育休は同僚や上司からのサポートや理解得れるの?

ただ、不安を払拭出来るかどうかは、今までの自分のキャリアで実績を積み上げているかどうか?が大事になってきます。

シビアですが。。

仕事で結果を残した人材なら会社はあなたを必要な人材として認めくれますよね。

当然何度も産休をとっても会社からの理解を得やすいです。

しっかりとした成果を今の会社で残せてるなら、転職しなくても安定した将来をアナタ自身で創ることが出来るはず。

転職したい20代「今までのキャリアに自信がないから一度リセットしたい!」

という場合は、一度転職エージェントのキャリアアドバイザーに相談してみることをオススメします。

「一度も転職エージェントに相談したことがない」

という場合ならオススメというより絶対に相談するべき(笑)

何故なら20代の転職は今後のキャリアを決定づける上で重要な場面。コレ大事なので何回も言いますよ(笑)

転職エージェントを使えば、アナタと同世代の20代の女性スタッフもたくさんいます。

転職経験のあるアドバイザーも居ますし、転職のプロなので具体的なアドバイスを無料でしくれるんです。

その結果アナタが夢中になる仕事や、がむしゃらになる新たな職場が見つかるかもしれません。

でも転職エージェントに登録した全員が見つかるわけはないですw

希望の転職先が見つからない場合でも、転職先エージェントの顔を立てる意味でゼッタイ転職しないといけないことはないです(笑)

むしろ、「今後の自分のキャリアを相談したいな♪」という軽い気持ちで登録する人の方が多いですからね。

⇒「面接がとにかく苦手で毎回落ちてたんです・・でも転職エージェントの模擬面接のおかげでコツを掴んだ感じがしましたよ!(20代/女性)」

女性の転職のタイミングが28歳前後がベストな理由5つ

  • 「20代後半になると転職なんて出来ないよ!」
  • 「30歳過ぎたら未経験の業種への転職なんて不可能でしょ!」
  • 「中小零細企業から大企業への転職なんて無理無理w」

なんて噂もありますが、全部嘘です(笑)

実は女性の転職は28歳前後がベスト。その理由と根拠を紹介していきますね!

1,28歳前後の女性はビジネスマナーや常識があると判断される

人事担当者
28歳なら教育も必要ないでしょ

と専門学校や大学を卒業してそれなりの社会人経験を積んだ28歳前後の女性であれば社会を知らないことはないですよね?(笑)

25歳未満であれば「自分のしたい仕事はこんなことじゃない!」と理想と現実にギャップに悩み離職を繰り返す人も多いです。

企業の想定通り働いてくれないので、「25歳前後の第二新卒は採用したくない!」と敬遠する企業もありますからね。。

その点28歳前後で、社会人としての職歴4-5年の人材であれば社会のルールや常識もある程度分かっています。

さらに社会のルールも身についているので、未経験でもOJTとして実践でバシバシ鍛えることが出来ますからね。
※OJT=オン・ザ・ジョブ・トレーニング。現場でトレーニングすること

企業にとっても新入社員のように1から教育する必要がないのは魅力的。

転職者を雇用するにしても上司がいちいちビジネスマナーを教えていては割に合いませんからね。

新卒の就職活動のときには自己PRとして将来の目標や夢など青臭い話をしないといけませんでしたよね?(笑)

ですが、28歳前後のキャリア採用の面接では、仕事に対する具体的な質問が中心になります。

  • 過去にどんな仕事をしてきたのか?
  • 自社でどんな貢献が出来るのか?

第二新卒や20代前半の場合はキャリアがないのでポテンシャルの有無で判断されます。

新卒の場合は将来の自分の夢など抽象的な自己PRしかアピールする材料がないのである程度仕方ないですけどね。

でも、20代後半の転職の場合は建前なしでキャリアのみで判断される面接。

経験があるかないか面接なので新卒採用時も楽に面接を進めれるのも20代後半で転職活動を行うメリットになります。

2,結婚退職をしても最低3年は働いてくれるから

参照:平成27年人口動態統計月報年計(厚生労働省)

上記は厚生労働省のデーターで、平成27年度の女性の平均初婚年齢は29.4歳、第一子出生の年齢が30.7歳となっています。

仮に27歳で中途採用しても第一子の出産まで3年あるのでそれまでは働いてくれますよね。

ですが、30歳を超える独身女性を採用した場合。上記のデータで考えるといつ結婚・妊娠してもおかしくありません。

その点からいうと人事は20代後半の女性を採用して、結婚妊娠による退職リスクを避けたいと考えるんです。

転職者を採用してようやく戦力になったきたタイミングなのに退職されると企業は大損です。

  • 「妊娠したので産休に入ります」
  • 「産休明けですが育児との両立が大変なので退職します」

企業人事
最低3年以上は働いて欲しい!

というのが本音で採用基準にしているんです。まぁそんなことをオフィシャルでは言えないですけどね(笑)

「男女雇用機会均等法の法律があるのにそんな採用方針は間違ってる!」

と感じるでしょうが、日本社会は本音とタテマエを分けた採用を行っているのが実情。。

人事が避けたい高齢の転職者
▼女性:結婚妊娠での退職リスク
▼男性:加齢による柔軟さの欠如。プライド高すぎる

もちろん不採用通知するにしても表立って年齢や結婚リスクに関することを不採用理由にすることは出来ません。

オブラートに包んで落ちた理由を伝えるのです。

参照:厚生労働省

出産に関して産前6週間、産後8週間産休で仕事休職させることが企業に義務付けられています。

さらに育児休暇で1年前後も休暇でブランクが発生します。

その結果「1年半も休職すると居づらいな・・」と出産を気に6割以上の女性が仕事を離職している実情もあります。

なので、企業側としては「とりあえず3年は働けるな!」と28歳前後の女性でも一旦は採用してくれるんです。

このことも20代女性が転職市場で人気の理由なんですよ!

あ、でも!出産後も継続して働ける環境かどうかは入社前に必ず確認しておいてくださいね。

特に中小零細企業なんかは平気で産休・育休が取れない!なんて法律違反する企業がありますからね。。

3,企業は28歳前後の女性を積極採用したい!その理由は?

企業人事
20代後半の女性は是非とも採用したい!

このように20代後半の女性を活用しようとする企業が近年増えてきているんです。

理由は大きくわけて2つ。

1つ目が、大企業向けの女性活躍推進法です。

301人以上の従業員を抱える企業は、女性活躍に関する状況把握や分析をして、その計画を公表する義務があるんです。

ですので極端に女性の採用者の数値が低いと、「あの会社って男尊女卑なのかしら・・」と企業に悪評に繋がる可能性もあるんです。

なので、積極的に女性を採用したいわけです。

2つ目が、助成金です。

参照:両立支援等助成金(厚生労働省)

女性活躍加速化助成金というなんともダサいネーミングの助成金です(笑)

取組目標を達成するだけで30万円の助成金を受けることが出来るので中小企業にとっては有難いです。

こういった2つの理由から企業から積極的に女性を採用したいと考えているんですね。

また現場でも20代後半の女性はよく働き、コミニケーション能力も高いと感じている人も多いんですよ。

男性よりもコミニケーション能力が高いので、人材価値が高い!と感じる担当者もいるくらいなんです。

こういった理由から、28歳前後の女性転職者は企業から重宝されるので、選考がスムーズに進みやすいんです(^^)

⇒「転職エージェントに登録するまでは自分の強み・弱みは分かりませんでした!でも自己分析をサポートしてもらったおかげで内定もゲットできましたよ!(20代/女性)」

4,20代後半で転職しないリスク!年収300万円のワーキングプアに!?

20代後半の女性
転職は30歳過ぎても余裕だよね♪

と30歳前後の節目となる歳に今後のキャリアについて考えてないあなた!

今の段階でしっかりと将来のキャリアを考えてないと、30歳過ぎても希望の職種につける可能性が低くなっちゃいます。。

厳しい言い方ですが(T_T)

それどころか年収は良くて横ばい、最悪右肩下がりなんて可能性もあるんです・・

特に一般事務や総務事務などの代わりが効くような仕事の経験しかないアナタ。

さらに転職に有利な武器となる資格もない場合は結構致命的となります。。

現在の勤務先が大企業や収益率の良い安定企業ではない場合。今後年収300万円以下のワーキングプアになっちゃうリスクだってあります。

転職したい人
ちゃんと働いているのにワーキングプアはないでしょ?w

と思っているかもですが、女性であってもキャリアを積んだり資格取得して将来のキャリアパスを明確にしないとワーキングプアも全然有り得る話dです。

しっかりと準備しとかないと、30歳過ぎてから職を失う可能性もゼロではありません。

https://mens-hige-datsumou.net/post-662

20代後半の女性
で、でも結婚したらいいじゃん!

と結婚を逃げ道にする女性も多いですが、そもそもキャリアの乏しい女性が高年収男性に出会える確率は低いです(*_*)

キャリアや年収の高いハイスペック男性って大企業にしかいません。

サラリーマンじゃない場合は自営業とか社長とか。

アナタの現在のキャリア十分でない場合。どうやって大企業に勤務するハイスペック男子と出会うんですか?

仮に生涯独身になったらどうします?

20代後半の女性
失礼な!いつかは結婚出来るでしょ!

なんて呑気なことを言ってられない状況なんです。。

参照:厚生労働省

厚生労働省の生涯未婚率に関するデータです。

※生涯未婚率=50歳時点で1回も結婚したことない人

女性の生涯未婚率は9.9%。つまり10人に1人は50歳になっても結婚を1度もしないんです。

もし結婚も出来ない、まともな仕事に就けてない状態で将来どうなると思いますか?

参照:DODA 2015年女性の平均年収データ

上記は2015年転職エージェントDODAに登録している22万人のデータを元にまとめた平均年収のデータです。

30代女性の平均年収は384万円。

30代を迎えるにあたってあなたはこの年収を確保できますか?結婚の予定はありますか?

年収も結婚にも不安があるなら早く年収アップの道を模索しておくべきです。

その結果、途中でハイスペック男子と結婚できたならラッキー♪

もし結婚できなくても年収アップできていればアナタ1人で生きていくことだって出来ます。

参照:厚生労働省

ちなみに厚生労働省の交際相手と出会ったキッカケに関する調査で、「職場・仕事」と選んだ人は全体に21.5%。

「今の仕事の年収が不満」

「職場の独身男性にロクなのがいない」

と悩むなら、年収の面でも、将来の結婚相手探しの面でも転職するほうがいいですよ。

年収アップのための転職活動を始めておくことはメリットしかないんです。。

5,転職で環境を変えるには20代後半がラストチャンス!

20代後半の女性
転職なんていつでもいいでしょ♪

なんて言ってるアナタ!

仕事や生活環境のチャンスを変えることが出来るのが20代後半が最後のチャンスと思ったほうがいいです。

30歳過ぎると、専門的な経験やキャリアでもないかぎり転職市場での価値はアナタが思っている以上に低下します。

仕事や環境に変化を起こすのは億劫ですが、転職が可能なデッドラインの年齢を考えると今すぐ行動すべき。

20代後半の独身女性は結婚適齢期ですから、結婚後に落ち着いて復職出来る職場を探すためにも今のタイミングでの転職しかありません。

育休を取得するにも、1年以上企業に雇用されてないと取得出来ない決まりになってますからね。

30歳過ぎてから転職。1年以内に妊娠なんてなると育休が取れません。

「私の将来このままで大丈夫かな・・」

と疑問や不安が頭をよぎるなら環境を変えるタイミングなのでしょう。

今すぐ転職しなくても、まずは転職エージェントに登録して、非公開求人のチェックや、自分の適正年収の把握だけに使う方法もアリです。

転職エージェントに登録するべき人は?

転職エージェントを利用するべき人の特徴

  • 仕事に時間を取られ活動できない
  • 転職活動を中途半端にしたくない
  • 会社に迷惑かけず両立したい
  • 就活で仕事のプライオリティを落としたくない
  • 情報収集・書類作成を休日にしたくない
  • 面接のスケジューリングしたくない

こういった人は転職エージェントを活用すると悩みが解決されるでしょう。

特に「とにかく効率的に転職活動を進めたい」という人は絶対登録すべきです。

転職エージェントというのは、あなたの専任のコンサルタントが「あなたが活躍できる業界や職種のアドバイス」「応募書類の添削」「面接対策」などを完全無料で行ってくれるんです。

「じゃあオススメの転職エージェントは?」

と気になるところ。

オススメの転職エージェントは・・・

↓ ↓

転職活動の時間がない人が多く登録している転職エージェントTOP3

DODA/パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)

当サイト経由で1番多く登録されているの転職エージェントになります。

DODA(デューダ)は大手人材人材会社のパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)グループが運営しているサービス。

転職支援業界で国内2位の売上高を誇っていますね。

DODAのポイントは以下になります。

①親身なサポートで転職者満足度No.1

DODAは転職者利用者へのアンケート調査で満足度No.1の実績。

満足度が高い理由としては、「登録者に寄り添った親身なサポート」だからです。

  • 転職に関する不安悩みごとの相談
  • 自分のキャリアプランに迷った時には面談でのキャリアカウンセリング
  • 将来の最適なキャリアプランの提案

このようなサポートの結果、転職サポートで年間1万人を成功に導く実績豊富なエージェントになります。

「以前転職エージェントに登録したけど放置された!」

「手厚く、親身なサポートを受けたい!」

という転職希望者が登録・利用すると特に満足度が高いですね。

②履歴書・職務経歴書の添削が抜群

DODAは履歴書・職務経歴書の添削が丁寧で分かりやすいと評判です。

転職活動での第一関門である書類選考。

応募書類で最大限自分の経験や能力をPRしないといけないのに、完璧な書類を作り上げている人は非常に少ないです。

その点、DODAのキャリアアドバイザーは

  • 1から応募書類の作成を手伝ってくれる
  • 履歴書を下書きすれば清書を代行してくれる
  • 書類選考通過率が約3倍にアップする書き方のコツを教えてくれる

といったサポートをしてくれるんです。

「書類選考で落ち続けて面接までたどり着けない・・」

という人は質が高いと評判のDODAの応募書類の添削を一度受けてみるべきですね。

③登録者限定の非公開求人が80%もある

DODAに登録した会員限定でしか閲覧できない非公開求人が全体の約80%あります。

非公開求人の中にはDODAだけが扱う独占求人も多いです。

求人の質も圧倒的に高く、業界最大手のリクルートエージェントとは違った独自の企業を紹介してくれるのが特徴。

⇒「大手転職エージェントだけあってサポートの質が凄く良かったです!親身に相談に乗ってくれました!(20代/女性)」

ビズリーチ

ビズリーチはテレビCMでも話題の転職支援サービスですね。

特徴としては

①圧倒的なスカウトの豊富さ

ビズリーチに経歴書を登録するだけで、企業人事担当者や転職エージェントの担当者から毎日のようにスカウトが届きます。

登録した人のキャリア次第では、大手転職エージェントと比較して3-10倍ほどスカウトの数が増えた!という人もいます。

  • 「仕事が忙しくて求人チェックする時間がない」
  • 「とにかくたくさんの企業からのスカウトをチェックしたい」

という人は、登録するだけでスカウトがたくさんくるビズリーチが向いているでしょう。

②年収アップ出来る求人が多数

ビズリーチは他の転職エージェントと比較しても、年収アップできる求人が豊富です。

理由としてはビズリーチは元々年収600万以上のハイスペックのビジネスパーソンに特化していた転職支援サービスだったからです。

ですので現状年収が低い転職希望者であっても、ビズリーチでしかチェック出来ない好条件の求人が紹介されるでしょう。

  • 「今の年収に不満がある!」
  • 「もっともっと稼ぎたい!」

という人は登録しておくと良いでしょう。

※公式ホームページには「年収600万以上に支持される」とありますが、年収600万未満でも登録・利用は問題なく出来ます

③上場企業・大手企業の求人が多い

上に書いた「年収アップ出来る求人が多い」ということとも繋がりますが、ビズリーチは大手・上場企業の求人が多いです。

年収が多い求人が多いので、当然上場企業や大手企業の求人が多いのは必然なのですが。

ですので「新卒で入社できなかった大手に入社したい!」と感じる人は登録しておいた方が良いです。

とはいえ大手企業は周りも入社したいと感じる人気求人。

募集してもすぐに打ち切りになりますし、募集も若干名です。

なので逆算して早めにビズリーチに登録して、大手企業の求人を漏れなくチェックしておくことが大事だといえます。

⇒「ビズリーチのハイスペック求人で年収1.5倍になりました!(20代/女性)」

リクルートエージェント

転職支援サービス最大手のリクルートグループの転職エージェントになります。

①業界最多の13万件の求人件数で他社を圧倒。

転職エージェント業界業界最大手リクルートエージェント。

公開求人・非公開求人が合わせると約13万件と業界最多の圧倒的な求人件数です。

「とにかくたくさんの求人の中から自分に合う求人を探したい!」

という人はリクルートエージェントの求人の多さを実感するべきでしょう。

②転職支援の成功実績32万件でNO.1

リクルートエージェントが転職支援業界で成功実績No.1となったのは以下の理由です。

求人数の多さ+担当キャリアアドバイザーの質の高さ=転職成功実績32万件

確かに、DODAのキャリアアドバイザーもレベルが高いのですが、DODAの特徴としては親切丁寧なサポートです。

一方リクルートエージェントの特徴としては、とにかくキャリアアドバイザーのアドバイスが的確ということ。

アドバイスの内容に無駄がなく、ズバリ自分が進むべきキャリアを示してくれるんです。

と使い分けが必要になってきます。

③女性向けの転職ノウハウが豊富

リクルートグループの中に人材派遣会社(リクルートスタッフィング)と連携した女性に特化した求人や濃いノウハウ情報が豊富にあります。

特に事務職・販売職などの業界職に精通したキャリアコンサルタントが多数在籍しているので相談しやすい環境は整っていますよ。

「女性ならでは目線で悩みを相談したり、共感してくれる担当者が良い!」

と感じる女性の転職希望者が登録すると満足なサポートを受けることが出来ます。

④夜間・土日祝日でもサポート受付!

リクルートエージェントは、平日・土日祝日いつでも20時以降にも相談が出来るんです。

「仕事が忙しいからなかなか転職活動の時間が割けない・・」

という人でも、在職しながら転職活動が出来るサ手厚いサービスと言えますね。

⇒「業界最大手だけあって紹介される求人数は桁違い!転職サイトに掲載されてない非公開求人も紹介されたので大満足です!(20代/女性)」

ちょっと待った!20代女性が退職前にチェックすべきポイント5つ

20代後半の女性
ヨシ!今すぐ退職して転職するぞ!

と20代としての社会人生活が始まって間もないタイミングで焦って退職するのはNG!

「今の仕事内容や待遇に不満はないけど、人間関係がなんとなく悪いから転職したいなー」という逃げの転職をしようとする人だっていますよね。

自分の働き方を追求するためだけに、何も準備や考えもなく「ただ辛いことから逃げ出したい!」と転職するのはいけませんよ!

根本的な解決になってないからです。

転職で絶対に失敗しないためにも退職前にチェックすべき項目を紹介しますね!

チェックするべき項目に当てはまっていれば、とりあえず転職活動は始めておきましょう。

終身雇用も崩れている現代で転職に対するネガティブなイメージもなし。より良い環境を常に模索していくべきですね!

1,本当に転職すべきか立ち止まり考える

20代の女性
転職したら悩みが全て解決されるよね!

と転職したからといって状況が必ずしも良くなるとは限りませんよ!

自分の職場環境が本当に良くないのか?もう一度チェックしてみましょう。

転職してから「これだったら前職の職場環境の方がマシだった・・」と後悔しても遅すぎます(T_T)

転職はある意味賭けの要素もあるので、入社後にしか分からないこともあるんです。

適当な転職活動をしてしまうと、今以上に状況を悪化させてしまう可能性だってあります。

「私はどの職場でも活躍できる!」

と自分を過大評価してしまう傾向にある人は、最適な環境の職場を見つけづらい傾向にあるんです。

なので退職する前に必ず下記のチェック項目は確認しておいて下さいね。

退職前にチェックすべきこと
①やりたいことは趣味で出来ないか?
②転職で現在より状況悪化の可能性も。後悔しない?
③今の仕事で具体的な不満点は?
④今の会社で解決できない?我慢は限界?
⑤自分の転職市場での評価は正確に把握してる?

上記のチェックポイントを確認しても「やっぱり転職したい!」と思うなら本気で活動開始しましょう。

漠然としたイメージで「年収が上がればいいなー」と何となくの活動では転職成功しないです。

「○○業界に、3ヶ月後までに年収500万円で転職する!」

と失敗や苦労を避けたいなら具体的にイメージすべき。

自分を客観的に評価出来ない結果、後悔しか生まれない転職となってしまう人がホントに多いんです。

現在の職場の見直し
①仕事内容の満足度
②給与・福利厚生の待遇
③人間関係含めた働きやすさ

現在の職場の良い点も悪い点もしっかりと把握しておきましょう!

2,退職してからの転職活動はNG!在職中に内定を!

20代後半の女性
仕事忙しいし先に退職しちゃお♪

と安易に退職してから転職活動しようと考えるのは危険です。

「無職期間はアルバイトで生計立てるし大丈夫!」

なんて思っているかもですが、

  • フリーターは周りの目もあるから早く転職先決めたい
  • バイトの収入だけじゃ生活が苦しい

と焦って転職先を決めて後悔しては身も蓋もないですよね(T_T)

20代だからと油断してとりあえずで転職先を決める人も多いんです。

でも安易な転職は良くて現状維持。最悪の場合条件が悪化するケースだってあるんです。

「本気で今より条件の良い会社に転職するぞッ!」

と考えるなら在職中に転職サイトや転職エージェントを利用して、積極的に活動をすべき。

退職前に転職や内定に関する話を具体的に固めておきましょう。

20代後半の女性
転職といえばハローワークだよね!

なんて思っている20代の若い女性も多いですが、ハローワークからの求人紹介を受けるのはオススメ出来ないです。

ハローワークに求人掲載されている企業は、

人事担当
欠員補充だから20代じゃなくてもOK

と積極的に20代女性を採用したいと思ってない企業もあるんです。

また転職エージェントなどに払う紹介料を工面できないので、ハローワークに求人掲載してるって企業もあります。

企業側が転職エージェントに支払う料金は、転職者の年収の30%。つまりアナタの年収が300万円で転職した場合、120万円の金額を転職エージェントに支払う必要があるんです。

高額ですよねぇ(*_*)

転職エージェントへの費用を支払えない企業が「大して儲かっていない」可能性があるってこと。

当然そんな会社に転職してもあなたの年収アップは夢のまた夢。

「年収アップ出来る条件の良い会社にスムーズに転職したい!」

と思うなら、在職中から転職エージェントに登録しておいて積極的に活用するべきです。

転職エージェントへの登録は完全無料ですし、20代の若さを存分に活かしてくれるようや求人をピンポイントで紹介してくれるのは最大のメリットなんです。

⇒「担当のキャリアアドバイザーに色々と相談出来たのはホントに助かった!転職の相談を出来る人が身近にいるのは助かります!(20代/女性)」

↓口コミや評判の良い転職エージェントは??↓

3,転職を決める前に周囲に相談してみる

20代の女性
十分自分で調べたしもう辞めても大丈夫!

と自分ではよく考えたつもりかもしれませんが退職前に一度周囲に相談してみたほうがいいですよ!

1人で考えた結論を周囲が聞くと「ゼッタイ転職は止めた方がいいって!!」と感じるほど無謀で突拍子もないと感じることだってありますからね(笑)

もちろん転職するかしないか?最後に決めるのはあなた自身。

でも、身近な人でも納得できないような転職理由だと転職成功が厳しい可能性が高いです。。

アナタことをよく知ってる友人すら説得できないような転職理由だと、面接官を説得させるので苦戦するのが目に見えてるから。。

なので自分の意志や計画を正直に話してみて、客観的な意見や感想をぶつけてもらって見て下さい!

友達・職場の同僚・先輩に相談してみると、転職の失敗談や成功談なんかも聞けるケースもありますからね!

「自分の考えは完璧だ!」

と思っていても冷静な意見をぶつけられて、「全然中身のないプランで行き当たりばったりだった・・」と気づく人だっていますからね(T_T)

相談相手としては30代以上のある程度社会経験のあるベテランがいいですよ。

20代では気づかないような深ーいアドバイスをしてくれる可能性だってあります。

アドバイスを貰ったあとは下記の項目に沿って客観的にアナタ自身を評価してみてくださいね!

自分を振り返るチェック項目
①現在の会社に居続けるのはダメ?
②辞めたい1番の理由は何?
③転職失敗した場合我慢出来る?
④周囲の意見やアドバイス聞いた?
⑤複数の転職エージェントに登録・相談した?
⑥妥協なく転職活動を全うした?

4,将来のライフプランをしっかり立てている?

20代の女性
まぁ将来なんて何とかなるでしょ♪

と将来のライフプランを考えずに転職を決めるのは危険ですよ!w

職の決断をするには、まずアナタ自身の目標や夢を設定しましょう。

夢や目標が設定出来ればライフプランも自動的に設定できちゃうんです♪

別に夢や目標と言っても難しいものである必要は無し!

楽して年収500万円稼ぎたい!

イケメンの高収入彼氏を見つけるために大手に転職したい!

結婚するつもりはないから自分でバリバリ稼ぎたい

などなど。転職したい理由を明確にしておくんです。

20代女性で社会人経験が長くないビジネスウーマンの場合。「漠然と今の職場で働き続けることに不安を感じる」という人はすごく多いです。

でも転職活動ではなにかしら理由を明確にしないと確実に面接の時に面接官から突っ込まれて回答出来なくなります。。

自分の状況を把握出来てない状態で面接に進んでも面接官に見透かされちゃいますからね。。

転職活動は自分を見つめ直す良い機会。

「就活も転職活動も自己分析が大事!」

ってよく聞きますけど、自分のことを分かってないのにやりたい仕事なんて見つかるはずないですからね。

自分のことを客観的に把握することは難しいことですが、簡単にできる方法は自分の今の状況や思いを紙に書き出すことです。

  • 不満なこと
  • 叶えたいこと(年収・仕事内容)
  • 期限。いつまでに叶えたいか?

などを紙に書き出せば自己分析が簡単に出来ます。

物事を実行するには、明確なプランやビジョンを持っているいるかどうかが大事なポイントです。

「何となく転職したいな」

と漠然と行動してしまっては成功可能性は大きく下がってしまうんです。

自分の状況を正確に把握して、30代40代以降のキャリアプランやライフプランとリンクさせていきましょう!

自分のキャリアプランやライフプランを遂行出来る会社や仕事を探すのが転職成功への近道です。

https://mens-hige-datsumou.net/post-1092

「もっと詳しく自己分析したい!」

という人はパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)社が提供しているミイダスという無料サービスを使ってみるといいです。

ミイダスは200万人分の年収データをもとに自分の市場価値を弾き出してくれるんです。

⇒MIIDASで自分の市場価値をチェックしてみる【無料】

こういった自己分析は実はかなり大事ですよ!

転職成功のために今すぐ出来る解決策が自己分析なのに面倒臭がってやらない人ってほんと多いです。

だーかーらー、転職活動で苦労するんですよ(笑)

客観的に自分を分析して、

  • 自分が考える自分
  • 周囲から見える自分

このギャップを出来るだけ埋めていく作業が大事なわけです!

強みや弱みをドンドン掘り下げていくと自分に最適な職場は「これだ!」と分かってきます。

「えーでも時間ないし自己分析とか面倒くさいなー」

って感じる人は転職エージェントを使うのがいいですよ。

プロのキャリアコンサルタントがプロの目線であなたを分析してくれるので、自分で自己分析より当然精度は高くなります。

⇒「転職エージェントに登録するまでは自分の強み・弱みは分かりませんでした!でも自己分析をサポートしてもらったおかげで内定もゲットできましたよ!(20代/女性)」

5,20代女性が転職することのメリット・デメリットを把握する

転職する前にしっかりとメリット・デメリットは把握出来ていますか?

「メリット・デメリットなんて知らなくても大丈夫だよね!」

なんて考えちゃ駄目ですよ(笑)。それぞれ紹介するので転職・退職前にもう一度確認しておきましょう!

メリット

参照:厚生労働省 学歴別卒業後3年以内離職率の推移

厚生労働省の新規学卒就職者の在職期間別離職率の推移のデータです。

大卒で新卒として入社した新卒社員や、第二新卒の社員の約3割が3年以内に退職しているということを示すデータですね。

これだけたくさんの若手社員が第二新卒として転職市場に溢れかえっていますが、それでも20代の転職は年齢面で非常に有利。

企業人事
若手社員を採用したい!

と第二新卒を積極採用する企業が多いので、20代の女性も転職時のメリットが大きいんです。

「じゃあ30代になると転職出来ないの?」

と感じるかもしれませんが、20代と同じようなスキル経験であれば苦戦することはないですね。

採用側と「採用するかどうか迷うな~でも20代で若いから採用しちゃおう!」

と年齢を決め手として内定を出すケースも実は少なくないんですよ!。

また未経験職種にチャンレンジ出来る最終リミットも20代までです。

30代以降なれば転職者は即戦力として期待されるので、企業側も未経験の人材に内定を出すことはなくなります。

さらに年齢が高い社員を採用すると社内のバランスの崩れることも気にしているんです。

キャリアのない30代の転職者が入社してきて、20代の上司の元について教えを請ういびつな体制は出来るだけ避けたいと思うのが当然のこと。

20代の上司も、30代の部下も非常に働きづらくなっちゃいますからね(笑)

デメリット

転職先はいくら事前にリサーチしても最後は入社してみないと詳細は分かりません。

でも下記で記載してる通り、確認出来る限りの情報収集はしておくべきですよ!

入社前にチェックしておくべき事項
・福利厚生
・部署の雰囲気
・社内の人間関係
・仕事内容
・有給の取りやすさ
・産休育休取得の理解度
・復職後のポジション保証

こういったことを面接など当然確認するとは思います。

ですが入社前に正確に把握することは不可能で、面接だけでは限界があります。

「条件の良い会社に転職できた!」

と思って結婚出産で自分の生活に変化が訪れると、そのタイミングで復職出来ずキャリアが途切れることだってあるんです。

つまり転職失敗のリスクはどこまでもついて離れないということ。

「転職先と合わなかったらまた退職しよう!」

と短期での離職を繰り返すと、次回以降の転職活動は確実に苦戦することになります。

面接官「この人何回も転職してるな・・採用してもすぐに辞められそうだから内定は出せないぞ・・」

このように判断され警戒心を持たれるでしょう。

そうなると折角立てた自分のキャリアプランを実現することは出来ません。

自分の目指す方向をしっかりと見据えた正確な判断が求められるんです。

⇒「さすが転職のプロですね!1回の面談だけで自分の短所や、希望職種の面接のコツなんかを教えてくれました!(20代/女性)」

↓口コミや評判の良い転職エージェントは??↓

転職4回目の崖っぷち27歳女性の成功体験談

20代で転職3回失敗・・からの天職ゲット!

今は27歳で女性です。私は4年制大学を卒業してから4年間で3回も退職し現在の会社が4社目です。

普通に考えたらありえない転職回数ですよね(笑)

あの4年間は人税に迷っていて本当に毎日が紆余曲折のような生活でした。

まず1社目はアパレル店員での販売員です。

現場で販売した後、展示会の運営や新卒採用や説明会などの担当もしていたんですよ。

でもね、アパレル勤務特有のハードワークに耐えきれず退職。

2社目はジュエリーブランドの広報・PR職の仕事でした。

アパレルの経験も活かせたんですけど、上司からのパワハラでわずか半年でまたまた退職。

もう周りから「アンタ何したいの?」って毎日のように言われてホント辛かったです。。

3社目は大手学習塾の事務だったのですが、全くやり甲斐を感じずにここも短期間で離職。

「私がしたい仕事って何なんだろう?」

と毎日自問自答する毎日。

でもこれじゃあダメだ!とネットで調べた転職エージェントに登録したんです。

それが私の転機でしたね。

転職エージェントのカウンセラーの方に親身に対応してもらっているうちに「私も人材関連の仕事をしたい!」って思ったんです。

人材関連の企業ばっかり受けて、人材派遣会社のコーディネーター職の仕事に転職でました!

仕事内容は、登録スタッフへの仕事紹介とか、サポートがメインです。

ほんと人材派遣での仕事が楽しくって、CDA(キャリア・デベロップメント・アドバイザー)のキャリアカウンセラーの資格まで取っちゃいました(笑)

今はリーダーとしてメンバーの数値管理や教育なんかも任せて貰ってるんです!

20代の転職失敗の原因は慎重さが欠けてた

職場の先輩
転職は絶対慎重にしないとダメだよ!

と言われながらも、「20代だし大丈夫でしょ♪」と鷹をくくってたんです。

何となくで転職を繰り返すうちに転職回数3回で崖っぷち。本当に転職は慎重にするべきですよ!

でも、崖っぷちになって必死になって自分の将来のことを考えた結果、「人材関連の仕事をしたい!」と自分のやりたいことがわかったんです。

最後の転職のチャンス!くらいの意気込みで転職活動してましたよ。

でも人材企業での求人って案外少なくて、しかも経験者の募集だったので、なかなか見つからずかなり焦りました。。

2ヶ月くらい転職エージェントの方に協力してもらって、今の人材派遣会社のコーディネーター職の内定をゲットできたんです♪

登録スタッフの方へ直接サポートしたい!という思いが強くあったので、今の仕事は毎日楽しくて仕方ないです!

上司からは、キャリアアップのためにも他職種への異動の打診もあったんです。

でも希望は今の職種なので、相談して今の仕事を続けることが出来ました。

CDAの資格も取っていたので、そのことも判断材料になりましたね!

⇒「大手転職エージェントだけあってサポートの質が凄く良かったです!親身に相談に乗ってくれました!(20代/女性)」

社内の昇格試験を受けて総合職で給料アップ!

人材会社の人事
業界未経験だから契約社員で採用

と転職当時の27歳時は、限定正社員という契約社員での採用だったんです。

女性で未経験職種にチャレンジ出来るのは20代まで!と聞いていたので、契約社員だろうが当時は気にしていませんでした。

契約社員なので、求職者のサポートをどれだけ頑張っても昇進・昇格はありません。

「履歴書に書けるようなキャリアも積めない。他社で活かせる汎用性も無いのに大丈夫かな」

と不安になることもありました。

同じ大学を卒業した同級生なんかは、他の業種でバリバリとキャリアを積んでいるので不安も募ります。

でも必死で契約社員として頑張り続けた結果

上司「オマエ頑張ってるから総合職の昇格試験受けるけどどうする?」

とまさかの打診が!

もちろん二つ返事で試験を受けましたよ。

そしたら今までの頑張りが認められてなんと総合職に!

仕事内容の制限もなくなりキャリアを積むことができようになりました。また給料も3割ほどアップしたのでほんと良いことづくめです♪

契約社員から正社員なる方法7選。勤続年数5年以上なら無条件で無期雇用も!正社員のための志望動機・履歴書・面接対策も紹介
「契約社員から正社員になりたい!」 新卒採用・中途採用・アルバイト採など企業で働く方法は様々。 多く企業では契約社員のよ...

私が総合職として昇格出来た理由は?

私「課長。何で私は正社員になることができたんですか?」

課長「おまえが会社に貢献してたからだよ」

と私の契約社員の期間での頑張りが評価されたみたいです。

私在職期間こそ短かったものの、アパレルの販売職でも、ジュエリーブランドの広報プロモーションでもとにかく必死に結果を残してきました。

例えばプロモーションでは、商品力を上げることを追求するためにイベントを企画したり目標数字を達成してきたんです。

エンドユーザーに役立つファッションやスタイルを提供して人生を豊かにしたい!って思いで、頑張ってました。

そういった仕事に対する向き合い方や経験が、人材派遣に転職した時も直結して活きたみたいなんです。

契約社員とし入社したあとも初回契約1年間で目に見える成果を出す!と心に決めました。

そしたら1年後に総合職に昇格出来て、2年後にリーダー職として事業部を率いてMVPを受賞出来ました。

「私の将来どうなるのかな~」

とキャリアに対する不安があった時期もありましたが、今は人材派遣の会社での仕事にやり甲斐を感じています。

求職者と仕事をつなぐ事できる人材業界の仕事は、仕事探しに悩む人をサポート出来る仕事です。

派遣スタッフの方のサポートをチーム一丸となって取り組んでいます。

サポートマインドという共通の指針なんかも掲げて、登録スタッフへの向き合いに悩んだ時に立ち返って判断出来る指針も設けました。

年齢・社風など無関係にチーム全員でサポート出来る風土が出来てきたので、チームへの手応えも感じてます。

ランチもチームのみんな一緒に食べたりしているので、雰囲気も凄くよいので会社に行くのが楽しみなんですよ。

ほんと3社短期で離職していた暗黒時代に自分から想像出来ないですよ(笑)

転職を考える20代女性へのメッセージ

私自身も経験したので分かるんですが転職先を決めるのってホント難しいですよね。。

私もたくさん悩んで迷走したので転職回数も多くなっちゃいましたけど 笑。

転職先が決まったら決まったでまた仕事内容にも悩みました。

27歳で4社経験した分かったことは、ある程度人生は自分でコントロール出来るもんだなと感じました。

主体者意識は必須ですけど、外部要因でコントロールできないことは除いては何とかなると思ったんです。

仕事辞めたい人へ。今すぐ転職すべきたった1つの理由。人間関係や鬱病で悩むくらいなら退職だ!ストレスで悩むな!
さっさと仕事を辞めろ! 「仕事辞めたい」 「仕事辞めたてのんびりしたい」 「介護が大変で辞めたい」 「結婚するから辞めたい」 ...

諦めずに頑張り続ければ道は開けると楽天的に考えることが大事です。

また私自身転職を成功させることが出来たのは、転職エージェントのユーザーサポートの部署からの支援を受けれたことが大きいです。

転職エージェントのサポート内容
①求職者からの問い合わせに答えてくれる
②非公開求人のチェック方法
③職務経歴書の書き方を教えてくれる

などのサポートを受けることができたんです。

また中途入社のキャリアカウンセラーの人も多く、色々な経験や社歴が多い方もいるようです。

なので、20代の女性が転職を成功させるには転職エージェントへの登録は必須だと思いますね。

転職の成功確率を73%高める方法

20代後半の女性
じゃあどうやって転職を成功させるの?

と不安になりますよね。

それは転職エージェントを活用するしかありません。

リクナビネクストなどの求人サイトなどをチェックしても企業の良い部分しかアピールされていません。

ですが、転職エージェントであれば良い面・悪い面も両方教えてくれます。

成功率を高めたいなら転職エージェントの活用はかかせません。

転職エージェントに登録するべき人は?

転職エージェントを利用するべき人の特徴

  • 仕事に時間を取られ活動できない
  • 転職活動を中途半端にしたくない
  • 会社に迷惑かけず両立したい
  • 就活で仕事のプライオリティを落としたくない
  • 情報収集・書類作成を休日にしたくない
  • 面接のスケジューリングしたくない

こういった人は転職エージェントを活用すると悩みが解決されるでしょう。

特に「とにかく効率的に転職活動を進めたい」という人は絶対登録すべきです。

転職エージェントというのは、あなたの専任のコンサルタントが「あなたが活躍できる業界や職種のアドバイス」「応募書類の添削」「面接対策」などを完全無料で行ってくれるんです。

「じゃあオススメの転職エージェントは?」

と気になるところ。

オススメの転職エージェントは・・・

↓ ↓

転職活動の時間がない人が多く登録している転職エージェントTOP3

DODA/パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)

当サイト経由で1番多く登録されているの転職エージェントになります。

DODA(デューダ)は大手人材人材会社のパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)グループが運営しているサービス。

転職支援業界で国内2位の売上高を誇っていますね。

DODAのポイントは以下になります。

①親身なサポートで転職者満足度No.1

DODAは転職者利用者へのアンケート調査で満足度No.1の実績。

満足度が高い理由としては、「登録者に寄り添った親身なサポート」だからです。

  • 転職に関する不安悩みごとの相談
  • 自分のキャリアプランに迷った時には面談でのキャリアカウンセリング
  • 将来の最適なキャリアプランの提案

このようなサポートの結果、転職サポートで年間1万人を成功に導く実績豊富なエージェントになります。

「以前転職エージェントに登録したけど放置された!」

「手厚く、親身なサポートを受けたい!」

という転職希望者が登録・利用すると特に満足度が高いですね。

②履歴書・職務経歴書の添削が抜群

DODAは履歴書・職務経歴書の添削が丁寧で分かりやすいと評判です。

転職活動での第一関門である書類選考。

応募書類で最大限自分の経験や能力をPRしないといけないのに、完璧な書類を作り上げている人は非常に少ないです。

その点、DODAのキャリアアドバイザーは

  • 1から応募書類の作成を手伝ってくれる
  • 履歴書を下書きすれば清書を代行してくれる
  • 書類選考通過率が約3倍にアップする書き方のコツを教えてくれる

といったサポートをしてくれるんです。

「書類選考で落ち続けて面接までたどり着けない・・」

という人は質が高いと評判のDODAの応募書類の添削を一度受けてみるべきですね。

③登録者限定の非公開求人が80%もある

DODAに登録した会員限定でしか閲覧できない非公開求人が全体の約80%あります。

非公開求人の中にはDODAだけが扱う独占求人も多いです。

求人の質も圧倒的に高く、業界最大手のリクルートエージェントとは違った独自の企業を紹介してくれるのが特徴。

⇒「大手転職エージェントだけあってサポートの質が凄く良かったです!親身に相談に乗ってくれました!(20代/女性)」

ビズリーチ

ビズリーチはテレビCMでも話題の転職支援サービスですね。

特徴としては

①圧倒的なスカウトの豊富さ

ビズリーチに経歴書を登録するだけで、企業人事担当者や転職エージェントの担当者から毎日のようにスカウトが届きます。

登録した人のキャリア次第では、大手転職エージェントと比較して3-10倍ほどスカウトの数が増えた!という人もいます。

  • 「仕事が忙しくて求人チェックする時間がない」
  • 「とにかくたくさんの企業からのスカウトをチェックしたい」

という人は、登録するだけでスカウトがたくさんくるビズリーチが向いているでしょう。

②年収アップ出来る求人が多数

ビズリーチは他の転職エージェントと比較しても、年収アップできる求人が豊富です。

理由としてはビズリーチは元々年収600万以上のハイスペックのビジネスパーソンに特化していた転職支援サービスだったからです。

ですので現状年収が低い転職希望者であっても、ビズリーチでしかチェック出来ない好条件の求人が紹介されるでしょう。

  • 「今の年収に不満がある!」
  • 「もっともっと稼ぎたい!」

という人は登録しておくと良いでしょう。

※公式ホームページには「年収600万以上に支持される」とありますが、年収600万未満でも登録・利用は問題なく出来ます

③上場企業・大手企業の求人が多い

上に書いた「年収アップ出来る求人が多い」ということとも繋がりますが、ビズリーチは大手・上場企業の求人が多いです。

年収が多い求人が多いので、当然上場企業や大手企業の求人が多いのは必然なのですが。

ですので「新卒で入社できなかった大手に入社したい!」と感じる人は登録しておいた方が良いです。

とはいえ大手企業は周りも入社したいと感じる人気求人。

募集してもすぐに打ち切りになりますし、募集も若干名です。

なので逆算して早めにビズリーチに登録して、大手企業の求人を漏れなくチェックしておくことが大事だといえます。

⇒「ビズリーチのハイスペック求人で年収1.5倍になりました!(30代/女性)」

リクルートエージェント

転職支援サービス最大手のリクルートグループの転職エージェントになります。

①業界最多の13万件の求人件数で他社を圧倒。

転職エージェント業界業界最大手リクルートエージェント。

公開求人・非公開求人が合わせると約13万件と業界最多の圧倒的な求人件数です。

「とにかくたくさんの求人の中から自分に合う求人を探したい!」

という人はリクルートエージェントの求人の多さを実感するべきでしょう。

②転職支援の成功実績32万件でNO.1

リクルートエージェントが転職支援業界で成功実績No.1となったのは以下の理由です。

求人数の多さ+担当キャリアアドバイザーの質の高さ=転職成功実績32万件

確かに、DODAのキャリアアドバイザーもレベルが高いのですが、DODAの特徴としては親切丁寧なサポートです。

一方リクルートエージェントの特徴としては、とにかくキャリアアドバイザーのアドバイスが的確ということ。

アドバイスの内容に無駄がなく、ズバリ自分が進むべきキャリアを示してくれるんです。

と使い分けが必要になってきます。

③女性向けの転職ノウハウが豊富

リクルートグループの中に人材派遣会社(リクルートスタッフィング)と連携した女性に特化した求人や濃いノウハウ情報が豊富にあります。

特に事務職・販売職などの業界職に精通したキャリアコンサルタントが多数在籍しているので相談しやすい環境は整っていますよ。

「女性ならでは目線で悩みを相談したり、共感してくれる担当者が良い!」

と感じる女性の転職希望者が登録すると満足なサポートを受けることが出来ます。

④夜間・土日祝日でもサポート受付!

リクルートエージェントは、平日・土日祝日いつでも20時以降にも相談が出来るんです。

「仕事が忙しいからなかなか転職活動の時間が割けない・・」

という人でも、在職しながら転職活動が出来るサ手厚いサービスと言えますね。

⇒「業界最大手だけあって紹介される求人数は桁違い!転職サイトに掲載されてない非公開求人も紹介されたので大満足です!(20代/女性)」

第二新卒の20代女性に人気の業種TOP3

20代の女性
転職したいけど、どんな仕事が人気なんだろ?

他の20代女性がどんな職種に転職しているのか気になるところですよね。

そこで20代女性に人気の職種TOP3を紹介しちゃいます!

1位 事務職

ツイッターを覗いてみてもやっぱり事務職は人気ですね。

給料こそそれほど高くはないもの、仕事の結果に左右されない安定した収入と残業の少なさが人気の理由です。

特に一般事務であればワークライフバランスも維持しやすいです。

残業も月に10時間未満か、もしくは定時帰りですからね。

仕事内容としては、電話応対やコピーを取る、来客応対などなので、特に難しい仕事はありません。

「もっと専門的な事務作業したい!」

という人には医療事務がオススメ。

医療事務の仕事内容
・窓口での受付
・レセプトの作成
・会社処理
※レセプト=診療報酬明細書作成

医療用語や専門知識が必須となりますが、医療事務の資格さえ資格取得してしまえば全国どこでも働けるのは強みです。

事務全体仕事に求められることは、他社員のサポートを自発的に行えるホスピタリティの高さや、仕事の正確さです。

周囲のサポートを積極的に行えば感謝されやすい仕事なので、「人の役に立ちたい!」いう人は喜びに変えやすい仕事といえますね。

事務職の転職への難易度は?

参照:厚生労働省 職業別求人倍率データ

表の1番右の数値が有効求人倍率です。

「事務的作業」の項目の1番右端が0.42倍となっていますが、これが有効求人倍率です。

ちなみに、平成28年3月の同時期の職業全体の有効求人倍率は1.30倍なので事務の競争倍率は約3倍ほど高いと思っておいてください。

参照:一般職業紹介状況(厚生労働省)

正社員で事務職に転職するのは狭き門と言わざるえません。

ですので、一旦派遣社員や紹介予定派遣で派遣期間を挟んでから正社員化を狙うのも1つの方法です。

未経験で事務職に受からない理由14個。転職や面接のコツを理解しないと内定ゲット出来ない!対策法を4つ紹介。
「事務の求人に応募しても書類選考や面接で何度も受からないのは何故なんだろう?」 「パソコンの学校にも行っているのに、事務の次の仕事が決...

リクルートスタッフィング

クチコミNo.1とコーディネーターの対応に評判が高い人材派遣会社になります。

特に紹介予定派遣には他社の追随を許さない圧倒的な求人数を誇ります。

「まずは派遣で」と転職を考えているあなたは必ず登録しておいてほしい派遣会社になります。

また、リクルートけんぽという保険料率の低い健康保険にも加入できますので、結果的に手取り額を多く受け取るメリットもあるんです。

⇒【完全無料】「リクルートスタッフィング」に会員登録をする

また事務への転職を目指すなら下記のような資格も取得しておくと有利になります。

転職に有利な事務の資格
・経理事務⇒簿記
・貿易事務⇒TOEIC
・不動産事務⇒宅建

2位 営業職

営業というとネガティブな印象が多いですが、実は人気職種なのです。

未経験者でも歓迎くれる企業も多いので転職も簡単です。

全く未経験の他業界への転職も容易になります。

賞与やインセンティブを歩合制にしている企業も多いので、仕事の成果が収入に反映されやすくやり甲斐も感じやすいでしょう。

営業職の転職難易度

先程事務の時と同じように営業職の平成28年3月の有効求人倍率をチェックしてみると1.30倍でした。

事務職が0.42倍ですから、相当転職しやすい職種といえます。

さらに営業職の中でも下記のような業界は相当な人材不足なので、狙い撃ちしていきましょう。

回答があった1万195社のうち、正社員が不足していると回答した企業は43.9%。半年前の調査から6.0%も増加し、過去10年で正社員の人手不足はもっとも高い値となった。

業種別では「放送」の73.3%がトップで、さらに「情報サービス」「メンテナンス・警備・調査」「人材派遣・紹介」「建設」がいずれも6割を超えた。

参照:ハーバードビジネスオンライン

営業としての経験を積んでいくと実績を上げる毎にキャリアパスも積みやすくなります。

管理職に昇進して部下を教育するコースもあれば、生涯営業職としてセールレディーとして活躍する道もあります。

営業のフリーランスとして独立するなんて方法もありますからね。

一般的に中小企業から大企業への転職は難しいですが、営業での実績を出せば割りと簡単に転職できちゃうんです。

努力次第で年収1000万円も夢じゃないです。トッププレイヤーも十分狙える職種ですね。

⇒20代女性人気NO.1転職エージェント「DODA」公式サイトをチェックする

3位 技術職

「技術職なんて専門的なことは分からない!」

と感じるかもしれませんが、職種に応じた専門知識を一度つけてしまえばそれほど難しいものではありません。

身につけたスキルや資格があれば再就職が容易になるのもメリットです。

技術職の仕事
・技術職の仕事
・システムエンジニア
・整体師
・研究開発職
・建築士
・セールスエンジニア(技術営業)
・品質管理

などなど様々な仕事があります。

ヒアリングを行い市場ニーズを発掘し、事業部や開発部門と連携して新サービスをリリースしていくやり甲斐のある仕事だってあるんです。

技術職の転職の難易度

転職の難易度は高いです。

他業種から未経験で技術職への転職の場合は20代でないとまず不可能。

仕事に対しての積極的な姿勢や、自分の将来性を評価してもらえるようにしっかりとアピールしましょう。

就職や転職のタイミングで必要な資格を取得しておくことも前提となりますよ。

20代の女性が転職活動を始めるベストなタイミング

20代の女性
転職っていつから始めるのがいいのかな?

と転職活動のベストなタイミングって悩みますよね。

転職活動を始める時期としては、結局のところあなたが何を大事にするかで変わってきます。

とにかく円満退職を目指したい場合

在職中の会社にお世話になり、迷惑をかけずに円満退職を目指す場合。

基本的には早期の退職を目指しつつ、昇進する前・プロジェクトの完了後に転職出来るよう調整しましょう。

年末・年度末は企業は繁忙期になりやすいので、引継ぎなどが発生すると他社員に負担がかかってしまいます。

昇進してしまうと、企業の人事や命令系統に混乱を招いてしまうので、その前に退職すべきですね。

確定申告を自分でやりたくない場合

「確定申告なんて会社がやってくれるもんでしょ?」

と思っているかもしれませんが、年末調整前の12月に退職してしまうと自分で確定申告をやる必要性が出てきます。

税金などの手続きが面倒だと感じるであれば、年内に再就職先を見つけるか、年が空けてから退職するのがオススメです。

心身ともに限界に来ている場合

仕事のストレスで心身ともに限界にきている場合は今すぐ退職して転職活動を開始しましょう。

ただ、転職にはノウハウや事前に綿密なリサーチ、自己分析、さらには転職スケジュール調整も必要になってきます。

「仕事は辞めたけど、転職活動不安だな」

と感じるなら、転職事情やキャリアが豊富な転職エージェントのキャリアカウンセラーに相談するべき。

同じ20代の女性が親身になってあなたの転職成功までサポートしてくれますよ。

転職エージェントに登録するべき人は?

転職エージェントを利用するべき人の特徴

  • 仕事に時間を取られ活動できない
  • 転職活動を中途半端にしたくない
  • 会社に迷惑かけず両立したい
  • 就活で仕事のプライオリティを落としたくない
  • 情報収集・書類作成を休日にしたくない
  • 面接のスケジューリングしたくない

こういった人は転職エージェントを活用すると悩みが解決されるでしょう。

特に「とにかく効率的に転職活動を進めたい」という人は絶対登録すべきです。

転職エージェントというのは、あなたの専任のコンサルタントが「あなたが活躍できる業界や職種のアドバイス」「応募書類の添削」「面接対策」などを完全無料で行ってくれるんです。

「じゃあオススメの転職エージェントは?」

と気になるところ。

オススメの転職エージェントは・・・

↓ ↓

転職活動の時間がない人が多く登録している転職エージェントTOP3

DODA/パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)

当サイト経由で1番多く登録されているの転職エージェントになります。

DODA(デューダ)は大手人材人材会社のパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)グループが運営しているサービス。

転職支援業界で国内2位の売上高を誇っていますね。

DODAのポイントは以下になります。

①親身なサポートで転職者満足度No.1

DODAは転職者利用者へのアンケート調査で満足度No.1の実績。

満足度が高い理由としては、「登録者に寄り添った親身なサポート」だからです。

  • 転職に関する不安悩みごとの相談
  • 自分のキャリアプランに迷った時には面談でのキャリアカウンセリング
  • 将来の最適なキャリアプランの提案

このようなサポートの結果、転職サポートで年間1万人を成功に導く実績豊富なエージェントになります。

「以前転職エージェントに登録したけど放置された!」

「手厚く、親身なサポートを受けたい!」

という転職希望者が登録・利用すると特に満足度が高いですね。

②履歴書・職務経歴書の添削が抜群

DODAは履歴書・職務経歴書の添削が丁寧で分かりやすいと評判です。

転職活動での第一関門である書類選考。

応募書類で最大限自分の経験や能力をPRしないといけないのに、完璧な書類を作り上げている人は非常に少ないです。

その点、DODAのキャリアアドバイザーは

  • 1から応募書類の作成を手伝ってくれる
  • 履歴書を下書きすれば清書を代行してくれる
  • 書類選考通過率が約3倍にアップする書き方のコツを教えてくれる

といったサポートをしてくれるんです。

「書類選考で落ち続けて面接までたどり着けない・・」

という人は質が高いと評判のDODAの応募書類の添削を一度受けてみるべきですね。

③登録者限定の非公開求人が80%もある

DODAに登録した会員限定でしか閲覧できない非公開求人が全体の約80%あります。

非公開求人の中にはDODAだけが扱う独占求人も多いです。

求人の質も圧倒的に高く、業界最大手のリクルートエージェントとは違った独自の企業を紹介してくれるのが特徴。

⇒「大手転職エージェントだけあってサポートの質が凄く良かったです!親身に相談に乗ってくれました!(20代/女性)」

ビズリーチ

ビズリーチはテレビCMでも話題の転職支援サービスですね。

特徴としては

①圧倒的なスカウトの豊富さ

ビズリーチに経歴書を登録するだけで、企業人事担当者や転職エージェントの担当者から毎日のようにスカウトが届きます。

登録した人のキャリア次第では、大手転職エージェントと比較して3-10倍ほどスカウトの数が増えた!という人もいます。

  • 「仕事が忙しくて求人チェックする時間がない」
  • 「とにかくたくさんの企業からのスカウトをチェックしたい」

という人は、登録するだけでスカウトがたくさんくるビズリーチが向いているでしょう。

②年収アップ出来る求人が多数

ビズリーチは他の転職エージェントと比較しても、年収アップできる求人が豊富です。

理由としてはビズリーチは元々年収600万以上のハイスペックのビジネスパーソンに特化していた転職支援サービスだったからです。

ですので現状年収が低い転職希望者であっても、ビズリーチでしかチェック出来ない好条件の求人が紹介されるでしょう。

  • 「今の年収に不満がある!」
  • 「もっともっと稼ぎたい!」

という人は登録しておくと良いでしょう。

※公式ホームページには「年収600万以上に支持される」とありますが、年収600万未満でも登録・利用は問題なく出来ます

③上場企業・大手企業の求人が多い

上に書いた「年収アップ出来る求人が多い」ということとも繋がりますが、ビズリーチは大手・上場企業の求人が多いです。

年収が多い求人が多いので、当然上場企業や大手企業の求人が多いのは必然なのですが。

ですので「新卒で入社できなかった大手に入社したい!」と感じる人は登録しておいた方が良いです。

とはいえ大手企業は周りも入社したいと感じる人気求人。

募集してもすぐに打ち切りになりますし、募集も若干名です。

なので逆算して早めにビズリーチに登録して、大手企業の求人を漏れなくチェックしておくことが大事だといえます。

⇒「ビズリーチのハイスペック求人で年収1.5倍になりました!(30代/女性)」

リクルートエージェント

転職支援サービス最大手のリクルートグループの転職エージェントになります。

①業界最多の13万件の求人件数で他社を圧倒。

転職エージェント業界業界最大手リクルートエージェント。

公開求人・非公開求人が合わせると約13万件と業界最多の圧倒的な求人件数です。

「とにかくたくさんの求人の中から自分に合う求人を探したい!」

という人はリクルートエージェントの求人の多さを実感するべきでしょう。

②転職支援の成功実績32万件でNO.1

リクルートエージェントが転職支援業界で成功実績No.1となったのは以下の理由です。

求人数の多さ+担当キャリアアドバイザーの質の高さ=転職成功実績32万件

確かに、DODAのキャリアアドバイザーもレベルが高いのですが、DODAの特徴としては親切丁寧なサポートです。

一方リクルートエージェントの特徴としては、とにかくキャリアアドバイザーのアドバイスが的確ということ。

アドバイスの内容に無駄がなく、ズバリ自分が進むべきキャリアを示してくれるんです。

と使い分けが必要になってきます。

③女性向けの転職ノウハウが豊富

リクルートグループの中に人材派遣会社(リクルートスタッフィング)と連携した女性に特化した求人や濃いノウハウ情報が豊富にあります。

特に事務職・販売職などの業界職に精通したキャリアコンサルタントが多数在籍しているので相談しやすい環境は整っていますよ。

「女性ならでは目線で悩みを相談したり、共感してくれる担当者が良い!」

と感じる女性の転職希望者が登録すると満足なサポートを受けることが出来ます。

④夜間・土日祝日でもサポート受付!

リクルートエージェントは、平日・土日祝日いつでも20時以降にも相談が出来るんです。

「仕事が忙しいからなかなか転職活動の時間が割けない・・」

という人でも、在職しながら転職活動が出来るサ手厚いサービスと言えますね。

⇒「業界最大手だけあって紹介される求人数は桁違い!転職サイトに掲載されてない非公開求人も紹介されたので大満足です!(20代/女性)」

合わせて読まれている人気記事

①仕事のストレスが限界のあなたへ。無理は禁物です。

ストレスで仕事を辞めたいなら今すぐ転職だ!今すぐ会社を辞めるべき4つの理由
「毎日朝起きたくない・・職場に行くのが辛い・・もう辞めたい・・」 「職場の人間関係がストレスで、原因不明に体調不良。今の仕事辞めても大...

②職場いじめの人間関係で悩むなら早く転職したほうがいいですよ?

職場いじめで退職するしかない?泣き寝入りは禁物!職場いじめの11個の対処法を紹介。絶対に負けるな!
「職場で社内の人に1日中無視されていて辛い・・退職するしかないのかな・・」 「自分だけ間違った仕事の指示を出されて、ミスをすると上司か...

③今の仕事が辛いなら楽な仕事を選ぶことが大事です

楽な仕事&バイト42選!正社員で楽で稼げる仕事がないと諦めてる?サビ残・ノルマなしで年間休日120日以上の仕事があるんです!!
「ブラック企業じゃなく、立ってるだけで給料貰えるような楽な仕事に就きたい!」 「複雑で面倒な人間関係がない、ストレスフリーな職場で働き...

④毎日残業で辞めたい&辛い理由9個

毎日残業で辞めたい&辛いと思う理由9個。サービス残業を強制する会社は辞めて今すぐ転職だ!残業少ない・休みの多い会社へ転職する方法も紹介
「はぁ毎日毎日残業か・・たまには定時で帰りたいな。。」 このように毎日残業を3時間以上もするのは普通でしょうか? 残業3時間となると...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする