激務辞めたい人へ。無理し続けるデメリット3つ。休み取れない&長時間労働のブラック企業は今すぐ退職しよう!

  • 「毎日残業5時間・・」
  • 「平日は16時間くらい働いてるよ・・」
  • 「月の休みは3日だけ」

などと激務に耐えきれずに辞めたいと感じる人は多いです!

上司「明日日曜だけど朝9時に会社来て」

自分「(明日デートなんだけど)・・はい」

と過酷な労働条件で働いて心身が悲鳴を上げている状態のアナタ!無理は禁物です。

「これ以上耐えれない!!」となる前に退職するべきですよ。

休みが取れずに毎日仕事、仕事。

お盆休み・夏休み・ゴールデンウィークなどの長期休暇も取れず、月に数回しか休みがなければ休日は疲れで爆睡するしかないですよね。

昭和の日本はモーレツ社員だらけでした。

当時はプライベートを犠牲にして仕事に費やし、会社に奉仕し続けることが賛美を受けたんです。

でも、現代は休み削って必死で仕事に専念したところで給料もアップしませんよ?

日本のサラリーマンの平均昇給率は1.45%。月給25万円の場合で年間3,500円。1日だと14.5円しか昇給しません。。

日本経済は下り坂ですから不景気で業績悪化になればすぐにクビ。

会社に奉仕しても、見返りや対価が全く割に合わない仕組みになっているんです。

ワークライフバランスを重視した企業も増えている中で、休みの取れない仕事を続けることに一体何の意味があるのか。。

激務の仕事を続けることはあまりにもデメリットが多すぎるんです!

デメリットやリクスなどを紹介していきますね。

⇒「早く退職してよかった!仕事辞めた瞬間からストレスがなくなりました♪(20代/男性)」

激務の会社で働き続けることのデメリット3つ

デメリット①激務だと結婚出来ないし家庭も崩壊するぞ!

婚約相手「仕事ばっかりして私のことは放っておいて満足?一生仕事してれば?さよなら」

自分「え・・え・・・(泣)」

というように激務で休みが取れないと、結婚して家族を持つのはほぼ不可能。

だって時間的余裕がないですから恋愛する時間だってありません。

激務の職場だと当然慢性的な睡眠不足となります。

考えるとことは「彼女に会いたい」ではなく「とにかく寝たい」という考えだけ。

休日は惰眠を貪るだけで1日終わってしまうでしょう。

なので、男女ともに婚期を逃すことは間違いありません。

仮に良い出会いがあって結婚出来たとしましょう。

ですが休みが取れないと夫婦の会話の時間も減るし、子供の面倒も見れません。

嫁「仕事ばっかりじゃなくて家族のことを気にしてよ!」

とキレられて家庭崩壊も待ったなし!離婚も時間の問題です。

また激務の職場は社員のことを大事にしないので、新婚だろうが平気で転勤・単身赴任となります。

別々のところに住むと家族との心の距離が出来てしまいます。

結局、家庭崩壊待ったなし。

嫁「仕事のため?会社のため?どっちの為に生きてるの?家族は切り捨てなの?」

などと、きつーい一言を言われて「自分は何のために仕事してるんだ・・」と思い悩むことでしょう。

このような状況になればもはや修復不可能。一家離散で離婚間違い無しです。

結婚して家族を作り守っていきたいなら、休みの取れない激務の仕事は諦めるしかありません。

よく考えて。

家族より大事な仕事なんて存在しますか?

世の中には星の数ほど仕事はあるんですよ?

冷静に考えるべきです。

家族を仕事より優先させるべき理由7個」の記事では、仕事を優先しすぎることで想定される家庭崩壊・離婚だと最悪のケースを紹介しています。

「いやいやウチは大丈夫でしょ!」なんて思ってる人に限って、仕事から帰宅した時に家族道具一式持ち出され離婚を突きつけられた・・なんてことになるんです。。

ちょっとでも「ウチもヤバイかも・・」と思い当たることがあるのであえばチェックして対策しておいた方が良いですよ。

家族を仕事より優先させるべき理由7個。仕事が邪魔で辞めたいなら両立出来る会社に転職だ!優先順位をつければストレスフリーになれる♪
「家族が大事!とか言って、残業しない社員は出世しないぞ」 就業時間後なのに、上司がが打ち合わせ参加するように言ってくることってあります...

デメリット②会社に尽くしてもいずれ裏切られる

必死になって会社に尽くし必死に働いても、会社の業績が悪くなればあっさり切り捨てられますよ?

参照記事①:シャープ「7000人リストラ」でも危ない。経営再建できない深刻な問題とは?(ハーバードビジネスオンライン)

参照記事②:東芝、人員削減1万4450人 計画を3割上回る(日経新聞)

シャープや東芝ほどの大企業でも経営層が無能だと、簡単にリストラされてしまうのです。

激務で働く人
身を粉にして会社に尽くしてるんだから会社は守ってくれる

なんて幻想もいいところ。夢見すぎです。

会社に尽くして働いたところで何かあればすぐに裏切られますよ。

例えば、親の介護や家族病気の看病が必要になった場合。

フルタイムで働けず第一線から退かざるえませんね。

時短勤務を申し出したら会社は受け入れてくれると思いますか?

会社「時短?無理無理。他の会社探したら?」

と簡単に切り捨ててきます。

激務を強制する会社では、仕事と介護を両立することなんて不可能ですからね。

会社「長時間働けない社員は役に立たないからポーイ♪」

と退職勧奨され、呆気無くクビ。

クビになってから焦って転職活動してももう遅いですよ?

退職勧奨を受けるのは主に給料が高く役職者の高齢な社員。具体的には40代・50代のベテラン社員です。

40代以降になるとリストラのリスクが高まるのに、逆に転職市場では40代超えると一気に選択肢の幅が狭まります。

20代・30代の転職先が豊富にあるうちに、ワークライフバランスに理解のあるホワイト企業に転職してれば将来悩むこともないでしょう。

ホワイトな会社では社員に激務を強要することなんてありません。

将来の予期しないトラブルに備えるためにも早いうちから準備しておくことが大事なんです。

デメリット③休暇が取れない会社ではキャリアアップも出来ない!

自分「激務の会社で死ぬほど働いたので経験はあります!」

転職先人事「いや、君の経験って現場での営業経験だけでしょ。長時間勤務はアピールにならないんだよな~」

自分「え、、、」

と激務の会社で働いたことはアナタ自身のキャリアアップには一切繋がりません!残念!

何故かというと企業は年齢相応の経験を求めるから。

普通の企業での転職活動では、年齢に応じたマネジメント経験を求めてきます。

本来は、体力も落ちるので若い時のようにバリバリと現場で働くことは出来ないですし、過去の現場経験活かしたマネジメント経験を積んでいるはずです

仮にマネジメント経験が積めさそうな会社であれば、早い段階で転職してキャリアアップを目指すのが普通です。

人を動かす管理職や経営層に携わるわけですね。

このようなキャリアプランや職務が一般的なんです。

ですが激務の企業って基本的に儲かってないので、経営陣・管理部門は必要最小限の人数になっています。

管理職よりも、現場で売上を作ってくる社員が1人でも多く必要だからです。

管理部門で部下を動かすより、「プレイングマネージャーとして数字作って」というのが激務の会社の要望。

その結果、年齢相応の管理職経験を積むことが出来なくなるんです。

マネジメントスキル経営者目線などは一切身についていないというのは転職時に致命的。

このように現場仕事だけで30歳超えることがいかに転職時にリスクがあるか分かって貰えました?

激務仕事にしがみつくなんて本当に百害あって一利なし!!

転職しようにも選択肢が限られて、結局同じような激務の会社にしか転職できなかったって人私はたくさん知ってます。

大事なことなのでもう一度いいます。

激務の会社のしがみつくのは、あなたのキャリアアップの観点からも非常に危険です。

休み少ないから辞めたいと感じる理由5選」の記事でも書いているんですが、休みがないのは体力・アナタのキャリア的にメリットが1つもないんですよ。。

休み少ないから辞めたいと感じる理由5選。休みが少ない会社に居続けるリスク10個も!無理せず今すぐ転職しよう!
「休みが少ない・・会社辞めたい・・」 苦労して入社した会社だから休みが少なくても我慢してる人も多いと思います。 社会人だから辛...

⇒「毎日終電までサービス残業&早朝出勤。くも膜下出血で倒れてしまったので長期入院になりました。今はホワイト企業に転職しましたがもっと早く辞めれば良かった・・(20代/男性)」

激務の基準って?あなたの職場をチェックしてみよう

激務の感じ方は人それぞれ

激務に働く人
自分では激務だと思うけど一般的に見てどうなんだろう?

と激務の基準ってなんだと思いますか?

「仕事が激務だから辞めたい!」と感じる人もいれば、「激務な職場だけどやり甲斐を感じるぜ!」という人もいるんです。

具体例を上げて紹介してみましょう。

■太郎さんの勤務例

  • 休日月8日
  • 残業時間は1日3時間
  • 大手不動産販売

■花子さんの勤務例

  • 平日毎日16時間労働
  • 大手外資系コンサル会社
  • 残業時間は過労死ラインの100時間超え

と明らかに花子さんの労働時間は多いので激務といえます。

ですけど、仕事に対する満足度をアンケート取ってみたところ、なんと勤務時間が長い花子さんの方が「仕事が楽しい!」と感じていたんです。

太郎さん「労働時間長くて激務だから辞めたいなー」と答えていたのに対して

花子さん「労働時間長くて大変だけど成長機会が多い仕事を任せて貰ってる!」と感じていたんです。

結果花子さんの方が自分をモチベート出来るので、仕事で結果を出しやすくキャリアアップもしていきます。

結局のところ激務って個人の感じ方や主観によるところが大きいってことです。

一応労働基準法では1日8時間、1週間40時間までと定められていますが、36協定を結べば例外。

月間45時間以内までは残業させることが認められています。

ですが現実では、月80時間を超える残業をさせている企業は全体の22.7%という調査結果も出ているので法律は意味をなしてませんね。

参照:過労死等に関する実態把握のための社会面の調査研究事業(厚生労働省調べ)

ですので、「自分の会社は激務すぎねぇか?」と感じたら友人知人の会社と比較しながらまずは疑問を持つことが大事。

激務を強制する会社は基本的にはブラック企業といえるので、厚生労働省が定めるブラック企業の基準は知っておきましょう。

ブラック企業の基準
①労働者に対し長時間労働を課す
②賃金不払い・パワハラの横行
③過酷な労働環境で選別行う(クビにする)

1つでも当てはまるようであれば激務なブラック企業といえるのですぐに退職しましょう。

ブラック企業を辞めたい人へ。辞めるべき理由4つ」の記事でも書いてますが世の中にはとんでもないブラック企業は存在するんです。

そんなブラック企業で勤務してしまっているなら今すぐ退職するべきっていうことを理由と一緒に紹介しています。

ブラック企業を辞めたいへ。辞めるべき理由4つ!新卒でもうつ病になって精神的に限界ならホワイト企業へ転職だ!辞め方や失業保険のテクニックも
「ブラック企業に入社してしまった・・早く辞めたいよ・・」 働き方改革なんて政権では言われてますが、長時間労働やサービス残業は当たり前。...

激務な業界ランキングTOP5

間違って激務な業界に今後転職してしまわないようにするためにも、激務で有名な業界は知っておきましょう!

1位 コンサル業界

  • コンサルティング・シンクタンク業界
  • 月残業時間80.5時間

2位 マスコミ業界

  • 広告代理店・PR会社・デザイン会社
  • 月残業時間78.6時間

3位 不動産・建設業界

  • 建築・土木・設計
  • 月残業時間70.8時間

4位 マスコミ(放送関連)

  • TV放送・出版・新聞・映像関連
  • 月残業時間66.1時間

5位 不動産販売

  • マンション戸建ての不動産販売・その他住宅関連
  • 月残業時間64.8時間

参照:マイナビ 残業時間が長い業界ランキング

不動産営業がきついから辞めたい・・理由9つ紹介。後悔しないためにも不動産営業の大変さは知っておけ
「不動産業界の営業職に興味あるけど、周りからキツイから絶対に止めとけ!って言われる・・」 「賃貸営業から売買の営業にキャリアチェンジし...

⇒「平日は5時間のサービス残業。土日も毎週8時間労働。月の休みは1回だけ。もうこんな激務限界・・転職エージェントに相談したらすぐに残業なしの会社の紹介してくれました(20代/男性)」

仕事を辞めたいと感じる理由TOP3

次は仕事を辞めたい!と感じる理由です。

他の人の退職理由を知ることで、転職の時に役立てましょう!

仕事辞めたいと感じる理由
1位 人間関係
2位 評価や人事制度
3位 社風・給与・拘束時間

参照:ホンネとタテマエ(エン・ジャパン)

意外と結婚や家庭事情を上げてない人が目立ち待ちますね。

体調不良なども順位が低いです。

仕事を辞めたい!から絶対に辞めてやる!に変わる決定打になるのは、上記の3つの理由になるんですね。

次の項では具体的に「今すぐ仕事をやめるべき人」の特徴を紹介していきますね!

仕事辞めたい人へ。今すぐ転職すべきたった1つの理由。人間関係や鬱病で悩むくらいなら退職だ!ストレスで悩むな!
さっさと仕事を辞めろ! 「仕事辞めたい」 「仕事辞めたてのんびりしたい」 「介護が大変で辞めたい」 「結婚するから辞めたい」 ...

仕事を今すぐ辞めるべき人の特徴4つ

「今すぐ仕事を辞めたほうがいい!」

という人の特徴を紹介しておきます。

もし1つでも該当しているようであれば今すぐ仕事を辞めるようにしてください!

自分では気づいてないかもしれませんが、既に心身ともに限界が来てる可能性大です。

ぼんやりと「辞めたいな~」なんて思ってる場合じゃないです。緊急を要しているんですよ!!

特徴①人間関係が改善されず限界!

激務辞めたい人
上司の顔を見るだけでイライラが止まらない!

と感じる人は今すぐ辞めてOK!

仕事を辞める理由の中で1番多いのが人間関係なんです。

激務を強制したり、事あるごとに辛く当たってくるクソ上司のことなんて好きになれなくて当然。

上司以外にも、先輩や同僚とも合わない!ってケースもあるでしょう。

激務の職場では先輩や同僚も心の余裕がないので、平気で足を引っ張ってくる人だって少なくありません。

「この職場で人間関係は改善されそうにないな・・」

と感じた時は思い切って辞めるべきです。

自分自身の行動は意識すれば変えれますけど、他人のことを変えることは出来ません。

「ジョブローテーションで異動や転勤を待てばいいんじゃない?」

なんて淡い期待は捨て去ること。

自分の都合良く環境が変わることはありません。

ただ過去人間関係で何度も退職経験がある人は注意してください。

もしかすると自分自身に問題がある可能性もあるので一度振り返ってみましょう。

仕事を熱心に取り組んでいるのに周囲が理解も協力もしてくれないような環境なんてさっさと捨てるべきです!

モチベーションも維持できなくて仕事のパフォーマンスだって上がりません。

新しい会社で心機一転やり直す方が何倍も建設的といえます。

ストレスで仕事を辞めたいなら今すぐ転職だ!今すぐ転職するべき4つの理由」の記事でも書いてますがストレスを感じながら仕事をすると、自分でも気づかないうちに心身が崩壊していきますからね。。

ストレスで仕事を辞めたいなら今すぐ転職だ!今すぐ会社を辞めるべき4つの理由
「毎日朝起きたくない・・職場に行くのが辛い・・もう辞めたい・・」 「職場の人間関係がストレスで、原因不明に体調不良。今の仕事辞めても大...

特徴②鬱病にかかり精神崩壊寸前!

  • 「何をしても楽しくない」
  • 「夜寝れないし、朝方に目が覚める」

などと鬱病寸前の人も今すぐ転職すべき!

自分の体や精神が壊れてしまっても、会社は一切補償なんてしてくれませんよ?

労働環境が悪く悩みが深刻になると鬱病になったり、その一歩手前の状態になる人だっているんです。

「ヤバイかも?」

と感じたらすぐに会社に休職申請をだしましょう!

会社「忙しいのに休職なんてムリに決まってんじゃん!何言っての?バカなの?」

なんて言われればすぐに会社を辞めて大丈夫です。こちらは休職申請だして仁義は通しているんですから。

会社「我が社の社員は何があっても守る!」

なんていうのはただの理想論。

実際は問題が起これば「我が社に責任はない!」と責任逃れをして補償することもありません。

体力的・精神的に限界になり鬱病にかかってしまうと治療にも当然時間がかかってしまうんです。

メンタルを病んだ状態ですと転職活動の身動きもとりづらくなるでしょう。

自己犠牲よりも大事なのはあなた自身!

今すぐ辞める決断をするべきできです。

特徴③仕事に対し適性がなく不向きな場合

激務で働く人
何年経っても仕事で結果出せない。ミスばっかりだ・・

というように仕事に内容に対して不向きな人もいます。

残念ながらその仕事に適性ない可能性が高いです。

自分が楽しめる面白い仕事に転職するべきですね。

「仕事に向いてない!」

と感じる人は社会人経験の少ない若い人に多くいます。

上司「1年は最低続けろ!退職理由が不向きなんて曖昧だ!どうせ次も同じような理由で辞めるぞ!」

なんて偉そうにクソ上司は説教してくるんですよ。ほんとウザいですよね・・

ですが無理して会社に居続ける必要はありません。

アナタが「面白い!」「やり甲斐がある!」と感じる仕事を見つけて転職しましょう!

とはいえ、極端に転職回数があまりにも多くなると転職時に不利になるのは事実。

今後のキャリアに悪い影響を与えないためにも、次の転職は確実に成功させるようにしましょう!

特徴④責任感が強すぎて辞める決断ができない人

激務で働く人
辞めたいけど、退職すると会社に迷惑かかるからな~

なんて仕事を辞めたいけど逃げるのは甘えで、周りにも迷惑かけれないなんて思っているあなた!

クソ真面目で責任感が強すぎます!

何度も言いますが、会社はあなたの人生に対して責任は負いません。

使えなくなれば即クビにするだけ。

だったら、悶々と「仕事辞めたいなー」と思いながらダラダラ続ける良い思い切って退職してOKです。

次の職場で真面目なアナタの性格を生かすほうが、あなたのキャリアにとっても良いに決まってます。

社員に過酷過ぎる労働やノルマを課すようことは、あくまで会社側の責任で、あなたの責任ではありません。

自分が辞めると迷惑がかかるなんて心配する必要はなし!

辞めたい気持ちを持ったまま目の前の仕事に集中するなんて出来ないでしょ?

とにかく早く状況を変える行動を起こすべき。

もし会社に言い出せないなら社内の信頼できる人に相談してみましょう。

また家族にも早いうちに相談ベースで話をしておくべきですね。

嫁ブロック・子供ブロックなどのトラブルも未然に防ぐことだって出来ます。

他人に打ち明けることで、「自分がなぜ今の会社を辞めたのか?」「今度どうするのがベストなのか?」ということが明確になります。

辞めるのか?残るのか?

現状を突破してくれるようなアドバイスをくれる可能性だってあります。

責任感の強いあなたが覚えておくべきなのでは、退職は逃げ出すことではないってことです。

忙しい職場を作っているのは企業側の責任。

罪悪感を感じる必要はありません。

転職は仕事をする以上誰でも通ることで、悪いことではありません。

円満退職出来るように粘り強く交渉していきましょう!

⇒「会社選びに失敗してのブラック企業へ・・次の職場選びは失敗はしたくなかったので転職エージェントに相談して優良企業を紹介してもらえましたよ!(20代/男性)」

急げ!激務の会社からは今すぐにでも転職すべき!

激務で働く人
自分の将来どうなるんだろ・・

と激務の会社に勤めていても精神的にも将来性から言っても何一つ良いことはありません。

世の中のホワイト企業
①年間休日120日以上
②有給休暇取得率100%
③完全週休二日制
④残業時間10時間/月

と非常に条件のよい求人もたくさんあるんです。

家族も自分自身も大事にできるワークライフバランスが保てる優良企業に今すぐ転職するべき。

20代・30代なら選択肢が多いので、キャリア移すことを真剣に検討しましょう。

転職を確実に成功させるたった1つの方法

激務で働く人
でも転職経験あまりないし、面接対策どうしたらいいの?

自分の将来どうなるんだろ・・

と転職に不安も感じる人もいるでしょう。

転職面接の問の退職理由の説明は合否が決まる上でホントに重要です。

特に短期での離職の場合、面接官を納得させるようなフォローは絶対に必要。

短期離職での転職は、再就職する上でやはりマイナスイメージですからね。

「うわぁまた面接で落ちたよぉ!!」

と失敗を繰り返さないためにはどうするか?

それは転職エージェントに登録してプロのアドバイスを受けることです。

転職エージェントは短期離職者を内定に導くノウハウを十分に持っています。

「んー自己PRや志望動機はどうしたらいいんだろう・・」

と1人で悶々と悩むよりは、応募書類や面接対策など全てサポートしてくれるエージェントに相談しアドバイスを貰うべき。

しっかりと転職を準備をすることでエージェントが内定まで導いてくれることは間違いでしょう。

特に第二新卒や初めて転職活動をする!という人は登録しない理由がないです。

キャリアが浅い人ほど面接・志望動機・自己PRなどの準備で合否が決まるからです。

転職エージェントに登録するべき人は?

転職エージェントを利用するべき人の特徴

  • 仕事に時間を取られ活動できない
  • 転職活動を中途半端にしたくない
  • 会社に迷惑かけず両立したい
  • 就活で仕事のプライオリティを落としたくない
  • 情報収集・書類作成を休日にしたくない
  • 面接のスケジューリングしたくない

こういった人は転職エージェントを活用すると悩みが解決されるでしょう。

特に「とにかく効率的に転職活動を進めたい」という人は絶対登録すべきです。

転職エージェントというのは、あなたの専任のコンサルタントが「あなたが活躍できる業界や職種のアドバイス」「応募書類の添削」「面接対策」などを無料で行ってくれるんです。

「じゃあオススメの転職エージェントは?」

と気になるところ。

オススメの転職エージェントは・・・

↓ ↓

激務を辞めた人が多く登録している転職エージェントTOP3

doda/パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)

当サイト経由で1番多く登録されているの転職エージェントになります。

doda(デューダ)は大手人材人材会社のパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)グループが運営しているサービス。

転職支援業界で国内2位の売上高を誇っていますね。

dodaのポイントは以下になります。

①親身なサポートで転職者満足度No.1

dodaは転職者利用者へのアンケート調査で満足度No.1の実績。

満足度が高い理由としては、「登録者に寄り添った親身なサポート」だからです。

  • 転職に関する不安悩みごとの相談
  • 自分のキャリアプランに迷った時には面談でのキャリアカウンセリング
  • 将来の最適なキャリアプランの提案

このようなサポートの結果、転職サポートで年間1万人を成功に導く実績豊富なエージェントになります。

「以前転職エージェントに登録したけど放置された!」

「手厚く、親身なサポートを受けたい!」

という転職希望者が登録・利用すると特に満足度が高いですね。

②履歴書・職務経歴書の添削が抜群

dodaは履歴書・職務経歴書の添削が丁寧で分かりやすいと評判です。

転職活動での第一関門である書類選考。

応募書類で最大限自分の経験や能力をPRしないといけないのに、完璧な書類を作り上げている人は非常に少ないです。

その点、dodaのキャリアアドバイザーは

  • 1から応募書類の作成を手伝ってくれる
  • 履歴書を下書きすれば清書を代行してくれる
  • 書類選考通過率が約3倍にアップする書き方のコツを教えてくれる

といったサポートをしてくれるんです。

「書類選考で落ち続けて面接までたどり着けない・・」

という人は質が高いと評判のdodaの応募書類の添削を一度受けてみるべきですね。

③登録者限定の非公開求人が80%もある

dodaに登録した会員限定でしか閲覧できない非公開求人が全体の約80%あります。

非公開求人の中にはdodaだけが扱う独占求人も多いです。

求人の質も圧倒的に高く、業界最大手のリクルートエージェントとは違った独自の企業を紹介してくれるのが特徴。

⇒「転職者満足度No.1の言葉に惹かれて登録。確かに他の転職エージェントと比べてもサポートの質が抜群です。親身に相談に乗ってくれました!(20代/女性)」

ビズリーチ

ビズリーチはテレビCMでも話題の転職支援サービスですね。

特徴としては

①圧倒的なスカウトの豊富さ

ビズリーチに経歴書を登録するだけで、企業人事担当者や転職エージェントの担当者から毎日のようにスカウトが届きます。

登録した人のキャリア次第では、大手転職エージェントと比較して3-10倍ほどスカウトの数が増えた!という人もいます。

  • 「仕事が忙しくて求人チェックする時間がない」
  • 「とにかくたくさんの企業からのスカウトをチェックしたい」

という人は、登録するだけでスカウトがたくさんくるビズリーチが向いているでしょう。

②年収アップ出来る求人が多数

ビズリーチは他の転職エージェントと比較しても、年収アップできる求人が豊富です。

理由としてはビズリーチは元々年収600万以上のハイスペックのビジネスパーソンに特化していた転職支援サービスだったからです。

ですので現状年収が低い転職希望者であっても、ビズリーチでしかチェック出来ない好条件の求人が紹介されるでしょう。

  • 「今の年収に不満がある!」
  • 「もっともっと稼ぎたい!」

という人は登録しておくと良いでしょう。

※公式ホームページには「年収600万以上に支持される」とありますが、年収600万未満でも登録・利用は問題なく出来ます

③上場企業・大手企業の求人が多い

上に書いた「年収アップ出来る求人が多い」ということとも繋がりますが、ビズリーチは大手・上場企業の求人が多いです。

年収が多い求人が多いので、当然上場企業や大手企業の求人が多いのは必然なのですが。

ですので「新卒で入社できなかった大手に入社したい!」と感じる人は登録しておいた方が良いです。

とはいえ大手企業は周りも入社したいと感じる人気求人。

募集してもすぐに打ち切りになりますし、募集も若干名です。

なので逆算して早めにビズリーチに登録して、大手企業の求人を漏れなくチェックしておくことが大事だといえます。

⇒「他の転職エージェントよりも年収アップ出来る求人紹介が1番多かったですね!ビズリーチからの紹介求人で年収が30%ほどアップしました♪(30代/男性)」

リクルートエージェント

転職支援サービス最大手のリクルートグループの転職エージェントになります。

①業界最多の13万件の求人件数で他社を圧倒。

転職エージェント業界業界最大手リクルートエージェント。

公開求人・非公開求人が合わせると約13万件と業界最多の圧倒的な求人件数です。

「とにかくたくさんの求人の中から自分に合う求人を探したい!」

という人はリクルートエージェントの求人の多さを実感するべきでしょう。

②転職支援の成功実績32万件でNO.1

リクルートエージェントが転職支援業界で成功実績No.1となったのは以下の理由です。

求人数の多さ+担当キャリアアドバイザーの質の高さ=転職成功実績32万件

確かに、dodaのキャリアアドバイザーもレベルが高いのですが、dodaの特徴としては親切丁寧なサポートです。

一方リクルートエージェントの特徴としては、とにかくキャリアアドバイザーのアドバイスが的確ということ。

アドバイスの内容に無駄がなく、ズバリ自分が進むべきキャリアを示してくれるんです。

と使い分けが必要になってきます。

③女性向けの転職ノウハウが豊富

リクルートグループの中に人材派遣会社(リクルートスタッフィング)と連携した女性に特化した求人や濃いノウハウ情報が豊富にあります。

特に事務職・販売職などの業界職に精通したキャリアコンサルタントが多数在籍しているので相談しやすい環境は整っていますよ。

「女性ならでは目線で悩みを相談したり、共感してくれる担当者が良い!」

と感じる女性の転職希望者が登録すると満足なサポートを受けることが出来ます。

④夜間・土日祝日でもサポート受付!

リクルートエージェントは、平日・土日祝日いつでも20時以降にも相談が出来るんです。

「仕事が忙しいからなかなか転職活動の時間が割けない・・」

という人でも、在職しながら転職活動が出来るサ手厚いサービスと言えますね。

⇒「業界最大手だけあって紹介される求人数は桁違い!転職サイトに掲載されてない非公開求人も紹介されたので大満足です!(20代/女性)」

4位:就職shop

番外編ですが、就職shopも紹介しておきます。就職shopは30歳以下の若手ビジネスパーソン向けの転職エージェントです。

特徴としては、3つあります。

①書類選考不要で必ず面接まで進める

就職shopの最大のメリットはなんといっても書類選考不要で希望した企業の面接を受けれるということ。

「どれだけ応募しても書類選考落ちで面接まで進まない・・」

「面接まで進めば自分の良さをアピール出来るのに・・」

という人は是非使っておきたいサービスです。

書類選考不要の転職エージェントは他社でもないサービスなので、個人的にはかなり画期的だと思いますね。

②全ての企業を取材済み!求人情報が正確

就職shopの求人は、全てスタッフが足を運んで企業を100%取材しています。

取材していることによるメリットとしては「求人情報が正確」「ブラック企業が皆無」といったことがあります。

ですので就職shop経由で入社した場合は「聞いていた条件や仕事内容じゃなかった・・」ということはほぼ皆無と言って良いでしょう。

ただ、全ての企業に足を運んでから求人掲載するので必然的に他の転職エージェントよりは求人数は少なくなります。

なので今回は4位にランキングしておきました。

③18-30歳以下の男女のみが登録の対象

他の転職エージェントであれば何歳であってもう登録可能です。

ですが、就職shopは18-30歳男女の若者向けの転職エージェントとなります。

なので、31歳以上の場合は登録が出来ないのでその点だけ注意が必要です。

⇒「毎回書類選考落ち・・でも就職shopなら書類選考なしで面接まで進めるんです!自分の良さをアピール出来たので直ぐに内定出ました♪(20代/男性)」

会社を辞めるべきではない人の特徴4つ

入社1年目の人
今すぐ辞めてやる!!

というあなた。ちょっと待った!

下記に当てはまる場合は退職を考え直した方がいいかもしれませんよ?

退職前に念のため確認しておきましょう。

特徴①人間関係以外の理由で辞めたい場合

激務で働く人
何となく仕事がダルいから辞めちゃおうかなー

など人間関係以外の理由で退職したい場合。

退職したい理由
①社風が合わない
②正当な評価もらえない
③給料低い
④残業多すぎ

もちろんこういった理由でもストレスを感じ仕事辞めたい!と感じるでしょう。

でもただの不満や愚痴のレベルなら辞めないほうが良いです。

仕事があまりにも忙しすぎるなら、

上司「これやっといて」

自分「出来ません!」

上司「なぁーにぃ!やれといったらやれ!」

自分「ムリと言ったらムリ!」

と断固たる思いできっぱりと断りましょう。

また明らかにキャパオーバーの場合は上司に相談して仕事の分量を減らしてもらうなどの交渉も必要になります。

評価や給与なども交渉してみることで状況が改善され打破出来る可能性もあります。

特徴②結婚での退職の場合

仕事やめたい人
あぁもう仕事疲れたし結婚して専業主婦になりたいな~

なんて寿退社だけを理由に退職したい!と考えるのも危険思想。

確かに、30歳前後に結婚を口実とした引越しや出産で仕事を辞める女性も多いです。

ですが、一度正社員の仕事を辞めるとキャリアが途切れるリスクもあります。

「子育ても落ち着いたし前と同じ条件の仕事探そうかなー♪」

なんて思っても再就職は難しいでしょう。

年齢の問題もありますが、前職の6割程度の年収がダウンします。

また男性の平均年収も毎年のようにダウンしているので、男性側も「結婚しても働いてよ?」と共働きを希望する人も多いんです。

ですので一時の辛さから逃げるための退職は避けるべき。

どうしても辛いなら残業時間が月間10時間以内の職場など楽な仕事に転職するのがベストな選択といえます。

特徴③介護を理由にした退職

仕事やめたい人
介護と仕事を両立させるなんてもう無理!

と親の介護で心身に負担がかかり仕事を辞めるのも危険!

共倒れの可能性だってあるんです。

行政の手助けも期待できないと介護と仕事の状態に気が滅入り退職したくなる気持ちもわかります。

ですが、絶対に介護を理由にして退職するのは避けるべき!

万が一親が亡くなった場合年金支給での定期収入を期待できなくからです。

また介護が終わったあとに、再就職しようにも介護期間のブランクが原因で転職に苦労するのは目に見えています。

介護離職は日本でも大きな社会問題。

どうしても介護が大変な場合は、時短や残業なしの職場に転職して生活に支障でない選択をするべきです。

特徴④ただ単に疲れているだけ

仕事やめたい人
繁忙期で残業多いから疲れたな。もうやめよっかなー

と日々の激務に疲れて一時的に仕事を辞めたいと思っているだけなら一度冷静になるべき。

求職してゆっくりしてから去就を決定するべきです。

冷静に考えて、どうしたいか?何の仕事をしたいのか?を整理してみましょう。

加齢とともに疲労感も感じやすくなるので、当然若い時と同じように毎日終電まで残業!なんてことは出来ません。

無理して出勤し続ける必要はありません。また休職することにも罪悪感を感じることはないんです。

⇒「早く退職してよかった!仕事辞めた瞬間からストレスがなくなりました♪(20代/男性)」

無理せずに仕事は辞めていいんです!

日本人は「我慢して仕事を続ける」ことが美徳とされていますよね。

でもそんなことで本当に幸せになれると思いますか?

明らかに、鬱病や長時間労働など明らかに問題があるのに、ムリし続けることに何の意味があるんでしょうか?

仕事は今の仕事だけじゃないんです。

冷静になって他の職場を探してみれば、残業なしの年収500万円の仕事だって存在します。

それでも無理して、ストレスを日々感じながら仕事を続けますか?

転職を確実に成功させるための方法

激務で働く人
でも自分1人で良い職場を探せる自信ないよ!

というあなたは、転職エージェントに登録するべき!

転職エージェントというのは専任のコンサルタントが「活躍できる業界や職種のアドバイス」「応募書類の添削」「面接対策」などを完全無料で行ってくれるんですよ!

「でもどこの転職エージェントに登録したらいいか分からない!」

というあなたは転職エージェントを使うべき。

私自身も転職の際には転職エージェントのサービスを利用しました。

転職エージェントでのサポートを受けた結果、転職活動期間2か月にも関わらず、7社の内定を勝ち取れたんです!

しかも完全無料でサポートしてくれるので、仕事を辞めたいと感じるあなたが登録しない理由はないですね。

私が実際に使ってみた転職エージェントの特徴を紹介しておくので、あなたいに合いそうな転職エージェントを使い分けていくといいですね。

激務を辞めて転職した人が多く登録している転職エージェントTOP3

doda/パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)

当サイト経由で1番多く登録されているの転職エージェントになります。

doda(デューダ)は大手人材人材会社のパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)グループが運営しているサービス。

転職支援業界で国内2位の売上高を誇っていますね。

dodaのポイントは以下になります。

①親身なサポートで転職者満足度No.1

dodaは転職者利用者へのアンケート調査で満足度No.1の実績。

満足度が高い理由としては、「登録者に寄り添った親身なサポート」だからです。

  • 転職に関する不安悩みごとの相談
  • 自分のキャリアプランに迷った時には面談でのキャリアカウンセリング
  • 将来の最適なキャリアプランの提案

このようなサポートの結果、転職サポートで年間1万人を成功に導く実績豊富なエージェントになります。

「以前転職エージェントに登録したけど放置された!」

「手厚く、親身なサポートを受けたい!」

という転職希望者が登録・利用すると特に満足度が高いですね。

②履歴書・職務経歴書の添削が抜群

dodaは履歴書・職務経歴書の添削が丁寧で分かりやすいと評判です。

転職活動での第一関門である書類選考。

応募書類で最大限自分の経験や能力をPRしないといけないのに、完璧な書類を作り上げている人は非常に少ないです。

その点、dodaのキャリアアドバイザーは

  • 1から応募書類の作成を手伝ってくれる
  • 履歴書を下書きすれば清書を代行してくれる
  • 書類選考通過率が約3倍にアップする書き方のコツを教えてくれる

といったサポートをしてくれるんです。

「書類選考で落ち続けて面接までたどり着けない・・」

という人は質が高いと評判のdodaの応募書類の添削を一度受けてみるべきですね。

③登録者限定の非公開求人が80%もある

dodaに登録した会員限定でしか閲覧できない非公開求人が全体の約80%あります。

非公開求人の中にはdodaだけが扱う独占求人も多いです。

求人の質も圧倒的に高く、業界最大手のリクルートエージェントとは違った独自の企業を紹介してくれるのが特徴。

⇒「転職者満足度No.1の言葉に惹かれて登録。確かに他の転職エージェントと比べてもサポートの質が抜群です。親身に相談に乗ってくれました!(20代/女性)」

ビズリーチ

ビズリーチはテレビCMでも話題の転職支援サービスですね。

特徴としては

①圧倒的なスカウトの豊富さ

ビズリーチに経歴書を登録するだけで、企業人事担当者や転職エージェントの担当者から毎日のようにスカウトが届きます。

登録した人のキャリア次第では、大手転職エージェントと比較して3-10倍ほどスカウトの数が増えた!という人もいます。

  • 「仕事が忙しくて求人チェックする時間がない」
  • 「とにかくたくさんの企業からのスカウトをチェックしたい」

という人は、登録するだけでスカウトがたくさんくるビズリーチが向いているでしょう。

②年収アップ出来る求人が多数

ビズリーチは他の転職エージェントと比較しても、年収アップできる求人が豊富です。

理由としてはビズリーチは元々年収600万以上のハイスペックのビジネスパーソンに特化していた転職支援サービスだったからです。

ですので現状年収が低い転職希望者であっても、ビズリーチでしかチェック出来ない好条件の求人が紹介されるでしょう。

  • 「今の年収に不満がある!」
  • 「もっともっと稼ぎたい!」

という人は登録しておくと良いでしょう。

※公式ホームページには「年収600万以上に支持される」とありますが、年収600万未満でも登録・利用は問題なく出来ます

③上場企業・大手企業の求人が多い

上に書いた「年収アップ出来る求人が多い」ということとも繋がりますが、ビズリーチは大手・上場企業の求人が多いです。

年収が多い求人が多いので、当然上場企業や大手企業の求人が多いのは必然なのですが。

ですので「新卒で入社できなかった大手に入社したい!」と感じる人は登録しておいた方が良いです。

とはいえ大手企業は周りも入社したいと感じる人気求人。

募集してもすぐに打ち切りになりますし、募集も若干名です。

なので逆算して早めにビズリーチに登録して、大手企業の求人を漏れなくチェックしておくことが大事だといえます。

⇒「他の転職エージェントよりも年収アップ出来る求人紹介が1番多かったですね!ビズリーチからの紹介求人で年収が30%ほどアップしました♪(30代/男性)」

リクルートエージェント

転職支援サービス最大手のリクルートグループの転職エージェントになります。

①業界最多の13万件の求人件数で他社を圧倒。

転職エージェント業界業界最大手リクルートエージェント。

公開求人・非公開求人が合わせると約13万件と業界最多の圧倒的な求人件数です。

「とにかくたくさんの求人の中から自分に合う求人を探したい!」

という人はリクルートエージェントの求人の多さを実感するべきでしょう。

②転職支援の成功実績32万件でNO.1

リクルートエージェントが転職支援業界で成功実績No.1となったのは以下の理由です。

求人数の多さ+担当キャリアアドバイザーの質の高さ=転職成功実績32万件

確かに、dodaのキャリアアドバイザーもレベルが高いのですが、dodaの特徴としては親切丁寧なサポートです。

一方リクルートエージェントの特徴としては、とにかくキャリアアドバイザーのアドバイスが的確ということ。

アドバイスの内容に無駄がなく、ズバリ自分が進むべきキャリアを示してくれるんです。

と使い分けが必要になってきます。

③女性向けの転職ノウハウが豊富

リクルートグループの中に人材派遣会社(リクルートスタッフィング)と連携した女性に特化した求人や濃いノウハウ情報が豊富にあります。

特に事務職・販売職などの業界職に精通したキャリアコンサルタントが多数在籍しているので相談しやすい環境は整っていますよ。

「女性ならでは目線で悩みを相談したり、共感してくれる担当者が良い!」

と感じる女性の転職希望者が登録すると満足なサポートを受けることが出来ます。

④夜間・土日祝日でもサポート受付!

リクルートエージェントは、平日・土日祝日いつでも20時以降にも相談が出来るんです。

「仕事が忙しいからなかなか転職活動の時間が割けない・・」

という人でも、在職しながら転職活動が出来るサ手厚いサービスと言えますね。

⇒「業界最大手だけあって紹介される求人数は桁違い!転職サイトに掲載されてない非公開求人も紹介されたので大満足です!(20代/女性)」

4位:就職shop

番外編ですが、就職shopも紹介しておきます。就職shopは30歳以下の若手ビジネスパーソン向けの転職エージェントです。

特徴としては、3つあります。

①書類選考不要で必ず面接まで進める

就職shopの最大のメリットはなんといっても書類選考不要で希望した企業の面接を受けれるということ。

「どれだけ応募しても書類選考落ちで面接まで進まない・・」

「面接まで進めば自分の良さをアピール出来るのに・・」

という人は是非使っておきたいサービスです。

書類選考不要の転職エージェントは他社でもないサービスなので、個人的にはかなり画期的だと思いますね。

②全ての企業を取材済み!求人情報が正確

就職shopの求人は、全てスタッフが足を運んで企業を100%取材しています。

取材していることによるメリットとしては「求人情報が正確」「ブラック企業が皆無」といったことがあります。

ですので就職shop経由で入社した場合は「聞いていた条件や仕事内容じゃなかった・・」ということはほぼ皆無と言って良いでしょう。

ただ、全ての企業に足を運んでから求人掲載するので必然的に他の転職エージェントよりは求人数は少なくなります。

なので今回は4位にランキングしておきました。

③18-30歳以下の男女のみが登録の対象

他の転職エージェントであれば何歳であってもう登録可能です。

ですが、就職shopは18-30歳男女の若者向けの転職エージェントとなります。

なので、31歳以上の場合は登録が出来ないのでその点だけ注意が必要です。

⇒「毎回書類選考落ち・・でも就職shopなら書類選考なしで面接まで進めるんです!自分の良さをアピール出来たので直ぐに内定出ました♪(20代/男性)」

激務の会社に入社してしまった体験談2つ。反面教師に!

体験談①激務なのに月収15万円の会社に就職してしまった理由

■24歳男性

大学4年の時、新卒入社で入社する会社を探すために就職活動をしていました。

自分のやりたい仕事を色々と探していたのですが、なかなか内定がもらえません。

結局在学中に就職を決めることが出来ずにそのまま卒業。

「もう雇ってくれたらどこでもいい!」

という状態だったので、月収などの条件も決めずに地元の工場での製造業の会社に就職。

大卒なのになんと初任給は15万円。

数年勤めてリーダーになり役職手当がもらえましたがたった月1000円だけ。

残業時間は1日4時間あり激務なのに薄給。

「こんな職場やってられるか!」

と仕事を辞めることにしました。

自分「会社辞めます!」

上司「は?いつ?」

自分「2週間後です」

上司「いやいやちょっと待ってよ・・」

と急に辞めるなんて言い出すもんだから上司も引き留めようと毎日電話してきたり必死に説得してきました。

私自身退職は決意していたので、電話や口頭でも退職の意志は固いことを何度も伝えたんです。

上司「そこまで言うなら分かったよ」

と上司も退職を受け入れてくれたので、離職票など退職手続きをしました。

転職活動を開始して「今度こそ良い会社で働くぞ!」と意気込みましたね。

会社をやめた日の帰り道では「激務の会社を退職出来てほんと良かった!」とスキップしたくなるくらい清々しい気分でした(笑)

世の中にはホワイト企業もある!転職で月収が2倍近くに!

転職活動では、自分の経験を活かせるように同業他社を中心に受けていました。

希望条件は「定時帰り」「月収20万円以上」です。

自分1人ではまた激務の仕事を選んでしまうミスをしたくありませんでした。

なので転職エージェントで自分の希望を伝えて転職のサポートをしてもらっていたんです。

結果なんと月収27万円の企業に転職成功!しかも残業時間は月に10時間程度。

もっと早く転職してりゃよかった・・と後悔しかなかったです(笑)

前の会社の上司は「3年は働け!」と言ってきましたが、結局給料の低さは何年働いても変わらりません。

ワタミや電通などのブラック企業をみても分かる通り仮に過労死自殺の事件が起きても、明らかな証拠がなければ会社からの賠償はなし。

会社に酷使され病気や体調不良なっても会社は治療費なんて出してくれませんからね。

私自身小さい会社で酷使されまくった経験からいうと、そういったブラック企業は少ない給料で長時間激務を強いることしか考えてないです。

長時間労働に関して、新聞やテレビに公表されている企業はごく一部。氷山の一角しかりません。

ブラック企業の多くは働かせるだけ働かせて人材を使い捨てすることしか考えてません。

ちょっとでも「おかいしいな?」と感じたらすぐに辞めるべきです!

体験談②憧れだった広告代理店に入ったもの・・

■28歳女性/web広告代理店勤務

就職氷河期の事態に就職活動をしていました。

ほとんどの学生が内定が獲得出来てない状況だったんです。

でも「仕事するなら絶対広告代理店!か出版社!」と決めていたんです。

営業職は出来なさそうだったので、専門職の制作業務をしたいなーと思っていました。

田舎の両親のもとを離れたくない!と思っていたので地元に残ることに。

地元の企業か支社で勤務できそうな会社を探していたんです。

ですが、就職氷河期の時代に私の学歴では希望条件を満たす仕事は見つけられる惨敗につぐ惨敗。

結局希望する職種で就職先を見つけることができなかったんです。

やっぱり新卒採用の少ない時期に、地方都市勤務希望!というのは虫が良すぎる話でした。

当時の学生の私に怒ってやりたいです(笑)

内定出してくれて採用してくれる企業が1社もないというのはかなり落ち込みます。

自分の存在価値まで否定されたようでした。

アルバイト先の友人の先輩と食事をする機会があり、就職失敗の相談したんです。

先輩「広告代理店での制作の仕事は経験必須で中途採用が多いんだよ。だから小さい会社でもいいからとりあえず経験積むことを考えたらどう?」

とアドバイスしてくれたんです。

「小さい会社を探そう!」

と思ってましたが、タイミングも良く本当にラッキーだったのですが、大手広告代理店に契約社員ですが、アシスタントで入社することができたんです!

大手広告代理店入社したものの・・間もなくドロップアウト

結果、誰でも知ってるような総合広告代理店の制作局に入社することができたんです!

飛び上がるほど嬉しかったですね!

新卒では入社することができなかった会社に入れたんですから♪

デザイナーとして長年の夢だったプロダクト生み出す!という仕事に喜びを感じてたんです。

ですが、楽しかったのは入社数日だけ・・

大変だとは聞いていましたが、広告代理店の仕事量は私の10倍を超える量でした。

欠員が出たための中途採用だったので、前任者からの十分な引継ぎがなかったことも大変な原因となります。

引継ぎで教えてもらっていないことも多いので、当然分からないこともたくさん。

でも他の先輩社員も相当忙しいので、じっくりと質問する時間なんてありません。

連日連夜、深夜まで残業をすることになります。

明らかに労働基準法違反です。

会社に泊まり込んだり、帰れても終電がないのでタクシー帰り。

基本的に土日は休みなのですが、毎週のように自宅に仕事を持ち帰って仕事です。

当然休日出勤の代休なんて取れません。

憧れの仕事だったのですが、代理店の仕事を初めてからは遠距離恋愛の彼氏と会う時間も取れず別れることに。

「今の仕事を続けたら一生結婚も出産も出来ないぞ・・」

とさらに私を落ち込ませました。

自分の経験やスキルが圧倒的に不足していることが原因。

ですが自分の能力以上に、「納期に仕事を仕上げないといけない!」というプレッシャー追われ苛立ちになり、ストレスは限界を迎えてしまったんです。。

ついに、心身ともに限界を迎えて深夜に救急車で運ばれそのまま入院。

満足に食事も取れず、過労と軽度の鬱病という診断でした。

広告代理店の仕事のスタイルにも限界を感じていたので、試用期間中ですがそのまま退職することにしました。

もう、ほんとうに悔しかったです。

あんなにやりたかった仕事なのに!

 

ハローワークで仕事探すも全然ない!最後にたどり着いた方法は?

「早く次の仕事を見つけなきゃ!」

と体調が治ってから就職活動をすぐに開始。

ハローワークや転職フェアに参加、出身大学の就職課にも相談しました。

新卒の時は「出版・広告代理店」の仕事しか探していなかったので、今回は幅広くみてみよう!

と思い色んな求人をチェックしてみることに。

でも結局私が「この仕事いいな!」と思うのは全部広告関係の仕事だったのです。

「私にはこの仕事しかないんだな」

と腹をくくって広告関連の求人だけを探すことにしました。

でもハローワークは工場や製造業の営業職の仕事ばかり。しかも給料安いし。

「絶対広告関係!」と決めていたので、友人の薦めで転職エージェントに登録してみることに!

転職エージェントを使うのは初めてだったので、半信半疑だったのです。

ですが紹介してもらった「web広告の代理店の仕事」に応募してみると、今までの経験が評価されて即採用!

ほんとに嬉しかったです。

前回の総合広告代理店の時は相当仕事を見つけるのに苦労しましたが、転職エージェントの方がサポートしてくれたので、予想よりも3ヶ月くらい早く決めることができました。

今はすっごくやり甲斐を感じています!

webの広告代理店の知識もついてきたので、平日の晩や土日の時間を使ってフリーランスとしての活動も開始したんです!

制作会社やハウスの代理店・クライアントと直接契約して仕事をちょっとずつ貰っています。

19時には自宅に帰れて残業時間もそれほどないので、ストレスもほとんど感じていません!

毎日が楽しくて仕方ないですね♪

激務を理由に転職する前のチェックリスト3つ!退職前に確認しておこう!

1、転職するほどの激務かどうか

「激務だ!ブラック企業だ!」

という前に本当に深刻かどうか転職前に検討するべき。

自分の仕事のどの箇所に激務と感じるのか?

  • 労働時間?
  • 仕事量?
  • 職場環境?

定量的に突き詰めて考える作業は大事です!

今の仕事を辞めて次の仕事を選ぶにしても、どの項目を重視するかで選ぶべき求人も変わってきます。

判断軸を間違わないように、振り返りが必要なんです。

激務の仕事を退職したのに、また新しい仕事も激務だった!なんて笑うに笑えません。

転職サイトや紙面などたくさんの求人が掲載されていますが、自分は前職以前にどの部分が不満だったのか?

しっかりと洗い出し、同じ失敗をしないように満足いく転職先を見つけるようにするべきですね!

2,転職先の業界研究は出来ているのか?

転職希望先が決まっても、その業界の現状などの業界研究は十分出来てますか?

求人票に書いている当たり障りないことではありません。

例えば、広告業界ではネット広告の出稿額がテレビについで2位になっているなどの業界の事情に関して詳しくなっておく必要があります。

友人・知人・先輩など人脈をフル動員して希望転職先の業界の生の声を知るべきです。

「でも都合よく知り合いなんていないよ!」という場合は転職エージェントに教えてもらいましょう。

各コンサルトタントごとに業界に精通してますから、どの業界のことを聞いても詳しく教えてくれるんです。

また自分が業界への向き不向きなどの適性も客観的に意見として教えてくれますよ!

3,転職エージェントに登録しているか?

  • プロ視点で自己分析してくれる
  • 転職しない選択肢も提示
  • 非公開求人紹介

転職エージェントは上記のようなサポートをしてくれるんです。

客観的に自分の強み弱みを知れるので、自分自身を理解して激務の業界の応募を避けるなどの効率的な転職活動が出来るようになります。

また「転職エージェントに登録したら絶対に転職しないとダメなんじゃないの?」

と思うかもしれませんがそんなことはありません。

面談した結果転職に不向きと判断すれば「転職は止めておいたほうがいいですよ」と率直な意見も聞かせてくれます。

たまに転職エージェントに登録せず我流の活動をする人がいますが、全くオススメできません。

無料で希望転職先を見つけれる可能性が上がるんですから、確実に登録するべきですね。

転職エージェントに登録するべき人は?

転職エージェントを利用するべき人の特徴

  • 仕事に時間を取られ活動できない
  • 転職活動を中途半端にしたくない
  • 会社に迷惑かけず両立したい
  • 就活で仕事のプライオリティを落としたくない
  • 情報収集・書類作成を休日にしたくない
  • 面接のスケジューリングしたくない

こういった人は転職エージェントを活用すると悩みが解決されるでしょう。

特に「とにかく効率的に転職活動を進めたい」という人は絶対登録すべきです。

転職エージェントというのは、あなたの専任のコンサルタントが「あなたが活躍できる業界や職種のアドバイス」「応募書類の添削」「面接対策」などを無料で行ってくれるんです。

「じゃあオススメの転職エージェントは?」

と気になるところ。

オススメの転職エージェントは・・・

↓ ↓

激務を辞めた人が多く登録している転職エージェントTOP3

doda/パーソルキャリア(旧:インテリジェンス)

当サイト経由で1番多く登録されているの転職エージェントになります。

doda(デューダ)は大手人材人材会社のパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)グループが運営しているサービス。

転職支援業界で国内2位の売上高を誇っていますね。

dodaのポイントは以下になります。

①親身なサポートで転職者満足度No.1

dodaは転職者利用者へのアンケート調査で満足度No.1の実績。

満足度が高い理由としては、「登録者に寄り添った親身なサポート」だからです。

  • 転職に関する不安悩みごとの相談
  • 自分のキャリアプランに迷った時には面談でのキャリアカウンセリング
  • 将来の最適なキャリアプランの提案

このようなサポートの結果、転職サポートで年間1万人を成功に導く実績豊富なエージェントになります。

「以前転職エージェントに登録したけど放置された!」

「手厚く、親身なサポートを受けたい!」

という転職希望者が登録・利用すると特に満足度が高いですね。

②履歴書・職務経歴書の添削が抜群

dodaは履歴書・職務経歴書の添削が丁寧で分かりやすいと評判です。

転職活動での第一関門である書類選考。

応募書類で最大限自分の経験や能力をPRしないといけないのに、完璧な書類を作り上げている人は非常に少ないです。

その点、dodaのキャリアアドバイザーは

  • 1から応募書類の作成を手伝ってくれる
  • 履歴書を下書きすれば清書を代行してくれる
  • 書類選考通過率が約3倍にアップする書き方のコツを教えてくれる

といったサポートをしてくれるんです。

「書類選考で落ち続けて面接までたどり着けない・・」

という人は質が高いと評判のdodaの応募書類の添削を一度受けてみるべきですね。

③登録者限定の非公開求人が80%もある

dodaに登録した会員限定でしか閲覧できない非公開求人が全体の約80%あります。

非公開求人の中にはdodaだけが扱う独占求人も多いです。

求人の質も圧倒的に高く、業界最大手のリクルートエージェントとは違った独自の企業を紹介してくれるのが特徴。

⇒「転職者満足度No.1の言葉に惹かれて登録。確かに他の転職エージェントと比べてもサポートの質が抜群です。親身に相談に乗ってくれました!(20代/女性)」

ビズリーチ

ビズリーチはテレビCMでも話題の転職支援サービスですね。

特徴としては

①圧倒的なスカウトの豊富さ

ビズリーチに経歴書を登録するだけで、企業人事担当者や転職エージェントの担当者から毎日のようにスカウトが届きます。

登録した人のキャリア次第では、大手転職エージェントと比較して3-10倍ほどスカウトの数が増えた!という人もいます。

  • 「仕事が忙しくて求人チェックする時間がない」
  • 「とにかくたくさんの企業からのスカウトをチェックしたい」

という人は、登録するだけでスカウトがたくさんくるビズリーチが向いているでしょう。

②年収アップ出来る求人が多数

ビズリーチは他の転職エージェントと比較しても、年収アップできる求人が豊富です。

理由としてはビズリーチは元々年収600万以上のハイスペックのビジネスパーソンに特化していた転職支援サービスだったからです。

ですので現状年収が低い転職希望者であっても、ビズリーチでしかチェック出来ない好条件の求人が紹介されるでしょう。

  • 「今の年収に不満がある!」
  • 「もっともっと稼ぎたい!」

という人は登録しておくと良いでしょう。

※公式ホームページには「年収600万以上に支持される」とありますが、年収600万未満でも登録・利用は問題なく出来ます

③上場企業・大手企業の求人が多い

上に書いた「年収アップ出来る求人が多い」ということとも繋がりますが、ビズリーチは大手・上場企業の求人が多いです。

年収が多い求人が多いので、当然上場企業や大手企業の求人が多いのは必然なのですが。

ですので「新卒で入社できなかった大手に入社したい!」と感じる人は登録しておいた方が良いです。

とはいえ大手企業は周りも入社したいと感じる人気求人。

募集してもすぐに打ち切りになりますし、募集も若干名です。

なので逆算して早めにビズリーチに登録して、大手企業の求人を漏れなくチェックしておくことが大事だといえます。

⇒「他の転職エージェントよりも年収アップ出来る求人紹介が1番多かったですね!ビズリーチからの紹介求人で年収が30%ほどアップしました♪(30代/男性)」

リクルートエージェント

転職支援サービス最大手のリクルートグループの転職エージェントになります。

①業界最多の13万件の求人件数で他社を圧倒。

転職エージェント業界業界最大手リクルートエージェント。

公開求人・非公開求人が合わせると約13万件と業界最多の圧倒的な求人件数です。

「とにかくたくさんの求人の中から自分に合う求人を探したい!」

という人はリクルートエージェントの求人の多さを実感するべきでしょう。

②転職支援の成功実績32万件でNO.1

リクルートエージェントが転職支援業界で成功実績No.1となったのは以下の理由です。

求人数の多さ+担当キャリアアドバイザーの質の高さ=転職成功実績32万件

確かに、dodaのキャリアアドバイザーもレベルが高いのですが、dodaの特徴としては親切丁寧なサポートです。

一方リクルートエージェントの特徴としては、とにかくキャリアアドバイザーのアドバイスが的確ということ。

アドバイスの内容に無駄がなく、ズバリ自分が進むべきキャリアを示してくれるんです。

と使い分けが必要になってきます。

③女性向けの転職ノウハウが豊富

リクルートグループの中に人材派遣会社(リクルートスタッフィング)と連携した女性に特化した求人や濃いノウハウ情報が豊富にあります。

特に事務職・販売職などの業界職に精通したキャリアコンサルタントが多数在籍しているので相談しやすい環境は整っていますよ。

「女性ならでは目線で悩みを相談したり、共感してくれる担当者が良い!」

と感じる女性の転職希望者が登録すると満足なサポートを受けることが出来ます。

④夜間・土日祝日でもサポート受付!

リクルートエージェントは、平日・土日祝日いつでも20時以降にも相談が出来るんです。

「仕事が忙しいからなかなか転職活動の時間が割けない・・」

という人でも、在職しながら転職活動が出来るサ手厚いサービスと言えますね。

⇒「業界最大手だけあって紹介される求人数は桁違い!転職サイトに掲載されてない非公開求人も紹介されたので大満足です!(20代/女性)」

4位:就職shop

番外編ですが、就職shopも紹介しておきます。就職shopは30歳以下の若手ビジネスパーソン向けの転職エージェントです。

特徴としては、3つあります。

①書類選考不要で必ず面接まで進める

就職shopの最大のメリットはなんといっても書類選考不要で希望した企業の面接を受けれるということ。

「どれだけ応募しても書類選考落ちで面接まで進まない・・」

「面接まで進めば自分の良さをアピール出来るのに・・」

という人は是非使っておきたいサービスです。

書類選考不要の転職エージェントは他社でもないサービスなので、個人的にはかなり画期的だと思いますね。

②全ての企業を取材済み!求人情報が正確

就職shopの求人は、全てスタッフが足を運んで企業を100%取材しています。

取材していることによるメリットとしては「求人情報が正確」「ブラック企業が皆無」といったことがあります。

ですので就職shop経由で入社した場合は「聞いていた条件や仕事内容じゃなかった・・」ということはほぼ皆無と言って良いでしょう。

ただ、全ての企業に足を運んでから求人掲載するので必然的に他の転職エージェントよりは求人数は少なくなります。

なので今回は4位にランキングしておきました。

③18-30歳以下の男女のみが登録の対象

他の転職エージェントであれば何歳であってもう登録可能です。

ですが、就職shopは18-30歳男女の若者向けの転職エージェントとなります。

なので、31歳以上の場合は登録が出来ないのでその点だけ注意が必要です。

⇒「毎回書類選考落ち・・でも就職shopなら書類選考なしで面接まで進めるんです!自分の良さをアピール出来たので直ぐに内定出ました♪(20代/男性)」

合わせて読まれている人気記事

①仕事のストレスが限界のあなたへ。無理は禁物です。

ストレスで仕事を辞めたいなら今すぐ転職だ!今すぐ会社を辞めるべき4つの理由
「毎日朝起きたくない・・職場に行くのが辛い・・もう辞めたい・・」 「職場の人間関係がストレスで、原因不明に体調不良。今の仕事辞めても大...

②職場いじめの人間関係で悩むなら早く転職したほうがいいですよ?

職場いじめで退職するしかない?泣き寝入りは禁物!職場いじめの11個の対処法を紹介。絶対に負けるな!
「職場で社内の人に1日中無視されていて辛い・・退職するしかないのかな・・」 「自分だけ間違った仕事の指示を出されて、ミスをすると上司か...

③今の仕事が辛いなら楽な仕事を選ぶことが大事です

楽な仕事&バイト42選!正社員で楽で稼げる仕事がないと諦めてる?サビ残・ノルマなしで年間休日120日以上の仕事があるんです!!
「ブラック企業じゃなく、立ってるだけで給料貰えるような楽な仕事に就きたい!」 「複雑で面倒な人間関係がない、ストレスフリーな職場で働き...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする