転職活動の時間ない人へ6個の解決策を紹介。「在職中だから時間が取れない」とはもう言わせねぇ!

「転職したい気持ちはあるけど時間がない・・」

と現在の職場環境や残業の多さが原因で満足に転職活動時間を確保が難しいって人は凄く多いです。

オフィス勤務の仕事で土日休みの企業の場合は面接は99%平日に行われます。

休みが取れないビジネスマンは時間の確保が相当大変だと思います。

ですが、毎晩終電まで仕事をしながら転職活動を平行させて、2ヶ月には年収100万円アップの転職先を勝ち取る人がいるのも事実。

「転職時間がない」

と諦める人と成功させる人の違いは何なのか?

詳しく紹介していきますよ!

⇒【完全無料】「転職支援ならDODA(デューダ)」会員登録をする

転職活動に必要な時間や期間は?最適なスタート時期も紹介!

1,応募・面接だけなら2ヶ月で内定も可能!だけど・・

「転職活動なんて面接受けるだけでしょ?簡単じゃん!」

と感じるかもですが、実は転職活動の準備期間をどれだけシッカリ設けるかで結果が左右されるんですよ!

転職活動の体験談なんかもチェックしてみると約半数の人は1-3ヶ月間の転職期間、応募数は5-8社くらいの人が多いです。

参照:マイナビデータ

「3ヶ月もかかるのか・・意外と時間かかるな・・」

と思うかもですが、早い人は活動開始数週間で次の職場を決定させちゃう人だっています。

その辺りは自分がどこまでこだわるかですね!

1-2ヶ月で転職を成功させるには、転職活動開始前にに応募先企業や希望の職種が決まっている時の話です。

  • 応募
  • 面接
  • 内定
  • 条件交渉

こういったことは、求職活動の終盤の話になります。

転職全体の流れの中で準備期間をしっかり設けているかがポイント!

準備ができていれば、一気に転職活動を進めることが出来ます。

その結果、全体の転職活動期間も短縮することだって出来るわけです!

時間ない人
あぁ転職活動面倒だなぁ・・

という人こそ準備を最初に頑張りましょう!って話ですね。

「応募書類も完璧。志望先の業界も絞った。じゃああとはガンガン応募して面接だ!」

となれば短期決戦で一気に転職を決めることも可能です。

ですが、自分のやりたいことなどの自己分析が出来てないと、まず応募先探しで難航。

私の友人でも下記のような人が本当に!!多いです(笑)

転職活動でよくある失敗

「転職活動しようにもどの業界に応募すりゃいいか分かんねぇよ・・」

「仕事も忙しくて時間もないからまた今度いいや・・」

「やばっ!歳だけ食って良い条件の転職先ないじゃん!!助けてぇ・・」

時間だけは取り戻せないので早めに活動をしといたほうがいいっすよwマジで・・

転職活動は事前の準備が命!!

自分「転職先決まったし明日辞めます!」

上司「は?無理だし。今忙しいから3ヶ月後ね。」

転職先「は?3ヶ月後?遅すぎ。じゃあ内定はやっぱりナシで」

自分「そんなぁ・・(泣)」

せっかく内定が出たので事前のスケジューリングを立てていないことにより内定取り消しもよく聞く話。

時間をかけて転職先が決まっても円満退職するのに3ヶ月以上必要な場合だってありますからね。

ダラダラと転職活動してしまい、次の職場に転職するまでに1年以上の時間を費やす人もいるんです。

マジで時間のムダでしょ1年以上って(笑)

個人差の大きい転職活動ですが、「予想以上に時間がかかるな・・」と感じる人も多いわけです。

まぁ準備不足が全ての原因なわけですが・・

転職活動は「辞めてから活動」か「在職中から活動」かによってスタート時期も大きく変わってきます。

特に在職中の場合は活動時間の確保があなたの想像以上に大変ですよ。

  • 「あ、履歴書用意しないと!」
  • 「あれ・・面接の日程っていつだけっけ?明日じゃん!ヤバイ何も調べてない!」
  • 「面接の場所はどこだ?やばい・・この場所だと明日仕事休まないと・・」

助けてぇ!ドラえも~ん!なんてことにもなりかねません(笑)

転職に必要な期間を正しく理解し具体的にスケジューリングしていくことが大事。

再就職期間は、あなたの希望する業界や現職での状況で大きく異るんです。

激務辞めたい人へ。無理し続けるデメリット3つ。休み取れない&長時間労働のブラック企業は今すぐ退職しよう!
「毎日残業5時間・・」 「平日は16時間くらい働いてるよ・・」 「月の休みは3日だけ」 などと激務に耐えきれず...

2,志望先企業の選定から考えると半年は必要

時間ない人
転職活動を開始するとどのくらい期間が必要なんだよ?

というのは気になるところ、

自己分析・志望業界の選定など、1から転職活動を始める場合は約半年の期間は見ておいたほうがいいですよ!

「いやいや半年もいらないっしょ!1ヶ月で余裕余裕\(^o^)/」

なんて思うかもですが、よく調べもせずに適当に決めちゃう人がブラック企業に入社しちゃって泣きを見るんですよねぇ(笑)

激務辞めたい人へ。無理し続けるデメリット3つ。休み取れない&長時間労働のブラック企業は今すぐ退職しよう!
「毎日残業5時間・・」 「平日は16時間くらい働いてるよ・・」 「月の休みは3日だけ」 などと激務に耐えきれず...

転職活動でやらないといけないこと

  1. 企業研究
  2. 応募書類作成
  3. 複数企業面接
  4. 内定獲得
  5. 給与等の条件交渉
  6. 退職手続き

こういったことを考えると早い人で3ヶ月、遅いと6ヶ月はかかります。

参照:リクルートエージェントの転職期間に関するデータ

活動開始して再就職決定までの転職期間を事前に把握しておかないと大変なことになりそうな気がしてきたでしょう?(笑)

ワンマン社長で仕事辞めたい人へ。今すぐ退職して転職しよう!気分屋&怒鳴り散らす社長の元ではキャリアアップも望めないよ?
「ワンマン社長についていけない。」 「理不尽な要求に自分含めて周囲も疲れている・・」 「毎日つらい辞めたい・・」 とワンマ...

3,転職するのにベストなタイミングや時期とは?

時間ない人
いつ転職するのがいいの?効率的に活動したい!

転職を検討しているあなた!転職時期やタイミングはしっかりと調べた方がいいですよ。

実は企業の求人が増加する時期やタイミングがあるんです。

企業「当社は通年採用。良い人材がいれば常に採用するぜ!」

って企業も増加はしてます。

ですが、そういった企業はごく一部。

一般的には1月~3月と7月~9月の期間は企業の求人数がグッと増えるんです。

求人が増える理由
①ボーナス後に退職する社員欠員補充
②組織拡充や新規事業のための人員募集

こういった理由で転職市場が活発化するシーズンなので狙い目です。

求人案件の数が増加するので大企業や優良企業は求人が多く掲載されますから確実に応募していきたいところ。

まさにっそのタイミングチャンスなわけですよ!

逆に求人が少なくなる時期は下記になります。

  • 新年度スタートの4月
  • 12月の年末
  • GW・お盆など長期休暇の前後

新年度の開始直後や年始は企業全体でバタバタと慌ただしくなるので企業は採用を消極的になります。

企業も忙しい時期にわざわざ面接とかしたくないでしょ?w

求人がガクっと少なくこの時期は具体的な求人探しや応募は少し待ったほうがいいですね!

それよりも応募書類の作成や見直し・各業界の求人動向のチェックなど転職準備をして、求人が増える時期に向けた助走期間にあてたほうがいいです。

転職に最適な時期
1月~3月、7月~9月
転職避けるべき時期
4月、12月

早く会社辞めたい人へ。退職理由を5つ紹介。人間関係や鬱病などの精神疾患で悩むなら今すぐ退職して転職しよう!
「早く会社辞めたい・・」 と体力的精神的に限界を感じ、今すぐ辞めて転職したい!と思っている人も多いと思います。 「でも引...

4,転職活動は退職後?それとも在職中?メリットやデメリット

「転職活動を始めるぞ!」

と思っても退職してから始めるのか、在職中に平行したほうがいいのか?悩ましいところですよね。

それぞれのメリット・デメリットをまとめみました。

退職後の転職活動

■メリット

  • 転職活動の時間を確保できる
  • 自己研鑽・資格取得の時間取れる
  • 内定決定後に即日入社が可能

■デメリット

  • 未就業期間が長期になると選考でマイナス評価
  • 転職先が決まるまで無収入
  • 精神的な脆さやストレス耐性が低いと判断される
  • 無職期間3ヶ月超えると転職活動に苦戦

在職中の転職活動

■メリット

  • 未就業期間ないので選考で有利な評価
  • 転職先が決まって退職なので収入面不安なし
  • 健康保険や厚生年金をスムーズに転職先に移行出来る

■デメリット

  • 内定獲得から、転職先入社まで引継ぎなど手続きで3ヶ月必要な場合も
  • 応募書類や面接対策などの転職時間のための時間割けない

などなど。

退職後・在職中の転職活動にはそれぞれメリット・デメリットがあります。

退職すると時間の確保がしやすいです。

ですがその反面、短期で転職成功させないとズルズルと長期のリスクもあり。

現職で残業や休日出勤が多く多忙が原因で転職に費やす時間がどうしても確保出来ない場合は退職するのも1つの方法です。

ですが、私は先に退職するのはデメリットの方が多いのでオススメできません。

時間ない人
すぐに転職先決まると思ったのにもう3ヶ月だよ・・

長引く不況の影響で、転職期間が長期化している傾向があります。

離職理由の説明をする時に、空白期間が長期化すればするほど、面接官に対して納得のいく説明をすることが難しくなります。

面接官「前の会社を退職してから6ヶ月も仕事してない期間があるけど何をしているかね?」

自分「そっ、それは転職活動をじっくり行っているからです・・」

面接官「そうですか・・(コイツ嘘くせーなwどうせ働く気がなくてブラブラしているんだろうwはい不採用w)」

なんて判断をされかねませんねw

とはいえ退職すれば転職活動時間を自由に使えるメリットがあるので、下記のような転職準備に集中したい!という人は辞めちゃってもいいですけどね。

転職準備で必要な活動
①業界企業研究
②応募書類作成
③希望求人検索
④資格取得勉強
⑤自己分析
⑥適職診断

昔と比べると求人サイトや転職エージェントの転職サポートがかなり充実してきるので、在職しながらの転職もそれほど難易度が高いものじゃないです。

転職エージェントの担当者さんに

「転職希望の業界に関する資料とかデータください!」

「面接対策したいんですけど、面接官の特徴とかよく聞かれる質問とかメールしといてもらっていいですかぁ?」

などなど、バンバン担当者さんにお願いすれば良いのです(笑)

あまりにも偉そうな態度で何度も依頼しちゃうと「いい加減にしてください!!」って怒られますけど(笑)

あ、それ僕の話ですww

こんな感じで、転職の市況や、自分自身の状況など総合的に判断して、よっぽど現職が多忙過ぎる人を除いては在職中に転職活動を行うべき。

辞める前に転職先を決めちゃえば、かなり精神的にも楽になりますよ。

参照:リクナビネクスト

リクナビネクストが100人の転職経験者に行ったアンケートでは半々のようですね。

転職面接のための時間確保の方法!仕事続けながら転職する人必見

1,有給・半休・代休を取得せよ!

「せっかく面接まで進んだのに選考日程の時間が合わない!!」

と仕事しながら転職活動する人には共通の悩みがありますよね。

そんな人は、有給・半休・代休を積極的に取得して面接時間を捻出すべき。

企業側の面接のほとんどが、平日時間帯で複数回行われます。

面接の時間は9-20時。ほとんどが17時まで終了するケースが多いです。

「いやいや日中は仕事あるのに時間取れるわけねぇじゃん!!」

と思いますよねw

特に会社に内緒で転職活動している人だと、選考日程の時間のやり繰りは本当に大変!

僕も同じだったので気持ちはよく分かりますww

企業側もある程度、こちら状況を考慮して平日の遅めの時間などに調整はしてくれます。

ですが、基本的には企業側が指定する時間帯での時間調整が確実に必要となります

自分「仕事しているんだから無理っしょ?土日してくんない?」

面接官「・・・(はい不採用)」

となることは目に見えています(笑)

働きながら転職するには、なんとか時間を作る・工面するなどして解決策を模索することが必要。

一部フレックス勤務を導入している企業は比較的柔軟に面接時間の対応をしてくれますが、そんな企業はごく僅かですよね。

ですので基本的には企業側の希望に合わせる必要があるんです。

それでも「勤務時間帯以外での面接設定をして欲しい!」という人はホワイト企業を狙うべき。

ホワイト企業であればこちら

ホワイト企業に転職したいなら転職エージェントで求人チェックだ!残業なし&年収100万円アップの非公開求人もあるの知ってる?
「ホワイト企業に転職したい!!」 と誰でも思いますよね。 ブラック企業の対義語がホワイト企業になります。 ホワイト...

2,転職エージェントに時間調整を代行してもらう

「どうしても面接時間が捻出出来ない!」

といういう人は転職エージェントに登録し時間調整の代行をしてもらうべき。

転職エージェントは、あなたの事情を企業に説明して面接時間を退社後の20時以降に設定してくれうよう調整してくれるケースもあります。

もちろん企業からの心証を悪くしないよう良い言い訳も考えてくれちゃうんです。

ただし時間を調整してもらったのなら残業などで絶対に遅刻しないように。

もちろんリスケジュールも厳禁。企業から不信感を持たれる可能性があるからです。

もし面接2回キャンセルなんてしようものなら確実に不採用。

ビジネスマナーとして常識なのでこの点はわきまえておきましょう。

仮に転職エージェントに登録せずに面接時間を調整出来ないとどうなるのか?

希望の求人の募集が締め切られてしまう恐れがあります。

求人を出している企業は転職希望者の都合ばかりに合わせて面接設定してくれません。

土日の面接なんてありえないでしょう。

採用担当者の都合に合わせて面接日程がどんどん組まれていきます。

ですので、応募者のあなたが積極的に日程の調整をすることが不可欠となります。

求人募集には期限があり、当然ライバルがいます。

面接選考のプロセスの中で、企業は複数目の候補者を面接するんです。

面接の時間調整がスムーズにいく候補者の方が多ければそちらの選考を優先し、そのまま内定を出してしまいます。

自分「仕事が忙しいので面接は来月まで待ってくださいっ!」

面接官「いや無理でしょw他にも良い候補者たくさんいるしww」

なんて必死に懇願したところで、他に良い応募者がいるのであればあなたをわざわざ待つ義理はないです。

自分「はぁ・・第一希望の求人だったのに・・無理しててでも時間調整すればよかった・・」

と嘆いても後の祭り。

たまに早朝面接を希望する社長や、時差がある海外オフィスで勤務する担当者とのビデオ面接なんかもあります。

22時以降に自宅でスカイプ面接出来る企業もあります。

でもそういったIT企業を中心に全体に1%以下。

時間の調整に自信がないなら転職エージェントに登録して、時間調整の代行するのが内定への近道なんです。

自分以外でも出来る調整などの雑務は転職エージェントにまかせて、自分は面接対策や企業研究に時間を割いたほうが効率的だと思いません?

僕はそうやって転職活動をしていたので、在職中でも時間に余裕をもって転職活動出来ましたよ(笑)

転職エージェントに登録するべき人は?

転職エージェントを利用するべき人の特徴

  • 仕事に時間を取られ活動できない
  • 転職活動を中途半端にしたくない
  • 会社に迷惑かけず両立したい
  • 就活で仕事のプライオリティを落としたくない
  • 情報収集・書類作成を休日にしたくない
  • 面接のスケジューリングしたくない

こういった人は転職エージェントを活用すると悩みが解決されるでしょう。

特に「とにかく効率的に転職活動を進めたい」という人は絶対登録すべきです。

転職エージェントというのは、あなたの専任のコンサルタントが「あなたが活躍できる業界や職種のアドバイス」「応募書類の添削」「面接対策」などを完全無料で行ってくれるんです。

「じゃあオススメの転職エージェントは?」

と気になるところ。

オススメの転職エージェントは・・・

↓ ↓

転職活動の時間がない人が多く登録している転職エージェントTOP3

DODA/パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)

当サイト経由で1番多く登録されているの転職エージェントになります。

DODA(デューダ)は大手人材人材会社のパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)グループが運営しているサービス。

転職支援業界で国内2位の売上高を誇っていますね。

DODAのポイントは以下になります。

①親身なサポートで転職者満足度No.1

DODAは転職者利用者へのアンケート調査で満足度No.1の実績。

満足度が高い理由としては、「登録者に寄り添った親身なサポート」だからです。

  • 転職に関する不安悩みごとの相談
  • 自分のキャリアプランに迷った時には面談でのキャリアカウンセリング
  • 将来の最適なキャリアプランの提案

このようなサポートの結果、転職サポートで年間1万人を成功に導く実績豊富なエージェントになります。

「以前転職エージェントに登録したけど放置された!」

「手厚く、親身なサポートを受けたい!」

という転職希望者が登録・利用すると特に満足度が高いですね。

②履歴書・職務経歴書の添削が抜群

DODAは履歴書・職務経歴書の添削が丁寧で分かりやすいと評判です。

転職活動での第一関門である書類選考。

応募書類で最大限自分の経験や能力をPRしないといけないのに、完璧な書類を作り上げている人は非常に少ないです。

その点、DODAのキャリアアドバイザーは

  • 1から応募書類の作成を手伝ってくれる
  • 履歴書を下書きすれば清書を代行してくれる
  • 書類選考通過率が約3倍にアップする書き方のコツを教えてくれる

といったサポートをしてくれるんです。

「書類選考で落ち続けて面接までたどり着けない・・」

という人は質が高いと評判のDODAの応募書類の添削を一度受けてみるべきですね。

③登録者限定の非公開求人が80%もある

DODAに登録した会員限定でしか閲覧できない非公開求人が全体の約80%あります。

非公開求人の中にはDODAだけが扱う独占求人も多いです。

求人の質も圧倒的に高く、業界最大手のリクルートエージェントとは違った独自の企業を紹介してくれるのが特徴。

⇒「大手転職エージェントだけあってサポートの質が凄く良かったです!親身に相談に乗ってくれました!(20代/女性)」

ビズリーチ

ビズリーチはテレビCMでも話題の転職支援サービスですね。

特徴としては

①圧倒的なスカウトの豊富さ

ビズリーチに経歴書を登録するだけで、企業人事担当者や転職エージェントの担当者から毎日のようにスカウトが届きます。

登録した人のキャリア次第では、大手転職エージェントと比較して3-10倍ほどスカウトの数が増えた!という人もいます。

  • 「仕事が忙しくて求人チェックする時間がない」
  • 「とにかくたくさんの企業からのスカウトをチェックしたい」

という人は、登録するだけでスカウトがたくさんくるビズリーチが向いているでしょう。

②年収アップ出来る求人が多数

ビズリーチは他の転職エージェントと比較しても、年収アップできる求人が豊富です。

理由としてはビズリーチは元々年収600万以上のハイスペックのビジネスパーソンに特化していた転職支援サービスだったからです。

ですので現状年収が低い転職希望者であっても、ビズリーチでしかチェック出来ない好条件の求人が紹介されるでしょう。

  • 「今の年収に不満がある!」
  • 「もっともっと稼ぎたい!」

という人は登録しておくと良いでしょう。

※公式ホームページには「年収600万以上に支持される」とありますが、年収600万未満でも登録・利用は問題なく出来ます

③上場企業・大手企業の求人が多い

上に書いた「年収アップ出来る求人が多い」ということとも繋がりますが、ビズリーチは大手・上場企業の求人が多いです。

年収が多い求人が多いので、当然上場企業や大手企業の求人が多いのは必然なのですが。

ですので「新卒で入社できなかった大手に入社したい!」と感じる人は登録しておいた方が良いです。

とはいえ大手企業は周りも入社したいと感じる人気求人。

募集してもすぐに打ち切りになりますし、募集も若干名です。

なので逆算して早めにビズリーチに登録して、大手企業の求人を漏れなくチェックしておくことが大事だといえます。

⇒「ビズリーチのハイスペック求人で年収1.5倍になりました!(30代/女性)」

リクルートエージェント

転職支援サービス最大手のリクルートグループの転職エージェントになります。

①業界最多の13万件の求人件数で他社を圧倒。

転職エージェント業界業界最大手リクルートエージェント。

公開求人・非公開求人が合わせると約13万件と業界最多の圧倒的な求人件数です。

「とにかくたくさんの求人の中から自分に合う求人を探したい!」

という人はリクルートエージェントの求人の多さを実感するべきでしょう。

②転職支援の成功実績32万件でNO.1

リクルートエージェントが転職支援業界で成功実績No.1となったのは以下の理由です。

求人数の多さ+担当キャリアアドバイザーの質の高さ=転職成功実績32万件

確かに、DODAのキャリアアドバイザーもレベルが高いのですが、DODAの特徴としては親切丁寧なサポートです。

一方リクルートエージェントの特徴としては、とにかくキャリアアドバイザーのアドバイスが的確ということ。

アドバイスの内容に無駄がなく、ズバリ自分が進むべきキャリアを示してくれるんです。

と使い分けが必要になってきます。

③女性向けの転職ノウハウが豊富

リクルートグループの中に人材派遣会社(リクルートスタッフィング)と連携した女性に特化した求人や濃いノウハウ情報が豊富にあります。

特に事務職・販売職などの業界職に精通したキャリアコンサルタントが多数在籍しているので相談しやすい環境は整っていますよ。

「女性ならでは目線で悩みを相談したり、共感してくれる担当者が良い!」

と感じる女性の転職希望者が登録すると満足なサポートを受けることが出来ます。

④夜間・土日祝日でもサポート受付!

リクルートエージェントは、平日・土日祝日いつでも20時以降にも相談が出来るんです。

「仕事が忙しいからなかなか転職活動の時間が割けない・・」

という人でも、在職しながら転職活動が出来るサ手厚いサービスと言えますね。

⇒「業界最大手だけあって紹介される求人数は桁違い!転職サイトに掲載されてない非公開求人も紹介されたので大満足です!(20代/女性)」

4位:就職shop

番外編ですが、就職shopも紹介しておきます。就職shopは30歳以下の若手ビジネスパーソン向けの転職エージェントです。

特徴としては、3つあります。

①書類選考不要で必ず面接まで進める

就職shopの最大のメリットはなんといっても書類選考不要で希望した企業の面接を受けれるということ。

  • 「どれだけ応募しても書類選考落ちで面接まで進まない・・」
  • 「面接まで進めば自分の良さをアピール出来るのに・・」

という人は是非使っておきたいサービスです。

書類選考不要の転職エージェントは他社でもないサービスなので、個人的にはかなり画期的だと思いますね。

②全ての企業を取材済み!求人情報が正確

就職shopの求人は、全てスタッフが足を運んで企業を100%取材しています。

取材していることによるメリットとしては「求人情報が正確」「ブラック企業が皆無」といったことがあります。

ですので就職shop経由で入社した場合は「聞いていた条件や仕事内容じゃなかった・・」ということはほぼ皆無と言って良いでしょう。

ただ、全ての企業に足を運んでから求人掲載するので必然的に他の転職エージェントよりは求人数は少なくなります。

なので今回は4位にランキングしておきました。

③18-30歳以下の男女のみが登録の対象

他の転職エージェントであれば何歳であってもう登録可能です。

ですが、就職shopは18-30歳男女の若者向けの転職エージェントとなります。

なので、31歳以上の場合は登録が出来ないのでその点だけ注意が必要です。

⇒「毎回書類選考落ち・・でも就職shopなら書類選考なしで面接まで進めるんです!自分の良さをアピール出来たので直ぐに内定出ました♪(20代/男性)」

就職shopの評判や口コミ33選!既卒・フリーター・ニートでも諦めるな!内定率の高い求人紹介を受けて就活しよう
就職shopは 社会人未経験 ニート フリーター 対象にした就職サイト。 「実際に就職shop...

転職先や応募先を時間をかけずに決めるポイント5つ

「時間無いから効率的に転職活動をしたい!」

っていうあなたはまず転職に必要な期間を割り出し、そこから逆算して行動を開始しましょう。

「一生懸命頑張っていれば何とかなるっしょ♪」

なんて悠長なこと言っていると一生転職先が決まりません(笑)

仕事を続けながらの転職活動は、応募書類の作成・面接対策など時間を効率的に使う必要があります。

時間確保が難しい場合は、仕事のない休日・出社前・退社後・通勤などの隙間時間を有効に活用することが大事。

「転職はしたいけど、準備なんてしたくなーい\(^o^)/」

なんて人も一生転職は無理です(笑)

転職準備に早すぎる!なんてことはないですからね。

転職先が決まらずズルズルと転職活動の時間だけがかかるのは嫌でしょ?

事前にしっかりと準備し態勢を整えていけば、スムーズに転職先が決まりやすくなるんですよ!

具体的な方法5つ紹介します。

1,志望分野や業界を決める

「転職はしたいけど何から始めたらいいか分からない!」

というあなたはまずは情報収集をしましょう。

情報収集の項目
①希望する業界の分野や求人状況
②応募条件
③採用基準
④必須のスキルや経験
⑤応募に最適な時期
⑥転職難易度

などの情報をまずは集めましょう。

焦って就職を決めてから「会社選び失敗しちゃったぁ!!エへ(^^)」とという判断ミスからの後悔は絶対に避けるべき。

安易に転職先を決めるから後で後悔するんですよw

転職希望業界などの情報が集まってくれば

  • 「これだけは絶対に譲れない条件だ!」
  • 「ここは諦めてもいい条件かな」

と自分の中で求人選びに優先順位をつけることだって出来ます。

転職フェアや転職セミナーなども定期的に開催されているので、そういった場所で情報収集するのもいいですね。

志望業界に勤めている知人がいれば是非とも時間を取ってもらい相談に乗ってもらうようにしましょう。

友人「実はこの会社はあんまり評判良くないんだぜ。こっちの業界の方が儲かっているし給料もいいよ!」

などの裏情報が貰えることだってありますからね!

2,自己分析

「大手企業に転職したい!」

「自分みたいな優秀な人間はこんな中小企業にいるべきじゃない\(^o^)/」

といくらあなたが思ったところで、志望先企業に評価されるスキル・経験・適性がないと採用基準に達しないであっさり不合格となります(笑)

なので、採用基準に合わせたレベルの企業に応募していく必要があります。

自分のレベルに合った企業に絞って応募するってことです!

そのためにはまずの自分の転職市場の評価を出来るだけ客観的に評価すること。

経理経験がなく営業経験のない50歳の人がいきなり、経理事務に応募してきたら

人事「このオッサンなんで経理経験ないのに応募してきたんだ?頭おかしいのか??」

などと正気さえ疑われてしまいます(笑)

  1. 時間が惜しいからと片っ端から企業に応募する
  2. 効率化のために志望企業1社2社しか応募しない

我流で効率的に転職活動を進め用とする人は上記のような極端な転職活動に走りがち。

この極端な行動が転職活動を長引かせる原因になっちゃうのです。

転職活動が上手く行かない時は

「自分が志望してる業界と、自分の経験やスキルはマッチしているのか?」

ということを振り返る時間が大事です。

自分「うぉー!!とにかく応募だ!ポチポチポチィー!!」

と適性のない企業にガムシャラに応募しても遠回りするだけです。

あと、失業や転職活動に備えて貯金など資金もしっかりと準備しておいたほうがいいですよ!

お金の余裕が心の余裕に繋がり、落ち着いた転職活動に繋がります。

「もう貯金も底をつきそうだし内定出た会社に転職しちゃえ\(^o^)/」

なんてやっていると、また短期間で転職を繰り返すことになっちゃいます・・・(汗)

3、現職の状況の見極め

「今ウチの会社は繁忙期だから転職は辞めといたほうがいいな」

と現職の職場状況を正確に見極めタイミングを合わせた転職活動が大事です。

外資系企業であれば本人の希望を尊重して直ぐに辞めさせてくれるでしょう。

でも日系企業だと引き止め工作に合うことがほとんど。

会社「退職は分かったから後任が見つかる3ヶ月後まで待ってくれない?ね?ね?」

と言われ三ヶ月待ったのに、今度は

会社「まだ後任が見つかってないんだよ~今君が抜けると会社回らなくなっちゃうからもう少しだけ待ってよぉ~」

などとオッサン上司に甘い声でお願いされた経験がある人も少なくないでしょう(笑)

ちなみに僕のことです(笑)

このように、転職先企業が仮に決まっても入社までに引継ぎ・退職までに2-3ヶ月余分に必要になることだってあります。

企業によっては優秀な社員に退職を阻止すべきマニュアルなんかも存在しますからね(笑)

待遇・環境・業務内容の退職理由に別れてマニュアルが存在し、それに沿って上司が退職者を説得するんです。

このような無意味な退職阻止の相手もしないといけないので、転職先企業で就業開始するまでに想像以上の時間がかかるってことです。

「やっと・・やっと・・辞めれた・・・」

とヘトヘトになって退職するもいます。

あ、それ僕のことです(笑)

担当業務自体は終了しても、後任への引継ぎ業務も発生しますからね~。

「円満退職する気なんてサラサラねぇよ!(・∀・)」

という人は気にする必要はありません(笑)

ですが「お世話になった会社だし綺麗に辞めたい」と思う人は、退職時期を見定めて、余裕をもったスケジュールで退職までの期間を確認しておくべきです。

4、転職準備のための時間の有効活用方法

特に在職しながらの転職活動は時間のやり繰りって本当に苦労しますよねぇ。。

「時間がない!」と悩む人は、隙間時間を有効活用しましょう!

方法を紹介しますね。

■休日・有給取得時

・応募書類作成は休日に一気に集中してやる
・平日が休日や有給休暇取得出来る場合は積極的に転職面接を入れる

■出社前の退社後の時間

  • 情報収集
  • 資格勉強
  • 面接対策
  • 自己分析
  • キャリア棚卸し

などなど。

応募書類の準備は大事です。

特に書類選考になかなか通過出来ない!って場合は履歴書・職経歴書に問題がある場合も。

しっかりと内容を見直すようにしましょう!

5,年代別の転職活動の注意点

一口に転職活動といっても、年齢ごとに注意する点やポイントは異なるもの。

年代別の注意点を紹介しておきます。

■20代の注意点

20代は年齢が若い分未経験分野に応募しても簡単に書類選考に通ってしまいます。

そのため、業界を広げすぎて志望先を絞りきれないっていうのが有りがちなミス。

なので、志望動機や・応募条件・採用基準など事前確認して、応募企業をグっと絞って活動することが大事です。

確認事項
①転職スケジュール
②英語力の有無
③パソコン操作スキルのレベル
④資格の有無
⑤実務経験の必要年数

などなど転職に役立つ情報などもネットにはたくさんあるので、準備期間の最中にチェック知ておく必要があります。

■30代の注意点

30代になれば自分が能力を発揮出来る業界や職種などもある程度分かっているので、転職先選びに苦労することはなくスムーズに転職出来るでしょう。

ただ、前職からも戦力として期待されている分円満退職まで時間がかなり必要になることが多いです。

残務整理はもちろん、責任あるポジションを担っていたとなると引継ぎ期間もかなり必要になってきます。

せっかく転職先が決まっても約束した出社日を大幅に延期しないと行けない状況に陥ると、最悪の場合内定取り消しなんてことも。

しっかりと退職や転職先の入社日までのスケジューリングが大事になってきます。

■40代の注意点

40代の転職リスクは経済リスクです。

40代の社員を採用すると年収などのコストも20代と比較すると高くなります。

そのため企業側も採用に慎重になり結果的に転職活動が長期化する恐れも。

長期化に耐えれるように失業保険・退職金などの資金を準備をしておきましょう。

また仮に転職できても月給額がダウンするする可能性だって免れることが出来ないことも。

入社後半年、最悪の場合1年間ボーナスが支給されないこともあるのでやっぱり貯金額がものをいう状況になりがちです。

40代の転職成功のコツ。未経験でも正社員で年収100万アップさせた方法とは?40代女性の転職マル秘テクニックも公開!
「40代で転職なんて絶対無理だから定年まで今の会社で我慢するしかない・・俺の人生終わったな・・・」 なんて転職が出来ないと鼻か...

転職先がなかなか決まらない!見落としがちなチェックポイント7個

「簡単に転職先なんて決まると思ってたのに長期化してきて辛い。。」

というあなた。

一度冷静になって今までの自分自身の転職活動を振り返ってみましょう。

そんな時のチェックポイントを紹介しておきます。

1,応募先企業の採用ニーズを確認する

「あれ?私って高望みしすぎ?」

と冷静になって企業の採用ニーズを探ってみると、高望みしすぎていたことに気づくケースも多いです。

自分は企業にとって採用したい人材なのか?

応募先企業の判断として「是非入社して欲しい」人材である必要がありますよね。

自分「なぜ俺を採用しないんだぁ!!」

面接官「だって必要ないし」

自分「・・・」

こうなってしまいます(笑)

応募先企業の募集要項をもう一度チェックしてみて下さい。

  • 経験業界の年数
  • 経験職の年数
  • 職務経歴書に記載のスキル

こういった募集要項や企業が求めるスキルと、あなたの経験やスキルがマッチしているかが重要。

全く異なる経験しかスキルしかないのに、応募先企業を決め打ちして絞り過ぎると当然内定の難易度は上がってきます。

転職先を決めるには多少の歩み寄りや条件を緩和する妥協も時には必要。

「いや俺は企業が求めるスキルを満たしている!」

と絶対的な自信があれば単純にアピールが不足しているだけの可能性もあります。

自分の経歴自慢だけじゃなくて、応募先企業にいかに貢献して活躍出来るか?といったことを工夫して伝えましょう。

例えば外資系企業であればカバーレターも工夫すべきですし、職務経歴書や履歴書の書き方なんかにもしっかりスキルや経験を盛り込むべきです。

2,そもそも必要な資格やスキルを満たしているのか?

求人情報には応募にあたって必須条件を満たしているかが書類選考を通過するかどうかのポイント。

例えば資格免許保持してるか?経験業務年数は?などです。

募集要項の必須事項や概要の箇所を読み飛ばし、職務経歴書に経験内容やスキルなどを記載漏れをしていませんか?

企業が求めるスキルがなければ当然書類選考は通過出来ません。

特に事務職・営業職・技術職などの即戦力求人はそういった傾向が強くなります。

例えば、人事採用や労務管理の職種を経験した人なのに経験不足として採用見送りの判断をされたという人もいましたね。

総務経験があったにも関わらず、未記載だったためです。

記載漏れで書類選考落ちなんて勿体なさすぎでしょ!

書類選考が通過しない場合は経験の有無など重要視している求人かどうか?をまずはチェックしましょう。

経験などももれなく記載されているか注意が必要です。

3,応募先企業を1社に絞らない

「この会社に入社したいな!」

と本命企業を決めて絞りたくなる気持ちも分かります。

ですが、2・3社と応募先企業は増やしていくほうが無難。

初回面接では自分を出しきれないことがほとんどです。

何回か面接を経験していくことで面接に慣れていくんです。

書類選考の通過率は一般的には25%程度。一次面接の通過率も25%程度。

なので、気になる求人にはどんどん応募していかなと、転職活動に苦労することは目にみえています。

4,身なりが疎かになっていないか

意外と見落としがちなのが身なりです。

面接前にトイレにいき鏡の前で自分の身なりをチェックしていますか?

外見の第一印象で55%が判断されてしまいます。

  • 髪型
  • 服装の乱れ
  • 口臭のチェック

こういったことはしっかりと確認しておきましょう。

5,面接先企業では全員が面接官だと思え!

面接は面接官と話をすることだけが選考だと思っていませんか?

面接の企業のビルに入ってから、チェックされていると思った方がいいです。

もちろん受付の方と話する際も。

仮に面接での印象が良く内定に近づいても

受付の人「さっきの人言葉遣いすごい悪かったですよ?」

面接官「なに!?じゃあ不採用だな」

なんて面接官に報告され、選考の内容に関わらず落とれさるともあります。

全員が面接官と思って受付でも気を抜いてはいけません。常に礼儀正しく振る舞いましょう。

面接に落ちるパターンが存在する!あなたが面接に受からないたった4つの理由や原因を紹介
「面接に合格しないよー・・落ちるパターンとか、傾向ってあるのかな・・」 「面接に落ちる人の特徴ってあるのかな?自分の性格が落ち...

6,面接中に給与などお金の話を詰めておく

「面接でお金の話なんて無礼だ」

なんて思ってませんか?

いえいえ。転職活動をスムーズに進めることが出来る人は内定承諾前に給料などお金の話はクリアにできています。

  • 残業代
  • 各種手当て
  • みなし労働性?
  • 実残業時間

こういったお金の面を先にクリアにしておかないと、内定が出てから「手取り額や支給額に納得いかない!」と辞退することになります。

折角最終面接までいったのに、お金の話で辞退なんて時間のムダです。

だったら先に一次面接で確認しておくべきですね。

企業の給料などのクチコミも専門サイトをチェックすれば掲載されているので事前に確認しておきましょう!

7,転職エージェントを活用出来ていない

自己流の転職活動、自分だけで見つけた企業に応募する方法では面接は上手くいきません。

当然転職エージェントを使うと採用確率は高くなります。

だって転職エージェントは今までのあなたの経験や実績を踏まえて最適な企業を紹介してくれるんですから当然です。

自分の考えやこだわりだけを押し通して転職先が決まらない!と嘆くくらいなら転職エージェントのキャリアカウンセリングを受けたほうが良いに決まってます。

客観的なアドバイスであなたが活躍できる業界や企業を適切に紹介してくれます。

カウンセラーのような立場で相談に乗ってくれるので、転職活動に煮詰まっている人こそ行くべきです。

順調なら特に必要ないですね。

人材支援のプロですが、転職エージェントごとに専門領域や、得意分野が違ってきます。

効率的に転職活動を進めるためには3社以上の転職エージェントに登録することをオススメしますね。

転職エージェントに登録するべき人は?

転職エージェントに絶対登録するべきなのは

  • 仕事に時間を取られ活動できない
  • 転職活動を中途半端にしたくない
  • 会社に迷惑かけず両立したい
  • 就活で仕事のプライオリティを落としたくない
  • 情報収集・書類作成を休日にしたくない
  • 面接のスケジューリングしたくない

という人ですね。

要は「とにかく効率的に転職活動を進めたい」という人は絶対登録すべき!

転職エージェントというのは、あなたの専任のコンサルタントが「あなたが活躍できる業界や職種のアドバイス」「応募書類の添削」「面接対策」などを完全無料で行ってくれるんです。

「じゃあオススメの転職エージェントは?」

と気になるところ。

オススメの転職エージェントは・・・

↓ ↓

転職エージェントに登録するべき人は?

転職エージェントを利用するべき人の特徴

  • 仕事に時間を取られ活動できない
  • 転職活動を中途半端にしたくない
  • 会社に迷惑かけず両立したい
  • 就活で仕事のプライオリティを落としたくない
  • 情報収集・書類作成を休日にしたくない
  • 面接のスケジューリングしたくない

こういった人は転職エージェントを活用すると悩みが解決されるでしょう。

特に「とにかく効率的に転職活動を進めたい」という人は絶対登録すべきです。

転職エージェントというのは、あなたの専任のコンサルタントが「あなたが活躍できる業界や職種のアドバイス」「応募書類の添削」「面接対策」などを完全無料で行ってくれるんです。

「じゃあオススメの転職エージェントは?」

と気になるところ。

オススメの転職エージェントは・・・

↓ ↓

転職活動の時間がない人が多く登録している転職エージェントTOP3

DODA/パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)

当サイト経由で1番多く登録されているの転職エージェントになります。

DODA(デューダ)は大手人材人材会社のパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)グループが運営しているサービス。

転職支援業界で国内2位の売上高を誇っていますね。

DODAのポイントは以下になります。

①親身なサポートで転職者満足度No.1

DODAは転職者利用者へのアンケート調査で満足度No.1の実績。

満足度が高い理由としては、「登録者に寄り添った親身なサポート」だからです。

  • 転職に関する不安悩みごとの相談
  • 自分のキャリアプランに迷った時には面談でのキャリアカウンセリング
  • 将来の最適なキャリアプランの提案

このようなサポートの結果、転職サポートで年間1万人を成功に導く実績豊富なエージェントになります。

「以前転職エージェントに登録したけど放置された!」

「手厚く、親身なサポートを受けたい!」

という転職希望者が登録・利用すると特に満足度が高いですね。

②履歴書・職務経歴書の添削が抜群

DODAは履歴書・職務経歴書の添削が丁寧で分かりやすいと評判です。

転職活動での第一関門である書類選考。

応募書類で最大限自分の経験や能力をPRしないといけないのに、完璧な書類を作り上げている人は非常に少ないです。

その点、DODAのキャリアアドバイザーは

  • 1から応募書類の作成を手伝ってくれる
  • 履歴書を下書きすれば清書を代行してくれる
  • 書類選考通過率が約3倍にアップする書き方のコツを教えてくれる

といったサポートをしてくれるんです。

「書類選考で落ち続けて面接までたどり着けない・・」

という人は質が高いと評判のDODAの応募書類の添削を一度受けてみるべきですね。

③登録者限定の非公開求人が80%もある

DODAに登録した会員限定でしか閲覧できない非公開求人が全体の約80%あります。

非公開求人の中にはDODAだけが扱う独占求人も多いです。

求人の質も圧倒的に高く、業界最大手のリクルートエージェントとは違った独自の企業を紹介してくれるのが特徴。

⇒「大手転職エージェントだけあってサポートの質が凄く良かったです!親身に相談に乗ってくれました!(20代/女性)」

ビズリーチ

ビズリーチはテレビCMでも話題の転職支援サービスですね。

特徴としては

①圧倒的なスカウトの豊富さ

ビズリーチに経歴書を登録するだけで、企業人事担当者や転職エージェントの担当者から毎日のようにスカウトが届きます。

登録した人のキャリア次第では、大手転職エージェントと比較して3-10倍ほどスカウトの数が増えた!という人もいます。

  • 「仕事が忙しくて求人チェックする時間がない」
  • 「とにかくたくさんの企業からのスカウトをチェックしたい」

という人は、登録するだけでスカウトがたくさんくるビズリーチが向いているでしょう。

②年収アップ出来る求人が多数

ビズリーチは他の転職エージェントと比較しても、年収アップできる求人が豊富です。

理由としてはビズリーチは元々年収600万以上のハイスペックのビジネスパーソンに特化していた転職支援サービスだったからです。

ですので現状年収が低い転職希望者であっても、ビズリーチでしかチェック出来ない好条件の求人が紹介されるでしょう。

  • 「今の年収に不満がある!」
  • 「もっともっと稼ぎたい!」

という人は登録しておくと良いでしょう。

※公式ホームページには「年収600万以上に支持される」とありますが、年収600万未満でも登録・利用は問題なく出来ます

③上場企業・大手企業の求人が多い

上に書いた「年収アップ出来る求人が多い」ということとも繋がりますが、ビズリーチは大手・上場企業の求人が多いです。

年収が多い求人が多いので、当然上場企業や大手企業の求人が多いのは必然なのですが。

ですので「新卒で入社できなかった大手に入社したい!」と感じる人は登録しておいた方が良いです。

とはいえ大手企業は周りも入社したいと感じる人気求人。

募集してもすぐに打ち切りになりますし、募集も若干名です。

なので逆算して早めにビズリーチに登録して、大手企業の求人を漏れなくチェックしておくことが大事だといえます。

⇒「ビズリーチのハイスペック求人で年収1.5倍になりました!(30代/女性)」

リクルートエージェント

転職支援サービス最大手のリクルートグループの転職エージェントになります。

①業界最多の13万件の求人件数で他社を圧倒。

転職エージェント業界業界最大手リクルートエージェント。

公開求人・非公開求人が合わせると約13万件と業界最多の圧倒的な求人件数です。

「とにかくたくさんの求人の中から自分に合う求人を探したい!」

という人はリクルートエージェントの求人の多さを実感するべきでしょう。

②転職支援の成功実績32万件でNO.1

リクルートエージェントが転職支援業界で成功実績No.1となったのは以下の理由です。

求人数の多さ+担当キャリアアドバイザーの質の高さ=転職成功実績32万件

確かに、DODAのキャリアアドバイザーもレベルが高いのですが、DODAの特徴としては親切丁寧なサポートです。

一方リクルートエージェントの特徴としては、とにかくキャリアアドバイザーのアドバイスが的確ということ。

アドバイスの内容に無駄がなく、ズバリ自分が進むべきキャリアを示してくれるんです。

と使い分けが必要になってきます。

③女性向けの転職ノウハウが豊富

リクルートグループの中に人材派遣会社(リクルートスタッフィング)と連携した女性に特化した求人や濃いノウハウ情報が豊富にあります。

特に事務職・販売職などの業界職に精通したキャリアコンサルタントが多数在籍しているので相談しやすい環境は整っていますよ。

「女性ならでは目線で悩みを相談したり、共感してくれる担当者が良い!」

と感じる女性の転職希望者が登録すると満足なサポートを受けることが出来ます。

④夜間・土日祝日でもサポート受付!

リクルートエージェントは、平日・土日祝日いつでも20時以降にも相談が出来るんです。

「仕事が忙しいからなかなか転職活動の時間が割けない・・」

という人でも、在職しながら転職活動が出来るサ手厚いサービスと言えますね。

⇒「業界最大手だけあって紹介される求人数は桁違い!転職サイトに掲載されてない非公開求人も紹介されたので大満足です!(20代/女性)」

4位:就職shop

番外編ですが、就職shopも紹介しておきます。就職shopは30歳以下の若手ビジネスパーソン向けの転職エージェントです。

特徴としては、3つあります。

①書類選考不要で必ず面接まで進める

就職shopの最大のメリットはなんといっても書類選考不要で希望した企業の面接を受けれるということ。

  • 「どれだけ応募しても書類選考落ちで面接まで進まない・・」
  • 「面接まで進めば自分の良さをアピール出来るのに・・」

という人は是非使っておきたいサービスです。

書類選考不要の転職エージェントは他社でもないサービスなので、個人的にはかなり画期的だと思いますね。

②全ての企業を取材済み!求人情報が正確

就職shopの求人は、全てスタッフが足を運んで企業を100%取材しています。

取材していることによるメリットとしては「求人情報が正確」「ブラック企業が皆無」といったことがあります。

ですので就職shop経由で入社した場合は「聞いていた条件や仕事内容じゃなかった・・」ということはほぼ皆無と言って良いでしょう。

ただ、全ての企業に足を運んでから求人掲載するので必然的に他の転職エージェントよりは求人数は少なくなります。

なので今回は4位にランキングしておきました。

③18-30歳以下の男女のみが登録の対象

他の転職エージェントであれば何歳であってもう登録可能です。

ですが、就職shopは18-30歳男女の若者向けの転職エージェントとなります。

なので、31歳以上の場合は登録が出来ないのでその点だけ注意が必要です。

⇒「毎回書類選考落ち・・でも就職shopなら書類選考なしで面接まで進めるんです!自分の良さをアピール出来たので直ぐに内定出ました♪(20代/男性)」

就職shopの評判や口コミ33選!既卒・フリーター・ニートでも諦めるな!内定率の高い求人紹介を受けて就活しよう
就職shopは 社会人未経験 ニート フリーター 対象にした就職サイト。 「実際に就職shop...

合わせて読まれている人気記事

①仕事のストレスが限界のあなたへ。無理は禁物です。

ストレスで仕事を辞めたいなら今すぐ転職だ!今すぐ会社を辞めるべき4つの理由
「毎日朝起きたくない・・職場に行くのが辛い・・もう辞めたい・・」 「職場の人間関係がストレスで、原因不明に体調不良。今の仕事辞...

②職場いじめの人間関係で悩むなら早く転職したほうがいいですよ?

職場いじめで退職するしかない?泣き寝入りは禁物!職場いじめの11個の対処法を紹介。絶対に負けるな!
「職場で社内の人に1日中無視されていて辛い・・退職するしかないのかな・・」 「自分だけ間違った仕事の指示を出されて、ミスをする...

③今の仕事が辛いなら楽な仕事を選ぶことが大事です

楽な仕事&バイト42選!正社員で楽で稼げる仕事がないと諦めてる?サビ残・ノルマなしで年間休日120日以上の仕事があるんです!!
「ブラック企業じゃなく、立ってるだけで給料貰えるような楽な仕事に就きたい!」 「複雑で面倒な人間関係がない、ストレスフリーな職...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする