転職活動いつから始めるのがベスト?転職するタイミング14個紹介!会社に絶対にバレない転職活動の裏技も公開!

「転職活動したいけどいつから始めりゃいいんだろう・・」

と思いながら本来転職の適性年齢である20/30代を通り越し40代になってからようやく重い腰を上げる人も多いです。

例えば「半年後を目処に転職したい!」と思い初めて転職活動をしようとする人はどの程度の期間をみておけばいいのか?

スケジュール立てて行動する必要があるんですが、一般的にはいつ頃から転職活動をするべきか?

などなど。転職活動を始めるタイミングを紹介していきますね!

「転職のプロに相談出来たので安心して転職活動を進めれました!(20代/女性)」
↓今人気の転職エージェントとは?↓

転職活動を始める時期。最低3ヶ月前から開始せよ!

「転職活動なんて1ヶ月前から始めりゃいいでしょ♪」

なんて悠長なことを言っているあなたはノンビリしすぎです!

転職活動は転職予定時期の3ヶ月前からは確実に開始すべき!

情報収集含めれば3ヶ月以上前から活動開始している人もいるんです。

転職活動の目安
①情報収集・企業応募⇒1ヶ月
②面接⇒1ヶ月
③内定・引継ぎ⇒1ヶ月
合計 3ヶ月

転職予定時期から逆算してスタート時期を決めてしまいましょう!

ただ、3ヶ月で内定を得ることが出来る人はかなりスムーズにいった人。

余裕を持ったスケジュールを建てることが大事ですよ!

転職活動を始めるべきベストなタイミングとは?14個紹介

1、ボーナス支給後。貰えるもの貰ったら辞めちゃえw

「イェーイ!ボーナス貰ったぜぇ!じゃあ退職しよーっと♪」

とボーナス貰った後に辞める人はすごく多いです。

ボーナスは労働者の権利なので支給後に辞めることは後ろめたいことでも何でもないです。

ちなみに、ボーナス査定前に、上司に退職の意志を伝えるのは避けるべき。

上司「あいつはどうせ辞めるからボーナス査定は最低評価にしよう」

と査定を減額されしまうことがあるんです。ちなみに私の話です(笑)

20万円ほど貰っていたボーナスが、退職前には3万になっていました(笑)

ちなみに会社の利益は、ボーナス後や会社決算前(7-9月・1-3月)に確定します。

ですので、その時期に企業の人事計画が明確になるので、一気に求人情報が出回ることが多いのです。

ボーナス支給前後に転職活動をするのが賢い転職活動のタイミングの1つといえますね!

早く会社辞めたい人へ。退職理由を5つ紹介。人間関係や鬱病などの精神疾患で悩むなら今すぐ退職して転職しよう!
「早く会社辞めたい・・」 と体力的精神的に限界を感じ、今すぐ辞めて転職したい!と思っている人も多いと思います。 「でも引...

2,仕事の引継ぎ日程から逆算する

円満退社のためには繁忙期を避けて退職しましょう!

というか繁忙期前や最中に退職の意志を伝えても思いっきり嫌な顔をされるか、退職後まで引き伸ばされます(笑)

上司「このクッソ忙し時期に辞めるなんて無理に決まってるじゃん!繁忙期終わってからね!」

とあっさり言われますw

あと、退職が了承されても当然後任の人に引き継ぎが発生しますよね?

なので、最低1-2ヶ月前に退職を申し出て引継ぎをすることが一般的といえますね。

残務整理や客先への挨拶とか諸々の作業が発生するでしょう。

引継ぎをの日程から逆算して転職のタイミングを決めるのが良いですね!

3,求人が多くなる時期に転職しよう!

転職したい人
転職なんてどの時期に転職しても一緒でしょ?

なんて思っているアナタに言いたい。

バカヤローーーー!

実は転職求人が多くなる時期って確実に存在するんです。

求人が増える時期

◆転職に最適な時期⇒ 1月~3月、7月~9月
◆転職避けるべき時期⇒ 4月、12月

この時期は求人が増える時期。

求人状況や転職市場の動向はよく見極めるようにしましょう。

中途採用は新卒採用のように定期的に募集されるわけじゃないですからねぇ。

人事異動やボーナス支給後のタイミングは退職者が増えますから必然的に求人も多くなってきます。

退職する人「ボーナス貰ったので辞めますー♪」

なんて人あなたの職場でも毎年1人や2人いるでしょ?(笑)

ちなみに4・12月に求人の数が減るのは会社としてのイベントが多く採用活動に時間が割けないから。

4・12月の企業でのイベント

  • 新卒採用セミナー
  • 決算・昇格など人事異動
  • 賞与査定
  • 株主総会

上記の中では、株主総会以外は人事の仕事。

なので、3月の年度末から4月以降は人事はかなり忙しくなるんです。

とはいえ、平成29年6月の有効求人倍率は1.51倍(厚生労働省発表)と過去12年で最大の求人倍率の高さです。

空前絶後の求職者有利の売り手市場の状況!(笑)

転職したい人
転職しようかな?

と思えば、求人数が多く選び放題のこの時期を逃すのは勿体無いですね!

そういった状況ですから「4月とか12月は転職は避けよう」と考える必要はなし!

今は、空前絶後の転職者有利の状況(2回目w)なので、思いたったらすぐにで活動を始めたほうが良いです!

⇒「求人倍率が高い今のタイミングで年収アップしたい!と思い転職。転職エージェントのおかげもあり、年収は約300万円ほどアップです♪(30代/男性)」

↓今人気の転職エージェントとは?↓

4、新卒入社3年以内の第二新卒枠を活かせ!

「新卒で入社して3年は勤めたけど転職しようかどうか迷う」

というあなたは絶対に転職すべき!

転職には有利となる時期が35歳まで3回訪れます。

1回目は大卒入社した企業で3年間勤めた25歳前後。これは第二新卒という枠ですね。

25歳は転職の際に未経験の業種職種でも採用される年齢なのです。

例えば営業職の経験の25歳の人が、未経験にシステムエンジニアとしても入社しやすいってこと。

30歳前後で未経験のキャリアを積むのは相当難しいです。

35歳前後になるとそれなりの管理職としての経験も求められますからね。

なので、25歳前後は1つの区切り。第二新卒枠としての強みを存分に活かし転職しましょう!

仕事辞めたい新卒社員へ。入社半年で退職して1ヶ月以内に転職する方法とは?精神的にストレスを感じた状態で仕事を続ける必要なんてないんです!
「大学卒業して新卒で入社した会社で1年未満で辞めてしまったぁぁ!!」 「人間関係に悩んで、新卒で辞めたたけど、就職が決まらず現...

5,心身ともに限界を迎えた時

「もうダメだ・・・今の仕事続けるの限界かも」

と我慢の限界を迎えた場合も即転職すべき!

  • 人間関係悪い職場
  • ストレスで会社にいくと頭痛
  • 上司のパワハラに我慢できない

身体的・精神的に限界を迎えると、上記のような症状が出てしまいます。

自分に合わない会社や仕事に付き合うのは時間のムダ。

考える必要もないので今すぐ退職しましょう。

鬱病や過労死になってからでは手遅れなんです。

激務辞めたい人へ。無理し続けるデメリット3つ。休み取れない&長時間労働のブラック企業は今すぐ退職しよう!
「毎日残業5時間・・」 「平日は16時間くらい働いてるよ・・」 「月の休みは3日だけ」 などと激務に耐えきれず...

6,有給休暇を全て消化するタイミング

有給休暇を全部使っちゃったタイミングで辞めるのも1つです。

転職したい人
でも有給全部取って退職するのも気が引けるな・・

と気にする必要なんて一切なし!

私の場合は労働者の権利として当然のように全ての有給を毎年キッチリ消化していましたよwww

ちなみに、有給は入社後半年勤務で10日間付与。

6年6ヶ月以上の勤務で20日間年間で付与されます。

参照:社会保険労務士・行政書士 岡本事務所

退職までの流れ
退職の意志

引継ぎ・残務整理

有給消化

退職

ただ、引継ぎを完了させ最終出社も終わり、後は有給休暇を取得するだけ!という人は注意が必要。

退職日はあくまでも有給を取り終えた日にちなので、退職日以降でないと転職先の会社に入社することは出来ないです。

転職先の人事「早く入社してほしいんだけど来月から出社出来るよね?」

自分「え・・あ・・はい。(まだ有給が20日も残ってるのにぃー!!)」

となりかねません。

なので、有給を全て消化する場合は有給を取り終えた翌日から転職先に入社できるようになる。

その点だけ気をつけて転職活動を頑張るようにしましょう!

7,退職金・失業保険を受給を終えたタイミング

退職金や失業保険の受給を終えて定期的な収入がなくなった後に転職する人も多いです。

退職金に関しては請求日に7日以内に支給されることが労働基準法で定められています。

ですが、日本のルールはおかしなもので、労働基準法より会社の就業規則が優先されるんです。

つまり会社が「退職金はこの日に支給!」と決めた日が優先されるということ。

「じゃあいつ退職金が入るんだよ!?」

と気になるところ。基本的にはあなたが勤務している会社に直接確認してもらうのが確実。

一応慣例では退職日の翌々月の末日に支給されることが多いです。

ですので、そのタイミングで転職活動始めるのもいいでしょう。

つぎは失業保険の支給日。失業保険を貰いながら転職活動をするのもいいです。

失業保険の支給開始日

  • 会社都合での退職⇒ハローワークで失業認定7日後振込
  • 自己都合での退職⇒待機期間7日+給付制限90日=97日後

退職理由によって支給日開始日は異ってきます。

ただ、自己都合で退職した場合はあくまでも就職活動をしていることが前提なので注意が必要です。

会社都合で退職した場合はすぐに支給されますから、無職期間の金銭的なダメージは最小限ですよね。

ほんと転職先も決まらない。無職なので毎日貯金が減っていく・・

この状況で精神的にかなり病んできますよ(笑)

仕事行きたくない時の対処法7つ。人間関係のストレスで吐き気を感じるならもう限界!今すぐ転職して楽しく働こう!
「仕事行きたないよ・・」 と感じるなら今すぐ会社を辞めて転職すべき! 身体に異常が出るほどならば早く辞めたほうがいいに決...

8、預貯金が生活費4ヶ月分以上ある

転職したい人
貯金全然ないけどとりあえず退職しちゃおう♪

なんて見切り発車での退職は絶対や・め・て・お・けww

マジでお金がなさすぎて地獄みますよ(笑)

転職活動に必要な期間は3ヶ月程度は見ておくと良いです。

なので、最低4ヶ月分の貯金があれば転職活動を乗り越えることは可能。

あまり短い期間を設定すると、焦ってブラック企業のような悪条件の転職先を選んじゃう人もいますからね(汗)

万が一3ヶ月で転職先が決まらなくても、4ヶ月目には失業保険の支給を受けれるからです。

もうこんな仕事やってられない!今すぐ辞めてやる!」

と思ってもグッと堪えましょう。

4ヶ月分以上の生活費があれば退職しても問題ないですが、それだけの貯金がない場合は仕事しながら転職活動するのが良いでしょう!

仕事しながら転職は無理じゃない!ハローワークを使わずに最短で就活を成功させる方法とは?受かる履歴書の書き方も紹介!
「給料や休みが少な過ぎる!」 「仕事にやり甲斐を全く感じない!」 と仕事の悩みが深くなると、「転職しようかな」と考えるま...

⇒「転職エージェントに相談したおかげで転職活動のスケジュールが立てやすかったので良かったです!(40代/男性)」

↓今人気の転職エージェントとは?↓

9、興味関心のある企業からスカウトがあった場合

今はどこの転職サイト・転職エージェントでも経歴を登録しておけば、企業から「是非面接に来て欲しい」というオファーを受け取れます。

スカウトを受けて、面接に行ってあっさり転職決まるケースも。

少ない負担で効率的に転職活動が出来るので、楽な方法ではあります。

「でも自分の経歴を見れる状態にしたら今の会社に転職活動してるのバレるんじゃ?」

と思うかもですが問題なし。

経歴の企業名は隠しも良いことになっているので、バレる心配はありません。

もちろん名前も掲載しませんからね。

転職したい人
条件の良い求人があったら転職してもいいかな!

という人は、転職エージェントに登録だけしておいてスカウトをじっくりと待つという方法もあります。

ちなみに私もこの方法で転職したのですが、転職エージェントに登録して1ヶ月で72件のスカウトがきました(笑)

ちなみに全然大した経歴じゃないです(笑)

なので自分の選択肢を広げるという意味でも登録だけはしておいたほうがいいよ!

と私の友人には勧めておきました(笑)

⇒「スカウト機能って便利ですよね!自分で求人を探さなくても、企業からどんどんオファーをくれるので楽に転職活動が出来ました!」

>>>転職活動している人が多く登録している転職エージェントTOP3をチェックしてみる

10、資格取得したタイミングで転職する

「よっしゃぁぁ!簿記1級取ったでぇぇ!」

と転職で評価されやすい資格取得のタイミングで転職すると良いです。

例えば、今まで経理補助の経験しかなかった人が決算業務をするために簿記1級を取得。

資格取得後に転職活動をし、資格が評価されて希望の転職先があっさりと決定\(^o^)/

なんて人もいます。

その他にはTOEIC900点以上取ってから外資系企業へ。

ITエンジニアを目指すために、プログラミング教室に通って勉強。

なんて人もいます。

「これは!」という資格を取れば一気に転職市場での価値があがるので、自信を持って転職活動を開始しましょう♪

ITエンジニアになるには?未経験でもエンジニアになれる3つの方法。独学でもPHPなどの基礎言語を学べば転職は可能です。
「未経験だけどプログラミングの仕事を出来るITエンジニアになりたい!でも未経験でもなれるのかな?」 「ITエンジニアになるため...

11、転職した会社の条件が悪すぎ!すぐ転職してもOK!

「転職して1ヶ月だけどもう転職したいぞ!転職先の経営状態が最悪だ!」

と転職先の経営状態が給料が低すぎる。人間関係の悪さなど不本意な転職となってしまった場合。

不安や不満を感じる場合は、給料アップなど出来る企業に転職すべき。

「でも転職して1ヶ月なのでもう転職とかマズいよね?」

なんて心配無用です。

今の会社はキープしつつ、別の転職先をすぐに探しましょう。

条件の悪い会社が1年後に良くなるなんて考えれません。

転職決まらないでも焦るな!内定でない人の特徴15選。辛い&不安なら転職エージェントのキャリアカウンセリングを今すぐ受けるべき
「転職が決まらない!」 というあなた。 仕事辞めて新しい仕事探すための活動中! 定職ついてないけど正社員で働き...

12、管理職に昇進し結果を残せたタイミング

「管理職として12ヶ月連続で目標数値クリアしたぞぉぉ!」

と課長やリーダーとして実績を残し職責を全うしたなら転職マーケットでも他社から評価を受けることは間違い無し。

プレーヤーとして自分1人だけの結果よりもチームの数字を管理職で作っていける人材のほうが良い条件で転職できるからです。

13、育休・産休を取得し終えたタイミング

「育休・産休も終わって貰うものは貰ったしもう辞めよう!」

こういったタイミングで転職活動を始める人も多いです。

育休産休に関しては、「同一事業主に1年以上雇用されて、なおかつ子供が1歳以上になっても会社が継続的に雇用する見込みがある場合」のみというルールがあります。

⇒詳細は厚生労働省のHPでチェック

なので、勤務先の在籍期間が1年未満では育休の取得は出来ません。

労使協定で「転職後1年以内は育休取得出来ない」と決まっているケースが多いからです。

なので、産休育休を終え職場復帰のタイミングで転職活動を開始するのがベストです。

14、住宅ローンを組んだ後のタイミング

「家買おうーっと!でも転職してからでいいかな!」

ってあなた!順序が逆!逆!

転職は住宅ローンを組んだ後にして下さい。

住宅ローンは安定した返済能力があるのかどうか?がポイント。

銀行「は?仕事辞めて無職なのにローン通せるわけないじゃん!却下!!」

と言われるのがオチ。

なので審査項目として勤続年数は厳しくチェックされるんです。

その結果、転職後2年ほどは住宅ローンが組みづらい状況が続きます。

住宅購入予定がある場合は、転職前にローンの手続きを済ませるようにしましょう。

退職理由TOP3

退職して転職活動を始めるキッカケは上記に紹介した14個です。

まとめると退職理由のTOP3はこんな感じ!

TOP3
①自己都合退職:自分の都合やキャリアアップ目的
②合意による退職:希望退職・肩たたき・早期退職に応じた退職
③会社からの解雇:会社都合による退職。クビ

注意点としては、会社からの解雇での退職の場合。

自分で退職時期を選べないという理由で退職一時金や違約金などが支払われることが多いです。

雇用保険の失業保険も即時支給されるので当面の生活の心配はありません。

忘れずに手続きなどを済ませるようにしましょう。

転職を確実に成功させるたった1つの方法

「でも転職経験あまりないし、面接対策どうしたらいいの?」

と転職に不安も感じる人もいるでしょう。

転職面接の問の退職理由の説明は合否が決まる上でホントに重要です。

特に短期での離職の場合、面接官を納得させるようなフォローは絶対に必要。

短期離職での転職は、再就職する上でやはりマイナスイメージですからね。

「うわぁまた面接で落ちたよぉ!!」

と失敗を繰り返さないためにはどうするか?

それは転職エージェントに登録してプロのアドバイスを受けることです。

転職エージェントは短期離職者を内定に導くノウハウを十分に持っています。

「んー自己PRや志望動機はどうしたらいいんだろう・・」

と1人で悶々と悩むよりは、応募書類や面接対策など全てサポートしてくれるエージェントに相談しアドバイスを貰うべき。

しっかりと転職を準備をすることでエージェントが内定まで導いてくれることは間違いでしょう。

特に第二新卒や初めて転職活動をする!という人は登録しない理由がないです。

キャリアが浅い人ほど面接・志望動機・自己PRなどの準備で合否が決まるからです。

転職エージェントに登録するべき人は?

転職エージェントを利用するべき人の特徴

  • 仕事に時間を取られ活動できない
  • 転職活動を中途半端にしたくない
  • 会社に迷惑かけず両立したい
  • 就活で仕事のプライオリティを落としたくない
  • 情報収集・書類作成を休日にしたくない
  • 面接のスケジューリングしたくない

こういった人は転職エージェントを活用すると悩みが解決されるでしょう。

特に「とにかく効率的に転職活動を進めたい」という人は絶対登録すべきです。

転職エージェントというのは、あなたの専任のコンサルタントが「あなたが活躍できる業界や職種のアドバイス」「応募書類の添削」「面接対策」などを完全無料で行ってくれるんです。

「じゃあオススメの転職エージェントは?」

と気になるところ。

オススメの転職エージェントは・・・

↓ ↓

転職活動をしている人が多く登録している転職エージェントTOP3

DODA/パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)

当サイト経由で1番多く登録されているの転職エージェントになります。

DODA(デューダ)は大手人材人材会社のパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)グループが運営しているサービス。

転職支援業界で国内2位の売上高を誇っていますね。

DODAのポイントは以下になります。

①親身なサポートで転職者満足度No.1

DODAは転職者利用者へのアンケート調査で満足度No.1の実績。

満足度が高い理由としては、「登録者に寄り添った親身なサポート」だからです。

  • 転職に関する不安悩みごとの相談
  • 自分のキャリアプランに迷った時には面談でのキャリアカウンセリング
  • 将来の最適なキャリアプランの提案

このようなサポートの結果、転職サポートで年間1万人を成功に導く実績豊富なエージェントになります。

「以前転職エージェントに登録したけど放置された!」

「手厚く、親身なサポートを受けたい!」

という転職希望者が登録・利用すると特に満足度が高いですね。

②履歴書・職務経歴書の添削が抜群

DODAは履歴書・職務経歴書の添削が丁寧で分かりやすいと評判です。

転職活動での第一関門である書類選考。

応募書類で最大限自分の経験や能力をPRしないといけないのに、完璧な書類を作り上げている人は非常に少ないです。

その点、DODAのキャリアアドバイザーは

  • 1から応募書類の作成を手伝ってくれる
  • 履歴書を下書きすれば清書を代行してくれる
  • 書類選考通過率が約3倍にアップする書き方のコツを教えてくれる

といったサポートをしてくれるんです。

「書類選考で落ち続けて面接までたどり着けない・・」

という人は質が高いと評判のDODAの応募書類の添削を一度受けてみるべきですね。

③登録者限定の非公開求人が80%もある

DODAに登録した会員限定でしか閲覧できない非公開求人が全体の約80%あります。

非公開求人の中にはDODAだけが扱う独占求人も多いです。

求人の質も圧倒的に高く、業界最大手のリクルートエージェントとは違った独自の企業を紹介してくれるのが特徴。

⇒「大手転職エージェントだけあってサポートの質が凄く良かったです!親身に相談に乗ってくれました!(20代/女性)」

ビズリーチ

ビズリーチはテレビCMでも話題の転職支援サービスですね。

特徴としては

①圧倒的なスカウトの豊富さ

ビズリーチに経歴書を登録するだけで、企業人事担当者や転職エージェントの担当者から毎日のようにスカウトが届きます。

登録した人のキャリア次第では、大手転職エージェントと比較して3-10倍ほどスカウトの数が増えた!という人もいます。

  • 「仕事が忙しくて求人チェックする時間がない」
  • 「とにかくたくさんの企業からのスカウトをチェックしたい」

という人は、登録するだけでスカウトがたくさんくるビズリーチが向いているでしょう。

②年収アップ出来る求人が多数

ビズリーチは他の転職エージェントと比較しても、年収アップできる求人が豊富です。

理由としてはビズリーチは元々年収600万以上のハイスペックのビジネスパーソンに特化していた転職支援サービスだったからです。

ですので現状年収が低い転職希望者であっても、ビズリーチでしかチェック出来ない好条件の求人が紹介されるでしょう。

  • 「今の年収に不満がある!」
  • 「もっともっと稼ぎたい!」

という人は登録しておくと良いでしょう。

※公式ホームページには「年収600万以上に支持される」とありますが、年収600万未満でも登録・利用は問題なく出来ます

③上場企業・大手企業の求人が多い

上に書いた「年収アップ出来る求人が多い」ということとも繋がりますが、ビズリーチは大手・上場企業の求人が多いです。

年収が多い求人が多いので、当然上場企業や大手企業の求人が多いのは必然なのですが。

ですので「新卒で入社できなかった大手に入社したい!」と感じる人は登録しておいた方が良いです。

とはいえ大手企業は周りも入社したいと感じる人気求人。

募集してもすぐに打ち切りになりますし、募集も若干名です。

なので逆算して早めにビズリーチに登録して、大手企業の求人を漏れなくチェックしておくことが大事だといえます。

⇒「ビズリーチのハイスペック求人で年収1.5倍になりました!(30代/女性)」

リクルートエージェント

転職支援サービス最大手のリクルートグループの転職エージェントになります。

①業界最多の13万件の求人件数で他社を圧倒。

転職エージェント業界業界最大手リクルートエージェント。

公開求人・非公開求人が合わせると約13万件と業界最多の圧倒的な求人件数です。

「とにかくたくさんの求人の中から自分に合う求人を探したい!」

という人はリクルートエージェントの求人の多さを実感するべきでしょう。

②転職支援の成功実績32万件でNO.1

リクルートエージェントが転職支援業界で成功実績No.1となったのは以下の理由です。

求人数の多さ+担当キャリアアドバイザーの質の高さ=転職成功実績32万件

確かに、DODAのキャリアアドバイザーもレベルが高いのですが、DODAの特徴としては親切丁寧なサポートです。

一方リクルートエージェントの特徴としては、とにかくキャリアアドバイザーのアドバイスが的確ということ。

アドバイスの内容に無駄がなく、ズバリ自分が進むべきキャリアを示してくれるんです。

と使い分けが必要になってきます。

③女性向けの転職ノウハウが豊富

リクルートグループの中に人材派遣会社(リクルートスタッフィング)と連携した女性に特化した求人や濃いノウハウ情報が豊富にあります。

特に事務職・販売職などの業界職に精通したキャリアコンサルタントが多数在籍しているので相談しやすい環境は整っていますよ。

「女性ならでは目線で悩みを相談したり、共感してくれる担当者が良い!」

と感じる女性の転職希望者が登録すると満足なサポートを受けることが出来ます。

④夜間・土日祝日でもサポート受付!

リクルートエージェントは、平日・土日祝日いつでも20時以降にも相談が出来るんです。

「仕事が忙しいからなかなか転職活動の時間が割けない・・」

という人でも、在職しながら転職活動が出来るサ手厚いサービスと言えますね。

⇒「業界最大手だけあって紹介される求人数は桁違い!転職サイトに掲載されてない非公開求人も紹介されたので大満足です!(20代/女性)」

4位:就職shop

番外編ですが、就職shopも紹介しておきます。就職shopは30歳以下の若手ビジネスパーソン向けの転職エージェントです。

特徴としては、3つあります。

①書類選考不要で必ず面接まで進める

就職shopの最大のメリットはなんといっても書類選考不要で希望した企業の面接を受けれるということ。

  • 「どれだけ応募しても書類選考落ちで面接まで進まない・・」
  • 「面接まで進めば自分の良さをアピール出来るのに・・」

という人は是非使っておきたいサービスです。

書類選考不要の転職エージェントは他社でもないサービスなので、個人的にはかなり画期的だと思いますね。

②全ての企業を取材済み!求人情報が正確

就職shopの求人は、全てスタッフが足を運んで企業を100%取材しています。

取材していることによるメリットとしては「求人情報が正確」「ブラック企業が皆無」といったことがあります。

ですので就職shop経由で入社した場合は「聞いていた条件や仕事内容じゃなかった・・」ということはほぼ皆無と言って良いでしょう。

ただ、全ての企業に足を運んでから求人掲載するので必然的に他の転職エージェントよりは求人数は少なくなります。

なので今回は4位にランキングしておきました。

③18-30歳以下の男女のみが登録の対象

他の転職エージェントであれば何歳であってもう登録可能です。

ですが、就職shopは18-30歳男女の若者向けの転職エージェントとなります。

なので、31歳以上の場合は登録が出来ないのでその点だけ注意が必要です。

⇒「毎回書類選考落ち・・でも就職shopなら書類選考なしで面接まで進めるんです!自分の良さをアピール出来たので直ぐに内定出ました♪(20代/男性)」

就職shopの評判や口コミ33選!既卒・フリーター・ニートでも諦めるな!内定率の高い求人紹介を受けて就活しよう
就職shopは 社会人未経験 ニート フリーター 対象にした就職サイト。 「実際に就職shop...

退職後?在職中?転職活動するならどっちがいいの?

「よし!転職活動するのはもう決めたぞ!でも仕事しながらか、退職してからの方がいいのかどっちがいいんだ?」

と悩む人もいるはず。

それぞれのメリット・デメリットを紹介しておきます!

在職中の転職活動

■メリット

  • 在職中なので給与収入あり
  • 生活面の不安なし

■デメリット

  • 時間不足しがち
  • 情報収集・企業研究時間不足
  • 内定後も早期入社不可
  • 就活と仕事で多忙。疲労蓄積
  • 残業で面接スケジュール組めない
  • 転職に必要なスキル磨く時間ない
  • 転活を会社に隠し続ける必要性
  • 条件良い求人もすぐ面接できる時間ない
  • 就活と仕事の切り替え大変
  • モチベーションの維持大変

退職後の転職活動

■メリット

  • 時間十分取れる
  • 面接スケジュール合わせやすい
  • 人脈利用出来る
  • 情報収集・企業研究出来る
  • 内定出れば即日入社可能
  • 時間的余裕が心身の余裕
  • スキル資格習得が可能
  • 良い求人の面接に即参加可能
  • 退職金・失業保険支給がある

■デメリット

  • 生活習慣不規則になりがち
  • 収入がなく転職活動が不安
  • 無職期間長期化は就活不利に
  • 仕事スキルが鈍る
  • 住民税の納付を自分で行う必要

まとめると、在職中の転職活動は収入面の心配がないので精神的に楽。

仕事を先に辞めてしまうと無収入やモチベーションの継続。生活習慣の自己管理など大変などのデメリットもあります。

あと先に退職しちゃうと、下記の手続きを自分でしないといけないのも面倒なんですよねー。

  • 健康保険
  • 社会保険
  • 年金
  • 税金還付

12月まで在籍していると会社が年末調整やってくれるんです。

でも12月以前に退職すると会社からもらう源泉徴収票をもとに自分で確定申告やらないとダメです。

リクナビネクストの転職希望者100人に対してのアンケートでは、「辞めてから」「働きながら」は半々となってますね。

個人的には仕事しながらの方がいいと思いますけど、どっちがいいのかはアナタ次第です。

仕事しながら転職は無理じゃない!ハローワークを使わずに最短で就活を成功させる方法とは?受かる履歴書の書き方も紹介!
「給料や休みが少な過ぎる!」 「仕事にやり甲斐を全く感じない!」 と仕事の悩みが深くなると、「転職しようかな」と考えるま...

⇒「仕事しながらの転職活動で大変でしたけど、担当アドバイザーさんのサポートで効率的に転職活動が出来たんです!(20代/女性)」

↓今人気の転職エージェントとは?↓

転職活動で応募から内定を得るまでの6ステップ

「転職活動といっても何か始めたらいいんだ!?」

というあなた、1から順に説明していくのでこの通りに進めてくださいね!内定ゲットまでサポートしますよ。

ステップ①自己分析

まずは、自己分析。

「自己分析しなくても自分のことはわかってるよ!」

と思っている人多いですが、自分のやりたいことや、なりたい自分で案外分かってない人が多いんです。

会社の都合や家庭環境などの外的要因で転職活動を始める人が多いです。

でも自己分析をして「自分はどんなことが得意なのか?」「どんな仕事をしたいのか?」

ということを明確にして活動開始しましょう。

自己分析の結果が明確になれば希望の業種者職種を決めるのもスムーズになるはず。

2,応募企業の選定作業

転職したい人
応募するなら知名度のある大手企業でしょ!

とイメージ優先で企業は選ばないこと。

  • 勤務経験が活きるか
  • 具体的仕事内容 
  • 残業実態
  • 評価制度
  • 企業健全性

こういった点をチェックして応募企業を選定していきます。

中途採用ではお互いのニーズが合致する人材をピンポイントで採用したがる企業が多いですからね。

企業情報の裏側などは求人サイトは当然公開されません。

企業は自分たちの良い点しかアピールしませんからね。

その点転職支援会社のサービスを使えば非公開求人をチェックしながら独自情報を探すことが出来るんです。

効率的な転職活動をしたければ転職エージェントの利用は欠かせません。

⇒「自分がやりたいこと。将来の目標など一切なかったんです。そんな自分でも親身に話を聞いてくれて転職まで成功させてくれましたよ!(男性/20代)」

↓今人気の転職エージェントとは?↓

3,希望企業に応募する

企業の選定が終わった後は企業に応募していきましょう。

ただし、応募書類の内容は選考の上で大きなポイントとなるので内容の確認は何度もするべき。

職務経歴書に職務内容をわかりやすくまとめたり、自分の強みをアピールして他の応募者と差別化を図れているかをチェックしてください。

ちなみに転職対策本に掲載されているような形式化された方法は参考になりません。

選考のポイントは企業ごとに異なります。

転職エージェントを使えば選考前に情報を流してくれるので、当然有利になるのは目に見えてるんです。

4,面接の選考に進む

「面接は自分らしくいつも通りで大丈夫でしょ!」

と面接対策をせずに選考に臨むのはNG!

面接のポイント
①過去の経験・職務内容を伝える
②入社後に活躍出来ることアピール
③初めて会う人に仕事内容理解させる
④説明力・コミュニケーション力必要

面接の競争相手となるのは、キャリア・スキルの異なる社会人です。

転職先の既存社員と比較して「能力が高そう」と感じさせるためにも自分の強みは的確に伝える必要があるんです。

5,内定を受取り退職

転職活動を開始して内定が出るまでの平均期間約2-3ヶ月。

内定が出てからは急ぐ必要があります。

企業「内定を出します。来月に入社できますか?」

と入社を急かします。

当然中途採用をしたい企業というのは今すぐ入社してくれる人材を探しているんです。

就活の時のように1年も待ってはくれません。

まず企業から内定の連絡をもらったあとは、入社意志の返事を1週間以内にする必要があります。

その後に入社日に関しては、緊急度の高い求人で即日での入社を求められますし、そうでもなければ数ヶ月待ってくれます。

採用してくれる企業によって事情は異なるので、事前に確認しておきましょう。

また内定が出る前から「この企業から内定貰ったら入社どうしよう」と自分の方向性を固めておく必要があります。

入社の意志を固めた後、在職中の場合は所属の企業に退職意志を表示して引継ぎを進めていきましょう。

6,転職先企業への入社

晴れて転職先企業への入社が決定です。

「まぁボチボチ慣れていけばいいかな」

なんてノンビリしていてはいけません!

企業はあなたに対して即戦力として活躍してくれることを期待しています。

当然研修なんて用意されていません。

企業としては、育成時間の費用を抑えたいから新卒ではなく中途採用で採用するんです。

転職したら自発的に仕事の要点を理解して、どんどん結果を出していくことが求められます。

入社後すぐに結果を出すには、仕事内容などの詳細を把握しておき、入社前から結果を出すイメージを掴んでおくことが必要です。

⇒「転職エージェントって入社後のサポートまでしてくれるんですね!今でも色々と相談に乗ってもらっています(30代/女性)」

↓今人気の転職エージェントとは?↓

転職活動を会社にバレずに進めるコツ4つ

「会社に勤めながら転職活動したいんだけど、バレないかどうか心配!」

というあなた。

大丈夫。過去転職活動してきた先輩たちもあなと同じように悩んで、色々なテクニックを駆使しながら転職活動を進めたんです。

その方法を紹介していきますね!

1,転職先の会社探しでバレないコツ

  • 外回り中にハローワークで求人閲覧
  • 昼休み自分のスマホで求人閲覧
  • 会社用は上司・会社バレリスクあり
  • 外周り中にネットカフェ

2,転職のメールやりとり

  • 電話やりとりではなく全てメールに
  • メールアドレスは私用のものを。
  • 会社用はNG
  • 携帯電話は常にマナーモード

3、面接

  • 直帰アポを入れて面接
  • 出張予定を1日長くとり面接参加
  • 遅刻早退で面接参加
  • 面接日程を週末に調整してもらう
  • 子供や家族の急病と嘘をついた
  • スーツをコインロッカーに預けていた

4,その他

  • 上司同僚には絶対話さない会社にバレる

転職を確実に成功させるたった1つの方法

「でも転職経験あまりないし、面接対策どうしたらいいの?」

と転職に不安も感じる人もいるでしょう。

転職面接の問の退職理由の説明は合否が決まる上でホントに重要です。

特に短期での離職の場合、面接官を納得させるようなフォローは絶対に必要。

短期離職での転職は、再就職する上でやはりマイナスイメージですからね。

「うわぁまた面接で落ちたよぉ!!」

と失敗を繰り返さないためにはどうするか?

それは転職エージェントに登録してプロのアドバイスを受けることです。

転職エージェントは短期離職者を内定に導くノウハウを十分に持っています。

「んー自己PRや志望動機はどうしたらいいんだろう・・」

と1人で悶々と悩むよりは、応募書類や面接対策など全てサポートしてくれるエージェントに相談しアドバイスを貰うべき。

しっかりと転職を準備をすることでエージェントが内定まで導いてくれることは間違いでしょう。

特に第二新卒や初めて転職活動をする!という人は登録しない理由がないです。

キャリアが浅い人ほど面接・志望動機・自己PRなどの準備で合否が決まるからです。

転職エージェントに登録するべき人は?

転職エージェントを利用するべき人の特徴

  • 仕事に時間を取られ活動できない
  • 転職活動を中途半端にしたくない
  • 会社に迷惑かけず両立したい
  • 就活で仕事のプライオリティを落としたくない
  • 情報収集・書類作成を休日にしたくない
  • 面接のスケジューリングしたくない

こういった人は転職エージェントを活用すると悩みが解決されるでしょう。

特に「とにかく効率的に転職活動を進めたい」という人は絶対登録すべきです。

転職エージェントというのは、あなたの専任のコンサルタントが「あなたが活躍できる業界や職種のアドバイス」「応募書類の添削」「面接対策」などを完全無料で行ってくれるんです。

「じゃあオススメの転職エージェントは?」

と気になるところ。

オススメの転職エージェントは・・・

↓ ↓

転職活動をしている人が多く登録している転職エージェントTOP3

DODA/パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)

当サイト経由で1番多く登録されているの転職エージェントになります。

DODA(デューダ)は大手人材人材会社のパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)グループが運営しているサービス。

転職支援業界で国内2位の売上高を誇っていますね。

DODAのポイントは以下になります。

①親身なサポートで転職者満足度No.1

DODAは転職者利用者へのアンケート調査で満足度No.1の実績。

満足度が高い理由としては、「登録者に寄り添った親身なサポート」だからです。

  • 転職に関する不安悩みごとの相談
  • 自分のキャリアプランに迷った時には面談でのキャリアカウンセリング
  • 将来の最適なキャリアプランの提案

このようなサポートの結果、転職サポートで年間1万人を成功に導く実績豊富なエージェントになります。

「以前転職エージェントに登録したけど放置された!」

「手厚く、親身なサポートを受けたい!」

という転職希望者が登録・利用すると特に満足度が高いですね。

②履歴書・職務経歴書の添削が抜群

DODAは履歴書・職務経歴書の添削が丁寧で分かりやすいと評判です。

転職活動での第一関門である書類選考。

応募書類で最大限自分の経験や能力をPRしないといけないのに、完璧な書類を作り上げている人は非常に少ないです。

その点、DODAのキャリアアドバイザーは

  • 1から応募書類の作成を手伝ってくれる
  • 履歴書を下書きすれば清書を代行してくれる
  • 書類選考通過率が約3倍にアップする書き方のコツを教えてくれる

といったサポートをしてくれるんです。

「書類選考で落ち続けて面接までたどり着けない・・」

という人は質が高いと評判のDODAの応募書類の添削を一度受けてみるべきですね。

③登録者限定の非公開求人が80%もある

DODAに登録した会員限定でしか閲覧できない非公開求人が全体の約80%あります。

非公開求人の中にはDODAだけが扱う独占求人も多いです。

求人の質も圧倒的に高く、業界最大手のリクルートエージェントとは違った独自の企業を紹介してくれるのが特徴。

⇒「大手転職エージェントだけあってサポートの質が凄く良かったです!親身に相談に乗ってくれました!(20代/女性)」

ビズリーチ

ビズリーチはテレビCMでも話題の転職支援サービスですね。

特徴としては

①圧倒的なスカウトの豊富さ

ビズリーチに経歴書を登録するだけで、企業人事担当者や転職エージェントの担当者から毎日のようにスカウトが届きます。

登録した人のキャリア次第では、大手転職エージェントと比較して3-10倍ほどスカウトの数が増えた!という人もいます。

  • 「仕事が忙しくて求人チェックする時間がない」
  • 「とにかくたくさんの企業からのスカウトをチェックしたい」

という人は、登録するだけでスカウトがたくさんくるビズリーチが向いているでしょう。

②年収アップ出来る求人が多数

ビズリーチは他の転職エージェントと比較しても、年収アップできる求人が豊富です。

理由としてはビズリーチは元々年収600万以上のハイスペックのビジネスパーソンに特化していた転職支援サービスだったからです。

ですので現状年収が低い転職希望者であっても、ビズリーチでしかチェック出来ない好条件の求人が紹介されるでしょう。

  • 「今の年収に不満がある!」
  • 「もっともっと稼ぎたい!」

という人は登録しておくと良いでしょう。

※公式ホームページには「年収600万以上に支持される」とありますが、年収600万未満でも登録・利用は問題なく出来ます

③上場企業・大手企業の求人が多い

上に書いた「年収アップ出来る求人が多い」ということとも繋がりますが、ビズリーチは大手・上場企業の求人が多いです。

年収が多い求人が多いので、当然上場企業や大手企業の求人が多いのは必然なのですが。

ですので「新卒で入社できなかった大手に入社したい!」と感じる人は登録しておいた方が良いです。

とはいえ大手企業は周りも入社したいと感じる人気求人。

募集してもすぐに打ち切りになりますし、募集も若干名です。

なので逆算して早めにビズリーチに登録して、大手企業の求人を漏れなくチェックしておくことが大事だといえます。

⇒「ビズリーチのハイスペック求人で年収1.5倍になりました!(30代/女性)」

リクルートエージェント

転職支援サービス最大手のリクルートグループの転職エージェントになります。

①業界最多の13万件の求人件数で他社を圧倒。

転職エージェント業界業界最大手リクルートエージェント。

公開求人・非公開求人が合わせると約13万件と業界最多の圧倒的な求人件数です。

「とにかくたくさんの求人の中から自分に合う求人を探したい!」

という人はリクルートエージェントの求人の多さを実感するべきでしょう。

②転職支援の成功実績32万件でNO.1

リクルートエージェントが転職支援業界で成功実績No.1となったのは以下の理由です。

求人数の多さ+担当キャリアアドバイザーの質の高さ=転職成功実績32万件

確かに、DODAのキャリアアドバイザーもレベルが高いのですが、DODAの特徴としては親切丁寧なサポートです。

一方リクルートエージェントの特徴としては、とにかくキャリアアドバイザーのアドバイスが的確ということ。

アドバイスの内容に無駄がなく、ズバリ自分が進むべきキャリアを示してくれるんです。

と使い分けが必要になってきます。

③女性向けの転職ノウハウが豊富

リクルートグループの中に人材派遣会社(リクルートスタッフィング)と連携した女性に特化した求人や濃いノウハウ情報が豊富にあります。

特に事務職・販売職などの業界職に精通したキャリアコンサルタントが多数在籍しているので相談しやすい環境は整っていますよ。

「女性ならでは目線で悩みを相談したり、共感してくれる担当者が良い!」

と感じる女性の転職希望者が登録すると満足なサポートを受けることが出来ます。

④夜間・土日祝日でもサポート受付!

リクルートエージェントは、平日・土日祝日いつでも20時以降にも相談が出来るんです。

「仕事が忙しいからなかなか転職活動の時間が割けない・・」

という人でも、在職しながら転職活動が出来るサ手厚いサービスと言えますね。

⇒「業界最大手だけあって紹介される求人数は桁違い!転職サイトに掲載されてない非公開求人も紹介されたので大満足です!(20代/女性)」

4位:就職shop

番外編ですが、就職shopも紹介しておきます。就職shopは30歳以下の若手ビジネスパーソン向けの転職エージェントです。

特徴としては、3つあります。

①書類選考不要で必ず面接まで進める

就職shopの最大のメリットはなんといっても書類選考不要で希望した企業の面接を受けれるということ。

  • 「どれだけ応募しても書類選考落ちで面接まで進まない・・」
  • 「面接まで進めば自分の良さをアピール出来るのに・・」

という人は是非使っておきたいサービスです。

書類選考不要の転職エージェントは他社でもないサービスなので、個人的にはかなり画期的だと思いますね。

②全ての企業を取材済み!求人情報が正確

就職shopの求人は、全てスタッフが足を運んで企業を100%取材しています。

取材していることによるメリットとしては「求人情報が正確」「ブラック企業が皆無」といったことがあります。

ですので就職shop経由で入社した場合は「聞いていた条件や仕事内容じゃなかった・・」ということはほぼ皆無と言って良いでしょう。

ただ、全ての企業に足を運んでから求人掲載するので必然的に他の転職エージェントよりは求人数は少なくなります。

なので今回は4位にランキングしておきました。

③18-30歳以下の男女のみが登録の対象

他の転職エージェントであれば何歳であってもう登録可能です。

ですが、就職shopは18-30歳男女の若者向けの転職エージェントとなります。

なので、31歳以上の場合は登録が出来ないのでその点だけ注意が必要です。

⇒「毎回書類選考落ち・・でも就職shopなら書類選考なしで面接まで進めるんです!自分の良さをアピール出来たので直ぐに内定出ました♪(20代/男性)」

就職shopの評判や口コミ33選!既卒・フリーター・ニートでも諦めるな!内定率の高い求人紹介を受けて就活しよう
就職shopは 社会人未経験 ニート フリーター 対象にした就職サイト。 「実際に就職shop...

合わせて読まれている人気記事

①仕事のストレスが限界のあなたへ。無理は禁物です。

ストレスで仕事を辞めたいなら今すぐ転職だ!今すぐ会社を辞めるべき4つの理由
「毎日朝起きたくない・・職場に行くのが辛い・・もう辞めたい・・」 「職場の人間関係がストレスで、原因不明に体調不良。今の仕事辞...

②職場いじめの人間関係で悩むなら早く転職したほうがいいですよ?

職場いじめで退職するしかない?泣き寝入りは禁物!職場いじめの11個の対処法を紹介。絶対に負けるな!
「職場で社内の人に1日中無視されていて辛い・・退職するしかないのかな・・」 「自分だけ間違った仕事の指示を出されて、ミスをする...

③今の仕事が辛いなら楽な仕事を選ぶことが大事です

楽な仕事&バイト42選!正社員で楽で稼げる仕事がないと諦めてる?サビ残・ノルマなしで年間休日120日以上の仕事があるんです!!
「ブラック企業じゃなく、立ってるだけで給料貰えるような楽な仕事に就きたい!」 「複雑で面倒な人間関係がない、ストレスフリーな職...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする